2010年03月

2010年03月27日

最後の大仕事。ドライブ。こっこ。1

今日は最後の大仕事。

よっちゃんの愛車、Vitz「マイカちゃん」とのお別れの日でした。

昨日は、マイカちゃんとの最後の思い出を作ろうと、夜ドライブに出掛けました。

よっちゃんの大好きだった、ジュディマリを聴きながら、まずは以前の住居へ。
そして続いて、愛娘のハムスター、うぃちゃんの眠る場所へ行きました。
しばらく感傷に浸った後は、再びドライブです。

よっちゃんとの思い出の場所を、マイカちゃんと一緒に訪れようと、かなりの長距離をドライブしました。

道中は、ほとんどずっと泣いていました。
久々に、大泣きしました。

そして、ジュディマリを聴き込んで、休憩した時に、ふとCoccoに変えました。
もちろん、よっちゃんの大好きだったアルバムです。

その中で、2曲目に「遺書。」という曲が入っていました。

聴きながら、本当に涙が止まらなくなりました。
まるでよっちゃんの言葉をそのまま聞いているようでした。

自分は、曲はメロディー重視で、あまり歌詞は聞きません。
でも、以前からよっちゃんは、大変歌詞を重視していて、よく諭されたものです。
きっとよっちゃんは、このCoccoの「遺書。」という曲を、しっかり歌詞を覚えて聞き込んでいたことでしょう。

だから、本当に、よっちゃんから言われているような、不思議な錯覚に陥りました。

声を挙げて泣きました。

よっちゃんのことを忘れることは、一生無いけど、誕生日はやっぱり重要なんだなと。絶対に海に会いに行こう。そう改めて思いました。

そんなこんなで、3時間ほどドライブして帰りました。


そして今日。

まずは洗車をしました。
綺麗なマイカちゃんでいてほしかったからです。
その時に、手放すことの悲しさで一杯だった自分に、ふと別の考えが浮かんできました

ひょっとすると、よっちゃんは天国で、以前のぼろいカローラに乗っているのかもしれない。
このマイカちゃんが、手元に戻ってくるのを待っているのかもしれない。
マイカちゃんも、よっちゃんに会いたがっているのかもしれない。

そう考え出すと、逆に、マイカちゃんを早く手放したほうが、よっちゃんも喜ぶのかな・・・そんな風に思い始めました。
すると、急に気持ちが楽になりました。
悲しみというよりも、逆に少し前向きに手放すことを考えれるようになってきました。
勝手な思い込みかもしれませんがね。

その後、行きつけのトヨタに行き、マイカちゃんとお別れしてきました。
担当の人も精一杯努力してくれました。
買い取りもできるといわれましたが、自分が他人に乗られることに抵抗があるので・・・と断ると、素直に納得してくれました。

実は、マイカちゃんは、まだ乗ろうと思えば乗り続けることもできます。
実際に譲って欲しいと言われたり、買い取りで価格もつきました。
でも、自分にとってランエボ6以上によっちゃんとの思い出があり、そしてその思い出の沢山詰まったマイカちゃんを他人に乗られることに非常に抵抗があり、今回廃車にすることにしました。

今後は、天国で、またよっちゃんと一緒に、楽しいドライブに沢山沢山行ってもらえると思います。

だから、別れは悲しいけど、先によっちゃんに会って、そしていつか自分がそっちにいけたら、またよっちゃんと一緒にドライブに行こうね。
そう言いながら別れました。

本当に、最後の大仕事です。

これをやり終えれば、ある程度ひと段落です。

でも、やっぱり悲しいですね。
このブログを書いていても、よっちゃんとの思い出が沢山蘇ってきて、涙が止まりません。


ありがとう、マイカちゃん。

よっちゃんとの、楽しい思い出を本当にありがとう。

先によっちゃんと一緒に天国で待っていてね。

そして、いつかまた、よっちゃんと一緒に、ドライブに行こうね。

本当にありがとう、マイカちゃん。


このエントリーをはてなブックマークに追加

遺書。 - Cocco

遺書。 - Cocco

作詞:こっこ 作曲:成田忍

私が前触れもなく
ある日突然死んでしまったなら
あなたは悲しみに暮れては
毎晩 泣くでしょう。

2人で行くはずだった島と
夜景の綺麗な坂道
叶わぬ明日の地図を見て
自分を責めるでしょう。

骨埋める 場所なんて いらないわ。
大事にしてたドレスも、
写真立ても、
ひとつ残らず焼いて。

※そして灰になった
この体を
両手に抱いて、
風に乗せて
あの海へと
返して下さい。※

例えば何かがあって
意識さえ無い病人になって
あなたの口づけでも
目覚めないなら お願いよ。

その腕で終らせて
そらさずに最後の顔 焼き付けて
見開いた目を 優しく伏せて。

(※くり返し)

いつか誰かまた求めるはず。
愛されるはず。
そうなったら幸せでいて。
だけど、私の誕生日だけは
独り、あの丘で泣いて。
裸のまま泳いだ海。

私を 想って。

このエントリーをはてなブックマークに追加
commitsuicide at 00:27|Permalink今の気持ち 

2010年03月24日

強敵現る!!3

最近ちょっと気分が落ち込み気味で、やる気も出ない感じです。
でも、ブログもたまには明るい話題も必要かな~と思って、今日は明るい感じで行こうと思います!


さて、題名の“強敵”ですが、その名は・・・


ぎっくり腰!!


つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚


えー、なった事無い人には分からないと思うのですが、ひじょ~~に痛いです。つらいです。

よく腰の曲がったおじいちゃんとかいますよね。
あんな感じで、まっすぐにしようと思うと、神経にピリっときて痛みで動けなくなります・・・。
もうずっと、腰の曲がったおじいちゃん状態で、両親からも笑われる始末。

笑い事じゃないんですけど。・゚・(ノД`)・゚・。

最近痛みで安心するとか言ってたけど、すみませんでした。

自分が間違ってました。

とてもじゃなけど、我慢のしようの無い激痛でした。

負けました。

あっさり痛みに完敗です。

やっぱり自分は弱い人間だと、改めて痛感した次第です。

まあ、幸か不幸か、二連休の前日にぎっくり腰になり、2連休をベッドで安静にして過ごして、今やっと良くなってきたところです。

近況では、やはり腰痛のせいで何もできていません。
ただ、ランエボは自分でぼちぼちいじっています。
今の唯一の楽しみ、生きる糧ですからね。

とりあえず、ルームランプとマップ&ルームランプ(運転席の上のランプ)をLEDに変えてみました。
初電装系DIYです!

これはあっさりと成功!

黄色い感じが白くなり、ちょっとうれしくなりましたw
オプションに比べれば格段に安くできましたしね。
おすすめです。
ちなみに購入したのは「秋月電子通商」という会社。
安いし品質も良いので気になる人は覗いてみてくださいね。

その後は気をよくして、足元のLED取り付けにチャレンジ!

しかしこれが大苦戦。

そもそも電気配線とか良く分からないし。

ホームページとかで調べながら適当に配線。
ランエボの内装引っぺがしたりして格闘すること約4時間。
なんとかスイッチも取り付けたりして、なんとかできました(;^ω^)

まあ、いろんな面で勉強になったので、今後も色々改造していきたいと思います。
時間だけはたっぷりあるんで。

気分的には落ち込むこととか、泣くことは日常茶飯事なんですが、その辺はまた別の日に改めて書くことにします!

近々最後の大仕事もあるしね。

それでは!

このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月16日

punishment ~傷の痛みと生きる意味~1

punishment

[名] 1 [U]罰すること;罰を受けること. 2 [U][C]罰, 処罰, 刑罰


なんとなく眠れない。

まあ、このところ眠くても眠れない。

睡眠薬は手放せない感じ。

ランエボが来てからうれしくて、毎日出掛けたい気持ちで一杯だった。

でも、急にしんどくなってきた。

無理しすぎたのかな?

反動かもしれない。

何もやる気が出ず、だるい。

布団に入っても、よっちゃんの事を思いながら涙が止まらない。

ここ数日はそんな感じ。

もちろん、今でも自分はよっちゃんのことを愛している。

この気持ちは、嘘偽りなく、そして今後も愛し続けると誓う。

今日は仕事場で手を怪我した。

皮膚を削った感じ。

血が止まらない。

まあ、痛みはないけど。

家に帰って風呂に入る。

すごく傷に滲みて痛い。

でも、その痛みが、今の自分にはなぜか心地よい。

不思議な感じだ。

以前も、やはり怪我をわざと痛めつけて安堵していた自分がいた。

自傷行為とまではいかないまでも、少しそういった感じが見受けられる。

そんなものなのだろうか?

それともやはり、精神状態がおかしいのだろうか?

よく分からない。

でも、少しでもよっちゃんの最後の苦しみに近付きたという思いはある。

だから、逆に言えば、手の怪我くらいなんとも無いとも思う。

たまに手首を切りたいな~と漠然と思うようになってきた。

いわゆるリストカットかな。

でも、実際にはできずにいる。

親にも迷惑だろうし・・・。

まあ、いまの自分の人生は、「punishment」罰を受けている状態だと思う。

よっちゃんに対する愛が足りなかった。対応が悪かった。全部自分が悪い。よっちゃんを殺したのは自分だし。その責任は全部自分にある。

この考えは、今でもずっと変わりない。

一生、悔いていく。

それが今の自分にあたえられた生きる道。

つまらない人生。

生きることになんの意味がある?

車?ランエボ?

正直言ってどうでもいい。

やさしそうな店員、お金が欲しいだけかもしれない。

嫌だ。

嫌だ。

なんだか周りの人間が信用できない。

こんな世界、はやくいなくなりたい。

なんで生きないといけないの?

苦しんで、命を欲しがって、生きたいと願っている人もいる。

その人に、心臓、腎臓、肝臓、眼球、全部上げて死んでしまいたい。

・・・


・・・


まだ自分には、生きる目的が見出せないな。

特に今は鬱気味なのかもしれない。

良い考えが浮かんでこない。

体もだるい。動けない。

ブログでこんなこと書いたのも久しぶりだな。

ああ、もう一度、よっちゃんと一緒にラスベガスに行きたかったな。

つまらない人生だ。

生きる意味の無い、つまらない人生
だ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年03月13日

コーナーを車の限界を感じながら攻めるのが好きです。3

コーナーを車の限界を感じながら攻めるのが好きです。

なんのこっちゃ?と思われる方がほとんどでしょう。

まあ、ランエボXのことなんですけど、車の性能も格段に上がっているし、色々と電子デバイスも追加され、以前のランエボ?に比べても、コーナーリングの限界速度は上がっていると感じます。

要するに今回のランエボXはより高性能になったな~と感じている次第です。

ランエボが来てから、たぶんいい意味で、外出が増えました。
以前からあるマイカちゃんは、よっちゃんとの思い出が多すぎて、運転していても突然悲しくなることがあり、長時間の遠出は不可能でした。
しかし、この新しいランエボが来てからは、運転するのが非常に楽しくなり、休みの日も外出が増えました。

ただ、せっかくの新車。
よっちゃんにも見せてあげたいので、常に写真は携帯しています。
そして、よっちゃんとの思い出の場所を中心に出掛け、到着すると、泣きながら思い出に浸る・・・そんなことの繰り返しです。
もちろん、出掛けるのは夜中です。
日中に海岸で男が一人で泣いていたら気持ち悪いですもんね^^;

そうそう、結婚指輪も外出時は身に着けています。
ドライブして、目的地に着くと、指輪を撫でながら、よっちゃんへの思いを馳せています。
よっちゃん自身からすると、天国で「うっとおしいなあ」とか思ってるかもしれませんがねw

今は運転も楽しいし、そして外出しようと思える自分に、まあ良しとします。
引きこもりからちょっと脱却できました。

まだまだ涙は運転していても止まりませんが、これはしょうがないですね。

とりあえず、しばらくは新しい愛車の「ランエボX」と共に、外出する機会が増えそうです。
あそこやここや、あれもこれもと、改造したい部分も多々あるので、しばらくはしっかり働かないといけないですし。
そういった意味でも、自分の生きがいになりそうです。

よっちゃんを横に乗せて走りたかったなあ・・・。

それだけが、悔やまれる毎日です。

このエントリーをはてなブックマークに追加