経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: トランプ

 昨日アップしたつもりの記事がアップされていなかったことに今気が付きました。

 大変恐縮です。ボケですかね?



 今朝、PBSの放送を見ていたのですが、トランプ大統領の嘘つき振りを報じていました。

 大変興味深かったです。

 長文で恐縮ですが、目を通して頂ければ幸いです。

 今回も時間の都合で、全文を訳すことはできませんが、重要なところを分かるようにしておきます。


 




As we heard, Michael Cohen's recordings contradict what the Trump campaign 
said they knew about model Karen MacDougal at the time.

既に聞いたとおり、マイケル・コーエンの音声データは、トランプ陣営が言っていたものとは矛盾するのです。彼らは、その当時、カレン・マクドーガルを知っていたと言っていました。

 It is one of a number of false statements that, over time, have come from President  Trump or member of his team.

これは、トランプ大統領と大統領のチームのメンバーから得られた多くの間違った発言の一つなのです。

 At the "NewsHour," we do not report on all of them.

NewsHourでは、これらの全ては報じていません。

 But, tonight, we want to take a moment to step back and look broadly at President Trump's record on truth-telling and what it means for our democracy.
 
 しかし、今夜は少し時間を取って、トランプ大統領の真実の発言の記録と、それが民主主義にとって何を意味するかを探ってみたいと思います。

 We start with some background.

先ず、背景から始めましょう。

 DONALD TRUMP, President of the United States:
We're putting America first again, and we're seeing the incredible results.

トランプ大統領:我々は、再びアメリカ第一を掲げているが、信じられない結果が得られている。

 JUDY WOODRUFF: When weighing what's true and what isn't, one of the president's favorite targets is the news media and the many news organaization he attacks. That was the case last night when he spoke to the Veterans of Foreign Wars in Kansas City and stirred up the crowd.


ジュディ:何が真実で、何が真実でないかを判断するとき、トランプ大統領が好んで標的にするものの一つはニュースメディアであり、彼は多くのニュースメディアを攻撃する。昨夜、大統領はカンザスシティで行われたベトナム兵の集いでスピーチを行い聴衆を沸かせた。

DONALD TRUMP: Just stick with us. Dont't believe crap you see from these people, the fake news.

我々を信じて欲しい。フェイクニュースが報じる馬鹿げたことなど信じてはいけない。

(CHEERING AND APPLAUASE)

DONALD TRUMP:Just remember, what you're seeing and what you're reading is not what's happening.

貴方たちが見ていることや聞いていることは実際に起きている事ではないことを忘れてはいけない。

 JUDY WOODRUFF: But in just the last few weeks alone, the president has made a number of misleading or inaccurate statements on subjects ranging from Russian interference in U.S. politices to farmers and trade to how much member NATO countries spend on defense. Mr. Trump's statements on Russia have gotten the most attention, particularly after his news conference with President Putin in Helsinki, where he seemed to agree with Putin, instead of U.S. intelligence.

 しかし、先週だけでも、トランプ大統領は数多くのミスリーディングな、或いは不正確な発言をしています。例えば、米国の政治に関するロシアの介入から、農業や貿易問題、そして、NATOの軍事費に至るまで。ヘルシンキでのプーチン大統領との会談の後行われた記者会見で述べたトランプ大統領の発言は大変注目されました。そのとき、トランプ大統領は、プーチン大統領の意見に賛同して、
政府の情報機関の意見には賛同していないように映ったのです。

DONALD TRUMP: I will tell you that President Putin was extremely storng and powerful in his denial today.

プーチン大統領は、ロシアの関与を本日否定したが、非常に説得力のあるものであったことを言っておきたい。

JUDY WOODRUFF: That brought condemnation from both political parties, including RepublicanSenator Jeff Flake of Arizona, a frequent critic.

その発言は、民主及び共和両党からの非難を浴びた。

SEN. JEFF FLAKE(R), Arizona: We have indulged myths and fabrications, pretended that it was't so bad, and our indelgence got us the capitulation in Helsinki. We in the Senate wha have been elected to represent our constutuents cannot be enableres of falsehoods.

JUDY WOODRUFF: The next day, Mr. Trump said he stood with U.S. agencies, but even then he put in a caveat:

DONALD TRUMP:I accept our intelligence community's conclusion that Russia's meddling in the 2016 election took place. Could be other people also. Tere's a lot of people out there.

JUDY WOODRUFF: But a declassified intelligence report shared with Mr. Trump before he became president concluded that Putin personally --quote-- "ordered an influence campaign in 2016 aimed at the U.S. presidential election." U.S. agencies have not suggested any other country intended to disrupt the election. Earlier this month, in a tweet about the impact of foreign tarrifs on farmers, the president wrote that farmers have been on a downward trend for 15 years and "A big reason is bad,terrible trade deals."

 But that statement is not accurate. Farmeres have earned less in the past few years, but that's not been the case for 15 years. In fact, net income adjusted for inflation reached a record in 2013.

 And many experts say the problem has not been trade deals, but commodity prices.

The Washington Post, a news organization the president regularly criticizes, keeps itsown list. It found the president has made more than 3,200 false or misleading claims whilein office. And that was before the start of summer. It also analyzied a speech Mr. Trump gave in Montana ealier this month and found 76 percent of the claims the president made in the speechalone were false, misleading or unsupported by evidence.

 The latest "NewsHour"/NPR/Marist poll asked whether voters think the presidenbt generallytells the truth; 58 percent said only some of the time or hardly ever: 36 percent saidalmost all of the time or most of the time. Republicans believed the president by a large margin.The poll also asked whether President Trump tells the truth more often or less than prior U.S. president; 56 percent said less often; 32 percent said more ofte.

 For a closer look President Trump and the matter of truth, we turn to Peter Wehner, a senior fellow at the Ethics and Public Policy Center in Washington.
 He served in the last three Republican administratons, Presidents Reagan and both Bushe.

 Lara Brown is director of the Graduate School of Political Manage,ent  at the George Washington Univesity. She's also the author of several books on presidents, including "Jockeying For the American Presidency."

 And Domenico Montanaro, he's the lead poltical editor for NPR.

 And we welcome all of you back to the "NewsHour."

 Domenico, I'm going to starat with you upon. We were just sharing with the audience some of these poll numbers; 58 percent of those polled say they think the president tells the truth some of the time or hardly ever. How does that break down among the elecrorate? Who are we talking about here?
 
DOMENICO MONTANARO, Political Editor, NPR:

Well, and if you add never into there, you get to 61 percent. So you have a full 60-something percent of the American peopole who think that this president either never, hardly ever, or only some of the time tells the truth. You know, and when you look particularly in the suburbs, where there's going to be all these key House races, you wind up withe seeing that, you know, three-quarteres of people who live in the suburbs, including especially suburban women, who are going to be key to this election, really not having a lot of faith in this president or his ability to tell the truth.

JUDY WOODRUFF: Peter Weher, the fact that we're having this conversation tells us that something different ig going on. As we said, you worked in the Bush White House 41, 43, you worked for President Reagan. What is different?

PETER WEHNER, Ethics and Public Policy Center:
Well, what's different is that we don't have a ryb^of -the mill liar in the White House. We have a pathological liar. This is a man who lies on personal matters, political matteres, domestic, international. He lies morning, noon, and night. And it just is never-- never-ending. So that's one thing. We have never had a president who is so pathlogically -- lise so pathologically, and lies neddlessly ofen. That's one.

The other thing is the number of people in this country who believe in the lies, who
have accepted them. This has tremendous damaging effects on the political and civic culture of the country. 

 A self-governing nation can't run if you can't have a common set of facts, if you can't agree on common realities.

 What you have got is White House who is engaged in not just an assault on truth, but an effort to annihilate truth.

  トランプ大統領は、病気であると、嘘つきの病気である、と。
 嘘をつかないと死んでしまうのでしょうか?

 アベシンゾウとよく似ています。


 この二人は本当に嘘つきだと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロイターの記事です。


 トランプ米大統領は、イランが米国を一段と脅かすようなら、
「ほとんどの国が過去に経験したことのない規模の」悲惨な結末を招くリスクを警告した。

 22日にツイッターに投稿した。数時間前には、イランのロウハニ大統領がトランプ氏に、敵対的な政策は「あらゆる戦争のもと」につながる恐れがあると強調していた。

 トランプ氏は、ロウハニ氏に宛てたメッセージで「米国を決して再び脅してはならない。さもなくばほとんどの国が歴史上経験したことのない規模の結末を招く。暴力や死に関する正気の沙汰と思えない発言を支持することはもはやない。注意せよ」と述べた。

 トランプ氏のツイッターへの投稿を受けて、イランのザリフ外相もツイッターで反撃。トランプ氏とまったく同じように米国に対して「注意せよ」と大文字で書き込んだ。

 ロウハニ氏は22日、自国の外交官らの会合で「イランとの平和はあらゆる平和の母で、イランとの争いはあらゆる戦争の母だと、米国は認識すべきだ」と述べた。国営イラン通信(IRNA)が伝えた。

 ホワイトハウスの声明によると、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は「イランがマイナス方向の動きに出れば、ほとんどの国が過去に支払ったことのないような対価を支払うことになると、トランプ氏が語った」と述べた。

 また、ポンペオ米国務長官も22日、イランの指導者は腐敗し不正な蓄財を行っていると述べ、イランは政府というよりも「マフィア」のようなものによって運営されていると批判した。「長く無視されてきた国民の声を米国は支持していく」とも述べた。

 タスニム通信によると、イラン政府はポンペオ氏の発言について、国内問題への干渉と指摘した。

 23日の原油相場は、両国間の緊張激化を受け供給懸念が広がり上昇した。北海ブレント先物LCOc1が一時、2%近く値上がりして1バレル=74.50ドル。米WTI原油先物CLc1も同69.31ドルまで上昇する場面があった。


 以上が、トランプ大統領のイランへ向けたツイートに関する一般的な報道ですが…

 NPRでは、ちょっと違った視点での説明も試みています。



KING: All right. I want to bring back in NPR's national political correspondent, Mara Liasson.

 はい、では、NPRの政治担当記者のマラ・ライアソンに戻ってきてもらいます。

Mara, what do you make of what we just heard from Mr. Lotter?

 マラ、ロッター氏の説明を聞いたと思いますが、貴方はどのように考えますか?

LIASSON: Well, I'm still puzzling about the tweet. On the simplest level, Donald Trump likes to direct the media narrative. He likes to control it. And he's gotten us all talking about Iran this morning instead of talking about Putin...

 そうですね、依然としてトランプ氏のツイッタ―については謎めいたものがあります。単純に考えれば、トランプはメディアに指示したがる男です。コントロールすることが好きなのです。今朝、急にプーチンの話からイランの話に転換しました。

KING: Yeah.

 はい。

LIASSON: ...Or the investigation into Russian interference. So on a simpler level, it could be just that. We also have seen the president use this kind of very harsh rhetoric, threatening to destroy another country before. He did that with North Korea. Sometimes he likes to create a crisis and then become the hero of his own story and declare the crisis over, as he did with North Korea after one meeting with Kim Jong Un, even though not a single nuclear weapon has been taken down in North Korea. So I don't know. Let's see what he follows this up with today.

 ロシアの介入に関する調査の話から転換したのです。単純に考えれば、そうしたこともあり得るでしょう。大統領が厳しい言い方をするのをこれまでに私たちは経験してきました。他の国を破滅させるぞ、と。彼は北朝鮮に対してそのような言い方をしました。彼は危機を作り出しておいて、自分がそのストーリーの英雄になり、そして、危機は終わったと宣言するのが好きなのです、丁度、北朝鮮の金正恩と会談したときのように。しかし、実際には核兵器は一つも撤去されていないのです。だから分からないのです。今日は、この件をフォローしていきたいと思います。

KING: Do you think, though, that there's a risk to the president tweeting something like this beyond just, OK, it's more rhetoric - like, a risk to how seriously he's been taken by the rest of the world?

 しかし、大統領のツイートにはリスクがあるとは思いませんか? レトリック以上のものがある、と。世界の国々が思った以上に深刻に受け止めるのではないか、と。

LIASSON: Sure. I think there is a boy-who-cried-wolf aspect. If you keep on threatening things and don't follow through with them, then people won't take you seriously or they won't quite know when to take you seriously. But he's the president the United States, has a massive nuclear arsenal and he is now saying that if Iran continues to threaten the United States, whatever that means, they'll suffer the consequences the likes of which few throughout history have ever suffered before. And we're going to be trying to figure out what that means all day today.

 オオカミ少年のような一面がありますね。いつも危ないぞと言い続けながら、しかし、実際には危機が起きなければ、人々は大統領の話を真剣に受け止めなくなります。ただ、彼は米国の大統領なのです。核兵器も持っています。その彼が今、もしイランが米国を脅かし続けるのであれば、イランはこれまで人々が経験したことのないような悲惨な目に遭うと言っているのです。それが何を意味しているのか探っていきたいと思います。

KING: NPR's Mara Liasson. Thank you so much, Mara.

LIASSON: Thank you.


 トランプ大統領が今度は、イランの大統領と会談するなんてことがあるのでしょうか?

 それにしても、こんなに落ち着きのない大統領を支持する米国民が少なからずいるということが不思議ですね。



 トランプ大統領は、自らのロシア疑惑を打ち消そうと、なんでもかんでも利用しようとしていると思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝日の記事です。

 フィンランドの首都ヘルシンキで16日に会談したトランプ米大統領とロシアのプーチン大統領は、会談後の記者会見で関係改善をアピールした。米大統領選への介入を否定するプーチン氏にトランプ氏は異議を唱えず、米国の捜査を「魔女狩りだ」と断じた。自らの情報機関よりもロシアの主張を信じる姿勢を示したトランプ氏に、米国では反発の声があがった。
 
 ロシアによる米大統領選への介入疑惑については、米特別検察官が13日にロシア軍当局者12人を起訴したばかり。だがプーチン氏は「ロシア政府は選挙を含め、米国の内政に一切干渉していないし、今後もしない」と改めて主張した。

 これを受けてトランプ氏も「彼ら(米情報機関)はロシアの仕業だと言う。だがプーチン大統領は今、ロシアじゃないと言った」「ロシアがやる理由は見えない」と擁護した。さらに「プーチン大統領は非常に力強く否定した」とその主張を信じる姿勢を見せた。

 ロシア疑惑の捜査について「世界の二大核保有国の関係に悪影響を及ぼしている。非常にばかげている」とも言い、「(トランプ氏陣営と)ロシアの結託はない」とプーチン氏と話し合ったとも語った。

 トランプ氏は「過去最悪だった米ロ関係は変わった。我々は明るい未来に向けて、一歩を踏み出した」と強調。プーチン氏も「会談を成功と呼べる。会談は米ロ関係の負の状態を正す願いを反映したものだ」と関係改善をアピールした。

 米国政府の公式見解とトランプ大統領の意見がまるっきり違っていますね。

 そして、加計学園疑惑を巡る、安倍総理と加計理事長の言い分となんと似ていること!

 疑惑がかけられているのはロシア政府であり、トランプ大統領なのですから、その二人が、そんなこと知らないと言っても、何の意味もない!

 同じように、疑惑がかけられているのが安倍総理であり、加計理事長なのですから、その二人が疑惑を否定しても、何の意味もない!

 そうでしょう?

 それにしても、魔女狩りとかフェイクニュースという言葉をトランプ大統領と安倍総理は使いたがりますけど…なんなのでしょうね、この二人。

 知的レベルが似ているのでしょうか?

 それにしても、恥を晒し続けているようにしか思えません。
 

 


 自分の都合の悪いことを報じるメディアを、フェイクニュースだと言って攻撃するトランプとアベは卑怯だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓ 
 人気blogランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国では、当初は、トランプ関税の影響は限定的だと見られていたのが、最近になってかなり心配する向きが増えているといいます。このままでは景気が後退してしまう、と。リセッションになってしまうと言うのです。

 NPRが報じています。

 
STEVE INSKEEP, HOST:

President Trump's tariffs and threats of imposing even more taxes on imports to the United States have concerned a devoted supporter. Anthony Scaramucci - financier, Fox Business personality, White House communications director for 10 days - wrote last weekend, quote, "I am worried about the trade rhetoric going too far. Capital is starting to withdraw from stocks. Change tactics now," writes Scaramucci. Well, there's a place to begin our talk with David Wessel. He's director of the Hutchins Center at the Brookings Institution and a contributor to The Wall Street Journal.

  トランプ大統領の関税措置、そして米国に入ってくる輸入品にさらなる関税を課すというトランプ大統領の脅かしがトランプの支持者たちを不安にさせている。金融マンであり、フォックス・ビジネスのパーソナリティであり、そして、ホワイトハウスの広報部長を10日間務めたアンソニー・スカラムーチが先週、次のように書いています。「貿易に関する批判の応酬がやり過ぎであることを心配している。株式市場から資金が逃げ出している。政策を変えるときだ」 では、デイビッド・ウィーゼルと話を始めましょう。彼は、ブルックリン・インスティテューションにあるハッチンソン・センターの所長であり、ウォールストリート・ジャーナルにも寄稿しています。

Hi there, David.

DAVID WESSEL: Good morning.

INSKEEP: So how does it affect the overall economy when the United States is fighting trade battles against China and the European allies and Canada and a little bit more than that all at once?

 米国が中国や欧州の同盟国、そしてカナダなどと貿易戦争を繰り広げていますが、経済にはどんな影響を及ぼすのでしょうか?
 
WESSEL: Well, clearly, it's bad for the stock market. We've seen that. And clearly, it's painful for those businesses that rely on imported parts or farmers and others who rely on exporting to the rest of the world. But actually, these tariffs have not yet had much effect on the overall pace of economic growth in the U.S. Forecasters tell us the economy probably grew at better than a 4 percent rate - that's pretty good - in the just-ended second quarter. They say that the tariffs so far may only shave off a tenth of a point or two-tenths of a point off of growth.

 明らかに株式市場にとってはよくありません。もうそうになっています。輸入部品に頼る企業や、海外へ農産物を輸出する農業者などは明らかに痛手となっています。しかし、米国全体の経済成長率に対してはまだそれほど影響を及ぼしてはいません。年率4%程度の成長率になろるだろうと専門家は言っています。第2四半期までのことですが。関税措置の影響は、経済成長率を0.1%か0.2%程度押し下げるに過ぎないとも言っていました

The problem is looking forward. The risk is, one, that the president will make good on his threats to impose even more tariffs, which will then trigger even more retaliation and that this will get out of hand, that everybody's earlier expectations that - oh, grown-ups will prevail - will prove to be wrong. I've noticed - these reports I get from analysts on Wall Street and other economists, they said first that the risk of an all-out trade war was very small. Now they're starting to say, well, the odds are growing.

 問題は、これから先がどうなるかです。大統領がこれから先も関税で脅かしをかけ続ければ、それに対する報復措置も続くことになり、そうなると手に負えなくなります。経済成長は続くと誰もが予想していましたが、そうではなくなる可能性があるのです。ウォールストリートやそれ以外のところからの調査レポートでは全面的な貿易戦争になるリスクは小さいとしていた訳ですが、今やそうなりそうだと言い出し始めています。

INSKEEP: Oh, because you keep hoping that somebody will pull back from the brink. But who knows who that would be, which then raises the next question - could continually increasing tariffs cause a recession?
 
 誰かが危機的な状況から引き戻してくれることを貴方たちは願っているということですね。しかし、そうすることができるのが誰かは、誰も分かりません。でも、そうなると次の質問が湧いてくる訳ですが…関税が上がり続けると景気後退を引き起こしてしまうのでしょうか?

WESSEL: It absolutely could cause a recession. Look, the U.S. has gone without a recession for nine years now. That's a very long time by historical standards - only happened once before in the last 150 years, and that was in the 1990s. Economists like to tell us, with accuracy, that expansions don't die of old age. But they don't go on forever either. And it's not hard to imagine what happens here.

 確実に景気後退を引き起こす可能性があります。米国経済は、もう9年間もリセッション(2期連続のマイナス成長)を経験していません。歴史的に見ても、非常に長い景気拡大局面が続いているのです。このようなことは過去150年間に、今回以外に1度起きているだけで、それは1990年代に起きています。長く景気拡大が続いたから景気拡大が終わりを告げるものではないというのはエコノミストたちの言うとおりですが、しかし永遠に景気拡大が続くものではないこともまた事実です。これから先どうなるかを予想するのは大変に難しいのです。

We put tariffs on our trading partners. They put more tariffs on us. We put more tariffs on them. Exporters lay off workers. Global supply chains get disrupted. Prices rise. The stock market drops. Businesses are shaken, pull back on investment. You get the idea. It could really escalate.

 米国が貿易相手国に関税を課します。すると貿易相手国も米国の関税を課します。そうすると、米国はさらに関税を課します。輸出業者は労働者を解雇します。世界的なサプライチェーンが混乱してしまいます。価格が上がります。その反対に株価は低下します。企業は動揺して投資を見合わせます。そういうことになります。そのようなことが加速する可能性もあります。

INSKEEP: Now, I suppose if you're President Trump, you're hoping that China is hurting here and might feel, at some point, intimidated and willing to back off, that other countries will feel the pain and be willing to back off. And I do notice that the Shanghai stock market, up until very recently, was down about 15 percent for the year - up a little bit overnight - but has been very down this year. Does that mean that China actually is hurting?

 もし貴方がトランプ大統領だったら、貴方は、中国は今痛手を受けているが、この先ある時点で怖気づいて考え方を改めると思っているのでしょうね。中国以外の国も痛みを感じて考え方を改める、と。上海株式市場は、今年に入ってから最近までに株価が15%低下していますが、それは中国にとって痛手となっていますか?

WESSEL: Well, we know that exports are very important to the Chinese economy. And there's no doubt that the tariffs we're imposing on them are hurting their exports. And that's one reason that Shanghai stocks are down - a lot of other things going on, too.

 中国にとって輸出が大変大切であることを我々は知っています。米国が課している関税が中国の輸出を痛めつけていることは間違いありません。それが上海株が低下している一つの理由なのです。そして、株価以外のモノの価格は上がっているのです。

But let's remember, the Chinese have cards of their own to play. President Trump is not targeting only China, as you said. It's Europe, Mexico, Canada, too. And so China's seeing an opportunity here. They're accelerating efforts to organize a free trade deal with 16 big Asian countries - big and small - Japan, India, Australia. And they'll have more impetus for that. And they also can make life miserable for companies based in the U.S. that export to China or do business in China, as they've done. They're going to raise tariffs on SUVs made in the United States by Ford, Tesla, Mercedes and BMW.

 しかし、中国は他にもカードを持っていることを忘れてはいけません。そして、トランプ大統領は中国だけを標的にしているのではないのです。欧州、メキシコ、カナダも標的です。そこで中国は一つの可能性を探っています。アジアの16か国で形成するフリー貿易ゾーンを作ろうとしているのです。日本、インド、そしてオーストラリアも含まれています。彼らは益々その実現に積極的になるでしょう。そして、それが実現すれば、中国に輸出する米国の企業や中国で事業を行っている米国の企業は弱い立場に置かれるでしょう。フォードやテスラやメルセデスやBMWが米国で生産したSUVに課す関税を彼らは上げるでしょう。

INSKEEP: OK. So David, the president has tweeted this morning, (reading) the economy is doing perhaps better than ever before - those are his words. He's also been tweeting, (reading) be patient. It's all going to work out.

 分かりました。大統領は今朝ツイートをしていますね。こんなことを言っています。経済はかつてなく良好だ。これが彼の言葉です。辛抱してくれ、そうすると全て巧く行くとも言っています。

But are companies likely to be that patient? Very briefly.

 しかし、企業は辛抱しそうでしょうか、簡単に言ってください。

WESSEL: No, I don't think so. I think companies that have built strategies on globalization, global supply chains - are beginning to rethink them. And let's remember - while there's a lot of focus on people who get hurt by globalization, there are a lot of people in the United States who've benefited. And those patterns that have led us to the prosperity that many people have enjoyed here and around the world are now at risk.

 そうは思いません。世界規模で、そして世界規模のサプライチェーンの上に戦略を練っている企業は、戦略を練り直し始めています。グローバリゼーションの進展で被害を被る人々がいる反面、そのお蔭で利益を被る多くの人々がいるのです。そして、我々を繁栄に導いた成長パターンが今、破壊されようとしているのです。

INSKEEP: David, thanks very much.

WESSEL: You're welcome.

INSKEEP: That's David Wessel.

 

 共和党の大統領が、自由貿易を否定し、企業に辛抱しろなんていうのですから、世の中変わったものなのです。

 でも、トランプ大統領は止めないでしょうね。

 しかし、そうだとしたら日本は、貿易戦争が悪化したときのことを考えておくべきで、米国一辺倒ではなく、欧州との関係強化に努力することが必要だと思うのですが、如何でしょうか?


 
 トランプもそしてシンゾウも痛い目に逢わないと分からないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日経の記事です。

 トランプ米大統領は30日、サウジアラビアのサルマン国王と電話し、原油の増産を要請した。自身のツイッターで明らかにした。最大日量200万バレルの増産を要請し、国王は同意したという。トランプ政権は各国にイラン産原油の輸入停止を要求。他の産油国が増産をしなければ原油価格が上昇し消費者に悪影響が及ぶ可能性がある。

 トランプ氏はイランとベネズエラからの原油供給の減少を踏まえ「サウジアラビアに最大200万バレルぐらいの増産を通じて穴埋めするよう求めた」と説明。「彼は合意した!」とツイッターに書き込んだ。

 どう思いますか?

 その前に、今日から7月。

 今年はあと何日くらいしたら蝉が鳴き出すだろうかと思っていたら、もう鳴きだしました。

 関東地方が梅雨明けしたことと関係があるのでしょうか?

 それとも一昨日の大雨が影響しているのでしょうか?


 本題に戻りますが、トランプ大統領がサウジに原油の増産要請をしたのはある意味理屈に合っているようにも思える訳ですが…

 しかし、その一方で、もし少しでも温暖化の進行を遅らせようとするのであれば、原油の使用量を抑制することが必要であり、そのためには原油の価格が上がることが最も効果的な方法であるのです。

 原油の価格が上げれば、経済に痛手となる?

 でも、その一方で、温暖化を食い止めることができるのであれば、少しくらい経済的な痛手があっても已むをえないでしょう?

 それに、温暖化が進展して、大規模な自然災害が多発化するようになれば、そのための経済的損失の方がより大きくなってしまうのです。

 つまり、経済的損得を考えても、原油の価格が上がった方が世界の人々のためになるのです。

 しかし、トランプという人は、温暖化が及ぼす影響について全く何も考えていないのですね。

 いや、地球温暖化を否定する立場の人間が、そのような行動を取るなら分かります…分かるというか、一応筋が通っている、と。

 だって、温暖化が進んでいないと本当に考えるならば、原油を沢山使い続けて少々二酸化炭素の濃度が高くなっても支障がないからです。

 しかし、トランプ大統領もそして米国政府も一応、温暖化は進んでおり、温暖化対策が必要であることは認めているのです。

 でも、実際にはトランプ大統領は温暖化を食い止めようなどとは少しも思っていないのです。

 安倍総理が、財政健全化を進めること必要だと口先だけで言っているのと同じなのです。

 では、何故トランプ大統領は温暖化を食い止めることを真剣に考えないとしないのでしょうか?

 恐らく、仮に温暖化の影響が酷くなることがあっても、そのときには自分はもう生きていないと考えているからではないでしょうか?

 自分が存在しない社会のことなどどうでもいいと、言ったら言い過ぎでしょうか?

 安倍総理も同じことなのです。

 日本政府がどんなに借金まみれになろうと、その弊害が現れるのは将来のことであろうから自分の知ったことではない、と。

 そんな無責任な政治家が、米国と日本のリーダーを務めているのです。

 

  将来のことを考えない政治家など、政治家の資格がないと思う方、怒りを込めてクリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 毎日新聞の記事です。

 トランプ米大統領は23日に放映されたTBNテレビのインタビューで、今月12日の米朝首脳会談によって北朝鮮の核・ミサイルの脅威が緩和されたことを強調した上で、「日本で私は世界的な英雄だと思われている」と主張した。

 トランプ氏は、政権の成果を米国内の主要メディアが適切に報じていないと批判する一方、「アジアの人たちはよく分かっている。彼らは感激している」と指摘。米朝が対話に転じたことで「この6、7カ月間、日本上空をミサイルが飛んでいない。それ以前は独立記念日の花火のように(北朝鮮がミサイルを)打ちあげていたのに、だ」などと語った。

 まさか! そんなバナナ!

 誰も英雄だと思っていないぞ!

 仮にトランプ大統領におべんちゃらをいう者がいるとしたら、それはアベシンゾウだけ!

 それに、多くの日本人がトランプ大統領を支持するのなら、多くの日本人の知的レベルはトランプ並みということになってしまうでしょう。

 少なくても経済界の人々がトランプ大統領のやっていることを支持する筈がない。

 どうにかして欲しいものですね。




  トランプ大統領とアベ、アソウは新聞を叩くことしか脳がないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

 日経の記事です。

 欧州連合(EU)の欧州委員会は22日午前0時(日本時間午前7時)、米国の鉄鋼・アルミニウム輸入制限への対抗措置として、鉄鋼製品やオートバイ、ウイスキーなど28億ユーロ(約3600億円)規模の米国からの輸入品に報復関税を発動した。トランプ米大統領は自動車への追加関税で対抗する方針を示唆、米欧間の貿易を巡る対立が一段と先鋭化してきた。

 EUは加盟28カ国の税関で報復関税の適用を一斉に開始した。1日発動した米国の鉄鋼・アルミへの追加関税は自国産業の保護が狙いで「明らかなWTOルール違反だ」(ユンケル欧州委員長)と非難している。WTOルールは自国産業を保護する目的で高関税を導入した加盟国に対し、他の加盟国は影響を相殺するため追加関税を課すことを認めている。

 EUはハーレーダビッドソンのオートバイやバーボンウイスキーにも25%の追加関税を課す。米共和党議員の選挙区の産品を狙い撃ちし、トランプ政権に揺さぶりを掛ける思惑がある。

 一方、トランプ氏は22日、「EUが米国に課している関税や貿易障壁をすぐに取り除かなければ、米国への輸入車すべてに20%の関税をかける。ここ(米国)でつくれ!」とツイッターに投稿した。トランプ政権は5月下旬から、安全保障を理由に車への追加関税を課すべきか検討している。

 トランプ大統領のツイッタ―です。


  Based on the Tariffs and Trade Barriers long placed on the U.S. and it great companies and workers by the European Union, if these Tariffs and Barriers are not soon broken down and removed, we will be placing a 20% Tariff on all of their cars coming into the U.S. Build them here!


  確かに、ここ(米国)で自動車を作れと言っていますね。

  凄いというか、滅茶苦茶というか…

  貿易戦争は激化する一方のようです。

 私、現役時代に、世界銀行などの年次総会の各国の大臣演説のなかに「保護主義の台頭を許してはならない」という趣旨の文言を何度も見たことを憶えています。

 どこの国の演説にもそのような文言が並んでいました。

 もちろん、日本の代表が行う演説のなかにもそのような文言がありました。というか、私の所属していた課などが演説の案を作成していた訳ですが…

 で、まだ経験の浅かった私は…

 保護主義の台頭を抑えるということはそれほど大切なことなのか、と一人で考えていたのです。

 それにしても、耳にタコができてしまうな、と。

 それが今、180度変わって、保護主義で一色になりそうなのです。

 誰がこんな事態を予想できたでしょうか?



 しかし…


 火遊びもほどほどにしないと大変なことになってしまうとも思います。

 どうやって収束させるのか、と。


 





  トランプ大統領も安倍総理もまともに勉強していないので、大胆なことができるのだ、と思う方、クリックをお願い
致します。大胆なこととはバカなことという意味です。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 先進国のリーダーたちが一堂に会し、直面する諸問題を解決するためのサミットの場が
問題をこじらせる場になっています。

 トランプ大統領が米国の貿易赤字を少しでも少なくしたいという気持ちは分からないでもありませんが…しかし、その原因が総て他の国の不公正な慣行にあると決めつけるのは到底受け入れられるものではありません。

 他の国は不公正なことをする一方で、米国だけは清く正しい行いをしていたから貿易赤字が溜ってしまった、だなんて。

 サミット開催前から、決裂が予想されていた訳ですが…

 少しでも自分に有利になるようにとトランプ大統領は揺さぶり作戦に出ました。

 

 突如として、ロシアを参加させろと主張したのです。

 幻惑作戦とでもいうのでしょうか?

 しかし、それに対して、メルケル首相はノーという返事を突き付けています。

 日本の安倍総理は、そのときトランプ大統領の主張を支持しなかったのでしょうか?

 

 それにしても、何のためのサミットなのでしょうね?


 これでは世界が良い方向に向かう筈がないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米朝首脳会談とトランプ関税に注目が集まっています。

 トランプ関税については、特にEUとカナダなどが怒っているように見受けられますが…日本はどうなのでしょうね?

 トランプ大統領に文句など言える訳がない?

 そうかも知れませんが…


 NPRが報じています。
LULU GARCIA-NAVARRO, HOST:

Unanimous concern and disappointment - some of America's closest allies vented their anger this weekend over President Trump's tariffs on imported steel and aluminum. The six finance ministers of the G7 organization - among them Canada, France, and the U.K. - are calling out its seventh member, the United States. White House economic adviser Larry Kudlow this morning downplayed the friction, calling it a family quarrel. There is one organization, though, tasked with dealing with international trade disputes, the World Trade Organization. And Canada and the EU have already filed challenges to the tariffs with the WTO. Jennifer Hillman is a former member of the World Trade Organization's appellate body, and she joins me now. Welcome to the program.

「満場一致の懸念と失望。米国の一番身近な同盟国が、この週末、トランプ大統領の鉄鋼とアルミニウムに対する関税に怒りをぶちまけました。G7の6か国の財務大臣にはカナダ、フランス、英国が含まれますが、彼らは7番目の国である米国を呼び出しました。ホワイトハウスの経済顧問であるラリー・カッドローは、今朝、この経済摩擦を家庭内の喧嘩だといって軽視してみせました。国際的な貿易紛争を扱う機関としてWTOがあります。そして、カナダとEUは既にこの米国の関税措置についてWTOに提訴してます。ジェニファー・フィルマンは、WTOの紛争審理組織の元メンバーです。彼女に本日は参加してもらいます」

JENNIFER HILLMAN: Thank you very much.

「ありがとうございます」

GARCIA-NAVARRO: OK. So just briefly, why are these countries coming to the WTO?

「それでは簡単にお願いしますが、何故これらの国はWTOに行ったのですか?」

HILLMAN: Because they believe what the United States has done violates its WTO obligations. The United States promised, as part of a series of tariff negotiations, to limit its tariffs on steel to 0 percent duties and to limit its tariffs on aluminum to somewhere between 0 and 6 percent on average. And secondly, they're complaining because one of the other rules of the WTO is that you cannot discriminate as among WTO members. And, here, the United States is applying the steel and aluminum tariffs to some countries but not to Korea, not to Brazil, not to Australia, not to Argentina. So the other complaint is, at its core, that there's been discrimination against the EU, Canada Mexico and the other countries that are subjected to the tariffs.

「それは、彼らが、米国の行ったことはWTOの義務に違反していると考えているからです。米国は、一連の関税交渉の結果、鉄鋼に対する関税率は0%、そしてアルミニウムに対しては平均して0%〜6%の関税率にすることを約束しています。第二に、WTOのルールとして、WTOのメンバーについて差別的な扱いをしてはいけないと定めていて、それに違反すると言っているのです。米国は鉄鋼とアルミニウムに対して関税をかける措置を取りましたが、韓国、ブラジル、オーストラリア、そしてアルゼンチンは対象となっていません。そこで、EU、カナダ、メキシコ、それに他の対象国が差別されていると言っている訳で、それが不満の核となっています」

GARCIA-NAVARRO: Could this dispute turn into something more serious, depending on what the WTO rules?

「WTOの裁定次第では、もっと深刻な事態になることがあり得ますか?」

HILLMAN: Well, if it ruled, it would hear this complaint and figure out whether they agree or don't agree with the European Union or Canada or any of the challenges. And I think the chances that the WTO will decide against the United States are very, very strong. I mean, it's a very clear case of a violation. What will get tricky for the WTO is, what are they going to do about the defense that the United States intends to raise?

「WTOは、提訴内容についてヒアリングを行い、EUやカナダの言い分が正しいかどうかについて判定を下すでしょう。判定の結果としては、米国が違反を犯しているということになる可能性が大変強いと思います。典型的な違反事例だということです。但し、米国は、これは防衛的なものであると主張しているので、それをWTOがどのように扱うかということはあります」

GARCIA-NAVARRO: So that defense is national security, apparently?

「防衛と言うのは、国家の安全保障ということですね?」

HILLMAN: It's national security. Exactly. And so what the United States is going to say is that there is a provision in the WTO that says, yes, you can break your tariff commitments. You can discriminate if you fall under the terms of this security exception. And that's really the problem for the United States - is that it's not clear that these steel or aluminum tariffs fit within any of those boxes.

「国家の安全保障ということです。米国は、WTOの規定に書いてあることを主張するでしょう。つまり、この安全保障条項という例外規定に該当するような場合には、差別的な取り扱いをすることができる、と。関税に関する約束を反故にすることができる、と。まさに米国にとっての問題になる訳ですが、しかし、鉄鋼とアルミニウムに対する関税措置がこうした例外規定に該当するかどうかは定かではないのです」

GARCIA-NAVARRO: All right. So the WTO is going to have to arbitrate this. But whatever they rule, will it have teeth? I mean, what will the WTO do?

「分かりました。WTOは裁定を下すということですね。しかし、どのような結果になっても、強制力はあるのでしょうか?要するに、WTOは何をするのか、と」

HILLMAN: So, again, what happens at the end of a WTO case is that countries are asked to come into compliance. If you do not, then there are sort of two other options. One is that the countries - the European Union, Canada, et cetera - could ask the United States to compensate them for the amount of trade that's been lost or disrupted as a result of the tariffs. The last option is that the EU, Canada and others can add on retaliation duties against the United States.

「最後には、従うことが求められることになります。もし、従わないのであれば、二つの手段が残されています。一つは、EUやカナダなどの国が、米国に対してそうした関税措置の結果被った被害を弁償するように求めることができます。それにも従わないのであれば、最後の手段として、EUやカナダなどの国が、米国に対して報復関税をかけることができます」

GARCIA-NAVARRO: What do you think the likelihood of a trade war breaking out is?

「貿易戦争が勃発する可能性はあると思いますか?」

HILLMAN: I fear that it's higher than I would ever have imagined and would like to see. I think the Trump administration has miscalculated the willingness of Europe, Canada, Mexico and many other countries to react to these steel and aluminum tariffs. I fear that what they thought is that everybody would agree. And obviously, what's happened is most of the countries have said no. No, you don't have a right to put on these tariffs in the first place, so I'm not going to agree to limit my trade just to get out from underneath your illegal tariffs.

「思っていた以上にその可能性は大きいと思います。トランプ政権は、この鉄鋼とアルミニウムに対する関税に関するEU、カナダ、メキシコなどの国の反応について判断を誤ったと思います。トランプ政権は、皆が同意してくれると思ったのではないでしょうか。しかし、実際には、殆どの国がノーと言っているのです。貴方は、第一に、そうした関税を課す権利はない、と。従って、そうした違法な関税措置に従って貿易量を制限することに同意することはしない、と」

GARCIA-NAVARRO: The WTO is really an institution that was built around trying to prevent trade wars happening. And just remind us why that is. Why are trade wars damaging?

「WTOは、貿易戦争が起こることを防止するために設けられた機関です。どうしてそうなったのか、そして、貿易戦争はどうして害になるのかを教えてください」

HILLMAN: That's exactly right. Its whole purpose is to set up a set of binding rules that everybody will agree to because what happens is when one country says, I'm going to raise my tariffs on you, other countries then get into the act and say, well, I now need to raise tariffs to protect my market because all of the steel or the aluminum that didn't end up in the United States is now ending up in my market and hurting my suppliers. So everyone starts raising tariffs on each other. And at that point, you end up where we were in the late '20s and early 1930s, which is the entire trading system crashing and the economies of the world crashing. And you get into a long and deep recession.

「まさにそのためにWTOは設けられました。その目的は、全ての人々が納得できる規則を作ることでした。ある国が貴方の国に関税を課すと言ったとします。そして、それに対して貴方が、米国に行きつくことのできなかった鉄鋼とアルミニウムが国内に留まってメーカーに被害を与えているので、自分も自国のマーケットを守るために関税を引き上げる必要があるというような場合のルールを定めるのです。誰もが互いに関税を引き上げることになれば、1920年代や1930年代の状態に陥ってしまいます。その際には、全ての貿易システムがマヒし、そして世界経済が崩壊しました。そして、長期間の深刻な不況に陥ったのです」

GARCIA-NAVARRO: Jennifer Hillman is a professor at Georgetown University Law School and a former member of the WTO's appellate body. Thank you very much.

HILLMAN: Thank you.

 トランプ大統領は、どのように対応するのでしょうね?

 非常に興味深いです。

 
 トランプ大統領は、思いつきでなんでも決めてしまう男だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓

   
このエントリーをはてなブックマークに追加

 布団のなかで未明にnprを聞いていたのですが、ずっと米朝首脳会談が中止になったことをやっていました。

 北朝鮮が揺さぶりをかけるものだから、それに対抗する意味で米国が揺さぶりをかけてもおかしくはないと思いますが…

 でも、如何なものなのでしょうか?

 人質を返してもらい…そして、核実験場を爆破までさせておいて、首脳会談は中止だなんて。

 トランプ大統領は、金正恩に書簡を送ったようですが…

 首脳会談を中止しなければならない決定的な理由は見出しがたいと思われます。

 米朝首脳会談


 それに呆れてしまう文言も含まれています。 


 You talk about your nuclear capabilities, but ours are so massive and  powerful that I pray to God they will never have to be used.


 「貴方は、北朝鮮の核兵器の能力について話をする。しかし、我々のものは大変でかく、そして大変強力だ。だから、それを決して使わなくてもいいように神に祈っている」

 核兵器が拡散しないようにする努力は大切ですが…

 でも、北朝鮮に対して、核を保有するなという米国が、核の脅威でもって自分たちの主張を押し通そうとしているのです。


 何かおかしくありませんか?

 だからこそ、北朝鮮も核開発をしてきたのではないでしょうか?


 
 早く、大統領の座から退いて欲しいと思います。


 トランプは早く大統領を辞めて欲しいと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ