Out There Japan Tour 2015cafe の厨房、製作中

2015年05月17日

家づくりの答え

ちょっと前までは新しいお客様から家づくりについての質問をよく受けていたのですが、最近はあまり膝ずめでお客様と語り合うこともなく、そうした営業トークもすっかり錆びついて、なんだか家づくりは詰まる所人生に対する態度といっても良いようなそんな気配がするようになりました。そうすると説明するのもとっても難しく、説明なんか要らないと、向かい合う私の態度にも変化が表れ、そこに建築への思いがにじみ出てくれれば良いのですがなかなかそうは参りません。
今日ご案内した若いお二人はしっかりした若者たちで、自分たちの思いをストレートに語ってくれました。近頃の建築はメンテナンスフリーをどこでも売りにしているようで、そのメンテナンスフリーという考えがわたしにはよくわからないのです 。それは若いお二人も同じ思いであったようで、メンテナンスフリーという胡散臭い言葉に戸惑われている様子が手に取るようにわかりました。
手間をかけ、慈しみ、傷を舐め、悲しい思いをしてこそ湧いてくる愛情というものがあります。
建物はまさに人間そのものです。メンテナンス必須です。それはめんどくさいことでもなんでもなく、建物に対する義務といっていいでしょう。
夫婦でもメンテナンスは大事です。一緒に人生を歩んで行こうと思えばそれは当然の義務となります。面倒くさくなれば愛は消滅します。
嬉しかったのは、若いお二人がそのことをよく理解してくれているという事実でした。 
お天気にも恵まれて、何軒かのおたくをご案内したのですが、急なご案内にこころよくおうじていただいたS様、ありがとうございました。

s-1






















オリジナルのキッチンを見事に楽しまれているS様にはほんとうに脱帽です。


ゆっくりお話しできたのも幸いでした。 
さて、家づくりに答えはあるのか?ないのか?
あるようでもあり、ないようでもあり。

s-2
 





















s-3






















ポストも見事にオリジナル。時間がかかってしまってほんとうに申し訳ないことをしました。こんな郵便ポストでも中は立派な二階建て。(上は郵便受け、下は小包や小物入れ)構造はまったくの little pretty house です。



comohouse at 20:53│Comments(0) 建築雑感 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Out There Japan Tour 2015cafe の厨房、製作中