コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

    Tifosi


    「コミュサカで大学やユースのサッカーの話題を取り扱わないのですか?」
    という問い合わせを頂くことが多くなってきました。
    そこで、新たな試みの一つとして「
    関西サッカー観戦サークル Tifosi」様にご了承頂き、サークル活動の中でコミュサカ界隈や大学やユースを観戦した際の観戦記をブログから転載させて頂く事となりました(不定期となります)。

    今回は京都サンガF.C 2種登録 奥川
    雅也選手の紹介記事です。

    京都サンガFC:ニュースリリース トップチーム登録のお知らせ
    http://www.sanga-fc.jp/news/detail/24837/

    ※2種登録選手とは?
    日本サッカー協会第2種チームに所属しながら、Jリーグの公式戦に出場することを認められたサッカー選手のこと




    奥川雅也という1人のフットボーラーがいます。

    彼は立命館宇治高校の3年生で、京都サンガの下部組織に所属しています。
    身長は175cm、体重は60kg。

    oku_001

    そんな彼は、W杯予備登録メンバーでもあるあの南野拓実とU19日本代表でポジション争いの真っ最中です。

    3年前、中学3年生だった彼のプレーに魅せられてしまった私は、今日も彼のプレーを見に、大阪・鶴見緑地競技場を訪れました。

    クラブユース選手権・関西予選 第2戦
    ガンバ大阪ユース 対 京都サンガU18。

    oku_002

    奥川雅也のポジションはサイドハーフまたはフォワード、一番多いのは左サイドですが、彼はどちらのサイドでも問題なくプレー出来ます。なぜなら、彼は完全な両足利きだからです。
    (4年もの間、彼を見ていますが、利き足は未だに知りません)

    ドリブル時は両足でボールに細かくタッチしながら進む彼独特のリズムを持ち、コーナーキックはサイドによって蹴り足を変え、直接FKでも右足と左足どちらでも直接ゴールを奪えます。
    京都サンガU18と京都サンガの練習試合では正キーパーのオスンフンから奥川雅也がFKでゴールを奪い、勝ってしまいました。



    隠し芸的な一発で逆足FKを蹴る選手はまれにいますが、これほど完全に左右両足を使いこなせる選手は珍しいのではないでしょうか?

    また、奥川雅也はFKだけではなく高速ドリブルも持っています。
    バネを内蔵したような長い脚は、スピードとダッシュ力を兼ね備え、フェイントの種類も多く、両足が使えることを生かした細かいボールタッチ、高い敏捷性を生かしたキレのある上体フェイントと、良さを挙げればキリがありません。

    そんな彼が目標としている選手が、FC Barcelona所属で、ブラジル代表では10番を背負うネイマール選手です。
    ネイマールといえば、左サイドアタッカー、左右両足使いこなす、華奢な身体、抜群のスピードと高いテクニック、高速ドリブル、フリーキック・・・

    奥川雅也とネイマールはプレースタイルが非常に良く似ているんです。

    奥川雅也本人も、ツイッターアカウントに「ネイマールラブ」と入れるくらい目標としているみたいです(笑)
    奥川雅也は手でDFを手招き挑発してから抜き去ったり、ルーレットと股抜きの複合技など、Youtubeの中でしか見れないような面白い技をコピーして繰り出し、見る者を楽しませてくれます。

    冒頭のガンバユースとの試合でも、PKをネイマールと同じ蹴り方をして止められるというハプニングもあったものの、後半左サイドを豪快に突破し、見事決勝ゴールをアシストし、全国大会であるクラブユース選手権出場に向けて弾みをつけました。

    ただ、彼はまだプロでやるには色々と足りない部分が多いです。
    プレッシャーの多い位置でのプレー精度、守備意識、パス、得点力、運動量、もっと改善できる部分が多くあります。

    しかし彼はきっと「客を呼べる」選手になれる。
     
    私はそれを皆さんより先に一足早く楽しませてもらっているだけです。


    あなたも「古都のネイマール」を観てみませんか?


    京都サンガFC U-18の所属するリーグ、高円宮杯プレミアリーグWESTの日程はこちら




    関西サッカー観戦サークル Tifosi
    Tifosi(ティフォージ)は、2012年秋に関西の学生を中心としてで設立しされた団体。サッカー観戦などを通じてより多くの人にサッカーの楽しさを知ってもらえるような活動を展開中です。

    オフィシャルサイト
    http://tifosi-football.jimdo.com/
    オフィシャルブログ:てぃふぉーじのある日常〜footballを添えて
    http://ameblo.jp/ovest-tifosi29/
    Twitterアカウント
    https://twitter.com/tifosi_west
    Facebookページ
    https://www.facebook.com/tifosifootwest




    「コミュサカで大学やユースのサッカーの話題を取り扱わないのですか?」
    という問い合わせを頂くことが多くなってきました。
    そこで、新たな試みの一つとして「
    関西サッカー観戦サークル Tifosi」様にご了承頂き、サークル活動の中でコミュサカ界隈や大学やユースを観戦した際の観戦記をブログから転載させて頂く事となりました(不定期となります)。

    今回は5月31日にヤンマースタジアム長居で行われた第43回 関西学生サッカー選手権大会の3位決定戦と決勝の観戦記です。


    2014年度 第43回 関西学生サッカー選手権大会
    (兼 第38回 総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント関西予選)



    5月31日に関西から総理大臣杯に出場するチームを決める大会でもある、
    第43回 関西学生サッカー選手権大会の3位決定戦と決勝を、Tifosiの新歓で観戦してきました!
    たくさんの新入生が来てくれましたし、Tifosiメンバーが20人以上いて大盛況でした。

    試合の様子をお伝えする前に。。

    ti001_0530

    見てください。ほとんど誰もいない長居スタジアムです!
    感動しました!!決勝戦前には観客でいっぱいでしたよ。

    それでは!
    3位決定戦 関西大学 vs 阪南大学 11:00キックオフ

    ti002_0530

    わ~始まった~とまだボーッとしていたらいきなり!前半2分関西大学が先制点をあげました!
    8番和田篤紀選手の浮きだまパスで12番深尾将玄選手が得点でした。
    立ち上がりは関大ペースかと思われましたが
    だんだん阪南がのってきて阪南が攻め上がるシーンも多かったです。
    そして、前半終了間際、41分に阪南大学13番河田篤秀選手の得点で同点に追い付きました!
    そのまま1-1で前半終了です。

    ti003_0530

    後半開始頃から私たちが座っているバックスタンドにもキツイ日差しが差し込んできてもの凄く暑かったです。。
    試合も相当熱くなってきた後半27分、関西大学14番篠原宏仁選手が2点目を決め勝ち越し!
    そのまま関西大学が守りきり、3位決定戦は関西大学に軍配があがりました!
    本当に良い試合でした。個人的には阪南のキーパーのコーチングの声がとても渋くてよかったです!?

    試合後には、キックオフ前に勝利チームを予想して投票すると抽選でマンダム商品が当たるイベントの番号が発表され、Tifosiメンバーの方が当たってらっしゃいました!すごい!

    そして!
    決勝戦 大阪体育大学 vs 関西学院大学 14:00キックオフ

    ti004_0530

    両チーム互角な戦いの中、均衡を破ったのは大体大でした!
    前半15分、15番池上丈二選手の得点で勝ち越し。
    追い付きたい関学は注目の全日本大学選抜のエースFW13番呉屋選手を中心に攻撃をしかけますが前半はそのまま終了です。
    ハーフタイムにはNHKのテレビ?の企画で近藤夏子さんのライブもありました!

    ti005_0530

    かわいい(´・ω・`)

    後半開始直後に退場者を出した大体大を攻めた関学は、後半40分に呉屋選手が同点ゴールを決めました!
    そして1-1で突入した延長戦の後半4分、呉屋選手が2枚目のイエローカードを受けて退場するアクシデントがあったものの、関学は7分に7番泉宗太郎選手のアシストから9番出岡大輝選手が決勝ゴールを決めて優勝しました( *^^* )

    ti006_0530

    ti007_0530

    ti008_0530

    優勝して応援席にかけよる関学イレブン。

    総理大臣杯出場校も決まりましたよ。

    ti009_0530

    5位決定戦は2部の近畿大学が勝利!

    そのままTifosi加入を決めてくれた新入生もいました~ヽ(^○^)ノ☆
    わたしもメンバーですがまだまだTifosiのこと分かってないので観戦会いっぱい行きたいと思います。
    闘う大学生、すがすがしくて感動しましたよ、ほんとに。
    自分も夢中になってできるもの見つけないとな~としみじみ。



    関西サッカー観戦サークル Tifosi
    Tifosi(ティフォージ)は、2012年秋に関西の学生を中心としてで設立しされた団体。サッカー観戦などを通じてより多くの人にサッカーの楽しさを知ってもらえるような活動を展開中です。

    オフィシャルサイト
    http://tifosi-football.jimdo.com/
    オフィシャルブログ:てぃふぉーじのある日常〜footballを添えて
    http://ameblo.jp/ovest-tifosi29/
    Twitterアカウント
    https://twitter.com/tifosi_west
    Facebookページ
    https://www.facebook.com/tifosifootwest




    「コミュサカで大学やユースのサッカーの話題を取り扱わないのですか?」
    という問い合わせを頂くことが多くなってきました。
    そこで、新たな試みの一つとして「
    関西サッカー観戦サークル Tifosi」様にご了承頂き、サークル活動の中でコミュサカ界隈や大学やユースを観戦した際の観戦記をブログから転載させて頂く事となりました(不定期となります)。

    今回は5月18日にいぶきの森球技場で行われた第38回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会関西地区予選大会、Jクラブ予選リーグ(※以降大会名称はクラブユース選手権と表記)の観戦記です。





    5月18日はTifosi新歓観戦会という名目で、ヴィッセル神戸の練習場としても知られるいぶきの森にてクラブユース選手権の関西予選を観戦しました。

    私自身は全くユースに詳しくなく、昨年初めてTifosiの観戦会を通じてユースの試合を見ました。たった数回だけしか見ていないので、完全に初心者目線ではありますがどうか心優しい目でお読みください。なお、この新歓への参加者は加入2年目に突入したメンバー3人です。

    第一試合:京都サンガU18 vs セレッソ大阪U18

    ti001
     
    京都の大エース・奥川雅也選手がU19日本代表に選ばれ不在。その影響が大きかったらしく(京都ユースサポ談)、前半はほとんどセレッソユースが一方的に攻め込んでいました。選手一人一人がとてもよく走り、相手のパスを奪ってカウンターを仕掛けていたのが印象的です。

    先制点を挙げたのはセレッソ。CBの庄司朋乃也選手が意表を突いた60mのロングループシュートを放ち、そのままゴール!
    続いてU18でセレッソのエースナンバー8番を背負っている阪本将基選手のクロスが相手DFのオウンゴールを誘い、前半は0-2で終了。

    ti002

    後半はセレッソ側のスタミナが切れたということもあってか、サンガの攻撃のチャンスが大幅に増えました。U17ワールドカップでも活躍した京都の永島悠史選手が大西勇輝選手からパスを受け取り、中央を強引にドリブルで突破してゴール。サンガが1点を返しました。
    これでサンガに勢いがついたと思いきや、再びセレッソの8番・阪本選手のゴールでとどめを刺され万事休す。

    ti003
     
    そのまま1-3でセレッソ大阪U18の勝利。セレッソサポーターとしてはトップがアレな状況なので尚更嬉しい勝利ですし、ここにいる選手が将来トップ昇格する可能性があるかもしれないと思うととても楽しみです。

    第二試合:ヴィッセル神戸U18 vs ガンバ大阪ユース

    ti004
     
    私が見たことのあるユースの試合の大半が神戸ユースの試合ということもあり、ユースチームの中では最も知っている選手が多いので楽しんで見ることができました。
    また、ガンバの平尾壮選手が絶好調だと聞いたのでどれだけ絶好調なのかなーと見ていたら本当に絶好調でした(小並感)

    ドリブルを仕掛けてファールをもらった平尾選手が、FKを自ら決めてガンバ先制。
    さらにその後にも強烈なFKを枠内に蹴りこみますが、ここは神戸のGK吉川健太選手がスーパーセーブ。

    ti005

    しかし、ヴィッセルの石川選手が右サイドを突破し、グラウンダーのクロスを上げたところをエース・米澤令衣選手が滑り込みながら押し込んで同点。

    ti006

    さらにそのすぐ後、ヴィッセルのCKをガンバのGK林瑞樹選手が弾いたものの、中坂勇哉選手が胸でトラップをしボレーシュートでヴィッセルが逆転し前半を終えます。
    後半へ突入。ここでもまたまた平尾選手。左SBの初瀬亮選手のクロスのこぼれ球を拾って蹴りこみ、このまま2-2の同点で試合終了。第三者側としてはとても内容の濃い試合でした。

    特に神戸の「8番」のボランチ、中井英人(エイト)選手が印象に残りました!

    ti007
     
    来年ヴィッセル神戸のトップチーム昇格が濃厚だそうなので、注目です。

    次のクラブユース選手権予選は、6月1日、6月8日と続きます。
    Tifosiメンバーも各地に出没するようなので、Jリーグ中断期間で暇な方は是非観に行ってみてはいかがでしょうか。

    6月1日
    14:00~ ガンバ大阪ユース-京都サンガU18 @鶴見緑地競技場(大阪市鶴見区)
    14:00~ ヴィッセル神戸U18-セレッソ大阪U18 @いぶきの森(神戸市西区)

    6月8日
    13:00~ ガンバ大阪ユース-セレッソ大阪U18 @舞洲グラウンド(大阪市此花区)
    11:00~ ヴィッセル神戸U18-京都サンガU18 @いぶきの森(神戸市西区)

    ti008



    関西サッカー観戦サークル Tifosi
    Tifosi(ティフォージ)は、2012年秋に関西の学生を中心としてで設立しされた団体。サッカー観戦などを通じてより多くの人にサッカーの楽しさを知ってもらえるような活動を展開中。

    オフィシャルサイト
    http://tifosi-football.jimdo.com/
    オフィシャルブログ:てぃふぉーじのある日常〜footballを添えて
    http://ameblo.jp/ovest-tifosi29/
    Twitterアカウント
    https://twitter.com/tifosi_west
    Facebookページ
    https://www.facebook.com/tifosifootwest




    このページのトップヘ