通りすぎる春一番バラガン邸

2022年03月20日

長いトンネル

人生楽ありゃ苦もあるさ
今朝のニュースを見ていると、ONKYOの子会社2社が破産申請、と言う記事が目に入りました。
ONKYOと言えばオーディオファンにはたまらない響きがあるのですが、今や時代はすっかり変わり果て、誰も音にまで拘らなくなったということでしょうか?
オーディオばかりではなく、CDすら売れない時代。歌は世に連れ世は歌に連れ。笑
そう、それは笑い話になってしまいました。
とある有名バンドのリーダーが、もうアルバムは作らない。作っても誰も買わない。コピーされて市場に出回ってそれでおしまい。もう誰もアルバムなんて欲しがらないのさ。

世は歌には連れない。すべては使い捨て。大事なものは何も無い。夜、枕を抱えてひとりで抱きしめる思い出は、それはたったひとりの個人的な思い出。その思い出はだれとも共有されることはなく、古ぼけた茶色い壁にピンで止められ📌、埃にまみれてシミになるだけ。
それが時代だとは思わない。わたしたちの孤立が時代の必然だとは思わない。
何かが足りない。何かが。それは何だろうか?

デジタルの時代は便利になりました。便利さの追求が幸せの追求ではなかったことに今更ながら気付かされた私たちは、しかし此処で立ちどまることが出来ない。
もう家など建ててはいられない。住まいは最後の拠り所。此処を去ればもう逃げ場はない。
そんな覚悟を悲壮にならず、あかるく広めていければいい。
だれかのために。だれの為でもなく。
住まいはわたしたちの最後の希望。

 さてここに来て、ウッドショックの大波を蹴散らすように新たなるウエーブはノッテケノッテケウクライナに乗ってけとばかりにロシアからのウッドショック療法だっ!
いやはや、ロシアは産油国ばかりでなく、一大木材産地でもあり、その供給をストップするからにはさあこれは大変だ。 時代は変わるのだろうか?

破滅的な戦争はけっして来ないだろう。わたしたちが強くなれば。

billbord1


コモハウス・サイトへ
 

comohouse at 09:00│ 日々これ精進 
通りすぎる春一番バラガン邸