2010年02月

2010年02月27日

私事で恐縮ですが・・・3

私事で大変恐縮ですが・・・


この度


結婚することになりました!!



妹がw


紛らわしい表現ですみません。
まあ、せっかくなんで、今の自分の気持ちや、他人に対してどう思っているかを書いておこうかなと思います。

まず、基本的に自分の事はどうでもいいです。
いつ死んでもいいです。
むしろ、死んでいなくなりたいな~と思うことは日常茶飯事です。
ただ、自殺したいの?と言われれば、そこまでの気持ちではありません。
なんだか、生きているのが億劫というか、なんというか。
だから、別にいつ殺されてもいいし、事故して死んでもいいや。そんな気持ちで毎日を過ごしています。

ただ、少しずつ楽しいことは増えてきました。
車も買ったので、今後は車いじりやドライブで、楽しい時間が過ごせそうです。
だから、そんなに強く「自殺したい!」ということはありません。
ただ、無駄に生きているな~。生きている自分に意味があるのかな~。そんな思いで日々を過ごしています。

で、妹の結婚ですが、両親や妹は、私に非常に気を使って、本当に申し訳なさそうに話を切り出しました。
でも、ここで勘違いしてほしくないのですが、自分のことはどうでもいいし、別に幸せなんか望んでいません。
明るい未来は全然見えません。
でも、自分以外の人には、幸せになって欲しいと思っています。

それは、両親や妹など、家族なら尚更です。
だから、自分は妹の結婚には大賛成です。
自分の事なんか、全く気にしないで、妹が幸せになれるなら、本当になんでも応援したいと思います。
両親は泣いて喜んでいました。
妹も喜んでいました。
自分は逆に、そんなに気を使わせていることに、ちょっと悪いなと思いましたけどね。

だから、このブログを読んでくれているみなさんにも、自分は本当に幸せになって欲しいと思います。
すごく後ろ向きな内容もあるブログで、こんなことを書くなんて矛盾しているようにも思いますが、基本的に、自分は他人には幸せを望んでいます。

ただ、このブログは残念ながら自分の自分勝手な、自分とよっちゃんのためのブログです。

いや、自分のための、オナニー的なブログかもしれません。

だから、読んだ人が不快に思ったり、不幸に思ったりすることもあるかもしれません。
でも、そういう他人の事を思ってブログを書くと、書きたいことも書けなくなっちゃうんですよね。
だから、あえて自分に素直な気持ちを吐露していますし、今後もこのスタンスでブログを更新して行こうと思います。

まあ、つまり、このブログの意図は、最初にもあるように、よっちゃんへの謝罪と、墓碑と、そしてよっちゃんという大切な妻を自殺に追い込んだ夫がどうやって生きていくのか、それを綴っていくということです。

早くタイムマシンが出来ればいいのに・・・。
最近はそんな馬鹿なことを考えているよっしーでした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年02月21日

生きる楽しみ3

おお。

なんだか自分でブログを書き始めて、はじめての前向き風な題名に、ちょっとびびったよっしーですw

今日は、非常に沢山のコメントをいただきまして、本当にありがとうございました。
一つ一つ、きちんと読んでいます。
本当に参考になります。
改めて御礼を言わせてください。

最近も、相変わらずよっちゃんの首吊りの場面が思い出されるフラッシュバックはあります。
仕事中もあります。
だから、本当に死にたくなるときもあります。

でも、それは一生付き合っていかないといけないことなのかもしれないと、最近は半ばあきらめもついてきました。
ただ、仕事中のフラッシュバックは、人の命に関わる薬を扱う自分にとっては、集中力を欠くことになり、ちょっとしんどいことも多いですけどね。

さて、“生きる楽しみ”ですが、ここのところちょっと割り切ってきて、思い切って楽しむこともできるようになってきました。
最初に言っておきますが、“女性関係”の楽しみは一切断ち切っています。
別にいいんですけど、なんとなく面倒で・・・。
それにまだまだ女性と付き合いたいなどと言う気持ちも出てきませんしね。
今のところは、よっちゃんとの思い出を胸に、一生生きていけたらいいなあ。。。そんな風に思っています。

で、“生きる楽しみ”ですが、一番大きいのは、

ついに!

ついに!!

車「ランサーエボリューション10(ランエボx)」を購入しちゃいました!

まだ届いてないですが、やっぱり自分は車、それもスポーツカーが心底好きなようです。
お金のめども立ったし、仕事もある程度働く自信もついてきました。
だから、しばらくはランエボに打ち込んで、ランエボのためにがんばって働いていこうと思います。

それと、遊び用というか、古いウィンドウズXPのパソコンが壊れました。
必要ないともいえるのですが、個人的にXP専用のソフトなどもあり、自分の趣味もあるので、結局5万ほどで買い揃え、また作り直しました。
こういったパソコンの趣味も、没頭できるので非常に楽しい時間が過ごせています。

なんだかんだで、出費はかさんでいますが、その分少しずつ、楽しい時間も過ごせるようになってきました。
よっちゃんに悪くて、「楽しいこと=悪いこと」と思っていたし、今でもその気持ちはあるけど、そこは割り切って、よっちゃんのことも大切に思いながら、自分が楽しめることは楽しもう。そう思えるようになりました。

だから、ランエボが来たら、まずはよっちゃんの写真と一緒に、出掛けたいと思います。
きっと、よっちゃんは、「またこんな乗り心地の悪い車買って~」とかいうかもしれませんが、まあ、そこは許してもらいましょうw

ということで、“生きる楽しみ”が少しだけ出来てきた、よっしーでした。

体調は、さっきいったように、突然のフラッシュバックや、毎日のお水のお供え時に涙したり、布団で泣いたりなどは今も普通にあります。
でも、表面上はだいぶ仕事でも笑顔が出てきたし、回復傾向にはあると思います。
少しずつだけど、普通の生活が送れるようになってきたのかな?
まあ、とにかく今は、そんな状態です。

ああ、薬はきちんと続けていますよ。
ルボックス50mg 朝・夕1錠ずつ
ドグマチール錠50mg 朝・夕1錠ずつ
ソラナックス0.4mg 朝0.5錠、夕1錠
H2ブロッカー 朝・夕1錠ずつ
マイスリー10mg 寝る前1錠

これにいまは、花粉症の薬でクラリチンを服用しています。

それではまた~。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年02月14日

人生の意味2

人生の意味ってなんなんだろう?

生きる意味ってなんなんだろう?

お金を稼ぐこと?

社会貢献?

人の役に立つこと?

自分の自己満足のため?


最近、自分の“生きる目的”が分からなくなってきている。
体調は随分安定してきた。
日中眠気もなくなったし、仕事もできている。
患者に思いのほか笑顔で対応できるようにもなってきた。
そう考えると、随分体調は回復してきていると思う。

でも、家に帰ると駄目だ。

よっちゃんのことを考えて悲しくなる。

確かに、夫婦喧嘩はした。
でも、それってある意味どんな夫婦でもあることでしょ?

ここ最近は、よっちゃんの厳しいしつけに慣れてきていた。

最後の大阪旅行は本当に楽しかった。
これは、はっきりいって、よっちゃんを楽しませるための旅行だった。
でも、よっちゃんの喜んでいる姿を見ると、自分もうれしかった。

よっちゃんと一緒になれてよかった。
こんなにかわいいよっちゃんと、一緒の楽しい時間を過ごせるなんて、自分は幸せだなあ。

本当に旅行先でそう思った。
実際に、よっちゃんに見とれる自分もいた。
一緒に冬用のコートを選んだ。
最後は、自分の意見をきいて柄を選んでくれたのは、きっと一生の思い出になるだろう。

楽しかった。

とても楽しい旅行だった。

ラスベガスよりも充実していたかもしれない。

それなのに、2日後にはこんな結果になるなんて。

そりゃね、自分が悪いのは分かっている。

でも、突然こんな現実が降りかかってくるなんて、誰が予想できた?

本当に突然。

もう見つけた後からは必死。

病院に運んで死刑宣告されたときは、自分の人生も終わったと思った。

実際、ある意味終わったかもしれないけど。

今でも毎日、よっちゃんの写真にお水を備え、手を合わせて語りかけている。
そうすると、必ず「ごめんね、よっちゃん」このフレーズが出てくる。
そして、涙が溢れてくる。

今後、どうやって生きていけばいいんだろう。

そもそも、自分は生きていていいんだろうか?

よっちゃんのご家族からすれば、やはり死んで謝ってもらったほうが気持ちがすっとするのではないだろうか?

暇だ。

何もやる気が起きない。

でも時間だけは過ぎていく。

仕事中は頑張っているけど、家に帰れば食べて風呂入って寝て、その繰り返し。

もちろん、彼女はいない。
一応、見た目はそれなりだし、薬剤師だし、誘えばのってくれるだろう女性はいる。
でも、いまはそんなことも面倒くさい。
自分のことで精一杯だ。

つまらない人生だ。

死んでしまいたい。

何度もそう思う。

今日も、ベッドで自分で自分の首を絞めてみた。
息苦しい、しんどい、そして手を緩めた。

続いて顔を殴ってみる。
痛い。痛い。
でも、だからってどうなる?

不思議な感覚だ。
このまま死ねたらいいのに・・・いつもそう思いながら眠りにつく。

そして普段どおりに起きて、普段どおりに仕事をし、そして働く。
きちんとお金ももらえる。

そして家に帰り、また同じことの繰り返しだ。

これが、今の自分の人生。

つまらない、人生。

目的も何も無い、ただ生きるだけの、人生。

しばらくは、こんな状態が続きそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年02月04日

救急車1

どうしても、どうしても、慣れないことがあります。

それは、救急車。

よっちゃんが最後に運ばれたのは、もちろん救急車。


自分の気は動転していたけど、断片的に覚えているのは・・・

よっちゃんを救急車に乗せる所。

「まだ助かるかもしれない」という救急隊員の言葉。

救急車の中では必死に電話。

検索しても、検索しても、出てこないよっちゃんのご両親の電話番号。

やっと見つけた妹さんの電話番号。

妹さんへの電話。

病院への到着。

そしてよっちゃんの病院での懸命の救命処置。


会社の道中や、仕事中など、救急車を見ると、毎回よっちゃんのことを思い出します。
仕事帰りなど、救急車を見かけるたびに、どうか中の人が助かりますように・・・そう思うようになりました。
同時に、毎回、よっちゃんのことが思い出され、非常に心が痛みます。

意外と、救急車ってよく出会うんですよね。

今まで気にしていなかっただけなのかな?

とにかく、本当に救急車とすれ違うだけですごく疲れます。

仕事とか、だいぶやる気も出てきたけど、この救急車だけは駄目ですね。

一生のトラウマかもしれません。


それと、刑事物のドラマとかも見ていて正直しんどいです。

刑事物だから、当然人が死にます。
殺人、自殺、首吊り、首絞め、見るたびに心が痛みます。
もちろん、親と見ていても、素知らぬふりはしています。
でも、特に自殺の場面や、首を絞められるところは、見ていて目を背けたくなります。

それと、自分は薬剤師で、薬のことは分かりますが、人体的な部分は余り知りません。
だから、本当かどうか分かりかねる部分もありますが、どうやら首を絞めたり、首を吊ると、目や耳、鼻から出血することがあるそうです。
しかし、よっちゃんはきわめてきれいな顔でした。

そう考えると、「ああ、よっちゃんは最後まできれいで、そしてそのまま死んじゃったんだな・・・。」と思うようになりました。

体調は全体的には良いです。

でも、夜は動悸は相変わらずあります。
これも、もう当たり前のことなので慣れてきましたけどね。

まあ、まだ半年にもなってないし、じっくり体調と付き合って行こうと思います。


救急車だけは、、、つらいなあ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
commitsuicide at 22:56|Permalink日記 | 今の気持ち