経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: 安倍総理

 本当になんと言ったらいいのか?

 安倍総理が国会で、こんなことを言い続けているのです。

 「5000円のなかには久兵衛の寿司はもちろん入っていないわけでございますが、これは関係のない話ではなくてですね、値段設定に決定的な影響を及ぼすと思いますよ? それを黒岩委員は喧伝をされたと。あらためて指摘させていただきたいと」

 まだ、言っていますね。でも、幾ら九兵衛の本店が否定しても、ホテルに出店している九兵衛の支店がお寿司を出したに決まっているではないか、と。そうでないなら、何処のすしだったのかホテルに証言させればいいものを。

 「秘書官はさまざまな機会にですね、私に答弁のアドバイスすることありますよ! それに対して怒鳴るというのはですね、異常な対応ですよ。それやっぱりおかしいですよ! それくらいは当たり前じゃないですか!」

 「あなたに対して正確に誠実に答弁をしようというなかの一環のことなんですよ? それを、言葉を、言葉を荒らげて、その秘書官に対して怒鳴るというのはですね、私は、私は人間としてどうなのかなと、こう思うわけでございます。国会議員としてですね、まさにこれは権力の行使に近いんだろうと、こう思うわけであります」

 誠実になんて、言葉がよく使えるね、と言いたい!

 人間としておかしいのは、安倍総理、貴方自身!

 「買収というですね、いま非常に強い言葉を使われました。それ、まったくそんなことはないわけでありまして、極めて失礼な私は発言だと思いますよ? まったく事実と当たりませんし、参加した人にも失礼ですよ! それだったらもっと証拠をあげていただきたい。まったくそれはあり得ない!」

 状況証拠から判断すれば、マックロケノケ。

 逆に、クロでないことを安倍総理が証明するのはいとも簡単…もし、買収をしていなければの話ですが。

 「買収とか、そういう決め付けはやめたほうがいいですよ。だいたい黒岩委員はいつもそうやって決めつけをする。先程の久兵衛の話もそうですけどね、決めつけをしたら、それ真っ赤な嘘だったじゃないですか。真っ赤な嘘だったですよね? それはやはり自分は嘘をついてしまったということを認められたほうがいいと思いますよ?」


 いや、誰がどうみても、買収にしか見えないのだが…

 「事前のアンケート調査により概ねの出席者数は判明していることから、ホテル側の了解のもと、取り消し料等の取り決めは特段おこなわなかった」

 安倍総理は、参加者一人一人がホテルと契約していると言いながら、ホテルの了解のもと、キャンセル料の取り決めは行わなかったと言っています。

 やっぱり、安倍事務所が関わっている証拠ではないですか!?

 「いま『規約に書いてある』とおっしゃったけど、ニューオータニの規約に書いてあるんですか?」

 「いま根拠のないことをおっしゃったということがあきらかになりましたね。別にこれはニューオータニの規約にあるわけではないですよ、そんなことが。根拠がないのに、おっしゃる。それはまた久兵衛の寿司と同じじゃないですか(笑)」

 でも、ちゃんと規約に書いてある、と。

 


 要するに、このおっさん、こどものときから、そうして嘘をつき通して大人になった、と。

 そして、時としてはったりをかます、と。


 
  本日もウソ全開のアベシンゾウと思った方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国とイランの緊張が一気に高まっているというのに…

 この男は何を考えているのでしょうか?

 年末年始の休みに入って、4回目のゴルフを楽しんだのだ、と。

 ゴルフをするなとは言いません。

 言いませんが、米国とイランとの間で戦争が始まりそうな状況にあって、平気でゴルフを楽しむことができるなんて。

 朝日が報じています。

 安倍晋三首相は4日、米軍がイラン革命防衛隊の司令官を殺害し、緊迫する中東情勢について記者団から問われ、「今月、諸般の情勢が許せば中東を訪問する準備を進めたいと思っている」とだけ述べた。
 
 政府は昨年末に自衛隊の中東派遣を閣議決定し、首相は今月中旬にサウジアラビアなどへの訪問を調整中だが、具体的言及を避けた形だ。

 千葉県袖ケ浦市のゴルフ場で、妻・昭恵氏の弟・松崎勲氏らとのプレーの合間に答えた。首相は12月28日から休暇に入り、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が殺害された3日には昭恵氏とともに東京都内で映画を鑑賞

 ゴルフをしたのは4日で4回目。記者団には「おかげさまでゆっくりできました」と語った。


 諸般の情勢が許せば中東を訪問するなんて言っていますが…

 アホじゃなかろうか、と。


 それもこれも、皆、アベシンゾウの取り巻き連中がゴマを摺り、本当のことを言わないから。

 NHKの岩田明子などは、安倍総理が、米国のイランの仲介役を果たしているなんて、ゴマを摺るものだから…

 アベシンゾウは完全にスポイルされてしまっているのです。





 総理を辞めて、毎日ゴルフをしていればいいのに、と思います。



 この男は何を考えているのだ、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 お正月早々、安倍総理がテレ朝の番組に出演していて…

 見ました?

 気分が悪くなりました。

 気分が悪くなりましたが…

 桜を見る会という言葉が出たので、どんなことを言うのかと興味が湧き、見続けたのですが…

 「(招待客の名簿は)個人情報ですから、残っていることで流出する危険性がある。しかし、(桜を見る会の)公文書の在り方については様々なご指摘もございますので、そういうご指摘も踏まえて検討していきたいと思ってます」




 総理は自分が何を言っているのか、分かっているのかと言いたい!

 招待客の名簿は個人情報だから残っていると流出の危険性があるのだ、と。

 だから、桜を見る会の後、直ぐ処分したのでしたよね?


 でもね…

 個人情報とはいえ、桜を見る会に招待されるということは名誉なことで、誰も隠したいとは思わない。それどころか、
どうみても招待すべきでなかったようなグレーな輩たちこそ、
安倍総理に招待されたとフェイスブックなどで宣伝しまくっていましたよね。

 さらにテレビで顔までさらされる、と。

 招待者リストが公表されて困るのは、反社会勢力などグレーな輩を大勢、しかも主に総理枠で招待したことがばれるからでしょ?

 そんなこと、誰でも分かる!

 でも、安倍総理はそれでも真面目そうな表情で演技を続ける、と。




 本当にバカらしい。


 それに、そもそも
役所が保管する文書って、個人情報の塊のようなものではないかと言いたい!

 納税者が税務署に申告する情報。 市役所が保有している戸籍や住民登録の情報。

 政府が、ポイント還元の大盤振る舞いをしてまでも増やしたがっている住基カードもそう。

 いいでしょうか?

 個人情報が詰まっているからと言って捨て去られたのは、桜を見る会の公文書だけなのですよ。

 いや、他にもあるかもしれませんが…

 捨て去られているのは、全て安倍政権にとって都合の悪い情報が掲載されたものばかり。



 考えれば考えるほどバカバカしくなる安倍総理の説明。

 でも、幾らバカバカしい説明でも、聞いているインタビューアーは、決して突っ込んではいけない、と。

 反論でもしようものなら、テレビ局の幹部が官邸から叱責されるのは必至。


 そんなバカバカしいインタビューの風景を国民に見せつける安倍政権とテレビ局。






 ああ、バカバカしい!




 この安倍総理の説明は、国民を愚弄するもの以外の何物でもないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 菅官房長官の会見が余りにも支離滅裂過ぎる。

 全く理由になっていない。

 文書を廃棄したとか、データが残っていないとか…

 多くの国民は、そんなたわ言を信じない。要するに、見せたくないことが書いてあるから隠ぺいしているだけだと考える。

 要するに、アベは嘘をついている、と。

 しかし、テレビは、その嘘が本当かもしれないという前提で側面から安倍を擁護するので、追及が鈍ってしまう、と。

 おかしいでしょう?

 そして、その一方で、野党のやっていることはパフォーマンスだ、と来た!

 安倍政権が嘘八百だから、仕方なく野党はそのような作戦に出ているだけ。

 というか、必ず資料は残っている筈。

 それでも、菅官房長官は絶対に資料は出せないと言う。

 でも、それは、自らがクロだと証明しているのと同じ。
 
 そうでしょう?

 資料を示せば、自分たちの潔白さが直ちに証明できるのに、敢えてそれをしない訳ですから。

 資料を示せば、クロであることが分かってしまうから出さない。

 そうした行為を証拠隠滅というのです。

 本日も、LITERAがいいことを言っています。

 メモを受け取っても、結局回答は「行政文書じゃない」の一点張り。この説得力ゼロの回答を受けて、朝日新聞のアベ記者が「バックアップデータを利用できないのであれば、何のためにバックアップを取っているのか。データとはいつでも復旧できるために保存……」と質問したのだが、菅官房長官は最後まで質問を聞き終わらないうちに、食い気味に「それはものによって違う」と言い放ったのだった。

 さらに、5 日午前の会見で菅官房長官は「国会議員からの資料要求については、その対象が行政文書であることを前提として、個別に対応している」と断言。ようするに、国会議員からの資料要求は行政文書でなければ対応する必要がないとも受け取れる発言をしはじめたのだ。

 言っておくが、国会法104条には〈各議院又は各議院の委員会から審査又は調査のため、内閣、官公署その他に対し、必要な報告又は記録の提出を求めたときは、その求めに応じなければならない〉とあるだけで、行政文書かどうかは定められていない。だが、菅官房長官は「資料要求がおこなわれた場合については、各省庁が保有する行政文書で対応する。これが政府の方針で、それに基づいて対応している」と言い張ったのである。

 これにはまたも毎日新聞のアキヤマ記者が食い下がり、「政府の方針というのは何かの法律、ガイドラインに基づいてなされているのか。それとも政府の恣意的な運用なのか」と質問したが、菅官房長官は「行政文書について、責任を持って対応するのは政府の役割だと思う。政府の役割は行政文書についてだ」などとまったく回答になっていない回答を述べただけだった。

 ようするに、「バックアップデータは行政文書ではない」「政府が国会議員から要求されて対応するのは行政文書であることが前提だ」と主張しながら、その根拠となる法律やガイドラインを示せと言われてもそれにはまったく答えていないのだ。

 この主張に則ると、今後、都合の悪い文書はすぐさま破棄され、バックアップデータが残っていても開示されることはなくなってしまうし、行政文書以外は何も明らかにされなくなる。いや、こんな詭弁が通用するのなら、行政文書の範囲も恣意的な解釈でどんどん狭められてゆくだろう。それぐらい、菅官房長官の言い分は危険なものなのだ。

(中略)

 ともかく、この国の公文書管理をズタズタにしようとする菅官房長官の詭弁をこのまま看過することはけっして許されない。唯一の救いは、菅官房長官の回答に対し、毎日や朝日、北海道新聞の記者たちが何度も食い下がって根拠のなさを暴いていることだが、いかに菅官房長官が危険なことを口走っているのか、その「ヤバさ」をもっと広める必要があるだろう。



 安倍と菅は、役所の公文書管理をずたずたにしていると思う方、怒りを込めてクリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日2018年分の政治資金報告書が公表され、安倍総理が政治資金パーティーで荒稼ぎをしている実態が明らかになりました。

 LITERAの記事です。

 安倍首相の資金管理団体「晋和会」の政治資金収支報告書によると、安倍首相は2018年に「安倍晋三後援会朝食会」と題した政治資金パーティを東京の高級ホテル・ANAインターコンチネンタルホテル東京で計3回開催。5月28日に2537万9784円、11月2日に2424万円、12月20日に2018万円を集め、たった3回でじつに6979万9784円も集金している。

 他方、支出に目を移すと、会場費郵便料金など3回の朝食会にかかった費用は548万3375円で、経費は収入の10分の1も満たない。つまり、安倍首相は朝食会だけで6431万6409円を収入として得ているのである。


 でも、こうした行為は、実は安倍内閣がよく使う閣議決定で禁止されているのです。

 安倍首相に対しては例年、「よりにもよって総理大臣が大臣規範を破るとは」と批判の声が上がっている。大臣規範とは2001年に閣議決定された「国務大臣、副大臣及び大臣政務官規範」のことで、国務大臣や副大臣、大臣政務官といった職務に就く者は「国民の疑惑を招きかねないような大規模な政治資金パーティーを自粛する」と規定している。

 だが、この規定など完全無視。安倍首相は総理大臣でありながら、収入が1回で1000万円を超える大規模パーティを開催しつづけ、この大臣規範を毎年、平気で破っている。ようするに、襟を正す気などまったくないのだ。


 幾ら閣議決定で自粛するように規定されていても平気で行い…でも、政治資金収支報告書にはちゃんと記載した安倍総理。

 では、何故前夜祭については記載していないのか?

 それは、公にすることができないからです。

 公にすれば、公職選挙法違反の行為が明らかになってしまうから。

 それしか理由が考えられません。

 それは違うというのであれば、ホテルに明細書か帳簿を提出してもらえば、簡単に証明できる。

 しかし、その簡単なことをしようとはしない。

 何故か?

 明細書や帳簿を提出すれば、やはり公職選挙法違反の事実が明らかになってしまうからでしょう。

 これだけの疑惑がありながら、テレビ局は安倍総理を庇う、と。

 暗黒の時代です。



 野党はもっと追究して欲しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍首相が毎年春開いている「桜を見る会」ですが…

 芸能人等を多数招いて、さも自分の人気が高いような演出をして全国に報じている訳です。

 それだけではありません。どんなに森友学園事件や加計学園事件が取り沙汰されようが、桜を見る会で昭恵とともに元気でいる姿をみせつけ、自分たちを奮い立たせてきた訳です。

 大した根性です。

 いずれにしても、
招待状が送られてきた場合、芸能人としては断るのも多少勇気がいると思うのですが、如何でしょうか?

 特に吉本所属の芸人ならなおさらです。

 おかしいでしょ?

 しかし、おかしなところは他にもあって…

 実は、この桜を見る会には安倍晋三の地元後援会の関係者が多数招待されているのだ、と。

 あのね、これ安倍夫妻が自腹で催している会合ではないのです。

 皆様の貴重な税金が投じられているのです。

 本当におかしい、おかしいとしか言いようがない。

 やることが露骨。

 公私混同が甚だしい。

 恥も外聞もない。

 ヤジを飛ばして、野党の議員の質問を妨害するアベシンゾウ。

 トランプとアベシンゾウが辞める日を切望しています。

 こんなのが総理でいるのはおかしいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 参院選の幕が切って落とされました。

 アベシンゾウの第一声です。

 「議論する政党を選ぶのか。議員としての責任を果たさず、審議を全くしない政党を選ぶのか。それを決める選挙だ」
 
 審議を全くしない政党は、与党、自民党ではないかと言いたい。

 そうでしょう?

 長期間に渡って予算委員会の開催を拒否し続けた自民党。

 年金だけでは2千万円不足すると指摘した金融庁の報告書に関しても、国民の反発が強いとみるや、受け取らないことにした自民党。

 アベシンゾウは、年金問題についてはこう言っています。

 「正しい政策を進めれば年金の財政はしっかりとし、(年金を)増やすことができる」

 よくもまあ、白々しい!

 そんな言葉を信じる国民がどこにいるのか、と。
 
 一体、正しい政策とは何を意味するのか?

 それに、年金財政が悪化し続ける一因は、マイナス金利政策にもあるのです。

 マイナス金利だから、積立金が全然増えないのです。

 それに、マイナス金利政策のせいで、赤字の地方銀行が急増している事実を余りにも軽視しています。

 そもそも10年物の国債の利回りがマイナスなんてことがずっと続くなんてことがおかしすぎるのです。

 それもこれも株価を維持するため!

 結局、問題を先送りするしか脳のないアベシンゾウです。

 デフレ脱却、拉致被害者、北方領土…

 何か前進したことがありましたか?


 少なくても、安倍政権を終わらせる程度には、与党の議席数を減らさなければならないと考える方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日新聞が、次のように報じています。

 トランプ米大統領は25日、ホワイトハウスで、貿易協議を続けている中国の習近平国家主席が「近く(ここを)訪れるだろう」と述べた。協議が進展し、最終決着を図る首脳会談が近づいているとの認識を示唆した。

 どう思います?

 当初の予定を遥かに超えて米中間で貿易協議が続いている訳ですが…

 本当に決着がつきそうなのでしょうか?

 記事の続きをご覧ください。

 一方、米CNBCテレビはトランプ氏の側近が発言に驚き、「何も発表することはないと述べた」と伝えた。

 米中両政府は閣僚級協議を30日から北京で開き、5月8日からはワシントンで実施する。追加関税の扱いや合意内容を順守させる具体的な枠組みで隔たりがあり、首脳会談に向けて詰められるかどうかが焦点となる。(共同)

 

 側近の発言が実態を表しているのではないでしょうか?

 つまり、まだ隔たりは大きく、合意に至る可能性は小さい、と。

 では、何故トランプ大統領は、米中首脳会談の開催を示唆したのか?

 2回目の米朝首脳会談もそうですが、トランプは議会などで追い詰められると、メディアの関心を逸らそうとして、そのような行動に出る癖があるように思われます。

 成果が出る可能性は小さいが、少なくてもロシア疑惑に関する追及を少しは弱めることができるし、万が一先方が大きな譲歩をすれば、それが即得点になる、と。

 従って、仮にトランプ大統領の方から首脳会談を持ちかけたとしても、トランプ大統領が譲歩をする可能性はほぼないと見た方がいいと思います。

 米朝首脳会談もそうだったでしょう?

 むしろランチをキャンセルして米国の強硬な姿勢を見せつけた、と。

 その考えで行くなら、米中首脳会談を開催しても、またもや共同記者会見は行わず、首脳会談は突然終わりとなる、と。

 でも、それでロシア疑惑の関心を薄めることができれば、それでいいし、また、トランプの強気の姿勢を支持者たちに見せることができれば、これまた良い、と。

 そういうことだと思います。


 いずれにしても、トランプはそういう男なので、仮にトランプが国賓として来日しても、相当厳しいことを言う恐れがあるということです。


 アベシンゾウは、トランプに尻尾を振るだけなのか、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 安倍総理の外遊について、産経が報じています。

 安倍晋三首相は22日から29日の日程で欧米6カ国を訪問する。6月に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で議長を強める首相は、サイバーや海洋進出など軍事的脅威を増す中国をにらみ民主主義や国際法の順守など基本的価値を共有する先進7カ国(G7)のメンバーである各国首脳とG20での合意形成に向けた緊密な連携を確認する。

 首相は27日午前(現地時間26日午後)、米ワシントンでトランプ大統領と会談する。トランプ氏が2月の米朝首脳会談で日本人拉致問題を提起したことに謝意を伝え、拉致問題解決の重要性を改めて共有する。北朝鮮が完全な非核化を実現するまで制裁を維持する方針も申し合わせる。

 (中略)

 首相は米国滞在中、トランプ氏夫人のメラニアさんの誕生会を行うほか、トランプ氏とのゴルフも予定する。トランプ氏は5月25〜28日に国賓として来日し、6月のG20サミットに合わせ再来日する予定で、強固な日米同盟を世界にアピールする機会となる。

 
 この記事のなかで、「民主主義や国際法の順守など基本的価値を共有する先進7カ国(G7)のメンバーである各国首脳とG20での合意形成に向けた緊密な連携を確認する」とありますが、今やアメリカのトランプ大統領は、法治国家など糞くらえと言わんばかりの行動に出ていることは周知のとおり。三権分立とかチェックアンドバランスなんてものはお構いなし。閣僚が法律を犯しても、俺が恩赦をしてやる、と。

 貿易面でも、トランプは自由貿易など糞くらえと言わんばかり。

 だから、先日行われたG20の財務相・中央銀行総裁の会議でも共同声明を出せなかったのです。

 つまりですね…G20サミットを大阪で開催しても、トランプがいる限り、建設的な議論などできる訳がないのです。

 それに、議長国として、米国とそれ以外の国との関係をどうにか巧く行くように日本が力を尽くすことができれば別ですが、安倍総理がトランプに意見するようなことを期待することはできません。

 つまり、G20を大阪で開催しても、多分何の成果も得られないでしょう。

 で、それが分かっていて、その根回しに行くというのが今回の外遊の目的なのです。

 噴飯ものですよね。

 強固な日米同盟を世界にアピールと言っていますが、おバカな二人のリーダーの存在を世界に示すだけなのです。

 

 本当に格好をつけることだけ熱心な総理だと思っている方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然ですが、以前、トランプ大統領が5月26日に国賓として日本を訪れ、我が国としては新天皇の即位後、最初に迎える国賓となるということが報じられていましたよね?

 2月22日の朝日の記事です。

 政府関係者によると、日米両政府はトランプ氏の来日日程を5月26〜28日で調整している。その1〜2カ月前に国賓として招待することを閣議決定する見通しだ。今年は中国の習近平(シーチンピン)国家主席を国賓として招待することも検討しているが、新天皇と会見する最初の国賓にはトランプ氏を招待することで米国重視を打ち出した。

 トランプ氏は新天皇との会見のほか、宮中晩餐(ばんさん)会にも臨む。日本政府は、首相とのゴルフや大相撲観戦なども検討している。

 首相のトランプ氏への厚遇ぶりは際立っている。

 
 で、私言いたいのですが…

 本当に国賓として招くの?

 もし、そうだとしたらバカじゃないのと言いたい!

 今、米国の政界がどのような状態になっているかを知らないのか、と。

 トランプは、嘘に嘘を重ね…

 余りにも嘘ばっかりだから、国民は少しも驚かない、と。

 最近の嘘はと言えば…

 冷酷な国土安全保障長官とみられていたニールセンに、親子引き離しの措置を強要したと
噂されていることに対し、そんなことはないと言ったり…

 それに、難民が米国にやってこないようにするためには法律違反など気にするなと部下たちに言っていたというではありませんか?

 で、本日は…

 毎日の記事です。

 「トランプ米大統領は11日、アサンジ容疑者が創設した内部告発サイト「ウィキリークス」を今でも好きかと記者団に問われ「ウィキリークスについて何も知らない。私は関係ない」と答えた。2016年大統領選中、民主党クリントン陣営のメールを暴露したウィキリークスを「大好きだ」と選挙集会などで公言していたが、手のひらを返した。

 トランプ氏は大統領選中にウィキリークスのメール暴露計画を事前に知っていた疑いが指摘されており、」


 こんな男を国賓として招くなんて、信じられません。

 トランプは、三権分立の考えを否定し、つまり、司法の判断など糞くらえという態度を取り、さらに部下たちには嘘を強要するだけでなく、違法なことまでしろと命じているのです。

 冷酷と言われたニールセン長官をクビにした理由は、ニールセンのやり方が生ぬるいとのトランプが感じたからなのです。

 先日も触れましたが、幾ら難民とはいえ平気で親子を引き離すトランプに、アベシンゾウは拉致された人が再び家族と会えるようにと頼んでいるのです。

 なんというブラックユーモア。

 まあ、トランプの方に来日する余裕がないかもしれませんが、国賓で招くなどという愚かなことはやってはいけません。


  トランプを今、国賓で招くなど、日本の恥だと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ