2012年07月02日

サンクチュアリ #48 Uprising

『誰がための蜂起』

Sanctuary: Complete Fourth Season [DVD] [Import]マグヌスのいないこちらの世界ではアブノーマル対人類の戦争が行われようとしていて、事態収拾は残されたウィルたちに託されます。
武力ではなく話し合いで解決しようとするウィルの姿勢は、サンクチュアリのスタンスそのものですよね。
アブノーマルたちにも言い分があり、共存の道を探ることが大事だと気づかされました。


Sanctuary: Complete Fourth Season [DVD] [Import]
アーティスト:Sanctuary
Ent. One Music(2012-07-17)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る



・ウィルvs.ヴィラノヴァ将軍
ファロン殺害に端を発した難民キャンプでの暴動で、ロータス防衛隊の急襲チームが突入した。
武力衝突の末、アブノーマル側は人質を取ってロータス防衛隊を押し返してしまった。
この混乱で、リーダーのシーロは死亡。ウィルに暴動勃発の責任が押しつけられた形で、ウィルは騒ぎは仕掛けられたのはないかと考える。
しかし国連のリー博士は彼らの方から襲ってきたのだと言い、すでにロータス防衛隊に全権が委ねられている。なぜか、サンクチュアリだけがこの状況から外された印象。
ウィルはヴィラノヴァ将軍に兵を引いて欲しいと頼み、地底から大量に出てきたアブノーマルたちは侵略するのが目的ではなく、プラクシス壊滅によって難民となったのだと主張する。
頼みにしたいマグヌスはプラクシスへ行ったまま連絡が取れず、死亡した可能性がある。
若造のウィルと、メイボーン否、根っからの軍人のヴィラノヴァでは所詮太刀打ちはできそうにないですね。
やむなく自分が難民キャンプに向かおうとすると、全サンクチュアリ・ネットワークからマグヌスの代理として責任者に任命されてしまう。
交渉人はヘンリーが引き受けることに。
今回はヘンリーの活躍も大きかったですね。

・新リーダー、ガリス
これまでおとなしい印象だったガリスは混乱する仲間を落ち着かせようと積極的に動く。
ケイトとビッグ・ガイにはひとまず人質たちと一緒にいるよう指図し、そこにヘンリーが人質を解放する代わりに、自分が中に入るとやってくる。
同じアブノーマルだからこそ、話もできるしわかり合えるということですね。
地底人たちはプラクシスが壊滅したことを知らず、ヘンリーは今ここで争えば良い方向へは向かわないと説得を試みる。地上で生き延びるなら彼らはその方法を模索しなければならない。
ところが、ヴィラノヴァ将軍はチリのカルデラから出てきたアブノーマルの大集団を爆風爆弾で攻撃させて大量殺戮し、ますますアブノーマルたちの動揺が高まった。
ケイト、ビッグ・ガイ、ヘンリーたちに対して難民キャンプのアブノーマルたちの憎しみが高まってしまう。ガリスは争ってはだめだと仲間を押さえる。
それを見てケイトはガリスがアブノーマルのリーダーになるべきだと話す。
今回、ガリスが良い人なのか陰謀をたくらんでいるのか、ちょっと惑わされましたね。
というのも、ビッグ・ガイがファロンの死に疑問を持ち、殺しの凶器がガリスのテントにあったという。本当に彼は信頼できるのか?

・新助っ人、アビー
マグヌスなしでは誰の助けも得られず、困ったウィルはアビー頼み。
ハッカーの能力はないけれど、彼女の幅広い交際関係のおかげで(笑)、国連の機密情報が得られた。ウィルはあまり交際関係は広くなさそうですからね、ちょっとjealousになってしまって。
次の攻撃対象はインドネシアだという。
それだけでなく、ロータス防衛隊はアブノーマルを捕らえて実験台にし、その能力を手に入れるための作戦をすでに準備していたということが分かった。
だから、リー博士はよそよそしかったのか?まあ、予想できたことですが。
ガリスとウィルは改めて連絡を取り合い、双方で危機を回避する努力をすることにする。

・地上侵略のシナリオ
やはりファロンは生きていた。ガリスとファロンは「自由の道」を通って地下の仲間を地上に導くために、あえて難民キャンプに人間の目を向けさせたらしい。
ところが、ファロンはプラクシスの壊滅を予測しており、仲間が人間に攻撃され虐殺されても動じない。ファロンはアダム・ワースの狂気と才能を利用して、他に何か目的があるらしい。
ファロンの恐ろしい計画はエンパスのアブノーマルが読み取った。

・マグヌス復帰
ロータス防衛隊のミサイル攻撃を通信妨害していたヘンリーは何者かが自分たちをハッキングしていることに気づく。それも、サンクチュアリ内から。
予想通りマグヌスが113年後にお戻りですね。SG-1の最終話のティルクに似ていますね。(笑)
タイミング的には多分、これより前でもだめだったのですね。
マグヌスは、世界中のカルデラから出てきたアブノーマルたちが陣形を取っていることに気づいた。
次のターゲットであるインドネシアのカルデラにミサイルを撃ち込むと、その下にあるマグマだまりを刺激して巨大地震を引き起こすことになるという。
つまり、それはアブノーマルが地上を征服する作戦のきっかけとなるのだった。
ファロンは仲間を犠牲にしてまで、それを狙っていたのか。
マグヌスはウィルにリー博士を説得させ、ミサイル攻撃を辞めさせる。
手のつけられない状況になる前に、知恵と話し合いで危機を回避しようというサンクチュアリの勝利でした。
マグヌスもやり遂げたウィルが誇らしく見えたでしょうね。
地上に現れたアブノーマルたちのほとんどが地下に戻り、プラクシスを再建するという。もちろん、そのリーダーはガリスで、なんとケイトも一緒に地下に行ってしまうとは。
オープニング・クレジットにケイトの姿がなかったので、もしや降板かと思いましたが、今後は地下で活躍する彼女が見られるのでしょうか。ちょっと寂しくなります。
でも泥棒からスタートしたケイトとしては、成長したなと感じさせる結末でした。


シーズンをまたぐスケールの大きなストーリーとしては、最後はちょっと端折った感じもしましたが、3年間かけて綴った物語がいったんここで終了した、という印象も受けました。
地下の世界、種族、タイムトラベルなど大風呂敷を広げて大丈夫か?という心配もありましたから、力業でまとめた感じです。
今後は地上に残った乱暴者のアブノーマルを確保するというのがサンクチュアリ・ネットワークの仕事になるのでしょうね。
後、地下世界で姿を消したグレゴリーがまた出てくるのかどうか、ロータス防衛隊の秘密プロジェクトを放置しておいて良いかどうか、気になるところです。
マグヌスは隠居生活をしていた間にもいろいろあったはずなので(113年間を二度体験したわけですから)、変化があればその話も知りたいですね。
もちろん、ジョンとの関係も結論は出ていませんよね。
ということで、残り11話になってしまいましたが、シーズン4を楽しみたいと思います。



commanderadama at 00:39│Comments(4)TrackBack(1)Sanctuary 

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. サンクチュアリ4 22話「誰がための蜂起」  [ アトランティス ]   2012年07月10日 23:03
UPRISING さて、前回、アダムを追っていったマグヌスの話でしたが、当然、アブノーマル達が地上に現れて…の続きですね。 モニターでの登場ですが、リー博士にヴィラノヴァ大将はスターゲイトSG-1のメイボーン。

この記事へのコメント

1. Posted by ダンボー   2012年07月02日 13:02
113年間どうやって隠居生活して、どうやって今の時空間に合流するのか?
一週間楽しみに待ってたのに・・・
なんかスルーされてしまった???

160歳のヘレン 47歳の時空間でもう一度113年を過ごし、現在の160歳の時空に戻る。
ってことは160+113  ???273歳???
もう分けわからん

何事もなかったように次のエピソードへかな?

>予想通りマグヌスが113年後にお戻りですね。SG-1の最終話のティルクに似ていますね。(笑)

私は SG-1 『48時間』のティルクがゲイト閉じ込められた方が 思いだしました。
ティルク主役なのに出てこない・・・
今回も ヘレンは最後まで出てこない。
2. Posted by josetangel   2012年07月02日 19:05
> ダンボーさん
> 113年間どうやって隠居生活して、どうやって今の時空間に合流するのか?
> 一週間楽しみに待ってたのに・・・

私もその間の出来事を見てみたいです。歴史に影響がない範囲で何かあったのでしょうね。残りのエピソードで描かれると良いのですが。

> 160歳のヘレン 47歳の時空間でもう一度113年を過ごし、現在の160歳の時空に戻る。
> ってことは160+113  ???273歳???

そういうことだと思います。
今流行のヴァンパイアものと同じで、不死となったヘレンはタイムトラベルで過去に戻ったとしても、ただ時間を重ねるだけなのでしょうね。
そして、過去のヘレンは今のヘレンに繋がることになるので、そこでタイムラインが分岐してパラレルワールドみたに、何度も何度も同じ事が繰り返される?
やっぱり、あまり考えない方が良いみたいです。(笑)
3. Posted by モリー   2012年07月10日 23:13
当然地上の話の続きだろうと思っていましたが、ラストあっけなかったですね。
ヘレンの113年間は絶対に観たいです。
グレゴリーの話も観たいです。
あとケイトが地底へということはあまり登場がなくなるのか?
それともグレゴリーの話に繋がるのか、興味あるところです。それとケイトがサンクチュアリにいないとちょっと寂しいですね。
4. Posted by josetangel   2012年07月11日 09:42
> モリーさん
> ラストあっけなかったですね。

スターゲイトだと大体3話でまとめますよね。
「彼らはもう戻りました」といっても、世界中からかなり目撃されているんじゃないかと思います。大丈夫?

> それともグレゴリーの話に繋がるのか、興味あるところです。それとケイトがサンクチュアリにいないとちょっと寂しいですね。

プラクシスはこれから再建というストーリーがあるのでしょうか。
その時にはぜひグレゴリーの活躍も見たいですよね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔