下ネタ満載の青春も悪くない

生徒会役員共(1) (少年マガジンコミックス)週刊少年マガジン 2008年34号 - 連載中
マガジンSPECIAL 2007年6月号 - 2008年7月号

作者:氏家ト全

作者サイト:?

私的評価:★★☆(77点)


醍醐味は、恋の可能性が感じられることです。そのため、洒落にならない生々しさを下ネタが持っていたり、ギャグで終らぬドキドキがあるわけです。簡単には翻弄されない冷めた男主人公なのでドタバタ感がない。好みが分かれそうですが私は好きです。

続きを読む


2010年05月18日│その他 

アドリブ、放送禁止、人間味。
ラジオって面白い。


ラジオでGO! (1) (まんがタイムKRコミックス)まんがタイムきららCarat 2007年7月号 - 2010年8月号

作者:なぐも。

作者サイト:なぐもカレー部

私的評価:★★☆(65点)


個性豊かな人物達が作り出すラジオ番組の制作現場を舞台にした作品。

専門的な仕事の面白さを感じることができなかった。

続きを読む


ネコの言ってることがわかっちゃうの。

けものとチャット 5 (バンブー・コミックス)まんがくらぶオリジナル 2005年6月号 - 連載中

作者:みずしな孝之

作者サイト:み ず し な 孝 之 W e b ・ シ ナ ミ ズ ム ・

私的評価:★★★(80点)



猫と会話のできる女子高生、毛野本茶々を取り巻くギャグ4コマ漫画。『まんがくらぶオリジナル』2009年9月号にて、OVA化が発表された。2009年10月23日に発売。(参照:wikipedia)

続きを読む


2010年04月30日│バンブー・コミックス 

戦乱の影、クリスたち歩兵科の面々を待ち受ける運命とは!?

帝立第13軍学校歩兵科異常アリ!? (3) (まんがタイムKRコミックス)まんがタイムきららCarat 2004年4月号 - 連載中

作者:石田あきら

作者サイト:Life Like Love

私的評価:★☆☆(48点)



怪力娘のクリスは帝立軍学校の第13分校歩兵科に入校した。軍学校で知り合った友人たちと教養科目をこなしつつ、騎兵科に対するライバル心を燃やしていく。(参照:wikipedia)

続きを読む


不条理4コマの傑作

伝染(うつ)るんです。 (1) (スピリッツゴーゴーコミックス)ビッグコミックスピリッツ 1989年10号 - 1994年9号

作者:吉田戦車

作者サイト:吉田戦車日記(スピリッツのサイト内)

★★★(96点)

話の多くは、登場人物が読者には理解しがたいヘンテコなこだわりを持って暴走し
周り(読者)を困惑、恐怖、脱力させるという展開(参照:wikipedia)

続きを読む


2010年02月04日│その他 

オンリーワンの限定彼女

限定彼女 (1) (IDコミックス 4コマKINGSぱれっとコミックス)まんがぱれっとLite VOL.1 - 連載中

作者:内村かなめ

作者サイト:内村かなめ

私的評価:★★☆(68点)



主人公岡田ちまの好きな男の子赤星広音は吸血鬼だった。
血の契約を交わした二人はお互いにとってオンリーワンの存在に

続きを読む


2010年01月27日

あーなんか私...働いてるかも....

空の下屋根の中 (1) (まんがタイムKRコミックス)まんがタイムきららCarat 2008年9月号 - 連載中

作者:双見酔

作者サイト:とどかない そら

私的評価:★★★(81点)


主人公の少女、香奈絵は高校卒業後、特にやりたいこともなく進学も就職もせず、毎日自宅で自堕落な生活を送っていた。この物語は香奈絵の日々自分の生きる道を模索しながら就職にこぎつけるまでの悪戦苦闘ぶりを描くものである。(参照:wikipedia)

誰しもが体験し感じたであろう思いを素直に描いている

続きを読む


2010年01月22日

お友達 in 夢限学園っっ!!

1年777組 (5) (まんがタイムきららコミックス)まんがタイムきらら 2002年10月号 - 2008年6月号
まんがタイムきららCarat 2003年12月号 - 2004年8月号

作者:愁☆一樹

作者サイト:みらくるCAT

私的評価:★★☆(74点)


夢限学園の1年777組には、猫や魔法使いや忍者や巫女や幽霊など、多種多様な特徴をもった生徒326名が在籍している。そんなクラスでの、様々な人間関係や恋愛模様などが楽しく描かれる。(参照:wikipedia)

キャラの見た目が被っていて誰が誰なのか分からなくなる
好き嫌いの関係も三角、四角と分かりずらい
ドタバタ重視でテーマ性や内容が乏しい

"私が考える面白くない4コマの典型的な悪い部分"を見事に持ち合わせていた本作だったがソレを補って余りある話のクオリティがあった

続きを読む