コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

    アンプティサッカー

    170518_ampty

    第四回レオピン杯Copa Amputee

    JAFA 日本アンプティサッカー協会
    http://j-afa.jp/
    JAFA 日本アンプティサッカー協会 Facebookページ
    https://www.facebook.com/JapanAmputeeFootball
    第四回レオピン杯Copa Amputee 最終結果
    http://j-afa.jp/event/tournament-result
    第四回レオピン杯Copa Amputee
    決勝
    関西セッチエストレーラス 1-2 FCアウボラーダ
    三位決定戦
    千葉・北海道・ONETOP合同チーム 0-2 FC九州バイラオール
    五位決定戦
    アフィーレ広島 0-2 静岡・TSA合同チーム
    準決勝
    FCアウボラーダ 0(4PK3)0 FC九州バイラオール

    最終結果
    優勝 FCアウボラーダ(2年ぶり2回目)
    準優勝 関西セッチエストレーラス
    3位 FC九州バイラオール
    4位 千葉・北海道・ONETOP合同チーム
    5位 静岡・TSA合同チーム
    6位 アフィーレ広島

    アンプティサッカーとは?

    http://j-afa.com/wp/?page_id=21
    主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー。
     
    競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF=World Amputee Football Federation)が統括。
    日本国内におけるアンプティサッカーの競技・事業統括は日本アンプティサッカー協会(J-AFA)が行う。
    1980年代にアメリカ人の切断障害者であるドン・ベネット氏が偶然ボールを蹴ることによりこの競技を思いつき、

    以降アメリカ軍負傷兵のリハビリの一環として採用されたことから一気に普及が進んだ。
    従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用している松葉杖クラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして日本はもちろんのこと海外でも急速に普及・認知度が高まっているスポーツ。特に経済的に恵まれない国々においても受け入れ易く、特に紛争の多い地域では四肢を欠損した兵士や民間人の身体的リハビリやメンタルヘルスケアにも一役買っている。

    現在、WAFFには現在20か国以上が加盟。加盟国数・競技人口ともに年々増加傾向にあり、2010年のワールドカップアルゼンチン大会以降、新たな加盟国としてポーランド、ドイツ、メキシコ、ウルグアイが加わった。



    以下、まとめです。

    【【アンプティサッカー】第四回レオピン杯Copa Amputee の様子まとめ】の続きを読む

    150515_amputee

    JAFA 日本アンプティサッカー協会
    http://j-afa.com/wp/
    JAFA 日本アンプティサッカー協会 Facebookページ
    https://www.facebook.com/JapanAmputeeFootball
    第二回レオピン杯 Copa Amputee 大会結果
    http://j-afa.com/wp/?p=871
    第二回レオピン杯 Copa Amputee
    決勝
    FCアウボラーダ川崎 4-1 FC九州バイラオール
    三位決定戦
    AFCバンブルビー千葉+アシルスフィーダ北海道AFC合同チーム 1(3PK5)1 TSA FC
    五位決定戦
    関西SeteEstrelas 11-1 アフィーレ広島AFC
    準決勝
    TSA FC 1-2 FC九州バイラオール

    アンプティサッカーとは?

    http://j-afa.com/wp/?page_id=21
    主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー。
     
    競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF=World Amputee Football Federation)が統括。
    日本国内におけるアンプティサッカーの競技・事業統括は日本アンプティサッカー協会(J-AFA)が行う。
    1980年代にアメリカ人の切断障害者であるドン・ベネット氏が偶然ボールを蹴ることによりこの競技を思いつき、

    以降アメリカ軍負傷兵のリハビリの一環として採用されたことから一気に普及が進んだ。
    従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用している松葉杖クラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして日本はもちろんのこと海外でも急速に普及・認知度が高まっているスポーツ。特に経済的に恵まれない国々においても受け入れ易く、特に紛争の多い地域では四肢を欠損した兵士や民間人の身体的リハビリやメンタルヘルスケアにも一役買っている。

    現在、WAFFには現在20か国以上が加盟。加盟国数・競技人口ともに年々増加傾向にあり、2010年のワールドカップアルゼンチン大会以降、新たな加盟国としてポーランド、ドイツ、メキシコ、ウルグアイが加わった。



    以下、まとめです。

    【【アンプティサッカー】第二回レオピン杯 Copa Amputee の様子まとめ】の続きを読む

    141017_kawasaki

    JAFA 日本アンプティサッカー協会
    http://j-afa.com/wp/

    JAFA 日本アンプティサッカー協会 Facebookページ
    https://www.facebook.com/JapanAmputeeFootball

    第4回日本アンプティサッカー選手権大会2014 Final-Round結果(速報版)
    http://j-afa.com/wp/?p=593
    Final-Round  東日本地区

    2014年10月12日(日) 鷺沼フロンタウン

    準決勝 第1試合
    FC九州バイラオール 5 – 1 アシルスフィーダ北海道AFC

    準決勝 第2試合
    アウボラーダ川崎 0(4) – 0(2) 関西セッチエストレーラス

    3位決定戦
    関西セッチエストレーラス 3 – 1 アシルスフィーダ北海道AFC

    決勝戦
    FC九州バイラオール 1 – 2 アウボラーダ川崎
    (前後半 1 – 1 で延長へ)
    アウボラーダ川崎、初優勝!

    アンプティサッカーとは?

    http://j-afa.com/wp/?page_id=21
    主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー。
     
    競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF=World Amputee Football Federation)が統括。
    日本国内におけるアンプティサッカーの競技・事業統括は日本アンプティサッカー協会(J-AFA)が行う。
    1980年代にアメリカ人の切断障害者であるドン・ベネット氏が偶然ボールを蹴ることによりこの競技を思いつき、

    以降アメリカ軍負傷兵のリハビリの一環として採用されたことから一気に普及が進んだ。
    従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用している松葉杖クラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして日本はもちろんのこと海外でも急速に普及・認知度が高まっているスポーツ。特に経済的に恵まれない国々においても受け入れ易く、特に紛争の多い地域では四肢を欠損した兵士や民間人の身体的リハビリやメンタルヘルスケアにも一役買っている。

    現在、WAFFには現在20か国以上が加盟。加盟国数・競技人口ともに年々増加傾向にあり、2010年のワールドカップアルゼンチン大会以降、新たな加盟国としてポーランド、ドイツ、メキシコ、ウルグアイが加わった。



    以下、まとめです。

    【【アンプティサッカー】第4回日本アンプティサッカー選手権大会2014 Final-Round 東日本地区 の様子まとめ】の続きを読む

    140925_umpty

    JAFA 日本アンプティサッカー協会
    http://j-afa.com/wp/

    JAFA 日本アンプティサッカー協会 Facebookページ
    https://www.facebook.com/JapanAmputeeFootball

    第4回日本アンプティサッカー選手権大会2014 1st-Round結果(最終結果)
    http://j-afa.com/wp/?p=563
    1st-Round  西日本地区
    2014年9月21日(日)
    大阪府 関西医療大学グラウンド
    第一試合 関西セッチエストレーラス 4-0 アフィーレ広島AFC
    第二試合 アフィーレ広島AFC 0-5 FC九州バイラオール 
    第三試合 関西セッチエストレーラス 0-3 FC九州バイラオール

    アンプティサッカーとは?
    http://j-afa.com/wp/?page_id=21
    主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー。
     
    競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF=World Amputee Football Federation)が統括。
    日本国内におけるアンプティサッカーの競技・事業統括は日本アンプティサッカー協会(J-AFA)が行う。
    1980年代にアメリカ人の切断障害者であるドン・ベネット氏が偶然ボールを蹴ることによりこの競技を思いつき、

    以降アメリカ軍負傷兵のリハビリの一環として採用されたことから一気に普及が進んだ。
    従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用している松葉杖クラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして日本はもちろんのこと海外でも急速に普及・認知度が高まっているスポーツ。特に経済的に恵まれない国々においても受け入れ易く、特に紛争の多い地域では四肢を欠損した兵士や民間人の身体的リハビリやメンタルヘルスケアにも一役買っている。

    現在、WAFFには現在20か国以上が加盟。加盟国数・競技人口ともに年々増加傾向にあり、2010年のワールドカップアルゼンチン大会以降、新たな加盟国としてポーランド、ドイツ、メキシコ、ウルグアイが加わった。



    以下、まとめです。

    【【アンプティサッカー】第4回日本アンプティサッカー選手権大会2014 1st-Round 西日本地区の様子まとめ】の続きを読む

    140608_amptee

    JAFA 日本アンプティサッカー協会
    http://j-afa.com/wp/

    第一回 レオピン杯 Copa Amputee
    http://j-afa.com/wp/?p=502
    優勝  : FC九州バイラオール
    準優勝 : 関西セッチエストレーラス
    3位  : FCアウボラーダ川崎
    4位  : TSA FC
    5位  : FCガサルス
    6位  : アフィーレ広島AFC

    決勝戦
    FC九州バイラオール 7 – 2 関西セッチエストレーラス
    3位決定戦
    TSA FC 0 – 2 FCアウボラーダ川崎

    アンプティサッカーとは?
    http://j-afa.com/wp/?page_id=21
    主に上肢、下肢の切断障害を持った選手がプレーするサッカー。
     
    競技は国際アンプティサッカー連盟(WAFF=World Amputee Football Federation)が統括。
    日本国内におけるアンプティサッカーの競技・事業統括は日本アンプティサッカー協会(J-AFA)が行う。
    1980年代にアメリカ人の切断障害者であるドン・ベネット氏が偶然ボールを蹴ることによりこの競技を思いつき、

    以降アメリカ軍負傷兵のリハビリの一環として採用されたことから一気に普及が進んだ。
    従来のような障害者スポーツに必要とされた専用の器具を必要とせず、日常の生活やリハビリ・医療目的で使用している松葉杖クラッチ(主にロフストランドクラッチ)で競技を行うため、足に障害を持つ人々にとっては、最も気楽に楽しめるスポーツとして日本はもちろんのこと海外でも急速に普及・認知度が高まっているスポーツ。特に経済的に恵まれない国々においても受け入れ易く、特に紛争の多い地域では四肢を欠損した兵士や民間人の身体的リハビリやメンタルヘルスケアにも一役買っている。

    現在、WAFFには現在20か国以上が加盟。加盟国数・競技人口ともに年々増加傾向にあり、2010年のワールドカップアルゼンチン大会以降、新たな加盟国としてポーランド、ドイツ、メキシコ、ウルグアイが加わった。


    【【アンプティサッカー】第一回 レオピン杯 Copa Amputee 優勝はFC九州バイラオール、準優勝は関西セッチエストレーラス 決勝戦、3位決定戦の様子まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ