西川のりおが次のように言っています。

 「今の芸能界は自民党の派閥によう似てますわ」

 日刊ゲンダイの記事です。

 西川のりおが松本人志問題にモノ申す!「今の芸能界は自民党の派閥によう似てますわ」

 週刊文春による松本人志の性加害報道に芸人の多くがコメントを避ける中、口火を切ったのが、この人だ。先月出演した関西のラジオ番組で、当初「事実は一切ない」と否定した吉本興業の対応を「初動ミス」とバッサリ。返す刀で「社内調査」を求め、松本にも「シロならキッチリ言えるはず」と会見を促すなど舌鋒鋭くしゃべり倒し、話題を集めた。芸歴50年超の大御所芸人が、芸能界と政界の「今」をぶった斬る。

 (中略)

 僕ら芸人はマスコミで生きてます。一種の公人ですから、公の場で答える義務があるんちゃうか、というのが正直な気持ち。都合のいい時だけのマスコミじゃない。不都合になったらダンマリはダメ。大阪・関西万博のアンバサダーにもなり、あれだけの公の仕事を引き受けて。急に裁判しようって、モノの順番が違います。

 (中略)
 
 最近よく聞くのが「誰々にハマってる」って言葉です。「気に入られているから、あの番組に呼んでもらえる」とかね。確かに「なんでテレビに出てるの?」ってヤツ、おるでしょう。するとMCが「こいつ、エエやつやねん」って、わざわざ公の電波で言う。そら知らんがな。アンタらの関係を押し付けるなよ。「オモロかったら売れる」が、魅力あるホンマの芸人の世界だったんですけど、偉い人に気に入られようと損得だけ考えて。政治家やサラリーマンの世界と同じになっています。自民党派閥の裏金事件と構図はよく似ているんですよ。100%とは言わないですけど、8、9割は一緒です。パーティー券をせっせと売ったのは、そのカネを派閥の親分に上納しているのと同じことですから。


 西川のりおは、松本人志は自分が悪いことをしていないと思うのであれば、記者会見で堂々と説明すればいいと言っている訳です。

 私も同感です。

 なぜ説明をしないのでしょうか?

 それは、説明しないというより説明できないからではないでしょうか?

 説明しようとすれば、益々状況が悪くなってしまう、と。

 他方で、今回の裏金問題に揺れた政治家たちはどうなのでしょうか?

 5人衆を含む大物たちも、全く納得のいく説明をしていません。

 政治資金報告書を訂正したとはいうものの…

 不明、不明、不明…と記載されていて、何が訂正なのかと言いたいですよね?

 つまり、説明できないのです。

 本当に白であるのならば、事実を公表すればいいだけのこと。

 それができないのは、白でなく、黒であるからなのでしょう。

 では、芸能界も含めて、どうしてこんな世の中になってしまったのでしょうか?

 それは、アベシンゾウが、手本を示したからですよね。

 どんなに疑わしいことをやっても、決して起訴されることもなければ、逮捕されることもなかった、と。

 その代わり、数多くの関係者を偽装、隠蔽、改ざんに巻き込んでしまったと言っていいでしょう。

 その親分は、ご承知のとおり凶弾に倒れた訳ですが…

 でも、国葬を持ってして葬られた、と。

 まあ、そんな姿を見せつけられれば、政治家は当然のことながら、民間企業、そして芸能界にもそうした影響が及ぶのは必至。

 そう思いませんか?

 裏金問題に関して、何の説明もできない5人衆が議員でい続けていい筈がありません。

 にも拘わらず、政治家たちは、裏金問題などもうとっくの昔の出来事のように考えているとしか思えません。

 メディアも、もうこの問題を報じることはないだろう、という位に軽く考えているのでしょう。

 でも、だとしたら、我々有権者が判断を下すときが迫っていると言っていいでしょう。

 

 
 

  政治資金報告書に不明と書いたような政治家は脱税で摘発すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓