コミティアが登場する漫画! 「これ描いて死ね」をご恵投いただきました

スタッフ(ヨ)ことヨシダです。こちらのブログにはかなり久しぶりの登場になります。

さてタイトルの通りですが、コミティアが作中に登場する漫画をご恵投いただきました。
とよ田みのるさん作の「これ描いて死ね」第1集(小学館・ゲッサンで連載中)です!

これ描いて死ね書影

どのように出てくるのか裏表紙に書いてあるあらすじを引用します。
東京の島・伊豆大島に住む安見 相は、漫画が大好きな高校1年生。何年も活動していなかった憧れの漫画家・☆野0先生がコミティアに出展することを知り、いてもたってもいられず東京都区内に旅立つことに…そしてコミティア会場での思わぬ出会いが相の人生を変える! 漫画を愛する全ての人へ届けッ!! 漫画浪漫成長譚!!!

…と、漫画好きならたまらないストーリーに、第1話からビックリするくらいコミティアが重要な役割を果たす場として登場します。

とよ田さんはコミティアによくサークル参加もしてくださっていて、COMITIA124の告知イラストを描いていただいたり、インタビュー記事の取材にも応じていただいたりもしてます。

124flier

そのため「今度描く漫画にコミティアを登場させたい」というお話をもらった時は何の不安もなくOKしたのですが、その時はここまで大きな扱いになると思っていなかったので、嬉しさやありがたさと同じくらい驚いてます。

そうした事情や個人的にファンであることを抜きにしても、漫画に真っ直ぐに向き合うキャラクター達の爽やかな青春物語が、とよ田さんの深い漫画愛と抜群の演出力によって絶妙な重厚さも加わった、良作に仕上がっていることは間違いありません。
気になる方はゲッサンの公式ページにて作品の詳細をご確認ください! 第1話を無料で読むこともできます。


さて、ここで「コミティアって自分の作品内に登場させても良いのかな?」と思った方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。コミティア公式サイトのFAQには以下のように記載しています。

Q.コミティアを自分のマンガや小説などに登場させても良いですか?
A.同人作品、商業作品に限らず基本的に問題ありません。歓迎します。ただし、実際のコミティアと異なるルールなどの描写は基本的に避け、作品内容の都合でそうした描写が必要な場合は実際のコミティア参加者に対して誤解がないようご配慮をお願いします。また、コミティア公式の発行物であると誤解されるようなものもご遠慮ください。
同人作品については基本的にチェックなどはいたしませんが、商業作品の場合は希望があれば登場シーンのネーム等のチェックを行うことも可能ですので、お問い合わせください。
実際の告知イラスト(チラシ)、ティアズマガジンの表紙画像などをそのまま使用することはお避けください。どうしても使用したい場合は個別に可否を判断しますので、お問い合わせください。
https://www.comitia.co.jp/faq/index.php?mode=faq&id=115 より

こんな感じで条件は厳しくありません。気軽に登場させてOKですよ。

今後も本ブログでコミティア登場情報をお届けできればと思っていますので、改めてよろしくお願いします!

20年ぶりの再会エピソードが、新聞のWEB記事になりました。

代表です。
昨年9月のCOMITIA137で生まれた素敵なエピソードが、新聞のWEB記事になりました。


登場するのはサークル「藍色劇場」のこきあいりんさんと、サークル「Antique Carrie」の小柳かおりさん。
20年前に同じ少女マンガ雑誌で描いていたお二人は、この日に参加したスペースが偶然にも隣り合わせとなり、再会を果たしました。
この時の感動エピソードはぜひお二人のマンガでお読みください。
▼こきあいりんさんのエピソードはこちら


▼小柳かおりさんのエピソードはこちら


20年ずっと描き続けたこきあいさんと、一時は筆を折ったけれど再度描き始めた小柳さん。
ティアズマガジンのごあいさつで、いつも「今日という日に素敵な出会いがありますように」と書いてきたけれど、まさにこれは「運命の出会い」ですね。
お二人が再会する機会となったコミティアとしても、とても嬉しい出来事でした。

「コミティアはいつもここにいます」と言い続けてきてよかった、とあらためて思います。
描きたい時に参加して、自由に作品を発表できる場所として、コミティアはいつもここにいます。
これからも多くの描き手が末永く描き続けてくれることを、心から願っています。

「漫画原稿と漫画制作の未来を考えるー生原稿の保存・管理」の展示を見てきました。

代表です。
今日は最終日に滑り込みで、銀座蔦屋書店で行われていたエ☆ミリー吉元@_emilioemily_さんの「漫画原稿と漫画制作の未来を考えるー生原稿の保存・管理」の展示を見てきました。
お父様のバロン吉元氏の原稿を保存・管理する立場になった様子を描いた双六風の絵物語から、その苦労が偲ばれます。
世界的にも日本の漫画の評価が高まる一方、その礎を築いた世代の訃報が続く昨今、その原点ともいえる生原稿の保管の問題はこれからの重要なテーマとなるでしょう。
あらためて大いに考えさせられた展示でした。
IMG_2004
IMG_2006
IMG_2007

姫川明輝さんの個展に行ってきました。

代表です。
5月5日のCOMITIA140が終了して、1日お休みして、今日は姫川明輝さんの個展「四天神狼II in東京〜百八つの祈りと咆哮〜」に行ってきました。
コロナ禍で行動制限される中、姫川さんが疫病退散の願いを込めて、色紙に墨で描いた狼のモチーフが総計108枚! 迫力ある絵が壁にズラリと並んでまさに圧巻でした。
姫川さんとはコミティアが始まる前からのお付き合い。「40年前にはいまの状況は想像できませんでしたね」などどお話をしました。
プロキャリアが長く、海外での評価も高い作家さんですが、常に表現をアップデートして、色々なチャレンジをされているからこそと思います。是非その世界に触れてみてください。
会期は明日5月8日(日)15時までで時間がないのですが、都合のつく方はぜひ足を運んでみてください。
IMG_2001
IMG_2003

米沢嘉博記念図書館の「樹村みのり展 」に行ってきました。

代表です。
米沢嘉博記念図書館で開催中の「樹村みのり展 ─その優しさ、芯の強さ─」に行ってきました。
その作風は内省的で、硬質なタッチでありながら、瑞々しい描写に胸を打たれます。
1階の原画展示を見るうちに10代の頃に読んだ感動が甦り、思わず2階の閲覧室に行って往時のコミックスを読み耽ってしまいました。
樹村みのりは14歳で『りぼん』でデビューし、10代の内からアウシュビッツをテーマにした作品を描くなど、強い問題意識を抱えた作家性で知られます。
あらためて読み返しても、作者の「描かずにはいられない思い」が強烈に伝わってきました。
そして同時に、往時の少女マンガ雑誌がこうした社会性の強いテーマを許容していたことにも感慨を覚えます。
会期は6月6日まで。お時間のある方はぜひ足を運んでみてください。

IMG_1984



IMG_1985



IMG_1986

3年ぶりに岩田さんのお墓参りに行ってきました

IMG_1980












代表です。
昨日はうららかな陽気の下、3年ぶりに岩田次夫さん(イワえもん)の墓参りに行ってきました。
コロナ禍で外出を控えるようになり、暫く自粛してきましたが、そろそろ良いだろうと旧友が集いました。
岩田さんが亡くなって18年。集まった全員が彼の没年を越えたことに、時の流れをしみじみと噛みしめます。
来れなかった3年の間に、彼の愛した同人誌の世界は厳しい試練に直面しました。
せれど此処にいる皆は恒に前を向いて、この世界を守り、継続していくことに挑もうとしています。
きっと彼も応援してくれているでしょう。
また良いニュースとして、旧友のbelneさんがメディア芸術祭功労賞を受賞したことも伝えられました。
さぞ喜んでくれたことと思います。
また来年も此処に来れることを皆で願いつつ、この日は飲み会無しで散会しました。
来年は平和な日常が取り戻せていることを心から祈っています。
IMG_1979

ティアズマガジン140は今週末発売です。

140_hyo14













代表です。

5月5日開催のCOMITIA140のサークルカタログ
『ティアズマガジンVol.140』は今週末より発売開始となります。
取扱書店や通販情報は右記をご覧ください。→【カタログ販売情報】
(流通の都合により前後する場合がありますので、予めご了承ください)

なお、前回より当日会場価格は1500円となっていますが、
書店前売価格は1300円に据え置いています。
当日の会場ではカタログが早い時間に売切れる可能性があるため、
事前に書店や通販などで購入されることを強くお勧めします。

また、PCやスマートフォンからサークルのチェックや会場図の印刷などが出来る
便利な「コミティアWEBカタログ」の利用には、
紙のカタログのP3に印字された「アカウント作成コード」が必要です。
(コードはカタログ1冊につき1つ提供(印字)しています)
こちらもぜひご利用ください。

▼サークルカタログ『ティアズマガジンVol.140』の主な内容
----------------------------------
全ての参加サークルのPRカットはもちろん、
サークルや同人誌の紹介記事やインタビューなど
読み物満載のサークルカタログです。

【FRONTVIEW】
永田礼路(永田医院午前0時)
毛塚了一郎(住処)
沼原望(ナランジャ)

【インタビュー】
Neo Comic Scene 第2回
「スモールエス SS学園」

【連載記事&コラム】
ばるぼら「コミティア魂」第4.5回
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
司馬舞「新米ママ・パパのあきらめないオタク活動」
こねやまこねお「マンガ編集者は静かに暮らしたい。」
ベルネ「誌上COMIC WORK SHOP」

表紙イラストレーション:毛塚了一郎(住処)
---------------------------------------------------

ティアズマガジン139は今週末発売です。

139_TIAs_hyo14













代表です。
2月20日開催のCOMITIA139のサークルカタログ
『ティアズマガジンVol.139』は今週末より発売開始となります。
取扱書店や通販情報は右記をご覧ください。→【カタログ販売情報】
(流通の都合により前後する場合がありますので、予めご了承ください)

ご案内しているように今回より当日会場価格は1500円となりますが、
書店前売価格は1300円に据え置いています。
当日の会場ではカタログが早い時間に売切れる可能性があるため、
事前に書店や通販などで購入されることを強くお勧めします。

また、PCやスマートフォンからサークルのチェックや会場図の印刷などが出来る
便利な「コミティアWEBカタログ」の利用には、
紙のカタログのP3に印字された「アカウント作成コード」が必要です。
(コードはカタログ1冊につき1つ提供(印字)しています)
こちらもぜひご利用ください。

▼サークルカタログ『ティアズマガジンVol.139』の主な内容
----------------------------------
全ての参加サークルのPRカットはもちろん、
サークルや同人誌の紹介記事やインタビューなど
読み物満載のサークルカタログです。

【FRONTVIEW】
Perico(Perico)
zaki(12月32日)
ののもとむむむ(SOFT MATINE)

【連載記事&コラム】
ばるぼら「コミティア魂」第4回〜いま語られるコミティア創世記
東京好奇心散歩「横浜散策」…インド僧(いんどの宮殿!)
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
司馬舞「新米ママ・パパのあきらめないオタク活動」
こねやまこねお「マンガ編集者は静かに暮らしたい。」
ベルネ「誌上COMIC WORK SHOP」

表紙イラストレーション:武田登竜門(人よ)
---------------------------------------------------


ティアズマガジン138は今週末発売です。

Twitter_138hyo1-4












代表です。
11月21日開催のCOMITIA138のサークルカタログ
『ティアズマガジンVol.138』は今週末より発売開始となります。
取扱書店や通販情報は右記をご覧ください。→【カタログ販売情報】
(流通の都合により前後する場合がありますので、予めご了承ください)

今回のコミティアは自治体・会場のガイドラインに従い、
カタログの販売数を元に一般参加者の入場数制限を行います。
COMITIA138における新型コロナウイルス感染症予防対策について

当日の会場ではカタログが早い時間に売切れる可能性があるため、
事前に書店や通販などで購入されることを強くお勧めします。

また、PCやスマートフォンからサークルのチェックや会場図の印刷などが出来る
便利な「コミティアWEBカタログ」の利用には、
紙のカタログのP3に印字された「アカウント作成コード」が必要です。
(コードはカタログ1冊につき1つ提供(印字)しています)
こちらもぜひご利用ください。

▼サークルカタログ『ティアズマガジンVol.138』の主な内容
----------------------------------
全ての参加サークルのPRカットはもちろん、
サークルや同人誌の紹介記事やインタビューなど
読み物満載のサークルカタログです。

【FRONTVIEW】
古林けやき(ふるいほう)
キャシー(chichans)
ピエール手塚(七妖会)

【特別企画】
「続けコミティア」開催継続支援プロジェクト
クラウドファンディング支援社PR記事:Yousei印刷

【新連載】
新しい『同人』の形を探るインタビューシリーズ
Neo Comic Scene 第1回「NEOKET」

【連載記事&コラム】
ばるぼら「コミティア魂」第3回〜いま語られるコミティア創世記
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
司馬舞「新米ママ・パパのあきらめないオタク活動」
こねやまこねお「マンガ編集者は静かに暮らしたい。」
ベルネ「誌上COMIC WORK SHOP」
くだん書房店主「マンガ同人誌好古学」
あむぱか「本子ちゃん、コミティアスタッフになる!」最終話

表紙イラストレーション:中村朝(13月2日)
---------------------------------------------------


ティアズマガジン137は今週末発売です。

137cov_hyo14 (1)












代表です。
9月20日のCOMITIA137のサークルカタログ
『ティアズマガジンVol.137』は今週末より発売開始となります。
取扱書店や通販情報は右記をご覧ください。→【カタログ販売情報】
(流通の都合により前後する場合がありますので、予めご了承ください)

今回のコミティアは自治体・会場のガイドラインに従い、
カタログの販売数を元に一般参加者の入場数制限を行います。
当日の会場ではカタログが早い時間に売切れる可能性があるため、
事前に書店や通販などで購入されることを強くお勧めします。

また、PCやスマートフォンからサークルのチェックや会場図の印刷などが出来る
便利な「コミティアWEBカタログ」の利用には、
紙のカタログに印字された「アカウント作成コード」が必要です。
(コードはカタログ1冊につき1つ提供(印字)しています)
こちらもぜひご利用ください。

▼サークルカタログ『ティアズマガジンVol.137』の主な内容
----------------------------------
全ての参加サークルのPRカットはもちろん、
サークルや同人誌の紹介記事やインタビューなど
読み物満載のサークルカタログです。

【FRONTVIEW】
加藤旅人(クロッカ!)
武田登竜門(人よ)
みなはむ(ンキッャヒ)

【連載記事&コラム】
ばるぼら「コミティア魂」第2回〜いま語られるコミティア創世記
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
司馬舞「新米ママ・パパのあきらめないオタク活動」
こねやまこねお「マンガ編集者は静かに暮らしたい。」
ベルネ「誌上COMIC WORK SHOP」
あむぱか「本子ちゃん、コミティアスタッフになる!」

表紙イラストレーション:トキワセイイチ(トキワセイイチ制作室)
---------------------------------------------------


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ