夢をもとう楽しさも、中くらいかな オラが春

2022年04月17日

家づくりの季節

暖かくなった今日この頃。
この二、三日、寒の戻りて冷え込みが厳しかったですね。そうこういう間に待ちに待ったGW。時の経つのは早いもの。 一年の中で、やはり此処が肝かもしれません。日本人はGWを基準にして生きている。笑

ウグイスの鳴き声を聞かぬ日はなく、ついでに台湾リスまで喧(かまびす)しい。
そんな日中にあの空をかけぬける疾風のような鳥。右に左に一直線。ああ、あの鳥は、そう、ツバメ。
帰ってきた渡り鳥。
あちこちの軒先に飛んできてはまた戻り、戻ってはまた飛んで来る。面白いですね。 彼らがGWの時期に長い旅から戻ってくるのはなにか意味でもあるのでしょうか?(もちろんありませんよね、ふふ、、)

不屈の精神で巣作りする彼らを見倣って、私たち人間様もこの時期、なぜか、家づくりに励むのですから世の中は面白い。
一年間で住宅展示場を訪れる人の数、成約者の絶対多数がこの時期に集中しているのは統計的に事実です。広い展示場のなかをあっちのA工務店からこっちのBハウスへ。はたまた大向こうのCホームか老舗のD建設か?しかし、私たち町場の工務店からすると、今でも住宅展示場に足を運ぶ人がいるという現実がなんだか不思議でならないのです。それは手垢のついた行動様式と言ってもいい。(ごめんなさ〜い)

住まいの質はなんで確かめるのでしょうか?(えっ?住宅展示場で、、、?)
その質とは何でしょうか?
構造?金額?見た目の良さ?

では、ツバメの巣づくりの最大のポイントは何でしょうか?
快適さ?広さ?断熱性?
いいえ。それは安全なのです。そこで、昨今の住宅メーカーの最大の売りは「安全性」です。
ツバメは私たちに様々な知恵を与えてくれます。

しかし、と、コモハウスは考えるのです。
あなたにとっていちばん大切なものはなんですか?
わたしたちはそれをこそご一緒に考えたいと思います。
住まいづくりは自分探しの旅。エンドレスストーリーの旅の始まり。
そこにコモハウスは居つづけたい、と思います。

lovehouse1




comohouse at 09:35│ 建築雑感 
夢をもとう楽しさも、中くらいかな オラが春