ロシアのウクライナ侵攻が始まって丸2年が経過しました。

 つまり、ロシアとウクライナの戦争が2年間にも渡り続いており、今なおいつ終わるか知れない状態が続いている訳です。

 ただ、最近の報道を見ていると、いつのまにかロシアが圧倒的に有利になり、ウクライナの方は弾薬等が不足するような状態になっている他、国民の間にも戦地に赴いた兵隊さんの帰還を望む声が強まっているのだとか。

 そして、それと同時に援助疲れなどということも言われている訳ですが…

 はっきり言って、弾薬不足が発生しているのは、アメリカで共和党がウクライナへの軍事支援に消極的だからでしょ?

 ウクライナがロシアに攻め込まれているというのに、米国の議会で民主党と共和党が争っている場合か、と思ってしまうのですが…

 共和党というよりもトランプ党とでもいうべき存在になってしまった共和党は、とにかく政権を奪回することしか考えていないように見えるのです。

 で、こういう状況のなかで考えることは、ウクライナが降伏するべきなのか、それとも最後まで戦い抜きべきか、ということなのですが…

 あなたは、どのようにお考えになるのでしょう?

 もし、降伏するにせよ停戦するにせよ、戦争が終わるのであれば、これ以上犠牲者を出さずに済むので、それが一番いいことだと思わないでもないのですが…

 でもそうなると、ロシアの領土の拡大を認めることになり、力の強い者の言い分が通ってしまうので、正義もへったくれもありません。そうなると、また、ロシアは他の国に攻め入ることが懸念される訳なのです。

 そしてもし、人命優先で、自国に攻め入れられても戦うことをしなければ…

 そのとき、国は滅びてしまうの
でしょうか?どうなってしまうのでしょうね?

 ただ、恐らく人命の犠牲を出さずに済む可能性はある訳です。

 一方で、戦争という選択肢を選べば、どれだけの犠牲を出せば済むのか全く予想もつきません。

 翻って、日本の安全保障を考えた場合、日本が防衛力を倍増し、アメリカとの連携を強化することが最善の策なのかと言えば…

 そう簡単なものではないことが分かると思うのです。

 もちろんアメリカという強い後ろ盾があれば、どこかの国が突然攻め入る可能性は小さくなるとは思うのですが…

 でも、Natoに接近して、アメリカを頼みの綱にしていたウクライナは、今ロシアの兵力の前に苦戦を強いられている訳でしょ?

 それに、アメリカの軍事支援もおぼつかない、と。

 このような状況を見せつけられて、アメリカがいるから安心だと考えることは、楽観的過ぎると思うのです。

 それに、アメリカと付き合うということは、トランプのNato諸国に対する態度でも分かるように、もっともっとお金を出せというもので、お金を出さないのであれば、ロシアの思うとおりにさせるぞとまで言っているのですから、幾らお金を出しても、もうこれで十分ということにはならないと思うのですよ。

 今の日本の状況を考えても、多くの基地を米軍に提供するだけでなく、思いやり予算やそれ以外にも大量の中古の武器を購入させられている始末。

 それに、そもそもアメリカは国際紛争を軍事力で解決することを考えている国で、国際紛争を戦争で解決することはしないと宣言している日本憲法とは、そもそも平和実現への哲学が違うと言わざるを得ないのです。

 その日本がですよ、アメリカと軍事同盟を結ぶこと自体が、私は憲法違反だと考えます。

 もちろん、仮に憲法を改正すれば、そうした違憲の状態を解消することは可能でしょうが…

 でも、そもそも論として、どんな理由があるにせよ、戦争を肯定するような考え方が正しいのかと
言えば、大いに疑問があると思うのです。

 但し、だからと言って、丸腰で安全を確保できるのかといえば、そのとおり。

 でも、だからと言って、武力をどれだけでも増強することが賢明な人間のやることかと言えば…大いに疑問でしょう。

 ここは、各国が独自で防衛を考えるのではなく、例えば世界警察のようなものを創設することを考えたらどうかと思うのです。

 もちろん、今の世界の状況を考えたら、そのような理想的なシステムがすぐに実現可能とは思えません。

 ロシアや中国が賛成する筈はないでしょうし、また、アメリカだって自分たちの手足を縛るようなものを認めたくはないでしょうから。

 でも、日本を始めとして多くの国がそうした世界警察的な組織を立ち上げることに成功すれば、少なくても、どこかの独裁国家がどこかの国に攻め込むことを抑止することはできると思うのです。

 そして、世界警察的なものであれば、アメリカの軍隊に比べて遥かに公平、公正な武力の行使と抑止を期待することが可能になるでしょう。

 丸腰で平和を維持することはできないという保守派の意見に一理あるにしても、だからと言ってずっと戦争を続けているようなアメリカに追随して、アメリカの高額な武器を購入することが真に平和を求める国のやるべきことではないと思うのですが…如何でしょうか?


 ウクライナの状況を見れば停戦が望まれるが、だからと言ってロシアの領土拡張を認めてしまうのか?とりあえずは人命の犠牲拡大を防ぐことができるが、似たような戦争が今後も起こる恐れがあるぞ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓