CONMEX金*2は11.10ドル高の1,196.60ドル。トランプ記者会見後のドル安を手掛かりに買い優勢の展開に。高値は1,198.50ドルと1,200ドル台乗せ目前に迫る。リスクオフ化は回避されているが、財政出動についての手掛かりはえられず。

NYMEXプラチナ*4は6.40ドル安の976.40ドル。トランプ記者会見後はドル安連動で地合を引き締めたが、それ以上に事前の調整売り圧力が強く、プラス圏を維持することには失敗している。金相場に逆行安となった。

NYMEX原油*2は1.43ドル高の52.25ドル。EIA原油在庫増で売られる場面もみられたが、トランプ会見後のドル安連動で地合を引き締めた。サウジが2月の出荷調整を行っているとの報道もポジティブに。

CBOTコーン*3は1.00セント安の357.25セント、大豆*3は2.25セント安の1,011.50セント。明日にUSDA需給報告、四半期在庫の発表を控える中、調整売りが先行した。在庫は若干の下方修正予想も、買いポジションの整理が優勢に。ただ、ドル安が下げ幅を限定した。


****************************************************


詳細な市況解説・分析は、「小菅努のコモディティ・デイリー分析」をご利用ください。
法人向けサービスは、kosuge.tsutomu@outlook.comまでお問合せ下さい。