ちんちん千鳥の
啼く夜さは
啼く夜さは
硝子戸しめても
まだ寒い
まだ寒い

ちんちん千鳥の
啼く声は
啼く声は
燈を消しても
まだ消えぬ
まだ消えぬ

ちんちん千鳥は
親ないか
夜風に吹かれて
川の上
川の上

ちんちん千鳥よ
お寝らぬか
夜明の明星が
早や白む