経済ニュースゼミ

小笠原誠治の、経済ニュースを通して世の中の動きを考察するブログです。地球温暖化阻止のために石油・石炭産出権取引を提唱します。産出権取引は排出権取引とは違います。みんな勘違いするのです。

カテゴリ: 貿易戦争

 貿易戦争が始まったと米国のメディアが報じています。

 NPRのニュースです。


 STEVE INSKEEP, HOST:

A trade war with China is on today. At 12:01 Eastern time today, the United States fired the first shots in that war by imposing tariffs on $34 billion worth of Chinese goods. So a trade war that had been discussed, that had been threats, that had been words, is now real. And China has responded, hitting American goods with equivalent tariffs. This is a real economic gamble by President Trump. The world's two biggest economies are now involved in these trade actions, and NPR's Rob Schmitz has been following the story from Shanghai. Hi there, Rob.

 中国との貿易戦争が本日開始されました。東部時間の本日12時1分に米国は、340億ドル相当の中国製品に関税を課すことによって一発目をぶっ放しました。これまで貿易戦争が議論になり、貿易戦争に発展してもいいのかと言われてきましたが、今や現実のものとなったのです。そして、中国も同額の米国製品に対して関税を課し応戦しました。これこそ、まさにトランプ大統領によるギャンブルなのです。世界の2大経済大国がこの貿易戦争の当事者となっているのです。NPRのロブ・シュミッツが上海からお伝えします。

ROB SCHMITZ, BYLINE: Good morning, Steve.

INSKEEP: OK. So just talk us through the practicalities here. President Trump uses authority that he's been given by Congress to raise taxes, raise taxes on things that Americans import from China. China responds on American products. What happens then?

 実務的な問題について話をしましょう。トランプ大統領は議会から与えられた関税を引き上げる権限、つまり中国からの輸入品に関税を課す権限を行使しています。そして、中国は米国製品に関税を課し対抗している、と。次にどのようなことが起きますか?
 
SCHMITZ: Well, then, you know, these tariffs will be passed on to consumers, both in the U.S. and China, as the companies whose products are targeted stop exporting and start to scramble to find new markets for their goods. That, of course, will mean higher prices for a range of products. Eventually, this is going to have a big impact on the flow of goods worldwide, as well as jobs. I spoke to longtime Beijing attorney James Zimmerman about this today, and here's what he said we can expect.

 そうですね、お分かりのとおりこれらの関税は消費者に転嫁されます。米国及び中国の消費者に転嫁されるのです。というのも、関税の対象となる製品を製造している企業が、輸出を止め他の市場を探し始めるからです。つまり、ある種の製品の価格が上がるのです。そして、結果として世界的にモノの流れに大きな影響を与えるでしょう。雇用に対しても同じように影響を与えるでしょう。私は、このことについて本日、中国側の代理人をしているジェームズ・ジンマーマンに長時間話をしました。次が、この先起こりそうだと彼が言っていることです。

JAMES ZIMMERMAN: What we can expect is disruption in supply chains. We can expect job losses and a decline in investor and consumer confidence. And that's going to impact the stock market. And the impact on U.S. business is going to be - in my opinion, will be substantial.

 予想できることは、サプライチェーンが混乱させられることです。雇用が減少し、投資家や消費者のマインドも弱くなってしまうでしょう。そして、それが株式市場に影響を与えます。米国の企業に対する影響は大きなものとなるというのが私の意見です。

INSKEEP: I'm glad that he mentioned supply chains, Rob, 'cause it's not that China sells me directly a product as a consumer. They're selling something to an American company. The product might even go back and forth between the U.S. and China and other countries several times. So how will U.S. businesses be affected here?

 サプライチェーンについて彼が語っているのは嬉しいですね、ロブ。というのも、中国が消費者としての私に直接モノを売る訳ではないからです。中国は米国の企業に何かを売る、と。そして、それを利用してできた製品が米国と中国、或いはそれ以外の国の間を行ったり来たりする訳です。では、米国の企業はどのような影響を受けるのでしょうか?

SCHMITZ: Well I've spoken to folks in the U.S. business community here, and they're telling me that China's government is already targeting their products in ways that sort of go beyond tariffs in unofficial ways. You know, they've seen customs officials inspecting more shipments of U.S. goods, slowing down business in other ways. On the Chinese side, China's government is now targeting Chinese tourism to the U.S. The Chinese embassy in Washington has issued a warning to Chinese tourists to be careful of shootings in the U.S., to watch out for customs agents, robberies and things like that. It's a clear message from them that Beijing has the power to prevent its tourists, as well, from spending money in the U.S.

 私は、よく現地の米国企業社会の人々と話をします。彼らが言うのは、中国当局は既に、関税以外の様々な方法で彼らのビジネスにブレーキをかけているということです。米国製品に対する税関の職員の検査も時間がかかるようになっています。また、中国は、中国人の米国への旅行について制限をかけ始めています。ワシントンにある中国大使館は、中国人の旅行者に対して、米国では銃の乱射事件などに注意するように言ったり、税関職人による盗難に気を付けるように言ったりしています。中国人の旅行者に対して、米国では余りお金を使わないようにと中国当局が言っているということなのです。

INSKEEP: It's kind of like the soft equivalent of a tariff to respond on U.S. tariffs. Suppose it could end well. How would it end well? What is the best scenario here?

 米国の関税に対する一種の対抗措置ということですね。もし、こうした事態が巧い方向で終息することがあるとすれば、どういう形でそうなるのでしょうか?

SCHMITZ: Well, I suppose the best scenario would be for China to say, yes, you're right. We'll give in and start treating U.S. businesses fairly and stop forcing them into joint ventures and stop requiring them to transfer their technology to China. But, you know, that's not really what's happening here. China's responding, as we've seen, with equivalent tariffs, and it's made no discernible moves towards changing these policies that seem to anger the Trump administration.

 そうですね、最善のシナリオは中国が「分かりました、米国の言い分が正しいです」と言うことです。中国が降参し、そして米国の企業を公平に扱い、ジョイントベンチャーへの参加を強制したり、或いは、中国への技術移転を強制することを止めさせることです。しかし、今起きているのは全く違うことです。中国は同じような関税で米国に対抗しているのです。トランプ政権を怒らせるようなこの政策を中国が変える兆しは見られません。

INSKEEP: Where you are in China, how are people on the streets or on social media or elsewhere responding?

 貴方は中国にいる訳ですが、現地で人々はどのように反応していますか? 街の人々やソーシャルメディアの反応ですが…

SCHMITZ: I think there's a lot of confusion, Steve. You know, the Trump administration fired the first shot in this trade war. China's government insisted it's being forced to retaliate. So Chinese people I've spoken to say that this is U.S. aggression against China. And at least in urban China, you know, these are people who drive American cars. They wear clothes with U.S. labels. They use iPhones and they use iPads on a daily basis. So they're thinking, look, you know, we're buying American goods. Why is America targeting us? And that confusion can easily lead to a sense of anti-Americanism if this trade dispute gets worse.

 困惑していると思います。ご承知のようにトランプ政権が1発目をぶっ放しました。そして、中国当局は、報復せざるを得ないと主張しています。私は話をした中国の人々は、これは米国の中国への侵略だと言っています。少なくても中国の都市部では、米国車を運転する人々がいます。米国ブランドの衣服を着ている人もいます。毎日iphoneやipad を使っている人がいます。彼らに言わせれば、自分たちは米国製品を買っている、と。何故自分たちを攻撃対象にするのか、と。ということで、貿易紛争が悪化すると簡単に反米感情が高まるでしょう。

INSKEEP: NPR's Rob Schmitz in Shanghai. Thanks.

SCHMITZ: Thanks.


 私思うのですが、仮に米国と中国が強硬な姿勢を貫き通し、その一方で、中国と米国が日本などを通じて迂回取引をすることになれば、中国の対米黒字は大きく減り、その点だけ見ると米国にとっては成果が上がったように見える訳ですが、他方で迂回取引によって日本の対米黒字が増加するのであれば、何ら根本的な解決になり得ません。

 幾ら政治の力でモノやお金の流れにストップをかけようとしても、抜け穴が見つけられるのです。

 いずれにしても、どこまでトランプのやせ我慢が続くのか、と。




 両国とも痛い目に合わないと妥協はしないだろう、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーレーダビッドソンの件で分かるように貿易戦争が激化しています。

 しか〜し、その一方で、今年の米国の経済成長率は3%以上になりそうだとの声もあります。

 どうしてそんなに楽観できるのでしょうか?

 但し、悲観的な見方もあるようです。

 NPRが報じています。

 日本語の部分だけ読んで頂いてもらっても結構です。

The economic tea leaves right now are getting hard to read. The latest measure of economic growth showed the economy expanded at a lackluster 2 percent rate in the first quarter.

・2018年第1四半期の経済成長率は2%に留まっている。

Estimates for second-quarter growth are much higher, and that has the Trump administration claiming its policies are working. Still, despite that rosy forecast, more analysts are pointing to worrying signs that with the expansion at nearly nine years and counting, a recession could be looming.

・しかし、2018年第2四半期の成長率は大きく伸びることが期待されている。

・但し、景気回復局面が長期に亘り、そろそろ後退局面に入るのではないかと危惧する声もある。

President Trump has long predicted that his policies will spur growth so much that the economy will expand at a rate well above 3 percent — maybe even 5 percent. Many economists have scoffed at rates that high.

・トランプ大統領は、米国経済は3%−5%の成長を続けると予想している。

A year ago, people were laughing when we talked about 3 percent GDP," Treasury Secretary Steven Mnuchin told CNBC this week. But he noted that some analysts forecast that the next reading of the nation's gross domestic product will show growth above 4 percent.

・ムニューシン財務長官は、4%の成長率を予想。

"We're expecting a big second-quarter GDP number," Mnuchin said. "We have an economy that's here because of the president's tax plan and the president's regulatory relief." Meanwhile, the unemployment rate is at an 18-year low.

・トランプ大統領の経済政策(大型減税等)が効いている。

But GDP numbers bounce around quarter to quarter. And more analysts see warning signs of a recession on the horizon.

・その一方で、景気後退を懸念する声がある。

One of those signs is a recent shift in the bond market. Ten-year Treasury bonds usually pay a noticeably higher interest rate than shorter-term two-year notes. That's because investors in long-term bonds are taking on a greater inflation risk. But lately, the gap between the two — known as the yield curve — has been shrinking.

・イールドカーブをみると、先行きの景気が予測できる。

"The yield curve may sound boring, and it does, but some believe that a flat or inverted yield curve is a recessionary canary in a coal mine," says Scott Simon, a former portfolio manager who oversaw nearly $1 trillion in mortgage securities at the bond trading firm PIMCO.

・長短金利の差が殆どないフラットなイールドカーブや、長短金利が逆転しているイールドカーブの場合には、先行きの景気が暗いことを示す。

"If people think the economy is going to slow and inflation is going to go down, long-term interest rates tend to go down," he says.

・人々が先行きの景気に対して弱気の見方をすれば、長期金利が低下するので、フラットなイールドカーブになる。

When that happens, when plotted on a graph, the difference between the long and short bonds flattens out. It can even flip or invert — with short-term rates exceeding long-term yields.

That can be a sign that a lot of investors see trouble ahead, which is why it sets off a blinking red light on economists' dashboards. In fact, every recession in the past 60 years has happened after the yield curve's red light started blinking. And it's getting pretty close to that level again.

That may sound ominous. But Simon says the yield curve "hasn't been a very good predictor because it keeps predicting recessions that haven't occurred. It was wrong in 1994, it was wrong in 1998, it was right in 2001 [and] it was also right in 2006-07."

But he says he is not worried about it this time around. That's because ever since the Great Recession, the Federal Reserve and other central banks around the world have been doing unusual things that distort the bond market. And he says that has thrown off this recession meter.

But just about all economists agree there is one thing that could eventually drive the economy into recession: a trade war.

・イールドカーブ以外にも、先行きを懸念させる材料がある。それは貿易戦争だ。

David Kotok, chief economist with Cumberland Advisors, says Trump is playing a dangerous game. "Who wants to play a game where everybody loses?" Kotok says.

Already, Kotok says, he has lowered growth forecasts for the second half of the year. Beyond the angry trade rhetoric, he says, the White House lacks a coherent approach to trade policy.

"You don't invite compromise when you scream at the other guy," Kotok says. And beyond that, he asks: "What's the policy of the United States? Is it [Peter] Navarro? Is it Mnuchin? Is it Wilbur Ross? Is it Larry Kudlow? Is it the president, who changes his mind back and forth every day? How do you proceed?"

Kotok says businesses are delaying investments already amid the uncertainty, and that slows growth. He is not predicting recession yet. But if the trade fight grows into a full-blown trade war, he says that definitely could drive the country into recession.

On Trade, Trump Administration Likes to Leave Other Countries Guessing

・貿易戦争が激しくなると、世界経済が後退することになろう。



 トランプ大統領は分かっているのだろうか、と思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 ハーレーダビッドソンが生産拠点を海外に移すという件ですが…

 トランプ大統領の脅かしが凄いですね。

 

 お願いだ、米国でバイクを作ってくれと言った後、生意気言うな、と言うのですから。

 米国人は、このような発言をどう思っているのでしょうね?

 トランプ大統領が嫌いな人々は、またバカなことを言っていると思っているでしょうが…トランプ大統領を支持する人々はどうなのでしょう?

 ハーレーダビッドソンが生産拠点を海外に移すことはおかしいと思っているのでしょうか?

 ところで、生意気言うなを英語で言うとどうなるのか?

 Don't be cute with us. なのだと。

 可愛くなるなよ、ではなく、この場合は生意気言うなという意味になるのだとか。

 
 このおバカな大統領と仲がいいことを自慢したがる政治家が日本にいるのですよね。


 トランプとアベシンゾウはさっさと辞めてくれと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 昨日は、ハーレーダビッドソンの海外に生産拠点を移転するというニュースが世界を駆け回った訳ですが、怒りが収まらないのがトランプ大統領。

 トランプ大統領のツイートです。

 A Harley-Davidson should never be built in another country-never! 

 Their employees and customers are already very angry at them. 

 If they move, watch, it will be the beginning of the end - they surrendered, they quit! 

 The Aura will be gone and they will be taxed like never before!

 ハーレーダビッドソンは絶対に他の国で生産してはならない!

 ハーレーダビッドソンの従業員や顧客は既に猛烈に怒っている。

 もし移転するのであれば、終わりの始まりになる。彼らは降伏した。断念したのだ。

 オーラはどこかに消え去り、かつてない税金が課せられる!


 EUによってハーレーダビッドソンのオートバイに対する関税が6%から31%にまで引き上げられるというので、ハーレーダビッドソンがその関税を回避するために生産拠点の一部を海外に移転すると発表したら、今度は、トランプ大統領が、そんなことをしたらハーレーダビッドソンに課税すると怒っています。

 そう言えば、トランプ大統領が大統領に就任したとき、ハーレーダビッドソンのバイクを何台もホワイトハウスに並べて褒めちぎっていたことが思い出されます。



 

 それに、1980年代前半にハーレーダビッドソンは、日本メーカーの輸出攻勢で苦境に陥り、そのためレーガン大統領が、1983年に700cc以上のエンジンを搭載する輸入オートバイに45%の関税を課したことによって助けられたことがあるのです。

 ということで、トランプ大統領の言いたいことも少しは分からないでもない。

 しかし、だからといってトランプ大統領の言うこと、やることは支離滅裂!

 でしょう?

 今後、どのように事態が進展するのか?

 大変興味深いですね。



 
 トランプ大統領が貿易戦争に勝つことはなかろうと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 米国では、ハーレーダビッドソンが生産拠点を海外に移すと発表したため、トランプ大統領を怒らせています。

 トランプ大統領のツイートです。


Surprised that Harley-Davidson, of all companies, would be the first to wave the White Flag. I fought hard for them and ultimately they will not pay tariffs selling into the E.U., which has hurt us badly on trade, down $151 Billion. Taxes just a Harley excuse - be patient! 

 
 何が起きているのでしょうか? 

 NPRが報じています。

President Trump is unhappy with Harley-Davidson's plans to move production of motorcycles it sells in Europe overseas, in response to growing trade friction between the United States and Europe.

 米国と欧州の間で益々激しくなっている貿易摩擦を受け、ハーレーダビッドソンの、欧州で販売するオートバイのが生産拠点を海外に移転する計画に関してトランプ大統領が失望しています。

In a tweet sent out Monday afternoon, Trump said he was surprised that Harley-Davidson "of all companies, would be the first to wave the White Flag. I fought hard for them...."

 月曜日の午後、トランプ氏は、ハーレーダビッドソンが「こともあろうに最初に白旗を揚げるなんて。我々は彼らのために一生懸命に戦っているのに」とツイートしました。

European officials last week imposed stiff tariffs on a wide range of U.S.-made goods sold within the European Union. The move came in response to President Trump's recent decision to slap tariffs on European imports.

 欧州の役人たちは、先週、EUで売られる幅広い米国製品に対する強力な関税を課しました。その動きはトランプ大統領が欧州の製品に対して関税を課したことに対する仕返しだったのです。

In a Securities and Exchange Commission filing Monday, Harley-Davidson said the tariffs imposed by the EU "would have an immediate and lasting detrimental impact to its business in the region."

 月曜日に行われた証券取引委員会への届出で、ハーレーダビッドソンは、EUが課した関税は、当該地域における事業に直ちに、そして永続的なダメージを与えることになろうと述べました。

The company reported $5.65 billion in revenues last year and Europe is its largest overseas market, with almost 40,000 customers buying motorcycles there in 2017.

 同社は、昨年56億5千万ドルの売り上げを計上していますが、欧州が海外における最大の市場となっていて、2017年にはおおよそ4万人の顧客がオートバイを買っているのです。

The European tariffs have jumped from 6 percent to 31 percent, the company said. That increase will add $2,200 on average to the cost of each motorcycle sold in the EU and cost the company $90 million to $100 million a year, the filing said.

 欧州の関税は6%から31%に上がった、と同社は言っています。そして、そのせいでEUで販売するオートバイ1台について平均2200ドルの費用が上乗せされ、毎年の費用が90億ドルから100億ドル増えると言っています。

"Increasing international production to alleviate the EU tariff burden is not the company's preference, but represents the only sustainable option to make its motorcycles accessible to customers in the EU and maintain a viable business in Europe," the filing said.

 「EUによって課せられた課税の負担を軽減するために海外での生産を増やすことは同社の意向には合わないが、しかし、EUの顧客に対するアクセスを確保し、EUで活発な事業を維持するためにはそれしか方法がない」と言っています。

Trump has frequently heaped praise on the company as a strong manufacturer with a long history of making motorcycles domestically.

 トランプはこれまで何度も、ハーレーダビッドソンは国内で長い歴史を持つ最強の製造メーカーであると同社を褒め称えてきました。

But after Monday's announcement, Trump said the company should be patient, noting, "ultimately they will not pay tariffs selling into the E.U., which has hurt us badly on trade, down $151 Billion."

 しかし、月曜日のこの発表の後、トランプは、同社は耐えるべきだと言いました。「最終的に、同社はEUでオートバイを販売しても関税を支払わなくても済む。しかし、そうしたことによってて貿易収支1510億ドル悪化させている」

The company did not say where production would be shifted, or how many jobs might be affected, but said the move would take nine to 18 months to complete.

 同社は、どこに生産拠点を移すか、そして、どの位の労働者が影響を受けるかについて何も言っていませんが、移転が完了するには1年半くらいかかると言っています。


 米国の製造業を復活させたいと思ってトランプ大統領がやっていることが、却って生産拠点の海外移転を進める結果になっているようです。

 何と言っていいのでしょうか?

 米国第一などと言う考え方を改める必要があるでしょう。

 米国の株価も下がっています。


  株価が下がっても、安倍総理とトランプ大統領に退陣して欲しいと望む方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
このエントリーをはてなブックマークに追加

 中国がまたまた米国に対して報復関税措置を発表しています。

 前回は、大豆や飛行機は対象とされていなかったのですが、今回はそれらが含まれています。


NOEL KING, HOST:

This back and forth over tariffs between the U.S. and China is continuing. The White House has made public the list of Chinese exports that it plans to hit with steep tariffs. And then just this morning, Beijing announced similar plans to put tariffs on more than 100 types of U.S. products. NPR's Rob Schmitz is in Shanghai. Hey, Rob.

「米国と中国の間で、関税に関するこうした応酬が続いています。ホワイトハウスは高い関税の対象となる中国の輸出製品リストを公表しました。そして、今朝、今度は中国が100種類以上の米国製品に対して同様の関税をかけると発表しました。上海にいるロブ・シュミットが伝えてくれます。ハイ、ロブ」

ROB SCHMITZ, BYLINE: Good morning, Noel.

「おはようございます、ノエル」

N. KING: So what products are the Chinese targeting this morning?

「それで、今朝発表されたものに関して、中国はどのようなものを標的にしているのですか?」

SCHMITZ: Well, first, I think I should clarify some things because there's been a lot of tariff talk this week.

「その前に、今週は関税の話が多かったので、整理する必要があると思います」

N. KING: Yeah, there sure has.

「確かにそうですね」

SCHMITZ: And (laughter) so for the sake of clarification, these are the second set of tariffs from China this week. The first set were imposed by Beijing on Monday, and they targeted about $3 billion worth of U.S. products. Now, this set of Chinese tariffs announced today will be much bigger if they're imposed. So the Chinese are going after 106 U.S. products worth $50 billion. And they'll include soybeans, sorghum products, beef, cars, chemicals, corn products and aircraft. Now, there are two products among these that are big-ticket U.S. exports to China - soybeans and aircraft.

「本日のものは、今週中国が発表した2番目の関税措置となります。最初のは、月曜日に打ち出されたもので、30億ドル相当の米国の輸出品に対して課される関税です。一方、本日発表になった関税措置は、発動されれば遥かに大きなものとなります。500億ドル相当の、106の米国製品を対象としています。そうしたもののなかには、大豆、モロコシ製品、牛肉、車、化学品、とうもろこし加工品、そして飛行機が含まれます。そして、それらのなかで比重が大きいのは大豆と飛行機です。

Soybeans - I think they'll be hit hard should these tariffs go through. Aircraft, on the other hand - not so sure. Boeing makes different classes of aircraft that it exports to China. And this particular tariff will target aircraft between 15,000 and 45,000 kilograms in weight. Some analysts say this will include some of Boeing's smaller commercial aircraft, like the single-aisle 737. But other larger Boeing models will reportedly not be impacted by this. Regardless, Boeing shares in pre-market trading in the U.S. sank more than 3 percent on this news. And predictably, soybean futures have pretty much tanked.

「大豆は、関税がかけられると大打撃を受けることになると思います。その一方で、飛行機の方はどのようになるか定かではありません。ボーイング社が中国に輸出している飛行機はいろいろな種類のものがあります。そして、本日発表になった飛行機に対する関税は、重量が15トン以上、45トン以下のものにかけられます。あるアナリストによれば、ボーイング社の小さな商業用飛行機の例えば737が含まれるとされています。そして、それよりも大きな型のボーイング社の飛行機は、この関税の影響を受けないようです。ボーイング社の株は市場が開く前の取引で、このニュースによって3%下落しました。そして、予測されたように、大豆の先物価格は大きく落ち込みました」

N. KING: I mean, Rob, this sounds pretty serious. Is it?

「非常に深刻に聞こえますが…」

SCHMITZ: Yeah, it sounds serious, but it's important to note here that China's government has not specified when these tariffs will be imposed. Given that these tariffs were announced the day after the Trump administration announced it was planning 25 percent tariffs on more than 1,000 Chinese products, it's pretty clear today's action is China retaliating for that. So while the markets will probably not react favorably to any of this news, it's important to note here that neither the Chinese tariffs nor the Trump tariffs - both on products worth $50 billion each - neither of these sets of tariffs have been imposed yet. China's planned tariffs seem to be a pre-emptive strike that Beijing will unleash if the Trump administration goes ahead with its tariffs on Chinese products.

「はい、深刻です。しかし、中国が具体的に何時こうした関税を発動するかを明らかにしていないことに留意することが重要です。トランプ政権が1000以上の中国製品に対して25%の関税をかけることを計画していると発表した後でこうした関税措置が発表されたことを考えると、本日の措置は米国に対する中国の報復であることが明らかです。こうした措置を市場が歓迎することはないでしょうが、中国の関税措置も、そして、トランプ政権の関税措置も ― どちらも総額500億ドルに上る輸出品を対象としている ― まだ発動されていないことに留意することが重要です。中国の関税措置は、トランプ政権が中国の製品に対して関税をかけると同時に発動されるようになっている、先制攻撃のようにも見えます」

N. KING: I mean, I know we've thrown around the phrase a lot lately, but it does seem like we are possibly on the verge of a trade war, but that it hangs on President Trump's tariffs. Now, is there any chance that both sides can just come to the table and prevent an all-out trade war?

「貿易戦争という言葉が飛び交っていて貿易戦争寸前にも見える訳ですが、トランプ政権の関税措置がどうなるかにかかっているのですね。両国が交渉のテーブルにつき、全面的な貿易戦争になることを回避することはできないのでしょうか?」

SCHMITZ: Yeah, there is. And both sides have been talking to each other. China's vice premier, Liu He, has spoken with U.S. Treasury Secretary Steve Mnuchin. But so far, not much progress has been made. We still have at least 30 days of a comment period on the proposed Trump administration tariffs on Chinese products before the president would take action. So we're looking at a month between now and early May when the world's two largest economies have an opportunity to sit down and negotiate a peaceful solution to all of this. Otherwise, it looks like - from today's announcement in Beijing - that China is prepared to retaliate against tens of billions of dollars' worth of U.S. products if the Trump administration goes ahead with its tariffs.

「両国とも話し合いは行っています。中国は劉鶴(りゅうかく、リウ・ホー)副首相がムニューチン財務長官と話し合いをしています。しかし、これまでのところ、大した前進はありません。ただ、大統領が具体的な決定を下す前に30日間のコメントを受け付ける期間があります。つまり、今から5月の初めまで時間があり、それまでに世界の2大経済大国が平和的に話し合いをして決着させる機会はあるのです。仮にそうならなければ、中国当局は、トランプ政権が関税措置を発動した場合、何百億ドルにも上る米国製品に対して報復関税をかける用意があるということです」

N. KING: Wow. NPR's Rob Schmitz in Shanghai. Thanks, Rob.

SCHMITZ: Thank you.
 

 仮に、米国産の大豆の中国への輸出が難しくなると、米国としては、余った大豆を日本に値下げしてでも売りたいと考えるでしょうが…

 但し、中国としても最低限度の大豆を確保する必要があり…そうなると米国産以外の大豆は価格が上がる、と。

 米国の農家は大変ですね。

 トランプ政権は、そうした農家の声にどのように応えるのか?

 一筋縄ではいかないような気がします。



  米国経済には大きな影響がある筈だと思う方、クリックをお願い致します。
 ↓↓↓
 人気blogランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ