菅総理は、日米首脳会談に期待を寄せているのでしょうね。

 そもそも、対中国との関係で、米国が日本に接近してきている訳ですから。

 俺は運がいいと思っているかもしれません。

 そして、米国がそうであるならば、日本がオリンピック開催を米国に支持してもらえるようにお願いすれば、きっと支持してくれる、少なくても反対はしないだろう、と思っているのではないでしょうか?

 米国にとって、否、他の先進国にとっても、自国で開催するというのであればいざ知らず、他国、しかも極東の島国でオリンピックが開かれるかどうかなど、大きな問題になる筈がありません。

 だから、日本がそこまで言うのであれば、開いたらいいと言ってくれるでしょう。

 否、危なくなったら、自国の選手を派遣しなければいいだけの話ですから。

 何も、開催を中止しろとまでは言う必要がない、と。

 ということで、仮にバイデン大統領が菅総理に対して「オリンピックはやればいい」と言ってくれたら、米国が支持してくれた、これで胸を張ってオリンピックが開けるぞ、と思ってしまうでしょう。


 しかし…

 それは、菅政権にとっておめでたいことと言えるのでしょうか?

 どんなに米国が支持してくれたとしても…今後、一層感染状況が悪化すれば、開催した日本はおおバカだと言われてしまうでしょう。

 それに、皆さん、すっかり忘れてしまっていますが、真夏のオリンピックです。

 灼熱の暑さで、選手や観客が倒れるかもしれないのです。

 まあ、しかし、そうした恐れがあると分かっていてもやるのですよね。

 オリンピックしか頭にない、単細胞と言いたい。



  本当に、菅政権にストップをかけないと、と思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓


 YouTube動画のお知らせ

 また、MMT、現代貨幣理論に関する勘違いについてアップしました。

 中野剛志氏の「奇跡の経済教室(基礎知識編)」の勘違いを指摘しています。

 もしご覧になって共感されましたら、高評価と登録をお願いできませんでしょうか?

 私は、特別なお返しをすることはできませんが、あなたのそのクリックが、世の中をよくするきっかけになるかもしれませんし、確実に私を喜ばせることができます。