はじめに
最近では、3Dプリンターグッズも充実してきているようで、プラットフォームの食いつきを良くするグッズなんかも、色々な物が発売されています。

カプトンテープ→のり、ヘアスプレー→テープ→シートという形になり、最近ではBuildTakなどが、プラットフォームのベストコンビとして3Dプリンターに常備され、ひとまず落ち着いている様子です。

しかし

そんな中にも関わらず、果敢にも新たな定着グッズを作った方がおります。

それがコチラ
IMG_20171110_160953
3Dプリンターステージテープ~


この時期に開発するということは、何かあるに違いない…

早速実験してみます。

とあるテープとは
実験の前に、情報を見てみます。
 
PLAが定着しやすい設計。
(ABSは剥がれやすい)

●造形後の剥離が簡単。
(反りが無いほど良くくっつくが、剥がしやすい)

このような利点があるようです。
IMG_20171109_093419
貼ると、このような仕上がりに。

カプトンテープよりも、空気も入りづらいので、簡単に貼ることができます。


では、これを踏まえて

実験
PLAはもちろん、ほかの材料でもくっつくのか試してみます。

PLA
IMG_20171109_093502
もんPLAを使います。

まずは、板状のものを造形して、反りの確認をします。
IMG_20171109_104135IMG_20171109_104236IMG_20171109_104342
反りも無く、きれいに出力されました!

そして、ヘラを角から入れるとすんなり入っていきます。
ラフト無しですが、接地面もツルツルです。
(造形物が所々赤いのは、ノズルのせいです)
IMG_20171109_154112
UP BOXでもっとデカイのをやってみましたが、
IMG_20171109_154212
反らないで、ぴったりくっついています。

ただ、ここまで接着面が大きいと
IMG_20171109_154337
接着力も強いので、剥がす時にテープがダメになってしまう確率が高くなります。
まあ、もともと使い捨ての商品なので、構いませんが。


このように、

商品の説明通りで、
PLAは吸着がいいですし、何より剥がしやすいです。

他の材料でも試してみます。

PLA(ブロンズ)
IMG_20171109_100446
続いて、UP Plus2でBronze fillを試してみます。

今度は、接地面が狭いモデルです。
剥がれないか心配ですが...
IMG_20171109_125730IMG_20171109_125819IMG_20171109_125805
きれいに造形できました!

カーボン
次はRaise 3Dで、造形してみます。
IMG_20171109_160645(1)IMG_20171109_171850
OK

フレキシブル(polyflex)
IMG_20171110_113753
これもOK

ABS
あえてのABSです。
IMG_20171110_120105
メーカの言う通り、ABSは苦手なようです。

最初くっついているのですが、徐々に反ってきてしまいます。(左)
BildTakですと、反らないでしっかり付いています。(右)

ノズル温度や、プラットフォーム温度を調整したのですがやはり剥がれてきてしました。


でも
IMG_20171110_133542
ある方法で吸着に成功しました!


それは

ヘアスプレーです。

ひと手間かかりますが、これでABSでも吸着可能です!
IMG_20171110_133634
剥がす時、造形物にテープは付かないものの、破壊力が高いのでテープはダメになってしまいました。

結構いい感じです。


まあ
ここまではBuildTakでも吸着した材料ばかりです。


では・・・

ここから、

BuildTakでも貼りつかなかった材料を試してみます!

低温ナイロン
これは、BuildTak単体だとくっつかなかった素材です。(+スプレーで貼りついた)

とあるテープだとどうなんでしょうか。


あえて反りやすい薄いものを造形してみます!
IMG_20171109_130008
あっ、大丈夫そう。
IMG_20171109_130033
剥がしても…
IMG_20171109_130128
問題ありません!(現場は残りました)

PP-PE合成
さらに、レベルアップ。

この材料は、BuildTakでスプレー、のり、温度調整など
貼りつく為に色んなことを行いましたが、どうにもくっつかなかった素材です。

果たして・・・
IMG_20171110_115116
まだどちらも大丈夫。
IMG_20171110_115448
あー、やっぱりBuildTakの方は、動いてしまいました。
とあるテープのMr.Jawsは
IMG_20171110_124845
最後までしっかりくっついていました!

ちなみに。
IMG_20171109_153114IMG_20171109_153134
こんな細いモデルでも、しっかりくっつきました!

まとめ
hyouka

とあるテープは”PLA用”となっていますが、逆に言えば「ABS以外は貼りつく」ということになるようです。
そして、そのABSはスプレーなどを代用すれば、造形可能ということですから、
吸着力の点では、BuildTakより勝っています。

ただ、BuildTakのようなシートタイプは、万能でありながら何度も使用可能です。
テープは、使えても2,3回。
価格差は倍ありますので、使用環境によって選ぶと良いでしょう。

普段、同じフィラメントを使う機会が多いのなら、シートタイプ。
様々な種類を出すようでしたら、テープタイプ。というような形で。


そして、テープタイプの利点は、もともとのテーブルを傷つけないということです。

シートタイプと違って、剥がしやすいのでテーブルをきれいな状態に保てます。




うーん。


ちょっと使ってみようと思います。