2006年12月14日

“HELLSING”(「ヘルシング」英語版)第7巻より:"take and be taken from without limit" (無限に奪い、無限に奪われる)

漫画で英会話:“HELLSING”(「ヘルシング」英語版)第7巻より
(この第7巻は、2006年にアメリカで、大手出版業界関係とNBCの協力で行われる「クィル賞」の「読者が選ぶベスト本」ベスト・グラフィックノベル部門に“NARUTO”と並んで選ばれました)
Here comes defeat_01.jpg

「私は無限に奪い、無限に奪われるのだ。無限に亡ぼし無限に亡ぼされるのだ。そのために私は野心の昼と諦観の夜を越え今ここに立っている」


Here comes defeat_02.jpg

「見ろ」

↓ワンクリック×4 お願いします↓

人気blogランキング80_15.gifにほんブログ村 英語ブログへ

F2Cランキングバナー80_15.gif くつろぐ88x15a.gif

Here comes defeat_03.jpg

「敗北が来るぞ。勝利と共に」



→BookStore:コミック(英語版)へ
→漫画で英会話.net トップページへ




飽きない!三日坊主にならない英会話学習マジックトーカーズLM-500J




結局のところは、たった6単語程度で英会話はできてしまうんです。
覚えた途端につかえる魔法の6単語の英会話パターンを覚える仕組みがあればいい。
その方法を知りたい人はほかにいませんか?


トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. ベルリッツ|ベルリッツで英会話  [ ベルリッツ|ベルリッツで英会話 ]   2006年12月14日 14:53
ベルリッツっていつの間にか日本のベネッセの系列会社になってたんですね。世界中にベネッセは、あるけど日本人のフィーリングに合いそうなきがします。色々調べてみてベネッセで英会話を習おうと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔