171110_tcl
※ゼットエー・オリプリスタジアム



全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017
全国社会人サッカー連盟
全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017

http://www.jffms.jp/tournament/ccl2017

開催日
1次ラウンド
2017年11月10日(金)~11月12日(日)
決勝ラウンド
2017年11月24日(金)~11月26日(日)

会場
1次ラウンド
栃木県グリーンスタジアム(栃木県宇都宮市清原工業団地32)
五色台運動公園(兵庫県洲本市五色町鳥飼浦2613番地)
鹿児島県立サッカー・ラグビー場Aコート(鹿児島県鹿児島市中山町433番地)
決勝ラウンド
ゼットエー・オリプリスタジアム(千葉県市原市岩崎536)

組合せ
JFA:全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2017
http://www.jfa.jp/match/regional_league_2017/

Web配信
※1次ラウンドのグループB(アスパ五色)の試合は、KSLTVによるライブ配信があります。



以下、つづきます。

地域CLとは

地域CLとは「全国地域サッカーチャンピオンズリーグ」の略称で、毎年11月に行われる地域リーグの頂点を目指すと共に、地域リーグからJFLへの昇格を争う大会です。
 
2015年までは「全国地域サッカーリーグ決勝大会(※2007年までは全国地域リーグ決勝大会)」という名称で、「地域決勝」や「地決」と呼ばれて親しまれてきましたが、2016年に大会名が変更されて現在の名称になり「地域CL」と呼ばれています。

地域主要

地域CLは予選の「1次ラウンド」と決勝の「決勝ラウンド」で行われます。1次ラウンドは、出場する12チームが4チームずつの3グループに分かれて、セントラル方式のリーグ戦形式で行われます。各グループの優勝チームと、ファンの間ではWC(ワイルドカード)と呼ばれる各グループ2位の中で成績最上位チーム(1チーム)の合わせて4チームが決勝ラウンドに進出します。

地域リーグからJFLの昇格数は、その年のJFLの状況(JFLからJ3への参入、JFLからの脱退等々)に左右されるため一定ではありませんが、近年の傾向では、原則上位2チームが昇格すると思って良いと思います。ただし、JFLの状況によっては上位2チーム+αの可能性があるため、JFL昇格を目指す地域リーグのチームは、最低でも地域CLで決勝ラウンドに残ることを目指します。

また、現在ではJFL昇格意思が無くとも参加できるため、純粋に「地域リーグ最強」の栄誉を目指して参加できる大会でもあります。

参加条件

参加チーム数は合計12チーム
  1. 各地域リーグの優勝チーム 合計9チーム
  2. 全社枠:全社(全国社会人サッカー選手権大会)から上位3チーム
  3. 百年構想枠:上記1.2.で12チームに満たない場合には、Jリーグ百年構想クラブ(所属地域リーグで2位以内)が優先出場。但し複数の場合は、Jリーグ百年構想クラブの認定順。但し優先的な出場は1回限り。
  4. 輪番枠:上記の1.2.3.で12チームに満たない場合は、下記の優先順位で出場チームを決定する。(関東・関西・九州・東海・北海道・中国・北信越・東北・四国)で巡回し輪番となる。
    ※2017年は東海から(FC刈谷)出場、2018年は(北海道・中国・北信越)の順。
    (2010年関東出場、2011年関西出場、2012年はナシ、2013年九州出場、2014/15/16年ナシ)

本大会出場32チームの紹介

北海道
十勝FC

東北
コバルトーレ女川

関東
VONDS市原FC
※第53回全国社会人サッカー選手権大会3位

北信越
サウルコス福井

東海
鈴鹿アンリミテッドFC
※第53回全国社会人サッカー選手権大会優勝

関西
アミティエSC京都

中国
三菱自動車水島FC

四国
高知ユナイテッドSC

九州
テゲバジャーロ宮崎

全社枠
松江シティFC(中国)
※第53回全国社会人サッカー選手権大会2位
FC TIAMO 枚方(関西)
※第53回全国社会人サッカー選手権大会4位

輪番枠
FC刈谷(東海)

予想大会




最も過酷な昇格争いと呼ばれる理由

地域CLは、地域決勝と呼ばれていた時代から、日本サッカー界の中で「最も過酷な昇格争い」と呼ばれることがある大会です。なぜ「最も苛酷」と称されるのか、それには様々な理由があります。

大会日程
先に行われる「全社」も、最後まで勝ち抜くと5日で5連戦となる過酷な大会日程が話題となりますが、地域CLは、1次ラウンドが3日間で3連戦、決勝ラウンドも3日間で3連戦と2週で6試合という過酷な日程で行われます。2008年大会までは1次ラウンドの翌週に決勝ラウンドが行われていたため、移動もあることからインターバルがまったく無い大会でした。現在は1週おかれて多少の間があるとはいえ、17日間で6試合という日程は苛酷であることには間違いありません。

昇格数
地域リーグからJFLへの昇格数は原則「2」です。地域リーグの数は9つあり、直接昇格に関わる各地域リーグの1部リーグのチーム数を合計すると81チーム(※2017年)ですので、倍率は2.4%(2/81)という狭き門となります。

そこにある現実
地域リーグチームの最後の大会(※注1)ということで、各チーム、選手が様々な思いを持ってこの大会に挑んできます。この大会を勝ち抜いて全国リーグへデビューしたチームもあれば、この大会に敗れて解散、縮小したチームもあります。


「ここを勝てば世界が変わる」と夢を語り、輝かしい未来を想像する。周囲の期待値が上がり、話題性も高くなる。ここにきて初めて「何かを背負って戦うことの意味」を実感するチームも少なくないと思います。チームも、選手も、スタッフも、ファンも、それに関わる全ての人々が、これまでとは別次元の1点、1分、1秒を感じる戦いです。


地域CL(地域決勝)を通過して、現在JリーグやJFLに所属するファンの中には「2度と味わいたくない」「サッカーに関する価値観が全て変わった」という方もいます。

地域CL(地域決勝)で同じ時間を共有し、その時は対戦相手として戦ったチームのファンを「戦友」と呼ぶ人もいます。

チームへの愛が深まる場所。

悔しい時は本気で泣けるんだと気がつける場所。


ここは、そういう場所でもあります。


歴史を振り返る
あかんま
2008年の地域決勝の決勝ラウンドは、沖縄県石垣市にある最果ての会場「石垣島サッカーパークあかんま」で行われました。現在Jリーグに所属するFC町田ゼルビアやVファーレン長崎、JFLに所属するホンダロックが昇格した大会です。地域決勝の思い出を語る時に、真っ先に「あかんま」の話が出てくるファンは多いですね。詳しくは界隈の生ける伝説こと吉田鋳造さんの「ちゅうぞうのおしごと!」をご確認ください(笑)

鹿児島 vs KAGOSHIMA
コミュサカが始まった2013年の地域決勝の決勝ラウンドは新潟県新発田市で行われました。グルージャ盛岡、ファジアーノ岡山ネクストが昇格し、FC KAGOSHIMAが昇格権を得た大会でした。決勝ラウンド2日目には、FC KAGOSHIMAとヴォルカ鹿児島の直接対決がありましたが、試合後に「終わった...やっと終わってくれた...」というファンのツイートを見て、ツイートを見てマジ泣きするという初めての経験をしました。翌シーズンからFC KAGOSHIMAとヴォルカ鹿児島は統合しJFLの舞台で新たなスタートを切りました。それが現在J3に所属する「鹿児島ユナイテッドFC」です。

三重ダービー
2016年の地域決勝の決勝ラウンドでは、最終日にヴィアティン三重 vs 鈴鹿アンリミテッドの三重ダービーがあり、シーズンを通して6度目となった三重ダービーはJFL昇格をかけた1戦として行われました。結果はこれまで5度の対戦で敗れていたヴィアティン三重が勝利しJFLへの昇格を決めました。決勝ラウンドはインターネットでライブ中継されましたが、ワタクシ管理人は人生で初めて90分泣きながら試合を見るという経験をしました。

※注1:リーグによってはカップ戦があるところもあります。

さいごに

全国への扉の前に立てたからこそ、その価値を現実の物として捉えたからこそ、それに立ち向かう勇気を奮い立たせることや全てを受け入れる覚悟を持つことが「最も苛酷」なことなのかもしれません。

苦しいときこそ、屋根も無く、観客席も無い場所でも、応援してくれた全ての方々のことを思い出してください。

誰もが勝者になれる訳ではないです。敗者には苛酷な現実が待っていることもあります。
それでも、今を戦えない者にチャンスの扉は開きません。

出場チームの皆様の幸運を祈ります。


さいごに、

選手の皆様は怪我無く、ファンの皆様は事故無く、これから起こる全てに期待しながら大会を楽しんで行きましょう。


君の名は。

新品価格
¥500から
(2017/8/19 12:12時点)