岸田首相が内閣改造を行うそうですが…

 興味がありますか?

 林外相は留任、鈴木財務相も留任、松野官房長官も留任、茂木幹事長も留任、そして、麻生副総裁も留任…

 しかし、岸防衛相は交替。

 当然ですよね、あのような体の状態では執務の続行は難しいでしょうから。

 となれば、改造したのかしないのか分からない程度の内閣改造になりそうなので、興味が湧かないと思っていたところ、岸田総理は次のようなことを言っています。

 「新たに指名する閣僚だけでなく、現閣僚、副大臣を含め関係を点検してもらい、結果を明らかにした上で適正に見直すことを指示したい」


 まあ、岸田総理がどの程度本気か分かりませんが、統一教会との関係をしっかり点検してもらうと言っている訳ですから、そうなると安倍派からの入閣が大きく減ることが予想されますよね?

 だって、安倍派は、アベシンゾウを見習って、統一教会との関係が深い議員が多いからです。

 で、そうなると、安倍派の議員は冷や飯を食わされることになる。

 しかし、安倍派は、自民党の最大派閥。

 つまり、統一教会との関係があって今は大きな顔はできないとしても、最大派閥の自分たちが何故冷遇されないといけないのかという思いはある筈。

 ということで、安倍派からの入閣者が極端に少なくなると、自民党のなかで内紛が起きそうな気がするのですが、如何でしょうか?

 場合によっては、岸田降ろしが始まるかもしれません。

 しかし、統一教会への批判が高まっている今、安倍派が派手に動き回る訳にはいかないでしょう。

 それに、岸田総理も、そこまで安倍派を追い詰めることはしないでしょうし、できないでしょう。

 とにかく、国葬までは双方とも静かに時を過ごすしかないと思われます。

 でも、それが過ぎると…

 その頃にはさらに物価の高騰が進み、経済の混乱も相まって何が起きるか分かりません。


 自民党の内紛が起きるかもしれないな、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓