2016年03月

北九州マンガミュージアムに来ています。

代表です。
連日更新中です。

いま、小倉駅前の「北九州マンガミュージアム」に来ています。
何と地元で50年続く同人グループ・アズの、
「アズ50年展−マンガ同人の半世紀−」という企画展が行われているのです。
50年前の肉筆回覧誌の時代からの歴史を振り返る展示が圧巻です。
しかも今も若い世代のメンバーが増えて、脈々と活動は続いているとのこと。
地方だからこその地元密着型の活動の「強さ」を感じました。
今日行われたシンポジウムでは、初期のメンバーによる結成時の思い出話から、
当時の同人誌状況がどんなもので、そこからコミケットに代表される、
同人誌即売会が生まれて行く経緯などが語られました。
明日は中期、現在進行形というパートのシンポジウムがあり、
最後の部(16〜18時)には私・中村公彦もコミティア代表として登壇します。
お近くの方はぜひ聴きに来てください。

image

TVドラマ「重版出来!」にコミティア登場!

代表です。

取り急ぎのご報告です。
4月12日より放映されるTVドラマ「重版出来!」の中に、
同人誌即売会会場としてコミティアが登場することになりました。
主人公が出張編集部で持込受付の対応をするシーンです。

ついては可能な限り、コミティアの雰囲気を再現しようと、
スタジオに机を並べて、即売会の会場風景を実際に作り、
サークル参加と一般参加の両方のエキストラを募集することになりました。
番組スタッフからは、ぜひ普段コミティアに参加している方々に出て欲しい、
と言われています。

収録日は4月13日(水)と4月17日(日)の2日間。
時間はまだ流動的で決まり次第、応募者に連絡があるそうです。
詳細は下記の募集サイトをご覧ください。

TBSエキストラ募集

そして何と、この収録にエキストラで参加してくれた人には、
お礼として5月5日のCOMITIA116のティアズマガジンを1冊プレゼント!
コミティア参加予定の人にはうれしい特典ですね。

お時間に余裕のある方はよかったら参加してみてください。
もしかしたらあなたの同人誌がTVに映るかも⁉︎

新潟で諸星大二郎原画展を見てきました。

代表です。
報告が遅れましたが、先週「新潟市マンガの家」で始まった、
諸星大二郎「マッドメンの世界」原画展を見てきました。

まず、建物のガラス面からマッドメンが大写しで覗いています。怖い!
097











2階の会場に向かう階段の手すりにはツタが絡まり、巨大なタペストリーが飾られ、
入口では等身大のマッドメンがお出迎え。
088








迫力のある「マッドメン」の原画の数々。
074071








主人公コドワとミナコの記念写真ゾーンコーナーも。
062











コミティアからも「マッドメンの世界」をイメージしたお花を出させてもらいました。
084











という訳で、企画者の「諸星大二郎」愛がさく裂しまくった原画展です。
お近くの方はぜひ足をお運びください。
新潟市マンガの家(入場無料)→アクセス
【期間】2016年3月10日(木)〜5月1日(日) ※毎週水曜休館

そして、この展示内容はそっくりそのまま5月5日の東京COMITIA116会場にもやってきます。
こちらの参加者の方もどうぞお楽しみに!



原画展を2つ観てきました。

代表です。
昨日は2軒、原画展を観てきました。
最初は有楽町のスパンアートギャラリーで開催されている坂田靖子原画展(3月5日〜3月15日)
DSC_0747










これは「坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き」(河出書房新社)という書籍の発売を記念したもの。
sakata








同誌には「坂田靖子と同人誌」というテーマで、ティアズマガジン58に掲載された、
坂田靖子&波津彬子のお二人の対談も再録されています(2001.11.18.収録)。
興味のある方はぜひご覧ください。

もう一つは米澤嘉博記念図書館で開催されている「マンガと戦争」展
コミティアと縁の深いこうの史代さん(〜3月7日)、おざわゆきさんの(3月11日〜4月11日)の原画も展示されています。
DSC_0749










貴重な機会ですので、この機会にぜひご覧ください。
  • ライブドアブログ