経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: 菅総理

 海江田大臣が、時期が来たら責任を取ると言っています。で、多くの人が菅総理を責める訳です。
今になって梯子を外すような真似をして‥と。

 本当に困ってしまう菅総理です。そんなことでは誰もついてこないでしょう。しかし、悲しいのは民
主党の議員です。本当ならクーデターでも起きそうなところですが、もし今そんなことをすれば、被災
地はどうなってもいいのかと、国民から非難されるのが必至だからです。それに、仮に国民から非
難されることがなくても、次期総理を狙うためには、スムーズに総理の座を譲ってもらう方が得策で
あろう‥なんて考えている人もいるからです。

 それはそれとして‥

 確かに、言うことがころころ変わったり、何を考えているか分からない菅総理が批判されても仕方
がない面はあるものの‥では、海江田大臣の今回の行動は全て支持できるものであるのかといえ
ば‥??

 玄海原発の問題は、福岡に住む私にとっての問題でもある訳です。

 でも、どうして原発は、こんなことを言っては地元に人に失礼になるとは思いますが、お金のなさそ
うな辺ぴなところにばかりあるのでしょうね。決して福岡市には存在しない。東京にも存在しない。横
浜に大阪にも存在しない。都会から離れた小さな町に‥

 そういうところは何かと都合がいいのですよね。土地は安いし、地元の人々も素朴だし‥、お金で
方が付くことも多いし‥

 まあ、作ってしまったものをどうこう言うつもりはないのです。ですが、5重の壁で守られている筈の
原発がメルトダウンを起こし、放射能が遠くまで飛び散ってしまった訳なのです。

 それが現実。そして、未だにこの先の見通しも立たない。

 そうであるにもかからず、海江田大臣が佐賀県にやってきて、県知事と会談した。
 私も含めて、多くの人が関心を持ったと訳です。でも、大臣のいうことは、安全だからの一点張り
で、具体的な話は何もなし。私には、何故安全だと言うのか、その理由が未だに分からないので
す。逆に、どこが危ないのかも分からない。しかし、福島原発がああなった以上、電力会社や経産
省の言うことをそのまま信じるなんてこともできないのです。
 いずれにしても、大臣が東京から佐賀に来て安全だと言ってくれると、動かし易い、と。

 私には、県知事の態度もどうも解せなかった訳です。まあ、この知事常識的で、頭も聡明に見える
のです。しかし、この原発の件については先に結論ありきで、「原発を再稼働させない訳にはいかな
いだろう」というように見えてしまうのです。
 というのも、安全だ、安全でないという線引きをどこでするのかという絶対的な基準などないからで
す。だったら、後は自分が責任を取らないようにしなければ‥ということで、アリバイ工作をしたよう
にしか見えないのです。つまり、国が安全を保証してくれれば、決して県の責任になることはないか
ら‥ということで、国に責任を転嫁しようとしたことです。

 で、電力会社と一蓮托生の経産省は、当然原発を再開したい訳ですから、「安全だ」と大臣に言わ
せようとした訳です。

 しかし、ご承知のように総理が待ったをかけたのです。ストレステストで安全性を確認すべきでは
ないのか、と。
まあ、この段階になって、総理からそんなことを言われて、海江田大臣は面子は丸つ
ぶれ。
海江田大臣は安全だと言い、その一方で、総理は安全かどうかの判断はストレステストをし
てみないと何とも言えないと言っているのです。

 では、果たして安全なのかどうか?

 答えは、安全と言えば安全、しかし、安全でないと言えば安全でない、これが正解です。

 つまり、どこまで行ってもも、どれだけテストをしても、どこの第三者がチェックをしても、絶対に安全
だということはできないのです。

 つまり、「安全」の定義がはっきりしていないから、議論が進まない。従って、後は好き嫌いの問題
になってしまう。

 本当は100%安全などということはないのです。そして、そのことは奇しくも今回の福島原発の事
故で証明された訳なのです。実際に事故が起きた訳ですから、幾ら電力会社や政府が安全だとい
っても、それは100%の安全ではない、と。で、そのことは、経産省の人間は十分認識しているので
す。100%安全などということはない。100%の安全を求めたら、どれだけお金をかけても限度がな
い。

 しかし、そうはいっても、国民に説明するときには必ず「安全」だ言うのです。さも100%安全である
かのように言わないと、国民が無用な心配をしてしまうからだ、と。本当は無用ではないのですが‥

つまり、本来は99.99%の確率で安全ですとか、99.5%の確率で安全ですとか、97%の確率で安全
ですと言う必要がある訳です。しかし、繰り返しになりますが、そんなことを正直に言えば、寝た子が
起きる、と。

 まあ、電力会社と経産省はそんなことを考えている訳です。つまり、国民に正直にありのままのこ
とを伝えても理解はできないのだし‥そして、自分たちはどうしても原発を推進したいのだから‥だ
から、放送局に偽装のメールを送らせるようなことも平気でできてしまう訳なのです。

 ですから、原発の安全性について議論をするというのであれば、何パーセントの確率で安全だと
か、或いは、どこの国と比べて安全かとか、国内の原子力発電所のなかで何番目に安全だとか、そ
んな議論をしないと余り意味がないのです。

 いずれにしても、もし玄海発電所が安全だというのであれば、そこに本社機能の一部を移すとか、
或いは会社の研修所や会議室をそこに併設するなどして、たびたび会社の役員がそこを訪れ寝泊
まりしてくれるような担保を講じてくれれば、その方が数値で安全性を示されるよりももっと安心でき
るというものです。

 そうした措置を取ることのできる電力会社はないのでしょうか?


 電力会社は、地域のお殿様企業だから‥何て思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 与党野党問わず、多くの人が辞めて欲しいと思うのに辞めない菅総理。でも、菅さんが辞めざる
を得ない理由があるのです。

 「外国人の政治献金?」

 そんなせこい話ではありません。

 「閣僚が全員辞表を出す?」

 もちろん、それができれば直ぐ辞任です。しかし、それはできない。何故、できないか? だって、
菅総理に総理の座を禅譲してもらいたいと考えている人が多いからです。
 ですから、菅さんに文句があれば、辞めればいいのですが、辞めることまではできない。

 で、このままだと、菅さんの勝ちになりそうなのですが‥しかし、菅さんに総理でいられるのが嫌で
あれば、何故国会で総理に質問するのでしょう? 
そう思いました。
 国会を毎日開かせる。そして、いろいろ質問する。当然総理は自分に対する質問だと思う。嫌だ
な、と思う。担当の大臣に答えさせようと思う。
ところが、全然総理に対しての質問がない。そんな状
態がずっと続いたらどうでしょう?

 「私は一体総理なの?」
 要するに、総理に質問することなく、ずっと国会を開けばいいのです。That's all 
 しかし、本当に
中華料理屋さんが好きですね。

  悪いことは言わないから変わるべきだ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 浜田和幸議員と言うのが、総務政務官に起用されたそうですが‥どうもよく分かりませんね。とい
うのも、この人自民党の議員であるからです。で、政務官に就任するために、自民党を離党したの
だとか。

 政務官って、そんなに魅力のあるポストなのでしょうか? それに、この人の経歴をみたら、政治
家というよりも学者というか評論家というか‥そんな方であるのです。

 そういう人が、この際是非とも必要だったのでしょうか?

 でも、そんなやり方に、野党だけではなく与党も反発しているのだとか。安住国対委員長などは、
自民党側に「申し訳ない」と陳謝した、と。

 総理のやったことを国対委員長が陳謝する?

 まあ、いずれにしても、そんなことをしていれば、野党は益々反発するばかり。だったら、総理は重
要法案が成立しなくてもいいと考えているのでしょうか?

 その答えをお示しする前に‥松本龍大臣が、うつむき加減で言っています。「私は、民主党も自民
党も公明党も嫌いだ」

 復旧・復興のために一致団結することのできない政治家を嘆いているようなのです。総理とは随
分趣が違うのです。

 総理を少しでも長くやりたい。犬死には決してしない。今度はこの作戦でいくぞ!と。で、他方は、
こんなときに一致団結することのできない政治家であれば、何のための政治家なのだ、と。

 話は戻りますが‥、菅総理は、重要法案が成立しなくてもいいと考えているのか?

 私思うのですが、どっちに転んでもいいようなストーリーを描いているのではないか、と思うので
す。重要な法律や予算が通れば、総理としての一応の実績を残したことになり、花道を飾れる、と。
また、なかなか法律が通らなければ、いつまでも総理の座にいることができ、それはそれで悪くな
い、と。

 でも、Xデーが来るのです。そうです、赤字国債が発行できないことによって、政府の資金繰りが付
かなくなるその日のことです。つまり、政府が財政破綻を来たす日が。

 菅総理は、必ず自民党が最後には折れると読んでいるのです。何故ならば、自民党が最後の最
後まで反対して政府を破綻に追い込んでしまえば、全ての責任は自民党に押し付けられるからだ、
と。

 だったら、何も特例公債法案と引き換えに自分の首を差し出す必要はない、と。逆に言えば、Xデ
ーが迫るまでは、自民党もなかなか特例公債法案に賛成しないだろうから、それまでは自分は総理
の座に居座ることができる、と。

 でも、ひょっとして総理に早く辞めてもらいたいと考えて、特例公債法を直ぐにでも通してしまった
ら?

 だから、浜田議員を引き抜いたりして、自民党が直ぐには特例公債法に賛成しにくいようにしてい
るのかもしれません。

 完全に、自分本位ということでしょう。

 でも、そこまでして‥何かいいことがあるのでしょうか?

 小泉総理は言っていました。総理なんて、なってみたらそれほどいいものではない、と。でも、菅総
理は、総理ほど素敵な職業はないとでも思っているかのようなのです。

 こりゃあかん、と思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 国会の会期延長が何日になるとか、総理が辞めるとか辞めないとか、まあ、私からしたら、段々
関心がなくなってきている訳です。

 「ダメダメ! 国会を開いて仕事をしないと」

 そう言えば、最近、こういうときは通年国会でもいい、なんて台詞をよく聞くようになっています。

 通年国会?

 まあ、事情をよく知らない国民を欺くために「通年国会」なんて言葉を使うのであればいざしらず、
凄い真面目な顔をして、本人もその気になってそんなことを言っているのを聞くと、いささか白けてし
まいます。

 国会で議論をしたり議決に参加することだけが政治家の仕事なのか?

 決してそんなことはないはずです。特に、閣僚の面々は。国会に出席しなくても、各省庁の大臣と
して大切な仕事があるはずです。否、大臣でなくても、地元の状況を視察したり(真剣な視察です)、
いろいろなことを調査したり、或いは法案を作ったり、或いは地元の人の陳情を聞いたり(真剣な
陳情です)‥

 似たようなことは会社の経営陣についても言えるのです。会社に出勤していない日は、完全にゆ
っくりとできるのか? もちろん、のんびりと休養を取ることもあるでしょうが、家に帰ってからも相変
わらず仕事関係の情報を集めたり、或いは部下から仕事で電話がかかってくることもあるでしょう。

 逆に、通年国会にするなんてことをしたら、本来すべき仕事の時間がとれなくなってしまうことすら
あるでしょう。
 それでいいのですか?

 結局、国民のなかには、政治家は国会にいるときしか仕事をしていないように思っている人がい
るということが‥はっきりいえば、国会にいても眠っている人もいるわけですし、携帯をいじっている
人も。

 要するに形にとらわれてはいけない!

 「でも、国会を開かないと、必要な法律が成立しない」

 だったら、さっさと必要な法律を通しなさい!

 法律は通さないでおいて、国会を開いていても意味ないじゃん!

 特例公債法案は本当に成立するのでしょうか? いつも言っているように、時間切れになると、日
本政府は破産になってしまいます。

 私、思うのですが、野党が最後の最後まで特例公債法案の成立に反対するというのであれば、そ
れならそれで‥つまり、政府が破産するという事態になっても止むを得ないというのであれば、それ
はそれで筋が通っていると思うのです。

 そして、もし野党がそこまで一貫していれば、与党の方でも大いに譲歩をし、マニフェストなんて、こ
の際全てゼロにしてしまう位のこともするでしょう。

 しかし、与党の方は、特例公債法案にはいずれ野党も賛成せざるを得ないと読んでいる訳です。
何故ならば、その法律を成立させなければ赤字公債が発行できず、そうなると政府はいろいろな支
払いに事欠き、それどころか自分たちの歳費も支給されなくなってしまうからなのです。

 そんなことを野党が認める筈がない。そんな事態を引き起こしたら、国民に多大な迷惑をかけるこ
とが必死であるので、そんな野党は解党に追い込まれてしまうでしょう。

 つまり、8月か、9月か、或いは10月かは知りませんが、最後の最後には野党も特例公債法案に
賛成する筈だ、と今の政権は考えているのです。そして、だからこそ結構強気でもいる訳です。決し
て自分の首と引き換えに特例公債法案を通して下さいとは言わない。そんなことをいうのは周辺の
人だけです。本人は言わない。そんなことを言わなくても、いずれ野党は折れるであろう、と。

 で、肝心のXデーが何時になるのかを恐らく財務省に予測させ、そうした情報を握っていると思う
のです。

 「9月の○○日まではもつのか」

 「いえ、そう思われても‥」

 「だって、その日までは資金繰りが続くのだろう?」

 「でも、ある程度の余裕を見ておかないと、予想のできない出費が発生することもありますので‥」

 「それはそうだが‥」

 ということで、自民党の方も何時まで反対を続けるか、そして、総理も何時まではつっぱっておくこ
とができるかを頭の中で計算しているのです。

 突っ張りあい!


 しかし、そんなことを政治家がしていていいのでしょうか? もし、Xデーの見込みが食い違ってし
まったら? 

 政府は破産!

 与党も野党も、特例公債法案を巡って相撲を取るようなことをするのではなく、例えば、エネルギ
ー政策を今後どうするかとか、東電の救済をどう進めていくのかとか、被災地のがれきをどう処理
するのかとか、そんなことで大激論をしてもらいたいものなのです。


 財務省はXデーが何時ごろか、国民に説明すべきだと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 
 

 ここまで菅総理に対する批判が起きている訳ですから、私が付け足すことも殆どないのかも
しれませんが‥

 菅総理が、先日、Kizuna と題するメッセージを世界に向けて発信しましたね。それについ
て、少しコメントしたくて、官邸のホームページにアクセスしたのですが、アクセスすると、真っ
先に大きな文字が目につきました。

「東日本大震災への対応
 重要な最新情報がありますのでここをクリックしてください」

 そうですよね。福島第一原発の危険度が一気に7に引き上げられたことでもありますし‥
で、クリックをすると‥


■福島原発・放射能関連情報はこちら

●福島第一原発事故の暫定評価について(INESでレベル7に該当)
 原子力安全・保安院は、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東
  京電力(株)福島第一原子力発電所の事故・トラブルに対するINES評価について、3月18
 日以降に得られた情報を踏まえ、レベル7と暫定評価しました。ただし、放射性物質の放出
 量は、同じレベルのチェルノブイリ事故の1割程度です。詳しくは こちら

【Q&A】 レベル7の意味について


 で、「こちら」と書かれているところをクリックすると‥

 福島第一原発事故の暫定評価について(INESでレベル7に該当)
 ●原子力安全・保安院は、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東
 京電力(株)福島第一原子力発電所の事故・トラブルに対するINES評価について、3月18
 日以降に得られた情報を踏まえ、レベル7と暫定評価しました。ただし、放射性物質の放出
 量は、同じレベルのチェルノブイリ事故の1割程度です。詳しくはこちら


 と書いてあるので、また、「こちら」と書いてあるところをクリックすると‥経済産業省のホー
ムページとなり、次のようなことが書いてある訳です。

本件の概要
平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東京電力(株)福島第一原子
力発電所の事故・トラブルに対するINES評価について、3月18日以降に得られた情報を踏
まえ、レベル7と暫定評価しました。
ただし、放射性物質の放出量は、同じレベルのチェルノブイリ事故の1割程度です。

(中略)

発表資料名
東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故・トラブルに対するINES
(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用について(PDF形式:220KB)
【参考】原子力施設等の事象の国際評価尺度(PDF形式:135KB)


で、その資料を見ようとクリックすると‥

東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故・トラブルに対するINES
(国際原子力・放射線事象評価尺度)の適用について

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震による東京電力(株)福島第一原子
力発電所の事故・トラブルに対するINES評価について、3月18日以降に得られた情報を踏
まえ、レベル7と暫定評価しました。
ただし、放射性物質の放出量は、同じレベルのチェルノブイリ事故の1 割程度です。

1.INESについて
INESは、国際原子力機関(IAEA)及び経済協力開発機構の原子力機関(OECD/NEA)
が、原子力施設等の個々の事故・トラブルについて、それが安全上どのような意味を持つも
のかを簡明に表現できるような指標として策定し、1992年3月に加盟各国に提言したもので
す。我が国においても、1992年8月1日から運用を開始しています。

2.東北地方太平洋沖地震による東京電力(株)福島第一原子力発電所の事故・トラブル

東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故・トラブルについては、3月18
日にその時点で得られている情報での暫定的な評価(レベル5)をお知らせしていますが、今
般、原子力安全・保安院においては、原子力安全基盤機構(JNES)の原子炉の状態等の解
析結果から試算を行い、福島第一原子力発電所の原子炉から大気中への放射性物質の総
放出量をまとめたところ、表に示すとおり、INES評価のレベル7に相当する値※となっていま
す。

※ 放射線影響としてヨウ素131と等価となるように換算した値として数万テラベクレル(101
6ベクレルのオーダー)を超える値。

また、原子力安全委員会において進められている大気中への放射性物質の総放出量の推
定的試算の現段階での結果がとりまとめられました。この試算は、ヨウ素131とセシウム
137について、モニタリングの測定結果から逆算により福島第一原子力発電所全体の放出
量として求められており、INES評価は同じくレベル7に相当する値となっています。

 (以下省略)


次に、「レベル7の意味」というのをクリックすると‥

Q:より深刻な事故になったということですか?

A:違います。
今回の発表は、新たな事態の発生を意味するものでは全くありません。今回、原子力安全・
保安院及び原子力安全委員会がこれまでの解析結果や周辺地域の放射性物質測定値から
逆算して、事故現場での放出量を推定したものです。つまり、「レベル7になった」のではなく、
「レベル7であることがわかった」というのが正確なところです。

Q:チェルノブイリと同じ深刻度の事故ということですか?

A:違います。
事故発生以来の放射性物質の総放出量で比較すると、現時点で、今回の事故はチェルノブ
イリ事故の時の約1割です。た だ、原子力施設事故の指標として用いられている「INES評
価」という物差しでは、レベル分けは「7」までしか分類が無いため、福島もその10倍のチェル
ノブイリも同じランクに入ってしまうということです。


Q:放射性物質放出の仕方も、チェルノブイリとは違うのですか?

A:はい、違います。
チェルノブイリでは、原子炉が爆発した後、大規模な火災が発生し、多量の放射性物質が広
範囲に拡散しました。福島では、水素爆発があったものの、原子炉本体ではなく、その外部
であり、大規模かつ継続的な火災はありません。ただ、放射性物質の放出が爆発的ではな
いかわりに、持続的である点は、留意しなければなりません。つまり、放出が止められるまで
は、積算量は少しずつ増えてゆくという状態です。長期的な監視や、計画的な対応が必要と
なります。


 合計5回クリックしてこれだけの内容です。重複が多過ぎる。それに国民が知りたことに答
えていない。

 「より深刻な事故になったということですか?」と聞いているのに、レベル7になったのではな
く、レベル7であることがわかったのだ、と。

 「私はガンなのですか? 状況が悪化しているのですか?」

 「いや、今回状況が悪化したということではありません。ガンになったというのではなく、ガン
になっていることがわかったというのが正解です」

 貴方が患者さんなら、直ぐ病院を替わるでしょうね。今の日本政府、総理がやっていること
はこれと同じことなのです。

 とにかく心がこもっていない。怯えている。現実を直視できないでいる。だったら、何故リー
ダーのポジションにとどまろうとするのか?

 Kizuna という題のメッセージにしても、一体、誰に読んでもらいたくて、ホームページに掲
載しているのでしょう。外国の人々が、官邸のホームページを訪れるなんてそれほどないの
ではないでしょうか。

 本当にお礼を言いたければ、それぞれの国の代表に手紙を書くか、それぞれの国の新聞
にメッセージを掲載するようなことをしなければ、気持ちは伝わらないでしょう。

 つまり、「○○国の皆さんに」とか、宛名を書いて‥

 で、このKizunaの最後には、署名したあと、A friend in need is a friend indeed
(まさかのときの友こそ真の友)と書いてあるのです。

 私これをみて思いました。

 A prime minister in need is a prime minister indeed

 「まさかのときの総理こそ真の総理」

 どんなに苦しいことも、国民とその苦しみを分かち合うから真の総理と言える訳ではないの
でしょうか。 

 総理と国民の間には、大きな距離が開いているようにしか見えないのです。


 

 総理は、可能な限り早く交替すべきだ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 放水しなければ処分すると発言した海江田大臣は、「消防の方が本当に不快な思いをされ
たのであれば申し訳なく思う」と釈明しています。

 本当にどうなっているのでしょうね。第一、海江田大臣は経済産業大臣であり、消防に指揮
する権限はないはずです。それに、仮に消防の力を借りなければいけないとしても、海江田
氏が経済の専門家だというなら、そんな脅しみたいなことを言わずに、協力してくれる隊員に
は、危険手当としてボーナスを10倍出すとから‥なんて言うべきなのです。やっぱりこの人経
済の専門家ではないのですよ。

 それはそれとして‥、枝野官房長官が記者会見で、東日本大震災を受けて被災者生活支
援各府省連絡会議を開くと言っていました。どう思います?

 「どう思うって?」

 これ、事務次官を集めての会議です。事務次官といえば、民主党は事務次官会議を廃止
しただけではなく、事務次官のポストもいらないとさえ言っていたわけなのです。それが、もう
にっちもさっちも行かなくなって、実質的な事務次官会議の復活になったと言う訳なのです。

 結果としては、私も賛成。だって、私自身がそう提言していたからなのです。でも、少しばか
り苦言を呈したい。そうして官僚を巧く活用することは大いに結構であり、また、必要なことで
もあるわけですが、その前に、自分たちの言ってきたことしてきたことを率直に反省したら如
何でしょうか。うやむやのうちに事務次官会議を復活されるつもりなのでしょうか。

 事務次官会議は不要だと言ってきた人々は、釈明すべきです。

 でも、「事務次官が出席するといっても、従来の事務次官会議とは違う」みたいな言い訳を
するかもしれませんね。否、何か屁理屈をつけるでしょう。だって、天下りの問題にしたところ
で、天下りよりもさらに性質の悪い、現役の民間出向まで認めた人たちなのですから。

 それに、今日本中が注目している東京電力に経産省の元官僚が天下りしたのもまだ古い
話ではありません。

 それに天下った人は、資源エネルギー庁の前長官であり、言ってみればまさに
conflict of interest 、利益相反が起こるケースであるのです。具体的に言えば、許認可権
を持つ人が、許認可を受ける企業に移籍するということです。そんなことでは中立的な許認
可が行える筈がないでしょう。何故ならば、監督する方は、監督される方の後輩に当たるか
らなのです。

 私、思うのですが、今回の福島第一原発の事故が発生した背景には、そうした役所の風土
が色濃く影響していると思うのです。本当だったら、東電をもう少し厳しく指導監督することが
可能だったかもしれないのです。そうしたら、仮に原子力発電所を作っても、こんな事態には
ならかったかも。

 誤解のないように言っておきますが、私が事務次官会議を復活した方がいいというのは、
何も官僚の肩を持つからではなく、単にその方が効率的に仕事ができると思うからなので
す。こういっては何なのですが、幾ら副大臣や政務官の数を増やしても、それでどれほどの
効果が期待できるというのでしょうか?

 それに、議員さんたちは、よっぽど専門家であるというのなら別ですが、大臣のポストなど
基本的には求めない方がいいと思うのです。そうではなく、あくまでも議員として活躍する。
或いは委員会の議長のポストを目指すような方がいいように思える訳なのです。で、その道
に精通して、官僚よりも頼られるようになれば、大臣になればいい、と。どうもポストばかり求
める議員が多くて困ります。

 あの岡田氏までもが、こんな非常事態になったから、さらに大臣や副大臣等のポストを増や
したい、何て言っていましたが‥呆れてしまいます。

 それに記者会見の件も‥

 皆さん、ご承知でしょうが、以前は各省庁の大臣の記者会見というのと事務次官の記者会
見がどちらも定例で行われていたわけですが、現在は、事務次官は黙っていろと言われて、
会見は行われていないわけです。

 もちろん、官僚が政治家をコントロールするようなことはあってはならず、その意味では官
僚が下働きに徹することは悪くはないのですが、官僚が喋っていけないというものではない
のです。だって、政治家の専門知識なんて、概して大したものではないので、官僚の助けが
なくてはまともな答弁は殆ど期待できないからなのです。だから、技術的なこととか専門的な
ことは、どんどん官僚に答弁させればいいのです。

 で、政治家もそれを承知しているからこそ、典型的な例では、例えば、地震や津波の記者
会見では、官僚というか専門家に任せ切っているわけです。それはそうですよね。そんな席
で幾ら政治家が偉そうに話をしようとしても、誰もまともに聞こうとしないでしょう。

 では、今国民が注目している原発事故の記者会見については、どうでしょうか?

 こちらの会見も、官房長官が記者会見する他は、保安院の上にある経産省の大臣が
会見をする訳はないのです。何故でしょう?

 これも、気象庁と同じことで、その道の専門家に任せた方がいいということでしょう。

 文化系の大臣の言うことよりも、理科系の専門家の言うことの方が説得力がある?
 
 で、そうなると、鳩山総理の時代を思い出す訳です。当時の文部科学大臣が言いました。
「総理は理工系、菅さんも理工系、私も理工系。つまり、この内閣はおりこうさん内閣だ」

 本当のおりこうさんは、自分のことをおりこうさんだなんて言わないと思いますが‥

 それはそれとして、その今注目の保安院の記者会見なのですが‥、もう毎日見ているせい
で顔をしっかり覚えてしまいましたよね。ただ、今中心になって会見に応じている人は、事故
直後に登場した人ではありません。確か、その前に2人ほど登場したのですが、どうも世間と
いうか上司というか官邸のというか、受けが良くなかったらしくて、交代したみたいであるので
す。

 では、現在の人は、大変真面目そうな雰囲気の方なのですが‥、その道の専門家なのでし
ょうか? 以前の2人は確か技官の人たちで、謂わば専門家だったようなのですが、実は、
今度の人は、何と東大法学部の出身で、海外に留学した典型的なエリート官僚のようなので
す。つまり、原子力の専門家ではないのです。

 何を言いたいのかといえば、そんな文系の人間を急に他の部署から引っ張ってきて、今記
者会見をさせている訳です。だったら、当然のことながら、文系出身の政治家でも記者会見
が可能なのではないでしょうか。それに先ほど触れたように理系出身の議員も大勢いること
ですし‥

 何故、そんな門外漢に専門的な会見に応じさせているのでしょう?

 もし、それを認めるのであれば、この際、政治家の力量不足を素直に認めて、その上で出
直すべきではないのでしょうか?


 今の内閣のやっていることは訳が分からんという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 今、日本は危機的状況にあります。第一線では、命を懸けて闘っている人たちがいます。そ
の人たちに感謝したいと思います。

 ただ、よく考えたら、今回の災害で死んでしまったり、行方不明になってしまった人々が1万
人以上もいる訳です。まあ、そんな方々からすれば、放射能の被害を怖がっておたおたして
いる我々を何と思われるでしょうか?

 本日も、事態を注視するしかありません。それにしても、どうも解せないことが起きる訳で
す。

 何故、仙谷氏が官房副長官に復帰したのでしょうか?

 多くの人がそう思っているでしょう。だって、この人、参議院で不信任決議を受け、辞職を余
儀なくされた人であるからです。そして、辞めたのはほんの2カ月ほど前のことなのです。

 では、どうしてこの人が返り咲いたのか? この2カ月ほどの間に、大いに国民のために貢
献し、再び内閣の一員になることを国民が求めたからか?

 そんなことは決してありません。では、何故?

 何でも、官房長官の枝野氏が原発事故の対応で忙しすぎ、復興対策の方が手薄になっい
るからだ、と。

 確かに、枝野さんは忙しすぎるでしょう。でも、何故、仙谷氏なのでしょう? 与党だとか野
党だとかというのではなく、一致団結して行動しなければいけないときに、何故、そうした流
れに水をかけるようなことをするのでしょう。

 当分国会は開かれないから、仙谷氏を官房副長官に起用しても問題はないとでも考えたの
でしょうか。菅総理は一体何を考えているのでしょうか? この人に復興対策を任せると巧く
いくという確信があるのでしょうか?

 最近、仙谷氏のことを報じたニュースがありました。

 仙谷氏は、13日の夜、計画停電が病院や交通機関に与える影響を東電側に問い合わせ
た、と。しかし、東電側からは明確な回答はなく、「ご不明な点はカスタマーセンターまで」と書
かれた紙がファクスで送られてきたため、仙谷氏は担当者を怒鳴りつけた、と。
俺を誰だと思
っているのだ、と。

 私は、このことが少し関係しているのではないのか、と思っているのです。どういうことかと
言えば、菅総理は、東電の社長から計画停電について了承を求められ、よく考えもせずに
OKをしてしまった訳なのですが、改めて考えるといろいろ問題があることに気がつき、それ
への対処策を検討することを仙谷氏に暗に求め、そして仙谷氏がその要請に応えて動こうと
したところ、上記のような結果になってしまい、内閣の一員という肩書きがないとダメなのだと
いうことに気が付いたということでしょう。

 今、菅総理は、精神的に大変追いつめられた状態にある訳です。恐らく今、誰も菅総理と
率直に話ができる人はいないのではないでしょうか。しかし、本当は、菅総理も誰かに愚痴も
言いたければ泣き言も言いたい。しかし、総理だからそんなことはできない。唯一できる相手
がいるとすれば、それは仙谷元官房長官。

 しかし、その彼も閣外に去っているので、頻繁に会うこともこともできない。だったら、もう一
度入閣してもらって、相談相手になってもらうとともに、手薄な復興対策などの仕事を指揮し
て欲しい、と。

 まあ、それが第一の理由なのでしょう。つまり、菅総理は、国民や野党が仙谷氏の復帰を
望まないとしても、そんなことを考えている余裕すらないということです。

 では、実際問題として、この人に復興対策を仕切らせたら、巧くいく保証はあるのでしょう
か?

 多分、それはないでしょう。むしろ、今やるべきことは、事務次官会議の復活であるのです。
実は、リーダーたるもの忙しく走り回る必要などないのです。そして、様々な対策本部を作り、
会議ばかりやっても意味がないのです。

 その代わりに、基本的には役人に任せる。そうすれば、役人は、何日徹夜が続こうと復興
のために働くわけです。で、それでも物資が現地にまだ到着していないなどということがテレ
ビで報じられば、政治家は役人に説明を求めればいい、と。で、そのときに、何故物資が届
かないのか、その理由がいろいろと判明する訳です。で、その中には物理的な理由もあれ
ば、法的な縛りが障害になっていることもあるでしょう。当然時間がかかるものもある。しか
し、法律や規則が復興を邪魔していることが分かれば、政治家が判断することによって解決
が可能な場合もあるでしょう。

 つまり、役人がやる仕事、政治家がやる仕事をしかっりと選別し、そして役人を巧く使えば、
円滑な復興対策が可能になるという訳なのです。そして、役人を巧く使うためには、事務次
官会議が機能する筈だ、と。

 確かに、平常時に行われる事務次官会議は、まるで形式的にしか見えないかもしれません
が、こういう異常時には効力を発揮するでしょう。

 ○○省は、よく働いているが、××省は、どうしているのだ! と叱咤激励することもでき、そ
うなると役人は否が応でも働かざるを得ず、そうすれば現地の人々が助かる訳なのです。

 私思うのですが、菅総理が仙谷氏を官房副長官に起用したとしても、国民がそれを受け入
れるケースが一つだけあると思うのです。
それは、彼を原発の事故が起きている最前線に配
置することです。「彼は命がけで国民の安全を守りたいというので、官房副長官に起用した」
と。

 他にも仙谷氏を復帰させた理由が考えられます。それは、総理が、今回の出来事もあり、
いずれにしても総理として長くはないと考え、だったら、この際盟友である仙谷氏をもう一度
復帰させ、共に桜の花のように散ろうと考えているということです。どうせ総理の職も長くはな
いし、だったら、もう一度、どんなに短い期間でも良いから、仙谷氏と一緒にいたい、と。

 他には理由はないのでしょうか?

 今枝野氏の評判が急速に上昇しています。少々疲れ気味にはなってきていますが、記者会
見で冷静に受け答えする枝野氏の姿を見て、野党支持者のなかでも枝野氏に対する評価が
上がっている訳です。

 これ、総理としては嬉しいものの‥、少しばかりジェラシーも感じる訳なのです。俺だって寝
ずに頑張っているのに、どうして枝野氏だけなの?と。枝野氏にだけスポットライトが当たる
のは必ずしも‥なんて気持ちもない訳ではないでしょう。

 地震が起きると、気象庁の担当課長が記者会見を行います。決して政治家が代わりに会
見をするようなことはありません。そして、そのことを誰も不思議に思わない訳です。
では、異
常な円高が起こり、円が76円台に突入したときに、何故官僚に会見させることを認めないの
でしょうか? もちろん、第一には財務大臣が対応すべきであるのは当然でしょう。しかし、政
治家には分からない専門的なことも関係している訳なのです。何故、財務官が記者会見をす
ることを認めないのでしょうか。

 役人を巧く使っていないから、復興対策が遅れている面があると思うのです。

 ところで、先ほど為替介入が行われたそうですが、珍しく予想が当たりました。

 


 仙谷氏の官房副長官就任は理解できないという方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

  まあ、こういうときですから、菅総理の悪口を余り言いたくないのですが‥、それに菅さん
は菅さんなりに頑張っているということは理解できる
ので。ただ、どうも総理の行動としては相
応しくないことが目につくので
すよね。

 

 昨日、菅総理が、政府と東電による統合本部を作ったのをご存知でしょうか。何でも東電側
の総理に対する報告が遅いということで‥

 

 昨日未明、午前417分に菅総理は、東電の清水社長を呼んで話をしているようです。

 

 ご苦労様です。ただ、こういう非常時ですから、当然と言えば当然とも。

 

 で、その後、5時半頃、菅さんが記者会見をした訳です。統合本部を作るぞ、と。国民には、
それがどんなことを意味するのかよくは分からなか
ったと思うのです。で、菅さんは国民に向
かって、今から東電に行きます
何て事を言い残して記者会見は終わったわけですが‥、早速
東電に乗り込
んでいるのです。時刻は535分。

 
 再び、ご苦労様です。

 
 で、総理が何と言ったかと言えば‥

 

 「爆発が放映されているのに、首相官邸には1時間ぐらい連絡がなかった。いったいどうな
っているんだ」 
「あなたたちしかいない。徹底などあり得ない。覚悟を決めて下さい」

 

  確かに、爆発の模様がテレビで放映されているのに、それから1時間も経たないと自分に
情報が上がってこないようでは怒りたくなるのは、分か
らないではないのです。

 

 でも、今回は、何も東電側が何かを隠して連絡が遅れたというよりも、余りにも予想外のこと
ばかりが起きているので、十分対応することがで
きなかったというのが実情だと思うのです。
だったら、東電を怒鳴りつ
けても、余り生産的ではないのでしょうか。

 

 確かに、怒鳴りつけることによって、今後は、取り敢えず東電の責任ある立場の人から、直
ぐに電話があるかもしれません。でも、電話があ
るだけで、幾ら様子を聞こうとしても、今調べ
ているところです、みた
いな答えしか返ってこないことが予想される訳です。

 

 「あなたたちしかいない」というのは分かります。しかし、「撤退などあり得ない。覚悟を決め
て下さい」というのは、どういう意味でしょ
う。それほど東電のトップの態度がいい加減だとい
うのでしょうか。

 

 でも、少なくても現場にいる人や、記者会見の対応をしている人々は、もう何日も寝ないで
対応しているのではないのでしょうか。

 

 だから、余りかっかしても‥という気がするのです。これは勝手な想像ですが、地震の翌日
に菅総理はヘリコプターで福島の原発を視察した
と思うのですが、そのときに、東電側から、
一大事になることはないと
聞いたことを真に受け過ぎてしまったのではないでしょうか。あの
時は、
大丈夫だと言ったじゃないのか、と。

 

 まあ、でも、私がこう言うからと言って、東電側に同情ばかりしている訳ではありません。そ
の逆だと言ってもいいでしょう。

 

 それは、あれだけ、原発は安全だと言い続けてきたのは、電力会社と通産省の役人であっ
た訳ですから。考えられるあらゆることを想定して
いるので、万が一にも事故が起こることは
ない、と何度も言ったではな
いですか?

 

 でも、今回明らかになったことは、少なくても今回ほどの地震は想定していなかったというこ
とです。だったら、最初から、マグニチュード
幾つまでの地震までしか想定していませんと、正
直に言うべきだったの
です。でも、そんなことを言えば、反対運動が起きるだけだからという

ことで、黙っていただけなのです。

 

 だから、東電と通産省、今は経済産業省ですか、この人たちには相当の責任があるので
す。

 

 しかし、今は非常事態です。それについての責任追及は、後々ゆっくりやればいい訳です。
それに、誰よりも事故の拡大を防ごうと一生懸命
になっているのは東電自身であると思われ
るのです。

 

 まあ、そういうことですから、とにかく今は、最悪の事態になることを回避することに全力を
注入する必要があるのですが‥

 

 しかし、東電は、今電力不足という事態にも直面しているのです。ご存知ですよね。計画停
電に間引き運転。本当は、そんなこと、ぱっぱ
と片づけなければならないのです。

 

 それにも拘らず、言うことが二転三転。全く信用をなくしているようです。それに間引き運転
の方も、少しは緩和するような‥、その一方で
首都圏のビジネス街は停電にはならないの
だ、とか。

 

 少し話は脱線しますが‥

 

 民主党の仙谷由人代表代行が13日夜、計画停電が病院や交通機関に与える影響を東電

側に問い合わせたら、「ご不明な点はカスタマーセンタ
ーまで」と書かれた紙がファクスで送ら
れてきて、仙谷氏は激怒した
のだとか。

 

 東電側は、何故そのような対応をしたのでしょうか。最大の理由は、忙しくて人手がいなか
ったからではないのでしょうか。

 

 或いは、仙谷氏が、俺を誰だと思っているのだと感じたことに対し、東電側は、仙谷さん
は、大事なお客様ですから→カスタマーセンターへ
どうぞ、と思ったのでしょうか。

 

 まあ、いずれにしても、この異常時に、計画停電なんかのために貴重な時間を費やす余裕
などない訳です。

 

 では、何故停電などしなければいけないかといえば、どんなに国民に自主的な協力をしても
らっても、停電が回避できないと判断したからな
のです。

 

 では、計画停電は何か問題を引き起こしていないのか?

 

 大ありであるのです。サラリーマンや学生は、通勤通学が不便になり、喜んでいるのはタク
シー業界だけ。それに医療関係者や、交通信号、そ
れから、銀行のATMの営業時間にも影
響を与えている訳です。

 

 では、どうやって需要を抑えるのが一番いいのか?

 

 それは簡単なことなのです。需要が供給量に収まるようになるまで、料金を引き上げます
よ、と宣言すればいいということです。で、国民や
一般企業が、値上げは嫌だということで、電
力消費量をぐっと抑えこむ
ことに成功すれば、全然値上げをしなくても済むかもしれないわけ
です。
反対に、これまでどおり電気を使わせてくれというのであれば、どこまででも電気料金
は上がる、と。

 

 で、私が、このような提案をすると、多くの人が反対する訳です。値上げとは何事か、と。

 

 確かに、私だって値上げなんて嫌な訳です。でも、何故値上げを提案するかといえば、そう
しないと電力不足が解消できず、停電による悪影
響が避けられないからなのです。つまり、
信号が消えてしまうことは避
けたい、電車は走らせたい、医療関係者には迷惑をかけたくな
いと考
えるから、そうしたことを提案しているのです。

 

 その一方、今東電や政府がやっていることと言えば、自分たちの裁量で誰に優先的に電気
を配るのかというのを決めているということです。

 

 しかし、電力会社は、独占企業です。しかも、国民のために存在している訳です。だったら、
誰もが納得いく電力の配分を実現すべきである
のです。そして一番平等な電力の配分方法
が、料金に応じて電力を配分
するということなのです。

 

 経済の専門家と言われている海江田氏が、そんなことを言わないことを不思議に思いま
す。

  

 いずれにしても、危機を乗り切ろうではありませんか!



 経済学者は、何故計画停電について黙っているのだろう、と思う方、クリックをお願いいたし
ます。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 福島の原子力発電所の事態収拾のために必死になって頑張っている関係者の皆さんに対
して、深く感謝したいと思います。恐らくもう何日も寝る暇もなく働き続けていると想像してい
ます。

 事態の深刻さは私が言うまでもありません。国民の多くがよく認識している訳です。そういう
ことですから、眠りについたと思っても直ぐに目を覚ましてしまい、テレビのスイッチを入れる
訳です。でも、本日は、余りにも早く起きたため、まだ、我らの枝野さんはテレビには登場して
いませんでした。

 ただ、朝5時を過ぎたら、菅総理が記者会見を始めました。

 こういうときだからこそ、総理が国民に直接語りかけることは非常に重要なのです。だから、
どんなことを話すのかと聞いていると‥ でも、目がうつろなのですよね。これでは国民の方
が不安になりそうです。で、心配なのは話しぶりだけではなく、話の内容も。何やら、政府と東
電とで統合本部を作るのだ、とか。海江田大臣を東電に常駐させ‥、総理が本部長になるの
だ、とか。

 まあ、並々ならぬ意気込みを感じるわけです。何が何でも最悪の事態は回避したい、と。

 そういうことなのか‥、と思っていたら、今度は枝野さんが記者会見を始めました。

 毅然としていて、この人を信用するしかないという気持ちにさせてくれます。今、国民が頼り
にできるのは貴方しかいないのだ、と。きっと、ここ何日も眠っていないが、頑張って下さい、
と。

 でも、相変わらず記者からはきわどい質問が出る訳です。そして、枝野さんは、上手にそれ
に応える訳ですが、若干の疲れも‥

 で、記者が聞く訳です。「統合本部を提案したのは誰なのですか、どうやって決まったのか」と。

 そうすると、「昨夜、総理がそれを提案し、皆もそれがいいということになりました」と。

 私は懐疑的な訳です。大臣が東電に乗り込んでいっても、それで事態がどう改善するという
のか? 
東電の本店にいても、結局、情報は現場から上がってくるわけですから、本当は東
京にいては正確なことは分からない、と。だったら、福島まで行くか、と。しかし、福島の現場
に行っても、分からないわけですよ。

 それに、総理や担当大臣が東電に乗り込んで統合対策本部を立ち上げ、会議をするとな
れば、それだけでまた余計な‥と言っては何ですが、時間がかかってしまう訳です。

 総理は、どうも焦っているのではないでしょうか? いつも思いつきで言ってしまう。消費税
の引き上げの話もそうでしたし‥、計画停電も、総理が東電の社長に言われて、よく考えも
せず受け入れてしまったのではないでしょうか。だから、東電の言うことが二転三転した
り‥、或いは地震の被害に遭ったところが、停電の対象地になったり
、と。

 総理の気持ちは分からないではないですが、こんなときにトップは慌ててはいけないので
す。

 それに、蓮舫大臣が、節電啓発担当大臣? それに、辻元氏がボランティア担当補佐官?

 まあ、補佐官の方は別にして、電力不足への対応のために節電啓発を担当する大臣など
設けなくてもいいのですよ。そんなことは、結局、電気料金を上げなければ、平等にそして有
効に需要を抑えることはできない訳ですから。

 まあ、東京都知事も訳の分からない発言をしています。

 「津波をうまく利用して、我欲を一回洗い落とす必要がある。これはやっぱり天罰だと思う。
被災者の方々はかわいそうですよ」「金銭欲、物欲、性欲などの我欲になっている」

 オリンピックを東京に誘致しようとしたのは我欲ではないのでしょうか。

 今、枝野さんを始めとして、事態の収拾に全力でしかし冷静に行動している人々がいる訳
です。我々国民の安全を考えて‥

 私は、そうした人々が過労で倒れることのないよう、心からお祈りしたいと思います。

 津波の被害から住民を守ろうとして、命をなくされた役場の方や警察官がいたとお聞きしま
した。貴方がたは英雄です。ご冥福をお祈りします。


 こういうときには、国民が一致協力することが必要だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 まあ、それにしても、しっちゃかめっちゃかと言っていいほどの政治情勢です。明治や大正
の時代と比べても、何も進歩していないではないか、と。暗殺がなくなっただけマシと思わな
ければいけないのでしょうか。

 恐らく多くの国民が呆れているでしょう。そして、財界の偉い方も、過激なことを口走ってい
ます。「給料泥棒だ」なんて。

 確かに政治家が国民の生活を放っておいて、政局にかまけるのは頂けません。社民党は、
公債特例法案には反対するなんて言っています。
ただ、財界の偉い方は、何故それほど過
激な言葉を発するかといえば‥お分かりになりますか?

 これは非常に分かりやすい。公債特例法案もそうでしょうが、財界にとってはもっともっと大
切な法案が控えているではありませんか?

 「何?」

 あれですよ、あれ。法人税の減税ですよ。つまり、このまま国会のごたごたが続くと、法人
税を減税するための法律が成立せず、減税の約束は果たされないかもしれないのです。

 「それは、そうだ」

 いずれにしても、実際に国会のねじれ現象が生じているので、総理はもっと現実的な対応
をしなければならないということでしょう。つまり、話し合いというか、根回しというか、取引とい
うか‥、菅総理がこれだけは譲れないというものを明らかにして‥その一方で、野党がこれ
だけは実現して欲しいというものを明らかにし‥、そうしたなかで妥協案を探っていくというこ
とではないでしょうか。

 野党の方は、どうしても実現したいのは解散だ、何て思っているのでしょうか?

 一方、菅総理は何を一番優先したいと思っているのでしょうか?

 そこのところがイマイチ‥

 やっぱり、最小不幸社会? でも、それが国民にとっては大変に分かりづらい。そしてだか
らこそ、菅総理を支持しようという動きにもならない。

 ま、それでも、菅総理が何を考えているかが、全然想像がつかない訳ではないのです。

 菅さんの頭のなかにあるのは、ワーキングプアとか、働き口がない若者とか、働いてはいる
が労働条件が大変に厳しい人々、或いは、社会のなかで孤立しているような人たちを助けた
いということなのではないのでしょうか。

 まあ、そう考えればこそ、「最小不幸社会」などということを口にし、そして、小泉・竹中路線
が格差を拡大したなどと批判もするのでしょう。

 でも、そうした問題をどうやって解決するというのでしょう。

 なかなか難しい面があるのです。早い話、日本には多くのホームレスの人々がいると思う
のですが、政府がどんなに頑張っても、彼らが昔の生活に戻ることなど殆ど不可能なわけで
す。また、ワーキングプアの問題にしても、社会の側に責任がある場合もあるでしょうが、本
人の側に大きな問題がある場合もあるからです。

 それに、内閣の支持率に大きく反映されるのは中間層の意見であって、中間層にはそうし
た「最小不幸社会」というのは余りピンと来ないのです。自分たちにはそれほど関係がなさそ
うだな、と。

 さらに思うことは、最小不幸社会の実現を優先するというのであれば、全国の家庭に一律
に子ども手当を支給するようなことは、どうなのでしょう?


 それにしても、このままゴタゴタが続いて、新年度になっても赤字公債が発行できないなん
てことが起こり得るのでしょうか?

 まあ、そこまで度胸のある政治家はいないでしょう。公債特例法案が暫く成立しなくても、当
面は建設公債の発行や財務省証券の発行でしのげると読んでいるのでしょう。

 でも、そのことを口にすると、公債特例法案に対して反対するといっても単にジェスチャーに
過ぎないのか‥何て思われてしまうし、と。


 やっぱり、国民をないがしろにしているのでしょうか?



 政治家は、もう少し粛々と国会の審議をしたらどうなのか、或いは、もっと聞いていて引き込
まれるような議論をやってくれと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ