2006年07月28日

推薦図書:“HELLSING”(「ヘルシング」英語版)

これこそ「ど」がつくマイナー作品……だったはずですが、人気出ちゃいましたねー。
最新第8巻は大手書店でも平積みになってました。

そして実はこの漫画、英語版まで出版されています。

発行元は「ベルセルク」の英語版と同じ“DARK HORSE MANGA”という出版社。なかなかの目利きがいるようです。

日本語版の発刊ペースが遅いせいか、ついこの前まで英語版に追いつかれてしまっていて、現在第7巻までを英語版で読むことができます(日本語版の第7巻と第8巻の間が1年半開いたことを考えるとまたすぐに追いつかれそうですが)。
ワンクリックお願いします

人気ブログランキングバナー

なかなか凝っているなーと思ったのは、フランス人であるベルナドット(傭兵隊長)の話し言葉はフランス訛りで訳されていて、「th」が「z」で表記されています(“So zat's your coffin zen, eh...?”=「それがあんたのカンオケかい……」)。さらに、たくさん登場するドイツ人の話し言葉はドイツ訛り。少佐のかの名台詞「諸君私は戦争が好きだ」は、“Gentlemen, I love var”。WがVになるんですね。

HELLSING


巻頭・巻末のイラストとショートコントは英語版オリジナルだったりします。
是非ご一読あれ。
 

→BookStore:コミック(英語版)へ
→漫画で英会話.net トップページへ

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. HELLSING 8  [ AKIND’S HACKS ??徒然レビューとHACKSのサイト?? ]   2006年08月02日 00:30
HELLSING 8 (8) 平野 耕太 少年画報社 2006-07-26 売り上げランキング : 1 おすすめ平均 戦争の中の闘争 アーカード対アンデルセン―最終決戦が幕を開ける― 人間でいる事にいられなかった者の涙。 Amazonで詳しく見る by G-Tools ...

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔