2016年11月03日

『スター・トレックBEYOND』

遅ればせながら観てきました。
新キャストによるリブートには、なかなかなじめなくて期待せずに行きましたが、非常に良かったです。
以下、ネタバレなしの感想。



続きを読む

commanderadama at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Sci-Fi全般 

2016年10月10日

Outlander #29 Dragonfly in Amber(補足)

たっぷり90分、圧巻のシーズンフィナーレとしか言いようがないです。
原作を読んだ者としても、よくぞ複雑な第2巻をここまでまとめてくれたと思いますし、大胆な変更は違和感なくのめり込んで見ることができました。
そしてついに登場したロジャーとブリアナが本当に良いじゃないですか。
また、映像にして見ると凝った60年代テイストに目が釘付けになります。さすがテレビ化のメリットですね。
もちろん、BSGファン、ベア・マクリアリーのファンとしても、使われている音楽がハマってたまりません!
どうしてこれを使っただとか、こだわりの演出などを早くBDの音声解説で聞きたいです。


アウトランダー シーズン2 ブルーレイ コンプリート BOX(初回生産限定) [Blu-ray]
カトリーナ・バルフ
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2016-11-02

続きを読む

commanderadama at 09:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年10月04日

Outlander シーズン3 キャスト情報その2

徐々に、重要キャラクターの配役が決まってきていますね。
大きくなったファーガス役を、フランス人の俳優Cesar Domboyが演じるようです。(『ボルジア家』など)
Entertainment weekly

ジェイミー役のサム・ヒューアンの撮影はもう始まっているようですね。
↑のリンク先にも、EWの動画があり、シーズン3の雰囲気が伝わって来ます。

後、マーサリ役にもLauren Lyleという女優さんが決定。出揃ってきましたね。
TV Line





commanderadama at 20:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年10月03日

Outlander #28 The Hail Mary

シーズンフィナーレを前に、一気にまとめにかかりましたね。
その分わかりやすくなった。
二組の兄弟の織りなす愛憎が濃密に描かれ、脇役たちの名演技がとても見応えがありました。
気になる出来事が終結して「そういうことだったのか」という気持ちになります。

このエピソードで、あのか細いメアリーが大きく取り上げられたからかどうか判りませんが、タイトルの「Hail Mary」はフットボールゲームで、負けているチームが最後の望みを賭けて投げるタッチダウンパスの事を「Hail Mary Pass」というらしいです。
従って「神頼み」だとか「一発逆転」という意味で使われるようになった。
制作陣の、それも男性?の遊び心が感じられますね。(笑)

AXNの公式ブログのトリビア、うちとネタが被っていません?(笑)
続きを読む

commanderadama at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年09月24日

Outlander シーズン3 キャスト情報

シーズン3の重要キャスト、2名が決定。

ヤングイアン役に「ホビット 竜に奪われた王国」などのJohn Bellが、また、ジョー・アバナシー役にイギリス人のWil Johnsonが決定したそうです。
Entertainment Weekly

ヤング・イアンはかなり若いイメージですが、「DOCTOR WHO」に10歳で出ていたみたいです。実力はあるのかな。
ドクター・アバナシーはイメージぴったりかなと思います。



commanderadama at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年09月19日

Outlander #27 Vengeance is mine

シーズン2にして、ついに原作者自身の脚本ですね。
「あそこはもう少しこうしたかった」というような、キャラクターの決着に作者ならではの意図が感じられて、単独エピソードのようでした。
また、このタイトルは原作にはないけれども、これまでの流れから納得できる使われ方だと思いました。
復讐するのは神様に任せなさい、という意味ですが皮肉ったかたちですよね。
続きを読む

commanderadama at 20:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年09月16日

スタートレック新シリーズは2017年5月に

スタートレックの新作テレビシリーズ「Star Trek:Discovery」のプレミアは予定されていた2017年1月のデジタル配信からから5月に延期された模様。
SCIFI STREAM

延期については、とにかくキャスティングについてまだ実行中で、視覚効果のためのポストプロダクションに時間が必要、1月のプレミアには間に合わないという感じですね。
まあ、よりよい物を追及するためという事のようですが、とりあえず今までで判っていることというと、

・主人公は女性、それも艦長ではなく、副長、ナンバー・ワン。それは初代のメイジエル・バレットに敬意を表して。
・ゲイのキャラクターが取り上げられる。
・時代設定はTOSの10年前、2250年代。
・エイリアンのキャラクターの名前は「Saru」、ただしDiscoveryのクルーではなさそう。
・これまでのシリーズよりもエイリアンを取り上げる。新しいわくわくするエイリアン、あるいはこれまでのエイリアンのリ・イマジニングも。
・スポックの母、Amanda Graysonが出てくる。ただし、メインのキャラクターではない。
・「Balance of Terror」のようなロミュランとの戦いのエピソードは、このシリーズのストーリーアークの試金石となる。
・リブートの映画シリーズのタイムライン(15年タイムトラベルしてU.S.S.Kelvinを破壊したロミュラン船)ではなく、プライムタイムラインになる予定。


commanderadama at 23:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新スタートレック(2017) 

2016年09月12日

Outlander #26 Prestonpans

見ていて気が重くなる戦闘シーンや兵士たちの死は、やはりRDMチームの最も描きたかった場面なのでしょうね。
史実と原作を元にしているにしても、ここはもうRDMの盟友アイラ・スティーブン・ベアの独断場というか、冒頭の戦略会議の今すぐ攻めるべきというシーンなどは、まるで「ディープ・スペース・ナイン」を思い起こさせるような台詞まわしです。(笑)
そして、テレビ版ならではの、血と泥にまみれた熱演、キャラクター一人一人への思い入れなど、やっぱりすごいわー上手いわーと思いながら見ておりました。続きを読む

commanderadama at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年09月05日

Outlander #25 Je Suis Prest

このエピソードこそ、テレビ版の制作陣が一番思い入れがあるものじゃないでしょうか。
勇猛なハイランダーとはほど遠い、素朴な小作人たちへBearさんが思い入れ一杯の歌を贈っているのも、切ないです。
印象的なクレアのフラッシュバックシーンは、戦争に赴くパイロットたちを描いた「バトルスター・ギャラクティカ」の時のように、リアリティを感じさせました。
時代が違っても、若い兵士たちは戦争の実態を知らずに、最後は母を呼びながら殺されていく。
指揮官ジェイミーの描かれ方も、いかにもRDMチームらしいなあと思って見ていました。

ところで、今回初登場のウィリアム・グレイですが、シーズン3のキャスティングで、成人したロード・ジョンが決まったそうです。
オーストラリア人のDavid Barryという役者さんで、イメージ的にちょっと背が高すぎるように思いますが、IMDbを見るとこの人はヴァイオリンを弾くらしい。
その辺も考慮されたのか、とにかくシーズン3が楽しみですね。続きを読む

commanderadama at 20:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander 

2016年08月29日

Outlander #24 The Fox's Lair

シーズン2後半戦スタート。
舞台がスコットランドに戻ってきて、ほっとします。
テーマ曲の歌詞も、元の英語に戻りましたね。
パリではどんなにきらびやかな生活をしていても、自分たちのために過ごしていたわけではなかった。
それに、もうパリに2人の生きる場所はありません。
ましてや、フェイスを亡くすという辛い思い出があり、企てた計画がことごとく失敗してしまった。
ジェイミーが故郷に戻って癒されるのと同じように、クレアも家族に囲まれて元気を取り戻して言って欲しいです。続きを読む

commanderadama at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)Outlander