経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: オバマ大統領

 オバマ大統領が10日に行った国民向けのスピーチです。

 何故米国は、イスラム国と戦うのか?

 非常に分かりやすいのですが、物事を単純化しすぎているように見えないでもありません。

 いずれにしても、時間があれば、訳だけでも読んでみてください。


My fellow Americans, tonight I want to speak to you about what the United States will do with our friends and allies to degrade and ultimately destroy the terrorist group known as ISIL.

「国民の皆さん、今夜私は、ISILとして知られているテロリストを弱体化させ最終的に壊滅するために米国が同盟国たちとともに何を行うかについて話をしたい」

As Commander-in-Chief, my highest priority is the security of the American people.  Over the last several years, we have consistently taken the fight to terrorists who threaten our country.  We took out Osama bin Laden and much of al Qaeda’s leadership in Afghanistan and Pakistan.  We’ve targeted al Qaeda’s affiliate in Yemen, and recently eliminated the top commander of its affiliate in Somalia.  We’ve done so while bringing more than 140,000 American troops home from Iraq, and drawing down our forces in Afghanistan, where our combat mission will end later this year.  Thanks to our military and counterterrorism professionals, America is safer.

「最高司令官としての私の最大の優先事項は、米国民の安全を守ることだ。過去7年間に渡り我々は一貫して我々を脅かすテロリストと戦ってきた。我々は、オサマビンラディンやアフガニスタン及びパキスタンにいたアルカイダのリーダーたちを除去した、我々は、イエメンのアルカイダの関係組織を攻撃目標にしてきた。また、最近ではソマリアの関係組織の最高責任者を除去した。イラクから14万人の米軍兵を撤退させ、また、我が国の任務が本年末に終える予定のアフガニスタンからも撤退させているなかで、そうした仕事を行ってきた」

Still, we continue to face a terrorist threat.  We can’t erase every trace of evil from the world, and small groups of killers have the capacity to do great harm.  That was the case before 9/11, and that remains true today.  And that’s why we must remain vigilant as threats emerge.  At this moment, the greatest threats come from the Middle East and North Africa, where radical groups exploit grievances for their own gain.  And one of those groups is ISIL -- which calls itself the “Islamic State.”

「しかし、我々は依然として、テロの脅威とは直面し続ける。この世から全ての悪を拭い去ることはできないし、小規模の殺人者のグループといえども深刻な被害をもたらすことができる。9.11以前がそうであったし、今もそうなのである。それが、我々が注意深くしておかねばならない理由なのである。現在、最大の脅威は、人々の不満を利用する過激な組織が存在する中東や北アフリカからのものである。そして、その一つがISILである、彼らは自分たちのことをイスラム国と呼んでいるが…」

Now let’s make two things clear:  ISIL is not “Islamic.”  No religion condones the killing of innocents.  And the vast majority of ISIL’s victims have been Muslim.  And ISIL is certainly not a state.  It was formerly al Qaeda’s affiliate in Iraq, and has taken advantage of sectarian strife and Syria’s civil war to gain territory on both sides of the Iraq-Syrian border.  It is recognized by no government, nor by the people it subjugates.  ISIL is a terrorist organization, pure and simple.  And it has no vision other than the slaughter of all who stand in its way.

「二つのことを明らかにしたい。ISILはイスラム教ではない。殺人を容認するような宗教はない。そして、ISILの大多数の犠牲者たちはイスラム教徒である。また、ISILはもちろん国家ではない。それは、以前はイラクにあったアルカイダの関連組織であった。そして、宗派間の争いとシリアの内戦で優位に立ち、イラクとシリアの国境地帯で勢力を台頭させたのだ。それを国家として認める国や国民はどこにもいない。ISILは単なるテロリスト組織だ。自分たちの前に立ちふさがるものを殺戮するという意外の目的はない」

In a region that has known so much bloodshed, these terrorists are unique in their brutality.  They execute captured prisoners.  They kill children.  They enslave, rape, and force women into marriage.  They threatened a religious minority with genocide.  And in acts of barbarism, they took the lives of two American journalists -- Jim Foley and Steven Sotloff.

「流血沙汰で有名な地域において、これらのテロリストたちの残忍さは特異である。捕虜は処刑をする。子供を殺す。女性は奴隷にするかレイプするか結婚を強要する。宗教的マイノリティたちには、皆殺しをすると脅かす。そして、二人のアメリカ人のジャーナリストの命を奪った。ジム・フォーリーと
スティーブン・ソトロフである」

So ISIL poses a threat to the people of Iraq and Syria, and the broader Middle East -- including American citizens, personnel and facilities.  If left unchecked, these terrorists could pose a growing threat beyond that region, including to the United States.  While we have not yet detected specific plotting against our homeland, ISIL leaders have threatened America and our allies.  Our Intelligence Community believes that thousands of foreigners -– including Europeans and some Americans –- have joined them in Syria and Iraq.  Trained and battle-hardened, these fighters could try to return to their home countries and carry out deadly attacks.

「このため、ISILは、イラクとシリア及び中東の人々の脅威となっていて、それらにはアメリカの国民や施設なども含まれる。もし、この事態を放置すれば、このテロリストたちは益々それらの地域において大きな脅威になるし、また、アメリカの脅威ともなる。今のところは、米国本土に対する企ては見つかってはいないが、ISILのリーダーたちはアメリカとその同盟国に脅かしをかけている。我々の情報機関は、欧州人やアメリカ人を含む数千もの規模の外国人がシリアとイラクで彼らの組織に参加していると信じている。こうした戦闘員たちは、母国に戻ってテロ行為をを実行する可能性がある」

I know many Americans are concerned about these threats.  Tonight, I want you to know that the United States of America is meeting them with strength and resolve.  Last month, I ordered our military to take targeted action against ISIL to stop its advances.  Since then, we’ve conducted more than 150 successful airstrikes in Iraq.  These strikes have protected American personnel and facilities, killed ISIL fighters, destroyed weapons, and given space for Iraqi and Kurdish forces to reclaim key territory.  These strikes have also helped save the lives of thousands of innocent men, women and children.

「私は、多くのアメリカ人がこうした脅威を心配していることを知っている。今夜、私は、アメリカ合衆国が決意をもって彼らに対峙しようとしていることを貴方がたに知って欲しい。先月、私は我が軍に対しISILの進撃を食い止めるために行動するように命じた。それ以降、イラクにおいて150回の空爆を成功裏に実施した。こうした攻撃でアメリカの関係者と施設が守られ、また、ISILの戦闘員を殺し、彼らの武器を破壊したことによって、イラクとクルド人の軍隊がその重要な領土を取り戻すことができた。また、こうした攻撃によって多くの無実の男や女、そして子供たちが救われた」

But this is not our fight alone.  American power can make a decisive difference, but we cannot do for Iraqis what they must do for themselves, nor can we take the place of Arab partners in securing their region.  And that’s why I’ve insisted that additional U.S. action depended upon Iraqis forming an inclusive government, which they have now done in recent days.  So tonight, with a new Iraqi government in place, and following consultations with allies abroad and Congress at home, I can announce that America will lead a broad coalition to roll back this terrorist threat.

「しかし、これは我々だけの戦いではない。アメリカの力は決定的に違うが、我々はイラク人たちがやるべきことを行うことはできないし、また、当該地域における安全を維持するためにアラブのパートナーたちの立場に替わることができる訳でもない。それが、私が、米国の行動はイラク人たちが政府を作ることにかかっていると主張した理由なのだ。もっとも、彼らは、最近それを実行しつつあるが。そこで、今夜、私は、イラクの新しい政府とともに、そしてまた、海外の同盟国及び我が国の議会とも相談した上で、アメリカは、このテロリストの脅威を撤退させるべく、広範な同盟関係をリードする役割を担うことを表明する」

Our objective is clear:  We will degrade, and ultimately destroy, ISIL through a comprehensive and sustained counterterrorism strategy.

「我々の目的は、明白だ。我々は、総合的かる持続的な反テロ戦略でISILを弱体化させ、最終的に壊滅することだ」

First, we will conduct a systematic campaign of airstrikes against these terrorists.  Working with the Iraqi government, we will expand our efforts beyond protecting our own people and humanitarian missions, so that we’re hitting ISIL targets as Iraqi forces go on offense. Moreover, I have made it clear that we will hunt down terrorists who threaten our country, wherever they are.  That means I will not hesitate to take action against ISIL in Syria, as well as Iraq.  This is a core principle of my presidency:  If you threaten America, you will find no safe haven.

「第一に、我々は、こうしたテロリストに対する計画的な空爆を行う。イラクの政府とともに、我々は、我が国民を守ることや人道的使命を超えた努力を行う。そのため我々は、ISILを叩き、イラク軍が攻勢に立てるようにする。さらに私は、我々が我が国を脅かすテロリストたちを捕獲するつもりであることを明らかにしたい。イラクだけでなくシリアにおいてもISILに対して躊躇なく行動を取るという意味である。これが基本原理である。もし、誰かがアメリカを脅かすのであれば、その者には安住の地はない」

Second, we will increase our support to forces fighting these terrorists on the ground.  In June, I deployed several hundred American servicemembers to Iraq to assess how we can best support Iraqi security forces.  Now that those teams have completed their work –- and Iraq has formed a government –- we will send an additional 475 servicemembers to Iraq.  As I have said before, these American forces will not have a combat mission –- we will not get dragged into another ground war in Iraq.  But they are needed to support Iraqi and Kurdish forces with training, intelligence and equipment.  We’ll also support Iraq’s efforts to stand up National Guard Units to help Sunni communities secure their own freedom from ISIL’s control.

「第二に、我々は、こうしたテロリストたちと戦う軍隊に対して支援を増強する。6月に、私は、数百人ものアメリカの政府職員をイラクに派遣し、如何にしたら我々が最もよくイラク軍を支援できるかを分析させた。今や、彼らはその任務を完了し、そしてイラクは政府を樹立し、そして、我々は、イラクにさらに475名の職員を送る。既に私が述べたとおり彼らは戦う任務は有していない。我々は、イラクにおけるさらなる地上戦に巻き込まれることはない。しかし、兵隊の訓練や情報収集、装備の関係でイラク軍とクルド人の軍隊を支援する上で彼らが必要とされる。我々は、スンニー派の人々をISILの支配から解放するために国立時勢組織をイラクが樹立することも支援する」

Across the border, in Syria, we have ramped up our military assistance to the Syrian opposition.  Tonight, I call on Congress again to give us additional authorities and resources to train and equip these fighters.  In the fight against ISIL, we cannot rely on an Assad regime that terrorizes its own people -- a regime that will never regain the legitimacy it has lost.  Instead, we must strengthen the opposition as the best counterweight to extremists like ISIL, while pursuing the political solution necessary to solve Syria’s crisis once and for all.

「シリアにおいては、国境を越えて、我々はシリアの反対派に対する軍事支援を強化してきた。今夜、私はこうした戦闘員に対して訓練及び装備を施す権限を与えて欲しと議会に要請する。ISILに対する戦いにおいて、私は自国民にテロ行為を行うアサド体制に頼ることはできない。そうした体制は失った正当性を二度と取り戻すことはできない。我々は、シリアの危機を解決するのに必要とされる政治的な方策を求める一方で、ISILのような過激組織に打撃を与えるためにそうした反対派に対する支援を強化しなければならない」

Third, we will continue to draw on our substantial counterterrorism capabilities to prevent ISIL attacks.  Working with our partners, we will redouble our efforts to cut off its funding; improve our intelligence; strengthen our defenses; counter its warped ideology; and stem the flow of foreign fighters into and out of the Middle East.  And in two weeks, I will chair a meeting of the U.N. Security Council to further mobilize the international community around this effort.

「第三に、我々は、ISILの攻撃を回避するためにテロに対抗する我々の能力を引き続き活用する。我々のパートナーとも協力しながら、彼らの資金源を断つ方策を強化する。情報収集能力を強化する。防衛力を強化する。偏ったイデオロギーに反撃する。中東からの戦闘員の行き来を遮断する。2週間以内に国連の安全保障会議を開き、さらなる国際的な措置を講ずることとする」

Fourth, we will continue to provide humanitarian assistance to innocent civilians who have been displaced by this terrorist organization.  This includes Sunni and Shia Muslims who are at grave risk, as well as tens of thousands of Christians and other religious minorities.  We cannot allow these communities to be driven from their ancient homelands.

「第四に、このテロリスト組織によって強制退去させられた無実の市民たちに人道的支援を引き続き供与する。これらの人々には、深刻なリスクにさらされているスンニー派及びシーア派のイスラム教徒も、他の多数のキリスト教徒やそれ以外の宗教的マイノリティとともに含まれる。我々は、こうした人々が、祖国を追われることを見逃すわけにはいかない」

So this is our strategy.  And in each of these four parts of our strategy, America will be joined by a broad coalition of partners.  Already, allies are flying planes with us over Iraq; sending arms and assistance to Iraqi security forces and the Syrian opposition; sharing intelligence; and providing billions of dollars in humanitarian aid.  Secretary Kerry was in Iraq today meeting with the new government and supporting their efforts to promote unity.  And in the coming days he will travel across the Middle East and Europe to enlist more partners in this fight, especially Arab nations who can help mobilize Sunni communities in Iraq and Syria, to drive these terrorists from their lands.  This is American leadership at its best:  We stand with people who fight for their own freedom, and we rally other nations on behalf of our common security and common humanity.

「これが我々の戦略だ。こうした4つの方策には同盟国が参加することになる。既に爆撃機をイラクに飛ばしている同盟国もある。イラクの軍隊やシリアの反対派に軍隊や支援物資を送っている。情報を共有している。人道支援のために何十億ドルものお金を拠出している。ケリー国務長官は本日イラクで新政府と話をしている。数日後に換えは中東から欧州へ移る。この戦いの参加者を募るためだ。特にイラクやシリアにいるスンニー派の人々を動員することのできるアラブ諸国が念頭にある。我々は、自らの自由のために戦う人々とともにある。そして、我々は、我々共通の安全と人道主義のために他の国々の参加を招集する」

My administration has also secured bipartisan support for this approach here at home.  I have the authority to address the threat from ISIL, but I believe we are strongest as a nation when the President and Congress work together.  So I welcome congressional support for this effort in order to show the world that Americans are united in confronting this danger.

「我が政府は、また、こうしたアプローチを支援するための党派を超えた支援を確保している。私は、ISILからの脅威に立ち向かう権限があるが、大統領と議会がともに動くときに我が国は最強になると信じている。私は、アメリカがこの危機に立ち向かうために一致団結していることを世界に示すために、こうした努力を議会が支援することを歓迎する」

Now, it will take time to eradicate a cancer like ISIL.  And any time we take military action, there are risks involved –- especially to the servicemen and women who carry out these missions.  But I want the American people to understand how this effort will be different from the wars in Iraq and Afghanistan.  It will not involve American combat troops fighting on foreign soil.  This counterterrorism campaign will be waged through a steady, relentless effort to take out ISIL wherever they exist, using our air power and our support for partner forces on the ground.  This strategy of taking out terrorists who threaten us, while supporting partners on the front lines, is one that we have successfully pursued in Yemen and Somalia for years.  And it is consistent with the approach I outlined earlier this year:  to use force against anyone who threatens America’s core interests, but to mobilize partners wherever possible to address broader challenges to international order.

「ISILのようなガンを除去するには時間がかかる。そして、我々が軍事行動に出るとき、そこにはリスクがある。特に、任務を遂行する政府の職員にとっては。しかし、この努力は、イラク及びアフガニスタンにおける戦争とは全然違うものであることを国民には理解してもらいたい。アメリカの軍隊が地上戦を行うのではないのだ。このテロとの戦いは、我々の空軍とそして、地上においてはパートナーの軍隊を支援する、ISILを殲滅するための着実な努力によって実施される。我々を脅かすテロリストを除去するこの作戦は、前線のパートナー群を支援する一方で、イエメンやソマリアで何年にも渡って我々が成功を収めているやり方である。そして、それは、今年の初めに私が示したアプローチに沿ってもいる。アメリカの核心的利益を脅かす者には誰であっても武力を行使するし、また、国際的な秩序を乱す者には、パートナーたちを動員する、と」

My fellow Americans, we live in a time of great change. Tomorrow marks 13 years since our country was attacked.  Next week marks six years since our economy suffered its worst setback since the Great Depression.  Yet despite these shocks, through the pain we have felt and the grueling work required to bounce back, America is better positioned today to seize the future than any other nation on Earth.

「国民のみなさん、我々は激動の時期に生きている。明日は、我が国が襲撃されてから13年目に当たる。来週は、大恐慌以来の最悪の景気後退を経験したときから6年目になる。こうしたショックにもかかわらず…もっとも、その痛みはまだ癒えておらず、また、復活のためにはなすべきこともあるが…アメリカは、この地上の如何なる国よりも将来が約束された立場にある。

Our technology companies and universities are unmatched.  Our manufacturing and auto industries are thriving.  Energy independence is closer than it’s been in decades.  For all the work that remains, our businesses are in the longest uninterrupted stretch of job creation in our history.  Despite all the divisions and discord within our democracy, I see the grit and determination and common goodness of the American people every single day –- and that makes me more confident than ever about our country’s future.

「我が国のハイテク企業と大学にはかなうものがいない。製造業と自動車産業も元気である。エネルギーの海外依存度も、おお数十年で最も小さくなっている。雇用の機会もずっと増加し続けている。政治の世界では分裂や意見の不一致があるが、私は日々アメリカ人の勇気や決意、或いは善意を目撃している。そして、だからこそ、我が国の将来に自信が持てるのである」

Abroad, American leadership is the one constant in an uncertain world.  It is America that has the capacity and the will to mobilize the world against terrorists.  It is America that has rallied the world against Russian aggression, and in support of the Ukrainian peoples’ right to determine their own destiny.  It is America –- our scientists, our doctors, our know-how –- that can help contain and cure the outbreak of Ebola.  It is America that helped remove and destroy Syria’s declared chemical weapons so that they can’t pose a threat to the Syrian people or the world again.  And it is America that is helping Muslim communities around the world not just in the fight against terrorism, but in the fight for opportunity, and tolerance, and a more hopeful future.

「アメリカのリーダーシップは、不確実な世界において常に一定している。テロリストに対して立ち向かう能力があるのはアメリカである。また、そのために世界を動員するのもアメリカである。ロシアの侵略に対して世界に動員をかけたのもアメリカであって、また、それは自らの運命を決定する権利を有するウクライナの人々を支援するためのものであった。エボラ出血熱を封じ込めたのも、アメリカ、つまりアメリカの科学者、医者、そしてその有するノウハウのお蔭であった。シリアの化学兵器を取り除くのに貢献して、それがシリアの人々や世界の脅威にならないようにしたのもアメリカである。世界中のイスラム教徒がテロリズムと戦うのを助けるだけではなく、望みある将来のために戦うのを助けるのもアメリカである」

America, our endless blessings bestow an enduring burden.  But as Americans, we welcome our responsibility to lead.  From Europe to Asia, from the far reaches of Africa to war-torn capitals of the Middle East, we stand for freedom, for justice, for dignity.  These are values that have guided our nation since its founding.

Tonight, I ask for your support in carrying that leadership forward.  I do so as a Commander-in-Chief who could not be prouder of our men and women in uniform –- pilots who bravely fly in the face of danger above the Middle East, and servicemembers who support our partners on the ground.

When we helped prevent the massacre of civilians trapped on a distant mountain, here’s what one of them said:  “We owe our American friends our lives.  Our children will always remember that there was someone who felt our struggle and made a long journey to protect innocent people.”

That is the difference we make in the world.  And our own safety, our own security, depends upon our willingness to do what it takes to defend this nation and uphold the values that we stand for –- timeless ideals that will endure long after those who offer only hate and destruction have been vanquished from the Earth.

May God bless our troops, and may God bless the United States of America.


 ねっ、少し単純すぎる話でしょう?

 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 オバマ大統領は、6日、フランスで開催されたノルマンディー上陸作戦70年式典に出席したらしいのですが、そのときにオバマ大統領が取った行動がフランス人たちからボロクソに言われているのです。

 どうして?

 否、別にそれほど酷いことをしでかした訳ではないのです。若い人なら‥そして、外人ならよくやることなのです。

 例えば、外国人の野球選手たちが野球をしながらよくやることです。そう言えば、昨日のザンビア戦のサッカーの試合でも日本チームに所属していると思われる外国人女性もやっていたことなのです。

 そう、ガムを噛み噛みしていたのです。まだ、ガムを噛むだけだったら許せるのですが、ザンビア戦の最中にその外国人の女性はフーセンを作ろうとさえしていました。

 ワールドカップを直前に控えた最後の1戦なのに‥

 でも、外国人の感性は違うのかも知れない‥

 なんて考えていたら、私の完全な思い違いであることが判明しました。

 外国人だって、人前で平気でガムを噛み噛みするのはマナーに反する行為なのです。特に、儀式が行われているようなときにはガムを噛んではいけないのだということが分かったのです。

 前置きが長くなりましたが、オバマ大統領はノルマンディー上陸作戦の70年記念式典という厳かな雰囲気のなかで、一人ガムを噛み噛みし、それが人々の目に留まったばかりに大ブーイングを受けたということなのです。

 では、どんな言葉が浴びせられたのか?

 Obama and his chewing-gum. Classy
 「オバマがガムを噛んでいる。何と上品な」

 Not very elegant, the Obama attitude in the middle of the ceremony
 「式典の途中でのオバマの態度は、非常にエレガントとは言えない」

 Is there anyone who will ask Barack Obama to stop chewing on his gum like a cowboy?”
 「カウボーイのようにガムを噛むのは止めろと誰かバラクオバマに注意する人はいないのか?」

 Obama do you want a Coke too while chewing gum while the Marseillaise is being played?”
 「フランス国歌が演奏されているときにガムを噛んでいるオバマよ、コーラも欲しいか?」

 No class at all
  「全然品がない」

 Barack Obama and his chewing gum disgust me. What a lack of respect; it's revolting.
 「バラクオバマと彼がガムを噛む行為にはうんざりだ。敬意が欠けている。不快だ」

 Obama, didn't your mother ever teach you not to chew gum when you're on TV?
 「オバマよ、お前のかあさんは、お前がテレビに出るときにはガムを噛むなと教えなかったのか?」


 他にも、もっともっと批判されているのですが、大体このようなものと言っていいでしょう。

 でも、何故そんな大事な式典でオバマ大統領はガムを噛んだのか?

 幾ら彼が形式よりも中身を尊重するタイプであるとしても、このような大事な式典でガムを噛むなんて行動に出たら批判されることくらい分からなかったのでしょうか?

 私は、オバマ大統領のこの行為は、案外考えた上でのことではないかとも思うのです。つまり、オバマ大統領のフランスに対する不満を表すために敢えて選んだ行為かもしれない、と。

 というのも、今欧米の最大の関心事と言えば、クリミアを併合したロシアにどう立ち向かうべきかということなのですが‥どうもドイツ、イタリア、フランスはロシアに対し、はっきりとモノをいうことをためらっている、と。特に、フランスは、こんな状況にあってもロシアに軍艦を売却しようとしており、そのことを米国は許すことができない、と。

 そんな不満があるから、フランスの国歌が演奏されている最中にガムを噛んで不満の意を表した可能性がなきにしも非ずなのです。

 でも、その真意がフランスの国民に伝わったとは到底思えません。

 むしろ、フランスと米国の関係をよりぎくしゃくしたものにしてしまう可能性があるのです。

 逆にフランスはフランスで、このオバマ大統領のマナー違反の行為をことさら強調することによって、フランスがロシアに軍艦を売却しようとしていることに対して米国が文句を言い難くしようとしているのかもしれません。



 それにしても大統領ともあろう人が式典の最中にガムを噛むのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 安倍総理は27日午後に、慰安婦問題に関して次のように述べたと報じられています。

 「筆舌に尽くし難い思いをされた慰安婦の方々のことを思うと本当に胸が痛む思いだ」

 恐らく多くの国民が、この発言をどのように理解していいのか頭を悩ましているのではないかと思うのです。

 というのも‥安倍総理は、今でこそ河野談話は見直さないという考え方に変わっていますが、しかし、元々は河野談話はおかしいとの主張であったからなのです。そして、そのような安倍総理を支持する国民も多かったのです。

 安倍支持者は思っているのではないのでしょうか? 河野談話の見直しをしないというのは、米国に対する配慮からで仕方がないかもしれないが‥しかし、それにしても安倍総理が上にような発言をするなんて、と。

 確かに、慰安婦になった女性たちに同情すべき点が多々あるかもしれない。しかし、安倍氏にとってはそのことよりも日本の名誉を回復することの方が重要ではなかったのか、と。安倍総理は、考え方を変えたのであろうか、と。

 貴方もそんな疑問を感じるでしょう?

 ところで、オバマ大統領は日本を発った後、韓国に到着するや否なや、第二次大戦中の従軍慰安婦の制度はおぞましい人権侵害だと述べました。

 オバマ大統領は、terrible でegregious な人権侵害だと言ったのです。

 terrible という単語は割とお馴染みでしょうが‥egregious と聞いて、直ぐその意味が分かる人は相当の英語力のある人でしょう。米国人は、それが酷いなんて言う時にはterribleという単語をよく使います。では、egregious にはどんな語感があるのでしょう? これは、terrible よりもさらに酷い、別の言葉でいえば、えげつないとかおぞましいという意味があるのです。

 何故オバマ大統領は、そのような単語を敢えて用いたのか?

 それは、米国の政治家は、慰安婦はsex slaveであると思い込んでいるからなのです。奴隷=人権侵害のシンボルなのです。だから、slaveと聞いて、それに反応しないような者は人間ではない、と。

 いずれにしても、安倍総理が「本当に胸が痛む思いだ」と発言したのは、まさにオバマ大統領の発言に歩調を合わせたものであるのです。私は、そう思いました。そして、国民の多くもそう思っているに違いありません。

 日本であれだけのもてなしを受けながら、韓国に到着するや否や、日本の悪口を言うオバマ大統領は一体どんな人間なのか、と。私は率直にそう感じましたし、また、私と同じように感じた人も少ないない筈です。しかし、問題はそれだけでは済みませんでした。今度は、安倍総理が、そのオバマ大統領の発言を支持するようなことを言ったのです。「本当に胸が痛む思いだ」と。

  誤解のないように言っておきますが、安倍総理が慰安婦に同情してはいかんと言っているのではないのです。でも、何故オバマ大統領が日本の悪口めいたことを言った後にオバマ大統領の言い分が正しいかのような発言をするのか、と。

 貴方もそう感じているでしょう?

 いずれにしても、安倍総理は本心からそう言っているのでしょうか? もし、そうであるというのであれば、韓国が米国やオーストラリアに慰安婦像を建てるのを認めるということなのでしょうか。これから先、韓国が世界中に慰安婦像を建立しても、日本は黙って見逃すのか、と。

 しかし、では何故安倍総理は、NHKの会長や経営委員に籾井氏や長谷川氏や百田氏を起用したのか、と。

 全然一貫性がないではないか、と。

 全くもって不可解の一語に尽きるのです。

 しかし、私を含め、多くの人が少し勘違いしているのです。

 というのは、安倍総理が慰安婦のことを考えると本当に胸が痛む思いだなんてことを言うのは今回が初めてではないからです。実は安倍総理は、3月14日の予算委員会で次のように述べているのです。

 「歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる。慰安婦問題については、筆舌に尽くし難い、つらい思いをされた方々のことを思い、非常に心が痛む」

 ご存知でしたか?

 1か月ほど前にもそのように言っているのに、そのときにはそれほど注目を浴びなかった。しかし、今回は世間の注目を浴びた。何故?

 それは、やはりオバマ大統領の慰安婦問題発言が余りにも日本に対する悪口のように聞こえ、そして、その悪口の後に、安倍総理がオバマ大統領に同調するようなことを言ったからなのです。つまり、我々国民のなかには、その安倍総理の発言に大いに失望した人がいるということなのです。慰安婦の女性たちに同情しても、何も日本を悪く言うオバマ大統領に同調する必要はないのではないか、と。

 しかし、繰り返しますが‥今回安倍総理が言ったことは何も初めて言ったことではないのです。

 恐らく、日韓の関係正常化の1つの手段としてそのような作戦を取ることを安倍総理は、オバマ大統領の訪日前に練っていたということなのでしょう。

 河野談話の見直しなど二度と口にしない、と。そして、慰安婦の問題に関しては、非常に心が痛むとだけ言い、今更事実関係を争うようなことはしない、と。そうすることを米国が望んでいるようであるし、また、そうなれば韓国としても矛を収めざるを得ないであろう、と。

 つまり、韓国に行ってオバマ大統領が日本の悪口を言ったのも、そして、そうやって悪口を言われたのにオバマ大統領に同調するような発言をしたのも、全て事前に調整済みのことだったのです。

 そんなことも知らずに、安倍総理は何と嘘つきなのかと憤慨する安倍氏の支持者たち!
 
 まあ、いいでしょう。

 でも、これで本当に韓国は慰安婦問題を今後蒸し返さなくなるのでしょうか?

 私には、とてもそのようには思えません。

 でも、そうなったら、オバマ大統領が韓国側に同情したのも、そして、そのオバマ大統領の意向に沿って行動した安倍政権も、作戦が失敗したことを認めざるを得ないでしょう。

 
 

 結局、安倍総理は、選挙の前には威勢のいいことを言っていたが、今は米国の言うなりにしかなっていないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
人気blogランキングへ
 

 オバマ大統領は昨日、韓国に発ちました。

 今、韓国は大変な状況になっていて、韓国では十分な対応もできないだろう‥なんて思っていたら、米韓首脳の記者会見が行われたのだとか。

 では、オバマ大統領が何と言ったかと言えば‥

 第二次大戦中の慰安婦問題は、甚だしい人権侵害で日本政府に対応を求める、と。

 皆さんも、そのような記事に気が付いたでしょう?

 国賓として招いた米大統領に対して、失礼ではあるものの、私は正直思いました。

 なんだこいつは、と。

 だって、日本で暖かいもてなしを受け、そして、日本を発ってまだ一夜も明けていないのに、ついた韓国でそんなことを言うなんて。

 どういう神経をしていたら、そんなことが言えるのか、と。

 百歩譲って、もしオバマ大統領が、本当に慰安婦問題に心を痛めているのであれば、何故安倍総理との話のなかでそれを持ち出さなかったのか、と。そうやって、日本でも話をしたが、なかなか安倍総理から思ったとおりの答えを引き出せなかったので、そんなことを言ったというのであれば、まだ理解できないでもありません。

 或いは、韓国に対して理解しているというところを見せる必要があったとしても、共同会見で日本が悪いなんて言うのではなく、いつまでも過去に拘っていては進歩がないと言ってアドバイスするのが大国の務めではないのか、と。

 何かにつけ米国は日本に対し、韓国と仲良くすべきだと言いながらも、そのように米国が余りにも韓国の肩を持つので、韓国はいつまでも慰安婦の問題を蒸し返すのです。

 中国との関係も含めて、極東を不安定にしている最大の原因は、むしろ米国のそうした八方美人的な態度ではないのでしょうか。

 米国は、尖閣は日本の施政下にあるものの、領有権の問題に関しては判断しないと言います。米国は中立の立場だ、と。そうやって中国に望みを与えるようなことを言うから、中国も吹っ切ることができないのです。

 そう思いませんか?

 そして、今回の日米共同記者会見でオバマ大統領は言いました。安保条約が締結されたのは、自分の生まれる前のことだから‥と。だったら、慰安婦の問題だって、同じではないのでしょうか? 貴方は実際に目撃したのか、と言いたい。

 このような大統領を何故日本は国賓として呼んだのか?

 そう考えると段々虚しくなってしまうのです。

 しか〜し‥

 ひょっとしたら、オバマ大統領にも考えがあるのかもしれない。何故ならば、オバマ大統領は今回の訪日で、尖閣の名前をはっきりと口にしながらも、他方では、中国への配慮を忘れなかったからなのです。

 だとすれば、韓国に対して、取り敢えず日本は怪しからんと同情しつつも、その一方で、何かを言ったかもしれない、と。

 そこで、米韓の共同会見について、海外のメディアがどのように報じているのかを見てみました。

 AFPが報じていたので紹介します。

 Obama says Japan's wartime sex slavery was 'terrible' violation

 「日本の戦時中の性的奴隷は、恐ろしい侵害であったとオバマ大統領が述べる」
 
 The Japanese wartime system of sex slavery was a "terrible" violation of human rights and its victims need to be heard, US President Barack Obama said Friday in Seoul.

 「日本の戦時中の性的奴隷のシステムは、人権に対する恐ろしい侵害であって、犠牲者たちの話を聞く必要がある、とオバマ大統領はソウルで述べた」

 Stepping into one of the most contentious issues in Northeast Asia, Obama said there needed to be an accounting of the wrongs perpetrated by Japanese Imperial troops before and during World War II when thousands of women were forced into prostitution.

 「オバマ大統領は、北東アジアにおける最も異論の多い問題の1つに首を突っ込み、第二次大戦前および大戦中、多数の女性が売春を強要されたとき、日本軍によって行われた悪事について説明があるべきだと述べた」

 This was a terrible, egregious violation of human rights. Those women were violated in ways that even in the midst of war were shocking.

 「これは実に恐ろしい、言語道断の人権侵害であった。そうした女性たちは、戦争のさなかであっても驚いてしまうようなやり方で犯されたのだ」

 如何でしょうか?

 オバマ大統領は、韓国への配慮から一言二言、慰安婦の問題に触れたというのではないのです。彼の言葉には、よく言えばシンパシーがこもっています。つまり、はっきりとクネさんの味方をしているのです。

 繰り返しになりますが‥そんなにして米国が韓国の肩を持つから、韓国は執拗に日本批判を繰り返すのです。

 どうして、それで日韓が仲良くなれるというのか?

 しかし、オバマ大統領は、そうやって韓国に対して深い同情の念を示すと同時に、ほんの少しだけ日本に対する配慮もしていたのです。

 彼の話は続きます。

 And they deserve to be heard, they deserve to be respected. And there should be an accurate and clear account of what happened.

 「彼女たちの話を聞くべきだ。彼女たちは敬われるに値する。何が起こったのか、正確で明確な説明があるべきだ」

 I think (Japanese) Prime Minister (Shinzo) Abe recognises this and certainly the Japanese people recognise that the past is something that has to be recognised honestly and fairly.

 「私は、安倍総理はこのことを理解しており、そして、日本人たちが過去の出来事は真摯にそして公正に理解すべきであると考えているのは確かだ」

 It is in the interests of both Japan and the Korean people to look forwards as well as backwards and to find ways in which the heartache and the pain of the past can be resolved.

 「日本人にとっても、そして韓国人にとっても、過去を振り返ると同時に未来に目を向け、そして、過去の傷が癒される方法を探ることが重要である」

 You are both democracies; you both have thriving free markets; you both are cornerstones of a booming economic region. You both are strong allies and friends of the United States.

 「韓国と日本は、ともに民主国家であり、市場経済の国でもある。また、経済発展を遂げる地域における土台でもある国ぐにである。両国は、米国にとっての同盟国であり友人なのだ」

 My hope would be that we can honestly resolve some of these past tensions, but also keep an eye on the future.

 「私の望みは、こうした過去の問題を真摯に解決し、そして未来に目を向けることである」

 まあ、こうして最後までオバマ大統領の話を聞くと‥日本側としても、反発はできないようになっているのですが‥しかし、オバマ大統領がそこまで言うのであれば、米国が過去の出来事を客観的に調査をして事実関係を確定すべく努力をしてみたら如何なものなのでしょうか?

 いずれにしても、こうしてオバマ大統領が日本を批判したのは、安倍総理が昨年12月に靖国参拝したことについてまた言い訳じみたことを言ったことが関係しているのでしょうか。そして、また、麻生副総理が、どうせTPPは議会の関係でまとまらないだろうと言ったことも関係しているのでしょうか。

 韓国に行くや否や日本の悪口を言うとはどういうことだ、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキング

 突然ですが、今回のオバマ大統領の訪日を貴方はどう評価しましたか?

 オバマ大統領が日本を訪問してくれたことは、安倍政権にとって、否、日本にとって大いにプラスになったのでしょうか?

 初日のすきやばし次郎での談笑の風景をみただけなら、そんな感想を抱いても不思議ではありません。

 そして、日米共同記者会見で安倍総理が何度もバラクと呼び、また、オバマ大統領も安倍総理をシンゾウと呼んだことを知っているのであれば、プラスの評価を下すかもしれません。

 しかし、ご承知のとおりTPPは合意されなかったのです。

 甘利大臣は、言いました。

 「もう一度この担当大臣をやりたいかと言われたら、やりたくないです」

 まだ、オバマ大統領が日本を離れる前だというのに、そこまで甘利大臣は言うのです。恐らく疲労の極致に達し、アメリカの態度に呆れているということなのでしょう。

 バカバカしくてやっていられないよ、と。また、米国の要求が余りにもバカバカしいから、安倍総理としても甘利大臣の判断を尊重した、と。

 それに、TPP交渉の話は別としても、安倍総理とオバマ大統領の考えは微妙に食い違っていたのです。お気づきになりませんでしたか?

 何が食い違っていたのか? 重要なことを2つ挙げたいと思います。

 先ず、安倍総理は、日米同盟が力強く復活したと言い切りました。

 そのことについては、オバマ大統領自ら、尖閣は日米安保条約の対象に含まれると言ったのだからそのとおりだと考える人も多いでしょう。なにしろ米国としては、閣僚でベルでは尖閣が安保条約の対象になると言ってはいたものの、大統領自身がこのように明言したのは初めてのことだから、と。

 恐らく安倍総理としては、オバマ大統領が尖閣を口にしてくれたので、最初は大変感謝したと思うのです。これで中国も少しはおとなしくなるかもしれない、と。

 しか〜し‥

 オバマ大統領は、次の瞬間、安倍総理を失望させるようなことを言ったのです。

 「我々の立場は何も新しいものではない」、「日本と中国が協力の道を探っていくことだと思います」、「我々は中国と強い関係を持っている。中国は、地域にとってだけではなく世界にとって重要な国である。我々は中国の平和的な台頭を支持したい」

 いいでしょうか? 安倍総理だって中国との良好な関係を望まないのではないのです。しかし、一方的に領土を脅かすような行為を中国が続けるから、米国の支援を期待し、だから、日米同盟の強化を打ち出しているのです。

 米国は中国と仲良くしろというものの、どうやったら中国と仲良くできるのか? 中国と仲良くするために尖閣を中国にくれてやれとでも言うのか、と。

 安倍総理は何度も言いました。力による現状の変更は許されない、と。そして、その考えはオバマ大統領も共有していると言うものの‥両者の想定していることは違うのです。一方は、尖閣を念頭において中国を批判し、そして、もう一方は、クリミアに手を出したロシアを批判しているのです。

 さらには、オバマ大統領は、尖閣を岩とまで言うのですから。

 では、次にオバマ大統領が失望した安倍総理の発言についてです。

 記者会見の質疑の最後に、安倍総理が昨年12月の靖国参拝について述べました。はっきりと言って、中国への配慮を怠ることのできないオバマ大統領としては、安倍総理に、靖国に触れないでいて欲しいという気持ちがある訳ですが、この共同会見でまた、米国からすれば弁解としか思えないことを安倍総理は繰り返したのです。

 安倍総理は言いました。
 
 「私は、昨年12月靖国神社に参拝したが、そのようなことは世界の多くのリーダーに共通することだ」、「私は、靖国参拝の際に、鎮霊社にもお参りした。そこには世界中の戦没者の霊が祭られていて、そこで不戦の誓いをした」

 これ、昨年12月の靖国神社参拝の後に安倍総理が言ったことと同じです。

 確かに、不戦の誓いをしたと言えば、それ自体が悪いことではない筈。

 しかし、世界中の戦没者の霊が祭られているなんて言っても、そんなことを知っている関係者が世界中にどれだけいることか?それに、海外の戦争犠牲者がそこに祀られることを、海外の人はどれだけ望むのか?

 そもそも日本人だって、そのような社があることを知らない訳ですし、さらに言えば、A級戦犯は靖国神社に合祀がなされる前には、その鎮霊社に祭られていたというのですから。

 ということで、いずれにしても、こうしてオバマ大統領を日本に招いたものの、日米の絆が強くなったとはとても思えないのです。中国が大量の米国債を保有し続ける限り、日米の関係が一方的に強くなることはあり得ないでしょう。最初から、そう考えた上で外交戦略を練る必要があるのです。



 
 日米共同記者会見で、バラク、シンゾウと呼び合っていたが、どうもしっくりこなかったと思う方、クリックをお願い致します。質疑の場面では、完全にオバマ大統領という言い方に戻っていましたし‥
 ↓↓↓
 人気blogランキング

 突然ですが、TPPの交渉で米国が日本に対し、米国製の自動車の輸入目標を設定するように要求していることが一部メディアで報道されているのですが、ご存知でしょうか?

 何とまあ理不尽な要求をする米国か!

 ところで、私は毎朝、日経新聞と長崎新聞と島原新聞を読んでいるのですが‥

 凄いでしょう?

 3つも新聞を読むなんて。しかも職場で読むわけではなく自宅で読んでいる訳ですから。

 長崎新聞ってローカル紙だし、島原新聞はもっとローカルじゃないの、なんてことは言わないで下さい。

 いずれにしても、今朝、長崎新聞に目を通したところ、米国が日本に対し、米国製自動車の輸入目標の設定を求めているなんて記事が目に入ったのです。

 繰り返しになりますが、何とおかしな要求をする米国か!

 私は、日経にもそのことが書かれているだろうと思って日経をみてみたのですが、何にもそのようなことは書かれていないのです。

 おかしい!

 何故日経は報じないのか?

 どういうことなのか、と思ってネットで調べてみると、どうも大手のメディアはそのことについては触れておらず、共同通信と一部ローカル紙だけが、そのことについて報じているようなのです。

 何故大手はそのことについて報じないのか?

 憶測でばかりモノを言っていると、また読者に厳しく批判されるかもしれませんが、これは、やっぱりオバマ大統領の訪日直前であることもあり、米大統領を国賓として暖かく迎えたいという政府の意向をメディアが斟酌した結果ではないのでしょうか?

 つまり、米国が日本に対して、毎年輸入する米国製自動車の輸入台数の目標値を設定しろなどと言っていることを知ったら、日本の一般の人々は、米国に対して益々失望してしまうからなのです。

 「米国とは、市場経済の原理を尊重する国ではなかったのか?」

 「そもそも自由貿易の理念を大事にするからTPPという枠組みを作った筈なのに、そこで日本が輸入すべき米国製の車の台数を決めるだんて」

 「これは米国の自動車の押し売りではないか!」

 貴方もそうお思いになるでしょう?

 それに、仮にそのような目標値を設けたところで、日本の人々が米国製の車をそれほど買わなかったらどうするのか?

 ねえ、そんな疑問が湧いてくるでしょう? 目標値なんて、所詮目標に過ぎないのだから、何の意味があるのか、と。

 しか〜し、米国はちゃんと考えているのです。

 というのも、米国は、30年かけて日本車に対する関税をゼロにする方針でいる訳ですが、もし、日本がその目標どおりに米国から自動車を輸入することがなかったら、それに応じて関税をゼロにする年限を1年ずつ先送りすると言うのです。つまり、仮に、日本が米国から自動車を沢山買わなければ、米国は日本車に対する関税を永久にゼロにすることはないと脅かしているのです。

 米国の狙いがお分かりになったでしょうか?

 米国は何を考えているのか?

 貿易面についてだけ考えるならば、先ず、米国産の牛肉や豚肉を日本にもっと買わせたい。そして、自動車に関しては、日本からの輸出を減らし、逆に米国製の車を日本にもっと買わせたいということなのです。

 米国は、牛肉や豚肉を日本のもっと買わせたいから日本をTPPに巻き込ませたいと考える一方で、同時に米国の自動車産業を守る必要がある、と。

 米国の自動車産業は、日本がTPPに参加するのに反対をしていたことを憶えているでしょうか?

 つまり、米国政府は、無理筋にしか思えない輸入目標を日本に押し付けることによって、米国の自動車産業の不満を封じ込めようとしているのです。

 一方、我々日本人は思うのです。

 それほど米国が日本に車を売りたいのなら、日本人が欲しがるような自動車を何故作らないのか、と。

 大変まっとうな指摘なのです。

 でも、それができるくらいなら、ビッグ3が経営不振に陥るようなこともなかったのです。

 これでお分かりのように、日米間のTPP交渉なんて、交渉とは名ばかりで、力によるねじ伏せ以外の何物でもないのです。

 貴方が米国の大統領だったとして‥そして、市場経済の原理こそ信奉すべきものであり、自由貿易を促進すべきだなんていつも言っておきながら、実際には、自分の国の車を押し売りするようなことをするなんて、なかなかできないでしょう?

 密室のなかでならともかく、米国の大統領としてそんなことを日本に公然と要求していることが分かったら恥ずかしくて日本に来ることはできないのです。

 日本に米国製の自動車を押し売りしようとしている米国。そして、その押し売りの国の大統領を、国賓として招くという日本。

 国賓だけは辞退したいと言いたくなるのではないのでしょうか?

 いずれにしても、そうやって米国政府が米国の自動車産業を守ろうとしていることこそ大きな問題であり、そんな態度を取っている限り、米国の自動車産業がまた復権するなんて考えづらいのです。



 米国が、米国製自動車の輸入目標を日本に設定させようとしているだなんて、とんでもないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 オバマ大統領が23日、国賓として我が国を訪れます。今週は、これが一番注目されているニュースだと思われるのですが‥

 でも、国民の反応はイマイチですよね。

 その前に、先日、私が書いた記事について釈明をしたいと思います。

 何の記事かと言えば、安倍総理が大阪の街を散策して、そして、串カツ屋のおやじに注意をされたという記事のことなのです。

 私は、記事のなかで書きました。

 「しかし、串カツ屋に寄るには、若干準備が不足していたのかもしれません。何故ならば、総理は串カツをソースに2度漬けてしまったからなのです」と。

 私は、ネット上で見た動画で、串カツ屋のおやじが、「総理にお願いがございまして・・・。ソースの2度漬けは禁止なので」と言っている光景を見て、てっきり安倍総理がソースの2度漬けをしたものと思ってしまったのです。

 一方、ネット上では、安倍総理は2度漬けはしていない、食べる前に店主が注意をしただけなのだ、つまり、この私が事実を捻じ曲げて記事をねつ造したとの指摘がなされたのです。

 はっきりと言いましょう。私は、現場に立ち会った訳ではないので、私自身が、安倍総理が串カツを2度漬けした光景を目撃した訳ではないのです。だから、その意味では、私の記事は推測が含まれているのです。

 では、私は、敢えて安倍総理のイメージを悪くするために、安倍総理がソースの2度漬けをしたと書いたのか?

 ああ、私も小保方さんと同じような台詞を吐く立場になってしまいました。

 私には、悪意はない、と。もし、安倍総理が2度漬けしていないのであれば、単純なミスだ、と。

 私は言いたい。私には執筆不正はない、と。

 というか、私が見た動画では、串カツ屋のおやじが「総理にお願いがございまして・・・。ソースの2度漬けは禁止なので」と言って、それでそのシーンは終わったので、てっきり2度漬けして注意されたと思ったのです。

 それに、仮にソースの2度漬けをしたからと言って、そんな些細なことでその人の人間性が否定されるなんてことにはならないでしょう?

 だから、私は逆に、私が記事をねつ造したなんていう人こそ、言い過ぎだと思うのです。

 因みに、私はどのように批判されたかと言えば‥

 「なんでバカサヨは見てきたように嘘つくの?」

 「まーたバカサヨは捏造したのか」

 「マジでチョンだな」
 
 「くだらねー捏造 政策で叩けないからこういう馬鹿馬鹿しいこと捏造して叩くんだろうね」

 「前もっての注意だろ 捏造だと思いたい、理解力がなくて書いたんだとしたら隔離してほしいぐらい欠陥」

 「左翼って馬鹿しかいないの? 爆弾作ったり捏造したり 」

 「あっ!!風説の流布じゃん。通報、逮捕、訴訟だね」

 「小笠原誠治でぐぐったら予測変換がひどくてワロタ 小笠原誠治 バカ 小笠原誠治 在日 小笠原誠治 左翼 etc... 」

 「たどたどしい下手な文章の記事だねえ。ウリハッキョ出の記者か? 」

 「小笠原ってポピュラーな在日ネームなのかな?」

 「安倍首相の悪口を書くことで小銭を稼いでいる現実を直視できないバカタレ左翼。こんな奴野放しで良いのか?日本は平和だな。中国なら即刻政府暗部に葬られている」

 「記者の全指切断して二度と報道に関われないようにしろ 」

 「嘘、捏造、虚言癖の小笠原誠治」

 「こいつ嘘つき うそつくな!!謝罪しろ!!!」


 実は、こうした批判を受けて、私も考えたのです。安倍総理は2度漬けした訳ではなかったのか、と。でも、だとしたら、何故店主から2度漬けを注意されて皆が笑ったのか、と。

 今分かりました。皆が笑ったのは、店主が「総理にお願いがございまして‥」と恐縮して話しかけてきたので、何を言うのかと思いきや‥ソースの2度漬けはダメだなんてことを言ったので、それで皆ドーッと受けたということなのですか。

 だったらこの際、訂正します。

 安倍総理は、串カツをソースに2度漬けてはいない! 多分。

 心より安倍総理に対して謝罪するものであります。


 ところで、本日の本題は、オバマ大統領の訪日についてです。

 ご承知のように、今回は国賓としての来日ということで、マスコミもムードを高めるような報道を行っていますが、お気づきでしょうか?

 しか〜し、国民の反応はイマイチ。

 一般の人々は、難しい話は敬遠しがちなのですが、でも、分かるんですよね。なんか本能みたいなもので分かると言ったらいいのでしょうか。

 と言うのも、オバマ大統領は、どうみても日本のことを何とも思っていないようにしか見えないからなのです。だから、国民からすれば、何故そのようなオバマ大統領を国賓として呼ぶのかが分からない。それにTPPでは、米国は主張を譲らない訳ですし‥

 では、何故安倍総理は、オバマ大統領を国賓として呼ぶのか?

 それは、そうやってビッグイベントを催すことが安倍総理にとってもプラスになると考えているからなのです。でも、その一方で、なかなかオバマ大統領の訪日が実現することはなかった。

 何故なのか?

 オバマ氏というのは、大変実務的な男で、中身のない話をすることに全く興味を示さないからなのです。日本とアメリカの間で、互いのトップが直接話し合いをしなければいけないようなことがあるのか?

 もちろん、ないとは言いません。例えば、今議論になっているTPPの問題にしても、話題を探せば幾らでもあるのです。

 では、例えば牛肉や豚肉の関税に関して、トップ同士で話し合いをすれば、結論が出るのか?

 それは大変に難しい、と。つまり、議題はいろいろあるが、トップ同士が行うに相応しい話はないということなのです。そうでしょう? それに、日米同盟強化のような根本的な問題に関しては、日本側は米国の言うことに従う以外にはない訳ですから、話をする必要はない、と。

 これが、安倍総理が日米同盟を見直したいとでも言うのであれば、話は別で、オバマ大統領が安倍総理を説得するために何時間でも時間を費やすことを厭わないのでしょうが‥そうではない、と。

 要するに、オバマ大統領の方は、積極的に訪日しなければならない理由がない一方、安倍総理の方には、大統領に何とか訪日をしてもらいと考えてきた結果が、今回の国賓としての招待であるのです。

 流石に、国賓として訪日して欲しいと言えば、オバマ大統領も、断る訳にはいかないであろう、と。

 しかし、その一方で、オバマ大統領はどこまでも実務的な行動しか取らないのです。つまり、国賓なら国賓に相応しい行動を取るべきなのに‥そうはしない、と。

 日本側では、オバマ大統領の訪日が2泊3日になったと歓迎する向きがありますが‥何を甘いことを言っているのでしょう。

 23日の深夜に到着して、そして24日の午前中には出発するので、実質的には1日しかないと言ってもいいのです。

 それに国賓なら迎賓館に宿泊して当たり前なのに、ホテルに宿泊するのだ、と。さらに、ファースト・レディーがお供することもない、と。

 これで何の国賓としての訪日なのか、と言いたい!

 結局、先方に無理に来てもらおうとするから、先方の無理が通って、こちらの道理が引っ込んでしまうのです。

 そういうことなのです。

 醤油こと!





 オバマ大統領が訪日しても、国民の多くは冷めていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 4月1日に私は、「オバマ大統領が安倍総理に嫉妬していると伝える米公共放送」というタイトルで記事を書きました。

 お読みになられたでしょうか?

 どうもなんか釈然としないと感じませんでしたか?

 ネット上の住民と言えば、マスゴミなどと散々メディアを攻撃するくせに、その一方で、こうした記事をコロッと信じてしまうのです。

 まあ、でも、このオリジナルな記事を読んだ人は、エイプリルフールのネタだとお気づきになったことでしょう。何故ならば、最後に「本日は4月1日です。今日もクリックしようと思った方、ありがとうございます。」と書いておいたからなのです。それに、毎年4月1日には、私がエイプリルフールネタを書いているのを思い出した方もいるでしょうから。

 しかし、この記事をBLOGSで読んだ人は少しばかり事情が違うのです。

 その前に、私のブログの記事がBLOGOSに掲載されることがありますが、それは、私が直接寄稿する訳ではないのです。そうではなく、BLOGOSの担当者が、適当に掲載するかどうかを決めているのです。ということで、この件の記事も掲載になったようなのです。

 話はとびますが‥私の記事を掲載してくれるのは結構なことなのですが‥どうしてタイトルを適当に変えてしまうのですか? BLOGOSさん。良かれと思ってやっているのでしょうが、こちらの承諾も得ずにタイトルと変える場合には、BLOGOSの判断でタイトルを変えていますと、注書きくらいしたらどうかと思うのです。

 本日の「理系は「悪意」を理解していない!(STAP論争)」も「小保方氏に“悪意”があったと判断できる理由」となっています。これだと、相当にニュアンスが違ってしまうのです。

 本題に戻りますが‥

 BLOGOSの読者の何とナイーブなこと。どうしてそんなに騙されやすいの?

 4月1日ではないですか?

 コメントをしてくれたなかに、1名だけエイプリルフールのネタではないかと疑問を呈していた人がいましたが、後はすっかり信じている様子。

 やっぱり安倍さんを信奉し過ぎているから、騙されたのでしょう。これが、逆に、オバマ大統領が安倍さんのことを最近益々敬遠しているとでも書いたならば、「そんな筈はない」と疑ったことでしょう。

 読者を騙しやがってと怒っている人がいるかもしれませんが‥私は、オリジナルの記事の方には、最後に「本日は4月1日です」と書いているのです。

 

 

 やっぱりそうだったのか、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 新年度を迎えました。

 そうなのです、昨日で2013年度が終わったのです。笑っていいとものグランド・フィナーレを観ていて、何か大晦日の紅白を観ているような気さえしてきました。これで終わりなのか、と。

 会社や学校などでも、定年を迎えて去っていく人々がいるかと思えば、新たに職場に入ってくる人々もいるのです。

 さて、こうしてまた新しい年度が始まった訳ですが、皆様ご存知のように本日から、消費税が8%になっているのです。

 私、思うのですが、増税が如何に嫌であっても、まだ消費税8%とか10%で済むのであれば、それなら我慢できない範囲ではないのではないか、と。

 誤解のないように言いますが、それでも本当は嫌なんですよ。でも、その程度であれば、何とか工夫して凌ぐことができる、と。酒やビールの量を3%分減らすことができない筈はない、と。

 しかし、問題は、消費税を20パーセント程度まで引き上げないことには、基礎的財政収支を黒字にすることができないということなのです。

 再び誤解のないように言っておきますが、消費税の税率を20%程度にまで引き上げれば、少しずつ国債の残高が減っていき、50年後か100年後に借金がゼロになると言うのではないのです。そうではなく、消費税率を20%程度にして、やっと国債の残高を増えなくすることができるだけだ、ということなのです。

 ということは、こうして我々が8%の消費税を受け入れても、そして、さらに10%の消費税を受け入れたとしても、国の借金残高は増え続けるのです。

 折角国の政策に協力しても‥なかなか展望が開けてこない。それが現実。

 しかも、そんなに厳しい状況にありながら、経済界や政治家たちは、法人税を下げろと言う。

 法人税を下げても、それによって海外の企業が日本に本社を移転すれば、法人税の税収が減らないどころか却って増える可能性すらあると主張する学者までいるのです。

 でも、そうして世界中の先進国が法人税の引き下げ競争に走ったら‥?

 結局、儚い夢でしかないのです。そうでしょう?

 いずれにしても、日本がこうして消費税の税率を8%に引き上げたことに対して米国のオバマ大統領が大変羨ましく思っているということなのです。

 何故そんなことを知っているのか、って?

 米国の公共ラジオ放送が、珍しく日本のことを取り上げていたのです。日本のアベノミクスの効果は実際にどうであったか、と。

 はっきりと言って、アベノミクスの効果は大したことはなかった、と。確かに、株価が上がり、人々の気持ちは一変したと言っていいが、効果としてはその程度のものである、と。成長戦略にしても、安倍総理の威勢のいい言葉とは裏腹に、中身は殆ど伴なっていない、と。

 しか〜し‥

 米国の公共放送は、次のように続けるのです。

 日本の経済状態は、見方によっては何と羨ましいことか、と。というのは、かつての輸出で外貨を稼ぎだす日本のイメージは大きく変わってしまったが、しかし、日本経済は底知れぬ強靭さを有しているからだ、と。

 例えば、日本は今や貿易赤字国に転落してしまったが、円の暴落を心配するような状況にはない。それどころか、今でも日本政府は、海外に対し資金協力を続ける余裕がある、と。

 具体的に言えば、米国はウクライナに対して強力な支援体制を構築したいと切望しているが、実際に米国政府が行ったことと言えば、プーチン大統領など要人が海外の銀行に預けている資産を凍結した他は、ウクライナに10億ドル規模の支援を打ち出したのみだ、と。しかも、その資金支援も、実際に米国政府がお金を出すのではなく、米国政府が保証人になるだけだ、と。

 それに引き替え、日本はと言えば、な、な、なんと1500億円規模の融資を行うと簡単に言ってのけた、と。今や貿易赤字国に転落した日本のどこにそんな余裕があるのか、と。第一に、一方では増税を押し付けられるなかで、よく国民が黙っている、と。

 国内においては、消費税を8%に引き上げ、そして遠からず10%にまで引き上げることが予定されているなかで、1500億円もの融資を日本がウクライナに行うことを国民が許す日本。そんな日本に、オバマ大統領の少しばかりジェラシーを感じているのではないか、と。

 ご承知のとおり、米国の議会はねじれ状態がもう随分長い間続いているのです。つまり、決められない政治がずっと続いているのです。いってみれば、大統領とは名ばかりだと言ってもいい。それに比べ日本の安倍総理はどうか、と。

 確かに、米国内においては、安倍総理は右翼的思想の持ち主として見られているが‥その一方で、今一番好き勝手に行動しているのは、世界でもプーチン大統領と安倍総理位のものではないか、と。

 古今東西、政治家にとって一番人気のない政策は増税。それを決めたのは、確かに安倍総理だけの判断ではないものの、しかし、現実にそれをスタートさせたのは安倍総理自身。しかも、この先も、第二段の増税が控えている、と。

 何故国民は何も文句を言わないのか、と。否、正確には文句を言う人々も存在しているが、全体としては不満は一部に留まっている、と。その一方で、外交問題でも、中国や韓国には妥協しない立場を貫いている。そして、世界を股に掛けた外交を展開してもいる。

 ということで、オバマ大統領は、最近になって安倍総理のことを羨ましく思っているのではないかという噂が立っているのだとか。

 隣の芝生は青い、なんていう言葉がありますから、本当は単に、オバマ大統領が今の捻じれ状況にフラストレーションを感じているだけなのかもしれません。

 でも、オバマ大統領をいつもフォローしているある記者は次のように語ったというのです。

 オバマ大統領が、一番尊敬している政治家はリンカーンだが、最近、オバマ大統領はリンカーンに言及するときのように、安倍総理のこともエイブと呼んでいる、と。

 どういうことかと言えば、リンカーン大統領は、Abraham Lincoln であり、エイブと呼ばれることが多いのですが、日本の安倍総理も英語で書くとAbeとなり、米国人は、それをアベではなくエイブと呼ぶことが普通であることと関係していて‥つまり、最初の頃は、オバマ大統領は必ずプライムミニスター・アベと呼んでいたのが、最近では、ジャパニーズ・エイブと呼ぶようになっているのだ、と。

 決して安倍総理のことをエイブとは呼ばなかったのに、今では普通にジャパニーズ・エイブと呼んでいるのには理由がある筈だと言うのです。


 安倍総理が、オバマ大統領にとっては羨望の的になっているなんて‥そんなこと想像もしていなかったのです。



 本日は4月1日です。今日もクリックしようと思った方、ありがとうございます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 突然ですが、日米間にすきま風が吹いていると、最近メディアでよく言われるようになっています。そう思いませんか? 春も間近だというのにですよ。

 国内のメディアのみならず海外のメディアまでそのようなことを指摘する。否、海外のメディアがそのように報じるので、国内でもそのような報道が多くなっているのかもしれません。しかし、いずれにしても、すこしばかり不自然さを感じないでもないのです。

 メディアによる最近の報道ぶりを振り返ってみましょう。

・2014年2月17日 毎日新聞社説:オバマ氏訪日 すきま風吹く日米関係

・2月19日 Financial Times:Washington regrets the Shinzo Abe it wished for  「待望した安倍首相を今は悔やむ米政府」

・2月20日 Wall Street Journal:  Abe Adviser's Remarks Stir Controversy 「首相補佐官、米に『失望』発言の波紋―靖国参拝で」

・2月21日 日経:日米関係にすきま風? 2カ月間の動き振り返る

 しかし、報道だけではないのです。というのも、そうした報道に加え今度は米議会調査局が突然、日米関係に関する報告書のなかで次のようなことを指摘したからのです。

 「米国の助言を無視し、不意打ちで参拝した事実は政府間の信頼を傷つけた可能性がある」、「(米国の制止を振り切って参拝した安倍首相は)日米関係を複雑化させる指導者としての本質をはっきりと証明した」

 これがどこかの新聞社の一つの記事に過ぎないのなら、それほど深刻に受け止める必要もないかもしれませんが、米議会調査局がそのような指摘をしているのです。しかも、極めて短期間にそのような分析を行っている訳ですから、むしろ冷静で客観的な分析を行った結果と言うよりも、最初に結論ありきと考えた方がいいでしょう。

 いずれにしても、何故メディアは日米間にすきま風が吹いているなんて言うのでしょうか?

 やっぱり安倍さんが昨年12月に靖国参拝をしたから?

 それも影響しているのでしょう。

 それに、取り巻きの人々の発言も相当に影響していると思われます。

 NHKの籾井会長、同じくNHKの長谷川経営委員と百田経営委員。そして衛藤首相補佐官に本田内閣参与まで。これらの人たちの発言が相当に米国を刺激した可能性は否定できません。

 例えば、百田委員の発言。「アメリカは東京大空襲や原爆で日本人を大虐殺した。この大虐殺をごまかすために東京裁判をやった」

 次に、衛藤補佐官の発言。「米国が『失望した』と言ったが、むしろ我々のほうが『失望』という感じだ。米国は同盟関係の日本を、なぜこんなに大事にしないのか」

 確かに米国にとっては、日本がアメリカに物申した感がない訳ではないでしょう。しかし、その程度のことで、これほどのリアクションが起こるものなのか、と。

 というのも、安倍内閣は、相変わらず米国に対しては忠誠心の固まりのようにも見えるからなのです。

 だって、そうでしょう? 憲法違反の恐れがあると言われても、集団的自衛権が憲法で認められるとまで言う訳ですから。そこまでして米国と運命を共にしたいと言っているのが安倍総理なのです。

 なのに、何故米国は急に日本を見放すかのような言動を放つのか、と。

 そんなに靖国神社に参拝したことが気に障ったのでしょうか?

 しかし、米国自身にとっては、それほどのことではないのです。だって、彼ら自身が、靖国参拝は、韓国や中国を刺激するだけだから得策ではないと言っているからです。つまり、靖国参拝は、直接には米国をそれほどは刺激しないが、韓国や中国を刺激し、そうなればまた日本とそれらの国々との緊張が高まるから止めとけと言うのです。

 貴方には、米国の論理が理解できるでしょうか?

 私は、米国の言い分は、少しおかしいような気がしてなりません。

 というのも、日本と中国、或いは韓国の仲は、12月の安倍総理の靖国参拝を契機により一層悪化したとはとても思えないからなのです。というよりも、それ以前から最悪であった、と。だから、何も変わってはいない、と。韓国や中国が以前にも益して、2月の靖国参拝を問題視しているとはとても思えません。

 米国の言い分に少しばかり無理があると思いませんか?

 確かに、以前からオバマ政権としては、中国や韓国との間での関係改善に向け努力すべきだというようなことを日本に言っていました。だから、その意味では靖国参拝などは止めておけとも言っていたことになるでしょう。そして、そうしたアドバイスに安倍総理は従わなかった、と。

 要するに、米国にとっては、安倍総理が靖国に参拝したということよりも、自分たちが言ったことに従わない安倍総理に失望しているということなのです。

 忠実なポチだと思っていた日本の総理が、ポチらしく振る舞わなくなっていることが気に入らないということなのです。

 では、何故ポチはご主人様の命令を聞かなくなったのか?

 それは、ご主人様が日本には殆ど関心を示さないからなのです。

 ご主人様は、慰安婦の問題に拘る韓国の方ばかり向く、と。だから、ポチは寂しさを感じ始めたのです。ご主人様が、ポチを散歩にでもよく連れて行くのであれば、靖国には参拝するなという命令を聞いたかもしれません。だから、米国が、日本の総理が言うことを聞かなくなっているので、日米関係が複雑化しているなんて、そう簡単には納得が行かないのです。

 米国が安倍総理に失望しているのには他にも理由があるのです。それは、安倍総理がネオコンと仲がいいだけでなく、ロシアのプーチン大統領と何度も首脳会談を重ねているのが大変気になっているのです。

 日本とロシアが仲良くすることについて、米国としては、表向き何らクレームを付けることはできません。

 それはそうでしょう? 米国が国交を断絶しているような国と日本が仲良くするのであれば別ですが‥ロシアと仲良くなったからと言って、どうやって文句をつけることができるか、と。

 しかし、そうは言っても、内心米国としては大変に気がかりなのです。

 何故安倍総理はそのような態度を取るのか?

 お父さんが、ロシアとの外交を重視していたから?

 それもあるかもしれませんが、オバマ大統領が自分のことを少しも大事にしないからプーチンに近づいている面もあるのです。

 米国にとって、安倍総理に失望するさらなる理由としては、TPP交渉に関し、日本が殆ど譲歩を姿勢を示さないこともあるでしょう。

 いずれにしても、ここにきて急に日米間においてすきま風が吹き始めているなんてことをメディアが報じ出しているのは、米国自身が動いていることが大きいと思うのです。

 要するに、もう少し言うことを聞く日本の総理であって欲しい、と米国は言いたいのです。

 しかし、それでも安倍総理の態度に大きな変化が見られなかったとしたら?

 その時には、安倍総理はルーピーだとアメリカ側のメディアが言いだして、安倍降ろしが始まるのではないでしょうか。もっとも、オバマ大統領の人気がその前に落ちてしまう可能性もありますが‥


 
 米国が安倍内閣に冷たくなっているのは、靖国参拝よりも安倍総理がロシアに接近していることの方がより影響していると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

↑このページのトップヘ