明治安田生命J3リーグ

150220_J3

Jリーグ公式サイト
http://www.jleague.jp/
移籍情報 2015ー2016冬
http://www.jleague.jp/special/transfer/2016winter/j3.html
ハッシュタグ: #J3

  • フォーマット
  1. チーム名(帯):
    ※帯は、今季のまとめで話題毎の区切りに使用するもののカラーサンプルです。
    ※まとめ記事ではホームチームのカラーを使用します。

    ※なるべくチームカラーに合わせるように努力していますが、カラー値をWebセーフカラー値で設定しているため微調整は難しいです。ご了承下さい。
  2. 公式サイト
  3. エンブレム
  4. マスコット
  5. ホームスタジアム
  6. 公式ツイッターアカウント
  7. 公式Facebookページ
  8. ハッシュタグ
    ※公式アカウントが使用しているもの、それが無い場合には多く使用されているものを掲載しています。
  9. 一口メモ

大分トリニータ

公式サイト: http://www.oita-trinita.co.jp/

エンブレム:
trinita

マスコット:ニータン

ホームスタジアム:大分銀行ドーム「大銀ドーム」
http://www.oita-trinita.co.jp/stadium/about/

Twitter:
なし
Facebook: https://www.facebook.com/oitatrinita.official/
ハッシュタグ:
 #trinita

一口メモ: 2003年から2009年、2013年とJ1に所属。2008年にはヤマザキナビスコカップを優勝。J1所属経験のあるクラブでは初のJ3リーグ参戦となる。前身は1994年に発足の大分FC(愛称は大分トリニティ)。県リーグ、九州リーグと優勝し、地域決勝で2位となり1996年にJFL昇格。J2が発足した1999年からJ2に参加した。

管理人はホバークラフトと振り子特急のソニックに乗りたい一心で無理やり出張を作って大分を訪問したことがあります。ホバークラフトの音にビックリし、夜は地元業者にルーマニアパブに連れて行かれ、翌々日に大分-鹿島戦を堪能した後、ソニックで博多へ向かったが振り子に馴染めず電車酔い&定期入れを電車に落とし東京に郵送してもらったのはほろ苦い思い出です(笑)

栃木SC

公式サイト: http://www.tochigisc.jp/

エンブレム:
tochigisc

マスコット:トッキー

ホームスタジアム:栃木県グリーンスタジアム「グリスタ」
http://www.tochigisc.jp/guide/

Twitter: @tochigisc
Facebook: https://www.facebook.com/tochigisc.official
ハッシュタグ:
 #栃木SC

一口メモ: 2009年から2015年までJ2所属。前身は1953年創部の栃木教員サッカークラブ。1999年に関東サッカーリーグに昇格して優勝、地域決勝で2位となり2000年からJFLへ昇格した。

グリスタは、管理人が好きなスタジアムの一つ。以前勤めていた会社に真岡出身の後輩がいて車で連れて行ってもらったことがあります。上野優作選手の高校時代のエピソードとかを詳しく話してくれるので「現役時代ポジションどこだったの?」と聞くと「ファーストです」という解答が帰ってきてズッコけたのはここだけの話(笑)

カターレ富山

公式サイト: http://www.kataller.co.jp/

エンブレム:
kataller

マスコット:ライカくん

ホームスタジアム:富山県総合運動公園陸上競技場「富山県総」
http://www.kataller.co.jp/stadium/index.html

Twitter: @katallertoyama
Facebook: https://www.facebook.com/katallertoyama.official
ハッシュタグ:
 #kataller

一口メモ: 2007年に北陸電力サッカー部アローズ北陸とYKK APサッカー部が統合して発足。2009年から2014年までJ2へ所属、2015年からJ3リーグに所属し、今季でJ3リーグ2年目となる。 2016年シーズンのJ1クラブライセンスを取得している。

管理人が仕事で富山県庁を訪れた時、隣に富山市役所もあるので、ささっと仕事を終わらせて地元業者の担当だった女性の方に県庁の裏手にある富山城を案内して頂いたのだが、時折聞こえる「~ちゃ」という方言がとても可愛いかったのと、新潟出身である私の母と、どことなく口調が似ていてとても懐かしかったのを覚えてます。

ガイナーレ鳥取

公式サイト: http://www.gainare.co.jp/

エンブレム:
gainare

マスコット:ガイナマン

ホームスタジアム:とりぎんバードスタジアム「とりスタ」
チュウブYAJINスタジアム「チュスタ」

http://www.gainare.co.jp/stadiums/


Twitter: なし
Facebook: https://www.facebook.com/GAINARE.OFFICIAL
ハッシュタグ: #gainare

一口メモ: 1983年創設の鳥取教員団サッカー部が前身。1989年にSC鳥取へ改称し、2007年にガイナーレ鳥取に改称した。SC鳥取時代の2001年から2010年までJFLに所属、2011年から2013年までJ2に所属した。2014年からJ3リーグに所属し、今期で3年目となる。「野人」こと岡野雅行氏がGMを務める。

鳥取は、管理人が仕事で米子に3年近く通っていたこともあり非常に思い出深い土地でもある。水木しげる記念館に行った時に、幼稚園の遠足らしき集団に取り囲まれて「怪獣、怪獣」と指さされ、井川遥似の保育士さんに平謝りされたのは良い思い出(笑)。また、沖縄から米子空港入りしたら、まさかの吹雪で、駅前の東横イン脇の居酒屋で薄手のスーツという軽装備を問われて沖縄から来たんですと話したら、熱燗をサービスして頂いたありがたさと、今が一番良い時期だからと出して頂いたドロエビの旨さは一生忘れないと思います。

AC長野パルセイロ

公式サイト: http://parceiro.co.jp/

エンブレム:
acnagano

マスコット:ライオー

ホームスタジアム:南長野運動公園総合球技場「南長野」
http://parceiro.co.jp/spectate/stadium_2015.html

Twitter: @NAGANO_PARCEIRO
Facebook: https://www.facebook.com/ac.nagano.parceiro
ハッシュタグ: #acnp

一口メモ: 1990年創設の長野エルザサッカークラブが前身。2007年からAC長野パルセイロに改称した。長野県北信リーグから始まり、1997年から2010年まで北信越リーグに所属した。一時期8チーム中5チームがJリーグを目指すクラブになった事があり「地獄の北信越」と言われたのはこの頃である。2010年に地域決勝で2位となりJFLへ昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。

管理人がJFLを見始めた年に思わず唸ったサッカーをしていたチームが3つある。まずHonda FC、そして今はなきSAGAWA SHIGA FC、最後に薩川監督時代のAC長野パルセイロ。沖縄で初めて見た薩川パルセイロのサッカーを見た時、こんな素晴らしいサッカーをするチームが3部リーグにあるんだと新鮮な驚きがあったのと同時に、アンダーカテゴリーの魅力へぐっと引き寄せられた瞬間でもありました。

SC相模原

公式サイト: http://www.sc-sagamihara.com/

エンブレム:
logo

マスコット:なし ※現在、選考中のようです。

ホームスタジアム:相模原ギオンスタジアム「ギオンス」
http://www.scsagamihara.com/stadium/stadium_guide.html

Twitter: @sc_sagamihara
Facebook: https://www.facebook.com/scsagamihara
ハッシュタグ: #SC相模原

一口メモ: 2008年に設立。神奈川県リーグからスタートし、2011年に関東リーグ昇格、2012年に地域決勝を優勝しJFLへ昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。

今季は監督に前FC琉球監督の薩川了洋氏が就任し、元日本代表GKの川口能活選手、数々のJクラブで活躍した深井正樹選手や菊岡拓朗選手を獲得するなど勢力的な補強が目立つ。新たに加入するブラジル人選手がサイズがあり、特にFWのアレシャンドレは各チームの脅威となりそうだ。

福島ユナイテッドFC

公式サイト: http://fufc.jp/

エンブレム:
hukusima 

マスコット:なし

ホームスタジアム:とうほう・みんなのスタジアム「とうスタ」
http://fufc.jp/game/stadium

Twitter: なし
Facebook: なし
ハッシュタグ: #FUFC

一口メモ: 2005年福島県3部からクラブのキャリアをスタートし、2012年に東北社会人サッカーリーグ優勝、地域決勝準優勝でJFLに昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。J1湘南と事業提携を結んでおり、選手の期限付き移籍等が行われたり、毎年1回湘南開催のホームゲームが行われる。

昨季は、J1神戸から茂木弘人選手が加入して話題となったが、今季もJ1新潟から酒井高聖選手、J2横浜FCから渡辺匠選手が加入するなど着々と補強が進んでいる。3年目を迎え、これまでのサッカーにスピードと質を加えるという栗原圭介監督のサッカーに注目したい。

ブラウブリッツ秋田

公式サイト: http://blaublitz.jp/

エンブレム:
bakita

マスコット:ブラウゴン

ホームスタジアム:あきぎんスタジアム「A-スタ」
http://blaublitz.jp/stadium

Twitter:
 @blaublitz_akita
Facebook: https://www.facebook.com/blaublitz
ハッシュタグ: #bbakita

一口メモ: 1965年創部のTDKサッカー部が前身。2010年にブラウブリッツ秋田に改称。TDKサッカー部時代の2006年の地域決勝で優勝しJFL昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。

昨季の第3クールで好成績を残し、今季への期待が膨らむブラウブリッツ秋田は「全員力」間瀬秀一監督が今季も指揮をとる。選手補強も、長野から元日本代表の伊東輝悦選手、藤枝から久富賢選手、琉球から浦島貴大選手、鳥取から畑田真輝選手、FC岐阜(鳥取)から田中智大選手等、主力級の選手を多数獲得している。

FC琉球

公式サイト: http://fcryukyu.com/

エンブレム:
Ryukyu_Emblem

マスコット:なし

ホームスタジアム:沖縄県総合運動公園陸上競技場「沖縄県総」
http://okinawa-kenso.com/

Twitter: @fcr_info
Facebook: https://www.facebook.com/FCRyukyu
ハッシュタグ: #fcryukyu

一口メモ: 2009年に創設。2010年に静岡FCと合併。県リーグ3部からスタートし、2005年の地域決勝で優勝してJFL昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。

昨季終了後、3年間チームを率いた薩川了洋監督が退任し、選手も2/3が退団、契約更新選手は8名と再出発のシーズンとなる。新入団選手の殆どが若い選手であり、J3リーグをどのように戦っていくのか、新監督となる金鍾成氏の手腕が問われる。

藤枝MYFC

公式サイト: http://myfc.co.jp/

エンブレム:
myfc_icon

マスコット:なし

ホームスタジアム:藤枝総合運動公園サッカー場「藤枝サ」
http://myfc.co.jp/stadium/

Twitter: なし
Facebook: https://www.facebook.com/myfc.jp
ハッシュタグ: #myfc

一口メモ: 2003年に創設(母体は藤枝ネルソンCF)。2010年に静岡FCと合併し東海社会人リーグを優勝。2011年に地域決勝で2位となりJFLへ昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。

藤枝といえば藤色のユニフォームがあまりにも有名だが、ホームユニフォームを見る機会の少ない沖縄で、藤枝MYFCがホームユニフォームで試合をしてくれるのにはいつもテンションが上がる。また、地域リーグファンの先輩と話をしていると「サッカーが根付くという感覚に触れたいなら藤枝に行け」と言われる。いつか藤枝の町を訪れ、朝ラーメンと共にサッカーの町の空気に触れてみたい。

YSCC横浜

公式サイト: http://www.yscc1986.net/

エンブレム:
yscc_icon

マスコット:なし

ホームスタジアム:ニッパツ三ツ沢球技場「三ツ沢」
[PDF] http://www.yscc1986.net/sites/www.yscc1986.net/files/data/pdf/2015stadium.pdf

Twitter:
 @yscc1986
Facebook: 
https://www.facebook.com/Y.S.C.C.NPO
ハッシュタグ: #yscc

一口メモ: 1986年に「横浜スポーツクラブ」として創設。神奈川県3部からスタートし、2011年に地域決勝で優勝してJFL昇格。2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。

JFL時代のYSCCは、コンパクトでコレクティブなサッカーをしていて、とても私好みのサッカーをするクラブだった。J3リーグに参入して「型」が見えなくなってしまった感があるが、1ファンとして、いつかYSCCらしさが感じられるサッカーを取り戻して欲しいと願っています。

グルージャ盛岡

公式サイト: http://www.grulla.jp/

エンブレム:
gurulla

マスコット:なし

ホームスタジアム:盛岡南公園球技場「盛岡南」
http://www.grulla.jp/rule.html

Twitter: @grulla_staff
Facebook: https://www.facebook.com/grullamorioka
ハッシュタグ: #グルージャ盛岡

一口メモ: 2003年に2000年に創設されたヴィラノーバ盛岡を改組して発足。2013年に地域決勝を優勝しJFLを経験せずに2014年からJ3リーグへ参加。今期で3年目となる。全国リーグ初参戦となったJ3リーグ初年度は5位と大健闘だった。

グルージャ盛岡といえば、2013年の新発田で行われた地域決勝で優勝した時に掲げられた「昇鶴」の旗が記憶に新しい。FC KAGOSHIMAとヴォルカ鹿児島の統合についての動きや、アスパラ難民を出してしまったコミュサカのイベント等々、実に思い出深い地域決勝だった。サポーターが掲出する宮沢賢治幕も名物の一つとなっている。

鹿児島ユナイテッドFC

公式サイト: http://kagoshimaunited.com/

エンブレム:
kagoU

マスコット:なし  ※現在、選考中のようです。

ホームスタジアム:鹿児島県立鴨池陸上競技場「鴨池」
http://www.kufc.co.jp/match/stadium/

Twitter: @kagoshimaufc
Facebook: https://www.facebook.com/k.united.fc
ハッシュタグ: #KUFC

一口メモ: 2014年にヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAが統合して発足。2015年にJリーグ百年構想クラブに認定、J3クラブライセンスが交付され、2016年からJ3リーグへ参加することとなった。

鹿児島といえば、管理人が沖縄に移住する際に故郷である千葉から鹿児島まで車で2000kmの日本縦断の旅で辿り着いた思い出深い土地である。沖縄に渡るフェリーに車を預けたところ、台風の接近で客の乗船は見送られ、そのまま1週間天文館に滞在することとなった。鹿児島滞在中は市電に引かれそうになってタクシーの運転手さんに怒られたり、前を歩いていたおじさんのズラが台風の強風で飛んできたので拾ってあげたら何故か怒られたりと、怒られた思い出ばかり(笑)だが、今度はサッカー観戦目的で鹿児島を訪れてみたい。

FC東京U-23

公式サイト: http://www.fctokyo.co.jp/

エンブレム:
fctokyo

ホームスタジアム:未定
監督:安間 貴義


Twitter: @fctokyo_express
「U-23」で絞込みは こちら
Facebook: https://www.facebook.com/fctokyo/



ガンバ大阪U-23

公式サイト: http://www.gamba-osaka.net/
公式チケット: http://www.gamba-osaka.net/ticket/index/u23/1/

エンブレム:
gosaka

ホームスタジアム:未定
監督:實好 礼忠


Twitter: @GAMBA_OFFICIAL
「U-23」で絞込みは こちら
Facebook: https://www.facebook.com/GambaOsakaOfficial/


セレッソ大阪U-23

公式サイト: https://www.cerezo.jp/
公式ニュース: https://www.cerezo.jp/news/teams/u-23/

エンブレム:
cosaka

ホームスタジアム:未定
監督:大熊 裕司


Twitter: @crz_official
「U-23」で絞込みは こちら
Facebook: https://www.facebook.com/OfficialCerezoOsaka/





Jリーグ選手名鑑2016 J1.J2.J3エルゴラッソ 特別編集 ハンディ版 2016年 03 月号 [雑誌]: マクール 増刊

新品価格
¥880から
(2016/2/9 17:18時点)


2016J1&J2&J3選手名鑑

新品価格
¥980から
(2016/2/9 17:19時点)


エルゴラッソ Jリーグプレーヤーズガイド2016

新品価格
¥572から
(2016/2/9 17:19時点)