コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

    llamas高知FC

    170511_shikoku

    四国サッカーリーグ
    http://www.shikoku-sl.net/
    試合日程・結果
    https://www.goalnote.net/detail.php?tid=9183

    第3節
    高知ユナイテッドSC 3-0 llamas高知FC
    多度津クラブ 1-4 
    FC徳島セレステ
    光洋シーリングテクノ 2-3 新商クラブ
    KUFC南国 1-1 
    アルヴェリオ高松



    以下、まとめです。

    【【地域リーグ 四国】高知ユナイテッドSCはllamas高知FCに勝利!KUFC南国とアルヴェリオ高松はドロー。】の続きを読む

    高知新聞:リャーマス白星発進 四国サッカーリーグ開幕
    http://www.kochinews.co.jp/?&nwSrl=301044&nwIW=1&nwVt=knd


    130409_llamas

     社会人サッカーの四国リーグは7日、春野球技場などで第1節4試合を行って開幕した。黒潮FCから名称を変更したリャーマス高知FC、なんこくトラスターが高知大と合併した高知Uトラスターが白星発進。「J3」参入を目指す南国高知FCは引き分けた。

    高知新聞⇒リャーマス高知FC


    サッカーなう:【インタビュー】黒潮FCに聞く「高知県のサッカー事情」

    http://soccernow.jp/column-feature/interview/2013/0317/193037/

    サッカーなう⇒レアマス高知FC


    wikipedia:四国社会人リーグ
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BA%BA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0

    wikipedia⇒llamas高知FC


    黒潮FC公式ホームページ
    http://www.kuroshio-fc.asia/

    公式⇒変化なし


    さて、どうしたものか。。w

    130412:追記
    4月11日にリャーマス高知FC(旧黒潮FC)から発表がありました。

    リャーマス公式:~チーム名称変更についてのお知らせ~
    http://www.kuroshio-fc.asia/news/archives/89.html

    弊クラブへの日頃のご愛顧、誠に有難うございます。
    さて、ご存じの方も居られるとも思いますが、弊クラブは2013シーズンより【黒潮FC】から【llamas高知FC(リャーマス高知FC)】へとチーム名称を変更させて頂く事になりました。
    つきましては、現ホームページのリニューアルも近日中に予定しており、現在準備中であります。
    又、関係者各位の皆様、サポーターの皆様、公式ホームページでのご報告が遅れた事をこの場をお借りしてお詫び申し上げます。

    今後共、弊クラブは、クラブ理念の下、高知県サッカーの普及に全力を尽くし、精一杯、邁進して行く所存でありますので変わらず暖かいご声援の程、何卒、宜しくお願い申し上げます。

    ■チーム名称
    llamas(リャーマス)高知FC
    ■由来
    土佐の海援隊をもじった旗印をモチーフとして、チームカラーが赤・白・赤である事から、スペイン語で『炎』の意味を持つ【llama】に複数形の(S)を付け【llamas】とし、『炎の波』という意味を込めております。
    海援隊の赤、赤の力強さを基調として、更に、より地域に根差すという流れから【高知FC】としました。
     
     

    高知新聞:中村に恩返し 黒潮FC万條さん 


    kurosio_nakamura

    中村に恩返し 黒潮FC万條さん
    2013年01月22日08時38分
     サッカーの社会人四国リーグ「黒潮FC」(高知市)と高知県リーグ1部「中村クラブ」(四万十市)のチャリティーマッチが20日、幡多郡黒潮町入野で開かれた。「黒潮」の主力選手ながら四万十市在住のため、普段は「中村」で練習する万條智哉さん(24)が、「中村」と地域に「恩返ししたい」と企画。リーグが異なる両チームは、普段は対戦することがないだけに、約250人が訪れて歓声を上げた。 
     万條さんは、香川県出身。サッカーは小学時代から続けており、2011年4月に四国電力に入社し、高知県赴任を前提に黒潮入りした。 
     ところが、初任地は四万十市内となり、日々の練習参加が困難になった。そこで、普段は中村の練習に参加。試合や週1回の高知市での練習は黒潮で行っている。 
     こうした現状に「お世話になっている地元のために何かしたい」と、親善試合を発案。サッカー振興につながるよう、企業の協力で観戦無料とし、少年サッカー教室も開くことを企画。会場で協賛企業名入りの特製Tシャツを販売し、売上金を地元に寄付することも決めた。 
     先月から、中村の選手らと協賛企業を募ったところ、四万十市を中心に13社が協力。この日の開催にこぎ着けた。 
     試合は、黒潮が再三ゴールを狙い、優勢に試合を展開したが、後半終了間際、2点を追う中村が右サイドのクロスに合わせて意地の得点。詰め掛けたファンを沸かせた。 
     試合後のサッカー教室には、四万十市内などの3チームの子ども約90人が参加し、黒潮の選手が熱心に指導。Tシャツの売上金約13万円は自然環境の保全のため、同市に全額寄付するという。 
     万條さんは「突っ走って企画したが、たくさんの協力で実現した。継続的な活動になれば」と感激していた。

      【写真】250人の観客が見守ったチャリティーマッチ。「8」番の選手が万條智哉さん(黒潮町入野)
     



    このページのトップヘ