コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    東京ユナイテッドFC:7/22東京23FC戦、スカサカ!無料生中継決定のお知らせ
    http://tokyo-united-fc.jp/news/3385.html
    7月22日に行われます関東1部後期2節vs東京23FCにて、スカサカ!による無料生中継が決定しました。
    ▼番組タイトル
    スカサカ!ライブpresents関東1部「東京23FC×東京ユナイテッドFC」

    ▼放送日時
    7月22日(土)16:30~19:30

    ▼放送チャンネル
    スカサカ!(CH800/580)

    ▼視聴形態
    無料放送、無料LIVE配信
    番組詳細はこちらから順次発表となります。


    東京23FC:『5.27ホーム江戸陸開催』7.22チケット先行発売 & 7.22生中継決定!!
    http://ameblo.jp/tokyo23footballclub/entry-12278124715.html
    ★初の有料試合を行う7月22日のチケット販売は
    明日の5月27日(土)
    江戸川区陸上競技場の東京23ブースで先行発売を行います!!
    前売り800円

    スカパーで放送されているサッカー番組「スカサカ!」で関東リーグの東京23FC vs 東京ユナイテッドFCの試合が無料LIVE中継されることが決定したとのことです。また、この試合は東京23FC初の有料試合として開催されるそうです。

    今季から始まった「新東京ダービー」を楽しんでいきましょう♪


    BS対応スカパー!アンテナSP-AM600M(スカパー!・スカパー!プレミアム×2・BSの受信が1台で可能)

    新品価格
    ¥7,800から
    (2017/5/26 17:21時点)


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    JFL ファーストステージ 第10節 MIOびわこ滋賀 vs ラインメール青森FCの試合後に、スタジアムDJの方が審判批判をアナウンスするという出来事があったようです。

    取り扱いにかなり悩みましたが、まとめ作成の依頼をいただいたこともありますし、諸々考えさせられることもありましたのでまとめることにします。

    経緯






    公式記録: http://www.jfl.or.jp/jfl-pc/pdf/2017A001/2017A0011016.pdf

    問題となった場面を公式記録で確認すると、56分のラインメール青森FCの先制点の場面だと思われます。

    現地にいた方のツイートを確認すると、副審がフラッグを上げてオフサイドを主張したが、主審の判断でゴールを認められたとのこと。今回の試合はWeb配信もなく、Jリーグのようにハイライト映像の公開も無いので映像を確認してどのような状況であったのか、主審の判断の是非等々を確認することはできません。

    ただ、この主審の判断について納得がいかなかったことが、スタジアムDJの方の行動につながったのではないかと推測できます。

    あくまで一個人の見解として



















    一連のツイートをまとめ
    ・スタジアムDJによる審判批判は事実としてあった
    ・今回の行動の裏に汲み取れる背景として
     >チームが連敗中であり、数ヶ月勝利していない
     >問題のシーンを目の前で見ていた
     >映像等が無いので事実を振り返ることができない
     と、整理することが難しい感情要因があったこと
    ・審判の判定の是非はともかく、ファンの要望としてハイライト映像の配信を強く希望したい
    ・今回の行動について慣例に従えばMC(マッチコミッショナー)の裁定(注意、謝罪等)があるため「運営全員解雇しろ」というような行き過ぎた論調は違う
    ・必要な謝罪と反省をし、前に進んでいきたいということ

    ※補足

    不快に感じた理由



    不快に感じる理由
    1. 敗因=審判という評価を観客に喧伝しようとする悪質な煽動行為だと感じたこと
    2. 審判団に対する敬意を著しく欠いていること
    3. 遠くから応援に来ている青森サポーターに対してあまりに失礼であること

    今後に向けて






    さいごに

    サッカーの試合を見ていると、審判の判定に納得ができない場面に遭遇することがあります。

    日本に限らず、世界のサッカーシーンでも、明らかなゴールがノーゴールと判定されてしまったりと、あまりにも理不尽な例もあります。

    判定の是非はともかく、それに納得できるかどうかは、どちらのチームを応援しているかで変わることもあります。有利、不利の感情は大きく揺れるもので、正しい判定でもマイチームに不利なものであれば納得ができませんし、有利なものであれば間違ったものでも見てみないふりをすることもあります。

    カテゴリーが下がると判定の質が下がるといった意見もありますし、そこに対して思うことがある方もいると思います。私も判定に納得が行かなくて、試合後に酒を呑みながら延々と愚痴を吐き、悶々とした1週間を過ごしたなんて経験もあります。このカテゴリーには、このカテゴリーなりの見方があるというのは、ここにも通じる言葉かと思います。

    ただ、この曖昧さもサッカーなんですよね。

    人間がやることですからミスはあります。これは選手も、審判も、スタジアムDJも同様です。

    今回、不快な思いをされてしまった方がいるという状況があったことは残念に思いますが、人間ですから時には感情の整理が難しくて衝動にかられて行動してしまい失敗してしまうこともあるかと思います。一連の流れを整理すると、そこにたくさんの「思い」があったことは酌むことはできます。

    スタジアムDJの方には、今回のできごとを糧とし、提供する側の自覚を持って、会場を訪れたファンの方々に「また来場したい」と思っていただけるようなホームゲームを演出していただけたらと思います。

    ファーストステージ第6節では、運営の方々の素晴らしい対応を記事にさせていただきました。今回の行動でこれら全てが否定されるものではありません。

    同じく、アマチュアカテゴリーを盛り上げたいという意思を持つ仲間として応援しています。

    みんなでよいものを作っていけるように、お互い頑張りましょう。


    高柳明音ファースト写真集 ちゅり

    新品価格
    ¥1,944から
    (2017/5/26 08:32時点)



      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    170524_9syu

    九州サッカーリーグ
    http://www.kyu-league.jp/

    第6節
    F.C.那覇 3-1 三菱重工長崎SC
    FC中津 1-3 新日鐵住金大分サッカー部
    NIFS KANOYA FC 0-1 J.FC MIYAZAKI
    熊本県教員蹴友団 0-6 テゲバジャーロ宮崎
    佐賀LIXIL FC 1-2 海邦銀行サッカークラブ




    以下、まとめです。

    【【地域リーグ 九州】海邦銀行SCは佐賀LIXIL FCに勝利!新日鐵住金大分はFC中津に勝利!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    170524_4koku

    四国サッカーリーグ
    http://www.shikoku-sl.net/

    第5節
    光洋シーリングテクノ 2-2 
    多度津クラブ
    KUFC南国 1-8 
    高知ユナイテッドSC
    新商クラブ 0-0 
    アルヴェリオ高松
    FC徳島セレステ 2-1 
    llamas高知FC



    以下、まとめです。

    【【地域リーグ 四国】高知ユナイテッドSCはKUFC南国に8得点の大勝!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    170524_cls

    中国サッカーリーグ
    http://www.sportsonline.jp/c-sl/

    第4節
    廿日市FC 0-2 SRC広島
    デッツォーラ島根 1-3 三菱水島FC
    パナソニック岡山 0-3 環太平洋大学FC
    NTN岡山 2-3 松江シティFC
    Yonago Genki SC 1-1 JXTGエネルギー水島





    以下、まとめです。

    【【地域リーグ 中国】SRC広島は廿日市FCに勝利!三菱水島FCはデッツォーラ島根に勝利!】の続きを読む

    このページのトップヘ