コミュサカまとめブログ

主にサッカーのJ3、JFL、地域リーグ、都道府県リーグを見ながら、フットサル、障害者サッカーの情報も取り扱っています。

    FC琉球

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    171107_ひものマッチ

    アスルクラロ沼津公式: http://www.azul-claro.jp/

    アスルクラロ沼津のホームゲーム名物企画「ひものマッチ」が、J3リーグでも開催!
    11/19日(日)に愛鷹広域公園多目的競技場で行われるアスルクラロ沼津 vs FC琉球の1戦が「沼津ひものマッチ」として開催されるようです!

    愛鷹

    奥さん!サッカー見に行ったらひものもらえるんですって!
    ※例年ですと先着◯名様に干物がプレゼントされますが、詳細は公式発表をお待ち下さい。

    是非、11/19日はアスルクラロ沼津のホーム愛鷹までご来場ください!

    過去のひものマッチ





      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    171011_ohnoyama


    沖縄県:Jリーグ規格スタジアム整備基本計画報告書について
    http://www.pref.okinawa.jp/site/bunka-sports/sports/shinko/jstdium/170831_j-stadium_kihonkeikaku.html

     沖縄県が「Jリーグ規格スタジアム整備基本計画報告書」を公表しました。奥武山公園にはプロ野球の公式戦が開催できる「沖縄セルラースタジアム那覇」があり、Jリーグが開催できるスタジアムの建設を合わせてスポーツアイランド沖縄の実現を目指すとのこと。スタジアムの最寄り駅となる「壺川駅」は5駅、周辺には東横インホテルを始め宿泊施設も多く、賑わいのある繁華街までも徒歩圏内です。課題となる駐車場はスタンド下や立体駐車場で確保するということで、国道に隣接する立地条件を活かしたものとなりそうです。個人的な思いとしては「サッカーだけ」で終わらない活きる施設を目指して欲しいと願っています。



    以下、まとめです。

    【沖縄県がJリーグ規格スタジアム整備基本計画報告書を発表!2万人収容、モノレール駅から歩いて5分、地下、立体駐車場を併設へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


    クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2018シーズン Jリーグクラブライセンス判定について【Jリーグ】
    https://www.jleague.jp/news/article/10237/

    J1クラブライセンス
    札幌・仙台・山形・鹿島・栃木・群馬・浦和・大宮・千葉・柏・FC東京・東京V・川崎F・横浜FM・横浜FC・湘南・甲府・松本・新潟・富山・金沢・清水・磐田・名古屋・岐阜・京都・G大阪・C大阪・神戸・岡山・広島・山口・徳島・愛媛・福岡・北九州・鳥栖・長崎・熊本・大分

    J2クラブライセンス
    水戸・町田・長野・鳥取・讃岐・鹿児島・琉球







    以下、まとめです。

    【【J3】鹿児島ユナイテッドFC、FC琉球にJ2ライセンス交付】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    170718_nagano

    2017 明治安田生命J3リーグ 第17節
    acnaganoAC長野パルセイロ 0-0 栃木SCtochigisc
    長野Uスタジアム






    以下、まとめです。

    【【J3第17節】AC長野パルセイロと栃木SCはスコアレスドロー。FC琉球とギラヴァンツ北九州はスコアレスドロー。】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote
    170711_kagoshima

    2017 明治安田生命J3リーグ 第16節
    kagoU鹿児島ユナイテッドFC 0-1  FC琉球ryukyu
    鹿児島県立鴨池陸上競技場






    以下、まとめです。

    【【J3第16節】FC琉球はアウェイで鹿児島ユナイテッドFCに勝利!スタジアム DE 縁日】の続きを読む

    このページのトップヘ