2017年08月19日

家づくりの本懐

武士に本懐があるように、建築会社にも本懐があり、家づくりの本懐は「施主様の喜び」であり、さらには建物の一帯の皆様がこの家が建つことによって、存在することによって何とは無しに近所にこの家があることに喜びを感じる、そうした家づくりを実現することが建築会社の本懐といえば言えるのかもしれません。

door3






















door















door2















door4






















私たちはそのような家づくりを一体何件実現することができたでしょうか。
建築会社としての成熟。華やかさが自慢の建築ではなく、そこにあるだけで許される、そのような建築を目指してきたのですが、この度は施主様のご理解を得て、また一つ峠を越えることができたのかな、と、得心しています。

さて、弊社のオリジナルドアー。作れそうでなかなか作れない。まずはこのドアの本質をご理解いただけなければ作るに作れない。家づくりは普通にキレイで破綻していなければそれ以上を求めるお客様は稀なのです。
それ以上のドアづくりは、まず皆様がそれ以上のドアに思いをはせていただくことが前提になります。それ以上のドアは想像力で補う世界。生活の中ではそれ以上のドアを感じる機会がなく、それ以上のドアがこの世界にあることを知らない。ですから、それ以上のドアはお客様の感性によって左右され、コモハウスのオリジナルドアーの世界を求める人はまずもって少ないという事実。しかし、それでも、何人かの方々が私たちのオリジナルドアーを求めてリクエストしてくださいます。(慌てて付け加えますと、それ以上、という言葉はそれ以下を見下しているわけではなく、それ以外というニュアンスに近いかもしれません)
それは私たちにとってはとても得難い注文なのですが、時間も精神も極限まで張りつめた労働だけに終わるとなんだか全身の力が抜けてしまう。

作り始める瞬間まで迷いがあるのです。新築住宅で、普通にキレイなだけでいい、そう思っていらっしゃるかもしれないお客様にこのもう一つの世界を提示してしまう。本当に喜んでくれるでしょうか?確信はどこにもない。しかし、全くもって確信がないわけではなく、だからこそじゃあ作ろうか、と思い腰を上げるのですが、それでも私にはどこかで最初から確信がある、ような気もする。

ドア作りにも物語がある。ドアはすでに開かれている。それは出はいりとしてのドアであり、他者を受け入れる心のドアであり、感性の、喜びの、想像力としてのドアである、ということに思いがいたるとき、建物はまたべつの相貌をおびて立ち上がってくる。





comohouse at 22:46│Comments(0)思いは遥か 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字