経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: 地球温暖化対策

 トランプ大統領がパリ協定を離脱するという理由が、理由になっていないみたいです。

 米国の公共ラジオ放送が次のように報じています。
 
RACHEL MARTIN, HOST:

President Trump has said the U.S. is now out of the Paris climate accord. In his speech in the Rose Garden yesterday, he listed off the reasons. Mainly, he said, the deal would hurt American workers. But the president also argued that the accord itself won't really make a difference on climate change. Here's President Trump.

「トランプ大統領は、米国はパリ協定から離脱すると言いました。昨日のローズガーデン(ホワイトハウスの庭園)で行ったスピーチで、彼はその理由を挙げました。主にアメリカの労働者にとって害になるということでしたが、パリ協定を守っても温暖化の進展には大した影響を及ぼさないとも言いました。トランプ大統領です」

PRESIDENT DONALD TRUMP: Even if the Paris Agreement were implemented in full with total compliance from all nations, it is estimated it would only produce a two-tenths of one degree - think of that - this much - Celsius reduction in global temperature by the year 2100 - tiny, tiny amount.

「仮に、全ての国が協定を守り100%パリ協定が実施されたとしても、0.2度しか違わないと見積もられている。その程度なのだ。2100年までに地球の温度をそれだけ下げるだけのことだ。たったそれっぽっち」

MARTIN: OK. We're going to take a closer look at some of the president's assertions, including what he just said. And we're going to do so with the help of NPR science correspondent Chris Joyce. Hi there.

「では、大統領が今言ったことを含め、彼の主張をよく見てみましょう。NPRの政治部のクリス・ジョイス記者に手伝ってもらいましょう」

CHRISTOPHER JOYCE, BYLINE: How are you doing?

「こんにちは」

MARTIN: I am well. OK, we heard the president say tiny, tiny amount.

「こんにちは。大統領は僅かな温度差だと言いました」

JOYCE: Right.

「そのとおり」

MARTIN: Is he right?

「彼の言っていることは正しいのですか?」

JOYCE: Well, that came from an MIT study that was done in 2014. The author of that study, as of today, has said that's a misrepresentation. The reason being that the initial study by MIT scientists came up with that number in 2014 well before they got the full deal on what the countries were going to do to reduce emissions.

「そうですね、それは2014年に行われたマサチューセッツ工科大学の研究結果によるものです。その研究を行った者たちは、今となっては誤解を与えるものだったと言っています。その理由は、2014年にMITの科学者たちがそのような数字を示したのは、加盟国が二酸化炭素削減のためにどのようなことをするのか十分に把握できていなかったためだったからなのです」

MARTIN: So he's citing an incomplete, outdated study.

「ということは、大統領は不完全な古い研究結果を引用しているのですね」

JOYCE: They redid the study in 2016 when they had the real numbers from the Paris Agreement. The numbers they came up with was a reduction of 0.6 to 1.1 degrees centigrade. So it's three to - at least three times more than the initial number. Furthermore, we're talking about a 2 degree difference here, which - it is the target of keeping temperatures going above two degrees Celsius.

「科学者たちは、パリ協定の実際の数字を使って2016年に再検討したのです。その結果、0.6度から1.1度という数字が出てきました。従って、当初の数字と比べれば少なくても3倍はあるのです。さらに言えば、我々は2度の温度差を議論しています。2度を超えないことが目標なのです」

MARTIN: Which can still make a difference.

「やはり相当違いますね」

JOYCE: Yeah, and so 1.1 is a big part of 2.

「2に対し1.1ですから大きいのです」

MARTIN: All right. Will the U.S. leaving this accord change the effectiveness of the overall deal?

「分かりました、米国がこの協定から離脱すれば有効性に影響を与えますか?」

JOYCE: It could if other countries drop out certainly. I mean, the U.S. emissions actually, within this country, are going down and have been going down for years. That could reverse after 2020. And particularly then, if the rest of the world drops out, that would have a serious effect on the climate.

「他の国も離脱するのであれば影響はあり得ます。米国の二酸化炭素の排出量は、国内でみた場合、今現在減少していますし、過去何年かをみても減少しています。それが2020年より後には反転する恐れがあります。そして、特にそのとき、世界の残りの国もパリ協定から離脱すれば、気候変動に深刻な影響を及ぼすことになるでしょう」

MARTIN: And lastly, the president took particular umbrage at part of the deal called the Green Climate Fund. He said that it's simply a transfer of wealth from us to them, them being developing countries. Can you explain that briefly?

「最後に、大統領は緑の気候基金と呼ばれる取り決めに対して特に不満を抱いていますね。単に我々から彼らへ、つまり途上国への富の移転に過ぎないと言っています。簡単に説明してもらえますか?」

JOYCE: Yeah. That's a $100 billion fund by 2020 that would be money from the developed world going to the developing world. But that money, though, is supposed to be programmed for climate research and climate effort to deal with climate change, not to make cars to compete with the U.S. Furthermore, half of that money is supposed to come from the private sector, from banks, not from taxpayers.

「2020年までに先進国から途上国へ1000億ドルのお金を出すというものです。しかし、そのお金は気候研究や気候変動対策に使用されることになっており、海外の車を優位に立たせるために使われるのではないのです。さらに、そのお金の半分は民間部門や銀行から出ることになっており、税金が投じられるのではないのです」

MARTIN: And those countries could use it to buy American technology.

「そして、それらの国々がアメリカの技術を購入するためにそのお金を使うことはあり得るということですね」

JOYCE: Absolutely.

「そのとおり」

MARTIN: NPR science correspondent Christopher Joyce. Thanks so much, Chris.

JOYCE: Glad to be here.

 これが超大国アメリカの大統領の言うことなのでしょうか?

 なんといい加減な説明。

 直ぐに間違いだと分かるようなことを言って!

 それに、仮に0.2度の違いしかないということが本当だったとしても、私は大いに問題があると思います。

 the last straw という言葉があります。

 我慢の限界などと訳されますが…

 文字通りの意味は、最後の麦わらです。

 麦わら1本の重さなんて、まさらに僅かなものでしかありません。

 でも、

 It's the last straw that breaks the camel's back.

  それまで重荷に耐えていたラクダも、最後に一本麦わらを乗せられたところで、背骨が折れるのです。

 愚かな大統領だと思います。



 安倍総理といい、トランプ大統領といい、どうしてこうも浅はかなのかと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ


 トランプ大統領が、パリ協定からの離脱を表明しましたが、米国ではそれについてどのように報道されているのでしょうか?

 公共ラジオ放送のNPRのニュースです。

STEVE INSKEEP, HOST:

So the president is leaving everyone in suspense today, going to Twitter and saying he will make an announcement today.

「大統領はツイッタ―で本日、お知らせをするからといって、皆を宙ぶらりんの状態にしています。」

RACHEL MARTIN, HOST:

That's right. The announcement has to do with his decision about the Paris climate agreement. You might remember that during the campaign, Trump made it clear that he was no fan of the international deal struck by his predecessor.

「そのとおりです。お知らせというのは、パリの気候変動合意についての彼の決定についてのものです。覚えているかもしれませんが、彼は、選挙期間中、前任者が行った国際取引に何の関心もないと明らかにしていました」

(SOUNDBITE OF CAMPAIGN RALLY)

PRESIDENT DONALD TRUMP: We're going to cancel the Paris climate agreement and stop...

トランプ大統領:「我々はパリ協定をキャンセルするつもりだ。そして…」

(APPLAUSE)

TRUMP: Unbelievable. And stop all payments of the United States tax dollars to U.N. global warming programs.

トランプ大統領:「信じられない。そして国連の地球温暖化対策に対する米国の拠出をすべて停止する」

(CHEERING)

MARTIN: This went along with another of the president's campaign promises that played well with his base.

「これは、大統領のもう一つの選挙公約とセットになっていたものです」

(SOUNDBITE OF CAMPAIGN RALLY)

TRUMP: We're going to save the coal industry. We are going to save that coal industry. Believe me. We're going to save it.

「我々は石炭産業を守る。我々は石炭産業を守る。信じてくれ。我々は守るから」

MARTIN: Despite what he said on the campaign trail, the president is playing his cards close to his chest on this one, at least until later this afternoon.

「選挙期間中に言っていたことにも拘わらず、大統領は少なくても今日の午後まで自分の考えを明らかにしてきませんでした」

INSKEEP: OK. So the first question is, will he cancel the agreement? The second one is, will it do what he promised? Will it save the coal industry and other industries? We're going to talk this through starting with NPR White House correspondent Scott Horsley who's here.

「了解。そこで最初の質問は、彼は合意を破棄するのか、ということ。第二の質問は、約束したことを実行するのか、ということ。そして、石炭産業や他の産業を守ることになるのか?こうしたことについて、ここにいるNPRのホワイトハウス担当のスコット・ホースリーと話してみましょう」

Hi, Scott.

「よろしく、スコット」

SCOTT HORSLEY, BYLINE: Good morning, Steve.

「おはよう、スティーブ」

INSKEEP: OK. It seemed like the president made up his mind on the campaign trail. Unbelievable, he said of the Paris climate deal. Is there really a question about whether he will cancel it?

「大統領は選挙期間中に決心したように見えていました。信じられないと、パリ協定について彼は言っていたので。彼がその合意を取り消すかどうかは本当に問題なのですか?」

HORSLEY: Well, he has been getting a lot of lobbying, both from outside and inside the administration, to stay in the Paris Accords. And that includes lobbying from his own daughter Ivanka. This has been a real tug of war between the nationalists in the White House, folks like Steve Bannon, who want the president to pull out of the deal and the globalists, like Secretary of State Rex Tillerson, who want the United States to stay in.

「そうですね、彼は政権の内外からパリ協定に留まって欲しいと多くの陳情を受けていました。それには娘のイヴァンカも含まれます。大統領にパリ協定からの撤退を望むスティーブ・バノンのようなホワイトハウス内の愛国主義者とティラーソン国務長官のようなパリ協定に留まることを望む国際派の綱引きが行われていたのです」

There were reports as early as last Friday that the decision had been made. But there were other news accounts saying, no, the president's mind was still subject to change. And there are still - supporters of the deal are still running full-page ads today imploring Trump to stay in the deal. So you know, Trump the showman knows how to build suspense, build an audience. And all this uncertainty guarantees a big tune-in for his announcement in the Rose Garden this afternoon.

「先週の金曜日には、決定はなされたとの報道もありました。しかし、否、そうではなく、大統領の気持ちは揺れ動いているというのもありました。そして、パリ協定の支持者たちはトランプ大統領に、パリ協定に留まるようにという全面広告を新聞に出しています。ご承知のようにトランプ氏は役者なので、ドキドキさせる方法を知っているのです。そして、だからこそ、午後のホワイトハウスの庭園での発表に注目が集まるのです」


INSKEEP: Yeah, it focuses all attention on him. This is reminding me of NAFTA, Scott Horsley, where word went out that the president was going to cancel NAFTA, and then he was lobbied. There was some last-minute lobbying. And that's what's happening now, right?

「そうですね。彼に注目が集まっています。NAFTAを思い出させます。大統領はNAFTA(北米自由貿易協定)を取り消すのではないあとのうわさがありました。そのとき、彼は陳情を受けていたのです。土壇場で陳情があったのです。今起きていることと同じですね?」

HORSLEY: The lobbying in that case by the leaders of Canada and Mexico - in this case, he's getting lobbying from all international quarters.

「その場合の陳情はカナダとメキシコのリーダーの首脳からあった訳ですが、今回は、あらゆる国際関係者から陳情を受けています」

INSKEEP: OK. So suppose the president were to withdraw the United States from the Paris climate accord. Suppose he does that, what's that look like? What are the mechanics?

「了解。そこで大統領がパリ協定から撤退させたとしましょう。そうするとどうなるのでしょうか?」

HORSLEY: There are at least a couple of different exit doors he could walk through. He absolutely has the authority to pull out unilaterally from the Paris deal itself, but it's time consuming. And it wouldn't actually take effect until the day after the 2020 presidential election. If he wanted to take an express lane, he could withdraw from the underlying United Nations climate agreement. But that's a Senate-ratified treaty, and Congress would likely argue that it should have some sort of say so in that.

「少なくても二つの出口があるようです。彼には一方的にパリ協定から撤退する権限をがあります。但し、それには時間がかかります。そして、それは2020年の大統領選が済むまで有効にはなりません。直ぐに撤退したいのであれば、パリ協定の基となっている国連の気候条約から撤退することが可能です。しかし、それは上院が批准した条約なので、議会はそのようなことを主張するに違いありません」

INSKEEP: Let's bring another voice into this conversation. NPR's Nate Rott covers energy and the environment.

「もう一人の意見も聞いてみましょう。ネイト・ロットがエネルギーと環境について伝えてくれます」

Nate, good morning.

「ネイト、おやよう」

NATE ROTT, BYLINE: Good morning.

「おはようございます」

INSKEEP: So I'm trying to think this through. The United States has signed on to this voluntary deal to take a number of steps to reduce its carbon emissions over the coming years. The president says this costs jobs. I guess the opposite of that would be, withdrawing from the climate agreement would save jobs or create jobs. But let's fact check that a little bit. Would you actually save coal jobs, for example, by getting out of the Paris climate deal?

「そこで、このことについて考えたいのですが、米国は、この先、二酸化炭素の排出量を減らすための多くの措置をとるという任意取り決めに署名しています。大統領は、それによって雇用が犠牲になると言います。ということは、気候条約から撤退すると、仕事を守り、仕事を創る、と。では、事実はどうなのでしょうか?例えば、パリ協定から撤退することによって石炭産業の仕事を守ることになるのでしょうか?」

ROTT: Short answer, no.

「答えはノー」

INSKEEP: Thank you very much. Nate Rott...

「大変ありがとう、ネイト・ロット…」

ROTT: (Laughter) Yeah, there we go. Good to talk to you.

「はい、そういうことです。どうもありがとう」

INSKEEP: No, let's elaborate a little bit on it.

「いや、もう少し詳しく」

ROTT: Now - so I mean - talking just about coal jobs, and that's what I've been mostly doing some reporting on recently, I've kind of discovered there's a big problem for coal. And that is that the coal industry is in a structural decline. And by that, I mean natural gas is cheaper. It's cleaner. Utilities across the country often prefer it to coal. On top of that, you have this massive growth in renewable energies, wind and solar, that are making big pushes. And you have growing numbers of cities and states that are committing to clean energy themselves.

「石炭産業の仕事についてですが…そして、そのことについて私は最近ずっと報じているのですが…石炭については大きな問題があることが分かりました。というのは、石炭産業は構造的に衰退しているということなのです。天然ガスの方が安いのですよ。そしてきれい。米国の電力会社のなかには石炭より天然ガス好む会社も多いのです。その他にも、風力や太陽光発電のような再生可能エネルギーが増加しています。そして、クリーンエネルギー政策を確約している都市や州も多いのです」

Just yesterday here in California, the Senate passed a bill to use 100 percent renewable energy by 2045. And our governor, Jerry Brown, doubled down on the state's commitment to, quote, "stay the course," unquote, on the Paris Accord after he heard that Trump might be stepping out of it. And they actually...

「ここカリフォルニア州でも、2045年までに100%再生可能エネルギーを使うようにするという法律が通りました。そして、ジェリー・ブラウン州知事は、トランプ大統領がパリ協定から撤退するかもしれないと聞いた後で、パリ協定に関する立場を維持するという州の確約に賭けると言ったのです」

INSKEEP: Did you say it's 100 percent renewable energy by the state of California by 2045? Did I hear you correctly?

「カリフォルニア州は2045年までに100%再生可能エネルギーを使うようにすると貴方は言いましたか? 私は聞き間違っていませんか?」

ROTT: That is correct.

「そのとおりです」

INSKEEP: Wow.

「へー」

ROTT: And, you know, there's - obviously, that's still got some hoops to jump through. But that is kind of a good indication of where California is going, and California's not alone. There's a lot of other states that are making commitments that are similar. So it's really hard for coal to compete in this new energy marketplace, regardless of regulation or, in this case, international climate agreements.

「それに、まだひと踏ん張りしなければなりません。しかし、カリフォルニアは良い方向に向いていますし、カリフォルニアだけではないのです。同じような政策を取っている州が多いのです。従って、規制、この場合は、国際協定ですが、国際協定の内容の如何に拘わらず、石炭産業が新エネルギーと競争するのは本当に大変なのです」

INSKEEP: Why are so many businesses lining up to save this climate agreement? After all, it does impose some requirements on them, and they don't tend to like government requirements.

「どうしてこんなに多くの企業が気候条約を守ることを支持しているのですか?結局、気候条約があるということは、何らかの義務が課せられる、と。政府の規制を嫌う傾向があるのでは?」

ROTT: Well, yeah. So what you're referring to, I think, is what we've heard from a lot of companies in the tech industry, food industry, manufacturing - I mean, on and on - that have publicly announced their support of this agreement. I think there's a lot of different reasons for that, obviously. But if you want to draw a thread through all of them, I think a big one to draw is consistency. And there are two things I mean by that. There's consistency here in the U.S. Lots of these industries have been making plans under the impression that the U.S. would be part of this big climate deal. And it's not easy to change those plans overnight.

「そうですね、はい。あなたが言っていることは、先端技術、食料、製造業等々、多くの企業から聞いているところですが、彼らは公式にこの気候条約を支持すると表明しています。理由はいろいろあると思います。ただ、共通していることがあって、それは一貫性ということなのです。そして、一貫性にも二つの意味があります。先ず、国内の事情ですが、多くの業界は、米国が気候条約に留まることを前提に経営プランを立てているということです。そうしたプランを一夜にして変更するのは容易なことではないのです」

The other consistency I'm talking about is abroad. Take the auto industry. I was talking to our auto correspondent. You guys know him, Sonari Glinton, about this earlier yesterday. And he was saying, if you're a global company like Ford or Toyota, you want to be able to sell the same car here in the U.S. that you can sell in China or South Africa. So if the world is moving in one direction on something like auto emissions, as you would imagine it would under the Paris Accords, the U.S. is moving another - makes it hard for business.

「次に海外の事情についてですが、自動車産業を例に取りましょう。自動車担当の記者と話をした。ソナリ・グリトンですが、昨日彼は、こんなことを言っていました。もし、あなたがフォードやトヨタのような世界的企業であれば、中国や南アフリカで売るのと同じ車を米国内でも売りたいと思うだろう、と。そこで、自動車の排ガスについて世界がある方向に向かっているならば…そのことはパリ協定の下で想定されることであるが…米国が違う方向に向かうということはビジネスを行いにくくする」

HORSLEY: Even as we're talking word is coming from around the world if you're watching the news in recent hours today. China has said it's going to stand by its climate commitment. The Kremlin is saying the climate deal will be less effective without the United States. Statements are coming in.

「こうして話をしている間にも、世界から情報が入ってきています。中国は気候変動条約に関する約束を守ると言っています。ロシアは、米国抜きではこの協定の効果が弱まると言っています。

Very, very briefly, Scott Horsley, what's it do to the U.S. standing in the world if it joins Syria and Nicaragua as the countries that aren't part of this deal?

「この協定に加盟していないシリアやニカラグアが加盟したら、米国の立場はどうなるのでしょう?」

ROTT: This would be not only an America-first move, this would be an America-going-it-alone move. This would be very much a retreat from nearly every other country on the planet that has agreed to this. There was an eye-popping quote in a Politico story yesterday that some officials have taken to calling the G7, the other G7 countries that want to stay in the deal, the G6.

「アメリカファーストというだけでなく、アメリカ孤立主義になるでしょう。この協定に合意したこの地球上の殆ど全ての国の仲間から外れることになるでしょう。政治屋の話ですが、昨日、驚くべきものがありました。それは、これまでG7と言ってきた官僚たちがいたが、この協定に留まりたいと思っている他のG7諸国は、G6だ、と。」

INSKEEP: Oh, my.

「それは…」

ROTT: That's a remarkable statement about the U.S. standing in the world right.

「まさに世界における米国の立場を示す注目すべき解説です」

MARTIN: But as Nate points out, California municipalities, states have already decided that this is good business. It makes good economic sense to pursue alternative energies and climate-change policies. So look to see how many more states and cities decide that they have to go it alone.

「しかし、ネイトが指摘するように、カリフォルニアの都市や多くの州は、これがよい政策だと既に判断している。代替エネルギーを追及すること、そして、気候変動条約を守ることが経済的に合理に適っている。どれだけ多くの州や都市が、独自路線を歩むと判断することになるのでしょうか?

INSKEEP: NPR's Nate Rott and Scott Horsley. Thank you, gentlemen.

ROTT: You're welcome.

HORSLEY: Thank you.

 長文、お疲れ様でした。

 でも、指摘されているように、石炭産業がそれによって復活することは期待できないと思います。

 取り敢えず、ご紹介まで。



 トランプ大統領って、歴史に名を残すのは確実だ、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 本日、ドル円は、1ドル=107円台に迫ろうとしています。

 とんでもないピッチで円安ドル高に振れているのです。

 でも、財務大臣や財務官は、今回は、口先介入はしないのですよね。

 これが逆方向の動きの場合には、「投機的な動きがある」なんて騒ぎ立てるのに、如何なものなのでしょうね。

 要するに、政府関係者の発言は大いにバイアスがかかっているのです。

 いずれにしても、何故円安が進んでいるかと言えば…

 はい、そこの貴方、そうです、貴方です。理由は何だと思いますか?

 分からない? あてずっぽうでいいから言ってみてください。

 やっぱり分からない?

 でも、いつも私のブログを読んでくださっているのでしょ?

 いつもと同じ理由なのです。

 はい、米国の金利が上昇し、日米金利差が拡大しているからなのです。

 グラフをご覧ください。
 米国債の利回り推移 2016-11-11
 右端がピンと跳ねているでしょ? 大統領選後、2日続けて米国の長期金利が急上昇しているのです。

 復習になりますが、では、どうして米国の金利が上がるかといえば…

 トランプ氏が大統領になったら、大型減税やインフラ整備にお金が投じられるという期待があり、そうなると景気がよくなって物価が上がるだろう、と。それに保護主義的な政策が採用されると、労働市場が逼迫して賃金が上がり、これまた物価を押し上げるであろうと予想されるからなのです。

 ところで、インフラ整備に投じるお金ですが、どこから捻出しようとしているかご存知でしょうか?

 トランプ氏は、国連の地球温暖化プログラムに対する米国の拠出を取りやめ、それで浮いたお金でインフラ整備をしようとしているのです。

 地球温暖化プログラムと言えば、つい先日、パリ協定が発効したばかりですよね。

 パリ協定の発効は、オバマ大統領の尽力があったからこそ実現できたと思うのですが、トランプ氏はそうしたオバマ大統領の努力を全く否定しようとしているのです。

 The concept of global warming was created by and for the Chinese in order to make US manufacturing non-competitive.

「地球温暖化の概念は、米国の製造業の競争力を削ぎ、自分たちの利益になるようにと中国によってでっち上げられたものだ」

 トランプ氏は、後日、この発言は冗談だなんて言い訳していますが…でも、トランプ氏が地球温暖化対策に全く関心がないどころか、逆の方向を目指しているのは明らかなのです。

 私、今朝新聞をみていて、石垣島と西表島の間にある日本で最大のサンゴ礁の石西礁湖で、少なくても一部白化したサンゴ礁が97%にも達し、死滅しているものは56%に上っていることを知りました。

 これも地球温暖化の影響の一つなのです。

 地球温暖化が進めば、そのほか、台風が大型化するようなことも予想されている訳です。

 100年に一度の大雨が、日本のあちらこちらでしょっちゅう起きるようになっているのはご承知のとおりなのです。

 本当に怖いと思います。

 トランプ氏は、単に温暖化を認めないだけではなく、Myron Ebellという温暖化の否定論者を担ぎ出して、米国の温暖化対策を全く違うものにしてしまおうともしているのです。



 
 安倍総理はトランプ氏に対して、「トランプ次期大統領の類いまれなリーダーシップにより米国がより一層偉大な国になることを確信する」と電話で述べたと言われるが、どちらもおかしいんじゃないのと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ





にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 今朝テレビを見ていたら、TPP承認案を可決することを優先したばかりにパリ協定の採決が先送りになってしまったと批判する評論家がいましたが…どうも偽善っぽいとしか思えません。

 それに欧米勢は、京都議定書という名が嫌だった、つまり、日本に手柄を取られることが嫌だったわけですから、今回、日本の批准が遅れてもどうってことはないのです。

 まあ、このように私が言うと、私は温暖化現象を否定する者の一人と思う人がいるかもしれませんが、本当はその反対!

 我々人類は、本気で温暖化対策に取り組む必要があると私は思っているのです。

 しかし、だからこそパリ協定の内容の乏しさに失望をしているのです。

 で、そのような思いでいたところ、本日、フィナンシャルタイムズがパリ協定には効果は期待できないという記事を書いていたので、それを紹介したいと思います。

 先ず結論から言えば、

 「歴史的な一歩と称賛された地球温暖化対策「パリ協定」(11月4日発効)は拘束力が弱い。世界の気温上昇をより望ましいとされる1.5度未満はおろか、2度未満に抑えることさえできないだろう。温暖化対策はそれなりの規模と切迫感を持った世界的取り組みにする必要がある。そうでなければ、意味ある変化は何も起きないだろう。」

 私もそのとおりだと思います。

 そして、順序は逆になりますが、次のようにも言っています。

 「こうした明白な事実を考えると、気候変動の問題が米大統領選でほぼ議論されなかったのは信じがたい。気候変動などどうでもいい問題だからではない。大統領候補の間に意見の相違がないからでもない。ひとえに今の現実が何を示しているのか、考えたいと思う人がほとんどいないためだ。」

 米国の大統領選の結果がどうなるかに注目が集まっている訳ですが、肝心の二人の候補から地球温暖化の言葉を聞いた記憶がありません。本当に嘆かわしいことなのです。

 フィナンシャルタイムズは、こう続けます。

 「気候変動がもたらす様々なリスクに対する反応はほぼ2つに分けられる。いずれも現実を否定するというものだが、その否定の仕方は大きく異なる。筆者は一方を「全否定派」、もう一方を「控えめな否定派」と捉えている。」

 「全否定派」と「控えめな否定派」の定義がどのようなものであるかはフィナンシャルタイムズを読んでもらうこととし、いずれにしても、トランプ氏は全否定派であり、そしてヒラリー・クリントン氏は控えめな否定派であるので、従って、どちらが大統領になっても有効な対策を打ち出すことはできないだろうと言っています。
 
 ということで、温暖化は益々顕在化するばかりなのです。



 クリントンが大統領になっても、トランプが大統領になっても混迷するばかりだろうと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 2020年以降の地球温暖化対策のルールを取り決めた「パリ協定」が4日に発効したと報じられています。

 私の感想は、better than nothing.

 というのも、これで温暖化の進行を止められるかと言えばその保証は全くないからです。それどころか、これから先も温暖化は進展し、そして異常気象が頻発化すると思って間違いなし!

 どうしてかと言えば、仮に二酸化炭素の排出量が増えないようにすることに今成功したとしても、その程度のことでは大気中の二酸化炭素の濃度が低下することはないからです。

 ところで、3日ほど前に、読売新聞は次のように報じていたのですが、ご存知でしょうか?

 「中国「二酸化炭素、17%削減」目標達成を発表」

 どう思いますか?

 中国は、二酸化炭素の排出量を17%も削減する目標を掲げていて、それが達成されたかのように読めるのですが…これだけでは詳しい内容が分かりません。

 さらにどんなことが書かれているのか見てみましょう。

 「中国の解振華・気候変動事務特別代表は1日、北京で記者会見し、気候変動対策に関する2016年度の報告書を発表した。

  国内総生産(GDP)あたりの二酸化炭素排出量は、2011〜15年の5年間で20%減り、「17%削減」の目標を達成した。温室効果ガスの主要排出源である石炭の15年の消費量は39・6億トンで前年比3・7%の減少。原子力や水力など非化石燃料が全発電量に占める割合は同2・6ポイント増の27%だった。

 解氏は、4日に発効する温暖化対策の新たな国際的枠組み「パリ協定」で「中国政府と指導者が重要な貢献をした」と強調、「日本の早期批准を期待する」と述べた。」

 如何でしょうか?

 日本の早期批准を期待するという上から目線の発言は置いておくとして…二酸化炭素の排出量が2015年までの5年間で20%減ったと言うのです。

 これが本当だとしたら、中国は大変な努力をしていることになるのですが…

 でも、待ってください!

 その前に、「国内総生産(GDP)あたりの二酸化炭素の排出量」と書かれています。

 では、2015年までの5年間で実質GDPはどの程度伸びているかと言えば、なんと46%も増加しているのです。ということは、

 1×1.46×(1-0.2)=1.168 となり、

 中国の二酸化炭素の排出量は、5年間ほどで17%も増えているのです。

 石炭の消費量が2015年には前年比で3.7%と減少したというのはそのとおりだとしても…というか、そこでそのような数値をもってくるので、このニュースを見聞きした人は、二酸化炭素の排出量も、それがGDP1単位当たりの量ではなく絶対量だと思い込んでしまう可能性があるのです。

 要するに、未だに二酸化炭素を大量に排出し続け、そして、一方では、2030年頃まではそれが減ることはないと明言しておきながら、中国政府が温暖化対策の枠組み成立に貢献しただなんて…よく言えるものなのです。

 いずれにしても、温暖化の進展は、最低でもこの先何十年も止まることはないでしょう。

 益々異常気象が猛威を振る世界になってしまうのです。



 新聞社が、読者が誤解するような記事を書いてはいけないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ



にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 日曜日にも拘わらずこのブログにアクセスして頂き、ありがとうございます。

 さて、台風12号が私の住む長崎県に近づきつつありますが、皆様も自然災害には十分注意をし下さい。

 ところで、私、思うのですが、最近異常気象が頻発しているのではないか、と。

 頻発するくらいだから、異常が異常でなくなりつつあるのです。

 一時間当たり100ミリを超える雨量は100年に一度の筈だったのに、どこかで100ミリ以上の雨が降りましたと報道されることが全然珍しくなくなりました。

 何故、このように異常気象が増えているのか?

 そして、何故大型の台風が発生しやすくなっているのか?

 その理由は、地球温暖化のせいだと私は考えます。

 地球温暖化が進展すると、海面が上昇するだけではなく、暴風雨が吹き荒れるようになると、1987年か1988年頃から言われるようになったと記憶しています。

 私、その頃、環境庁に出向していて、地球温暖化対策の必要性を訴える仕事をしていたのでよく覚えているのです。

 あれから30年近くの年月が経過した訳ですが、では、地球温暖化対策は進んでいるのでしょうか?

 殆ど進展していないのではないでしょうか?

 しかし、中国の国家主席と会談したオバマ大統領は次のように述べたと報じられています。

 The moment we fially decided to save our planet

 「我々がついに地球を救うことを決断した瞬間だ」

 何故、オバマ大統領が、そのようなことを言ったかと言えば、パリ協定の発効には、少なくとも55か国が国内で締結の手続きを行い、その排出量が全体の55%以上になることが条件になっているところ、中国と米国は、二酸化炭素の排出量の上位1位と2位の国であり(中国は20.1%、米国は17.9%)、この2か国が批准することにより協定発効に弾みがつくと考えられているからです。

 みなさん、どう思いますか?

 しかし…私は、何を言っているのだとしか思えません。

 確かに、米国と中国が、全ての国に目標を課したパリ協定に参加することによって、温暖化対策が一歩前進することは否定しませんが、それにしても余りにも遅すぎなのです。

 その理由を説明する前に、パリ協定って、なに? という人もいると思うので、簡単にパリ協定を説明すると…

 パリ協定とは、批准国が2020年以降の温室効果ガスの自主的な削減目標を示し、地球温暖化対策に取り組むことを決めた国際的枠組みのことなのです。目標は、世界全体で産業革命前と比べて、気温の上昇を2度未満に抑える、と。

 では、主要国の目標はどうなっているかと言えば…


米国:2025年に2005年比26〜28%削減
EU :2030年までに1990年比少なくても40%削減
日本:2030年までに2013年比26%削減

中国:2030年までにGDPあたり2005年比60〜65%削減
   (排出量は2030年ごろがピーク)

 いいでしょうか?

 今は、2016年ですね。ところが、各国が目標として掲げているタイミングは、まだまだずっと先の2025年や2030年なのです。つまり、まだ当分は二酸化炭素の排出量は増え続ける可能性があるのです。

 それに、これらの数値は目標であって義務ではないので、実際にどうなるかは分かりません。

 さらに重要なことを指摘すれば、世界最大の排出国の中国については、その目標の掲げ方が、単純な削減率ではなくGDP当たりとなっていることです。従って、例えば基準年と比べてGDP当たり60%二酸化炭素の排出量を削減したとしても、GDPが大きく伸びていれば、排出量が減少することはないのです。現に、排出量は、2030年頃までは増え続けることが想定されているのですから。

 米国と中国が地球を救うことを決断したなんていっても、中国は、この先14年間ほどは二酸化炭素の排出量を増やし続けるといっているのですから、何をか言わんや!

 おかしいとは思いませんか?

 もちろん、産業革命以降、大量に二酸化炭素を排出してきたのは先進国であるのは確かですが…だからといって、異常気象がここまで頻発化してきているのに、中国がまだまだ二酸化炭素を排出を増やすぞ、と言っているのが信じられません。

 いずれにしても、仮に今すぐ二酸化炭素の排出を完全にストップしたとしても、温暖化はしばらくは進展し続けるものと考えられています。つまり、海上を進んでいる船が急に止まらないのと同じようなものなのです。

 政治家たちは、余りにも無責任ではないのでしょうか。

 そして、人々も余りにもそうしたことに鈍感になっているのではないのでしょうか?
 
 


 米国と中国は、何を自画自賛しているのだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ



 にほんブログ村 経済ブログへ
にほんブログ村

 パリで開催されているCOP21は、やはり意味のある枠組みの合意には至らないようですね。

 まあ、それは当たり前と言えば当たり前。どこの国だって自国の利益が大事だからです。

 しかし、だからと言って、各国が自国の利益ばかりを考えていると、いつまで経ってもこのようなグローバルな問題を解決することはできないでしょう。

 それに各国のリーダーたちの言動と言ったら…

 11月30日のCOP21開幕日の出来事ですが、ロイターは次のように報じていました。

 「30日に開幕し、各国首脳が演説を行ったが、首脳らが割り当てられた演説時間を相次いで大幅にオーバーするというハプニングがあった。

 割り当てられた演説時間は3分間。それを過ぎると終了を知らせるベルが3回鳴るルールだったが、多くの首脳が制限時間を超えても話し続けた。

 大半は6分以内にスピーチを終えたが、オバマ米大統領はベルが複数回鳴っても13分半にわたって話し続けたほか、チャドのデビ大統領のスピーチは14分だった。夕方になると、セッションの議長役を務めたツバルのソポアンガ首相が3分を厳守するよう求めた。ただ、同首相が2時間前に行った演説も8分間と長かった。」


 どう思います? 笑いたくても笑えない話ですね。スピーチの時間制限さえ守れないのに、どうやったら二酸化炭素の排出量を削減するための合意などできるでしょうか?

 そうでしょう?

 それはそれとして、その後の実務者レベルの交渉では、先進国と発展途上国で温暖化対策を担う責任にどこまで差を持たせるかを巡って意見が対立しているのだ、と。

 具体的には、中国やブラジルが、「先進国が提出した削減目標は十分ではなく、先進国の対策を強化すべきだ」と言っているのですって。

 では、ここで二酸化炭素排出量の上位6か国を見てみましょう。

 表をご覧ください。

二酸化炭素排出量

 世界全体の二酸化炭素排出量に占める各国のシェアの多い順に並べてありますが、ご存知のとおり、中国が1位、次いで米国、そしてインドと続いています。

 で、この1位の中国は、どの位今後二酸化炭素の排出量を減らすつもりなのかと言えば…

 な、な、なんと2030年までは減らすことはないと。ということは、あと15年間は、減らすどころか増やすと言っているのです。もちろん2030年を過ぎたら、少しずつ排出量を減らすとは言っているのですが…そんなことでは完全に手遅れになってしまうでしょう。

 そして、その中国がですよ、先進国の削減目標はまだまだ小さすぎると言っているのです。

 どう思います?

 堪忍袋の緒が切れましたか?

 それとも…

 では、中国の言い分は全く不合理なのでしょうか?

 先ほどの表の下の方をご覧ください。

 二酸化炭素の排出量の多い6か国について、一人あたりに換算するとどれくらいの量を排出しているかを示した表になります。

 念のために入っておきますが、このランキングは、あくまでこれら6か国に限ったもので、世界全体における順位を示したものではありません。

 さあ、如何でしょうか?

 国民1人当たりでみると、米国がダントツに排出量が多いことが分かりますね。

 そして、中国をみると、1人当たりの排出量は米国の半分もないのです。

 何故、中国がまだまだ排出量を増やしても先進国側からとやかく言われる筋合いではないと言っている理由がお分かりになったのではないでしょうか。

 そうなのです、中国やインドは人口が多いので、排出量の総量は多いものの1人当たりでみると、日本やドイツよりも少なく、だから、先進国こそもっと努力すべきだと言っているのです。

 どう思います?

 そんな中国の言うことを聞いていたら、温暖化は益々顕在化するだけだ?

 まさにそのとおり。

 では、どうやったら中国に排出量を削減させることができるのでしょうか?

 そのためには、中国やブラジルが言うように、もっともっと先進国側が削減努力をする必要があるのですが…でも、米国はもちろん、欧州各国や日本も、これ以上の努力は不可能だと突っぱねるでしょう。

 となれば、気温の上昇を2度未満で抑えるなんて夢のまた夢。温暖化は益々顕在化するでしょう。

 では、そうなって我々人類は、生きていけるのか?

 問題はそこなのです。

 大したことはないというのであれば、世界各国が合意できなくても問題はないでしょうが、異常気象は頻発化するし、生態系は破壊されるなど大変なことになると本当に思うのであれば、ある程度の経済発展は諦めざるを得ないのではないでしょうか。

 まあ、もっとも、石油や石炭の消費量を減らすことによって一時的に経済発展を犠牲にしたとしても、石油や石炭の消費量に制限が課せられれば、その分、他の代替エネルギーの開発が進み、それが今度は経済発展させる力となるのです。

 ピンチはチャンス!

 というよりも、今のまま手を拱いていては、きっと将来世代から我々は悪く言われるでしょう。



 ピンチをチャンスにする方法もあるので、この際、石油および石炭の消費を思い切って抑制することが必要だろうと思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 COP21がパリで開催されていますが、一般の方々の関心はそれほどでもないですよね。それに、ひょっとしたら今でも地球温暖化の議論は眉唾だと思っている人が相当いるかもしれません。

 一時期、地球温暖化の議論は根拠がないなんて主張する学者や評論家がテレビに出まくっていた時期がありましたよね。今はそれも下火になったようですが、でも、下火になった理由というのは、温暖化の問題がそれほど真剣に議論されることがなくなったからではないでしょうか。

 かつてゴア元副大統領が出演した「不都合な真実」なんて映画が関心を集めたこともありましたが、今、世間の関心はそれほどではなくなっているのです。

 いずれにしても、皆さんは、どう思いますか?

 地球温暖化の議論は根拠がないと思うのであれば、パリでCOP21が開かれようと、そして、それがどうなろうと、どうでもいいことですよね。

 否、本当は、そんな会議のために世界のリーダーたちが集まるのは、時間とお金の無駄になるだけなのですが…でも、温暖化が進行していないというのであれば、それに越したことはありません。

 しかし、もし、実際に温暖化が着実に進展しているとしたら、どうでしょうか?

 でも、仮に温暖化の進展を真剣に心配している人がいたとしても…定年退職も昔のこととなり、段々歳をとってくると、、地球の未来も心配だが自分たちの命も限られているからとなってしまうのですよね。

 それに、温暖化が進展することによって、日本だけが、或いは自分たちの住んでいる地域だけが影響を被るというのであれば、もっと敏感になると思うのですが、全世界が影響を受けるとなれば…皆で渡れば怖くない、と。

 ということで、人類は、傲慢になっているのではないのでしょうか? 少なくても、私たちの子や孫、或いはその後の世代のことを考えれば、このまま手を拱いていていいのかと思ってしまうのです。

 ということで、本日は、COP21が成功する見込みがあるのかについて考えてみたいと思いますが…先ず、COPについての知識をおさらいしましょう。

 NHKのサイトからです。

 「COP21とは?

 COP21の正式名称は「気候変動枠組み条約第21回締約国会議」です。

 COPとは、”Conference of the Parties”の略で条約に参加する国々の会議という意味。1992年、国連の地球サミットで「気候変動枠組み条約」が採択され、国際会議の場で地球温暖化対策を話し合ってきました。2015年は、その21回目の会議となるCOP21がパリで開催され、大きな山場を迎えます。

 1997年、京都で開催されたCOP3で、国際的な合意「京都議定書」が生まれました。これは、先進国に対して温室効果ガスの削減を義務付ける画期的なもので、世界の温暖化対策はここから大きく前進するかと思われました。ところが、当時最大の CO2排出国であったアメリカが議定書から離脱。しかも中国などの新興国からの CO2排出量が急増して、一部の先進国だけの排出削減義務では、効果が限定的なものとなってしまいました。

 その後、京都議定書に続く温暖化対策の新たな枠組みをめぐり国際交渉が続いていますが、会議では、先進国側と新興国・途上国側の主張が鋭く対立するようになります。先進国側は「新興国や途上国にも削減義務を」と主張。一方、新興国と途上国は「これまで大量の CO2を排出してきたのは先進国であり、削減義務も先進国が負うべきだ」と主張し、議論がまとまらなくなったのです。

 こうしたことから本来、2009年にコペンハーゲンで開かれたCOP15で「ポスト京都議定書」の新たな枠組みを決めるはずが、合意に失敗してしまいました。

 そんな状況を打開できるか、ラストチャンスともいえるのがCOP21です。ここで2020年以降の世界の温暖化対策の大枠が決まります。会議の焦点となるのは、 CO2削減に向けてアメリカや中国を含むすべての国が参加する対策の枠組みを作れるかという点です。

 世界の気温上昇を産業革命から2℃未満に抑えるという国際目標を実現するためのタイムリミットは目前です。このまま何も対策を打たなければ、世界の CO2排出量は、新興国や途上国での人口増や経済成長によってさらに増加していく見込みで、2℃目標の実現は不可能なレベルに達してしまいます。COP21で実効性のある大胆な温暖化対策を打ち出せるかどうか。2015年は温暖化対策の正念場です。」


 如何でしょうか?

 頭の整理ができたと思うのですが、産業革命時以前からの気温の上昇を2度未満に抑えるのが、人類の共通の目標なのですね。

 何故2度なのかというと、それ以上だと、異常気象の多発化や生態系の破壊など、地球環境に壊滅的な影響を与えることが懸念されるからです。

 そして、そろそろ抜本的な対策が講じられないと手遅れになるだろうということなのです。

 では、今回のCOP21で気温の上昇幅を2度未満に抑えることを可能にするような枠組みが構築できるのでしょうか?

 はっきり言って、それは無理でしょう。

 何故ならば、そうした枠組みが成立するためには、最大の二酸化炭素排出国である中国と米国が中心的な役割を果たす必要があるところ、どちらも全く消極的であるからです。

 誤解のないように言っておきますが、オバマ大統領はかなり積極的になっていますが、肝心の米国議会が消極的であり、さらに中国も、2030年までは二酸化炭素の排出量を増やし続けるとぬけぬけと言い続けているからです。

 2030年ということは、あと15年もあるのです。その間、世界最大の二酸化炭素の排出国が、さらに二酸化炭素の排出量を減らすことはないと言っているのです。

 もう、それだけ聞いただけでも、意味ないじゃん、と。

 そんな話が通るのであれば、他の途上国だって、中国と同じようにまだまだ二酸化炭素の排出量を減らす訳にはいかないと主張するでしょう

 そして、その一方で、世界全体の排出量を増えないようにするためには、先進国側が今まで以上に排出量を削減せざるを得ないのですが、そんなことを今の米国が呑む筈がありません。

 だいたい、そもそも何故自分の国は、これだけしか二酸化炭素を排出することが許されないのかという明確な基準がないのです。

 基準がないのに、交渉をしようとしても、大きな声を出すものが勝つだけ。というよりも、合意は得られない、と。

 それに一見我儘に見える中国の態度も…中国の人口が米国の4倍以上もあることからすれば、米国こそもっと排出量を削減せよという意見も成り立つのです。

 だとしたら、約150か国のリーダーたちが集まる以前に、中国と米国の間でもっとギリギリの交渉をすべきでしょう。

 しかし、米国と中国で合意したことは、中国は2030年まで二酸化炭素の排出量を増やすというようなことだけ。そして、その一方で、米国が思い切った排出量の削減を表明している訳でもないので、それでは世界全体の二酸化炭素の排出量が減る訳がないのです。

 では、世界全体の二酸化炭素の排出量を削減する方法はないのか?

 ない訳ではありません。しかも、個別国に排出枠を課すようなことをしなくても済む方法があるのです。

 どういう方法かと言えば、世界全体の年間の石油・石炭の産出量に制限を課してしまうことです。

 もちろん、そのためには石油・石炭の産出国の了解が必要となりますが、それはお金で解決が付くことなのです。

 何故かと言えばそもそも石油や石炭を産出するのは、お金を稼ぐためだからであり、だからお金さえもらえれば、産出国側に異存はないからです。

 具体的なやり方としては、世界の石油・石炭産出国が統一的な国際組織を作り、加盟国は、そこで設定された世界全体の年間産出量の枠内でしか生産をしないことを誓い合い、しかも、実際に石油や石炭の産出したいと考える国は、その国際組織から個別の産出権を一般競争入札方式で手に入れるようにすればいいのです。

 となれば、単位当たり高い価格を付けた国から順に個別の産出権が配分されることとなり、そして、そうやって個別の産出権を得た国は、実際に石油や石炭を輸出する際に、落札のために掛かった費用を上乗せすれば、産出国側にとっては何の不満もあり得ないでしょう。

 一方で、そうすることによって石油や石炭の価格は暴騰するかもしれません。

 しかし、そもそも石油や石炭の価格が安すぎるのでそれらの大量消費につながり、温暖化を引き起こしていると考えるべきでしょう。

 でも、それを認めると、これまでの快適なライフスタイルが成り立たなくなるので…つまり、不都合な真実であるので、人々は認めたくないのですよね。そして、人々がそれを認めたがらないから、政治家も積極的になれない、と。

 いずれにしても、問題の本質が、石油や石炭の価格が安すぎるということにあるので、石油や石炭の価格を高くする政策こそ温暖化防止には必要なのです。

 もちろん、そうして一気に石油や石炭の価格が暴騰すると世界経済が混乱してしまう弊害があるので、少しずつ価格を上げていくような工夫が必要ですが、いずれにしても石油と石炭の価格を上げることが必要なのです。

 そして、そうやって石油や石炭の価格が上がれば、例えば太陽光発電のコストが相対的に安くなるので、益々再生可能エネルギーの占める比率が高まり、二酸化炭素の排出量を削減することが可能になるのです。

 石油や石炭の産出コストは、掘り出す費用や運搬費用だけを考えると、それほど高いものではありません。しかし、石油や石炭を消費することによって排出される二酸化炭素が温暖化をもたらすので、その温暖化の弊害を考えると石油や石炭を使用する社会的コストは決して小さなものではないのです。

 まあ、私の提案などが受け入れられる可能性は殆どないかもしれませんが、いずれにしても、殆ど手遅れといっていい状態になっているのではないでしょうか。だとしたら、今後温暖化は益々顕在化するだけですから、異常気象が普通になることを見越した上で対策を立てることが必要になるでしょう。

 例えば、とんでもない規模の台風や竜巻が起きるようになるでしょうから、家の構造を例えばドーム型にして強風を凌ぐようなことが求められるようになるのではないでしょうか。




 COP21で意味のある枠組みが合意されることは期待できないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 米国と中国が二酸化炭素の排出量削減計画を発表したと報じられています。

 あの中国がついに地球温暖化対策に立ち向かうことになったのでしょうか。でも、素直には信じることができません。

 ホワイトハウスのサイトにアクセスしてみました。次のような大きな文字が躍っていました。

 A Historic Climate Announcement

 「歴史的な気候変動問題のお知らせ」

 President Obama and Chinese President Xi Jinping just announced new targets to reduce carbon pollution.

 オバマ大統領と習近平国家主席は、炭素化合物の排出量を削減するための新たな目標を発表したところである」

2ckb0073
(White House のサイトより)


 私の疑念は間違いだったのでしょうか?

 でも…新たな目標とはどんなものなのか?


<目標>

 米国:炭素化合物の排出量を2025年までに、2005年の水準よりも26〜28%削減する。
 
 中国:2030年頃をピークに二酸化炭素の排出量を減少させる。但し、それよりも早く目標が達成できるように努めるともに、化石燃料を使わないエネルギーのシェアを20%程度にまで高める。


 如何でしょうか?

 米国の排出量削減目標値が合理的なものかどうか、そしてまた、その程度の削減努力で温暖化の進展を大きく遅らせることができるかどうかについて、私は十分な知見を有するものではありませんが…中国の目標値については、呆れてしまうだけです。

 これを削減目標と呼んでいいのでしょうか?

 確かに、2030年以降は二酸化炭素の排出量を減らすと言っているのですから、削減目標かもしれませんが…しかし、逆に言えば、中国は、2030年頃までは、つまりあと15年間程度は排出するに二酸化炭素の量は増やし続けると言っているのです。

 おかしでしょう?

 だって、既に世界的にみても異常気象が頻発化しているからなのです。地球温暖化のリスクが顕在化するのは将来の話ではないのです。今も少しずつリスクが顕在化していっているのです。

 それにも拘わらず、この先15年間も二酸化炭素の排出量を増やし続けると言う中国。

 さらに言えば、中国は、2030年以降、どの程度のペースで二酸化炭素の排出量を削減するかについて何も言っていないのです。

 おかしでしょう? というか、地球温暖化のリスクがどれほど深刻なものなのか、全く分かっていないとしか言えない。

 こんなお粗末な目標でしかないのに、歴史的なことだと自画自賛するオバマ大統領!

 我々は、今後益々異常気象が頻発化することを覚悟しておくべきです。




 中国の態度は許せないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 産経新聞が次のように報じています。

 「工場や発電所から出る二酸化炭素(CO2)を地中深くに閉じ込める「二酸化炭素回収・貯留(CCS)」という技術の実用化に向けて、政府が本腰を入れている。地球温暖化の原因とされるCO2の排出量を削減する狙いで、北海道で初の大規模実証事業を進めているほか、今秋から日本近海で適地調査に乗り出す方針」

 どう思いますか?

 あまり関心がない? それとも地球温暖化の進展を少しでも遅らせるために歓迎すべきとお考えですか?

 当然のことながら、地球温暖化の議論など嘘っぱちだと言い張る人々にとっては、このような事業など何の意味もないでしょう。

 そうでしょう?

 だから、そのような人はこのようなプロジェクトは無駄であると叫んで下さい。

 では、地球温暖化が起きているのは事実であって、我々人類は、温暖化の進展を何とか食い止める必要があると考える人にとってはどうなのでしょうか?

 因みに、私も、地球温暖化の進展は何としてでも阻止すべきと主張する人間なのですが…

 でも、私は、このようなプロジェクトは全く無駄だとしか思えないのです。

 バカではなかろうか、と。

 だいたい地中深く穴を掘って、そこに二酸化炭素を送り込むなんて、どれだけお金がかかることか!

 そうでしょう? 

 そのお金を世界が分担するというのであれば、まだ少しは理屈がとおるかもしれませんが…しかし、そのような合意がある訳ではないのです。つまり、日本が日本の意思とお金で行う事業であるのです。

 片方で、中国や米国が湯水の如く石油や石炭を消費して大量の二酸化炭素を大気中に放出しているのに、その一方で、日本がこのようなプロジェクトに乗り出したところで、どれほど大気中に放出される二酸化炭素の量が少なくなるのか?

 バカも休み休み言え、と言いたい。

 仮にそのようなプロジェクトに乗り出すことがあるとしたら、年間放出することが許される二酸化炭素の量に関して世界的な合意を形成した上で、各国が自らの義務を履行するためにそのようなプロジェクトに頼らざるを得ない場合だけでしょう。

 しかし、さらに言うのであれば、そのような場合でも、二酸化炭素を直接地中深く封じ込めるのは何と効率の悪いやり方なのかと思わずにはいられないのです。

 そのようなことをするくらいなら、そもそも日本中の至るところに沢山の樹木を植林し、そして、毎年それらの落ち葉や伐採した枝などを地中深く埋めておくことの方がどれだけ簡単でどれだけ安価にできるか、と。

 それに、そもそも政府や経済界は、本当に地球温暖化の影響をどれほど深刻に考えているのかと言いたい。

 そうでしょう?

 政治家の最近の言動を見ていると、全然関心があるようには思えないではないですか。

 しかし、こうして予算のシーズンになると、そのような無駄としか思えないプロジェクトを打ち上げ予算を獲得しようとする役人たち!

 本当に地球温暖化の影響が気になるというのであれば、もっと積極的に世界各国に働きかけて、温暖化を阻止するための積極的な議論を再開することが先決なのです。

 それをしないでおいて、地下深く穴を掘って二酸化炭素を封じ込めるだなんて!

 結局、そんなプロジェクトを実施して喜ぶのは、技術者や土建業者たちだけなのです。しかも、そのためには多額の税金が投入され…だから、益々政府の借金が増え…だから、また増税が必要になるのです。

 日本だけが二酸化炭素を地中に封じ込めても意味ないじゃんと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ