経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: トランプ

 トランプ大統領の減税案の大まかな方針が示された訳ですが…それについて、米国人はどうみているのか?

 米国の公共放送のnprが分かりやすいく解説していましたので、ご紹介します。

STEVE INSKEEP, HOST:

And I'm Steve Inskeep with some of the top stories of this day. David, let's talk taxes.

「スティーブ・インスキープです。本日は、トップストーリーとして幾つか用意しています。デイビッド、税の話をしましょう」

DAVID GREENE, HOST:

OK, if you insist - it's what I want to talk about every time I wake up in the morning.

「どうしてもというのなら、いいですよ。まあ、毎朝起きたとき、話をしたいと思う事柄ですし」

INSKEEP: Sure.

「確かに」

GREENE: Taxes, yeah. So President Trump teased this tax announcement on Twitter over the weekend. And a lot of people in Washington were speculating this would be part of his agenda before he hits his hundredth-day mark in office. But then his administration scaled it back and said it would just be broad principles. This is Treasury Secretary Steven Mnuchin at the White House on Monday.

「税金についてですね。トランプ大統領は週末にこの税制改革のお知らせについてツイッタ―でねちねち言っていましたね。ワシントン関係者の多くは、これが大統領就任100日を前にした大統領の公約になるのかと疑っていました。しかし、彼の事務方がこれを後退させ、基本的な方向性を示したものと言った訳です。次が、ムニューシン財務長官が月曜日のホワイトハウスで述べた内容です」

(SOUNDBITE OF ARCHIVED RECORDING)

STEVEN MNUCHIN: We've been clear on what the president's objectives are for tax reform - middle income tax cut, a priority of the president's - simplification. The average American should be able to do their taxes on a large postcard. Business tax reform, we need to make business taxes competitive. And we expect with doing that we will bring back trillions of dollars from offshore.

「大統領が考える税制改革の目的ははっきりしている。中産階級の減税と、税制の簡素化である。平均的なアメリカ人は、郵便で所得申告をして課税手続きをできるようにしなければならない。企業の税制改革については、競争力を保持できるような法人税にする必要がある。そして、そうすることによって海外から何兆ドルものお金を呼び戻すことを期待する」

INSKEEP: OK, Domenico Montanaro of NPR's Politics team is in our studios to talk about this. Hi, Domenico.

「分かりました。NPRの政治部のドメニコ・モンタナロがこれについて話をするためにスタジオにきています。ハイ、ドメニコ」

DOMENICO MONTANARO, BYLINE: Hi there, Steve.

「どうも、スティーブ」

INSKEEP: OK, broad principles, large postcards - what are we getting here?

「基本的な方向性、郵便での手続き…どのように理解すべきでしょう?」

MONTANARO: Well, essentially those are guidelines in the same way that you would get in a campaign. There's this 15 percent business tax rate cut that Trump had laid out during the campaign. And it includes...

「まあ、本質的には、選挙期間中のガイドラインと同じようなものだということです。トランプ大統領は、選挙期間中法人税の15%への引き下げを打ち出していた訳ですから。それには…」

INSKEEP: Much lower taxes for corporations, OK.

「法人税が非常に低くなるということですよね」

MONTANARO: Far lower - they pay, you know, 35 percent or so, 39.6 if you're a company that pays it through your own income, like most private businesses or small businesses. And the key there is because that actually would directly benefit Donald Trump. It would save him tens of millions of dollars a year because that's how his businesses are set up. There would be tax cuts across the board, including a modest one for those considered middle-class. It would seek to simplify the tax code.

「遥かに低いです。今は、35%です。個人企業の場合には39.6%ですが。ここで重要なことは、この減税はドナルドトランプに直接利益をもたらすということです。1年間に何千万ドルもの節約になるでしょう。まあ、そのために彼は会社を作っている訳ですので。中産階級を含め、全体として減税になります。税制度の簡素化をすることになりますから」

But, you know, people talk about the idea of putting taxes on a postcard, like Mnuchin did there, but it can also mean doing away with popular deductions, like the home mortgage interest deduction, something that Mnuchin promised Trump would scale back in December.

「しかし、お分かりでしょうが、ムニューシン財務長官が言ったように郵便ハガキで所得申告をする案が取り沙汰されている訳ですが、そうなると住宅ローン金利などの人気の減税措置がなくなってしまうことになるのです。トランプ大統領は12月にその減税措置を縮小するとムニューシン財務長官が言っていたことです」

INSKEEP: And a good reminder here - I mean, your principle, your idea can be unicorns. But you've got to figure out how to make unicorns come true. And let's pick up on one of the things you mentioned, Domenico, because while campaigning, now-President Trump repeatedly made this promise.

「あることを思い出しましたが、その考えは、理想論に終わることはありませんか? 理想を現実のものにする方法を考えなければいけないと思うのですが…。選挙期間中に、今は大統領になっているトランプ氏が繰り返し言っていたことがありますので、それについて考えてみたいと思います」

(SOUNDBITE OF ARCHIVED RECORDING)

PRESIDENT DONALD TRUMP: Under my plan, no American company will pay more than 15 percent of their business income in taxes.

「私の計画が実施されれば、どのような企業も法人所得のうち15%を超える税金を支払うことはなくなる」

INSKEEP: OK, that's a big cut because it's 35 percent now...

「大きな減税ですよね、今は35%ですから」

MONTANARO: It sure is.

「確かに」

INSKEEP: ...Which is pretty high compared to some other countries, which is why they want to do it. But if you cut taxes that much, it would cost trillions of dollars in revenue to the government. Has the president said how he wants to replace the money?

「他の国と比べても非常に高い水準ですし、だから減税したのでしょうが…しかし、もしその減税を実施すれば、何兆ドルもの収入が失われることになります。大統領は、その分をどうやって賄うと言っているのですか?」

MONTANARO: In one ambiguous word, growth. You know, experts, though, during the campaign said that Trump's various iterations of his tax plan would blow a huge hole in the budget - trillions of dollars, even bigger than the Bush tax cuts. And that was true even using something called dynamic scoring, which takes growth into account.

「ぼんやりとした言い方ですが、成長によってです。お分かりでしょうが、しかし、専門家たちは、選挙期間中、トランプの減税は、結局、大きな歳入不足を招くだけだと言っていました。その規模は何兆ドルにもなり、ブッシュ減税よりも大きなものとなりそうです。減税による成長効果を見込んで計算してもそうなるのです」

INSKEEP: And so is this a serious tax plan?

「だとしたら、これは真面目な税制改革なのでしょうか?」


MONTANARO: You know, it's a serious tax plan in the sense that he's bringing it forward. It's not in the form of legislation at this point. But he's going to have to work out a lot of things with Congress, with Democrats as well. And at this point, it's at the infant stages.

「大統領が提案したという意味では真面目な税制改革案です。しかし、現時点では法案化されてはいません。議会や民主党とともこれから詰める必要があります。現時点では、生まれたばかりの案と言っていいでしょう」


 公共放送のnprですが、日本のNHKのように忖度というか…アンコンされている雰囲気は余りないと言っていいでしょう。

 トランプ大統領の減税案は真面目なものかなんて聞くからです。

 いずれにしても、このような話から分かることは、歳入不足が何兆ドル、つまり、何百兆円単位で発生することが見込まれ、とても法人税率を15%に引き下げることなど無理だろうと多くの人が考えているということなのです。

 いずれにしても、成長すれば税収が増える筈だから…なんて考え、なかなかそう簡単にいくものではないのです。



 結局、トランプ氏の公約で実現しそうなものは殆どないということだなと思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 来週の水曜日、大減税案を発表するとトランプ大統領が言っています。

  We’re now in the process of rebuilding America, and there’s a new optimism sweeping across our country like people have not seen in many, many decades.  

「我々は今、アメリカを再建する途上にあり、人々が長年経験したことのないような期待感がアメリカ全土に広がっている」

 We’re here today to continue this great economic revival.  

「本日、私はこの経済再建を継続させるためにここにいる」

 I will be signing three presidential directives to further protect our workers and our taxpayers.

「私は、労働者と納税者の利益を守るため3つの大統領令に署名する」

 The first executive action instructs Secretary Mnuchin to begin the process of tax simplification.  

「最初の大統領令は、ムニューチン財務長官に税制簡素化に取り組むことを命ずるものである」

 Such a big thing.

「大変な出来事だ」

 People can’t do their returns.  

「人々は税金の還付手続きができない」

 They have no idea what they’re doing.  

「どうしたらいいか分からないのだ」

 They’re too complicated.  

「税の仕組みが複雑すぎる」

 This regulatory reduction is the first step toward a tax reform that reduces rates, provides relief to our middle class, and lowers our business tax, which is one of the highest in the world and has stopped us from so much wealth and productivity.

「この税制度の簡素化が第一段階のステップであり、それによって減税向けた税制度改革が始まり、中産階級の支援することになりまた法人税を低くすることになる。米国の法人税は世界で最も高く、それが成長や生産性の向上を阻害している」


 期待していいのでしょうか?

 しかし、大方の反応はそれほど好意的ではないようです。

 水曜日に発表されるものも、大まかな指針を示すものに留まるのではないか、と。

 税制度の改革を行うには、様々な既得権益が絡んでおり大変複雑な作業が必要とされるからです。

 まあ、既にトランプ氏の約束の幾つかが反故にされていることでもあり、この減税の約束もそれがそのまま実現することは極めて難しいでしょう。

 オバマ大統領をボロクソに言っていましたが、結局、似たような政策を取るしかないということのようなのです。




 トランプ大統領は、言うだけ番長だったのかと思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 米国のVOAがカールビンソンがまだ北朝鮮に到着していないことに関して報じていますので、ご紹介します。

WHITE HOUSE — The U.S. sought to assure allies Wednesday that the USS Carl Vinson naval strike group is indeed headed to the northern Pacific as a deterrent to North Korea's nuclear weapons program. But this came after days of misleading statements that the aircraft carrier and other ships had already been headed there.

「米国は水曜日、カールビンソンの攻撃部隊は北朝鮮の核開発計画を阻止するために実際に北太平洋に向かっていると発表して同盟国を安心させようとした。しかし、この発表は、カールビンソン等の戦艦が既に北太平洋に向かっているとの誤解を招く声明を出した後、何日も経ってからなされたものだ」

"We're sending an armada, very powerful," President Donald Trump declared April 11, three days after the strike group left Singapore.

「その攻撃部隊がシンガポールを発った3日後の4月11日、トランプ大統領は、我々は非常に強力な艦隊を送っていると発表した」

Admiral Harry Harris, commander of the U.S. Pacific Command, had announced April 9 he was ordering the strike group to sail north after leaving Singapore and that it would not be making previously planned port visits in Australia.

「海軍大将でアメリカ太平洋司令官のハリーハリスは、4月9日、攻撃部隊に対して、シンガポールを出発した後北へ航行し、当初予定されていたオーストラリアへの寄港を取りやめるように命令したと発表した」

However the strike group instead stayed in the western Pacific and conducted an abbreviated set of exercises with Australian forces. By last Saturday, the Vinson was sailing through the Sunda Strait, which separates the Indonesian islands of Java and Sumatra, thousands of kilometers from the Korean peninsula.

「しかし、この攻撃部隊は、西太平洋に留まり、オーストラリア軍との簡略化された訓練に従事した。先週の土曜日までに、インドネシアのジャワ島とスマトラ島の間のサンダ海峡を通過していた」

On Wednesday, U.S. officials attempted to clarify the conflicting statements about the strike group's whereabouts.

「水曜日、米国の政府関係者は、この攻撃部隊の所在地に関する矛盾する声明の解明に務めようとした」

White House spokesman Sean Spicer noted Trump's comment "that we have an armada going towards the peninsula. That's a fact, it's happened. It is happening rather."

「スパイサー報道官は、トランプ大統領の我々はその半島に向けて艦隊を送ったという発言を認めた」

“What part is misleading? I’m trying to figure that out…I’m not the one who commented on timing,” said Spicer.

「どの部分が誤解を生んだのか? 解明しようとしたが、私は、時期について述べた者ではない、とスパイサーは述べた」

Defense Secretary Jim Mattis, on a visit to Saudi Arabia, told reporters, "The Vinson, as I’ve said on the record, was operating up and down the western Pacific. And we’re doing exactly what we said. And that is, we’re shifting her, instead of continuing one direction as she pulled out of Singapore she’s going to continue part of our cruise down in that region but she was on her way up to Korea."

「サウジアラビアを訪問中のマティス国防長官は、記者団にこう述べた。私が述べたように、カールビンソンは西太平洋を北上したり南下したりしながら訓練をしている。我々は言ったことを必ず実行する。我々は、カールビンソンがシンガポールを発った後、真っ直ぐ向かわせずに、当該地域を暫く南下させたと言うことであり、しかし、韓国への航路を取っているということである」

Mattis then said, "She will be on her way. And I’ll determine when she gets there and where she actually operates. But the Vinson is going to be part of our ensuring that we stand by our allies in the northwest Pacific."

「そして、マティスは次のように言った。カールビンソンは向かっているのだ。そして、いつそこに到着し、どこで実際に活動するかは私が決める。しかし、カールビンソンは、北西太平洋地域における我々の同盟国とともに米国が存在することを保証するものとなる」

The mixed messaging is being viewed by some as undermining the United States' credible threat of military force against North Korea.

「この二つの意味に取れるメッセージは、見る人から見れば、北朝鮮に対する米国の軍事的な脅かしを弱めるものになってしまう」

‘Duped by Trump: U.S. Taunted Over Carl Vinson Aircraft Carrier Tale,’ was the headline in the conservative business daily Wall Street Journal, which noted “ridicule in some corners of Asia and wariness in others.”

「トランプに騙された:カールビンソンの話で米国が愚弄というのが、ウォールストリートジャーナルのタイトルであって、アジアではそれを嘲笑するところもあれば、警戒するところもある」

The headline in China’s Global Times read ‘Tricked Badly,’ while the Korea Times in Seoul bluntly declared ‘US lied about carrier strike group.’

「中国のグローバルタイムズのヘッドラインは、担がれた、であり、韓国タイムズは、米国が艦隊に関して嘘を付いたと宣言している」

Carrier to spend extra month off Korean Peninsula

「朝鮮半島の沖でさらに時間を費やすことになる航空母艦」

After the initial U.S. Pacific Command announcement on April 9 stated that the Carl Vinson Strike Group was headed north toward the Western Pacific Ocean, a spokesman for the command told VOA and other news organizations this was motivated by North Korea’s “reckless, irresponsible and destabilizing program of missile tests and pursuit of a nuclear weapons capability.”

「4月9日に、カールビンソンの攻撃部隊が西太平洋を北に向かっていると米国太平洋司令部が発表した後、同司令部の広報官はVOAを含むメディアに対して、これ、北朝鮮の向こう見ずで無責任で、そして、当該地域を不安定化させる北朝鮮のミサイル発射テストと核開発に対抗するものであると述べた」

This raised concerns that Trump might launch a unilateral military strike to prevent or retaliate against a possible North Korean nuclear test on April 15, the birth anniversary of the nation’s founder Kim Il Sung, often marked by a provocative weapons test.

「このことは、金日成の生誕祭である4月15日に北朝鮮が核開発の実験を行うことの阻止手段として、或いは仮にそれが行われた場合の対抗手段としてトランプが北朝鮮に対し軍事行動に打って出るのではないかとの懸念を生み出した」

North Korea did not conduct a nuclear test that weekend but held a massive military parade and attempted a missile test at or near its key submarine base at Sinpo.

「実際には、その週末に北朝鮮が核実験を行うことはなく、大規模な軍事パレードとミサイルの発射実験を潜水艦の寄港地であるシンポで行っただけである」

The Vinson and its strike force is believed to still be in the Indian Ocean, engaged in training exercises with Australia and is now expected to arrive in waters off the Korean peninsula around April 25, when North Korea marks an important holiday: Military Foundation Day.

「カールビンソンは未だにインド洋にいると信じられている。そこでオーストラリア軍と軍事訓練をしており、朝鮮半島の沖近くには4月25日頃に到着するとみられている。4月25日は、北朝鮮軍創建日に当たるのだ」

(中略)

Ambiguous messaging damages credibility

「曖昧なメッセージが信ぴょう性を低下させる」

The perceived communications mix-up discredits some of the tough rhetoric coming from the Trump administration.

「トランプ政権から発せられる厳しい発言も、メッセージの意味が混乱すると信ぴょう性に疑問がつくこととなる」

"If you threaten them and your threat is not credible, it's only going to undermine whatever your policy toward them is," said North Korea expert Joel Wit at the 38 North monitoring group, run by Johns Hopkins University's School of Advanced International Studies.

「彼らを脅かそうとしても、その脅かしが信じられなければ、彼らに対して米国がどんな政策に打って出ようとも効果が弱くなってしまうと、北朝鮮の専門家のJoe Wit は言う」

Analyst Daniel Pinkston with Troy University in Seoul, said this policy of increased military pressure is not only weakened by mixed messages over deploying a naval strike force, but also by widespread opposition among important allies such as Japan and South Korea.

「ソウルにあるトロイ大学のアナリストのDanierl Pinkstonは、攻撃部隊を派遣したことに関するメッセージが違ったように理解されるのであれば、北朝鮮に対し圧力をかけるという作戦の効果が弱まるだけではなく、日本や韓国などの同盟国からの反発を招くことにもなると言う」

(中略)

U.S. Vice President Mike Pence did not mention the delay in sending the Vinson group Wednesday when he addressed American military forces aboard the USS Ronald Reagan, a Nimitz class aircraft carrier undergoing maintenance in Yokosuka, Japan.

「ペンス副大統領は、水曜日、横須賀に停泊中のロナルドレーガンの隊員に向けてスピーチをするなかで、カールビンソンが遅れている理由について何も述べなかった」

Pence instead repeated stern warnings to Pyongyang that he made earlier in Seoul and Tokyo, not to test America’s resolve. He again referenced Trump’s decisions to launch missile strikes in Syria and Afghanistan, and said the United States is fully prepared to use military force if needed.

「その代り、ペンス副大統領は、北朝鮮に対して、ソウルと東京で言ったことを繰り返した。アメリカの決意を試すようなことをするな、と。彼は、シリアとアフガニスタンに対し空爆すると大統領が決定したことに言及するとともに、必要があれば米国は軍事行動に出る用意が十分出来ていると述べた」


 なんか、アメリカの言うことをどこまでアメリカを信じていいのやら、と思ってしまいます。。

 いずれにしても、トランプ大統領が思いつきで何でも発言してしまうので、役所の方がそれに合わせるのに四苦八苦しているということではないのでしょうか?

 森友学園事件に関する総理の発言と、それを庇うための関係省庁の言動を思い出してしまいました。



 トランプ大統領の言うことを信じる方がどうかしていると思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランプ大統領は18日、バイ・アメリカン、ハイヤー・アメリカン政策を強化するための大統領令に署名したと報じられています。

Trumpbuy ameri


We're going to do everything in our power to make sure more products are stamped with those wonderful words, “Made in the USA.”

「我々は、より多くの商品に米国製という素晴らしい言葉が書かれるように、我々としてできる限りのことを行う」

 連邦政府が資材を調達する場合の米国製品の購入義務を強化したり、専門技能を有する外国人労働者に対するH-1Bビザの発給を厳格化したりするための大統領令だと言われています。

 どう思いますか?

 市場経済の原理を信奉する人々、否、そんな難しいこととは関係なく、普通に商売をやっている人からしたら、そんなことでは商売にならないという反応が返ってきそうですね。

 確かにアメリカの経済が発展することが望まれる。しかし、だからと言って、国産の高い資材の購入を義務付けられたり、或いは海外の安い労働力に頼ることが否定されれば、競争力が削がれてしまう、と。

 その一方で、労働者の立場からすれば、このような政策は大変にありがたい政策であり、企業の発展よりも国の発展を重視するならば、このような政策も時として認められるべきだなんて考えの人がいるかもしれません。

 まあ、愛国的精神が高じて、このような政策をトランプ氏が止むに止まれず採用したというのであれば、少しは分からないでもありません。

 米国の労働者たちのために、或いは米国の経済の発展のために、と。

 但し、もし、トランプ氏がそのような慈愛に満ちた考えからそのような政策を主張しているのであるとしたら、トランプ氏が経営する企業も、そうした方針に沿ってバイアメリカン、ハイヤーアメリカンに協力していないとおかしいですよね?

 そうでしょう?

 この点に関して、CNBCが次のように報じています。

Last year, Trump got approval to hire 64 foreign workers for his Mar-a-Lago resort in Florida through the government's H-2B visa program, according to the Palm Beach Post.

「パームビーチポストによれば、昨年トランプは、政府のH-2Bビザを利用して彼のフロリダのマールアラーゴの従業員として64人の外国人を雇う許可を得たされている」

Trump has heavily criticized the H-1B program, but not the H-2B, which applies to seasonal or temporary workers.

「トランプはH-1Bビザを厳しく批判しているが、季節労働者に適用されるH-2Bビザについてはそうではない」

Trump defended the hiring move in a presidential debate last March, saying it is "very, very hard" to find workers to fill those jobs — which included positions for waiters, cooks and housekeepers, according to the Post report.

「パームビーチポストによれば、トランプは昨年3月の選挙戦での討論会で、ウェイターやコック、それに家政婦などを見つけるのは大変難しいからと、弁解したとのことであった」

(中略)

NBC News found that shipments of Chinese-made dresses bearing the brand of Trump's daughter Ivanka have continued to be shipped into the United States since Trump took office.

「NBCニュースは、トランプ氏が大統領に就任した後も、娘のイヴァンカブランドで売っている中国製の洋服が引き続き米国に輸入されていること確認した」

 Ivanka Trump, who recently took a White House job, has said she no longer has a management role in the brand.

「最近ホワイトハウスの一員となったイヴァンカ氏は、もうその仕事の経営にはタッチしていないと述べた」


 如何ですか?

 これが労働者の味方の振りをしているトランプ大統領の実際の姿なのです。

 なんといい加減で、なんと節操のない男でしょう。

 安倍総理とケミストリーが合うのが分かる気がします。


 こんな男たちがリーダーである限り、世界が良い方向に向く筈がないと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 寿司友の田崎氏が、北朝鮮情勢が緊迫化するなか「安倍政権でよかった」と言っています。

 お勤め、ご苦労様と言いたい。

 まあ、そうやって世情に疎い年寄りたちを洗脳するのですね。

 印象操作といってもいい。

 それはそうと、では何故安倍政権でよかったかと言うと、安倍総理とトランプ大統領は気が合うので良好な関係が出来上がっているからだと言うのですが…

 確かに、トランプ大統領と安倍総理のケミストリーが合うことは認めなければなりません。

 しかし、だからこそ欧州勢などからすれば、トランプ大統領と安倍総理は問題児ということになるのではないのでしょうか?

 いずれにしても、二人は共通点が多いのですよね。

 情報を隠したがる点でもそっくり。

 官邸に訪れた人の記録は即日廃棄されるとか、財務省や財務局の入庁記録は残されていないと言っている安倍政権ですが、な、な、なんと、トランプ政権もこれまでの方針を転換して、ホワイトハウスを訪れた人の記録を公表しないことにしたのだとか。

 ただ、敢えていうと、トランプ政権は、記録はあるが敢えて公表しないと言っているのに対し、日本の場合は、そもそも記録が残されていないなんて嘯いている点が違います。

 日本の場合は、もうバカバカしくて開いた口が塞がらないのです。記録がないなんて、或いは、記録を即日廃棄するなんて、誰が信じるでしょうか?

 都合が悪い記録はないことにしているだけではないですか?!

 なのに、メディアは全然追及する姿勢がない、と。

 ところで、トランプ氏は最近、経済問題に関するこれまでの自分の主張を次々と撤回しているのですが、ご存知でしょうか?

<新しい主張>

 ・中国は為替操作国ではない。

 ・米輸出入銀行を支持する。

 ・イエレン議長を再任する可能性がある。


 中国を為替操作国として認定することに関しては、昨日も言いましたが、北朝鮮との関係で中国の協力を得るために取引材料として使ったという理解は全くのデマなのです。

 まあ、そんな風に言いたがる人がいるのは知っています。安倍政権のスポークスマンである山口敬之氏もそんなことをくっちゃべっていましたが、違うのです。

 というか、そんなことを言う人は、米財務省が年に2回、つまり半期毎に為替報告書を議会に提出する制度になっていることを知っているのかと言いたい! 

 そして、為替操作国に認定するためには、それなりの客観的事実が存在しなければできないということを知っているのか、と。

 で、米財務省がその半期の一度の報告書を議会に提出する時期となって、財務省が作成した原案をトランプ大統領がみたら、中国は為替操作をしてないと書いてあったので、それを認めるしか仕方なかったというだけの話なのです。

 でも、率直にそれを認めると格好がつかないので、北朝鮮政策との関係で中国が協力をしてくれたから…なんて作り話をしているのです。

 それから、米輸出入銀行なんて大企業だけを優遇していて必要ないと言っていたトランプ大統領。でも、これについても現実路線に戻る、と。

 FRBのイエレン議長についても、任期が来たら辞めてもらうとはっきり言っていました。FRBが長い間、超緩和策を採用しているのはおかしい、と。株のバブルを起こしているだけではないか、と。

 しかし、今トランプ大統領は、安いドルが望ましいからという理由で低金利を続けて欲しいだなんて注文を付けているのです。


 なんという節操のなさ!

 もう滅茶苦茶と言っていいでしょう。

 どうして、これで強い経済が実現できるというのでしょうか?

 
 トランプ大統領と安倍総理の経済政策は本当に滅茶苦茶だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ


 トランプ氏の発言が注目を集めています。

 ドルは強くなりすぎていると言ったこと?

 確かにそれもそうですが…それだけではありません。

 トランプ大統領は、中国は為替操作国に認定することはしないと言いましたよね?

 選挙期間中、あれだけ中国を非難し、大統領就任の第一日目に中国を為替操作国に認定すると言っていたのにも拘わらずです。

 どうしてなのでしょう?
日テレNEWS24

またトランプ大統領は、ウォールストリートジャーナル紙のインタビューで、北朝鮮への対応を優先するため、中国を「為替操作国」に認定しない考えを示した。「為替操作国」の認定はトランプ大統領の公約だったが、中国が北朝鮮への圧力を強める見返りに譲歩したものとみられる。
時事通信

米大統領、ドルは「強過ぎる」=北朝鮮で協力なら譲歩−中国を為替操作国に認定せず

 こうした報道ぶりを見ると、トランプ大統領としては今でも中国を為替操作国と認定する選択肢もあり得るが、北朝鮮政策の関係で中国の協力を得たいために譲歩したということになるのですが…

 でも、それははっきり言って間違い!

 米国の財務省が、日本の財務省のように総理の隠ぺい工作にどれだけでも付き合うような組織であれば別ですが、米財務省としては、事実を中立的に判断するならば今の中国を為替操作国に認定することなど不可能であったからです。

 つまり、結論は決まっていた、と。

 中国を為替操作国に認定することなどあり得なかった、と。

 これでもイマイチぴんとこない人のために言うと…

 中国の外貨準備高は一時4兆ドル程度にまで達していた訳ですが、それが今は3兆ドルを切っています。

 何故、そんな状態になっているかと言えば、中国景気が減速して、資本の海外流出が起き、その結果人民元の価値の低下が起き、そうした状態を放置する訳にはいかないことから、中国当局が人民元の価値を維持するために人民元の買い介入を続けてきた結果、外貨準備が1兆ドル程度も減少したということなのです。

 つまり、中国が人民元の価値を維持ないし高めようと努力してきたことの証拠が、1兆ドルの外貨準備高の減少だということなのです。

 しかし、トランプ大統領としては、あれだけ中国を批判していた訳ですから、そう簡単に持論を撤回する訳にもいかず…

 どうやって矛を収めればいいかを考えていたのではないかと思うのです。

 そして、そのようなときに北朝鮮情勢が動き出した、と。

 中国とも仲良くやる必要があるし…と。

 そうしないと、北朝鮮の暴走を抑えることができない、と。

 そこで、如何にももっともらしく為替操作に認定することはしないから…なんてことを言い出したのです。

 本当にバカみたいなトランプ大統領。

 そして、そんなとんでもない解説をする一部のメディア。

 いずれにしても、トランプ大統領は、為替に関して一貫した政策を採ることはできないと思います。

 何故かと言えば、ドル安に誘導して欲しいという産業界の要望がよく分かっていても、他方で、ドルが急落すれば連邦政府の資金繰りが苦しくなることが分かりかけているからです。



 大統領の発言とはこんなにも軽いものだったのかと、思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 ドル円が、久々に1ドル=108円台にまでドル安円高になっています。

 なんでも、トランプ大統領がウォールストリートジャーナルのインタビューでドルが強すぎだと述べたからなのだとか。

 I think our dollar is getting too strong, and partially that’s my fault because people have confidence in me.

 「ドルが強くなりすぎていると思う。まあ、その原因の一部は私にあるのだが。というのも人々が私を信頼しているからなのだ」

 どこまで本気で言っているのでしょうか?

 バカじゃないのか、と。

 安倍総理とchemistry が合うというのが分かるような気もします。

 いずれにしても、トランプ氏が為替に関して言及し、ドル安が進んでいるという受け止められ方が一般的だと思うのですが…私としては、トランプ氏の発言の違う面に注意を払う必要があると思います。

 実は、ドルは強くなりすぎていると言うと同時に、トランプ大統領は中国を為替操作国に認定することはないとも言っているのです。

 私が大統領に就任したら、中国を為替操作国に認定する財務長官を任命するなんて言っていたトランプ大統領。

 あの勢いはどこに行ったのでしょうか?

 北朝鮮政策に関して中国の協力を得る必要があるので、為替操作国の認定は譲歩したということなのでしょうか?

 でも、それは違います。

 というのも、この数年、中国は人民元の価値を低くするために為替介入をしているのではなく、人民元の価値を高めるために為替介入をしているからです。

 つまり、トランプ氏の主張は時代遅れのもので、今や通用はしない、と。

 だから、中国を為替操作国に認定できないのは当然なのです。

 まあ、その程度の認識しかないトランプ大統領。

 だから、ドルが強すぎるなんて言っても、その口先介入の効果がいつまでも続くとはとても思えないのです。


 大統領の発言よりも、北朝鮮情勢の影響で円高になっているのでは、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ

 今朝のフジテレビの番組を見ていると、トランプ大統領は初めて大統領らしいことをしたと米国内で賞賛されているなんて報じていた訳ですが…

 本当に最近のフジテレビっていうのは偏っているとしか思えません。

 もちろん、多くの議員たちは、今回の大統領の決断を支持しているとは言われているのですが…

 でも、同時に多くの疑問も湧いてくると言われているのです。

 保守的と言われるNPRでさえも、次のような疑問を提示しているのです。


President Trump made the biggest move of his presidency so far Thursday night — he struck Syrian military targets after an apparent chemical weapons attack allegedly ordered by Syria's Bashar Assad against his own people.

「トランプ大統領は、木曜日の夜、大統領就任以降最も注目すべき行動に打って出た。シリアのアサド大統領の命令で行われたシリア国民に対する化学兵器による攻撃がなされた後、シリアの軍事基地を攻撃したのだ」

Trump — who said it was in the "vital national security interest of the United States to prevent and deter the spread and use of deadly chemical weapons" — can use this politically to paint himself as a strong leader who will act decisively. The move also came at a low point in his presidency, which has been marred lately by infighting in his White House and a lack of action on his domestic agenda. Between this Syria action, which his team is painting as a leadership moment, and the Senate's confirmation of Neil Gorsuch, Trump's nominee for the Supreme Court, Trump hopes to get his presidency on track.

「化学兵器の拡散と使用を防ぐことが米国の安全保障を確保する上で極めて重要であると言ったトランプ大統領は、そのセリフによって行動する強いリーダーというイメージを自分に植え付けることができるのだ。また、この決断は、大統領の支持率が低い中で行われたとも言える。ホワイトハウス内での内紛と国内政策に関する実行力のなさによって支持率は下がっていた。このシリア問題に対する決断を大統領チームは、決断のときと位置付けたが、その決断と大統領が最高裁判事に指名したニール・ゴーサッチの上院で承認されるまでの間に、トランプ大統領は自分の政権が軌道に乗ることを祈った」

But the strike leaves more questions than answers, like how does it square with Trump's "America First" policy; does this mean a change in approach toward Syria and Russia; and, most importantly, what's next? Members of Congress on both sides of the aisle are supporting the decision, even if with reservations on the Democratic side. As it is, the legal justification for the bombing is murky — as are all unilateral military actions by an American president without congressional approval. And, any wider effort would seem to demand action from Congress.

「しかし、シリア攻撃には多くの疑問を残している。これは、トランプのアメリカ第一主義とどのように折り合いをつけるのか、と。シリアとロシアに対するアメリカの対応ぶりに変化が起きるのか、と。そして、最も重要なことは次に何が起きるのか、と。民主党は留保条件を付けてはいるが、議会では両党ともこの決断を支持している。但し、そうではあるが、爆撃の法的正当性はグレーでもある。議会の承認なしに大統領が決断した米国の一方的な行動でもある。議会の承認を得るための努力が必要であるように思われる」

We asked NPR reporters, from the political team to the international desk, to explore those and some other key questions below:

「我々は、政治部担当の記者から国際担当のデスクに至るまで、NPRのレポーターたちに次のような質問をした」

1. Is this a one-off or is there more to come and what would that mean?

「今回の攻撃は1回限りのものなのか、それとも続きがあるのか? そして、それは何を意味するのか?」

Tom Bowman, NPR Pentagon correspondent: There's no indication of further action. It was a narrowly focused mission. Sen. John McCain, R-Ariz., is advocating for taking out the entire Syrian air force, but there's no indication the Trump administration will do that. The White House is likely to forge ahead with trying to defeat ISIS as the focus in Syria — with the help of the Turkish arm of the Kurds. The political solution that has been talked about is turning Syria into a confederated state, split into various parts only partially governed by Assad.

「ペンタゴン担当のトムバウマン: さらなる攻撃があるとは示されていない。この任務の目的は限定されていた。マケイン上院議員は、シリアの空軍の壊滅を主張しているが、トランプ政権がそうするという兆しはない。ホワイトハウスは、トルコ軍の助けを得てシリアにいるISISを負かすことに力を注ぐとみられる。これまで語られてきた政治的な解決策は、シリアを連合政府に転換させることである。アサドにより部分的に統治されるものなどへ区分けするのだ」

This action is a feel-good kind of thing for Trump. Blow away aircraft; you don't kill any Russians, and that's it. It's good optics, like the Carrier deal. But there's a big question here. Trump saw those pictures of children suffering and killed from the attack, and everyone was obviously disgusted. But if you're someone in Syria, you might be asking, you got really upset over roughly 80 people being killed, but if they hit me with a conventional bomb, that's OK? Thousands have already been killed and millions displaced.

「今回の行動は、トランプ大統領にとって受けが良い。戦闘機を追いやったため、ロシア人を殺すこともない。それで終わり。見た目がいいのだ。しかし、大きな疑問が残る。トランプは、毒ガス攻撃にやられて苦しみ、死ぬ子供たちの写真を見た。誰でもが嫌悪をもよおす。しかし、あなたがシリアのいる誰かだとして、次のような質問をしないだろうか。約80人もの人が殺されたことに貴方が怒っている。しかし、彼らが自分を昔からある爆弾で攻撃したとして、それでも構わないのか、と。何千人もの人々が既に殺されていて、何百人もの人人が負傷しているのだ」

2. Does this limited bombing then change Assad's actions?

「この限定的な空爆はアサドの行動を改めさせるのか?」

Michelle Kelemen, State Department correspondent: That's a hard one to answer since he has crossed so many red lines without facing any consequences.

「国務省担当のケレメン:それは回答が難しい。というのも、彼は、何度も一線を越えるようなことをしてきたが、別に自分にとって不都合なことが起きていないからだ」

Remember, President Obama threatened action if Assad used chemical weapons. Chemical weapons were used, and Obama ultimately didn't act militarily. Trump said this attack was "beyond a red line." But, as Will Dobson, NPR's senior supervising editor for the International Desk points out, what if this was a provocation from Assad?

「アサドが化学兵器を使用したら、オバマ大統領は行動に出ると脅かしたことを思い出して欲しい。化学兵器は使用された。しかし、オバマ大統領は軍事的な行動には出なかった。トランプは、今回の攻撃は一線を越えたと述べた。しかし、国際担当デスクのドブソンが指摘するように、これがアサドの挑発だとしたら、どうなのか?」

Bassma Kodmani, a Syrian opposition negotiator and former spokesperson for the Syrian National Council, in fact, told Kelemen in a story that aired Wednesday that the apparent use of chemical weapons by Assad was exactly that — a "provocation and a test."

「シリア人の反対派の交渉者であり、シリア国会の前広報官であるコッドマニは、事実、ロシア側にあるストーリーを伝え、それが水曜日に放送されたのだ。アサドによる化学兵器の使用は、挑発でありテストである、と」

On whether this will change Assad's actions, Dobson says ask the Russians. Whether or not it changes Assad's action may be determined by Moscow, who will be asked to rein him in and are best positioned to do so.

「米国の行動がアサドの行動を改めさせるかどうかについて、ドブソンはロシア人に質問する。アサドの行動を変えるかどうかはロシアが決めるのか、と。誰がアサドにそうしろと言うのか、と」

3. Speaking of the Russians, they have been harshly critical of this move by the United States. What does their response mean and are there potential ramifications for the relationship with Moscow?

「ロシア人と言えば、彼らは、今回の米国の行動を厳しく批判している。彼らの反応は何を意味するのか?そして、モスクワとの関係における意味合いは?」

Lucian Kim, NPR Moscow correspondent: The Russians cutting off the "deconfliction" line is pretty serious. (The U.S. and Russia set up a line between the Pentagon and Moscow to make sure they get out of each other's way in Syria, to alert the other if they will be operating on turf where the other country is.) Moscow viewed it as an accomplishment when they got it. It put them on a level with the Pentagon, where they were talking. It was a big shift. At the beginning of Russia's getting involved there, even to have one-on-one-contact with the U.S. was a prize. But now they cut that off.

「モスクワ駐在のルシアン:ロシアの干渉回避政策の廃棄は深刻である。(米国とロシアは、ペンタゴンとモスクワ間で、シリアに関してはお互いに干渉しないという合意をしている。もし、行動するときには互いに通知するものとする、と)モスクワは、これを成果だと考えていた。ペンタゴンと対等になった、と。大きな変化だったのだ。ロシアがシリアに介入した始めの頃、米国と互いに連絡を取り合うことさえ、ロシアにとっては成果であった。それが変更されたのだ」

Their response was quite tough. What does it mean? The rhetorical cease-fire is officially over. Their response was really fast. They had a statement up at 9 a.m. in five different languages. They never act that fast. They're really, really, really upset. They had such high hopes when Trump was elected.

「ロシア側の反応は厳しかった。それが何を意味するのか? 停戦は終わったのだ。彼らの反応は非常に早かった。彼らは、午前9時に5か国語で声明文を発表した。そのように素早く行動することはこれまでなかった。本当に怒っている。トランプが大統領になったとき、希望を抱いていたのに」

4. Secretary of State Tillerson is slated to go to Moscow next week. He's someone who got a medal of "friendship" from Russian President Putin, but is now talking tough about Russia's role in all this. How much pressure is he facing and can he prove his mettle on this upcoming trip?

「ティラーソン国務長官は来週モスクワを訪れることになっている。彼は、プーチン大統領から友情のメダルをもらった人だ。しかし、今はロシアの役割について厳しく批判している。彼は、ロシア訪問でどれだけの圧力を受けるのか、そして、それに対して根性を見せることができるのか?」

Kelemen: Already, U.S. officials said that the chemical weapons attack was going to "cloud" Tillerson's discussions. He was going to explore the possibility of cooperating with Russia in the fight against ISIS. Now, the Russians have cut off the "deconfliction" talks with the U.S. There was already something of a showdown at the United Nations Friday.

「ケレメン:米国の高官は、化学兵器による攻撃はティラーソンの議論を鈍らせると言った。彼は、ISISとの戦いでロシアと協力する可能性を探ろうとしていたのだ。今や、ロシアは米国との干渉回避の会話を止めてしまっている。金曜日の国連会議では、既に衝突が見られている」

U.N. Ambassador Nikki Haley called the bombing a "measured step" but warned that the U.S. is "prepared to do more, but we hope that will not be necessary." Syria's ambassador said it "strongly condemns the act of aggression," and Russia's ambassador called on the U.S. "to immediately cease its aggression" and instead to join efforts to find a political settlement in Syria and combat terrorism.

「ニッキー・ヘイリー国連大使は、今回の米国の空爆を慎重な措置とし、しかし、米国は、さらに行動を起こす準備ができているが、そうならないことを望むと述べた。シリアの国連大使は、米国の空爆を、侵略行為に当たるとして強く非難した。そして、ロシアの大使は、直ちに侵略行為を止め、そうではなく、シリアにおける政治的安定を求める方策を一緒に探り、テロと戦うことを要請した」

Russia, which as Kim notes, had high hopes for the U.S. relationship, is in a bind. Dobson points out that Russia was not only upset with the U.S., but with Assad for carrying out the apparent chemical weapons attack.

「キムによれば、ロシアは、米国と良好な関係にあること、そして、団結していることに希望を抱いていた。ロシアは、米国に対してだけではなく化学兵器による攻撃を加えたアサドにも不満を持っているとドブソンは指摘する」

5. Given the tensions, was it the right thing to tell the Russians beforehand?

「こうした緊張関係を前提にすれば、ロシアに事前に伝えたのは良かったのか?」

Kelemen: The U.S. had to let the Russians know because there were apparently some Russian service members there. One of the arguments in the past for not striking Syria was that it would draw the U.S. into direct conflict with Russia.

「米国は、ロシアに報せなければならなかった。何故ならロシアの兵隊がそこにいたことが明らかだったからだ。シリアを攻撃しないという過去の論拠の一つは、そうなれば、ロシアとの衝突が避けられなくなるというものだった」

Dobson: Yes, agree with Michele. Russian troops are intermingled with Syrian troops. It was essential to warn the Russians or risk escalating the strike into a wider conflict. Plus, if you want Moscow to assist in any way, you must give them this notice. Shortly before the strike, Putin's spokesman said that Russia's support for Assad wasn't "unconditional."

「ドブソン:そのとおりだ。ロシアの軍隊は、シリアの軍隊と混在している。ロシア側に伝えることが必要不可欠であったのだ。もし、そうしなければ、さらに大きな衝突になっていたであろう。それに、もし、モスクワに何らかの方法で支援を求めるのであれば、通知をしなければならないということだ。空爆の少し前に、プーチンの広報官は、ロシアのアサド体制への支援は無条件のものではないと述べていた」

6. How does this change Trump's calculus going forward?

「このことは、トランプの目論見をどのように変化させるのか?」

This is a key question, because being interventionist runs counter to much of how Trump campaigned. Not only did he say in 2013 that Obama should not attack Syria, but he said of Hillary Clinton in a statement on his website during the 2016 campaign:

「これは重要な質問だ。何故ならば、介入主義者であることは、トランプが大統領選で主張してきたことに反するからだ。2013年にオバマはシリアを攻撃すべきではないと言っただけではなく、ヒラリークリントンのことを2016年の選挙キャンペーン中に自らのサイトで次のように述べているのだ」

"We're spending $6 trillion dollars on wars in the Middle East, while our own country falls into total disrepair. Now Hillary wants to start a shooting war in Syria, in conflict with a nuclear-armed Russia, which could lead to World War 3. As her own team has said in WikiLeaks emails, she has 'terrible' instincts."

「我々は、中東での戦争に6兆ドルものお金を費やしている。我々の国は、絶望状態になっているのに、だ。ヒラリーは核武装したロシアと衝突しても、シリアへの空爆を始めたがっている。しかし、そうなれば第三次世界大戦につながる恐れがある。彼女の陣営が、ウィキリークスのメールで言ったように、彼女の感覚はおかしい」

On Thursday night, Clinton called for bombing the airfields from where the chemical attacks were allegedly launched. And that's exactly what Trump authorized.

「木曜の夜、ヒラリークリントンは、化学兵器を発射したとされる空軍基地を爆破することを求めた。そして、トランプは、まさにそれを認めたのだ」

Tamara Keith, NPR White House correspondent: It's unclear how this will affect Trump's calculus. His ideology was not only more isolationist on the campaign trail, but as recently as Tuesday of this week, he told the Building Trades Unions National Legislative Conference: "We enriched foreign countries at the expense of our own country, the great United States of America. But those days are over. I'm not — and I don't want to be — the president of the world. I'm the president of the United States. And from now on, it's going to be America First."

「政治部のタマラ・キース:これがトランプの目論見にどれほど影響するかは不明だ。彼は、選挙期間中に孤立主義者を演じただけでなく、火曜日の会合でも次のように述べている。我々は、我々のお金で海外の国を豊かにしている。最も偉大なアメリカのお金でだ。しかし、そのような時代は終わりだ。私は、世界の大統領ではないし、また、そうなりたいとも思わない。私は、アメリカ合衆国の大統領だ。今からは、アメリカ第一で行く」

Mary Louise Kelly, NPR national security correspondent, makes a similar point: How do you square Thursday night's action with Trump's unilateralist, "America First" doctrine? This was a line from his big address to Congress on Feb. 28: "America must put its own citizens first, because only then can we truly make America great again."

「安全保障担当のマリールイースも同じことを指摘する: 木曜日のアメリカの行動とトランプのアメリカ第一主義はどうやって折り合いをつけるのか? 2月28日の彼の議会での演説の一節である。「アメリカは先ず国民を第一に考えなければならない。何故ならば、そうしてこそ再び偉大なアメリカにすることができるからだ」

Clearly, Trump, though, was affected by the pictures that were sprawled across cable news.

「トランプは明らかにケーブルテレビで流された写真の影響を受けたのだ」

Kelemen: Tillerson's argument was that if the U.S. didn't act, it would normalize the use of chemical weapons.

「ケレメン:ティラーソンの主張は、もしアメリカが行動しなかったならば、化学兵器を使うことが普通になってしまうということだった」

One big, open question that NPR's national security correspondent David Welna asks is why the U.S. did not enlist any other allies in this strike. Trump spoke to European allies who backed the action, but Britain, for example, "said it would not participate if asked," the Washington Post reported.

「安全保障担当のデイビッド・ウエルナが質問した大きな問題は、何故米国は他の同盟国に参加を求めなかったのかということだ。トランプは、今回の決定に賛同した欧州の同盟国に話をしたと言っている。しかし、例えば英国は、要請されたとしても参加しなかっただろうと述べたと、ワシントンポストは報じている」

What about Trump's refugee ban? Does this change anything with that? No. As NPR White House correspondent Scott Horsley points out, White House press secretary Sean Spicer told reporters before the strike that the president supports the creation of "safe zones" inside Syria.

「トランプの移民禁止については、どうか? これは、そのことに影響するのか? いいえ。政治部のスコットホースリーが指摘するように、スパイサー報道官は、この空爆の前に記者に対して、大統領はシリアの国内に安全地帯を作る案を支持すると述べている」

"Every country's No. 1 priority is to its own people and the protection of them," Spicer said. "We've got to do what we can to make sure that as we seek to root out ISIS and terrorism throughout the country — throughout the world, rather, that we don't, at the same time, do things that would bring those same threats to our country."

「全ての国のナンバーワン政策は、その国の人々のためであり、国民を守るためのものだとスパイサーは言った。我々はISISをその国から根絶すること、世界から根絶することを確かなものにし、同時に、我々の脅威になるようなことを我々がしないことを確かなものにするために努力しなければならない、と」

Spicer didn't respond to an email following up after the strike if Trump's view has changed at all.

「スパイサーは、空爆後、トランプの考え方が変わったかについての質問には答えていない」

7. Stepping back, was this lawful? Even if it was a one-off, what is the justification for it?

「この空爆は合法なのか? 1回限りのものだったとして、合法である根拠は何か?」

On the whole, Democrats and Republicans supported Trump's move. But almost everyone in Congress said Trump would have to go to Congress for approval of wider action. And, as NPR congressional correspondent Susan Davis said on the NPR podcast Up First, Trump would almost certainly want to get that approval from Congress since it has to appropriate funds.

「全体として、民主党も共和党もトランプ氏の決断を支持している。しかし、殆ど全員の議員が、トランプは議会に対し証人を求める必要があると言っている。そして、議会担当のスーザン・デイビスが言うように、トランプが議会の承認を求めるのはほぼ確実だとみられる。というのも、費用が必要であるからだ」

"Assad's use of chemical weapons to slaughter civilians was a heinous crime as well as a violation of international norms and Syria's commitments to give up chemical weapons," Sen. Mark Warner, D-Va., said in a statement Friday. "It could not go unpunished."

「マーク・ワーナー上院議員は、次のように言っている。アサドが化学兵器を使用して市民を殺害したことは、国際法に違反する他、自らが化学兵器を使用しないという約束違反になると共に、残虐な犯罪である。罰を受けずに済ませることはできない」

Davis: Sen. Marco Rubio, R-Fla., said on Good Morning America Friday morning that the president had the legal authority within the 2014 deal struck with Russia to rid Syria of chemical weapons.

「デイビス:マーコ・ルビオ上院議員は金曜の朝の「おはようアメリカ」で、大統領は、ロシアと合意した、シリアから化学兵器を除去するための2014年の取り決めの範囲で大統領は法的権限を有していると述べた」

"He was dealing with exigent circumstances, and as the commander in chief, not only does he have the right, he has an obligation to act," Rubio said.

「彼は緊迫する情勢に対応していた。そし、軍の最高指揮官として、そうする権能を有するだけではなく、そうする義務があったとルビオは述べた」

He also said on CNN and Fox that American personnel in the region could have been at risk. But Bowman points out that U.S. troops are not anywhere near that area; they're many miles away, just north of Raqqa, where there are Marines, Green Berets and Army Rangers.

「彼はまた、CNNとFOXでも、その地域にいるアメリカ人が危険に巻き込まれるリスクがあったと述べた。しかし、バウマンは指摘する。米軍はその近辺にいる訳ではない。遠く離れたところにいる。ラッカの北あたりだ、と。

Bowman: The legal rationale is the responsibility-to-protect concept used in Libya and the Balkans. Essentially, that says, if a country sees genocide or slaughter, it should do what's necessary to protect innocent civilians. But an international body is supposed to approve. The U.N. Security Council signed off in Libya and NATO signed off in the Balkans.

「バウマン:法的な合理性は、リビアとバルカンで使用される「守る責任」概念にある。要するに、もしある国が大量殺戮をしそうなことが分かっていれば、罪のない市民を守るために必要なこおをしなければならないということだ。


 もう少し続きますが、この辺で。



 トランプ氏は、本当に言ったことを平気で変更すると思った方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国が戦争をしかけるのは珍しくないのですが…

 しかし、トランプ大統領は、米国は世界の警察ではないと選挙期間中に言っていた人なのです。

 そのことをよ〜く思い出して下さい。

 確かにオバマ政権時代の対応ぶりが甘すぎたとは言っていましたが…そして、毒ガスを使用するという悪質極まりない行為には断固とした態度を示す必要があるということも分からないではないのですが…

 本当にアサド政権が毒ガスを使用したという証拠があるのか、と。

 仮にそうであるのであれば、そうした証拠を国際社会に示すべきだと思うのです。

 しかし、そうしたプロセスは完全に省略して、いきなりシリアの軍事基地を爆撃した、と。

 何故こんなに性急な行動をとる必要があったのでしょうか?

 毒ガスで罪もない子供たちが犠牲になったから?

 確かに毒ガスと言われると、何にも言えなくなってしまうのですが…

 しかし、米軍がミサイルで攻撃すれば、そこでまた新たな犠牲者が出てしまうのです。

 勝手な想像ですが…

 トランプ大統領は北朝鮮に少しビビッているのではないのでしょうか?

 北朝鮮が米国本土にミサイルを撃ち込んでくるようなことは本当にないのだろうか、と。

 もし、その可能性があるのであれば、やられる前にやってしまった方がいいのではないだろうか、と。

 だから、中国に対して、北朝鮮をしっかりコントロールしろ、さもなければ米国が自分で対処するが、それでもいいのかと揺さぶりをかけているのだと思うのです。

 それに、シリアと北朝鮮は親密な関係にあることもよく知られているところで…

 こうやって米国がシリアを攻撃するということは、北朝鮮に対するけん制にもなるだろう、と。

 但し、その米国の作戦が吉と出るか凶と出るかは分かりません。

 少なくても、日本が戦争に巻き込まれる可能性は格段に高くなっていると言えるでしょう。

 だって、集団的自衛権を認めている訳ですから。



 安倍政権は、これから軍事色の強い教育をするようになるのではないかと危惧する人、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

 トランプ氏が何か話していると思ったら、シリアの飛行場に向けてミサイルを発射したと発表しています。

 また、戦争が始まったということでしょうか。

 そして、驚くべきことに、巡航ミサイルが発射される様子を映した動画がネット上で公開されているのです。

 何と言っていいのでしょうか?

 syria


 

On Tuesday Syrian President Bashar al-Assad launched a horrible chemical attack on innocent civilians using a deadly nerve agent.

「火曜日、シリアのアサド大統領は、神経ガスを使用し罪もない市民を攻撃した」

Assad choked out the lives of helpless men, women and children.

「アサドは、無力な男たちや女たち、そして子供たちの命を奪った」

It was a slow and brutal death for so many.

「多くの者たちにとってそれはゆっくりとした、そして残酷な死を意味した」

Even beautiful babies were cruelly murdered at this very barbaric attack.

「この残虐な攻撃によって、無垢の赤ん坊でさえも殺害されてしまった」

No child of God should ever suffer such horror.

「神の子がこのような苦しみを受けるべきではない」

Tonight I ordered a targeted military strike on the airfield in Syria from where the chemical attack was launched.

「今夜、私は、そこから化学攻撃を行ったシリアの飛行場を攻撃するよう命じた」

It is in this vital national security interest of the United States to prevent and deter the spread and use of deadly chemical weapons.

「化学兵器の拡散と使用を防ぐことが米国の安全保障の観点から極めて重要である」

There can be no dispute that Syria used banned chemical weapons, violated its obligations under the Chemical Weapons Convention and ignored the urging of the U.N. Security Council.

「シリアが使用を禁じられている化学兵器を使い、化学兵器会議の下で義務化されている事項に違反したこと、そして、国連の安全保障理事会の勧告を無視したということに異論はあり得ない」

Numerous previous attempts at changing Assad's behavior have all failed, and failed
very dramatically.

「これまでにアサド大統領の行いを改めさせるべく行われた様々な試みが全て失敗した。しかも劇的に失敗したのだ」

As a result, the refugee crisis continues to deepen and the region continues to destabilize, threatening the United States and its allies.

「その結果、難民危機はより深刻になり、当該地域の不安定化は続き、そして米国とその同盟国を脅かしている」

Tonight I call on all civilized nations to join us in seeking to end the slaughter and bloodshed in Syria and also to end terrorism of all kinds and all types.

「今夜、私は全ての文明国家に対し、シリアにおける殺戮を止めさせ、そして、全てのタイプのテロに終止符を打つための米国の行動に参加してくれるように要請する」

We ask for God's wisdom as we face the challenge of our very troubled world.

「世界的な難題に直面する今、我々は神におすがりする」

We pray for the lives of the wounded and for the souls of those who passed.

「負傷した者が助かるように、そして、亡くなった人々の魂を慰めるために祈りたい」

And we hope that as long as America stands for justice, that peace and harmony will, in the end, prevail.

「そして、アメリカが正義のために行動する限り、最後には平和が訪れることを希望する」

Good night and God bless America and the entire world.

「お休みなさい。アメリカと世界にご加護を」


 トランプ大統領は、アサド政権が化学兵器を使用したということに異論はあり得ないと言っています。

 でも、アサド政権やロシア政府はそれを否定しているのですから、異論はあり得ないとどうして言うことができるのでしょうか?

 それに、仮に軍事行動に出るにしても、もう少し国連でじっくり話をするとか、同盟国とよく話をするとかの方法があると思うのです。

 勝手に行動して、他の国も参加して欲しいというのは、どうも納得がいきません。

 そして、日本は、このようなアメリカと同盟関係にある訳ですから、日本が戦争に巻き込まれる確率は高くなっていると言うべきでしょう。

 安倍総理のいう、積極的平和主義なんて嘘っぱちです。





 武器を持っているから、使いたくなるのだ、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ