呉市立美術館の「この世界の片隅に」展に行ってきました。

20161012_001












代表です。
広島の呉市立美術館で開催されている、
『マンガとアニメで観る こうの史代「この世界の片隅に」展』に行ってきました。

先日、完成したアニメ映画「この世界の片隅に」の試写を観てから、
此処でしか見れない原作のこうの史代さんの原画展をどうしても見たくなったのです。
同時に作品の舞台である「呉」という町を知りたい気持ちもありました。

実際に足を運んだ呉市立美術館での展示は驚くべきものでした。
約450ページという本作の原画が全てそのまま読める形に展示されているのです。
しかも一話毎に作品の背景に関する考察や作者コメントも添えられていて、
とても贅沢な読書体験をさせてもらいました。

この他、貴重な取材ノートや資料写真、実際に使われた意外な画材など、
創作過程に関わる展示物も多く、たいへん興味深い内容でした。
また、戦時中の市民の生活に関わる品々も実物が置かれており、思わず目を凝らしました。
そこにあったのはまさに主人公・すずさんが生きた時代の空気でした。

アニメ関連の展示も、原画やレイアウト、背景美術、メイキング映像などが充実しており、
片渕須直監督がどのように作品の世界を映像に写し撮っていったかが丁寧に説明されています。

この展示会を見るだけでも、「呉」市のこの映画への力の入れようがよく判りましたし、
町中にもポスターやチラシが目につき、映画のロケーションMAPも配布されていました。
これから「呉」に行かれる方はぜひ利用されると良いと思います。
ちなみに呉市立美術館での展示会は11月3日までですのでどうぞご注意ください。

また、現在発売中の「この世界の片隅に」公式アートブック(宝島社)は、
この展示の内容を基本にしたもので、こちらもお薦めです。


さて、あらためて旅の思い出を。
初めて訪れた「呉」の町は、おだやかな瀬戸内海に面し、のどかな空気に包まれていました。
けれどそこは、かつては東洋一の軍港として知られ、あの戦艦「大和」が建造された場所でもあります。
だからこそ太平洋戦争では米軍の標的となり、いくども激しい空襲を受けました。
現在は記念施設として「大和ミュージアム」が港に建てられ、往時を偲ぶことができます。

作中にも登場する、大きな船舶が行き来する港や、町中を流れる川やそこに架かる橋を眺め、
緑の多い街路を歩いていると、もちろんその風景が現代に変わってはいても、
70年前のこの町に暮らしていた主人公のすずさんや周作さんたちの姿が瞼に浮かび、
今いるこの場所と地続きのまま、作品の世界に入り込んだような不思議な感覚を覚えました。

今回の旅で一番行きたかったのはすずさんたちの家族が暮らす家があった長之木町の辺り。
けれどいざその場所に立つと、作中に描かれただんだん畑はすでに無く、新興の住宅地に視界を遮られ、
往時のすずさんたちが見ていた、長い石段から「呉」の町を見下ろす光景は見れませんでした。

それでもどうしても同じ景色が観たくて、車で町の後方にある灰ヶ峰の山頂に登りました。
そこからは「呉」の町の全景と、瀬戸内海の島々を望む「呉」港を見渡せる観光名所になっています。
正面に海、残る三方を山に囲まれた「呉」の町は意外なほど小さく感じられました。

この時に灰ヶ峰の山頂まで案内してくれたタクシーの運転手さんは「終戦の年の生まれ」だそうです。
道すがら、幼い頃の思い出話をいろいろ聞かせてくれました。

自分がまだ産まれる前に母親のお腹の中に居た頃のこと、
身重の母が空襲に襲われ、逃げ込もうとした防空壕はすでに満杯で、
幸い別の壕を見つけて難を逃れたけれど、最初に入ろうとした壕は爆弾で全滅していたそうです。

「自分はたまたま助かっただけですよ。ハッハッハッ」と、運転手さんは笑い声交じりに語りましたが、
戦時下の恐ろしいエピソードとしてよく聞く話を、まさか生々しい実体験として聞いたのは、
やはりそこが悲しい歴史を持つ「呉」の町だったからかもしれません。

そして灰ヶ峰の山頂から見た「呉」の町の景色は、山のふもとに住むすずさんの観た景色ではなく、
実は昭和20年3月19日にこの山を越えて飛来した米軍機B29の操縦士の視点であったことも、
その運転手さんが教えてくれました。

「こういう話が出来るのも私の世代が最後ですね…」と寂しそうに言う運転手さんに、
「戦時中の呉が舞台の映画です」と言って、「この世界の片隅に」の映画のチラシを渡してきました。
公開された映画を見てくれるといいな、と思います。
きっと次に乗せたお客さんに映画のことを、当時の思い出交じりに教えてくれるでしょうから…。


あらためて、今回のCOMITIA118では会場内企画として
アニメ映画版の監督の片渕須直さんと原作者のこうの史代さんのトークショーが行われます。
【詳細はこちら→片渕須直+こうの史代公開トークショー
多くの人が、この原作とアニメ化された映画に触れてくれることを心から願って止みません。

なお、当日の会場内では、「この世界の片隅に」原作コミックスはジュンク堂書店さんのコーナーで、
11月12日に公開される映画の前売券はトークショーのコーナーの物販ブースにて販売されます。
ぜひ、どうぞご覧になってみてください。




ティアズマガジン118発売のお知らせ

118cov












代表です。
ティアズマガジン118発売のお知らせです。
流通の都合で前後がありますが、この週末には大概の書店に並ぶと思います。
取扱書店はこちらをご覧ください。

主な記事内容
----------------------------------
【Frontview】
あみだむく[懐古電線]
ばったん[まばたき星雲]
雨宮もえ[メープル兄弟]
不貞寝[あとづけ]
玉置豊[私的標本]

【会場企画】
会場企画
海外マンガフェスタ2016
●トークライブ
高橋陽一
常勝×カネコアツシ
カール・カーシル×イヴァン・ブランドン×ジム・ザブ×スティヴァン・カミングス
バラック×バスティアン・ヴィヴェス×ミカエル・サンラヴィル×寺沢武一

会場企画
アニメ映画「この世界の片隅に」
片渕須直(監督)+こうの史代(原作)公開トークショー

【出張マンガ編集部】
全100誌(媒体)登場

【連載コラム】
ベルネ「誌上COMIC WORK SHOP」
PRINTGEEK「本作りのお役立ち講座〜STAPLEBIND PUBLISHERS」
Circles' Square「イベント運営の裏側ルポ〜コミティアの現場から」
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
大塚志郎「五百住シホのワンポイントストレッチ」
三島芳治「セカンド志望者日記」

表紙イラストレーション:えすとえむ(トランスサイダー)
----------------------------------

※コミティア実行委員会によるティアズマガジンの通信販売は終了しました。
 各取扱書店による通信販売をご利用ください。






九州コミティアが発足します!

代表です。
このたび新しい地方コミティアとして
「九州コミティア」が発足することになりました。

これは今年3月に「漫研アズ50周年展」のゲストに招かれて
私が北九州漫画ミュージアムに行った際に、
地元サークルの方から提案され、具体的に動き始めたものです。

同ミュージアムではすでに何度かコミティアの見本誌読書会を行い、
安定した来場者があり、受け入れてくれる下地も充分あるようです。

まずは明日9/25に同所で行われるコミティアの見本誌読書会で
17時より「九州コミティア・ミーティング」と題して、
準備集会が行われ、運営説明やスタッフ募集があります。
近隣にお住まいの方はよかったら参加してみてください。

コミティア出張見本誌読書会
日時:2016年9月25日(日)11:00〜19:00 ※入館は18:30まで
会場:北九州市漫画ミュージアム5階 企画展示室B
詳細はこちら→北九州市漫画ミュージアム・イベントのお知らせ

九州コミティア・ミーティング (準備運営局)
※同日17:00〜19:00に、同会場にて開催されます。
banar


そして、まずはプレ開催として、来年2017年2月18日(土)に
北九州市漫画ミュージアム内にて小規模での開催が決定しました。

その後、同年9月に同ミュージアムの近くの別会場にて、
正式に第1回(200〜300SP規模)を開催する予定で現在調整中です。
この辺りは決まり次第お知らせします。

ということで、以前より要望の多かった「九州コミティア」がついに発足します。
新しく生まれたこのコミティアの仲間にぜひご注目ください。



COMITIA118は4300サークル超え

代表です。
報告が遅れてしまいましたが、
10月23日のCOMITIA118の申込を〆切りました。
今回は4300を超えるサークルの申込をいただきました。
何分、前回の8月開催から2か月しか間がなく、
どうなることかとドキドキしていましたが、
たくさんの申込を有難うございました。
募集数以内ですので、著しい書類不備などを除き、
申込された全てのサークルのスペースをご用意できる見込みです。
メールアドレスを登録していただいた方には、
来週中くらいに申込受領報告メールをお送りする予定です。
会場図面やスペース發覆匹魑載した参加案内書の発送は9月下旬を予定しています。
お手元に届くまで、どうぞいま暫くお待ちください。

COMITIA117無事終了

CqW1JYQVMAAYZ0d












代表です。
昨日のCOMITIA117無事終了しました。
前日はゲリラ豪雨があったりして、当日の天気が心配されましたが、
見事に晴れて、良いイベント日和となりました。
しかも翌日、関東地方に上陸した台風を奇跡的に避ける形になり、
大いに冷や汗をかいています。

前日設営にも80人からの人数が参加してくれ、スムーズに終了。
とくに夏休みということもあって、広島から20人もの人数で上京し、
設営・撤収に活躍してくれた比治山大学短大の皆さんには深く感謝します。

当日はやはり夏のコミックマーケットの一週間後という影響もあってか、
一般来場者が少し減り気味だったのは仕方ないところ。
とは言えGWの混雑具合よりはむしろスペースを回りやすかったことでしょう。
一日稼働したエアコンもよく効いて、過ごしやすい一日となりました。

また会場内企画の「モーニング・ツー×ITAN 即日新人賞」も5回目を迎え、
それぞれ大賞が出るなど好評だった様子。
会場で公開で行われる最終選考会は「ニコニコ生放送」でも配信され、
たくさんの人が観てくれたようです。

ということであらためて、
夏のコミティアにもたくさんのご来場有難うございました。


さて、今週末日曜日の8月28日はCOMITIA117の見本誌読書会。
明治大学駿河台キャンパスで開催します。
詳細はこちらをご覧ください。

ぜひ、見逃した本を探しに読書会に来てみてください。
こちらもたくさんのご参加をお待ちしております。


ティアズマガジン117発売のお知らせ

tias117cover











代表です。
ティアズマガジン117発売のお知らせです。
流通の都合で前後がありますが、この週末には大概の書店に並ぶと思います。
取扱書店はこちらをご覧ください。

主な記事内容
----------------------------------
【Frontview】
スガワラエスコ[犬飯]
なつみん[なつみんのさーくる]
武田春人[安パン]
りかや[まのすた]
松田重工[松田重工]

【会場企画】
モーニング・ツー×ITAN「即日新人賞」その5
banner_sokujitsu05



【出張マンガ編集部】
全100誌(媒体)登場

【連載記事】
東京・好奇心・散歩/はねいしさとこ「夏の長瀞散歩〜涼しさを求めて〜」
編集王に訊く/COMIC LO編集長

【新連載コラム4本!】
のん「bar図書室だより」
てふや食堂「カンタン修羅場めし」
大塚志郎「五百住シホのワンポイントストレッチ」
三島芳治「セカンド志望者日記」

【コラム】
Circles' Square「イベント運営の裏側ルポ〜コミティアの現場から」
PRINTGEEK「本作りのお役立ち講座〜STAPLEBIND PUBLISHERS」
ココノツ「地方コミティアと旅〜たびモン」
ベルネ「誌上COMIC WORK SHOP」

表紙イラストレーション:あむぱか(おでんランチ。)
----------------------------------
※コミティア実行委員会によるティアズマガジンの通信販売は終了しました。
 各取扱書店による通信販売をご利用ください。



トークイベント「アズの50年、マンガ同人の50年」 に出演します。

代表です。

今週末8月6日の土曜日の夕方に、米沢嘉博記念図書館で行われる
「アズの50年、マンガ同人の50年」というトークイベントに出演することになりました。
これは前号のティアズマガジン116の「ごあいさつ」で紹介した、
アズ漫画研究会の記念展示「アズ50年展−マンガ同人の半世紀−」の企画の一環です。

一緒に登壇するのは、アズの運営を長年支えてきた代表の伊藤明生さん。
私自身も前職のマンガ情報誌「ぱふ」の編集者の時代から、
永く同人誌の歴史を見てきた立場で、いろいろお話できればと思います。
お時間がある方はぜひご来場ください。

<イベント概要>
トークイベント「アズの50年、マンガ同人の50年」
出演:伊藤明生(アズ代表)
    中村公彦(コミティア実行委員会代表、『ぱふ』元編集長)
日時:2016年8月6日(土) 16:00-17:30
場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室
料金:無料 ※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。
※会場が混み合う場合、入場をお断りすることがあります。ご了承ください。

記念展示の詳細はこちら「アズ50年展−マンガ同人の半世紀−」




作画グループ代表のばばよしあきさんが亡くなられました

作画グループ代表のばばよしあきさんが6月21日に心不全で亡くなられました。
享年68歳でした。

作画グループは1962年に発足した、日本でもっとも古い漫研とされ、
コミックマーケット(1975年〜)などの同人誌即売会の歴史が始まる前から活動した、
今では数少ない会員制の漫画研究会でした。

最盛期の会員数は1000人を超え、
初期からのメンバーには、プロ漫画家の「風雲児たち」のみなもと太郎氏や
「超人ロック」の聖悠紀氏がいることで知られています。

脚本・監督・キャラクターを多数のメンバーで分担して描いた長編合作を、
『週刊少年マガジン』などの商業誌に発表したり、
メンバーによる作品集『GROUP』を地方・小出版流通センターを通して、
全国の書店でも買えるようにするなど、
自主出版の立場から様々な試みにチャレンジしました。

ばばさんはその作画グループの創始者であり、今日まで一貫して代表を務められ、
メンバーには「オヤブン」の愛称で親しまれていました。

代表のばばさんの逝去をもって作画グループも解散となります。

本日は作画グループの最後の集会が開かれ、
北は北海道から、南は九州まで、全国からたくさんの会員が駆けつけ、
それぞれの思い出を語って別れを惜しみました。
私もこれまでのご縁から参加させてもらいました。


コミティアでは、98年2月にCOMITIA43の会場内で、
「作画グループ」原画展を開催しています。

その時のばばさんとの打合せの中で、
「創作にプロもアマもない」という言葉が強く印象に残りました。
この姿勢こそが「作画グループ」の真髄だったと思います。

漫画同人誌の黎明期に、まさに「道を切り開いた」偉大な先達でした。
謹んでご冥福をお祈りします。

2016.7.31.
コミティア実行委員会代表 中村公彦

▼本日の作画グループ集会にて。「トリオ・ザ・サクガ」の呼び名で親しまれた、
聖悠紀(左)、ばばよしあき(写真)、みなもと太郎(右)の御三方(敬称略)。

DSC_0985







「とにかく選挙に行こう!!」という啓発サイトが始まりました。

代表です。
コミティア実行委員会も参加している、
同人誌即売会主催者の集まりである全国同人誌即売会連絡会が
「とにかく選挙に行こう!!」という啓発サイトを始めました。

目的はまず、10代、20代、30代といった若い世代の投票率を上げること。
これは具体的に誰かやどこかを支持するかという問題ではありません。

現在、投票率の高い世代は50歳以上で、20代、30代の投票率がとても低い状況にあります。
政治家の方々は、投票率の高い世代に重きを置いた政策を取る傾向にあります。
近年では東京都青少年育成条例や、児童ポルノ禁止法の改定、TPPによる著作権侵害の非親告罪化など、
私たちの同人誌の世界を含めアニメやマンガ、ゲームといった、
若い世代の文化は様々な局面で政治の波を受けてきました。
こうした状況はこの投票率の低さも要因の1つです。

また、今夏より適用される「18歳選挙権」により、10代の投票率が非常に注目されています。
もし10代の投票率が高い結果となれば、政治家の方々も若い世代の意見をより考えてくれるようになるはずです。

いま、私たち同人誌を愛する者たちが投票所に行って、投票の形で自分たちの意思を示すことが大切です。

直近では、7月10日に参議院議員選挙があります。
ぜひ、まずは実際の投票所に足を運んでほしいこと、
また、そうした行動を広げるためにこのサイトを活用してもらえたら幸いです。

2016.6.29.
コミティア実行委員会代表・中村公彦

啓発サイト「とにかく選挙に行こう!!」
ツイート添付用画像

COMITIA117は3400サークル超え

代表です。
報告が遅れてしまいましたが、
8月21日のCOMITIA117の申込を〆切りました。
今回は3400を超えるサークルの申込をいただきました。
たくさんのお申込有難うございました。
募集数以内ですので、著しい書類不備などを除き、
申込された全てのサークルのスペースをご用意できる見込みです。
サークル申込情報にメールアドレスを登録していただいた方には、
今週末くらいに申込受領報告メールをお送りする予定です。
会場図面やスペース發覆匹魑載した参加案内書の発送は7月中旬を予定しています。
お手元に届くまで、どうぞいま暫くお待ちください。


  • ライブドアブログ