コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

    関東サッカーリーグ


    沖縄SV:前田俊介選手、安藝正俊選手 新加入のお知らせ
    http://okinawasv.com/20180201/
    このたび、沖縄SVにガイナーレ鳥取(J3)からFW前田俊介選手、VONDS市原(関東リーグ1部)からDF安藝正俊選手が移籍加入することが決まりましたのでお知らせいたします。

    前田 俊介(まえだ しゅんすけ)
    【生年月日】
    1986年6月9日(31歳)
    【ポジション】
    FW
    【出身地】
    奈良県
    【身長/体重】
    173cm/76kg
    【経歴】
    サンフレッチェ広島ユース⇒サンフレッチェ広島⇒大分トリニータ⇒FC東京⇒大分トリニータ⇒コンサドーレ札幌⇒ガイナーレ鳥取

    【コメント】
    ガイナーレ鳥取から加入することになりました前田俊介です。沖縄SVのみなさんよろしくお願いします。頑張ります。


    安藝 正俊(あき まさとし)
    【生年月日】
    1990年7月9日(27歳)
    【ポジション】
    DF
    【出身地】
    東京都
    【身長/体重】
    178cm/75kg
    【経歴】
    鹿島学園高→東京学芸大→SC相模原→VONDS市原

    【コメント】
    VONDS市原から加入させていただきます安藝正俊です!昨シーズンはVONDS市原でJFL昇格を目の前にして手が届かず悔しい思いをしたので、今シーズンこそは沖縄SVの一員としてJFL昇格を成し遂げるために全力で戦います!自分のキャラは今いるメンバーの方々からの扱いで、すぐにわかると思いますので、グランドで確認をよろしくおねがいします。
    沖縄SVの一員として過ごすことになりますので、サッカーだけでなく、おいしいご飯、楽しい場所など沖縄のいろいろな面を紹介して頂けたら嬉しいです。それをみんなで一緒にアピールしていきましょう。熱い地で激烈な応援をよろしくおねがいします。





    以下、まとめです。

    【【移籍】沖縄SVがJ3鳥取から前田俊介選手、VONDS市原から安藝正俊選手の移籍加入を発表!高原も前俊をあきらめない】の続きを読む


    東京23FC:新入団選手のお知らせ
    http://www.tokyo23fc.jp/news/news2_180131_1.html
    平素は東京23FCに格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
    ヴァンフォーレ甲府より新たに1名の選手が東京23FCに加入しましたのでお知らせいたします。

    【プロフィール】
    ■氏名
     土屋 征夫(つちや ゆきお)

    ■生年月日
     1974年7月31日

    ■出身地
     東京都

    ■身長
     177cm

    ■体重
     73kg

    ■ポジション
     DF

    ■経歴
     三菱養和SCJrユース → 東京都立田無工業高校 → ノロエスチ(ブラジル) → インテルナシオナル(ブラジル) →
     バフェットス(ブラジル) → ヴェルディ川崎 (現:東京ヴェルディ) → ヴィッセル神戸 → 柏レイソル →
     大宮アルディージャ → 東京ヴェルディ → ヴァンフォーレ甲府 → 京都サンガF.C. → ヴァンフォーレ甲府

    ■出場記録(通算)
     【J1リーグ】330試合15得点
     【J2リーグ】181試合13得点
     【リーグカップ】43試合4得点
     【天皇杯】26試合3得点
     ※J1・J2入れ替え戦:2試合0得点
     ※記録は日本国内のみです。

    ■コメント
     ヴァンフォーレ甲府から移籍しました土屋征夫です。
     チームのために力になるよう色々な面で頑張ります。
     応援よろしくお願いします。



    以下、まとめです。

    【【移籍】東京23FCがJ1甲府から「バウル」土屋征夫選手の移籍加入を発表!】の続きを読む


    VONDS市原FC:【クラブ】祖母井 秀隆氏 VONDS市原 代表取締役就任のお知らせ

    http://vonds.net/2018/01/09/19715/
    株式会社VONDS市原では、2017年12月27日に開催されました臨時株主総会及び取締役会の決議により、祖母井 秀隆氏が2018年1月1日付けで代表取締役に就任しましたことをお知らせいたします。なお、祖母井氏はGM(ゼネラルマネージャー)も兼任いたします。

    取締役の選任
    新任取締役に祖母井 秀隆氏が選任されました。

    代表取締役の変更
    新代表取締役に祖母井 秀隆氏が就任し、前代表取締役の永野 祐太郎氏は取締役副社長に就任いたしました。

    就任日
    2018年1月1日

    新代表取締役 祖母井 秀隆氏 プロフィール
    ■氏名
    祖母井 秀隆(うばがい ひでたか)

    ■生年月日
    1951年9月2日生(66歳)

    ■略歴
    1995年 ジェフユナイテッド市原 育成部長
    1997年 ジェフユナイテッド市原 ゼネラルマネージャー
    2007年 グルノーブル・フット38 ゼネラルマネージャー
    2010年 京都サンガF.C. ゼネラルマネージャー
    2015年 京都サンガF.C. 育成部・普及部アドバイザー
    2016年 淑徳大学 客員教授、サッカー部アドバイザー

    【祖母井 秀隆氏コメント】
    2018年1月1日付でVONDS市原の代表取締役に就任いたしました。ジェフ市原、グルノーブルフット38(フランス)、京都サンガでの経験を生かして、VONDS市原が市原市民にとって価値ある存在になれるように、選手、スタッフ一同努力して参ります。これからの新しいVONDS市原をよろしくお願い致します。

    ※VONDS市原FCは既にゼムノビッチ監督の続投も発表しています。

    vondsichihara



    以下、まとめです。

    【【地域リーグ 関東】VONDS市原FCが祖母井秀隆氏の代表取締役就任を発表!祖母井氏はGMも兼任】の続きを読む



    前回のまとめ記事を作成したのが1月6日ですが、
    以降も、栃木ウーヴァFCの補強が止まらないのでまとめます。


    東京ヴェルディ、ガイナーレ鳥取、FC琉球、日テレ・ベレーザ、ASエルフェン埼玉、INAC神戸レオネッサで監督を務めたS級持ちの松田岳夫氏がヘッドコーチに就任。


    地域リーグで充実したコーチ陣を揃えられることが凄いですが、安藤淳也選手が現役を引退しGKコーチに就任することを発表。


    東海大学から若林涼太選手が加入し、W若林を結成。




    ツエーゲン金沢から原田欽庸選手、東京ヴェルディから大木暁選手、JFL昇格を決めたテゲバジャーロ宮崎から髙地系治選手の加入が発表されました。

    。。。 (゚∇゚ ;)

    それでは、前回の記事も合わせて状況を整理してみましょう。

    戦略統括責任者(CSO):岸野靖之

    監督:堺陽二
    ヘッドコーチ:松田岳夫
    GKコーチ:安藤淳也

    契約更新
    若林学
    豊嶋邑作:プロ契約締結
    石堂圭太:プロ契約締結
    宮下周歩:プロ契約締結

    新加入
    村田翔 :ザスパクサツ群馬
    山村佑樹:水戸ホーリーホック
    守田創 :グルージャ盛岡
    津田琢磨:ヴァンフォーレ甲府
    井澤惇 :徳島ヴォルティス
    竹中公基:栃木SC
    原田欽庸:ツエーゲン金沢
    大木暁:東京ヴェルディ
    髙地系治:テゲバジャーロ宮崎
    若林涼太:東海大学


    あらためて、、
    本当にとんでもないことになってきましたね。。

    UVA_Emblem




    今季から関東サッカーリーグを戦う栃木ウーヴァFCが、
    Jリーガーの移籍加入や所属選手のプロ契約締結を次々と発表し、
    クラブの体制変更に伴う大型補強を行っています。

    本日までにたくさんの発表がありましたが、これまでの流れをまとめてみます。

    昨年2017年11月27日に公式サイトに下記の発表がありました。

    栃木ウーヴァFCを応援してくださる皆様へ
    http://tochigi-uva.com/new/2017/11/21/%E6%A0%83%E6%9C%A8%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%83%B4%E3%82%A1fc%E3%82%92%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8F%E3%81%A0%E3%81%95%E3%82%8B%E7%9A%86%E6%A7%98%E3%81%B8/
    お知らせ

     日頃から、スポンサー様、ファン・サポーターの皆様、地域の大勢の皆様の
    熱いご支援・ご声援ありがとうございます。お陰様で、皆様に支えられJFLを
    8年間続けてこられましたことに心から感謝申し上げます。
     今シーズンは大変厳しい戦いになる危機感を選手・スタッフ・クラブ共有して
    一丸となって戦って参りましたが、JFL降格という結果となり、栃木ウーヴァを
    取り巻く多くの皆様に深くお詫び申し上げます。

    新シーズンを地域リーグで戦いますが、この苦境をバネに、
    2018年栃木ウーヴァが大きく変わります』。

    栃木ウーヴァフットボールクラブ(Jリーグ百年構想クラブ)は、来シーズン地域リーグを
    1年で駆け抜け、JFLに復帰して、Jリーグ昇格の短期的な実現を目指し活動を続けます。

    【チーム力強化の主な改善点として】
    1.チームのプロ化(プロ選手契約とサッカー給支給の導入)
    2.練習時間を昼間に変更(午前練・二部練含む)
    3.専用練習場の計画進行中(人工芝照明付グランド)
    4.セカンドチームの創部

    栃木ウーヴァは決して諦めず、より高いハードルを目指します。
    今後とも、皆様にはより一層のご支援・ご声援をお願い申し上げます

                          栃木ウーヴァフットボールクラブ
                          代表 岩原克彦

    また、12月18日の下野新聞では、具体的な予算等の報道もありました。


    こちらの記事では「今季の年間運営費を昨季の2倍となる約1億2千万円規模を想定している」とのことでしたが、、




    新たに代表取締役社長に就任された大栗崇司氏のツイートにより、
    運営費は報道発表よりも多いことや、選手全員がプロ契約であることが言及されています。

    役員紹介 | 日本理化グループ
    https://www.nipponrika.jp/about/executives.html

    上記リンクをご覧いただきたいのですが、新たにクラブの代表取締役社長に就任された大栗崇司氏は、株式会社日本理化工業所の代表取締役社長であり、グループ会社の代表取締役社長も務める日本理化グループの代表です。

    ゴクリ。。 (゚∇゚ ;)



    クラブの役員選任の発表と同時に、サッカーファンには「赤帽」の愛称でお馴染み、ヴェルディ川崎、サガン鳥栖、横浜FC、カターレ富山で監督を務めた岸野靖之氏の戦略統括責任者(CSO)就任を発表。


    2016年から指揮を執る堺陽二監督の続投も発表。


    チームの象徴であり、社長自ら「オレ達の」と呼ぶ若林学選手の契約更新を発表。







    村田翔 :ザスパクサツ群馬
    山村佑樹:水戸ホーリーホック
    守田創 :グルージャ盛岡
    津田琢磨:ヴァンフォーレ甲府
    井澤惇 :徳島ヴォルティス
    竹中公基:栃木SC


    6人のJリーガーの加入を発表。




    豊嶋邑作:2017年~
    石堂圭太:2016年~
    宮下周歩:2016年~


    所属3選手のプロ契約締結を発表しています。



    すげー。。 (゚∇゚ ;)


    すでに「地獄の関東リーグ」と囁かれておりますが、
    本当にとんでもないことになってきましたね。。

    UVA_Emblem




    このページのトップヘ