家づくりの季節五月の風、五月の風邪?

2022年04月29日

楽しさも、中くらいかな オラが春

今年の春は寒の戻りがしっかりもので、寒い、しかもネコの目のようにお天気が変わりやすく、明日は晴れかな?そんな予報もしばらくすると雨マーク?明日こそは晴れそうだ、と安心していると夕方には雨マーク?
ふざけんな!笑
いやあ、この調子では予定が立たない。
その日の予報ならオラだってアタライ。な〜んて憎まれ口もたまには言ってみたいもの。
さて、そこでGWです。お天気予報は当たりますことやら?

ウッドショックのせいで材料が揃わないというこの究極の選択肢のなか、コモハウスはおかげさまで永いあいだ国産材を使い続けた実績で?外材が手に入りにくい状況下でもどうやらしのげる体制が整っていて、ウッドショックもどこ吹く風。(って、言いたいところですがもちろん影響は皆無ではありません)なんとか外圧をくぐり抜けて仕事に精を出しています。

しかし、確実に時代は不安定の中での安定をどう図るかというタイトロープの時代にはいってきました。
そんな時代に家を建てるということの意味をもういちど考えてみたいと思います。

必要なものは何なのか?ほんとうに必要な住まいの骨格とは何なのか?

時代に流されず、自分たちの寄って立つ価値観をもういちど見つめ直し、心の拠り所となる住まいづくりを目指す。
わたしたちもさらに住まいづくりの奥義をもとめてさらなる研鑽を積むことになります。

GW にもういちど。住まいづくりは読書から。

wood.build.room1






comohouse at 08:00│ 建築雑感 
家づくりの季節五月の風、五月の風邪?