stepforward

 「step forward」コラム第2回は、日本からタイリーグへの移籍が頻繁に行われる近年で、さきがけとしてタイへ渡った男・伊藤豚矢。彼のプロキャリアを追いながら、現在のタイリーグについて語ってもらった。

○JFL佐川東京からファジアーノ岡山、北九州に移籍した経緯。
 2006年JFLシーズンが開幕する前に、当時の監督から「3バックでは使うけど、4バックなら使わない」と言われた事と、実際に9つ年下の選手にスタメンの座を奪われショックを受けていたという伊藤。当時は31歳、当然「引退」の文字が脳裏を過っていた。
 そんな中、ファジアーノ岡山からオファーが舞い込んできた。ファジアーノ岡山の社長は、自分の幼馴染の上司であり、彼とは友人として付き合いがあった。天皇杯での佐川東京の試合などを何試合か観戦して貰っていたのだ。
 社長からファジアーノをJFLへ…そしてJリーグを目指していく上でメインとなるDFが欲しかったと言われ、自分にもやる気が生まれたという。
 「引退」と「移籍」の選択肢を天秤にかけたところで「移籍」を選択、自分のサッカー選手としての可能性に賭けてみようと判断したという。
 ファジアーノ岡山に移籍すると、レギュラーとして活躍。JFLに昇格すると、一年でJリーグへの昇格を決めた。しかし、伊藤はファジアーノから戦力外通告を受けた。くしくも、Jリーグ昇格を決めた試合の次の日であった。
 30代から夢見たJの舞台、本音はファジアーノでJの舞台に立って引退をしたかったと伊藤は思っていた。その同じタイミングでNW北九州からオファーがきた。自分にもう一度Jを目指す舞台を用意してくれた北九州に感謝し、本当に幸せを感じたと伊藤は語っている。

☆当時の面白エピソードや感動したエピソードを教えてください。
 ファジアーノは本当に若いチームであったから、サポーターの人たちが比較的年齢の近い自分に思い入れをしてくれているのをヒシヒシと感じましたし、実際に「俺達の夢を伊藤選手に託しているんだ」というメッセージを多く貰っていました。
 とはいえ、佐川東京に比べてサッカーに集中する環境は整っていなかったから、「自分がこうした方が良い、このような環境を用意してください」とチームに要求したことがプロサッカーチームとして実現していくこと、チームの成長や岡山の街の協力を多いに感じられて刺激的な毎日でした。

そして、タイリーグへ
 
☆タイリーグへ参加する経緯、エピソードなど教えてください。
 北九州時代のチームメイトがタイでプレーしていたことと、トライアウトを受けた北九州のチームメイトがタイに興味を持っていたことで、自分は「まぁ俺も…」的な軽い感じで名乗りを上げたところ、タイのチームから興味を持たれているとトライアウトの依頼が舞い込んできたことが切っ掛けでした。
 JFL選抜で一度タイへ遠征に行きましたがタイ料理が好きで(笑)
 家内と旅行に来ていて、タイの事情を知っていたというのもタイを選択した大きな理由です。

☆所属していたラパチャFC思い出を教えてください。
 ラパチャに対してというよりラパチャのオーナーに対しては、憎しみの感情しか持っていないです(笑)
 給料未払い、契約書の内容改ざん、VISAのケアを全くしてくれなかった事。。。
 はっきり言って私のタイ挑戦は失敗だったと思っています。
 それ以降の3年間、私は日本に帰っていないです。何故かというと「伊藤はタイへ何しに行ったんだ!?」という目で見られるのが嫌だったからです。
 現在は、バンコクに住む日本人の子供達へサッカー指導をしています。このことは胸を張って言えるから、そろそろ日本に一時的に帰ろうかなと思っています。
 ラパチャのスタッフや一緒にプレーした選手達には感謝の気持ちで一杯です。練習試合等で各地を訪れると、ラパチャの元チームメイトがコーチをしていて思わぬ再会等があるので、それはそれで嬉しいです。
 ラパチャのスタッフは未だに「伊藤の力を貸してほしい」とオファーをくれる位ですからね。
 今自分の指導を受けたという選手達に囲まれて凄く幸せですし、バンコクに留まってVISA等の問題で悩む選手達へアドバイスを与えてあげる立場でいる必要があるのかなと感じています。選手時代よりも自分のやっている事に自信を持って生活しているかな。。(照)

☆現在のタイリーグについて聞いてみた。
1. タイリーグってどんなリーグ?
 アジアで戦えるだけの実力を上位2チームは持っていると思います。成長著しい今後大いに楽しみなリーグであることは間違いないです。経歴を持った日本人選手達が多く移籍してきていることは本当に良い事だと感じています。

2. 日本サッカーと比べた時のレベルは?
 タイ人選手は股関節が柔らかく、人を小馬鹿にしたプレーを好みます。個々人のレベルは日本人にも劣っていないかなと感じますが、日本人選手との大きな差は規律を守るか守らないかにあると思います。

3. 日本人選手の移籍が続いてるけど、どう思う?
 今後タイでどのような足跡を残したいのか、ビジョンがハッキリしている選手達に来て欲しいと思っています。
 引退前に何年かトライするというのであれば、正直タイに来る必要は無いのかなとも思います。
 いずれにせよ、日本人選手がいることで日本人サポーターはスタジアムに足を運ぶことになるし、良い事だと思います。

4. 今後、リーグとしての発展はあるのか?
 リーグの今後の発展は目覚ましいものがあると思います。正直な話し「Jリーグに追いつくのは可能」であると感じていますが、その権利があるのはごく一部のチームです。今後の発展のポイントは、1部や2部に所属しているチームが如何に地方の熱心なサポーターを組み込めていけるかにあるような気がします。

5. タイリーグのユニフォームは、いくら位ぐらいで買える? 
 ユニフォームは大体、日本円で2,000~3,000円です。この金額だとサポーターT-shirtを買うより、オラが贔屓するチームのユニフォームを買った方が良いのかなと感じています。

6. 今後はどんな感じでタイリーグに関わりたいですか?
 まずは、今自分が指導しているチームがバンコクでナンバーワンを当たり前のように示し続けること。
最終的には日泰の架け橋になる活動を続けられればと思っています。

tai

プロフィール
伊藤 琢矢
生年月日:1974年6月11日
選手経歴:NTT関東-大宮アルディージャ-さいたまSC-佐川急便東京SC-ファジアーノ岡山-ニューウェーブ北九州-ギラヴァンツ北九州-ラパチャFC

現在はINFINITOサッカースクールにてバンコク在住の日本人の子供達へサッカー指導を行っている。また、北九州のアパレルブランド"Regista"のタイでの販売を担当、その他にタイサッカーのコラム等の執筆も行っていてる。『タイ・日本・サッカー』をテーマに活動している「夢追人」である。

インタビュアー
エージェント・かーまいける
コミュサカ@管理人の友達で、普段はエンタメからスポーツなどの記事を書いている、
フリーライター兼帰ってきた琉球の太鼓係

【コラム】全社:VONDS市原レポートインタビュー
http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/33016876.html
【コラム】step forward 踏み出した次の人生の物語 戸田有悟
http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/34061120.html