関西コミティア65に参加してきました

代表・中村です。
昨日は京都パルスプラザで開催された関西コミティア65に参加してきました。
不運だったのは一昨日より日本列島に上陸した台風14号の影響。関西コミティアも開催日が近づくと、毎日定時に開催情報を更新。前夜には15時の閉会のところ、1時間繰り上げて14時の閉会にすることを発表しました。
開催時間中には台風による雨風はありませんでしたが、当日の夜に近畿地方に接近する予測のため、夕方からは鉄道各線の計画運休が多くなり、とくに遠来の参加者の方は帰路の目処が立たず、泣く泣く参加を諦めた人が多かったようです。私もいつもなら会場の撤収が終わるまで付き合うのですが、今回ばかりは帰りの新幹線にギリギリ間に合うように途中で抜けさせてもらいました、
全体の参加人数もやはり減り気味で、サークルの出席率も体感で6〜7割でしょうか。天災の影響で仕方ないとはいえ、このところコロナ禍からの回復基調だったのに残念です。それでも困難なことの多い中、開催にこぎつけたスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。
そんな状況下でしたが、東京の出張委託コーナーはおかげ様で人気で、たくさんの人に来てもらえたのは嬉しかったです。東京コミティアの参加サークルさんの本を各地コミティアで紹介できるように、これからも活動してゆきますので、会場に来られたらぜひお立ち寄りください。


それでは次回こそはぜひ会場で笑顔でお会いしましょう!

創作漫画同人誌展示即売会 『関西コミティア66』
日時:2023年1月22日(日) 11:00 〜 15:00
場所:京都パルスプラザ 大展示場
募集:700スペース





文化庁メディア芸術祭受賞作品展に行ってきました

代表・中村です。
お台場の日本科学未来館で開催中の第25回文化庁メディア芸術祭受賞作品展に行ってきました。
コミティアではおなじみのbelneさんが今年の功労賞を受賞されたことは、9/4のCOMITIA141会場内企画でもお知らせしたとおり。
記念展示ではマンガ教育者としてのbelneさんの軌跡を辿ったり、今回の審査員のマンガ家おざわゆきさんとの対談映像が見れたり興味深い内容でした。
IMG_2366
IMG_2367
























また、今回のマンガ部門の受賞者でも、コミティアに縁のあるマンガ家の和山やまさん、西村ツチカさん、トキワセイイチさんの展示もあり、全体に見応えがありました。
エンターテインメント部門では「浦沢直樹の漫勉neo 〜安彦良和〜」が受賞していて、思わぬ切り口に感心します。
アート・エンターテインメント・アニメーション・マンガの4つの表現をまとめて「メディア芸術」として扱うこの芸術祭の作品展は、相互の表現が越境し、影響しあうような楽しさがありました。
image1image2image3IMG_2365












しかし既報のようにこの文化庁メディア芸術祭も今年で最後の開催となるようです。
私も2013年(第17回)で功労賞をいただいたので、この歴史が途切れてしまうのは残念な気持ちでおります。
また、この芸術祭の、商業作品も同人作品も区別なく扱う審査姿勢だからこそ、評価され発掘されたような受賞作品が多いことも、コミティアを運営する立場では大いに期待していました。
また何らかの形で再開されることを願っています。
ということで今年が最後の貴重な機会ですので、お時間のある方はぜひ足をお運びください。

第25回文化庁メディア芸術祭受賞作品展
会期:2022年9月16日(金)〜26日(月) 10:00 〜 17:00
    ※9月20日(火)休館
会場:日本科学未来館(東京・お台場)
   ※サテライト会場あり
入場:無料
主催:第25回文化庁メディア芸術祭実行委員会


みなもと太郎先生のお別れ会に伺いました。

IMG_2336












代表・中村です。
昨年夏に亡くなったみなもと太郎先生のお別れ会が、昨日開催されたので伺いました。
みなもと先生との思い出話はこちら。→ティアズマガジン137のごあいさつ

献花に集まった方々も漫画家や漫画評論家のビッグネームぞろい。
展示コーナーに流れていたみなもと先生の肉声が懐かしく、先生も今日きっとここに来られて、みんなの会話をフムフムと聞かれているだろうなあ、と思いました。
一年経ってもみなもと先生がいなくなった実感がまるで沸かないのだけれど、あらためて長年お疲れさまでした。どうぞ安らかに。
IMG_2338IMG_2339

『ティアズマガジン141+GARDEN GUIDE52』は今週末発売です

こんにちは、スタッフ(ヨ)ことヨシダです。

9月4日開催のCOMITIA141+J.GARDEN52のカタログ『ティアズマガジン141+GARDEN GUIDE52』は今週末より発売開始となります。
取扱書店や通販情報は右記をご覧ください。→【カタログ販売情報】
(流通の都合により前後する場合がありますので、予めご了承ください)
141+52_blog_mini_NEW


COMITIA139より当日会場価格は1500円となりましたが、書店前売価格は1300円に据え置いています。ぜひ事前の購入をご検討ください。
今回は合同開催ということで部数が読めず、書店委託分が早めに完売してしまう可能性もあります。参加を決めている方はお早めにどうぞ。

さらに、この合同カタログはコミックマーケット100でも販売します。(8/13のみ)
スペースは以下の通り。こちらでも1300円で販売しますので、参加される方はお立ち寄りいただければ幸いです。
 8/13(土)東1 F34b COMITIA実行委員会
 8/13(土)東6 ネ31b J.GARDEN事務局
C100_COMITIA_RGB


今回もPCやスマートフォンからサークルのチェックや会場図の印刷などが出来る便利な「WEBカタログ」が運用されます。
利用にはカタログのP3に印字された「アカウント作成コード」が必要です。(コードはカタログ1冊につき1つ提供(印字)しています)
合同開催ということで両イベントのサークル情報が閲覧できる形となりましたので、ぜひご利用いただければ幸いです。

▼カタログ『ティアズマガジン141+GARDEN GUIDE52』の主な内容
----------------------------------
全ての参加サークルのPRカットはもちろん、サークルや同人誌の紹介記事やインタビューなど読み物満載。今回は『GARDEN GUIDE』の記事入りで読み応えたっぷりです。(編集作業も大変でした…)

●ティアズマガジン記事
【FRONTVIEW】
酢豚ゆうき(酢豚ゆうき)
スガ(23.5cm)
白井賢一・かしこま(動物文明史研究会)

【特別記事】
belneさん文化庁メディア芸術祭功労賞受賞お祝いメッセージ&belneよりの答辞

【連載記事&コラム】
ばるぼら「コミティア魂」第5回
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
司馬舞「新米ママ・パパのあきらめないオタク活動」
こねやまこねお「マンガ編集者は静かに暮らしたい。」

東京好奇心散歩「大宅壮一文庫へ!」 鷹取ゆう(キツネの窓)
サークルNOW!「人生を変えたマンガ(作品)」

●GARDEN GUIDE記事
おすすめ同人誌ガイド
サークルさんのイチオシ!
みんなのイチオシ/おかわり!
小説同人誌普及委員会

【特別記事】
JUNEを語ろう
J庭参加のハウツーをエリーが解説!「J.GARDENの歩き方 合同開催特別編」
帰ってきた!エリーの質問箱 梅子&松子 特別インタビュー「〜昔の話を聞こうじゃないか〜」

表紙イラストレーション:こるせ(スタジオいわし)、村上キャンプ(camp)
----------------------------------

神戸芸術工科大学の出張講義に行ってきました

代表・中村です。
先日しりあがり寿教授のお招きで神戸芸術工科大学での出張講義に行ってきました。
毎年1回、1年生の学生の皆さんにマンガ同人誌のことを知ってもらう主旨でお話しています。
10数年前に初めて行った時は「コミティアって聞いたことがある人?」という問いに、3〜4人が恐る恐る手を挙げるのみだったのが、今年は9割の人が手を挙げてくれて、浸透度が深まっていることを実感しました。
こうして若い世代のマンガの描き手に、同人誌を作り、即売会に出て本を売る経験の意義や面白さを知ってもらうことは、コロナ禍で失われたこの数年を取り戻すためにも大切なことだと考えています。
また若く新鮮な感性に触れることはこちらにも刺激になりますね。
1年生の彼らがこれからの4年間でどんなことを学び、どんな作品を描くのかがとても楽しみです。
そしていつか東京のコミティアにも同人誌を作って参加してもらいたいですね。

写真はしりあがり寿先生(右)との記念写真です(それぞれのオリジナルTシャツで)。
IMG_8059



仙台喜久屋書店さんでコミティアフェア開催中です(〜8/11)

代表・中村です。
遅くなりましたが、仙台・喜久屋書店さんでのコミティアフェアに行ってきた報告です。
IMG_0211












6/12に仙台・夢メッセみやぎで開催された「みちのくコミティア8」のイベント後にお邪魔したところ、ビルのエスカレーターで上がった所にあるお店の入口正面にこのコミティアフェアがドーン! 一緒に行ったスタッフも「おおっ」っと喜びの声を上げました。

コミティアフェアの概要は下記になります。
・コミティア出張委託同人誌の販売
・過去のティアズマガジンや『コミティア30thクロニクル』の見本展示
・過去の全告知イラストのポスターギャラリー
・コミティア参加作家さんのコミックスにコミティアスタッフがコメントPOPを付けた販売
これに店員の方が宣伝コピーやPOPをていねいに飾りつけてくれて、とても目を惹くコーナーになっていました。
IMG_0208












入荷している委託同人誌は下記のリストをご覧ください(部数限定のため売切れている本があったらごめんなさい)。
喜久屋書店












ツイッターでも人気の同店の店長(@mangatentyou)さんとも記念写真を取らせてもらいました(店長さん:左/中村:右)。
IMG_2179












折角の機会なので、喜久屋書店さんの中を見学させてもらいましたが、随所にお店の推しコミックのコーナーがあり、店員さんの熱の入ったPOP作りを見て回るだけでワクワクしました。
飾られているサイン色紙も1800枚以上あるそうで、どれだけこのお店が愛されているのか判ります。
0001_xlarge












こんなすごいお店でコミティアのフェアを開催してもらえて感謝しかありません。

こちらのフェアの開催期間は8月11日(木/祝)までの予定です。
▼お店の案内はこちら


近隣の方はぜひ足を運んでこの圧倒的なエネルギーに触れてもらえたらと思います。




「新潟とマンガとマンガ教育 belneのコミックワークショップ展」を見に行ってきました。

IMG_2272












代表・中村です。
現在、新潟市「マンガの家」で開催されている
belneさんの第25回文化庁メディア芸術祭功労賞受賞記念
「新潟とマンガとマンガ教育 belneのコミックワークショップ展」を見に行ってきました。


belneさんの「マンガ教育」の軌跡を辿る充実した展示になっています。
圧倒されること請け合いなので、近隣の方はぜひ実地でご覧ください。
IMG_2264












IMG_2267












そして朗報です。
9月4日のCOMITIA141会場内(東京ビッグサイト東1ホール)における
belneさんの功労賞受賞記念企画として、
この企画内容をそのまま移設して展示することが決定しました。
参加予定の方はどうぞ楽しみにしていてください。

また、同所にはbelneさんにお祝いメッセージを描けるコーナーも併設します。
これまでにbelneさんの実地版コミックワークショップに参加した方、
ティアズマガジンの同記事に感銘を受けた方に、
印象的だった言葉など教えてもらえたらうれしいです。
こちらもよろしくお願いします。





9月4日COMITIA141のサークル申込状況とホール拡大&移動について

代表です。
9月4日(日)に開催する、COMITIA141のサークル申込状況についてお知らせします。
募集3000サークルに対し、3350サークルを超える申込をいただきました。
たくさんの申込をありがとうございます。
また、同会場で合同開催となるJ.GARDEN52についても募集700サークルに対し、970サークルを超える多くの申込があったと聞いています。

コロナ禍が続く中、このように多くの申込をいただいたことはとても嬉しいです。
しかし当初計画していた会場レイアウトでは、多くの落選が出てしまうことになります。
(コロナ禍以前のようにサークルスペースの机を詰めたレイアウトにすることも検討しましたが、今回はまだその時期ではないと判断しました)

そこで、この事態の対応のために、東8ホールを追加で借りることにしました。
そちらに入場手続きや見本誌コーナーを移動することで、落選数を大きく減らせる見込みです。
あわせて、会場の東京ビッグサイトとも調整の上、会場を現在の東456ホールから東123ホールに変更します。
これは東123ホールの方が東8ホールに近く、利便性が高いと判断したためです。

これらの変更により、なるべく多くのサークルに参加してもらえるよう新しい会場レイアウトを調整・検討中です。
しかしそれでも多少の落選が出てしまう可能性があります。その場合はどうかご容赦ください。
なお、今からのサークル申込辞退は事務作業が混乱するため、通常通りご遠慮をお願いします。

COMITIA141の当選サークルの速報となる「参加サークル50音リスト」は、7月14日(木)までに公式サイトで公開します。
正式な当落通知となる「サークル参加案内書」(当選の場合)、または「返金のご案内」(落選の場合)は7月17日(日)に発送します。
サークル参加申込をされた方は、お手元に届くまで今しばらくお待ちください。
なお、発表までは当落に関する個別のお問い合わせにはお答えできません。

このような状況ですので、前回COMITIA140で一般参加者に向けて試験的に販売を行った「先行入場チケット」は今回運用しないことにしました。
ご利用いただいた方にはご不便をかけますが、ご理解をお願いします。
142以降については検討中ですが、十分な運用を行うにはスタッフの人手が足りないと判断しており、販売をしない可能性が高いです。

お知らせは以上となります。
それではどうぞよろしくお願い致します。




映画「メタモルフォーゼの縁側」にコミティアが登場します

こんにちは、スタッフ(ヨ)です。

明日、6月17日から鶴谷香央理さんのマンガ原作の映画「メタモルフォーゼの縁側」が公開されます。
物語は17歳の女子高生・うららと、75歳の老婦人・雪がBLマンガを通して繋がり、友情を育んでいく…というもの。「このマンガがすごい!2019」オンナ編の第1位も獲得した作品ですので、マンガ好きな方はご存知な方が多いのでは?

映画メタモルフォーゼ


さて、タイトルにも書いているのでお気づきでしょうけれども、こうして紹介するのはその映画の劇中にコミティアが登場するからです。物語において重要な役割を果たす場となっています。
作者の鶴谷さんはコミティアにも参加経験もあり、原作で登場するシーンを執筆するにあたっての取材から協力を行っていました。映画も製作スタッフの方から依頼があり、出来る範囲で協力を行っています。
実際のコミティアの映像をお貸しするのは、映っている方に許諾が取れていないという点でなかなか難しかったのですが、コミティアのロゴの使用許可や各種素材などの提供をしたりしました。

38話

原作にも登場する、くまみねさんの表紙イラストのティアズマガジンも劇中に登場する予定です。(くまみねさんにはイラスト使用を快く許可いただき感謝しております)

(ヨ)は試写会に観賞させていただきましたが、原作ファンの1人としても納得の良い出来でした。
コロナ禍ということもあり、撮影も大変だったと思います。個人的にはCG合成を駆使した青海展示棟へ参加者が入場していくシーンに驚きました。
ということで、どのような形でコミティアが出てくるのか、ぜひ劇場で確かめてみてくださいね。

映画公式サイトのコメントコーナーでは各界の著名人に混ざってコミティア代表・中村のコメントも!

映画には登場しないのですが、実は原作には次回COMITIA141と合同開催となるJ.GARDENも登場してます。
10話

「J.GARDENってどんなイベントなんだろう…?」という方は読んでみるとちょっとだけ雰囲気が分かるかもしれません。
2022年6月16日現在、原作コミックは「コミックNewtype」 で1話から20話までが無料で読めますので、興味を持った方は、まずはそちらをお読みください! J.GARDENが登場するのは第10話からです。

ちなみに原作にコミティアが登場するのはかなり後半なので、「あれ、全然出てこないんだけど?」と思わずに読み進めていただければと思います…!


仙台初開催のみちのくコミティア8に参加してきました。

IMG_2166copy












代表です。
これまでの郡山から、初めて仙台で開催されたみちのくコミティア8に参加してきました。
会場は当地の同人誌即売会のメッカ・夢メッセみやぎ。
思い起こすと東日本大震災で同会場が被災し、1年半後の復活記念開催となったユウメディアさんの「仙台コミケ204 おかえり夢メッセ」に参加してから、約10年振りの再訪でした。

IMG_2152












これまでのコロナ禍の影響は大きく、みちのくコミティアの場合は2020年は委託参加オンリー、2021年はオールジャンルイベントと合同開催とイレギュラーなケースが続き、単独での開催は3年ぶりとなりました。
開場前の場内にマイクで朝のあいさつをした際には、「今日のみちのく初参加の人は?」との問いにたくさんの人が一斉に手を挙げて、初めての仙台開催を楽しみにしてくれていたのが伝わります。当日の午前中はあいにくの雨でしたが、一般参加者も多く、場内は大いににぎわいました。
なお、会場の感染症対策の規定により、サークルスペースは机を2本並べて奥行を90僂砲靴謄宗璽轡礇襯妊スタンスをとる形でした。広い面積を生かしてデイスプレイに凝るサークルも多かったです。
閉会時の地元みちのくコミティア代表のあいさつで「次に仙台で開催する時もきっと参加してくださいね!」という呼びかけに大きな拍手が起こりました。まだ時期は未定ですが、今後の仙台開催にも期待したいです。
なお、次回のみちのくコミティア9は12月11日にビッグパレットふくしま(郡山市)での開催が決定しています。


さて、5/22関西、5/29新潟、6/5北海道、6/12みちのくと4週続いた私の地方コミティア行脚も、これにて一段落。さすがに帰宅後は筋肉痛に悩まされましたが、充実感もひとしおでした。
全国的にもコロナの感染者数は減少傾向にあり、リアルのイベントに人が戻りつつあるのを実感します。
サークルの皆さんも様子を見つつ、状況が許すようになったら、旅行がてらでも各地のコミティアに参加してもらえたらと思います。【各地方コミティア一覧ページ】
また、それぞれの会場でお会いできるのを楽しみにしています!


記事検索
Archives
  • ライブドアブログ