はじめに
 今まで、家庭用3DプリンターについてネットやTVやセミナーなどでたくさん情報に触れてきました。
そのおかげで、少しづつ何となく3Dプリンターって何なのか、正体を掴めてきた感がありましたが、それと同時に3Dプリンターの限界も見えてきてしまいました。

個人的に感じている弱点は、”モデルの再現性”と”強度”です。
積層方式なので、どうしても固体の材料と比べるとその辺りが劣ってきてしまい、命を預ける製品の部品を作ろうとは、なかなか思えないんですよね。

将来的には、「積層なのにプリントすると一つの材料に!?」、なんて時代が来るかもしれませんが、
今のところは、ハイエンドのプリンターか削り出しで加工するのが無難なんでしょう。

CNCフライスは、最近家庭用も出始めてきまして価格もだいぶ抑えられてきています。
動画とか見てみますと、しっかりモノを削っているのであったら幅が広がるんだろうな~。
と思っていたら・・・

CNCがやってきた!
じゃん!
IMG_2980
本体。
IMG_2982IMG_2987IMG_2986
付属品たち。
IMG_2981
バイスは追加購入しました。

IMG_2983
そして、スピンドルを装着して、電源を接続すれば・・・
img1463728095495
準備完了!



これを使えば・・・


IMG_3047
こんなものや・・
IMG_3049
こんなものも作れちゃいます。



まだまだ、CAMの設定方法は分からないとこだらけなので、
こんなのしか作れませんが、これから勉強していきたいと思っております



機械のスペックやCAM化の仕方などについて、これからアップしていく予定です



取り急ぎご報告まで!



HAND