今季から関東サッカーリーグを戦う栃木ウーヴァFCが、
Jリーガーの移籍加入や所属選手のプロ契約締結を次々と発表し、
クラブの体制変更に伴う大型補強を行っています。

本日までにたくさんの発表がありましたが、これまでの流れをまとめてみます。

昨年2017年11月27日に公式サイトに下記の発表がありました。

栃木ウーヴァFCを応援してくださる皆様へ
http://tochigi-uva.com/new/2017/11/21/%E6%A0%83%E6%9C%A8%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1fc%E3%82%92%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%82%8B%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8/
お知らせ

 日頃から、スポンサー様、ファン・サポーターの皆様、地域の大勢の皆様の
熱いご支援・ご声援ありがとうございます。お陰様で、皆様に支えられJFLを
8年間続けてこられましたことに心から感謝申し上げます。
 今シーズンは大変厳しい戦いになる危機感を選手・スタッフ・クラブ共有して
一丸となって戦って参りましたが、JFL降格という結果となり、栃木ウーヴァを
取り巻く多くの皆様に深くお詫び申し上げます。

新シーズンを地域リーグで戦いますが、この苦境をバネに、
2018年栃木ウーヴァが大きく変わります』。

栃木ウーヴァフットボールクラブ(Jリーグ百年構想クラブ)は、来シーズン地域リーグを
1年で駆け抜け、JFLに復帰して、Jリーグ昇格の短期的な実現を目指し活動を続けます。

【チーム力強化の主な改善点として】
1.チームのプロ化(プロ選手契約とサッカー給支給の導入)
2.練習時間を昼間に変更(午前練・二部練含む)
3.専用練習場の計画進行中(人工芝照明付グランド)
4.セカンドチームの創部

栃木ウーヴァは決して諦めず、より高いハードルを目指します。
今後とも、皆様にはより一層のご支援・ご声援をお願い申し上げます

                      栃木ウーヴァフットボールクラブ
                      代表 岩原克彦

また、12月18日の下野新聞では、具体的な予算等の報道もありました。


こちらの記事では「今季の年間運営費を昨季の2倍となる約1億2千万円規模を想定している」とのことでしたが、、




新たに代表取締役社長に就任された大栗崇司氏のツイートにより、
運営費は報道発表よりも多いことや、選手全員がプロ契約であることが言及されています。

役員紹介 | 日本理化グループ
https://www.nipponrika.jp/about/executives.html

上記リンクをご覧いただきたいのですが、新たにクラブの代表取締役社長に就任された大栗崇司氏は、株式会社日本理化工業所の代表取締役社長であり、グループ会社の代表取締役社長も務める日本理化グループの代表です。

ゴクリ。。 (゚∇゚ ;)



クラブの役員選任の発表と同時に、サッカーファンには「赤帽」の愛称でお馴染み、ヴェルディ川崎、サガン鳥栖、横浜FC、カターレ富山で監督を務めた岸野靖之氏の戦略統括責任者(CSO)就任を発表。


2016年から指揮を執る堺陽二監督の続投も発表。


チームの象徴であり、社長自ら「オレ達の」と呼ぶ若林学選手の契約更新を発表。







村田翔 :ザスパクサツ群馬
山村佑樹:水戸ホーリーホック
守田創 :グルージャ盛岡
津田琢磨:ヴァンフォーレ甲府
井澤惇 :徳島ヴォルティス
竹中公基:栃木SC


6人のJリーガーの加入を発表。




豊嶋邑作:2017年~
石堂圭太:2016年~
宮下周歩:2016年~


所属3選手のプロ契約締結を発表しています。



すげー。。 (゚∇゚ ;)


すでに「地獄の関東リーグ」と囁かれておりますが、
本当にとんでもないことになってきましたね。。

UVA_Emblem