経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: EU

 孤立化した感のある英国のキャメロン首相が、議会で追及されています。英国は、間違った判断を下したのではないか、と。

 しかし、キャメロン首相は言うのです。自分は英国の国益を守っただけなのだ、と。

 では、国益を守るためには、EUを去ることもあり得るのか?

 しかし、そんなことは毛頭考えていない、と。そんなことをするのは決して英国の利益にならないだろう、と。何故ならば英国は貿易国家でもあるからだ、と。

 しかし、その態度を貫くとすれば、今回の財政統一の枠組みに参加することだけではなく、ポンドを捨て去り、ユーロ圏に加盟することも考えられる訳ですが、キャメロン首相は、自分が首相でいる限りユーロ圏に加盟することはないと言うのです。

 つまり、言いたいことはよく分かるのですが、そうなると英国は蝙蝠みたいに見えてくるのです。

 まあ、しかし、考えてみたら英国の紳士と蝙蝠傘は切っても切り離せない関係なのです。

 キャメロン首相の言い分を聞いてみましょう。


Introduction
 
With permission, Mr Speaker, I would like to make a statement on last week’s European Council.

「議長、お許し頂ければ、先週の欧州理事会の件で説明させて頂きたい」
 
I went to Brussels with one objective: to protect Britain’s national interest.

「私は、一つの目的を有してブラッセルに行った。英国の国益を守ることだ」
 
And that is what I did.

「それが、私のしたことだ」
 
Let me refer back to what I said to this House last Wednesday.

「私が、この議会で先週の水曜日に言ったことに言及させてほしい」
 
I made it clear that if the Eurozone countries wanted a treaty involving all 27 Members of the European Union we would insist on some safeguards for Britain to protect our own national interests.

「私は次のことを明らかにしたはずだ。もし、ユーロ圏諸国が、EUの27の加盟国を含む協定を改正したいと望むのであれば、我々は国益を守るために英国にとってのセーフガードを主張するであろう、と」
 
Some thought what I was asking for was relatively modest.

「私が望んでいたことは比較的に控えめなものだと思った人もいる」
 
Nevertheless, satisfactory safeguards were not forthcoming and so I didn’t agree to the Treaty.

「それにも拘わらず、満足のいくセーフガードが確保されそうになかったので、私は協定に合意しなかった」
 
Mr Speaker, let me be clear about exactly what happened, what it means for Britain what I see happening next.

「議長、何が起こったのか、そして、それが英国にとって何を意味するのか、その後どうなるのかについて、はっきりとさせたい」

What happened
 
Mr Speaker, let me take the House through the events of last week.

「議長、先週起きたことを、私にこの議会の皆さんと読み合わせをさせて欲しい」
 
At this Council, the Eurozone economies agreed that there should be much tighter fiscal discipline in the Eurozone as part of restoring market confidence.

「この理事会で、ユーロ圏諸国は、市場の信頼を回復する手段として、ヨーロ圏においてさらに厳しい財政規律が必要であることを合意した」
 
Mr Speaker, that is something Britain recognises is necessary in a single currency.

「議長、それは単一通貨として必要なことであろうと英国としても認める」
 
We want the Eurozone to sort out its problems.

「我々は、ユーロ圏が諸問題を解決することを望む」
 
This is in Britain’s national interest because the crisis in the Eurozone is having a chilling effect on Britain’s economy too.

「このことは英国の国益でもある。何故ならばユーロ圏の危機は、英国経済にも悪影響を及ぼすからだ」
 
So the question at the Council was not whether there should be greater fiscal discipline in the Eurozone, but rather how it should be achieved.

「従って、理事会での問題は、ユーロ圏により厳しい財政規律が必要かどうかということではなくて、それをどうやって達成するかである」
 
There were two possible outcomes.

「二つの選択肢があった」
 
Either a treaty of all 27 countries with proper safeguards for Britain.

「1つは、27か国全ての国にとっての協定であるが、それには英国にとっての適切なセーフガードを含むもの」
 
Or a separate treaty in which Eurozone countries and others would pool their sovereignty on an intergovernmental basis…

「或いは、ユーロ圏諸国とその他の国の、国家間の取り決めとしての、主権を放棄する個別の協定ということである」
 
…with Britain maintaining its position in the Single Market, and in the European Union of 27 members.

「英国は、単一市場に身を置いたままであり、27か国のEUのメンバーであり続ける」
 
We went seeking a deal at 27 and I responded to the German and French proposal for Treaty change in good faith, genuinely looking to reach an agreement at the level of the whole European Union, with the necessary safeguards for Britain.

「我々は、27か国の交渉を求めた。そこで、ドイツとフランスによる協定の改正に、私は誠意をもって応えた。EU全体として合意に至ることを目指して‥そして、英国の必要なセーフガードを確保することを目指して‥」
 
Those safeguards – on the single market and on financial services – were modest, reasonable and relevant.

「そうしたセーフガードは、単一市場に関してのものであり、また金融サービスに関してのものであるが、控えめで合理的で適切なものであった」
 
We were not trying to create an unfair advantage for Britain.

「我々は、英国にとって一方的に有利にしようとしたのではない」
 
London is the leading centre for financial services in the world. And this sector employs 100,000 in Birmingham, and a further 150,000 in Scotland.

「ロンドンは世界の金融サービスの中心である。この分野は、バーミンガムで10万人の雇用を作り出し、スコットランドでは15万人の雇用を作り出している」
 
It supports the rest of the economy in Britain and more widely in Europe.

「それは英国のそれ以外の経済分野を支え、また広くヨーロッパの経済を支えている」
 
We were not asking for a UK opt-out, special exemption or generalised emergency brake on financial services legislation.

「我々は、英国が脱退することを求めた訳ではない。また、金融サービスに関する法規制に関して、特例などを求めた訳でもない」
 
They were safeguards sought for the EU as a whole.

「それらは、EU一般にとってのセーフガードとして求められた」
 
We were simply asking for a level playing field for open competition for financial services companies in all EU countries…

「我々は、全てのEU諸国で金融サービスが公正に行われるような環境整備を求めただけである」
 
…with arrangements that would enable every EU Member State to regulate its financial sector properly.

「EUの全ての加盟国が金融セクターを適切に規制することができるような取り決めである」
 
To those who say we were trying to go soft on the banks, nothing can be further from the truth.

「我々は銀行に対して甘くしようとしていると言う者に対して、それは事実とは異なると言いたい」
 
We have said that we are going to respond positively to the tough measures set out in the Vickers report.

「我々は、ビッカーズ報告に挙げられた厳しい措置に積極的に対応することになろうと言ってきた」
 
There are issues about whether this can be done under current European regulations.

「現在の欧州の規制で、これに対応できるのかが問題になっている」
 
So one of the things we wanted was to make sure we could go further than European rules in regulating the banks.

「そこで、我々が望むことの一つは、銀行規制に関する欧州のルールを進めることである」
 
The Financial Services Authority report on RBS today demonstrates how necessary that is. We have problems in this country that this government inherited and needs to sort out.

「RBSに関する金融サービス当局の報告書は、これが必要なことを証明している。英国には解決すべき問題が残っている」
 
And those who say that this proposed Treaty change was all about safeguarding the Eurozone – and so Britain shouldn’t have tried to interfere or to insist on safeguards – are also fundamentally wrong.

「この条約改正の提案は、ユーロ圏を守るものであり、そして、英国はそのことを邪魔するべきではないとか、セーフガードを主張すべきではないという者は、根本的に間違っている」
 
The EU Treaty is the Treaty of those outside the Euro as much as those inside.

「EUの条約は、ユーロ圏内の国にとってと同じく、ユーロ圏外の国にとっての条約でもある」
 
Creating a new Eurozone treaty within the existing EU treaty without proper safeguards would have changed the EU profoundly for us too.

「既存のEUの条約の中に新たなユーロ圏の条約を設置することは、それが適当なセーフガードを伴うものでない場合には、我々にとって、EUの性格を根本的に替えてしまうであろう」
 
(省略)

But frankly I have to tell the House the choice was a treaty without proper safeguards or no treaty.

「しかし、率直にいって、私はこの議会の皆さんに対し、我々の選択肢は適切なセーフガードを伴わない条約か、或いは条約の改正の拒否かの二つに一つだと言わなければならない」
 
And the right answer was no treaty.

「正しい答えは、条約を拒否することであった」
 
It was not an easy thing to do but it was the right thing to do.

「それは容易いことではなかったが、正しかった」
 
As a result, Eurozone countries and others are now making separate arrangements for co-ordinating their budgets and making sure there is more surveillance of what they do and the fiscal integration they need to solve the problems in the Eurozone.

「その結果、ユーロ圏諸国と他の国々は彼らの予算を調整し、そして、ユーロ圏の問題を解決するのに必要な財政統合のために、加盟国の更なる監視を確実なものにするための別個の取り決めを整えようとしている」
 
They recognise this approach will be less attractive, more complex and more difficult to enforce and they would prefer to incorporate the new treaty into the EU Treaties in the future.

「彼らは、こうした手法は魅力的なものではなく、実施するための作業が複雑であるので、将来、新しい条約をEUの条約に取り込むことができればと考えている」
 
Our position remains the same.

「我々の立場は同じままである」

What this means for Britain
 
Let me turn to what this means for Britain.

「これは英国にとって何を意味するのか?」
 
Mr Speaker, Britain remains a full member of the European Union.

「議長、英国はEUの完全なメンバーのままである」
 
And the events of the last week do nothing to change that.

「先週の出来事は何も影響を与えない」
 
Our membership of the EU is vital to our national interest.

「EUのメンバーであることは我々の国益に叶うものである」
 
We are a trading nation and we need the single market for trade, investment and jobs.

「我々は貿易国家であり、貿易、投資、及び雇用の単一市場を必要とする」
 
The EU makes Britain a gateway to the largest single market in the world for investors. It secures more than half of our exports and millions of British jobs.

「EUは英国にとって、世界における最大の単一市場の入り口になっている。それによって我々の輸出の半分以上と英国の何百万という雇用が確保されている」
 
And membership of the EU strengthens our ability to progress our foreign policy objectives too…

「そして、EUのメンバーであることは我々の外交の目的を達成させるためにも役に立つ」
 
…giving us a strong voice on the global stage in issues such as trade, and as we have seen in Durban this weekend, climate change,

「例えば貿易の問題に関し世界の舞台で発言力を持つことにもなる。また、この週末にダーバンで行われた気候変動の問題もそうである」
 
So we are in the European Union and we want to be.

「従って、我々はEUに居続けるし、そうしたいと望む」
 
This week there will be meetings on the councils on Transport, Telecommunications and Energy, and Agriculture and Fisheries.

「今週、運輸、通信、エネルギー、及び農林漁業に関する理事会が開かれる」
 
Britain will be there as a full member at each one.

「英国はそれらの理事会の完全なメンバーとして出席する」
 
But I believe in an EU with the flexibility of a network, not the rigidity of a bloc.

「しかし、私はEUは、柔軟性のあるネットワークであると信じる。決して硬直的なブロックではない」
 
We’re not in the Schengen no borders agreement and neither should we be…

「我々は、シェンゲン協定に加盟してない。国境を廃止する協定であり、それらは我々に適用されない」
 
…because it is right that we should use our natural geographical advantage as an island to protect us against illegal immigration, guns and drugs.

「何故ならば、我々は島国としての自然的、地理的な有利性を利用することが適切であるからだ。違法な移民や銃や麻薬の持ち込みを防ぐことができる」
 
We’re not in the Single Currency and while I am Prime Minister we will never join.

「我々は、単一通貨に加盟していない。私が首相である限り、加盟することはない」
 
We are not in the new Euro area bailout funds, even though we had to negotiate our way out it.

「我々は、新しいユーロ圏の救済基金に加盟していない。但し、交渉はしなければならないが」
 
And we are not in this year’s Euro-Plus pact.

「我々は、今年のユーロ・プラスの合意に加わっていない」
 
When the Euro was created, the previous government agreed there would need to be separate meetings of Eurozone Ministers.

「ユーロが創設されたとき、以前の政府は、ユーロ圏の大臣による別個の会合が開かれる必要があることに合意した」
 
It is hardly surprising that those countries required by Treaty to join the Euro chose to join the existing Eurozone members in developing future arrangements for the Eurozone.

「条約によってユーロに加盟することが求められる国々が、ユーロ圏の将来の取り決めにおいて、既存のユーロ圏のメンバーの仲間になることを選択したということは驚くべきことではない」
 
Those countries are going to be negotiating a treaty that passes unprecedented powers from their nation states to Brussels.

「そうした国々は、未曾有の権限を国家からブラッセルへ移譲する条約について交渉すことになる」
 
Some will have budgets effectively checked and re-written by the European Commission.

「自分の国の予算が欧州委員会によってチェックされたり書き直されたりするところが出てくる」
 
None of this will happen in Britain.

「このようなことは英国には起きない」
 
But just as we wanted safeguards for Britain’s interests if we changed the EU treaty, so we will continue to be vigilant in protecting our national interests.

「しかし、もし我々がEUの条約を変更する場合には、英国の利益を守るためにセーフガードを望んだように、我々は国益を守るために注意しておく必要がある」
 
An intergovernmental treaty, whilst it doesn’t carry with it the same dangers for Britain, nonetheless is not without risks.

「国家間の協定は、英国にとっては同じような危険をもたらすものではないが、それでも全くリスクがないわけではない」
 
The decision of the new Eurozone-led arrangement is a discussion that is just beginning.

「新しいユーロ圏主導の取り決めについての決定が、始まっているところだ」

(省略)
 
Conclusion
 
Mr Speaker, let me conclude with this point.

「議長、このことを言って終わりにしたい」
 
I do not believe there is a binary choice for Britain: that we can either sacrifice the national interest on issue after issue…

「英国にとって、二つに一つの選択肢があるとは思わない。我々は国益を犠牲にすることもできないし‥」
 
….or lose our influence at the heart of Europe’s decision-making processes.

「かといって、欧州の意思決定過程における影響力を失う訳にもいかない」
 
I am absolutely clear that it is possible both to be a full, committed and influential member of the European Union…

「EUの完全な、そして影響力を有するメンバーであって」
 
…and to stay out of arrangements where we can not protect our interests.

「そして、我々の国益を守ることができない取り決めには加わらないでいることが可能であることは絶対に明らかである」
 
That is what I have done at this Council.

「それが私がこの理事会で行ったことである」
 
That is what I will continue to do as long as I am Prime Minister.

「そして、私が首相である限り、そうし続ける」
 
It is the right course for this country.

「それがこの国にとっての正しい道である」
 
And I commend this statement to the House.

「そして、私はこの声明を議会に対して委ねる」



 さあ、今回のキャメロン首相の弁明、皆さんはどのようにお感じになるでしょう?

 言い訳がましい?

 だったら、英国も財政主権を放棄し、英国の予算編成権をブラッセルの管理下におくべきであるのか?

 でも、そこまで認めることになれば、何故英国だけがポンドという独自の通貨を使うのかという問題に直面するのです。

 しかし、私が英国人であれば、やっぱりポンドを捨て去ることには躊躇を感じると思うのです。しかし、だからといって欧州との関係を希薄にすることは決して自分たちの利益にならないことも明らかであり‥

 ハムレットと蝙蝠の国、それが英国なのでしょう。


 英国の立場も分からないではないな、と感じている方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 EU首脳会議の結果はどうなったのか?

 もっともっと欧州中央銀行による国債の買い入れ問題などに関心が集まるのかと思いきや、全然違うことにスポットライトが浴びてしまいました。

 一体、何が起きたのか?

 それは、fiscal union、つまり財政統合問題に関するEUの協定改正に関し、英国1国だけが反対する結果になってしまったのです。他にも反対する国があると思われていたのに、他の国は急に大勢に従うことになり‥

 何故英国は反対したのか?

 いろいろ理由はある訳です。でも、最大の理由は、英国が譲歩することによって、英国が得るものより失うものが多いと判断したということだと思うのです。

 英国が、仮にfiscal union を受け入れ、そしてユーロ加盟の方向を目指すとすれば、英国は、財政主権を放棄するだけでなく、独自に金融政策を運営することはなくなるのです。ポンドもなくなってしまうのです。歴史と伝統を重んずる人々からしたら、とても受け入れられるものではないで
しょう。

 しかし、その反面、ユーロを使用することによって英国の輸出が増加したり、英国への観光客が増えることが確実であれば、花より団子ということで、ポンドを捨て去る選択肢もないとは言えないのです。

 ただ、英国の経済を支えてきたともいえる金融街シティはどうなるのか?

 ひょっとしたらその優越的地位が脅かされないと感じているのです。なんか、TPPに参加すべきかどうかに悩む日本の姿と似たようにも思えてくるのです。  

 いずれにしても今回のEUサミットは成功だったのか?

 英国抜きではありますが、それ以外の26か国が財政統一に向けて歩み出すことに合意をした訳ですから、それは本来の目指す方向に向かっていると思うのです。

 大体、主権が脅かされるから‥というのであれば、EUに加盟すること自体が矛盾しているのです。でも、そこが人間。自由貿易問題でも同じなのです。自由貿易は世界経済の発展にとって必要不可欠である、と。保護主義の台頭は許してはならない、と。しかし、そうはいっても、各論は別なのです。その証拠に、欧州自身が農業問題では例外を主張しているではありませんか。

 ということで、今回の財政統一に向けた動きに異議を唱える気はそれほどないのですが、しかし、それだけではとてもユーロ危機を収束させることはないでしょう。

 マーケットは、もっと大胆な措置を待ち望んでいるのです。つまり、欧州中央銀行にもっと活躍させろ、と。

 でも、そこまでの決断はまだできないでいるのです。で、代わりに考えていることはと言えば‥欧州各国(中央銀行)がIMFにお金を提供し、そして、そのお金をIMFが債務国に貸し付ける案なのです。

 なんかへんてこりんなことを考えているのです。

 ただ、問題は、幾らへんてこりんなアイデアであっても、財源が十分であればいいのですが、幾ら計算しても、今想定されている資金ではユーロ危機を収束させるには不十分であるということです。また、だからこそ、欧州中央銀行による無制限の国債の買い入れを市場は期待している訳ですが‥その辺のところがはっきりしないまま、今回のサミットは終了したということでしょう。


 まだしばらく危機は収まりそうもない、と感じた方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 突然ですが、貴方に質問です!

 今週、8日、9日にEU首脳会議があるのをご存知ですか?

 その表情は、知っているような知らないような‥いずれにしても、EU首脳会議が開かれるのですが、何が議題になるのでしょう?

 そうです、欧州危機を如何に克服するか、その1点にかかっていると言っていいでしょう。しかし、よく考えたら、この2年間ほど欧州のリーダーたちはずっとこの問題に取り組んでいる訳です。何度も何度も対策を打ち出し、そして落ち着いたかと思う間もなく、またぶり返す、と。

 何でそんなことを繰り返すのでしょう? 

 危機のスリルがたまらないのでしょうか? そういえば、欧州安定化メカニズムなんていうのを作り、それはESMなんて呼ばれているのです。エスエム?

 ところで、今回の会議の主な争点は何でしょう? そうなのです。欧州中央銀行がもっと積極的に関与すべきではないか、具体的に言えば、欧州中央銀行が、南欧諸国の国債をもっと買い入れて、南欧諸国を救うとともに、南欧諸国の国債を大量に抱える銀行を救って上げたらどうかという意見が浮上しているのです。

 でも、ご承知のようにあのメルケル首相は渋い考えでいるのです。そんなことをすれば欧州中央銀行の中立性が損なわれ、ひいてはインフレを引き起こしてしまう、と。

 第一次大戦中のあのハイパーインフレを経験した国の考えらしいと言ったらそれまでなのですが、いずれにしても、ドイツは極度にインフレを嫌っているのです。従って、仮に、彼女が欧州中銀がもっと積極的に行動してもいいのではと思ったとしても、ドイツの国民は、そうしたことをなかなか許さないでしょう。

 ということで、メルケル首相の口から出る言葉は渋い‥もちろん、ドイツ語で話す訳ですが、英語でご紹介すると‥

 Rules must be adhered to. We must keep close tabs on this.

  National responsibility is a prerequisite for European solidarity.

  The crisis is like a marathon and that a solution would be years in the making.

 「ルールは守らなければならない。このことはよく注意しておかねければならない」

 「国家の責任は欧州統一の前提条件である」

 「この危機はマラソンみたいなものであり、解決には年月がかかる」

 ああ渋い!

 彼女が言いたいことも分からないではない。正論を言っているとも言える。ああ、それはセイロン、スリランカ!

 しかし、そういったドイツの考えに対しては、危機感が足りないとの批判が日増しに高まっているのです。欧州の危機にはもう時間の猶予はないのだ、と。

 では、メルケル首相が主張する具体的対策はと言えば‥ギリシャやイタリアやスペインなど問題になっている国の予算編成を外部がチェックをすることにすべきだ、と。もっと言えば、各国が有する財政主権を剥奪することを認めるべきだ、と言っているのです。

 しかし、そうやって南欧諸国に対し緊縮財政を強要したとしても、果たして事態が改善するのかと言えば‥長い目でみれば、そうしたことが必要であることはそのとおりなのでしょうが、緊縮財政を確実に実行したからと言って、今の欧州危機が収束に向かうかといえば、それは全く別の話であるのです。

 そんなことをメルケル首相は分かっていないのでしょうか? 或いは分かっているけれども、そうやって債務国側に厳しいことを呑ませないことには、欧州中央銀行の出番はないという確信があるからなのでしょうか?

 でも、私思うのですが‥そこまでして欧州中央銀行の節度を守るのであれば、何故欧州中央銀行よりも先にIMFに行動させたのか?

 何度も繰り返し言いますが、今の欧州がやっていることは筋の通らないことだらけなのです。



 

 EU首脳会議に失望して、マーケットが荒れるかも‥なんて思う方は、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加


 欧州の財政危機を封じ込めようと、EU各国が独自の国債を発行するのではなく、共通の国
債を発行してはどうかというアイデアが提案されています。

 その名は、イーボンド。

 E-bonds. Europe sovereign bonds の略だとか。

  欧州債務庁というのを設立して、そこに国債の発行を一元化させるという構想のようなので
すが。

 貴方は、そうしたアイデアをどう思いますか?

 いいボンド、それとも悪いボンド?

 「どうしてそんなことするの?」

 それは、PIIGSの国々の国債の利回りが急上昇し、そのため却って財政再建が難しくなっ
ているからである、と。

 確かに、欧州の財政危機が発覚してから、例えばドイツの国債との利回り格差が著しく拡
大し、PIIGS諸国は利払い負担が増大して大変なのは事実であるわけです。そんなに利子
が高ければ、それによって却って財政状況が悪化してしまう、と。しかし、だからと言って借金
をしない訳にはいかない、と。借金をしないと、借金が返せずにデフォルトを起こしてしまうか
らです。

 「だったら、イーボンドは、良いボンドよ」

 でも、かつてギリシャなどは、安い金利で借金ができるようになったばかりに、どんどん借金
が増え、今日のような財政危機を招いてしまったという経緯があるのです。

 つまり、その国の真のリスクに見合うように金利が設定されることが、その国にとっても望ま
しいことであるのだ、と。そうやって多少借金しづらくしないと緊縮財政に本気で取り組むこと
もしないであろう、と。

 「しかし、金利が高ければ、デフォルトの可能性も高まるのでしょ?」

 まあ、そう言われれば、そうかもしれませんが、
ドイツのメルケル首相は、共通国債の発行
は認めない、と言っている訳です。

 私も、共通国債の発行は安易すぎると考えます。確かに、そうした国債を発行することによ
ってPIGGSの国々は、利払い負担を軽減することが可能にはなるでしょう。しかし、どこかの
国の利払い負担が軽減するということは、どこか別の国の負担が重くなる訳ですから‥、そ
して、負担が重くなるのはドイツなどの財政事情が健全である国であり、そうした国が了解し
ない限りそうした共通国債が実現することはあり得ないのです。

 何故、ドイツ国民は、ギリシャやアイルランドのために犠牲にならないといけないのか、と。

 恐らく現実問題として、実現の可能性は低いと思います。

 また、仮にドイツの人々がそうした構想を受け入れてもいいと言ってくれたとしても、そうし
た制度がプラスになるとは必ずしも限りません。

 金利が高いのは、リスクが高いからであるわけです。従って、金利を引くしたいと思えば、
借金の額が少なくなるように努力するとか、経済を成長させる努力が必要になるわけです。
それを、そうした努力とは関係なしに金利を無理に引き下げようとするのは‥、持続可能と
は思われません。

 どうも、2007年夏以降の欧州の対応を見ていると、その場しのぎの対応が目立つように
思える訳です。欧州の銀行のストレステストにしても、本当に厳しい検査をやっていたなら
ば、今度のアイルランドの問題も発生しなかった訳ですから。

 PIIGS支援はいいとしても、共通国債はやり過ぎだと思うのです。


 共通国債の実現可能性は低い、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイルランドの財政危機が世界の関心を集めています。

 でも、アイルランドといってもイマイチぴんとこないわけ人も多い訳です。

 アイルランドって?

 アイスランドとは違ったよな‥、確か英国の左側の方の‥、あれっ、アイルランドって英国
の一部だったっけ?

 まあ、アイルランドといえば、アダムスミスの国富論には、ジャガイモを主食にしている国で
あり、もし、英国人がジャガイモを主食にすれば‥、などという話が出てくるわけです。

 或いは、アイルランド紛争を思い出す人もいるかもしれませんが‥


 ということで、アイルランドの財政危機について、イロハから初めてみたいと思います。とは
いっても、BBCの受け売りです。

 http://www.bbc.co.uk/news/business-11766346



何故、アイルランドは財政危機に陥ったのか


・アイルランドの財政危機の原因は、不動産バブルが崩壊したこと。

・住宅価格は、ピーク時に比べ50〜60%下落。

・結果、銀行のディベロッパー向け融資が不良債権に。

・このため、政府による銀行救済資金は450億ユーロに拡大。

・政府の財政赤字がGDPの32%に(2010年)。

・政府は当初、外部の支援を拒絶。

・その理由は、外部に支援を仰げば、12.5%という低率の法人税を引き上げろと言われるの
 が必至だから。(この低い法人税率によって海外企業を誘致した)

・では、何故急に外部の支援を仰ぐことにしたのか?

・アイルランドの銀行の経営内容が思いの外悪化していたことが判明したから。

・そうした銀行の多くは国営化されており、銀行の債務は国の債務となる。

・アイルランドの銀行にお金を貸しているのは海外の銀行である。

・アイルランドがデフォルトを起こせば、海外の銀行が困る。

・また、デフォルトを起こせば格付けが下がり、アイルランド国債の金利も高くなる。

・もはや、選択の問題ではなく時間の問題になった。

・必要とされる救済資金の規模は1000億ユーロ。

・資金の出し手は、欧州金融安定制度(EFSM)、IMF、英国政府など。

・フランスとドイツが、法人税率の引き下げを要望。(アイルランドの法人税率は低過ぎ、アン 
 フェアだと主張)

 

<参考> 
 
Ireland, which is often called the Irish Republic to distinguish it from British
Northern Ireland, emerged from the conflict that marked its birth as an
independent state to become one of Europe's economic success stories.

「アイルランド、それは英国の北アイルランドと区別するためにアイルランド共和国としばし
ば呼ばれるが、そのアイルランドは衝突のなかから独立国家として登場し、そして、ヨーロッ
パの経済サクセスストーリーの一つとなった」

Long under English or British rule, Ireland lost half its population
in the decades following the Great Potato Famine of the 1840s, becoming
a nation of emigrants. After World War I, independence from the United
Kingdom was only achieved at the price of civil war and partition.

「長い間英国の統治下にあった中、アイルランドは1840年代の馬鈴薯大飢饉の後の数十年
間で人口の半分を失った。そして移民の国になるのである。第一次大戦の後、内戦と分割に
よって英国から独立した」

Since the country joined the European Community in 1973, it has been
transformed from a largely agricultural society into a modern,
high-technology economy.

「アイルランドは、1973年に欧州共同体に加盟後、農業国家から近代的なハイテク経済に
変身を遂げた」


Overview

For centuries British dominion in Ireland gave rise to unrest which finally
erupted into violence with the Easter Rising of 1916, when independence
was proclaimed. The rising was crushed and many of its leaders executed,
but the campaign for independence carried on through a bloody Anglo-Irish
War of 1919-1921.

「何世紀にも亘ってアイルランドに対する英国の支配が続いていたが、そのために世情が不
安定で、最終的には1916年のイースター蜂起が起こり、独立が宣言されたのである。しか
し、この武力蜂起は抑えられ、多くの先導者たちが処刑された。ただ、独立運動は続き、
1919年〜1921年のアングロ−アイリッシュ戦争まで続くのであった」


It was in 1922 that 26 counties of Ireland gained independence from London
following negotiations which led to the other six counties, part of the
province of Ulster, remaining in the United Kingdom of Great Britain and
Northern Ireland. Partition was followed by a year of civil war.

「アイルランドの26州がロンドンから独立を勝ち取ったのは1922年のことであり、アルスター
地方の6つの州は大英帝国に残ることになった。分割は内乱の後に行われた」

Relations between Dublin and London remained strained for many years
afterwards. Northern Ireland saw decades of violent conflict between those
campaigning for a united Ireland and those wishing to stay in the United
Kingdom.

ダブリンとロンドンの関係は、その後も長い間緊張状態にある。北アイルランドは、アイルラ
ンド統一派と英国に留まりたい者の間で何十年にも亘って暴力的衝突を繰り返している」

In an unprecedented and concerted effort to resolve the situation, the Irish
and UK governments worked closely together in negotiations which led to
the Good Friday Agreement on the future of Northern Ireland in 1998.

「そうした状況を解決するために、それまでにない共同作業を続けるなかで、アイルランド政
府と英国政府は交渉を行い、1998年に北アイルランドの将来に関するグッド・フライデー合
意に至ることになった」

 
Boom to bust

Ireland's economy began to grow rapidly in the 1990s, fuelled by foreign
investment. This attracted a wave of incomers to a country where,
traditionally, mass emigration had been the norm.

「アイルランドの経済は、1990年代に海外投資に押され、急速に成長をし始めた。これが、
それまでは海外に移住するのが通常であったのに、逆に移住者を呼び寄せることになった」

The boom that earned Ireland the nickname of "Celtic Tiger" faltered when
the country fell into recession in the wake of the global financial crisis of
2008.

「ケルトの虎というニックネームまで得たアイルランドのブームは、2008年の世界金融危機
の後にアイルランドが景気後退に落ち込むことによって終焉を迎えた」

The property boom had been fuelled by massive lending from the banks,
and when this collapsed - and lenders were unable to repay - the Irish
banking system was plunged into crisis.

「不動産ブームは、銀行からの大量の融資によって煽られた。そしてそのブームが崩壊した
時に、アイルランドの銀行システムは危機に陥ったのである」

The Irish economy underwent one of the deepest recessions in the
eurozone, with its economy shrinking by 10% in 2009.

「アイルランドの経済は、ユーロ圏の中で最も深刻な経済後退を経験した。2009年には、経
済が10%も縮小したのである」

In November 2010, Ireland and the EU agreed a financial rescue package
for the republic worth tens of billions of euros, ending weeks of speculation
about a bail-out.

「2010年11月、アイルランドとEUは、数百億ユーロという規模の金融救済パッケージに合
意し、そして、救済に関する思惑と投機を終わらせた」


 

 アイルランドを助けると言いながら、自分の国の銀行を助ける。また、アイルランドを助ける
と言いながら、法人税率が低過ぎるといちゃもんを付ける。それが政治というものなのでしょ
うか。いつもクリックありがとうございます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 欧州の銀行に対するストレステストの結果が発表になりまし
た。

 域内20カ国の91の銀行に対して行った検査の結果、資本不足
とみなされた銀行の数は7行で‥

 で、その7行は、ドイツの銀行が1行、スペインの銀行が5行、そ
してギリシャの銀行が1行で‥

 そして、ドイツの銀行のヒポ・リアルエステートは既に国有化さ
れており、そしてギリシャのギリシャ農業銀行も国有化されている
ほか、スペインのカハスールにもスペイン政府が公的資金を注
入済みなのだとか。

 つまり、今回資本不足とされた銀行は、資本不足とみなされて
当然のところばかりのようで、サプライズはなし。むしろ、経営悪
化がささやかれていたような銀行が合格点を取り、その方がサプ
ライズであるような。

 いずれにしても、総トータルの資本不足額は、35億ユーロ、約
3900億円相当だとか。

 いいですか、もう一度言います。

 欧州の91の銀行の資本不足の合計が、たった3900億円なの
だ、と。だとしたら、何故あんなに疑心暗鬼になっていたのか?

 はっきり言って、今回のストレス結果の発表は、成功したとは言
えないでしょう。何故ならば、そんなに小さい数字なら、むしろ出
さない方がましだった、と。却って不信感を増すだけだ、と。

 でも、そもそもこのストレステストを欧州側に強く勧めていたガイ
トナー財務長官は、このテストの結果発表に歓迎のコメントをし
たと言います。

 へーっ、てなものです。何と言っているのでしょうか。

 We welcome the release of bank-level stress test
results in Europe. With this undertaking, the EU has
made a significant effort to increase disclosure on the
conditions of individual European financial institutions
and enhance market stability.

 「我々は、欧州において行われた銀行のストレステストの結果
が発表になったことを歓迎する。こうしたことにより、EUは、ヨー
ロッパの個々の金融機関の情報開示を進めるとともに市場の安
定性を高めるために大いに努力している」

 確かに歓迎のコメントなのでしょうが、でも余り心がこもっている
とも思えない、そんなコメントです。

 まあ、それもそのはずですよね。多くの関係者がテストは甘か
ったのではと言っているわけですから。

 いずれにしても、今回のテストの基準が実際にどうかという問
題とは別に、たった3900億円程度の資本不足にしかならないと
いう数字を出したことに、関係者のセンスのなさを感じます。

 昨年5月の米国のストレステストの結果では、746億ドル、つま
り7兆円ほどの資本不足の恐れが指摘されたわけですから、今
回は桁が一つ足りなかったというべきではないのでしょうか。

 まあ、4兆円ほど不足しますと欧州が発表し、そして、その不足
額は、速やかに各自が増資を行うなり、政府が公的資金を注入
しますからといえば、マーケットはそれなりに納得したと思うので
す。

 それはそれとして、今回のストレステストの基準についても一言
コメントしておきたいと思います。

 私も、テストの基準が甘いと思います。

 例えば、資産として保有している国債の評価についてですが、
時価評価をするのは売買勘定分に限定しており、満期保有分に
ついては全額が償還されると看做しているわけですが、それは
甘い、と。

 何故ならば、幾ら満期まで保有するつもりでも、もし仮にどこか
の国がデフォルトを起こせば、その国債の価値の大半は確実に
失われてしまうからです。

 売買勘定に計上されている5年ものギリシャ国債の場合には、
価値が約23%目減りすることを織り込んだとされていますが、満
期保有分についても同様の条件で評価すべきだったのではない
のでしょうか。

 まあ、いずれにしても、まだまだ尾を引きそうです。


 このストレステストは、基準が甘すぎると考える方、クリックをお
願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ポール・クルーグマン教授が、PBSのニュース番組に登場して、
ギリシャがユーロから離脱すべきだと説いています。

 どんなことを言っているのか、ポイントを押さえておきましょう。


Well, you know, in a way, there's nothing we didn't
know, which is that this is a terrible, terrible situation
for Greece, and that the Eurozone has got big, big
problems that -- structurally. They really have a
problem. We don't actually know how this gets resolved.

「ある意味、今起きていることで、私たちが分からなかったことは
ない。ギリシャにとっては大変恐ろしい状況で、そしてユーロ圏に
とっては大きな構造上の問題ではあるのだが。彼らは本当に問
題を抱えているのだ。我々は、どうやってそれが解決できるかが
分からない」

But I think it's finally coming to people -- it's coming 
to a head. These things tend to drift on. People are 
suddenly looking at it and saying, how is this going to
end? How is this going to work out? And this is big.
Greece is not big, but the Eurozone is one of the
world's two great economies, and it's in deep
trouble.

「しかし、最後には国民に圧し掛かってくると思う。国民は急にそ
うした事態に直面して、一体どうなるのだと言っているのだ。大変
に重大な問題だ。ギリシャは大きな国ではない。しかし、ユーロ圏
は世界の二大経済圏の一つなのだ。そのユーロ圏が困難な状
況に陥っているのだ」


(ギリシャは債務の繰り延べを認められることになるのかと聞か
れて)

Yes. Yes, I think -- in fact, if anything, I think that's 
too optimistic.

「何らかのことが認められるとしても、それで終わると考えるの
は、楽観的過ぎる」

The point is that, even with a restructuring of the
debt, Greece needs to do some enormous austerity.
No one really knows how this works. Even if you
don't count interest payments, Greece was running a
deficit last year of almost 9 percent of GDP, which is
saying it has to do -- even if it completely stopped
paying its debt, it would have to make an enormous
adjustment, which looks like it's not politically
possible.

「問題は、仮に債務の繰り延べを認めてもらったとしても、ギリシ
ャは、なお厳しい緊縮措置を取らざるを得ないということだ。た
だ、緊縮財政が功を奏するかどうかは誰も分からない。仮に利払
いを除外して計算しても、ギリシャは昨年、対GDP比で9%程度
の赤字となっていた。また、仮に元本の支払いを停止したとして
も、大規模な調整政策(緊縮財政)が必要とされ、それは政治的
に見て実現可能とは思われない」

How is this going to work out? And it's very hard to
tell -- I find it very hard to tell a story that doesn't
end with Greece dropping out of the euro, with
something that -- they need something to give their
economy a boost, something that makes their
exports more competitive, something that -- that
gives them some alternative to just -- to doing 
nothing but slashing spending and raising taxes in the
face of high unemployment.

「その結果どうなるのか? 予想は難しい。しかし、ギリシャがユ
ーロ圏から離脱しないで済むシナリオは考えにくいと思う。ギリシ
ャにとっては、経済を成長させる方策が必要なのだ。輸出競争力
を強化するような何かが。高い失業率に直面しながらも、何もし
ないでただ支出を削減し、そして増税するというようなやり方では
なく‥」

That's not on the table. In a way, it can't be on the
table until it becomes inevitable. But I think the point
is that -- that it's not as if somebody could say, OK,
let's be a nice guy, unless the European Union is
prepared to come through with massive aid, not just
a debt restructuring, but massive aid. And they're
not ready to do that.

「そうした措置は、準備されているわけではない。必要不可欠に
なるまで準備されることはあり得ない。しかし、誰かがOKというよ
うなことはないであろう。EUが、単に債務の繰り延べだけではな
く、もっと大規模な支援の準備ができるまでは、行儀よくしておこ
うと。まだ、彼らは大規模な支援を行う準備ができていないのだ」

So, we're really up against a wall here.

「だから、我々は今手詰まり状態にあるのだ」


(ギリシャ問題が他国に飛び火することを懸念するか、と聞かれ
て)

Yes.
I that think if -- if Greece doesn't resolve this, and 
events are moving pretty fast, then people are going 
to say, OK, Greece is the extreme case. Nobody else
has the combination of debt and overvaluation that
they do. But other countries, you know, are in that
direction. So, Portugal doesn't quite look like Greece,
but there's a resemblance.

「もしギリシャがこの問題を解決しないなら、そして、事態が急展
開するのであれば、人々は、分かった、ギリシャは極端なケース
だと言うであろう。債務の問題と通貨価値の問題がセットになっ
て存在している国は、他にはない。しかし、そうした方向に向かっ
ている国はある。例えば、ポルトガルはギリシャとは全く似ている
ようには見えないのだが、類似点があるのだ」

Spain has actually been, fiscally, quite responsible, 
but they're -- they're -- they're in trouble because
their costs and prices are out of line. So, it starts to
call the whole structure into question. I don't think
it's a sovereign debt issue, by the way, generally.

「スペインは、財政面では大変に責任感を持っているのである
が、しかし、コストや価格が採算に合わないから困難な状況に陥
っているのだ。だから、一度全てを洗い直すべきなのだ。私は、こ
れは国家債務の問題(ソブリンリスク)の問題であるとは思ってい
ない」

If you look at what happened to bond markets today,
U.S. interest rates dropped, British interest rates
dropped. This is a Eurozone problem. But,
unfortunately, the Eurozone is a big player in the
world economy.

「債券市場で本日何が起こったかを見て欲しい。米国債の利回り
は低下し、英国債の利回りも低下した。これはユーロ圏の問題な
のだ。不幸なことというべきか、ユーロ圏の存在は大きいというこ
とだ」

(ユーロの価値の下落について)

The main substantive thing for the U.S. economy, I
think, is that we're seeing the euro drop. And that
means that U.S. exports become less competitive.
You know, we are counting on exports as being one
of the drivers of recovery. So, this is not a good
thing.

「米国経済にとって重大なことは、ユーロの価値が下落している
ということだ。そして、それは米国の輸出の競争力が弱くなること
を意味している。我々は経済回復のけん引役として輸出に期待
しているのにも拘わらずである。だから、このことは良いことでは
ない」

We are seeing some -- it's fairly prosaic. This is not -
- this is not a Lehman type, well, the markets come
crashing down. But one of our biggest trading
partners has suddenly, because of its own problems,
become a lot more competitive, and we have
become less competitive.

「我々が直面しているのは、平凡なことなのだ。リーマンタイプの
出来事、つまりマーケットが機能マヒに陥るようなことではないの
だ。しかし、我々の最大の貿易相手が急速に競争力を強化させ
ているのだ。それも彼らの問題のお陰で。そして、我々は競争力
を喪失しているのだ」

And that -- that's not good news for the economy.
It's not 1,000-points-on-the-Dow bad news, but it's
not good news.

「それは経済にとって良いニュースではない。NYダウが1000ポ
イント下げたという悪いニュースではないが、しかし、良いニュー
スではない」

 


 貴方は、ギリシャがユーロ圏を離脱する考え方を支持します
か、どうでしょうか。


 いずれにしても、これでギリシャへの資金支援が終わるという
わけではなく、最低でも債務の繰り延べ、場合によっては元本の
カットや利払いの軽減が行われることになるかもしれません。

 でも、そうした要請に応える余力はまだ今のところ、ヨーロッパ
の銀行にはないということが実態ということなのでしょう。


 ギリシャ支援を巡っては、まだまだ話が続きそうだ、と思う方
は、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 寝ている間、マーケットは大荒れだったようです。

 NYダウは、何と一時1000ドル近くも下げたというのですから。
円ドルも、一時87円台まで円が上昇したと。

 一体何が起きたのかと思ったら、件のギリシャ問題が影響して
いるのだとか‥

 

 ギリシャが危ない
  ↓↓↓
 何とかしないといけない
  ↓↓↓
 ギリシャを救おう
  ↓↓↓
 ドイツやフランスなどに加えて、IMFも融資を決定
  ↓↓↓
 融資を受けるためには、財政再建が前提
  ↓↓↓
 財政再建のために、賃金凍結、年金凍結、ボーナス廃止、さら
に増税
  ↓↓↓
 国民は反発、ゼネストが起こる
  ↓↓↓
 財政再建にクエスチョンマーク
  ↓↓↓
 株価の急落、ユーロの下落


 確かにギリシャ国民が怒りたくなるのも分からないではありませ
ん。給与が凍結されるだけでなく、年金も凍結、それにボーナス
がなくなり、それだけでも大変なのにさらに増税までなわれるな
んて‥。

 しかし、だからといってゼネストを起こして反発しても、何も解決
しないでしょう。そうなれば、現実にデフォルトが起きることが確
実であるからです。5月19日に到来する85億ユーロの国債の償
還にどう対応することができるというのでしょう。

 ただ、それにしても‥

 今回の緊縮財政の内容は、余りにも荒療治だったかもしれませ
ん。もう少し徐々に財政を立て直す方法はなかったのでしょうか。
IMFは他の選択肢はないと言っているのは承知しています。確
かに、今まで収入に見合わない暮らしをしてきたことも事実でしょ
う。

 でも、もし、ギリシャの観光地を抵当に入れるような方法が認め
られるのであれば‥、そうしたことも行った上でもう少し時間をか
けて財政を立て直すようなことを考えれば、国民の反発ももう少
しは和らいだかもしれません。


 ギリシャの肩を持つ訳ではありませんが、フランスやドイツがギ
リシャを支援する理由も、何も善意から来ているのではないことも
事実です。

 ドイツの国民の多くは、何故ドイツがギリシャを助けるのか、と
いう考えを持っていると言います。また、だからこそ、メルケル首
相の対応も遅れがちであったわけです。

 次の数字をご覧ください。PIIGSと呼ばれる国が、どこからお
金を借りているかを示しています。

 ギリシャの債務総額は2360億ドル。そして、そのギリシャにお
金を貸しているのは、第1位がフランス、そして第2位がドイツ‥

 要するに、ギリシャを一時的に助けてあげないと、自分の国の
銀行が大損を被り、またぞろ金融危機が再燃しないとも限らない
からです。しかも、問題はギリシャに限られるわけではありませ
ん。ポルトガルやスペインも心配されるところです。ポルトガルに
火が付けば、ポルトガルに一番お金を貸しているスペインにも飛
び火することは必至で、そうなれば、スペインにお金を貸している
ドイツやフランスにもまた飛び火する‥と。

 

 ギリシャ   債務総額     2360億ドル
          フランスから    750億ドル
          ドイツから      450億ドル
           英国から      150億ドル

 ポルトガル  債務総額     2860億ドル
             スペインから    860億ドル
              ドイツから      470億ドル
             フランスから    450億ドル
             英国から      240億ドル

 スペイン   債務総額    1兆1000億ドル
              ドイツから      2380億ドル
             フランスから   2200億ドル
             英国から     1140億ドル
             イタリアから     310億ドル
             アイルランドから  300億ドル
             ポルトガルから   280億ドル

 アイルランド 債務総額     8670億ドル
            英国から     1880億ドル
             ドイツから    1840億ドル
            フランスから    600億ドル

 イタリア   債務総額    1兆4000億ドル
            フランスから   5110億ドル
             ドイツから    1900億ドル
             英国から      770億ドル
             スペインから    470億ドル
            アイルランドから  460億ドル

  (資料:BIS)
    

 今回の株価の急落は、誤発注が原因になっているという説もあ
るようですが、いずれにしても、ギリシャの政情が不安定である
限り、今後も株価の急落が起こる可能性は否定できないのでは
ないのでしょうか。


 IMFからお金を借りるというのは、大変なことなのだ、と思った
方、クリックをお願いします。
 ↓↓↓
人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゴールデンウィークが終わりましたが、相変わらずギリシャ問題
が市場に影響を与え続けています。やっぱりストライキなどが沈
静化しないと投資家が安心することがないということでしょうか。

 でも、ご承知のとおり、EUとIMFなどは、ギリシャに対し、約14
兆円相当もの資金支援を行うことを決めているのです。

 ギリシャ経済の規模が日本の概ね1/10程度だと考えれば、14
兆円という額は、わが国にとっての140兆円と同じことを意味す
るわけです。これは尋常な額ではありません。でも、投資家は安
心していないわけです。

 少しばかり古い情報になって恐縮ですが、本日は、IMFがギリ
シャ支援について、どのような考え方で臨んでいるのかを探って
みます。

 5月2日にIMFが発表した声明内容をみてみましょう。

 結論から先にいうと、IMFのギリシャ支援は、ギリシャの財政赤
字を確実に削減することが条件となっているようです。 しかも数
値目標がはっきりしているのです。

 財政赤字の規模を3年間で現在の対GDP比13.6%から3%以
下へと約11%ポイントほど引き下げよ! と。

 では、どうやって11%も引き下げることが可能なのか?

 柱は3つ。

 第一は、歳出削減。年金カット、賃金凍結、ボーナスカット、これ
らで5.25%の引き下げに寄与。

 第二は、歳入増強。付加価値税の増税や贅沢品への課税。こ
れらで4%の引き下げに寄与。

 そして、第三に、脱税に対する取り締まり強化など。これらで
1.8%の引き下げに寄与。

 要するに、入るを図って出るを制す。(いるをはかっていずるを
せいす)
 

Greece reached agreement with the International
Monetary Fund (IMF), the European Commission, and
the European Central Bank (ECB) on a focused
program to stabilize its economy, become more
competitive, and restore market confidence with the
support of a €110 billion (about $145 billion) financing
package.

「ギリシャは、ギリシャ経済を安定化させ、そしてもっと競争力を持
つようにさせ、そしてまた、市場の信任を回復させるための1100
億ユーロ(約1450億ドル)の融資プログラムに関し、IMF、欧州
委員会及び欧州中央銀行との間で合意に至った」

Negotiators over the weekend wrapped up details of
the package, involving budget cuts, a freeze in wages
and pensions for three years, and tax increases to
address Greece's fiscal and debt problems, along
with deep reforms designed to strengthen Greece’s
competitiveness and revive stalled economic growth.

「交渉は週末にかけて行われ、合意パッケージの詳細が決めら
れたが、それには予算のカット、賃金及び年金の3年間の凍結、
そして増税が含まれている。これらの措置はギリシャの財政及び
債務問題に取り組むためのものであり、ギリシャ経済の競争力を
強化させ、そして失速した経済を活性化させるための改革案に
沿ったものである」

In Athens, Greek prime minister, George
Papandreou, announced the unprecedented deal,
meant to shore up Greek finances with decisive
upfront measures and prevent a crisis of confidence
from undermining the Greek economy and spreading
to other members of the eurozone and elsewhere.
The measures, representing a break from the past,
aim to bring Greece’s public finances under control
and modernize the Greek economy.

「アテネでは、ギリシャのパパンドレウ首相がこの未曽有の合意
内容を発表したが、それは思い切った対策を前倒しで行うことに
よりギリシャの財政を立て直すためのものである。また、ギリシャ
に関しての疑心暗鬼がユーロ圏の他のメンバー国などに広がら
ないようにするためのものである。こうした措置は、過去との決
別を意味し、ギリシャの財政をコントロール下に置き、そしてギリ
シャ経済を近代化させることを目的としている」

In a joint statement, European Union Economic and
Monetary Affairs Commissioner Olli Rehn and IMF
Managing Director Dominique Strauss-Kahn said they
recognized the sacrifices that will have to be made by
the Greek people, but they were necessary to rebuild
the Greek economy.

「EUの経済・通貨問題担当のレーン委員とIMFのストロスカーン
専務理事は、共同声明のなかで、彼らがギリシャの国民が背負
わなければならない犠牲について理解していることを述べるとと
もに、しかし、そうした犠牲は、ギリシャ経済を立て直すためには
どうしても必要であると述べた」

“We believe that the program is the right thing to do
to put the economy back on track. Importantly, the
authorities have also designed their program with
fairness in mind," they added.

「我々は、このプログラムはギリシャ経済を再び軌道に乗せるた
めに行う必要があるものだと信じる、と彼らは言った」

Improving the business climate

In a separate statement, Strauss-Kahn said that
though the initial implementation period would be
difficult. “we are confident that the economy will
emerge more dynamic and robust from this crisis—
and able to deliver the growth, jobs, and prosperity
that the country needs for the future.”

「また別の声明文において、ストロスカーン氏は、最初の期間は
厳しいものであるが、ギリシャ経済はこの危機的状況から抜け出
し、もっとダイナミックにそして力強く蘇り、我々の将来にとってこ
の国が必要とする成長、雇用、そして、繁栄をもたらすことができ
ると我々は確信していると述べた」

Steps by the government include strengthening
income and labor market policies; better managing
and investing in state enterprises, and improving the
business environment.

「政府が取る措置には、雇用市場政策の強化、国営企業の管理
改善及び、経営環境の改善が含まれている」

Reforms to fight waste and corruption—eliminating
non-transparent procurement practices, for example,
are also being undertaken, along with measures to
clamp down on tax evasion and step up prosecution
of the worst offenders.

「例えば、無駄や腐敗と闘い、不透明な物品購入手続きを除去す
ることも行われつつある。また、脱税の取り締まりや、悪質な脱
税犯の告発を強化することも行われることとなっている」

Subject to reviews

The eurozone will contribute roughly two-thirds of the
total financial assistance and the 186-member IMF
one-third. The IMF Executive Board is expected to
review the package, agreed at mission level, under
its fast-track procedures. It is expected to go to the
Board for approval within the week.

「資金支援総額の約2/3をユーロ圏が分担し、186の加盟国から
なるIMFは約1/3を分担する。IMFの理事会は、交渉団の段階
で合意されたこの支援パッケージを改めて審議することが予定さ
れており、それは第一段階の手続きの一環として行われる。理
事会には一週間以内に送付され、承認を得ることが見込まれて
いる」

IMF support will be provided under a three-year €30
billion (about $40 billion) Stand-By Arrangement
(SBA)—the IMF’s standard lending instrument. In
addition, euro area members have pledged a total of
€80 billion (about $105 billion) in bilateral loans to
support Greece’s effort to get its economy back on
track. Implementation of the program will be
monitored by the IMF through quarterly reviews.

「IMFの支援は、3年間の300億ユーロ(約400億ドル)のスタン
バイ取決め(IMFの標準的な融資制度)の下で供与されることに
なる。加えて、ユーロ圏の加盟国は、総額800億ユーロ(約1050
億ドル)の支援を約束しているが、それは、ギリシャ政府がギリシ
ャ経済を軌道に乗せるための努力を支援するための2国間融資
の形で行われる。このプログラムの実行状況は、IMFにより四半
期ごとに監視されることになる」


Greece’s defining moment

“This is a defining moment for Greece,” said Poul
Thomsen, who heads the IMF negotiating mission to
Athens. “The global economic crisis exposed Greece’s
weak fiscal position. Revenues have declined 
significantly, while spending, especially on wages and
entitlements has risen sharply.

「今は、ギリシャにとって決定的な時である、とIMFのギリシャミッ
ションのヘッドを務めるトムセン氏は言う。世界経済危機は、ギリ
シャの脆弱な財政状況を暴露することとなった。歳入は大幅に落
ち込み、その一方で特に賃金や給付金などの歳出は急増してい
る」

“What the government has committed to is a tough,
front-loaded program that will correct things for the
future, although it will take time. Indeed, it will be a
multi-year effort,” Thomsen explained. “The
authorities have already begun fiscal consolidation
equivalent to 5 percent of GDP and further legislative
action is expected this week. There is also an
emphasis on fairness, with measures to protect the
most vulnerable. The authorities are asking the
Greek people to share the burden fairly across all
levels of society,” he added.

「政府が決断していることは厳しいものであり、また、前倒しで実
行されるものであるが、それらは将来、事態を改善させるであろ
う。ただ、時間はかかる。事実、何年もかかるであろう、とトムセ
ン氏は言う。当局は、既にGDP比5%に相当する財政の整理統
合を開始している。そして、今週さらなる法的な措置も予想されて
いる。もちろん、弱者を守りつつ公正さにも重点が置かれる。当
局は、ギリシャ国民が全ての階層において公正に負担を分担す
るように要請している、と彼は言った」

With Greece’s deteriorating fiscal position came
downgrades of government bonds by rating agencies,
putting pressure on financial agencies. Investors
started backing out of Greek bonds, driving up their
yields. Policymakers also feared a potential spread of
the crisis to other eurozone countries. The IMF’s 
“focused conditionality” aims to tackle the twin issues
of debt and competitiveness.

「ギリシャの財政状況の悪化は、格付け機関によるギリシャ国債
の格付けの悪化を招き、金融機関に影響を及ぼしている。投資
家たちは、ギリシャ国債から手を引き始めており、ギリシャ国債の
利回りが急騰している。政治家たちは、こうしたことが他のユーロ
圏の諸国にも及ぶことを懸念している。IMFの『焦点となっている
コンディショナりティ(融資条件)』は、債務と競争力という双子の
問題に取り組むことである」

Twin challenges

Greece faces a dual challenge. It has a severe fiscal
problem with deficits and public debt that are too
high; and it has a competitiveness problem. Both
need to be addressed for Greece to be placed on a
path of recovery and growth.

「ギリシャは二重の難問に直面している。債務が巨額に上るとい
う厳しい財政問題があり、その一方で国際競争力の面でも問題
がある。回復を果たし成長を遂げるには、その2つの問題に取り
組む必要がある」

First, the government’s finances must be sustainable.
That requires reducing the fiscal deficit and placing
the debt-to-GDP ratio on a downward trajectory.
Since wages and social benefits constitute 75 percent
of total (non-interest) public spending, public wage
and pension bills—which have grown dramatically in
recent years—have to be reduced. There is hardly
any other room for maneuver in terms of fiscal
consolidation.

「第一に、財政は、持続可能なものでなければならない。そのた
め、財政赤字を削減して、対GDPの財政赤字の比率をもっと引
き下げることが求められる。賃金と社会保障関係費が、総支出
(国債の利払い費を除く)の75%を占めていることから、近年急
増した公務員給与や年金の支払いは削減されることが必要であ
る。財政の整理統合という観点からは、他の手段は殆ど考えら
れない」

Second, the economy needs to be more competitive.
This means pro-growth policies and reforms to
modernize the economy and open up opportunities
for all. It also means that costs must be controlled
and inflation reduced so that Greece can regain price
competitiveness.

「第二に、ギリシャ経済は、もっと競争力を強化する必要がある。
このため、成長志向の政策と、経済を近代化し、全ての者に対す
る開放化政策が求められることになる。また、ギリシャ経済が価
格競争力を取り戻すために、コストが管理され、そしてインフレ率
を引き下げることが求められる」


Rigorous fiscal adjustment

With the budget deficit at 13.6 percent of GDP and
public debt at 115 percent in 2009, adjustment is a
matter of extreme urgency to avoid the debt
spiraling further out of control. Accordingly, the
Greek government plans to implement rigorous fiscal
measures, far-reaching structural policies, and
financial sector reforms. Key elements of the reform
package are:

「2009年においては、財政赤字はGDPの13.6%であり、また、
公的債務残高はGDPの115%であるので、借金が雪だるまのよ
うに膨張しないようにするために、調整措置が緊急の課題とな
る。従って、ギリシャ政府は、厳しい財政措置や広範囲の構造政
策、さらには金融政策の改革に取り組む計画である」

• Fiscal policies. Fiscal consolidation—on top of
adjustment already under way—will total 11 percent
of GDP over three years, with the adjustment
designed to get the general government deficit under
the 3 percent level by 2014 (compared with 13.6
percent in 2009).

「財政政策。調整措置の第一は財政の整理統合であり、これは
既に実施されており、向う年間でGDPの11%に相当する額とな
る。そしてまた、2014年までに一般財政赤字の水準をGDP比
3%以下にすることを目指す(2009年は13.6%)」

• Government spending. Spending measures will
yield savings of 5 ¼ percent of GDP through 2013.
Pensions and wages will be reduced and frozen for
three years, with payment of Christmas, Easter, and
summer bonuses workers abolished, but with
protection for the lowest-paid.

「政府歳出。歳出面での措置により、2013年までにGDP比で
5.25%の節約を生みだすこととされている。年金はカットされ、
そして賃金は3年間凍結される。また、クリスマスやイースター、
また夏に支給されるボーナスは廃止される。但し、最低所得者の
保護措置は取られる」


• Government revenues. Revenues measures will
yield 4 percent of GDP through 2013 by raising value-
added tax, and taxes on luxury items, and tobacco
and alcohol, among other items.

「政府の歳入。歳入は、向こう3年間でGDP比4%相当の資金が
生み出される。付加価値税の増税や贅沢品やタバコ、アルコー
ルなどへの課税によって」


• Revenue administration and expenditure control.
The Greek government will strengthen its tax
collection and raise contributions from those who
have not carried a fair share of the tax burden. It will
safeguard revenue from the largest tax payers. It
will also strengthen budget controls. The total
revenue gains and expenditure savings from these
structural reforms are expected to gradually total 1.8
percent of GDP during the program period.

「歳入管理と歳出管理。ギリシャ政府は、徴税態勢の強化を行
い、公正な納税義務を果たしていない者からの徴収額増大に努
める。また、最大の納税者からの歳入を保護することになる。予
算の管理も同じく強化する。こうした構造改革から期待される増
収額と歳出の節約額の合計は、このプログラム実施期間におい
てGDPの1.8%相当分に達すると見込まれる」

• Financial stability. A Financial Stability Fund, funded
from the external financing package, is being set up
to ensure a sound level of bank equity.

「金融安定化。外部の金融パッケージから資金が出される金融
安定化基金が創設されつつあり、これによって銀行の出資を健
全なレベルに保つことが期待される」

• Entitlement programs. Government entitlement
programs will be curtailed; selected social security
benefits will be cut while maintaining benefits for the
most vulnerable.

「社会保障プログラム。政府の社会保障プログラムは、削減され
ることになる。弱者に対する利益は守りつつも、社会保障経費は
削減されることになる」


• Pension reform. Comprehensive pension reform is
proposed, including by curtailing provisions for early
retirement.

「年金改革。総合的な年金改革が提案されており、それには、早
期退職者に対する給付のカットが含まれる」

• Structural policies. Government to modernize
public administration, strengthen labor markets and
income policies, improve the business environment,
and divest state enterprises.

「構造政策。政府は、管理部門の近代化及び労働市場の強化、
経営環境の改善、そして政府関係企業の民営化を行う」

• Military spending. The plan envisages a significant
reduction in military expenditure during the period.

「軍事支出。この計画には、プログラム実施期間中における軍事
費の相当の削減を想定している」

“The fiscal adjustment is large,” said Thomsen, “but
given the starting point, where there is significant
space to trim expenditure and spread the tax burden,
the measures are feasible and hence we see them as
being durable. The alternative would be much worse
for the Greek people and the Greek leaders know
that.”

「財政調整策は大規模なものであるが、それがスタート台にな
り、支出を削り、そして税収を基盤を拡げるものである。こうした
措置は実現可能なものであり、耐え得るものであると考える。こう
した措置を取らない場合には、ギリシャの国民にとって非常に悪
い事態となり、そのことについてギリシャのリーダーたちは分かっ
ている、とトムセン氏は言った」

 

 いずれにしても、今回の資金支援は、IMFやユーロ加盟国から
のプレゼントではありません。あくまでも融資であり、約5%ほど
の利子がつくというのです。

 取り敢えずこれで資金繰りはつくでしょうが、抜本的な解決はま
だまだこれからだということになるでしょう。


 ギリシャ問題が落ち着くには、数年はかかるのではないでしょう
か。

 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 昨日は、ゴールドマンサックスが顧客にクソ商品を売りつけてい
るという話でしたが、ヨーロッパの方では、ギリシャ国債の格付け
が引き下げられ、ジャンクボンド並みになったのだとか。もう少し
分かりやすく言えば、ギリシャの国債はクズ扱いなのだ、と。

 先日、2年物ギリシャ国債の利回りが13%台になったと言いま
したが、28日には38%台まで上昇したとか。この水準は、我が
国の利息制限法の上限を遥かに超えたレベルにあるのですよ
ね、どうでもいいけど‥

 ということで、ギリシャの財政問題が世界経済に大きな波紋を
投げかけています。

 フランスやイタリアなどは、ドイツがぐずぐずしてギリシャを助け
ないから事態を悪化させていると非難しているようですが、ドイツ
からすれば、その国の国債が紙くず扱いされているようなギリシ
ャを助けようとしても、果たして大丈夫なのかと二の足を踏むの
は当然と言えば当然。

 少なくても、ギリシャが財政再建に向け真摯に努力するという証
拠を示してもらわないことには‥、と考えているわけです。

 そしてIMFの方も、幾らギリシャを支援したいとは思っても、ギリ
シャ自身が、信頼のおける経済再建プランを策定しない限り、ギ
リシャを支援することはできないのです。

 では、ギリシャは、暫くの間、耐乏生活を送ることになるのか?

 しかし、ギリシャでは、連日のようにストライキが起きています。
国民は、国が行っている給与カットなどに猛烈に反発していると
いうわけです。

 つまり、国民の側は、緊縮財政には大反対だ、と。まあ、それも
少しは分からないではありませんが‥、でも、そうした態度をとれ
ばとるほど、ギリシャに対してお金を貸そうとする投資家はいなく
なる、と。

 国民が、生活条件を切り下げられるのは嫌だ、と言えば言うほ
ど、生活は苦しくなると。その反対に、少しくらい我慢しないとい
けないのだ、と少しでも早く気が付けば気がつくほど、今の状態
から早く脱却できる、と。

 そういうことを教えて上げる人は、どこかにいないのでしょうか。

 そもそも、ギリシャは、その財政事情からすれば、ユーロ加盟国
にはなることができなかったわけです。つまり、借金が多くて、基
準となる条件を満たしていなかった、と。それをゴールドマンのよ
うな投資銀行の悪知恵を借りて、財政状況を偽装した上でユーロ
加盟を果たしたのだ、と。で、ユーロに加盟したお陰で、実力以
上に、相当に有利な条件でこれまで国債を発行することが可能
になっていた、と。

 つまり、ギリシャの国民も、アメリカのサブプライムローンの利
用者と同じように、本来の実力以上の生活をこれまで送ってき
た、ということなのです。そして、バブルが弾けたというわけです。

 しかし、そのこと自体にまだギリシャの国民は気が付いていな
い、と。

 ギリシャは、5月19日に、110億ドル相当のお金が必要になる
と言います。つまり、その時までにお金を用立てることができない
と、本当にデフォルトになる恐れがあるのです。


 国債の利回りが38%とは驚いた、という方、クリックをお願いし
ます。
 ↓↓↓

人気ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ