2016年02月

COMITIA116は5400サークル超え!

代表です。
5月5日のCOMITIA116の申込を〆切りました。
速報値ですが5400を超えるサークルの申込をいただきました。
昨年5月より400サークルくらい増えたことになります。
たくさんのお申込有難うございました。
募集数は超えていますが、今回は著しい書類不備などを除き、
申込された全てのサークルのスペースをご用意できる見込みです。
サークル申込情報にメールアドレスを登録していただいた方には、
今週末くらいに申込受領報告メールをお送りする予定です。
会場図面やスペース發覆匹魑載した参加案内書の発送は3月下旬を予定しています。
お手元に届くまで、どうぞいま暫くお待ちください。



COMITIA115無事終了

代表です。
昨日のCOMITIA115無事終了しました。
おかげ様で心配された雨や雪もなく、久しぶりに良い天気に恵まれました。
前日設営も寒い時期にもかかわらず、60人からの協力者が集まってくれて、
普段より30分も早く終わったほど。
いつも協力に感謝しています。

そしてイベント当日もたくさんの参加者で大いににぎわいました。

会場内企画ではトークショーが2つ。
[コミティア30thクロニクル]完結記念トークショーとして
内藤泰弘(第1集掲載)、宮尾佳和(アニメ監督)のお二人をゲストに迎えたトークでは、
私・中村公彦が司会役を務めましたが、立ち見がたくさん出る盛況ぶり。
お二人のコミティアとのかかわりから始まり、
懐かしい思い出話から最近のことまで、楽しくお話しできました。
とくに『クロニクル』で面白かった作品を挙げてもらうコーナーでは、
発表当時に同人誌で読んだ時の思い出にも触れながら、
二人とも熱く語ってくれて、編者としても感激するばかり。
おかげ様でトーク終了後の『クロニクル』販売コーナーには行列ができ、
持込み分は完売しました。
出演してくれたお二人に深く感謝します。

つづく文星芸術大学卒展記念企画の
「ちばてつや教授のマンガの授業」も同じく盛況。
ちば先生の愛の溢れる語りに魅了された方も多かったようです。
ティアズマガジン115ではちば先生に私がインタビューした記事を掲載しましたが、
目からウロコが落ちるようなお話がたくさん聞けて、とても刺激的でした。
ちば先生に日常的に教えてもらえる学生さんたちが羨ましいですね。

そんな訳で、外は寒くても、会場内は熱く盛り上がった一日でした。
参加してくれた皆さんに心より感謝します。


さて、今週末はCOMITIA115の見本誌読書会。
2月6日(土)10:00〜20:00に池袋生活産業プラザ3階大会議室で開催します。
詳細はこちらをご覧ください。
(日曜ではなく土曜日で、会場もいつもの明治大学ではないのでご注意ください。

コミティア当日の見本誌コーナーは人にあふれていて、
本を探すのも困難なほどですが、
読書会ならゆっくり本を読めます。
(それでも1日では足りない!という声も多いですが)
こちらもぜひたくさんのご参加をお待ちしております。

Archives
  • ライブドアブログ