それにしても、統一教会というのは懲りない組織ですね?

 ソウルでの大規模集会に、世界中の統一教会の幹部や外国の要人が集まっています。

 日本では統一教会の悪名が轟いていますが、海外では、統一教会についての認識が浅いために、海外の要人も参加しやすいのでしょうか?

 

 それにしても、今やその家宅捜査に国民の関心が集中しているトランプが、ビデオメッセージを寄せています。

 民主主義の破壊者であり、機密文書を持ち出し米国の安全保障を脅かすようなことをしている元大統領に今でも縋ろうとする統一教会とは一体、なんなのかと思ってしまいますよね?

 否、そうではありません。

 トランプも統一教会も、反共産主義という一点で全く一致しているのです。

 トランプは、今家宅捜査で窮地に追い込まれていますが、民主党政権を極左政権と呼ぶほど、反共産主義の旗を掲げることで有権者の支持を集めている政治家です。

 共産主義、共産党の実態がどうであろうと構わないのです。

 彼らにとって、共産主義は悪魔の教えであり、だからこそ問答無用に切り捨てて構わない、と。

 そして、統一教会は、そうした米国の反共産主義の運動を巧く利用して、ここまで大きくなってきた、と。

 で、そのトランプが鶴子を絶賛するとともに、アベシンゾウも絶賛しているのです。

 そして、海外の要人たちも、アベシンゾウの映像を前にして花を手向ける、と。


 し、し、しかし…

 こうした映像をみた日本国民は、どんなことを考えるのでしょうか?

 統一教会から、かくも丁重な扱いを受けるアベシンゾウとは、統一教会にとってどんな存在だったのか、と。

 かつて、「ほめ殺し」という言葉がよく使われたことがありましたが…

 まさに「ほめ殺し」ですよ。

 
 これでも、まだ国葬が必要だと言うのでしょうか?



  統一教会とアベシンゾウの密接な関係は明らか過ぎる、と思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓