経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: 北朝鮮

 「信なくば立たず」

 これ安倍総理が時々口にする言葉です。

 国民の多くに人柄が信頼できないと言われている総理が口にする言葉。

 どのような意味なのでしょうか?

 説明するまでもないでしょうが…デジタル大辞泉によれば…

 政治は民衆の信頼なくして成り立つものではない。孔子が、政治をおこなう上で大切なものとして軍備・食糧・民衆の信頼の三つを挙げ、中でも重要なのが信頼であると説いたことから。民信無くんば立たず。(デジタル大辞泉)

 その安倍総理が、国連総会で次のように言っているのです。

 「脅威はかつてなく重大で、眼前に差し迫ったものだ」
国連演説2


国連演説

 これ、もちろん北朝鮮の脅威のことですが…

 でも、脅威が眼前に迫っておきながら衆議院を解散して選挙をすると言うのです。

 国民には、頑丈な建物や地下に避難してくれと言いながら、選挙はやる、と。

 本当に脅威が眼前に差し迫っているとしたら、選挙などやっている場合ではないと思うのですが…

 しかし、その点に関して寿司友の田崎氏は、安倍総理に代わって次のように言うのです。

 いや、深刻な危機は年を明けた頃にやってくるので、選挙をするなら今のうちなのだ、と。

 なんとも都合のいい解釈。

 でも、それが本当であれば、脅威は眼前に差し迫っているなんて言うのがおかしい!

 違うでしょうか?

 なんとも腑に落ちない!

 腑に落ちないと言えば…

 安倍総理は、日米韓首脳会談と日米首脳会談の終了後、「日米韓の結束のもと、国際社会に(北朝鮮への圧力強化を)力強く働きかけていくことで3国は完全に一致した」とも言っている訳ですが、でも、韓国はこのタイミングで北朝鮮に約9億円の人道援助を行うと決定したのですよね。

 北朝鮮で最近大地震が起きたとか、干ばつが起きたとか、或いは洪水に見舞われたとか…そんなことがあったからと言うのであれば分からなくもないのですが、北朝鮮に対する圧力を強めなければいけないと言っている最中にそんなことをするのです。

 少なくても日米韓が完全に一致しているとはとても思えません。日米は一致しているとしても、です。

 それに、繰り返しになりますが…「脅威はかつてなく重大で、眼前に差し迫ったものだ」という発言の、「かつてなく重大だ」という点も少しおかしいと思うのです。

 というのも、北朝鮮の保有するミサイルは以前から日本に届く能力を保有していたからなのです。

 かつてなく重大な脅威に感じられるようになったのはあくまでも米国の立場に立った上での感想であると言っていいでしょう。

 ミサイルの射程距離がどんどん伸びて行っており、間もなく西海岸に達するであろう、と。だからこそトランプ大統領が慌てているのです。

 日本としては以前とそれほど状況に変化はないのです。

 それに、北朝鮮が核兵器を保有するということが世界の平和と人々の安全にとって大変な脅威になるとしても…では、大国の核兵器はどうなのでしょうか? インドやパキスタンやイスラエルが核兵器を保有することは脅威ではないのでしょうか?

 原発推進論者は、原発がそれほど危険でないことの根拠としてよく交通事故によって人間が死ぬリスクと原発事故によって人間が死ぬリスクを比較してみせますが、では、北朝鮮が核保有することによって日本人が死ぬリスクはどれほどあるのでしょう?

 数字を示してくれたら大変ありがたいと思います。

 米国は北朝鮮が核を放棄しない限り話し合いはあり得ないとしていますが…そして、日本はその考え方を支持していますが…核を放棄するかどうかを含めて両国が話し合いをすることは十分あり得ると思うのですが如何でしょうか?

 そうでなければ、両者がそれぞれの主張を通す限り、戦争はやむを得ないと言っているのと等しいことになるからです。

 でも、戦争こそ無益なことはないではないですか?

 戦争の回避こそ第一に考えるべきだと信じます。


  
 米国は、北朝鮮と戦争しても米国本土に影響はないと思っているから、そんなことを言えるのだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍総理の国連での演説の模様、ご覧になりましたか?

 隠れ読者(本物)様が言っていたように、聴いている人はまばら。

 あれではテレビで放送されない訳ですよね。

 あの空席の多い会場をそのまま放送したら、官邸から怒られてしまう、と。

 それにしても、一般の人には何のことか分からない横文字や難しい日本語が出てきていましたね。

 ああいう難しい言葉を使うことによって自分が格好よく見えると思っているのでしょうか?

 安倍総理らしいと言えば、それまでですが。

 その国連でのスピーチの前にNY証券取引所で安倍総理が言ったことですが…

 「今は対話する時ではない。圧力をかける時だ」

 「今重要なことは制裁を実行に移すことであり、それには中国とロシアの緊密な協力が必要」

 そう言えば、トランプ大統領も、敢えて中国とロシアの名を挙げ、国連の北朝鮮制裁決議に賛同してくれたことに謝辞を述べていました。

 まさに、中国とロシアが制裁に本気で取り組むかどうかが鍵だというのはそのとおりだと思います。

 但し…

 よく考えてみると、ロシアに対しても経済制裁を課していたのではないでしょうか?

 クリミアを軍事力で奪ったことは許されない、と。

 そのロシアに対して、協力を求める米国と日本。

 もうロシアに対する経済制裁は止めにするというのでしょうか?

 それならそれで筋は通りますが、実際にはまだロシアに対する経済制裁は生きているのです。

 ロシアの暴挙よりも北朝鮮の暴挙の方が、格段たちが悪いとでも言うのでしょうか?

 でも、それは何とも言えません。

 安倍総理が対話の時は終わったとか、対話には効果がないと言うのを聞くと、戦争止むなしと言っているように聞こえてどうしようもありません。

 対話に効果がなかったのではなく、これまでは中国やロシアが北朝鮮を支援していたから経済制裁が効かなかっただけでしょう?

 


  安倍総理はどうしてああも格好を付けたがるのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 北朝鮮はならずもの国家だとトランプ大統領が言いました。

 かつてブッシュ大統領が北朝鮮をそう呼んだことがありましたよね。

 我が国の安倍総理は、北朝鮮の核実験を暴挙だと呼んでいます。

 確かに、北朝鮮のような独裁政権の国が核兵器を保有したら、近隣の国どころか世界中の国がぶっそうでなりません。

 できれば核兵器など持たないで欲しい、と。

 しかし、ご承知のとおり、既に核兵器を保有している国が幾つかある訳です。

 米国、ロシア、中国、英国、フランス、インド、パキスタン、それにイスラエルも持っていると言われていますし、イランも…

 そして、北朝鮮が核兵器を保有するのなら韓国も核を保有して対抗すべきだなんて意見も出てきています。

 仮に韓国が核兵器を保有する動きに出たら、そのとき米国はどのように対応するのでしょうか?

 韓国は決して核兵器など保有してはいけない、もし、北朝鮮の真似をするというのであれば、韓国に対しても米国は様々な手段を行使することがあり得る、とでも言うのでしょうか?

 そうは思えませんよね。

 つまり、米国の視点、米国の発想からすれば、北朝鮮のやっていることは暴挙以外に何ものでもないのでしょうが…もう少し冷静に、そして、客観的にものごとを見つめるならば、米国の論理も大変に自分に都合のいいようになっていることに気が付く訳です。

 要するに、北朝鮮が核兵器を保有していけないという合理的な理由がなかなかない、と。

 いや、これが核兵器禁止条約に参加しているような国が北朝鮮を非難するのであれば分かるのです。

 しかし、米国は決してそのような条約に参加することはありません。

 つまり、自分の国は核を持ってもいいけど、他の国の場合は、特別に自分たちが認め合った場合しか核兵器を保有してはいけないのだ、と。

 結局、自分たちが勝手に決めているだけで合理的な根拠などなにもないと言わざるを得ません。

 つまり強い奴の意見が通るだけ。

 そして、強い奴とは核兵器を保有している奴だということで、北朝鮮も核兵器の保有を目指す、と。

 で、米国は、そうした自分たちに都合のいい基準に照らして、北朝鮮が考え方を改めないのであれば、如何なる手段をも行使する準備があると言うのです。

 トータル・アナイアレイションを考えている訳ではないが、そうする手段はあるのだ、と。

 しかし、もし、米国がそうした手段に訴えることがあれば、北朝鮮は本当に核をぶっぱなす可能性があるのです。


 それで本当にいいのでしょうか?

 それではいけないのでしょ?

 キューバ危機の二の舞はどうしても避ける必要があるのです。

 だとしたら、やはり話し合うしかないではないですか?

 米国が強気でいるのは、まだキューバ危機のような事態に至っていないからであって、仮に被害が出ても日本と韓国位のものだと思っているからではないのでしょうか?

 韓国や日本といった同盟国を守ると米国は言っていますが、でも、守るために米国が武力を行使すれば、そのとばっちりで韓国や日本では犠牲者が出るのです。

 なんと言っていいのやら!


 
 米国など大国だけが核兵器の保有が認められるというのは、合理的ではないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北朝鮮が水爆の実験を成功させたと言っています。

 そして、それに対して日米が反発している訳です。

 マティス国防長官の発言です。


 We had a small group national security meeting today with the president and the vice president about the latest provocation on the Korean peninsula.

「本日、我々は、北朝鮮半島における今回の挑発に関して大統領および副大統領とともに国家安全小会合を開いた」

 We have many military options and the president wanted to be briefed on each one of them.

「我々は多くの選択肢を有しており、大統領がそれらの一つひとつに関して説明を求めた」

 We made clear that we have the ability to defend ourselves and our allies, South Korea and Japan, from any attack and our commitments among the allies are ironclad.

「我々は、我々およびその同盟国、韓国、日本を如何なる攻撃からも守る能力があり、そして同盟国間の確約が強固であることを明らかにした」

 Any threat to the United States or its territories, including Guam, or our allies wil be met with a massive military response, a response both effective and overwhelming.

「米国或いは、グアムを含む米国の領域或いは我々の同盟国に対する如何なる脅威も、軍事的に反撃がなされ、そして、その反撃は効果的で圧倒的なものとなろう」

 Kim Jong Un should take heed of the United Nations Security Council's unified voice.

「キムジョンウンは、国連安全保障理事会の声に耳を傾けるべきだ」

 All members unanimously agreed on the threat North Korea poses and they remain unanimous in their commitment to the denuclearization of the Korean peninsula, because we are not looking to the total annihilation of a country, namely North Korea, but as I said we have many options to do so.

 「全てのメンバー国が北朝鮮の脅威に関して一致して合意し、そして我々は北朝鮮の壊滅を目指していないので北朝鮮を非核化させることに対するメンバー国による全員一致の確約に変わりはない。しかし、既に述べたように我々はそうするための多くの選択肢を有している」


 the total annihilation ですって。

 発音は、アナイアレイション。

 発音からは怖い意味は伝わってこないのですが…

 意味は、全滅、絶滅、壊滅。

 何と恐ろしいことでしょう。

 北朝鮮人民を全滅させる方法は持っているのだ、と。

 北朝鮮が、韓国や日本に対して、火の海にしてやるとか焦土と化してやるといっても、それほどの現実味は伝わってきませんが…米国が言うと、ちょっと怖いですね。

 北朝鮮のやっていることを支持するつもりなんて毛頭ありませんが…しかし、これが積極的平和主義のありのままの姿なのです。

 積極的平和主義で集団的自衛権を行使できるようにすれば、戦争はなくなると安倍総理は言っていましたよね。

 でも、全てのオプションがある訳ですから、戦争を厭わないと言っているのです。

 やっぱり戦争が起こる確率は高くなっている気がします。



 でも、どんなことがあっても戦争だけは避けるべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国のメイ首相が訪日し、安倍総理が彼女を京都で接待していました。

 外国のお客さんを京都にお連れするなんて、なんとトラディショナルというか定番(昔の定番)なおもてなしなのでしょうか?

 しかし、タイミングが悪すぎではないでしょうか?

 だって、前日には朝早くから国民に対して頑丈な建物か地下に避難しろと警報を発したばかりであるからです。

 それが、たった1日も経つか経たないのに英国の首相をノー天気に京都で接待する、と。

 国民をバカにするにもほどがある!

 やっぱり総理は北朝鮮がミサイルを発射するとの情報を事前に入手していて、全てが織り込み済みのシナリオで動いていたのでしょう。

 だからこそ、米国のトランプ大統領も過度には反応していないし、北朝鮮のミサイルを撃ち落とそうなんてこともしなかった、と。

 で、ご承知のとおり、日米の対応策は、今後北朝鮮に対する圧力を強めることだと言います。

 経済制裁をもっと徹底させる、場合によっては軍事的な攻撃もあり得るということだと思うのですが…

 経済制裁を徹底して北朝鮮への石油の供給がとだえるとどうなるのか?

 北朝鮮が、悪うございました、許して下さいと頭を下げるのか?

 そんなことはとても考えられません。

 恐らく暴発する事態となるでしょう。

 そして、中国などはそこまで北朝鮮を追い詰めるべきではないとの考えで、北朝鮮に石油を供給し続けているものと思われます。

 安倍総理は、そのことをどう考えているのでしょう?

 北朝鮮が暴発してもいいと考えているのでしょうか?

 とにかく安倍総理とトランプ大統領の頭のなかは、北朝鮮が核を放棄するというシナリオしかないように見受けられますが…そのシナリオはどう考えても甘すぎる。

 現にミサイルの発射の頻度は増している訳ですから。

 でも、米国は、最後には武力の行使も厭わないと言います。

 つまり、戦争。

 日本はその戦争にお付き合いすることになるのでしょうか?

 しかし、それはおかしい!

 何故ならば、北朝鮮が核兵器を放棄しないという理由だけで戦争を仕掛けるのはどう考えても許されないからです。

 北朝鮮が核兵器を保有するのが許されないのなら、他の核保有国は何故核保有が許されるのか?

 それに、日本は、それほどまでに北朝鮮の核開発に反対する一方で、核兵器禁止条約には決して参加しようとはしないではないですか。

 おかしいでしょう?

 但し、その一方で、北朝鮮の無謀なる挑発は続く、と。

 日本はそれをただ黙ってみているのか、という批判はあり得る訳です。

 しかし、だから私は世界警察の創設が必要だとかねてから主張しているのです。

 このテーマは私が学生時代から考えていることで、その考えは少しも変化していません。

 でも、世界警察の創設など非現実的だとの声がしばしば聞かれます。

 私もその実現は決して容易いとは思いません。否、世界の大国の現状をみれば、ほぼ不可能だと言うべきかもしれません。

 しかし、だからと言って、日本が日米同盟のみを頼りにするのと、日米同盟は別として、世界警察の創設を世界に訴えかけるのとでは大きな差が生じると考えます。

 世界警察の創設を訴えるということは、日本が中立の立場にあるということを世界に鮮明に示すことになります。要するに、アメリカべったりではない、と。

 それに、世界警察の考え方を否定する人に私は聞いてみたいことがあります。

 貴方はアメリカの銃の保持を禁止しない現状をどう考えるのか、と。

 国民は銃を保持する自由を認められるべきだと考えるのであれば、それなら世界警察の実現に否定的であっても筋は通っていると思います。

 つまり、自分のことは自分で守り、そして、自国のことは自国で守る、警察など必ずしも必要ないという考えで論理の整合性が取れるからです。

 しかし、日本人の多くは、米国が銃の保持を禁止しない現状をおかしいと感じているのではないでしょうか?

 銃の保持を認めるから、いつまで経っても銃の乱射事件がなくならない、と。

 そうでしょう?

 自分の身を守るために各自に銃の保持を認めることによるメリットよりもデミリットの方が大きいと感じているということです。

 だから、銃の保持は認めず、その代り警察にしっかりと守ってもらおう、と。

 世界警察の論理は、これと同じなのです。

 銃の保持の自由を認めるからいつまで経っても銃の乱射事件が終わらない。

 そして、各国が核兵器や強大な武力を保有するからいつまで経っても戦争が終わらない。

 各国がそれぞれお金と兵器を供給し合って世界警察を創設することができれば、少なくても国同士で戦いをする必然性は小さくなるのです。無法者国家と戦うのは世界警察の仕事になるからです。

 繰り返しになりますが…世界警察の実現は決して容易いものではないでしょう。

 それは大国の行動をみていれば直ぐに分かります。

 しかし、再び繰り返しますが、日本が世界警察の必要性を訴えることは非常に大きな意味を持つと思うのです。

 そのような方法が可能であるのかと世界の人々に問題を提起することになるのです。

 確かに大国は世界警察の創設には関心を示さないかもしれませんが、しかし、核兵器禁止条約に賛成した国は122か国にも上る訳ですから、全く実現の可能性がない訳でもないのです。

 取り敢えず関心を持つ国のみで世界警察的なものを作ることだって十分に可能だと考えます。

 

 1日前には北朝鮮のミサイル発射を暴挙であり、深刻かつ重大な脅威と言って大騒ぎしていたのに、その翌日には英国の首相を京都に案内する安倍総理の神経を理解できないという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日の安倍総理の記者会見ですが…

 北朝鮮がミサイルを発射した件に関しての記者会見です。

 官邸のホームページには、安倍総理の記者会見を誇らしげにアップしているのです。
8月29日 午前6時24分
 「我が国に北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、我が国の上空を通過した模様でありますが、直ちに情報の収集、分析を行います。そして、国民の生命をしっかりと守っていくために、万全を期してまいります。」

8月29日 午前7時56分
 「北朝鮮が発射した弾道ミサイルが我が国上空を通過し、太平洋に落下いたしました。
政府としては、ミサイル発射直後からミサイルの動きを完全に把握しており、国民の生命を守るために万全の態勢を取ってまいりました。
 我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙は、これまでにない深刻かつ重大な脅威であり、地域の平和と安全を著しく損なうものであり、断固たる抗議を北朝鮮に対して行いました。国連安保理に対して緊急会合の開催を要請します。国際社会と連携し、北朝鮮に対する更なる圧力の強化を日本は強く国連の場において求めてまいります。
 強固な日米同盟の下、いかなる状況にも対応できるよう緊張感を持って、国民の安全そして安心の確保に万全を期してまいります。」

8月29日 午前10時08分
 「北朝鮮の我が国を飛び越えるミサイル発射という暴挙を受けて、トランプ大統領と緊急の電話会談を行いました。
 約40分間、今回の北朝鮮のミサイル発射に対する分析、認識そして我々が取るべき対応について突っ込んだ議論を行いました。
 日米の立場は完全に一致しております。今回の北朝鮮のミサイル発射はこれまでにない重大で深刻な脅威であるから、直ちに国連において緊急会合を開催し、北朝鮮に対して圧力を更に強めていくということで日米は完全に一致いたしました。
 そして同時にトランプ大統領からは、米国は同盟国である日本と100%共にある、と日本防衛に対する力強いコミットメントもありました。
 今後も強固なこの日米同盟の下、しっかりと国民の生命と財産を守るために全力を尽くしていきたいと思いますし、また日米韓で協力し、また中国、ロシアや、国際社会にも働きかけを行いながら、北朝鮮に強い圧力をかけ、彼らの政策を変えなければならないと考えています。」

 私がこの記者会見の内容を知って、先ず注目したのは、次の文言です。

 「政府としては、ミサイル発射直後からミサイルの動きを完全に把握しており、国民の生命を守るために万全の態勢を取ってまいりました。」

 なんか変な感じのする文章ですよね。

 「完全に把握しており」というのであれば、ミサイル発射直前から北朝鮮の動きを把握しており、というのであれば分かります。

 ミサイルの発射直後からミサイルの動きを把握していたというのはどういうことなのでしょうか?

 仮にミサイルの発射が不意に行われたとしたら、その後ミサイルの動きを完全にフォローできたとしても相当に慌てた筈。

 つまり、こんな文章にはならない筈!

 ミサイルの発射が不意に行われたので少し慌てたものの、ミサイルの行く先が北海道を遥かに超えた太平洋に向かっていたことを知って安心した、というのなら分かります。

 つまり、この文章は偽装の匂いが感じられるということです。

 国民は愚かだから、安倍政権がこの危機に対して米国と一致して素早く対応しているところを見せれば国民は安心する筈だ、と。

 実際には安倍総理始めとした防衛関係者は、北朝鮮がミサイルを発射することを事前に十分予期していた、と。そして、案の上、北朝鮮がミサイルを発射したものだから、落ち着いてミサイルの飛んでいく軌道をフォローすることができたというのが実情なのではないでしょうか?

 ひるおびを見ていた眞理様という読者の方から次のような情報を得ました。
 
 > 事前になにがしかの情報が入っていたのではないでしょうか?
 > そうでなければこんなに素早く対応することは不可能でしょう。

ひるおび 8月29日 PM01:12頃よりの要旨
八代弁護士:安倍総理、昨晩は公邸に泊られていたということなんですけど。
スシロー:そうですね、今日の日程は10時過ぎからしか正式の日程はなかったんですよ。だから本来自宅に帰られて朝ゆっくり出勤すればよかったんですよ。でもおそらくこの情報を得ていたから公邸に泊られてこの体制を取られたんですよ。
八代:と言うと、発射の前に情報が入っていたんじゃないかと。
スシロー:と思われますね。
八代:思われます(?)。本当はもっと詳しくご存じなんじゃ? もうちょっと教えて下さいよ。
スシロー:いやいやいや(笑)僕は今朝知っただけですから。だからもっと早くご存じだったんじゃないんですか。
八代:今朝CNNを見ていたらアメリカは事前に情報があったと言ってたんですよ。
スシロー:日米間の情報のやり取りはスムースにいってますから、同じ情報を持っている状況だと思いますよ。
伊藤元海将:当然知ってます。以下略

 日本も米国も北朝鮮がミサイルを発射するのを知っていて、国民にはそれを事前に知らせることをせず、実際北朝鮮がミサイルを撃ったら、さあ頑丈な建物か地下に避難して下さいなんて言っている訳です。

 茶番ではないですか?

 それにそもそも防衛の考え方に関して、日米が完全に一致するなんてこと自体がおかしいのです。

 何故って、日本の憲法は国際的紛争を武力の行使によって解決することを許していないからです。

 だから、そもそも日米同盟というのが憲法に抵触しているのです。 

 いずれにしても、北朝鮮の挑発行為に対しては、相手にしない方がいい、つまり無視するのが一番いいという意見がある訳ですが…

 私もその意見に賛成する訳ですが、但し、日米同盟の存在を前提とする限り、日本は米国と行動を伴にする必要があるので日本が無視しようと思っても困難ではないでしょうか?

 私の考え方は、日米同盟は終わりにして、世界警察を創設することに日本が全力を尽くす、と。

 もちろん、直ぐにそれが実現できるとは思えませんが、それが目指すべき道だということです。

 そして、北朝鮮の挑発行為に関しては世界警察に任せるべきだということです。



 安倍総理の言うことは信じられないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北朝鮮がミサイルを発射して、それが北海道を超えて飛んで行ったと朝からやっていましたね。

 何か大変なことが勃発したかの報道ぶりでしたが…

 積極的平和主義によって戦争の可能性は低くなるというのが安倍総理の主張だった訳ですが、全く逆だと言っていいでしょう。

 少なくても北朝鮮に対しては全然効果がない!

 こんなことを言ってはなんなのですが、安倍総理の発言がどことかく芝居がかっているように思えたのは私だけなのでしょうか?

 午前5時58分にミサイルを発射し、その3分後に安倍総理が指示を出しているのです。

 事前になにがしかの情報が入っていたのではないでしょうか?

 そうでなければこんなに素早く対応することは不可能でしょう。

 いずれにしても、日米は今後どのような行動に出るかと言えば…

 北朝鮮に対する圧力を強めるのですって。

 でも、日米や国際社会が圧力を強めてきた結果、今のような状況になっているのですから、さらに圧力を強めても殆ど効果はないのではないでしょうか?

 つまり、北朝鮮はミサイル発射を止めない、と。

 で、肝心の米国の国民はトランプ大統領の危機管理能力に関してどう思っているかと言えば、こんな結果が出ています。

 Sixty-one percent of Americans say they have little to no confidence in Trump’s ability to handle an international crisis, according to a recent PBS NewsHour/NPR/Marist poll.

 The poll also found some 73 percent of U.S. adults prefer diplomacy over warfare to ease tensions with North Korea.


 61%の米国人は、トランプ大統領の危機管理能力を信頼していない、と。

 そして、73%の米国人は、北朝鮮との緊張を和らげるには外交に頼ることが望ましいと思っている、と。

 北朝鮮は、核兵器の保有を米国に認めさせるまでは、こうした挑発行為を続けるということなのでしょうね。

 


 幾ら北朝鮮に圧力をかけ続けても北朝鮮は変わらないだろう、むしろ戦争の可能性が大きくなると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 次の発言は、誰のものでしょう?
 "Nobody loves a peaceful solution better than President Trump, that I can tell you."

 「トランプ大統領ほど平和的解決を好む者はいないと、私は貴方に断言できる」

 これ、トランプ大統領自身が言っているのです。

 でも、そういう割には北朝鮮に対して、変な真似をしたらタダでは済まない、みたいなことも言うのですよね。

 President Donald Trump has warned North Korea to expect "big, big trouble" if anything happens to the US territory of Guam.

 もし、米国領のグァムに何かが起きれば北朝鮮は大変な目に遭う、と。

 "Military solutions are now fully in place, locked and loaded, should North Korea act unwisely. Hopefully Kim Jong-un will find another path!"

 軍事的手段は十分に整っている、とも。

 米国では弱腰とみられるのが政治家としては耐えられないということでしょうか?

 銃社会でもありますし。

 武力には武力をもって対抗する、と。

 但し、そうはいっても戦争が始まると、双方に多大な人的被害が発生するのも事実。

 だから、なるだけ戦争は起こしたくないから平和的解決を望む、と。

 とはいっても、トランプ大統領ほど平和的解決を望む者はいないなんていっても誰も信じない!

 いずれにしても、こうした過度に大統領が反応しているということは、既に北朝鮮のペースにはまっているような気がするのですが…

 北朝鮮としては、米朝首脳会談を実現させ、さらには核兵器の保持も認めさせようという作戦ではないのでしょうか?




 政治家は人命の尊さをもっと認識すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ


 北朝鮮が発表したグァム沖へのミサイル発射計画に対し、トランプ大統領が反応しています。
「グアムに何かすれば、北朝鮮で見たこともないようなことが起きる」

「米国を脅さない方がいい。炎と怒りを見ることになる」

 ということで、緊張が急速に高まっている訳ですが…

 北朝鮮は日本に関しても、「日本の上空を通過させ、グアム島周辺の海上に落とす」、「日本の島根県、広島県、高知県の上空を通過し、3356.7キロの距離を1065秒間飛行した後、グアム島の周辺30から40キロの海上に落ちるだろう」なんて言っているので、国内的にも緊張感が高まるのです。

 いずれにしても、この北朝鮮と米国のやり取りを貴方はどのようにご覧になっているでしょうか?

 北朝鮮が悪い?

 それはそのとおりかもしれませんが…

 しかし、トランプ大統領の対応もなんと言うか…

 オバマ大統領が北朝鮮を全く無視していたのと比べると、様変わりの対応と言っていいでしょう。

 私思うのですが…トランプ大統領と言うのは、相当に気が小さいのではないか、と。

 それに、北朝鮮は、脅かしめいた行動に出ることはあっても、実際に米国に先制攻撃を仕掛けることは余程のことがない限りないと確信します。

 何故かと言えば、先制攻撃を仕掛けた途端に米軍の反撃に合い、北朝鮮の現体制は一瞬にして崩れ去ることが容易に想像できるからです。

 そこのところがトランプ大統領にはイマイチ分かっていないのではないでしょうか?

 それに百歩譲って、北朝鮮が米国にとって具体的な脅威になっているとしても、何故米国が単独で行動する必要があるのでしょうか?

 トランプ大統領だって認めているではないですか?

 何故中国は北朝鮮に働きかけないのか、と。

 国連の役割は北朝鮮に対する経済制裁の決議をするだけではいけないのです。

 もっともっと進んで世界警察を創設し、実際に活動するくらいのことをしなければなりません。

 そうすれば、北朝鮮がどこかの国を挑発するようなことをすれば、その世界警察が黙っていない、と。

 そうした発想が何故出てこないのでしょうか?

 私は、日米同盟に反対です。従って、集団的自衛権にも反対。

 国際的紛争を解決する手段としての戦争を放棄すると宣言している日本が、米国と軍事同盟を結ぶこと自体が憲法に違反し、矛盾した行為だと考え得るからです。

 但し、平和を口で唱えるだけで平和を維持できないこともそのとおり。

 でも、だからといって日本が独自の軍隊を持つことと日米同盟を維持することが一番の対応策かと言えば、大いに疑問なのです。

 私は、自国の軍隊を持たなくても、世界警察の創設と運営に日本が積極的に貢献することによって日本と世界の平和の維持が実現できると考えます。

 但し、世界のパワーが、米国、ロシア、中国、そして欧州等に分散されている現状では、そう簡単に世界警察を創設するすることができないことも事実でしょう。

 確かに、急にそのような体制を確立することが可能だと考えるのは非現実的だと思います。

 しかし、我々が目指すべき方向としてはそれしか道がないようにも思います。

 日本はそうした世界警察の実現に向けて国際社会に働きかけることこそ日本の使命なのではないでしょうか?

 核兵器も世界警察にのみ保有を認める、と。

 仮に日本がそのような使命を認識して世界警察の創設のために積極的に動き出すことになれば、日本のプレゼンスは高まり、アメリカのポチなどと揶揄されることもなくなると考えます。

 そしてまた、そのようにして世界警察を創設することによって日本は現在の平和憲法と共存することが可能になるのではないでしょうか?

 まあ、でも、そうして強大な力を持つ世界警察を創設するということは米国の利益に必ずしも合致するものではないので、米国はそうした考えに消極的になるのですよね。

 要するに、アメリカがナンバーワンだという考え方を捨てない限り、世界警察の理想は実現できないということになりますし、また、だからこそいつまでも戦争のない世界が訪れないのでしょう。

 国内的には、小野寺防衛大臣が、
北朝鮮がミサイル攻撃したら日本の存立危機事態に当たる可能性があるなんて、軽々に発言していますが如何なものでしょうか?

 だって、そうなると集団的自衛権の行使ということで、日本は戦争に突入してしまうのですから。

 やっぱり世界警察の創設こそ必要なのです。



 
 トランプ大統領は、北朝鮮の作戦にまんまと乗せられていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 北朝鮮がまたミサイルを打ち上げたと報じられています。

 最近、ミサイル発射の頻度が高まり、むしろそれほど驚かなくなってしまいました。

 いずれにしても、政府は対応に追われているようです。

 安倍総理は神妙な顔で言っています。
 「北朝鮮を抑止するため米国とともに具体的な行動を取る」
 まあ、それが良いか悪いかは論じませんが、でも、北朝鮮は、米国が韓国や日本と共同で軍事訓練などをすることを挑発とみなし、だから自国防衛のためにミサイルの発射実験をするのだ、という理屈になっているのです。

 読売新聞を見ると、次のような記事を掲載しています。
 米軍「同盟国の安全に一部の隙もなく関与」

 米太平洋軍は28日(日本時間29日)、北朝鮮のミサイル発射を受け、今後も北朝鮮の行動
を監視し続けるとし、「韓国や日本などの同盟国の安全に一分の隙もなく関与していく」と表明した。

 そして、その後、マティス国防長官がミサイル発射直前に発言したことを紹介するのです。

 マティス国防長官は次のように言っています。(他のソースからのものです)
 War with North Korea -- should tensions ever come to that -- would be "catastrophic."

 「北朝鮮と衝突が起きれば…仮に緊張がそこまで高まった場合…破滅的なものとなろう」

 A conflict in North Korea would be probably the worst kind of fighting in most people's lifetimes.

 「北朝鮮での衝突は、恐らく殆どの人々が生涯経験したことのないような最悪の戦いになろう」

 This regime is a threat to the region, to Japan and South Korea and in the event of war they would bring danger to China and to Russia as well. But the bottom line is it would be a catastrophic war if this turns into a combat if we're not able to resolve this situation through diplomatic means.

「北朝鮮の現政権は、当該地域、日本、韓国にとっての脅威であり、戦争が起きれば、中国やロシアにも危険をもたらすであろう。しかし、結論は、もし、我々が外交的手段でこの状態を解決することができず戦いになった場合、破滅的な戦争になるということである」

 We don't have to wait until they have an intercontinental ballistic missile with a nuclear weapon on it to say that now it has manifested completely.

「我々は、北朝鮮が核弾頭を搭載した大陸間弾道ミサイルを北朝鮮が保有するようになるまで待つ必要がない。というのも、それは今や明らかなのであるから」

 We always assume that with a testing program they get better with each test.

 「彼らは実験の度に技術を向上させていると我々は常に想定している」

 私、思うのですが、読売の報道、つまり、米国は日本の安全に一部の隙もなく関与していくというのはミスリーディングではないかと。

 だって、マティス長官は、そんなこと一言も言っていませんので。
言っているのは、米太平洋軍の関係者です。

 
それにマティス長官は、戦争になれば破滅的な事態になろうとまで言っているのです。だから、そうならないように外交努力が必要だ、と。

 さらに、肝心のトランプ大統領は、本日も盛んにフェイクニュースについてツイートしているのですが、北朝鮮については何も言っていません。


  マティス長官の言うように、外交的努力で戦争を回避すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ