コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

    セカンズ

    コミュサカロゴmobileheader_2017_480

    はじめに

    先日、鹿児島ユナイテッドFCセカンドのコラムを寄稿いただき、セカンドチームについての詳細に触れるのが3チーム目となりました。

    J3リーグにJクラブのセカンドチームが参加する前年に、様々な情報が飛び交う中でセカンドチームについて調べていたところ、セカンドチームとはいっても設立の経緯や意義は様々というアドバイスをいただいたことが、このシリーズコラムを始めようと思ったきっかけでした。

    今後もシリーズコラムは続けていきたいと考えていますが、今回は、中間報告書という位置づけで、セカンドチームについて管理人が思うところを書いてみたいと思います。

    セカンドチームを支える経済力

    これまで、コラムを寄稿いただいたセカンドチームの概要は下記のとおりとなります。

    FC岐阜セカンド
    設立の経緯:FC岐阜がJリーグを目指すため、選手の受け皿として設立
    活動の目的:国体を見据えたアマチュアサッカーの底上げ
    トップチーム:FC岐阜(J2)
    現在:東海社会人サッカーリーグ1部

    ファジアーノ岡山ネクスト
    設立の経緯:若手選手の育成、トップチーム選手の調整(怪我等)
    活動の目的:同上
    トップチーム:ファジアーノ岡山(J2)
    現在:活動終了(2016:JFL)

    鹿児島ユナイテッドFCセカンド
    設立の経緯:鹿児島ユナイテッドFC設立の際の、選手の受け皿として設立
    活動の目的:受け皿→アカデミーに移行
    トップチーム:鹿児島ユナイテッドFC(J3)
    現在:活動終了(2016:九州サッカーリーグ)

    2014年にセカンドチームのまとめを作成した時に上記3チームは活動していましたが、ファジアーノ岡山ネクストと鹿児島ユナイテッドFCセカンドは2016年シーズンをもって活動を終了しています。それぞれに個性があり魅力的なチームだったので寂しい限りですが、2チーム共に活動終了の目的が「トップチームへの財源の集中」にあるところが注目すべきところですね。FC岐阜セカンドもトップチームからの支援は薄いです。たとえJリーグのクラブであっても、J2、J3クラスの財政規模では、1つのクラブで2チームを持つことが厳しいという現実が見えました。

    J3のセカンドチーム

    明治安田生命J3リーグには、FC東京U-23、ガンバ大阪U-23、セレッソ大阪U-23とJクラブのセカンドチームが3チーム参加しています。FC東京、ガンバ大阪、セレッソ大阪は、Jリーグでも財政規模の大きいメガクラブと呼ばれるクラブです。セカンドチームを構成できるだけの選手やスタッフの人件費、全国リーグを戦う諸経費を捻出するためには、それだけの企業体力が必要ということですね。

    私は、J3リーグへのセカンドチーム参加をこのまま続けるのならば、チーム名から「U-23」を外して「セカンド」を使用して欲しいと思っています。

    現在、J3リーグにセカンドチームを参加させる大義名分はU-23選手の育成です。今後もU-23選手育成や新たにホームグロウン(地元枠)を規約明記して、主たる目的の明確化をしてブレを無くす必要があるとは思いますが、クラブがセカンドチームに求めるものは育成だけではないです。純粋に育成だけを求めるなら再設置されたサテライトリーグに参加すれば良い話ですので、「U-23」をチーム名に入れてそれを意識させることは、ファンに混乱を与えているだけのように思います。

    2016年シーズンのJ3セカンドチームを見ていると、オーバーエイジ枠を利用してトップチーム選手のコンディション調整に使用する意味の方が大きいと思っているクラブがあるように思えました。ACLで結果を残すことを目的とするクラブであれば、より多くの選手を保有したいというのは理解できますし、それとは別にU-23選手が揃わずU-18選手等下部組織の選手を入れたりと人材確保に苦労しているクラブもあります。それならばいっその事、オーバーエイジ枠を5に拡大してセカンドチームの役割を増やすことを明確化したほうがトップチームとの人材流通でセカンドチームは活性化するように思いますし、ファンにも分かりやすいですね。

    あくまでも、J3へのセカンドチーム参加を「是」とする場合ではありますけど。

    在り方と幸せ

    経済的な事情があるにせよ、それがセカンドチームであっても、チームが無くなるというのはとても悲しいことです。

    Jリーグが企業チームの参加を認めず、クラブチーム化を求める理由には、企業チームは企業の論理で部活動が縮小、廃止されるからというのがあるように思いますが、Jリーグに所属している企業(クラブ)であれば、チームを廃止して良いということは無いと思います。トップチームのためと言えば聞こえは良いですが、結局これも企業論理であることに違いはないです。

    ファジアーノ岡山ネクスト、鹿児島ユナイテッドFCセカンドと、活動を終了した2チームについても、地域リーグや都道府県リーグに主戦場を移して、アマチュアサッカーの底上げを目的として、独立採算をとりながらチームを残すことや活用の道を探ることができなかったのか、という思いは今も残ります。

    Jクラブの地域密着を語る場合、スポンサーを含め地域経済への貢献というところにスポットが当たりがちですが、Jクラブが所属県のアマチュアカテゴリーのトップコンテンダーを持つことで、選手たちに「目指す場所」や「帰ってくる場所」を提供することができ、地域サッカーを活性化し、支え、貢献するという大きな意味もあると思います。

    プロを目指して欲しい、地元のJクラブを目指して欲しいとはいっても、地域に身近な道がなければ、他のチーム、大学、高校と様々な道を模索するため距離は離れます。Jリーグでプレーした選手が、地元に戻って最後の1年の花道を飾れるクラブがあってもいい、全ての選手がプロを目指せる分けでは無いから、働きながらでもより高いレベルでプレーしたいという希望を持っている選手が目指す場所であってもいい。

    時代や状況に合わせて変化しつつも、目的を明確化して「在り方」をイメージする。

    クラブのメインコンテンツとして「勝利」という結果を求められるトップチームとは別に、育成、リハビリ、受け皿、アマチュアカテゴリーのシンボルと、トップチームとは違う様々な色を出せる可能性があるのがセカンドチームだと思います。トップチームとセカンドチームを合わせて、様々な嗜好を持つより多くのファンの幸せを叶えることができることは、クラブの魅力になると思います。

    今、セカンドチームがあるクラブ、今後セカンドチームを持つクラブは、その「幸せ」を大切にして欲しいと、切に願います。


    関連記事

    関連まとめ
    【小ネタ】 #セカンズ調査兵団 調査報告書まとめ
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/38268049.html
    【小ネタ】セカンドチームについて考える
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/40869507.html
    【小ネタ】続・セカンドチームについて考える
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/40916926.html

    FC岐阜セカンド
    【コラム】「愛を込めてセカンズと呼ぶ」セカンドチームシリーズコラム FC岐阜セカンド 編
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/38951213.html

    ファジアーノ岡山ネクスト
    【コラム】「雛雉達の舞う空に」セカンドチームシリーズコラム ファジアーノ岡山ネクスト 編
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/39860791.html
    【コラム】ネクスファジがくれた愛すべき空間
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/49212586.html

    鹿児島ユナイテッドFCセカンド
    【コラム】「ありがとう、そしてさようならセカンド」セカンドチームシリーズコラム 鹿児島ユナイテッドFCセカンド前編
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/49976855.html
    【コラム】「ありがとう、そしてさようならセカンド」セカンドチームシリーズコラム 鹿児島ユナイテッドFCセカンド後編
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/49977506.html


    スポーツメンタルコーチに学ぶ! 子どものやる気を引き出す7つのしつもん

    新品価格
    ¥1,404から
    (2017/5/11 15:07時点)



    台紙

    J3以下のカテゴリーには様々な運営形態のチームがあります。
    プロクラブ、アマチュアクラブ、実業団、学生、そしてセカンドチーム。


    一括りにセカンドチームとは言っても「設立の経緯や意義は様々」というご指摘を頂き、全国のセカンドチームの実態や特徴を知るために、セカンドチームにフォーカスしたコラムをシリーズでお送りしています。

    第3弾は、2016年に活動を終了した、九州サッカーリーグ、鹿児島ユナイテッドFCセカンドです。




    前編: http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/49976855.html



    ■2015年のセカンド
    2015_全体

    2015年の新生セカンドは順風満帆とは程遠いスタートを切った。

    チームに継続して残る事がリリースされていた選手が開幕前にチームを離れ、ある程度チームが仕上がっていないといけない3月中旬のトレーニングマッチで選手の人数が揃わず、中学生を交えて何とかゲームをこなしていた。九州リーグはアカデミースタッフを選手登録して何とか人数を合わせたが、戦力も小粒になり、軸になれる選手がいないチームは序盤から低迷した。

    kuriyama

    チームが好転したのは、現役を引退し、U-15監督となっていた栗山裕貴が試合に帯同するようになってからだった。本業がU-15監督で引退した身なので、現役時代のキレはなくなっていたが、一方でプレッシャーからも解放されて伸び伸びとプレーしているようにも見受けられた。例えるなら、サッカー部が体育の授業で本気を出すみたいな感じだ。それに引き出されるように他の選手達も躍動した。

    栗山裕貴の活躍により、チームは無事残留出来るのだが、セミリタイアしているアカデミースタッフに頼らないと勝ち点を取れない脆いチームだった。

    ■2016年のセカンド
    scond16

    何名かの選手はチームを去ったが、2015年シーズンの主力は残る事になった。また、新たに監督を招聘し、アカデミースタッフには頼らないチーム作りを行っていた。

    kakuno

    後にトップに昇格した角野翔汰等の数名の選手は、前シーズンよりも逞しさが増し一皮むけそうな印象を受けたが結果に繋がらなかった。地震の影響でリーグ戦の試合数が半分に減った事も影響しているだろう。試合数が減った事で1試合の重みが増し、勝ち点を落としたら次に挽回というのが難しくなっていた。

    ただ、このシーズンは、2種登録していたU-18の選手達の出番が増えたり、トップで出番の少なかった塚田翔悟を育成型期限付移籍で加えたりと、随所に「アカデミーらしさ」を見せるシーズンでもあった。鹿児島ユナイテッドFCのU-18は、高円宮杯も県リーグで下のカテゴリーであるため、試合数がまだまだ足りない。一部の選手に限られたが、九州リーグを体験できるのは、経験値を得るためにも大きな意味を持ったはずだ。

    honda

    U-18キャプテンの本田陽司は、九州リーグのリズムにすぐさま順応して大人に混じっても遜色ないプレーを魅せた。

    yamanouchi

    一方でGKの山之内幹はフィジカルを鍛えないといけないと実感したはずだ。チームは最下位に終わったが、U-18のメンバーのレベルアップの為にも九州リーグに残留し、翌年以降もチームは継続して欲しいと願っていたのだが。。

    ■活動終了と共に見えてきたもの
    クラブは2016年10月19日にセカンドのセレクションを行う旨のリリースを出した。
    http://www.kufc.co.jp/information/11439/

    時期的に選手が集まるのか疑問に感じたが、天皇杯開催が前倒しになる関係もあり、例年以上にチームを早く仕上げないといけない事情がこのリリースに繋がったのだと当時は思っていた。募集対象が満19歳~満22歳と年齢制限をかけているが、2015年のサポカン時に「ゆくゆくはセカンドにアンダー26等の年齢制限を設ける」ことを発表していたので、その移行を行うつもりだったのだろう。

    ところが、12月28日、角野翔汰のトップ昇格のリリースと共に、活動終了のリリースがされた。
    http://www.kufc.co.jp/information/academy/14534/

    実は、私はリリース前にとある筋からこの情報は得ていた。この年、クラブはJ2ライセンス不交付という通知を受け、ネックとなっていたスタジアム問題に取り組み出した。また、それと同時にJ2昇格を現実的な目標に掲げた中で、セカンドチームに回していた予算をトップチームの強化費に充てるのがセカンドの活動終了の目的だ。

    2015年の九州リーグの登録料は徳重代表がGM、強化部長の反対を押しきってクラブ負担としていた。あるスタッフは「セカンドチームはトップの下のカテゴリーに」という理想を語っていた。一方で、GMはクラブの体力を考え、セカンドチームを持つのは厳しいと考えていた。2015年のセカンドに選手登録をしていたアカデミースタッフにはスタッフに専念するよう言っていたと聞いている。

    10月にセカンドのセレクションのリリースが出され、12月末に活動終了のリリースと、短い期間の中でクラブが方向転換を余儀なくされた背景には、「セカンドチームの在り方」について、フロントスタッフの間でもズレが生じていたように思える。

    ■鹿児島のU-18世代の現状
    鹿児島ユナイテッドFC U-18の選手は、今シーズンからセカンドに登録して九州リーグを戦う事が出来なくなったため、今後は、トップチームに2種登録され、ゆくゆくはJの公式戦に絡めるレベルに達する事が目標となる。現時点ではまだその域に達していないが、シーズン開幕前のトレーニングマッチに出場した選手もおり、今後もそういう形で出場させてもらえる可能性はある。

    現役の高校生をJの試合に出すレベルに育てるには、アカデミースタッフの質の向上が求められる。

    余談だが、鹿児島の高校サッカーは年々レベルが低下してきている。今年は神村学園の高橋大悟、鹿児島城西の生駒仁と将来が楽しみな選手はいるが、ひと昔前はこういった選手が1つの学年に何人も出てきていた。現在、人口10万人あたりのJリーガー数が全国1位だそうだが、"鹿児島出身"でなく、"鹿児島の高校を卒業した"Jリーガーとなると、J1クラスで活躍している選手は大迫勇也の年代以降育っていない。

    2種はその年代を代表する選手がJユースに集まりがちなので、鹿児島の高校サッカーからJリーグを目指す場合、大学経由で加入する事が現実的なルートになる。しかし、その「大学経由」も関東や関西の強豪大学へ進学すると試合に出られない例も多い。正月の高校選手権でも県代表の鹿児島城西高校のサッカーは「堅守を売りに」と言えば聞こえは良いが、サッカーの質、細かく突き詰めればボールを回す時に緩急をつける事が出来ていない。

    厳しい言い方になるが、やっているサッカーの質は低い上にタレントも育っていないのが鹿児島の2種の現状である。鹿児島ユナイテッドFC U-18はこの閉塞感を打開できるよう、まずは指導者の質を上げてもらいたい。

    ■セカンドチームの在り方とは

    セカンドチームはどう在るべきだったのか。

    クラブは当初、ファジアーノ岡山ネクストに近い形にしようとしている印象を受けた。だが、これは私の希望にもなるが、チームが練習時間を夜に変更した事で、仕事をしながらでも高いレベルでプレーしたい選手の受け皿にもなり得たのだから、サッカー選手として生計を立てたい選手や、働きながらでもレベルの高い環境でプレーしたい選手を受け入れつつ、U-18の有望株に実戦経験を積ませる場として、Jリーグチームが鹿児島に出来た事で課題となってくる、国体を見据えた社会人1種、アマチュアの強化という点でセカンドチームを有効活用してほしかった。

    セカンドチームは様々な視点から活用できるチームだったと思う。予算という問題がつきまとうとはいえ、無くすのは非常に惜しいチームだった。

    FC KAGOSHIMAとヴォルカ鹿児島の統合、鹿児島ユナイテッドFCの誕生、JFL昇格、J3参入、鹿児島サッカーの大きなうねりの中で、鹿児島ユナイテッドFCセカンドというチームがあったことを、私は忘れない。


    ありがとう、そしてさようならセカンド。




    ■あとがき



    ■編集後記
    最初に、鹿児島ユナイテッドFCのサポーターの皆さんに、セカンドについてのコラム執筆を打診したのは、2015年シーズンのサポカン前あたりだったかと思います。しかし、その時の打診に対しての鹿児島サポーターの皆さんからの返事は、

    待ってくれ。今はその時期じゃない。

    というものでした。daiさんにコラムを寄稿いただいた今となってみれば、2014年から2015年にかけての変化があった、とても難しい時期だったということですね。

    このやりとり以降も、鹿児島サポーターの方々と交流をさせていただいて、セカンドの様子は少しですが伝え聞いてはいました。多くの方がセカンドを思い、所属選手をサポートし、セカンドのために尽力されていました。

    トップチームではなく、セカンドの試合のために海を越えて沖縄まで来るのは、本当に大変なことです。

    08_2014_大幕
    https://twitter.com/commusoccer/status/513982035140964352

    20mはあろうかという大段幕と太鼓を担いで飛行機に乗るなんて、想いが無ければできないことです。

    09_2014_小隊
    https://twitter.com/commusoccer/status/513538703646408704

    セカンドの解散が発表された時、真っ先に思い浮かんだのは、彼らがスタンドで応援している姿でした。そして、愛情に溢れた応援の声が脳内に蘇りました。

    10_2014_マスクマン
    https://twitter.com/union_tigre/status/511838429122801664

    鹿児島ユナイテッドFCのサポーターといえば、JFL昇格初年度に大量のマスクマンが発生して有名になりましたが、彼らがなぜマスクを被ったかを知っていますか?

    鹿児島ユナイテッドFCは、ご存知の通り、ヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAが統合されてできたチームです。地域決勝でも、成績の優劣で登録番号が決まるとあって、最後の最後、地域決勝の決勝ラウンドまで死闘を演じたライバル以上の存在でした。

    つい先日まで火花を散らしていた両チームのサポーターに「統合したから一緒に応援してね」と言っても簡単にわかりましたとはならないですよね。チームのため、選手のため、鹿児島のためとは言っても、何ともいえないバツの悪さや、複雑な感情があったといいます。

    そんな時「どの面下げてスタジアムに行けばいいんだよって思うんなら、そのどの面にマスクを被れば良いんじゃね?」となって、大量のマスクマンが誕生したそうです。

    今では、スタンドの様子を見るとマスクマンも大分減ったように思います。少し時間が経って、様々な想いを消化できた方もいると思いますし、鹿児島ユナイテッドFCになってから応援しているというファン、サポーターがだいぶ増えてきたということかなとも思います。

    時は流れ、時代は変わって行きます。

    ただ、クラブ統合という鹿児島サッカー大変革の荒波を、独特のユーモアと鹿児島への思いで乗り切ったサポーターがいたこと、そして、ヴォルカ鹿児島の系譜を継ぎ、3年という短い時間ながら、多くのサポーターに愛された鹿児島ユナイテッドFCセカンドというチームがあったこと。

    それを、何とか形として残したかった。

    11_2014_サポーター
    https://twitter.com/union_tigre/status/511822149305135105

    セカンドも、鹿児島ユナイテッドFCの大切な歴史なのですから。

    コミュサカ@管理人



    【コラム】宮崎からJリーグ入りを目指す2つのクラブについて
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/49850352.html


    著者
    dai
    dai @daisan0512

    NO 全攻切守 NO LIFE
    http://daisan512.blog24.fc2.com/

    紹介
     鹿児島ユナイテッドFCサポーター。ヴォルカ鹿児島時代から応援し、ホーム・アウェイに関わらず試合会場に駆けつける。daiさんのブログ「NO 全攻切守 NO LIFE」は2008年から記事を更新し、学生サッカーから社会人サッカーまで広く網羅している。詳細な試合レポートと冷静な分析は秀逸だ。

    スポーツメンタルコーチに学ぶ! 子どものやる気を引き出す7つのしつもん

    新品価格
    ¥1,404から
    (2017/5/11 09:12時点)


    台紙

    J3以下のカテゴリーには様々な運営形態のチームがあります。
    プロクラブ、アマチュアクラブ、実業団、学生、そしてセカンドチーム。


    一括りにセカンドチームとは言っても「設立の経緯や意義は様々」というご指摘を頂き、全国のセカンドチームの実態や特徴を知るために、セカンドチームにフォーカスしたコラムをシリーズでお送りしています。

    第3弾は、2016年に活動を終了した、九州サッカーリーグ、鹿児島ユナイテッドFCセカンドです。




    00_2014_整列
    https://twitter.com/dnmt_kyu/status/476269865028706304

    ■はじめに
    コミュサカ管理人さんより、鹿児島ユナイテッドFCセカンドのコラムの依頼を受けたはいいが、凄く難しい作業だと感じた。

    参考にFC岐阜、ファジアーノ岡山のセカンドチームに関するコラムを読んだ時、この2チームには一本芯が通っているように感じ、鹿児島のセカンドにはその芯が無いように思えた。

    鹿児島ユナイテッドFCセカンドは3シーズンしか活動出来なかったが、このチームには一本芯が通っていなかった。クラブがこのチームをどうしたいのかが見えてこない以上、コラムとして残すのは凄く骨の折れる作業だ。

    このチームを語るうえで2014年と2015年以降では、同じ「鹿児島ユナイテッドFCセカンド」でもまったく違うチームに見えたので、コラムは2014年を前編、2015年以降を後編として書きたいと思う。

    ■設立の経緯、課題となった活動資金
    2014年、ヴォルカ鹿児島とFC KAGOSHIMAが統合し、鹿児島ユナイテッドFCが発足した際に、トップチームに選ばれなかった選手の受け皿として、鹿児島ユナイテッドFCセカンド(以下セカンド)が発足した。登録番号はヴォルカ鹿児島のものを引き継いだ。ヴォルカ鹿児島は、前身が鹿児島サッカー教員団で、第1回から九州リーグに参戦している歴史のあるクラブだった。

    セカンドが九州リーグに参戦するに辺り、クラブは年間400万円かかると言われていた活動予算のうち100万円しか捻出できず、残りの予算は選手の部費や有志からの寄付で賄われていた。

    クラブは救済措置として、セカンドに所属する選手経由でファンクラブに入会した場合の売り上げを、セカンドの活動資金に充てることとした。また、シーズン終盤に行った、選手ストラップの販売で得た売り上げは、全国社会人選手権への遠征費に充てられた。

    01_2014_ストラップ販売
    https://twitter.com/union_tigre/status/511839420375236609

    ■現状を受け入れてやっている
    セカンドの選手は、日中に練習し夜はアルバイトという生活だった。

    選手は、前FC KAGOSHIMAの選手とセレクション等で集まった選手で構成された。前ヴォルカ鹿児島の選手は残らなかった。これについては、日中に練習をした後にアルバイトをしていたFC KAGOSHIMAと、日中はフルタイムで働き、夜に練習をしていたヴォルカ鹿児島との違いで、前ヴォルカ鹿児島の選手達は生活水準が落ちる事を懸念して残らなかったのでは?という憶測が流れた。

    セカンドは「頑張ればトップチーム昇格」を感じさせる環境には見えた。

    トップチームの練習に参加できたり、シーズン中のトレーニングマッチでは、トップチームとの混成チームで臨んだ事もあった。トップチームのホームゲームでのPRやメディア出演の機会もあり、特にこのメディア出演はセカンドチームとしては異例の事だったと思う。

    02_2014_山口
    https://twitter.com/tamamilk/status/457733150626414592

    運営も担当していた山口直大(現J.FC MIYAZAKI)はよく「現状を受け入れてやっている」と口にしていた。

    サッカーへ取り組む環境も生活も大変だったと思うが、ただ、応援している側としては、こんなに楽しいと思わせたチームはなかった。

    ■大人もはまったふれあいサッカー
    04_2014_ふれあいPK
    https://twitter.com/union_tigre/status/466217738545811456

    04_2014_ふれあい大人
    https://twitter.com/dnmt_kyu/status/470773355037995008

    このチームを語る上で外せないのが、ホームゲーム終了後に開催された「ふれあいサッカー」だ。セカンドの試合後に、ついさっきまで選手がプレーしていたピッチの上で、老若男女を問わずサッカーを楽しんだ。選手も参加して、時には大人げないプレーを見せたりと楽しそうだった。参加した皆が楽しいと思わせる空間だった。

    04_2014_ふれあい集合
    https://twitter.com/union_tigre/status/470930079531270144

    ただ、"セカンドを知ってもらいたい。"という選手の努力や思いが、フロントに響いていたかは疑問だった。

    ■魅力的なチームは1年で解体

    03_2014_小林子供応援
    https://twitter.com/union_tigre/status/511820585416921088

    選手がひたむきに取り組む一方で、この年にトップ昇格を果たした選手は1人もいなかった。
    多くの選手がセカンドを去った。

    05_2014_永江
    https://twitter.com/dnmt_kyu/status/468032283933282304

    永江拓弥がMIOびわこ滋賀へ"個人昇格"したが、多くの選手は、より環境の良い地域リーグクラブへ移籍していった。それもセカンドの役割の一つではあるが、「このチームでもう一年」と思わせる環境がここには無かったという事だろう。

    この年、トップチームも多くの選手に契約満了の通知がなされた。

    セカンドからトップチームへ昇格できる道筋を作り、セカンドで再出発ができる環境であれば、セカンドに選手が来てチームが活性化したように思う。クラブがチームに与えた環境は、口ではうまい事を言って周りを乗せるが、実際は「体のいいポーズ」だったのではないかとさえ思えた。

    クラブとして、体力的に2チーム持つのは難しいということは何となく感じていたが、セカンドチームを有効活用しようとしなかったフロントへの不信感は募った。

    ■サポカンでの一コマ
    2015年、JFL開幕前に行われたサポーターズカンファレンスでもセカンドについての質問がなされた。その際のGMの返答をまとめると下記の2点となる。

    1. クラブの体力的に2つのチームを持つのは厳しい
    2. トップチーム統合の際に漏れた選手達だったので、トップでやるには厳しいと判断した

    はっきりと言ってくれた分、ある意味ではすっきりしたが、腑に落ちない点もあるというのが率直な感想だった。

    まず、統合の際に漏れたのは2013年の話であり、2014年の1年間を戦って得た経験値について語られていない点だ。

    06_2014_地主園
    https://twitter.com/commusoccer/status/513534858006511617

    例えば、当時のセカンドには地主園秀美という元Jリーガーがいた。Jリーグでの出場経験もあり、九州リーグでは1人だけレベルの違う動きを披露していた。地元鹿児島(霧島市)出身で、トップチーム昇格に相応しい選手にも感じたが、人伝で聞いた話では「同じポジションは選手が足りている」という理由でトップチーム昇格が見送られたそうだ。

    また、トップチームGKの3番手だった木川渉は大学の4年時と2014シーズンは、まともに試合出場していない。一方でセカンドのGKだった濱川アーレン優也はJAPANサッカーカレッジ、デッツォーラ島根、そしてセカンドとコンスタントに出場機会を得ていた。この2人を比較した時に、木川の方が優れていると言い切れるだろうか?結局、木川は2015年も試合に絡む事なく、この年で契約満了となった。彼は後に移籍したVONDS市原でも試合に出場していない。彼のキャリアを考えれば、セカンドに「期限付移籍」するという選択肢があってもよかった気がする。

    07_2014_浜川
    https://twitter.com/dnmt_kyu/status/476269758149439488

    ■分岐点
    鹿児島ユナイテッドFCセカンド(以下セカンド)を取り巻く環境は2015年から大きく変わった。

    まず、前年に救済措置として行ったセカンドに所属する選手を経由してファンクラブに入会した売り上げをセカンドの運営費に充てるという措置はなくなり、選手ストラップの販売もなくなった。

    チームの練習は日中から夜に変わり、加入した選手の中にはサラリーマンとして働きながらプレーする選手もいた。

    コーチングスタッフもU-18のスタッフが兼任し、トップとの距離が離れる一方で、アンダー世代と連携したチーム運営が行われた。

    この年からセカンドは「アカデミー」として再出発をする事になった。

    後編へつづく



    【コラム】宮崎からJリーグ入りを目指す2つのクラブについて
    http://blog.livedoor.jp/commusoccer/archives/49850352.html


    著者
    dai
    dai @daisan0512

    NO 全攻切守 NO LIFE
    http://daisan512.blog24.fc2.com/

    紹介
     鹿児島ユナイテッドFCサポーター。ヴォルカ鹿児島時代から応援し、ホーム・アウェイに関わらず試合会場に駆けつける。daiさんのブログ「NO 全攻切守 NO LIFE」は2008年から記事を更新し、学生サッカーから社会人サッカーまで広く網羅している。詳細な試合レポートと冷静な分析は秀逸だ。

    スポーツメンタルコーチに学ぶ! 子どものやる気を引き出す7つのしつもん

    新品価格
    ¥1,404から
    (2017/5/11 09:12時点)


    nexfagi
    J3以下のカテゴリーには様々な運営形態のチームがあります。
    プロクラブ、アマチュアクラブ、実業団、学生、そしてセカンドチーム。 

    一括りにセカンドチームとは言っても「設立の経緯や意義は様々」というご指摘を頂き、全国のセカンドチームの実態や特徴を知るために、セカンドチームにフォーカスしたコラムをシリーズでお送りしています。

    第2弾は、JFL、ファジアーノ岡山ネクストです。




    nexfagi

    ■概要
     ファジアーノ岡山ネクスト(以下:ネクスファジ)は2009年2月に設立されました。本来なら県の地区リーグからスタートするところですが、岡山県社会人サッカー連盟の特例により岡山県1部リーグからの参加を認められました。このチームの最大の狙いは若手選手や故障者に出場機会を積ませ、トップチームの強化を図る事です。初年度となる2009年は元北朝鮮代表で2006年までトップチームでも選手として活躍した梁圭史監督の下、岡山県1部リーグを全勝優勝。続く中国地域県リーグ決勝大会も優勝し、中国サッカーリーグへの昇格を決めました。
     2010年より眞中幹夫監督に交代。中国地域リーグ初年度の戦いは4位で終えました。2011年には初めて天皇杯岡山県代表となったものの、その後の中 国リーグでは3位に甘んじます。2012年、リーグ戦こそデッツォーラ島根の後塵を拝し準優勝だったものの、その年の全社で3位に入り、地決の出場権を獲得します。1次リーグを全勝で突破し挑んだ決勝リーグは4位に終わり、目の前まで迫ったJFL昇格の夢を逃します。
     2013年、U-19日本代表監督等を歴任した牧内辰也監督が就任。牧内監督の下念願の中国リーグ初優勝を遂げます。そして挑んだその年の地決では1次リーグを全勝(1PK勝ち)、決勝リーグを2勝(PK1勝)1敗で準優勝し悲願のJFL昇格を果たしました。
    そして2014年現在、JFLを主戦場に全国の舞台で戦っています。

    ■現在の役割
     2010年から移籍制度が変わり、たとえセカンドチームと言えど自由な選手の移動が出来なくなったことからセカンドチームを持つメリ ットが希薄化してきています。現に2011年に当時JFL所属のジェフリザーブスがチーム解散するなど、セカンドチームに対しては逆風の中で敢えてファジアーノ岡山はセカンドチームを運営しています。
     その要因はやはり、「高額な選手を獲得して強化するよりもチーム全体の底上げを図る」事を重視しての事だと思います。ファジアーノ岡山は親会社のない地方都市の市民クラブです。その為、限られた予算、限られた市場で戦う必要があります。そう考えた場合、目先の勝利のために高額な選手を獲得するよりも、少し遠回りになってもでチーム全体の底上げを図るために育成に力を入れるのは自明でしょう。
     このチームの役割としては「ファジアーノ岡山の育成ピラミッドの一角を担う」事だと思います。 冒頭に挙げた「出場機会の少ない選手に試合経験を積ませる」事もそうですが、ユース所属の2種登録選手に高いレベルでの実戦経験を積ませる事が出来る側面もある事から、高校生年代育成の観点から見ても非常に大きなメリットだと思います。
    昨年9月、ファジアーノ岡山U-18より5名の昇格が決まりました。ユースチームの1期生である彼らは早い段階からネクスファジの試合に出場しており、JFL昇格を決めた昨年の地決にも全員帯同し、昇格に貢献しました。その中でも加藤健人選手は一昨年の地決1次ラウンドで最年少ゴールを記録、田中雄輝選手と板野圭竜選手は昨年の地決全6試合に先発出場するなどそのポテンシャルを発揮すると共に、地決という「1試合も落とせない状況で3日間3連戦を行う」試合での経 験を積むことが出来ました。こういったレベルの高い試合での経験はその後のサッカー人生でも活きてくるでしょう。
     また選手獲得の面でもアドバンテージとなる側面もあります。現在トップで背番号10を背負う千明聖典選手の獲得に関して、ファジアーノが獲得出来た決め手には間違いなくネクスファジの存在があったと思います。当時大学No1ボランチと呼ばれJ1クラブからのオファーもあった逸材でしたが、大学4年生時に負った大怪我から入団してもしばらくリハビリが必要な状況でした。他クラブの強化担当者が二の足を踏む中、当時J2最下位だったファジアーノが獲得。その決め手としてリハビリ期間中でもネクスファジでの調整が可能な点があったとのことです。加入後半年間ネクスファジに所属してリハビリや 調整を行いトップに昇格、そして現在トップに欠かせない存在となりました。

    ■現在の課題
     しかし、ネクスファジで「育成」されてその後トップチームに定着した選手がまだあまり現れていないという現状もあります。トップチームには前述の千明選手や三村真選手が「ネクスファジ出身」選手として活躍していますが、彼らは怪我の影響から調整のためネクスファジに在籍していた側面が強い為、ネクスファジに在籍・プレーしていた期間が短く、純粋な意味で「ネクスファジで育成された」とは言いにくいと思います。また昨年、育成型期限付き移籍を利用して幡野貴紀選手と藤岡浩介選手が一時的にトップに昇格しましたが、結局トップでの出場機会を得ることは出来ませんでした。
     そんな中、今年のトップのホーム横浜FC戦でJリーグデビューを飾ったGKの椎名一馬選手はネクスファジ による「育成」の賜物だと思います。2009年の入団からネクスファジで経験を積み、実積を挙げてトップチームに昇格。そして今年遂に念願のJリーグデビューを遂げました。彼のデビューは勿論彼自身の不断の努力の結果ではありますが、その中にはネクスファジでの試合経験も活きていると言えるでしょう。

    ■ネクスファジの将来像
     サッカークラブの育成システムはJリーグ昇格後5年やそこらで構築される程甘くないとは思います。ネクスファジに関しても、10年以上かかって初めてこの取り組みの成否が見えてくるものだと思います。しかしながら、ファジアーノ岡山というクラブの育成に関して光明が見えた例もあります。先述の加藤健人選手は、スクールから現在に至るまでファジアーノで育って来た選手です。つ まり、ファジアーノ岡山のここまでの歴史を共に成長していった選手だと言えるでしょう。今後も彼に続くような「岡山育ち」の選手を輩出すべく、U-12→U-15→U-18→ネクスファジ→トップチームの流れが活性化されることに期待したいです。

    ■おわりに
     現在岡山県には、J2のファジアーノ岡山、JFLのネクスファジ、なでしこリーグの岡山湯郷ベルとFC吉備国際大学シャルムといった全国リーグで戦うクラブがサッカーだけでも4チーム存在していますが、かつて岡山県は「プロスポーツ不毛の地」と揶揄されていました。そんな岡山の街に今年から新たに加わった「全国を舞台に闘うサッカーチーム」がネクスファジです。「セカンドチーム」という県内の他のチームとは違った側面はありますが、同様に「 岡山」の街の名前を背負って全国の舞台で戦っています。
     そんなこのチームの魅力をサポーターの視点から広くアピールし、一人でも多くの方に彼等の闘いを見てもらいたいと常に思っています。それはファジアーノ岡山というクラブだけでなくひいては岡山県全体のスポーツ振興に還元されるであろうと信じています。


    著者
    popmas
    iek:岡山のポッポマスター @iekiek1984

    紹介
     岡山出身大阪在住のファジサポさんで、通称「ポッポマスター」。ホームゲームのたびに大阪から帰省しとんぼ返りするツワモノで、トップチームだけではなく注目の集まりにくいファジアーノ岡山ネクストを盛り上げるべく地道な活動を続けておられます。(ゼロファジ: @ZeroFagi

    ファジアーノ岡山 2014年 レプリカ ユニフォーム (ユニフォーム+番号+選手名) (PU4600S)
    ファジアーノ岡山 2014年 レプリカ ユニフォーム (ユニフォーム+番号+選手名) (PU4600S)

    seconds
    J3以下のカテゴリーには様々な運営形態のチームがあります。
    プロクラブ、アマチュアクラブ、実業団、学生、そしてセカンドチーム。 

    一括りにセカンドチームとは言っても「設立の経緯や意義は様々」というご指摘を頂き、全国のセカンドチームの実態や特徴を知るために、セカンドチームにフォーカスしたコラムをシリーズでお送りしています。

    第1弾は、東海社会人サッカーリーグ1部、FC岐阜セカンドです。



    DSC_0556

    ■概要
     FC岐阜セカンド(以下セカンド)は2006年にFC岐阜Bとしてチームが設立され、岐阜地区1部リーグ(J1から数えて8部)からスタートしました。
     2001年に結成されたFC岐阜は、もともと国体を見据えて岐阜県のアマチュアサッカーの底上げを狙いとしていましたが、2004年12月の森山泰行氏の加入を契機にJリーグ昇格を目指す方向にシフトすることとなりました。しかしJリーグ昇格のためのチーム強化を図る上で、それまでプレーしていた選手たちを実力不足を理由に退団させるわけにはいかないと、受け皿とするべく設立されたのがFC岐阜Bでした。このアイデアは森山泰行氏の発案で、「Jを目指すことを理由に、彼らからサッカーを取り上げてはならない」との思いがありました。また、結成当初の目的であったアマチュアの底上げを継続していく役割を担うことが、FC岐阜Bの存在意義でありました。
     
     設立2年目の2007年、FC岐阜Bにトップチーム3名を加えて構成された岐阜県選抜は、東海地域予選を勝ち抜いて秋田県で開催された国体本大会に出場しました。岐阜県選抜の本大会出場は22年ぶりで、初戦でTDK SC(当時)の秋田県選抜に敗れたものの延長まで行く健闘を見せました。
     翌2008年も大分県での本大会に出場し、このときはベスト4まで進出。天皇杯岐阜県代表にも初めてなりました。さらに2009年には全社東海予選で当時2カテゴリー上の藤枝市役所を破って、千葉での全社本大会初出場。初戦でアイン食品に勝ち、セカンドとして初の全国大会勝利を挙げました。
     2010年からは東海リーグ2部に昇格し、2011年にはFC岐阜結成当初の目標だった東海リーグ1部に昇格。この間国体と全社の本大会出場はかなわなかったものの、天皇杯岐阜県代表は連続して獲得し、岐阜県のアマチュアトップコンテンダーとしての地位を着実に築いていきます。
     地元開催の岐阜国体を迎えた2012年は、本大会でベスト8となり、東海リーグでも鈴鹿ランポーレと最終戦まで優勝を争うも2位。
     そして2013年、東京国体で念願の優勝を果たし、東海リーグでも2年連続の2位、さらには4年ぶりに本大会出場を果たした長崎全社でも3位に入り、地域決勝の出場権を得るまでになりました。地域決勝は財政難で辞退しましたが、2014年以降はJFL昇格を目指して現在に至ります。

    ■現在の役割、問題点
     前述のように当初は既存選手の受け皿という役割だったセカンドですが、チームのポテンシャルが上がってきて、様々な役割をその活動の中で広げています。
     まずは当初の目的である国体成年男子サッカー競技への継続的な強化。地元開催の2012年をゴールとせず、その後も継続してチーム強化に努めたことが、翌年の優勝につながったのは間違いありません。そしてこの優勝に留まらず、さらなるレベルアップを目指して日々の練習や試合、シーズンオフの選手勧誘に力を入れています。
     次に高校、大学を卒業した後もサッカーを続けたい選手たちに挑戦、活躍の場を提供し、そこで力を付けて活躍が認められれば、トップチームはもちろん他のチームにステップアップできる道筋を用意してあげること。高校、大学を卒業してすぐプロに行ける選手はともかく、現時点ではそのレベルに達していなくてもサッカーへの情熱を持ち続け、向上心に満ちた選手は地元岐阜に限らず数多くいます。そんな選手たちに挑戦の機会を与え、プロを目指すなり、アマチュアとしてでも選手生命を完全燃焼させるなりそれぞれの目標に向かって存分に取り組んでほしいという「願い」がそこにはあります。また、プロになるならないに関係なく選手として自分なりに「やりきった」と感じてもらえれば、その後の人生においても何らかの自信やバックボーンとして支えになるという狙いもあります。
     さらに去年からはユースとの連携を深め、ユース育ちの選手をセカンドでもう一回り成長させてからトップチームやJFL、J3、J2の他チームに送り出す育成的な役割も今後は増してくることになるでしょう。

     ただ現時点では東海リーグに所属していることもあり、チーム運営をほとんど現場で賄っているのが実状です。というか、監督の勝野さんがほぼ一手に引き受けています。JFLへの昇格を視野に入れるのならば、本来運営に携わらなければならないはずの岐阜フットボールクラブがセカンドというチームを裏からサポートする体制を作る必要があるでしょう。
     ちなみに現在、チームを主にサポートしてくれているのは岐阜県サッカー協会や岐阜県体育協会で、スポンサーはついてませんが選手の雇用面でサポートしていただいている企業が数社あります。

    ■今後の展望
     まずサッカーではやはりJFLへの昇格、定着していきたいというのが目標になります。
     そしてそれに伴いユースとの連携をさらに図り、ユースの選手を2種登録させてセカンドの試合で経験を積ませ、成長の一助としたいですね。これは似た成り立ちのファジアーノ岡山ネクストが実践していることなんですが、セカンドでも出来なくはない話だと思います。

    ■おわりに
     「子供たちに夢を!」というのがFC岐阜のスローガンにあるのですが、その「夢」とは何ぞやと考えたときに「プロになるだけでしか夢は語れないのか」と思います。
     例えばユースや高校、大学で頑張っている子たちの中でプロになれる子よりもなれない子のほうが圧倒的に多いはずなんですが、プロになれないからといってその子自身が持つサッカーに対する気持ちを否定したり、あるいは踏みにじるような行為や環境を周囲の人間がすることがあってはならないと思います。それではスローガンの意味が薄れてしまうのではないかと。
     せっかく好きでやっているサッカーなのだから、思う存分やり遂げることが「夢」なのではないでしょうか。
     それをプロだけでなく、アマチュアでも用意してあげられるように考え、動いていきたいなと思います。


    著者
    seconds_tw
    つる:岐阜の怪童 @secondsmania

    紹介
     2005年から東海二部時代のFC岐阜の応援を僕と共に始めたFC岐阜サポの始祖と言っていい人です。厳しさの中に遊び心も忘れない自らの信念を持つ、立ち位置は違えど東海サッカーの「同志」と言える存在です。(ジュニア:東海帝王@dyingroses1975





    このページのトップヘ