経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: 政治

 選挙には必ず行けと言われれば、そのとおり!

 でも、私が投票権を有する長崎2区には立憲民主の候補者は立ってはいないのです。

 どうすりゃいいのさ、思案橋?

 それにしても古臭い顔ばかり並んでいます。

 こんな人たちが議員になったとして、新しい日本が拓けるのか、と。

 私思うのですが、政治家の仕事こそAIに任せたらどうか、と。

 よく、選挙になると、経済をどうにかしてくれという声が大きくなります。

 普通なら、景気を良くすることが有権者の最大の関心事になる訳です。

 でも、政治家もバカなら有権者もバカですよね。

 政治家に任せておいて、経済が順調に成長するなんてことはないのですから。

 というよりも、政治家のやっていることはその反対のことばかり!

 そんなことを私が言えば、怪訝な顔をする人がいるかと思います。

 金融を緩和し円安を実現したり、或いは財政出動で景気の下支えをしたり、或いはまた、国民に給付金などをばらまいて消費を喚起したりしているではないか、と。

 そうなのです、政治家はいろんなことをやりたがる!

 ついでに言えば、むしろ、政治家は国民が喜びそうなことをやって支持率が高まることを狙っている、と。

 では、そのような政策を次々に打ち出して、本当に効果があるのか?

 公共事業を実施する。減税を実施する。国民に給付金を配る。

 しかし、そのように湯水の如くお金を使うから、政府には巨額な借金が積み上がっているのです。

 その規模、1000兆円強。

 そうなると、その借金を減らすことはできなくても、なるだけ増やさない程度の努力は必要であるとの認識となり、だからどうしても増税が避けられなくなっているのです。

 でも、今回の選挙戦でも各党が言っているように、消費税を増税すると景気が悪くなるのでしょ?

 少なくても増税によって物価が上がる分だけ、消費者の購買力が奪われる訳ですから実質消費が落ち込むことは当然予想されるところです。

 だから、消費税増税は、その実施のタイミングが重要となる訳ですが、でもいつかはやらない訳にはいかないのです。

 否、何も消費税の増税に限りません。法人税や所得税などでもいい訳ですが、増税そのものは避けられない、と。

 しかし、何故そのように増税の必要性が高まるのかと言えば…景気対策の名の下にばら撒きを繰り返してきたことも大きな理由の一つなのですから、だとしたら、そもそも将来の増税につながるような財政出動などするべきではないということにならないのでしょうか?

 冷静に考えれば、そのような結論を支持する人も少なくはないと思うのですが…

 でも、選挙を目前にした政治家たちは、なにがなんでも投票してもらおうと思い、つい、ばら撒き政策を口にしてしまう、と。

 要するに、政治家は利害が絡むので冷静な政策判断を行うことは大変に困難なのです。

 一方で、有権者の方も、目先の利益にばかり目が行くので、将来のことは軽視しがちになってしまう、と。

 つまり、経済学が難しすぎるので適正な政策が策定できないのではなく、政治家や有権者の判断はバイアスがかかっているので、そうなってしまうのです。

 だとすれば、いっそのことAIに判断をさせたらどうか、と。

 どのような経済政策を採用するかをAIに任せるのです。

 或いは、政治家の仕事をAIに任せる、と。

 そうすると、冷静で中立的な判断が可能になるとともに、無駄が極力なくなり、日本の成長率は今よりも相当高まると思うのですが、如何でしょうか?

 でも、そうなると困る人が出てくる訳ですよ、ね。

 既得権を守ってくれと、政治家にお願いすることができなくなるではないか、と。

 しかし、それが本当なら、政治家は普段、経済の成長を阻害するような無駄なことにばかりお金を投じているということになるでしょう。

 本日、改良版のアルファ碁について報じられていました。

 ご承知のとおり、アルファ碁というのは、世界最強の棋士にさえ勝つほどの力があることが証明されているのですが、改良版のアルファ碁というのは、その旧アルファ碁と100戦して100勝するほどの圧倒的な力を持っているのだとか。

 信じられない強さです。

 改良版のアルファ碁は、過去の対局などの学習用データ入力なしに、白紙の状態から自己対局を繰り返して指し手や盤面の評価を自ら学んでいくらしく、そうした自己対局を繰り返すことによって世界最強の能力を身に付けたのだとか。

 そこまでできるAIなら、経済政策の策定など簡単、簡単!

 霞が関の役人のやっている仕事の多くもAIに任せることができると思います。


 政治家に税金の使い方を任せるのは、猫にカツオ節の番をさせるようなもんだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日、新聞を読んでいると、高橋洋一氏の新刊本の広告が掲載されていました。

 見ていて唖然とする内容です。

 誰がこんな本を買うのだろうか?

 でも、買わない、或いは読まないまでも、こうした広告を目にした人は、ひょっとしたら騙されてしまうかも知れない。

 特に若年層の人たちは!

 だから、自民党に投票してしまう、と

 どんなことがこの本には書かれているのか?
 
高橋洋一新刊本

 次のような報道は全てフェイク報道なのだと。

 ・今回の選挙は、安倍総理の疑惑隠し解散だ。

 ・アベノミクスは失敗している。

 ・企業は儲けても国民は苦しい。

 ・森友・加計は安倍のおごり。

 ・人口減少で日本は危機に。


 高橋氏によれば、真実は次のとおりだ、と。

 ・米朝戦争の可能性が大であり、解散は今しかなかった。

 ・アベノミクスは成功している。

 ・来年から本格的に賃金が上がる。

 ・森友は財務省のチョンボ、加計は文科省の完敗。

 ・人口減少でも十分経済は成長できる。

 
 最初の解散は今しかなかったという仮説は、寿司友田崎氏も言っていることですが、誰が考えても、安倍総理が今なら勝てると思ったからに外なりません。

 それに仮に、年明けには危機がより高まるからと予想していたとしても、臨時国会開会の冒頭で解散する必要は必ずしもなかったのです。

 アベノミクスは、マイルドなインフレを起こすことこそ重要だとの認識があったからこそ、物価目標値を正式に設定させて、日銀にガンガン国債を買い上げさせたのです。でも、物価は少しも目標に達していない、と。どうして、それで成功していると言えるのでしょうか?

 来年から本格的に賃金が上がる?

 バカは休み休み言え!

 本当にこの男の言うことはいい加減なことばかり!

 でも、何故今、このような本を出すのか?

 私は、それには大きな理由があると思うのです。

 この男、この本を出すことによって、安倍総理に媚を売っている、と。

 そして、それとともにもう一つ大きな役割を担っているのです。

 自民党にネットサポーターズクラブというのがある訳ですが…

 毎日の記事です。

  衆院選が終盤戦に差しかかり、ネット上でも支援者らによるツイッターなどでの「宣伝戦」が過熱している。とはいえ、どんな人たちが、どんな内容を発信しているのかつかみにくい。そんな中、安倍晋三首相にエールを送る与党第1党の応援団「自民党ネットサポーターズクラブ」(J−NSC、会員数約1万9000人)が開いた緊急総会がネット中継され、総会のやり取りからその一端が浮かんだ。【岸達也】

 公示前の10月6日夜、東京・永田町の自民党本部。約250人が集まったJ−NSC総会では、国歌斉唱後…

 要するに、サポーターたちは、いろんな材料を探してきて野党を攻撃するとともに自民党を褒めあげる訳ですが…そうは言ってもネタは限られている、と。

 そうです、そのネタを高橋洋一氏が提供しているのです。

 私の本を手本にして、野党を攻撃し、安倍総理を擁護しろ、と。

 そういうことでしょ?

 若者よ、騙されてはいけない、と言いたい。

 でも、結構多くの人が騙されているのでしょうね。




 高橋洋一氏の言っていることこそインチキだと思った方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

 今朝、NHKをつけたら自民党の政見放送を見せられてしまいました。

 「キャビネット(内閣)のなかにはダニが湧きやすい。

 ああ、知りとうなかった、知りとうなかった、知りとうなかったよ、ゴンゴン。」


 否、自民党がそんなことを言っている訳ではありません。単なる私の感想です。

 それにしても、アベノミクスを加速で、所得を向上、幼児教育を無償化するのですって。

 私、かねがね疑問に思っているのですが…

 アベノミクスの加速って言いますが、具体的に何をどうするのか?

 そもそものアベノミクスの柱というのは第一に、物価目標値を掲げた金融緩和策であった筈ではありませんか!?

 日銀がじゃんじゃんお札を刷って、世の中にマネーを大量に放出すれば必ず物価が上がってデフレから脱却できる、と。

 違いますか?

 因みに、物価目標を掲げることこそ優先すべきだ、と言っていた割には1度も目標に達したことがない、と。

 そのことについての反省が全くなし!

 反省なくしては進歩もありません。

 いずれにしても、その金融緩和をさらに強めると安倍総理は言っているのでしょうか?

 でも、その様子はさらさらなし。

 では、財政出動を強めようというのでしょうか?

 しかし、仮に財政出動をしても、今は人手不足が問題になっている訳ですから、公共事業をやりたくても実行が困難なのです。

 では、民間の投資を喚起する成長戦略に力を入れるということなのでしょうか?

 しかし、国内の設備投資が振るわないのはご承知のとおり。

 それに、実際に自民党がやっていることは、規制緩和どころかお酒の安売りを禁止するようなことばかり。

 違うか?

 確かに所得が向上すれば国民はどんなに嬉しいことか!

 しかし、アベノミクスがスタートしてからほぼ5年が経過しようとしていますが、殆ど変化は見られない、と。

 それなのに加速ですか?

 さらに幼児教育の無償化なんていいますが、どこにその財源があるのか、と。

 誤解のないように言っておきますが…幼児教育の無償化に反対という訳ではないのですよ。

 但し、幼児教育無償化もいいが、それなら水道代や下水道代、或いは電気代を無償化してもよいような…

 さらに言えば、若者の結婚を支援するために、結婚資金の一部を政府が出すなんて案も。

 自動車教習所の料金を肩代わりすることもあり得る訳です。

 それなのに、財源に余裕があるのであればともかく、財源がなくて借金がさらに膨らむ状況のなかで何故次から次とばら撒きの政策ばかり打ち出すのか、と。

 いずれにしても、アベノミクスの加速というのが私には分からない。



 アベノミクスの加速だなんて、また無責任なことを言っていると、思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日の枝野代表の演説会に小林よしのり氏が動員をかけていました。そして、その演説会の様子を動画でみたのですが、凄い数の聴衆が集まっていました。



 但し、聞いている人の熱気はそれほでもないような…

 というよりも、冷静に話を聞いている、と。

 枝野氏も冷静に話をし、聞く方も冷静に聞く、と。

 ただ、どちらにしても凄い数。

 一方で、安倍総理は田んぼの中で演説を行っている様子。

 帰れコールが怖いのでしょうか?

 で、本日の島原新聞…

 長崎県島原市で発行されている1枚紙の新聞ですが、その1面に…とは言っても当然のことながら1面と2面しかないのですが…安倍総理が島原を訪れ演説を行ったなんて記事が掲載されていました。

 そう言えば何日か前に、安倍総理が島原市を訪れるかもしれないとの情報が流れていたものですから気にはなっていたのですが、安倍総理が島原市に来ていたというのです。

 でも、よーく記事を読んでみると、昨日ではなく1昨日の13日に島原市に来たのだということが分かりました。

 なんじゃ、この記事!

 いずれにしても、滅多に訪れることのない一国の総理が人口4、5万程度の地方都市を訪れたというのに殆どの人が誰も関心を示さない、と。

 人を集めすぎて、帰れコールが起きるのがやっぱり怖かったのでしょうか?

 普通、有名な政治家が応援演説に駆けつけるときには、○○来る!なんて幟が立つではありませんか!

 怖くて動員もかけられない、と。

 これが今回の選挙戦の実情なのです。

 これで仮に与党が圧勝したとして、安倍総理は信認を得たと言えるのでしょうか?

 そしてまた、東京ではあんなに多くの人が足を止めて枝野氏の話に聞き入っているのに、どうして与党が圧勝するというようなことが予想されているのでしょうか?

 納得がいかない。

 電話での調査に応じた人の多くが与党支持者であり、与党を支持しないような人は電話での調査には応じなかったというようなことも考えられるのです。

 希望は捨てないでおきたいと思います。



 枝野を応援するぞと、思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 先日、ある方が私の記事にコメントを寄せて下さいました。

 大学の授業料の一律の無償化ではなく、大学院の授業料を無償化すべきだ、と。

 私にはその理由がはっきりは分かりませんが、それが現場の切実な声なのだとか。

 でも、政治家はそのようなことは言いません。

 大学生全員を対象にする、と。お金持ちの子息も含めて。

 どうしてでしょうか?

 教育の現場を知らないから?

 大阪の人間なのに何故か福岡の高校に転校してきて、福岡の大学を卒業した松井府知事に教育の現場の声が分かるとは思われません。

 閑話休題。

 彼らは、何故一律の無償化を主張するのか?

 分かりませんか?

 あのね、選挙権が18歳にまで引き下げられたでしょ?

 若い人たちに投票してもらうにはどうしたらいいのか?

 彼らが大学に進学しても授業料がタダになると言えば、支持してもらえるでしょ?

 それに、貧しい家庭の子どもだけを対象にするよりも、お金持ちの子供を含めて全員を対象にした方が人気取りの効果があるからです。

 それだけのことなのですよ。

 中には教育の投資こそ経済活性の起爆剤になるなんて、もっともらしいことを言う人もいる訳ですが…

 それは、義務教育については言えることではあっても、今みたいに、大学生とは名ばかりの遊んでばかりいる学生の授業料をゼロにしたところで、何の効果もないでしょう。

 それ位の財政的余力があるなら、まだ優秀な大学院生を助けてあげた方がマシ。

 それに、高等教育の無償化を主張するなら、その前に無償化しても当然だと思われるものがあるではないですか?

 例えば、水道料金などはどうでしょうか?

 人間、水なしでは生きてはいけない。

 だったら、水道料金を無料するのが先決ではないのか?

 ついでに、下水道料金も無料にすべき。

 或いは、電気代だって、最低限度の使用分は無料にしてもおかしくはない、と。

 だって、電気なくして生活はできないからです。

 大学の授業料の無料化は大学に進学する者にとっては恵みの雨となる訳ですが、進学しない者には何のメリットもなく、進学しない者を相対的に不利な立場においてしまいます。

 その点、水道料金や下水道料金は等しく国民にメリットを与えるのです。

 大学の授業料の無料化は憲法14条違反というべきでしょう。

 いずれにしても、選挙のために政治家はこうした人気集めの手段を公約に盛り込むのです。

 でも、若者よ、騙されてはいけない!

 タダだと思っても、その財源はどこから捻出されるのか、と。

 政治家たちが、法人税を増税してそこから捻出するというのであれば、少しは喜んでいいかもしれません。

 しかし、恐らく、そのツケは将来、消費税増税という形で回ってくるでしょう。

 結局、自分たちで払うのです。

 それに、もっと重要なことを言えば、財源が仮に法人税の増税から捻出されたとしても、税金を引き上げられた企業は、その分、製品価格の値上げに転嫁するでしょうから、そうなると結局、消費者にも負担が及ぶ訳です。

 いずれにしても、無料とかタダという言葉に騙されてはいけません。

 タダほど高いものはない、と。


 ばら撒きの政策を盛んに口にする政治家は信用できないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 最優先事項は安倍政権に終止符を打つこと。だとしたら、小池批判はある程度に留めておいた方がいいかも。

 御説ごもっとも。

 で、小池批判を抑えておいた方がいいというのであれば、前原批判も同様に抑えておいた方がいいということになるでしょう。

 しかし、それでも言いたくなるのです。

 本日、辛坊氏の番組で、寿司友田崎が前原代表に質問をしていました。

 前原代表と連合会長と、そして小池氏の3人で合意したというが、何を合意したのか、と。

 それに対して、前原氏は何も答えることはありませんでした。

 とんでもないことを合意していたのではないでしょうか?

 いずれにしても、前原氏が小池代表の希望の党と合流した理由は唯一つ。

 安倍政権を倒すこと。

 それは分からないではありません。

 では、何故前原氏は、安倍政権を倒す必要があると考えているかと言えば…

 そこのところがはっきりしないのです。

 安保法制に反対だから?

 そうではありませんよね。前原氏は、その点では安倍総理の考えに近いからです。

 では、憲法改正に反対だから。

 これもそうではありません。

 では、森友疑惑や加計疑惑が許せないから?

 でも、そうしたことには殆ど触れません。

 前原氏が言っているのは、アベノミクスでは格差が広がり、そして、格差が広がると益々消費が冷え込むからだ、と言っているだけなのです。

 その説明、素直に受け止めることができますか?

 私は、素直に受け止めることはできません。

 単なる屁理屈です。

 というのも、確かにアベノミクスは富裕層に優しい経済政策で、大企業やお金持ちにとっては恵みの雨になった面がある半面、貧しい人々には逆に作用しているとも思えるのですが…

 その一方で、安倍総理や麻生副総理は、企業経営者に賃金を上げろと終始一貫して要請をして
いますから。また、同時に、様々な給付金を支給してきたことも事実。

 そしてまた、良いか悪いかは別として、消費税の増税実施を2度も延期した、と。

 そうしたことも含めて考えると、一般の国民は、安倍政権の経済政策に関して、全く支持していないとまでは言えないのです。

 それに、理由は別として、何が何でも安倍政権を倒す必要があると考えるのであれば、共産党と選挙の際、協力をする程度のことがどうしてできないのか、と。

 そうでしょう?

 共産党と合流する訳ではないのですよ。単に選挙区の調整をするだけの話。

 否、今、共産党が第一の野党であり、このままでは共産党政権が誕生してしまうから、それに協力はできないとでも言うのなら分かります。

 しかし、実際にはそんな状況では全くないのです。

 共産党とは協力できない、だから希望の党と引っ付いたというのでは、安倍政権を倒すという目的もそのまま受け止めることはできないのです。

 希望の党の小池代表と安倍総理の知的レベル、経済政策の中身のなさは殆ど同じと言っていいでしょう。そして、外交や安全保障政策に関しても殆ど同じ。

 何故、そのような希望の党と合流までする必要があったのでしょうか?

 それこそ、希望の党とも選挙協力をし、そして、共産党とも選挙協力をしたら良かったではないですか? 

 結局、民進党は、このままではじり貧で益々議席を減らすだけだろうから、何かあっと言わせることをやる必要があると考えただけの話。

 で、ついでの考え方の違う人々を排除してしまおうか、と。

 有権者は、その辺りのことが本能的に察知しているのではないのでしょうか?

 



 前原氏の説明には納得ができない、恰好付けたがりの男にしか見えないという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 小池都知事は必ず衆院選に出馬すると言ってきた私。

 その理由は、彼女は、今回のチャンスをラストチャンスと考えているからだと説明してきました。

 ラストチャンスとは総理になる最後のチャンスだということです。

 今なら安倍総理の人気が落ちているし…そして、自分は都知事選、都議会選を勝ち抜いて、百合子人気が続いているし、と。

 しかし、今、状況が大きく変わりつつあります。

 それは前原代表を希望の党にすり寄せることには成功したものの、リベラル派と言われる枝野氏が立憲民主党を立ち上げ、それが意外に人気を集めているということです。このままでは果たして当選者数がどこまで伸びるのか、と。

 判官びいきは日本人の常。

 小池は踏絵までさせている、なんて批判されてもいますし…都民ファーストの会からは離党者まで出る始末。

 無党派の有権者に対して、希望の党の候補者と立憲民主党或いは無所属の候補者がいたとして貴方はどちらを支持しますかと問うと、立憲民主党或いは無所属の候補者の方だという有権者が多いのではないでしょうか?

 つまり、小池氏にとっては全く想定外のことが起きているのです。

 このままでは過半数を獲得することなど夢のまた夢。

 だとしたら、自分が衆院選に出馬しても意味ないじゃん、と。

 野党の党首になっても意味はない。それなら東京都知事のままでいる方がずっとましだと考えているからです。

 では、総理になる夢はさておき、今回の選挙をどう乗り切ればいいのか?

 そこで彼女の本能が囁きかけるのです。

 自分の夢の実現を邪魔する立憲民主党の候補者を一人でも多く潰せ、と。

 立憲民主党の候補者が1人でも多く負け、そして希望の党の候補者が1人でも多く勝てば、希望の党としてはある程度の勢力を築くことが可能となり…そして、そのときに自民党もまた大敗してしまっていれば断然希望の党の利用価値が高くなる、と。

 つまり、希望の党が自民党、公明党と連立を組む可能性が出てくる訳です。

 場合によっては、安倍総理が、引き続き総理の座に留まることも不可能ではなくなるでしょう。

 要するに、そうやって安倍総理が小池都知事に借りができると、次の総理に小池氏が就くことの裏取引も可能になるのです。

 安倍政権を倒すために小池氏が希望の党を立ち上げ、そして、それに賛同した前原代表ですが、このままでは安倍政権の存続を助ける希望の党になってしまう可能性が大になっているのです。

 それでも民進党から出て行った議員たちは、希望の党と一緒にやっていくつもりなのでしょうか?

 でも、そうした構図が鮮明になれば、益々立憲民主党を支持する有権者が増えると思われます。

 

 みどりのタヌキは、すかんという方、クリックをお願い致します。そう言えば、前原氏はキツネに見えてきました。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 都知事選、都議会選、そして、今回の衆院選と3度目の小池劇場の上演です。

 小池代表は、果たして選挙に出馬するのかなんて、小池旋風が吹きまくっていたと思っていたところ、なにやら風向きが変わりつつあります。

 小池氏とツーショットの写真を撮ってもらったら3万円取られた?選挙の供託金600万円を負担する必要がある?

 まあ、そんなことは小さなこと。

 問題は、リベラル派切りにあるのだとか。

 細かいこと言わずに、取り敢えず全員丸抱えで民進党を呑みこんで勝つことに専念していたら、小池総理実現があり得たかもしれないと言われています。

 ということは、もはやその可能性はなくなった、と?

 でも、考えようによっては、右翼の小池氏が安保法制に反対する人の入党を拒否するのは当然と言えば当然。もし、考え方の違う人を受け入れたら、それこそ野合と言われかねない。

 というよりも、安保法制に反対しておきながら、よくもまあ希望の党に入りたいだなんて言えたもの!

 いずれにしても、そうしたなか、枝野氏が立憲民主党を立ち上げると言ったものだから風の向きがすっかり変わってしまったのです。

 判官びいきが常の日本人としては、今や小池氏よりも枝野氏を応援したいと思う人が多くても不思議ではない、と。

 私としても、立憲民主党を応援したい!

 しかし、どうも民進党議員の動きにまとまりがないようなのです。

 逸早く、希望の党に移って行った者は論外として、森友・加計疑惑を鋭く追及していて無所属で出馬するときっぱりと言っていた逢坂誠二氏などは、立憲民主党ができてもやはり無所属で出ると言っています。

 なんと清々しい態度なのか!

 それ以外に、森友・加計疑惑追及の先頭に立っていた今井議員などは、希望の党で頑張るという立場なのです。

 「民進党も希望の党に合流することになった。僕は新人の時から、自民党の癒着政治を変えたいという想いで活動を続けてきている。森友、加計疑惑もその典型的な例だ。だから追及してきた。どんな箱の中でも、その気持ちを持って行動していきたい。」

 どんな箱でもと言っていますが、どんな箱でもいいなら立憲民主党に戻ったらどうでしょうか?

 さらに同じく森友・加計疑惑を追及していた福島議員も、希望の党への移籍組のようですが…いろいろいるんですね、と言いたい。

 要するに、人生いろいろ、党員もいろいろというのが民主党、民進党だったのです。

 そして、それが緑のタヌキさんのお蔭で分離が成功!

 これで一見、投票しやすくなったかに見えるのですが…でも、実際には選挙区ごとの事情もあり、そう簡単でもなさそうです。
 

 
  いずれにしても、安倍政権には終止符を打つことが必要だと考える人、力強くクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 希望の党の公認候補予定者は、小池代表とのツーショットの写真を撮ってもらうために3万円支払う必要があるのだとか。

 まあ、選挙にはなんやかんやとお金がかかるのは分かるのですが…

 公認候補者になるということは小池氏の仲間、或いは子分になるということです。

 その仲間、或いは子分からお金を取るのか、と。

 しかも、3万円という中途半端な額。

 むしろ、お金を請求したということでイメージが悪くなるのではないのでしょうか?

 もちろん、ツーショットの写真を撮ってもらう候補者は、小池都知事の人気にあやかりたい一心なのでしょうが、思惑どおりに行くものかどうか?

 それにしても安保法制に反対していたのにも拘わらず、安保法制支持を強烈に打ち出している小池氏の下にすり寄る民進党の議員たちには、プライドというものがないのでしょうか?

 ないのでしょうね。

 菅元総理の悪口は言いたくないのですが…合流の話が出たとき、菅さんは、小池氏に対して日本のメルケルになって欲しいだなんてエールを送っていたそうですが、自分も希望の党から立候補するつもりだったのでしょうか?

 要するに、いつまでも国会議員でいたいだけ!

 そうだったの、菅さんと聞いてみたい!

 ツーショットの写真代3万円を取る小池氏も小池しだが、それを払う民進党の議員も議員。

 そういえば、小沢氏に連れられて中国に行き、中国の胡錦濤国家主席と写真を撮っていたなんてこともありましたね。

 左とか右とかに拘わらず、自分の信念、何をしたいのかという志を大切にする政治家であって欲しいですよね。

 その意味において、新党を立ち上げるなら、その方がどれだけいいことか!

 
 小池都知事に、違うだろう、違うだろうと言ってやりたい、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 安倍総理が言っています。

 かつて新党ブームが起きたことがある。しかし、新党ブームのせいで経済は停滞してしまった、と。

 では、今度もまた経済が停滞するというのでしょうか?

 しかし、新党ブームのせいで経済が停滞したというのは初めて聞きました。

 安倍総理を含むリフレ派は、かつての日銀の政策が生ぬるかったから日本はデフレから脱却できないと言っていたのです。

 考え方が変わったのでしょうか?

 それに、安倍総理自身、最近では少子高齢化が経済停滞の原因だと認めているではありませんか?

 こんないい加減なことをいう政治家がいつまでも総理の座にいることが問題だと言いたい!

 で、安倍総理が引っ込めば大変結構なことですが、では、誰が次の総理になるのか?

 そこで今俄然注目されているのが小池都知事。

 しかし、総理大臣になるためには国会議員であることが必要な訳ですから、今度の選挙に出馬しないことには小池総理が誕生する可能性はないのです。

 そこで、小池氏が選挙に出るのではないかと噂されているのですが…

 どう思いますか?

 出るに決まっていると言いたい!

 今出ないで、いつ出るのか、と。

 こんなチャンスは今回限りかもしれないからです。

 しかし、彼女はまだ出るとも出ないとも言わない。

 早めに出馬表明をすると、都知事になって1年しか経っていないのに無責任だ批判される恐れがあるからです。

 ただ、その一方で、彼女は出馬しないのではないかと予想する人もいます。

 何故そう思うのでしょうか?

 私は、それは本心ではないと思うのです。本心では出馬すると思っている。しかし、彼女が出馬すると益々新党ブームに勢いがつき与党が負ける可能性が大きくなるので、出馬しないで欲しい、と。

 それに、出馬しないという印象を国民に植え付けておけば、仮に彼女が出馬表明したとき、彼女は嘘を言っていたということになり、小池氏の人気が落ちる可能性があるからです。

 なんと姑息な手段!

 まあ、小池氏もそれと劣らず姑息ですが…

 
 日本維新の会の松井氏が、小池氏は衆院選に出ないと言っているのは、そういう事情によるものではないでしょうか。

 でも、記者会見で、松井氏がそう言っていたとき小池氏はなんとも言えない表情をしていましたよね。


 答えは顔に書いてあるというのはこのことです。

 
 いずれにしても、こうした混沌とした情勢のなか、民進党の逢坂誠二氏は無所属で出馬すると表明しました。

 何と清々しい態度でしょう。

 こういう人に政治を託したい。


 無所属で出馬するという位の気構えでなくてどうして選挙が戦えるか、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ