36 1.28止まらない 未来を目指して

2007年06月23日

B'z SHOWCASE 2007 -19- Zepp Tokyo5

e26f0ba6.jpg2007/6/21(木)

B'z SHOWCASE 2007 -19-

Zepp Tokyo

開場 18:00
開演 19:00

 

 

昨日新幹線で帰れば……まいっか。

まさか連日ライヴハウスに参戦できるとは。フォーッ!!!


Zepp TokyoはTMGのライヴがありましたな。
個人的にはSEX MACHINEGUNSやKORNのライヴで入ったこともあります。ライヴ・ハウスではデカイ方。

 

以下、ネタバレ注意!!!

 




今日は1300番台。ゆったり目で会場到着。
Zeppの裏に大型トラックが2台。
オレンジと青、今回やっぱSHOWCASEロゴなどはデザインされておらず。

TOKYO FMかなんか忘れましたが花が届いてました。


2階席なんですが、これは早い者勝ちみたいです。
自由席で定員オーバーになると上がれなくなるようです。


場内、昨日はなかったカメラがいたるところに!
ハンディ・カメラを持った人も!
ステージ真ん中やや前方右側にもカメラ。
その前らへんに私いました。
ステージ左上の2階からもクレーン・カメラ。

これはもしや!映像化しちゃうか!!? ただの記録用!?

新曲がPV化されるとして、このライヴの映像が使われる可能性は高いかも!!

 


レポのほうは仙台と被ってる感想は省いてたりするので、
先に仙台レポを見ていただけるとイイ感じです。

B'z SHOWCASE 2007 -19- Zepp Sendai

 

仙台と同じ洋楽曲が大きくなって。
どなたか詳細プリーズプリーズプリーズ。
どどどっとみんな前におしかけます(笑)。


1. 新曲

稲葉さんは昨日と微妙に違うカッターシャツ。白だけど縦のストライプが入ってました。ネクタイ。
胸の☆三つデザインではなくて、左胸らへんに模様かなんかが。背中も英語が書いてたかな。だからちょい透け龍が見難い。

TAKはノースリの黒の上着に、白シャツ。いつものスタイル。
暑くないのかな?とか思うんですけど、ステージの上は案外エアコン効きすぎで寒いのかもしれませんね。もちろんプレイは熱血ですけど!

ノリのいいビートだけどBメロでゆったりした感じに、
いい具合で緩急が付いて。

サビは
相 乗 効果でよくなろう〜♪ 同じベクトル持った、僕ら、無敵♪
しっかり聴いて日本語と確認。

Aメロのコーラスで Super!Love!Song!
ラストもこのコーラスで。タイトルかな?

赤DCギター。

Gソロ前にCメロ。

 

2. FRICTION

そういやこの曲だって公式的にはまだ未CD化の曲だかんね。

イントロのギターがアニメの「タッチ」の主題歌を思い出させた(笑)。
なぜ突然そんなん思ったんだろう(笑)。

オウイェー!

ラストはもうオイ!オイ!と掛け声しちゃうぜ!!

 

B'zの、SHOWCASEにようこそ!

3. HOT FASHION -流行過多-

2番のAメロでみなさん合いの手掛け声入れましょう! イェー! ハッ!って。

TAKが昔ギターを振り回してたのを思い出すなぁ。当然今はしてないけど(笑)。

増田さんキーボード・リフがカッコヨス!

最初と最後のHOT FASHIONは観客に叫ばす!


4. 愛のバクダン

HEY! HEY! から!

東京のVoice!

オレンジのDCギター。


5. ultra soul

MONSTER'S GARAGEアレンジ。

密集の中でジャンプはちょっちキツイです(笑)。

ギターは初代DCになってたかな?

TAKヘーイ!

4連発ラスト!

 

6. ロンリースターズ

イントロの語りSE、今日は聞こえました。

Bメロでヴォリューム奏法をしていたのはこの曲だったけか?

黒のマイク・スタンドが登場したと思います。

シャウト・カッコイイ!!!

やっぱエンディングがちょい短い。


MC。
こんばんは。来てくれてありがとうございます。
元気ですか?
梅雨だね。
オフィシャルで発表したLIVE-GYMとはちょっと違う、
ちょっと今日はお台場に来たら、あ、ライヴやってるなと覗くような気分で、(え〜!!(笑))
リラックスしてニュートラルな感じで楽しんでください。この辺リラックスって感じじゃないですけど(笑)。(下手らへん指差して)
懐かしい曲も演るんで楽しんでってください。


TAKソロ。
黒のテンガロンハット装備。ブルージー度が100アップ。


7. 泣いて 泣いて 泣きやんだら

キタアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!
仙台では「The Wild Wind」でしたが、札幌のパターンに戻ったか!

イントロのシャウト!!

この曲すっげー好きなんです!!! 歌詞も歌も!!

熱唱、胸に響きました。


8. 永遠の翼

ピアノ・イントロが流れ、完全に静寂につつまれる。
変に叫ぶ人とかいなくてここはみんな偉いなと思った。

TAKは引き続き帽子を被ったまま。

マイク・スタンドで。

稲葉さんの汗が流れているのがはっきりわかりました。耳からも雫となって。


9. 太陽のKomachi Angel

リズム・セッションから。
ここで稲葉さん、ドラム・セットに足掛けマラカス振ってました。

TAKはエピフォン・カジノをプレイ。私はギター詳しくないんでわかんないんですけども。

We can sayの発音がちょっち早口めな。

長めの間奏では手拍子がBUZZビートに!!
まぁ私が率先してそれで手拍子してたんですけども(笑)。浸透してよかった〜。

スキャットでGソロとユニゾン。TAKと向かい合って。

オルガン速弾き!
そして最後はBUZZのリズムになって。

 

MC。
どうもありがとう。
押されて苦しい人いますか?
気持ち悪い人?(ハーイ!)
気持ちいい人?(ハーイ!!)
気持ちいい人の方が多いですね。
ホントに気持ち悪い人は、(ちらっと通路の方見て)外で涼んでいいですから。
空梅雨ですね。というか梅雨入り宣言って必要なんですかね?(笑)

メンバー紹介。

僕たちの突然の思いつきのわがままにもパッと駆けつけてくれた
バンドのメンバーを紹介します。

大 空梅雨ですね。(稲葉さんのを受けて)
あれ?

増 いい眺めですね。
増 激戦だったんでしょ?たぶん。
すいません。(チケ争奪のことについて触れてた)

どうですか?
徳 (忘れました;; 両手横に上げてもう次行ってくださいオーラが(笑))

シェ TOKYO I LOVE YOU

そしてTAK!
松 みんなすばらしいよ!

シングル出しましたけども、ずっと、近況報告を。
松 今ね、映画にはまってんの。
ファン なにみたのー!
松 テキサスチェーンソー(笑)。
…自分の近況じゃなくてB'zの近況を(笑)。その話はまたあとで。
松 (笑)
ずっとレコーディングしててね、いいものを出せると思います。

SHOWCASE-19-といういかにも急に付けられたようなタイトルですが、
19がなけりゃ20ってのはなくて。最後の十代を。
今日ここに集まったみんなのために、聴きたい曲とかいろいろ用意してきたのでぜひ歌ってください。


サポメンは仙台に比べるとかなり遠慮がちコメント。カメラがあったりお偉いさんが見てるから(勘だけど)緊張した?


10. 銀の翼で翔べ

トーキンアバウチューベイベー!を客に。

足もとのスピーカーに足をかけジャンプ!! これがダイナミックでカッコいいんだ!!!

エンディングのキメを2回やって、稲葉さんだけが「ふへっ?!」みたいな
仁王立ちからあっけにとられた感じで腕を横に伸ばした妙なポーズしてたのがウケました(笑)。
やっぱこれ演出だったんですね。


11. 春

一転、シリアス・モード。

2番入る前の、大田さんファルセット・コーラスが印象的。

エンディングの転調していく泣きギター速弾きがもう感涙。キーボードのブラスもよい!
そして哀メロ・アルペジオへ。
震えるわぁー!

稲葉さんはステージ横に姿を消してました。


12. ながい愛

ストリングスから爆音リフへ入るのがROCK!!

稲葉さんは白Tシャツに着替え。SunShineという英語が胸にかいてあったと思います。

昨日思ったことだけど2番のAメロのベースはテンポ・アップしてなかったですね。1番と同じライン。

アキレス腱マイク・スタンド熱唱。

持ちたーーーーイヤアアアアアアアア!!!
とラストまっしろシャウト!!!! すげー!!!


MC。
どうもありがとうございます。
今日は十分楽しんでいただけましたか?
満足していただけましたか?
もうたくさんですか?
歌うの?
歌いたい?
じゃー歌うぞ。
コレは? イェーイェーイェー!!(何回か掛け合い)
 最後シャウトで、
まだちょっと肩の力がぬけてない、自分が何者か分からないくらいで(笑)
イェーイェーイェー!
いい声ですね。最後にもう一回!
いぇーいぇーいぇー!!

13. F・E・A・R

カモーン!!! イェーイェーイェ!!

Shall we dance? で悩殺!!!

 

「juice」イントロキター!! さあ今日はどっちだ!?

14. アラクレ

うお! 今日もアラクレだった!!!

東京ーーーーーーーーーー!!!!

水噴いた!!! しかも2回も!!! 微妙に私まで届かないぃぃいぃ。


TAKサービスよくピックを4回くらい投げる!!!

最後のイェーーーーーーーーーー!!!部分は
イェー!!って短くシャウトしてすぐ次の曲のイントロにいきました。


15. BANZAI

せーの、ばんざーーい!!!

なーいやーーい!!で両足広げジャンプ!!!


16. ALL-OUT ATTACK

ダークな演奏から。
なんかの曲で白DC使ってたんだけど忘れたなぁ(笑)。
見たときはこの曲か! と覚えておかなきゃ!!って思ったんだけど、
今レポを書こうと振り返ると…ハテ???って(笑)。

オーラウアターック!!!

ラストは例の十字架立ち。あまりのカッコよさにメマイを起こす。


MC。
今日はほんとうにどうもありがとー!!

17. Out Of Control

ヤアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!
イントロのシャウトがもう超絶すぎて失禁しそうになる!!!!

白いジャケの増田さんが輝いて見える! TAKと掛け合い!

サビは合唱じゃい!!!


手拍子してアンコール待ち。コールは無し。TMGの時はあったっけ?
この時間はたぶん5,6分くらいなんだろうけど、果てしなく長く感じます、
早く登場してほしい気持ちと、この空間にずっとい続けたい気持ち、
早くシャワー浴びたい気持ち(笑)とかいろんな思いがめぐります。
本編が終わった後の満足感と、アンコールへの期待感、ライヴの醍醐味ですよね。
醍醐味と言えば開演前のずっと待ってる時間とかもそうですね。
グチャグチャになりながら、大好きなB'zを待つ!!!


18. ARIGATO

稲葉さんは白のタンクトップ。今日は白づくし。
TAKは黒の上着はずっとだったけど中のシャツが黒に変わってた。
ギターのストラップは刺繍の。


TAKは新ギターで。昨日のレポ参照。
アームつきのサスティナー搭載ギター、らしい。

テンポ・アップ部分で腕を振り上げるかは好き好きですかね。

そうそう、この曲はMステで披露されたときと同じくキー半音下げでした。


MC。
いい感じですか?
ちょっと前出ると凄い熱気なんですけど、凄い元気いただきました。
今日はこういう形でしたけど、やってみるといつもとあまり変わらないですね(笑)。
またいつかこういう形でライヴできるといいと思ってます。
ホントに今日はどうもありがとー!!


19. おでかけしましょ

おでかけしましょー!!

あなたは!!? 雑・学・王!!と叫ばせる!

イェーーーーーーーーーイェーーーー!!!とラスト・シャウト!!!

最高ーーーーーーーーー!!!!

ラストはダッダダッダダダー!!とドラムが。「DEVIL」ライヴ版のラスト風。

イェー!
東京ーーー!
最高でした。

せーの、おっつかれーーーー!!!!

TAK両手グッジョブ指!!
敬礼の手!!!


またやりましょうコレ!!
また会いましょうバイバイ!!!


ライヴ・ハウスに目覚めた!?
うれしい宣言ですね!!!


最高に気持ちいい!!!!!!!

 


退場がまた押さないで〜と入り乱れる地獄だったんですけど;;
B'zのライヴは男子トイレが比較的空いてるのでいつもしばらくそこで落ち着くのを待つことにしてます(笑)。

ドリンクバーのネーチャンたちがキレ気味だったのが印象的(笑)。

 


今回どういう風に選曲したのかすっごい気になる!
ファンサイトの好きな曲ランキングでもみたのか?(笑)

シングル曲じゃなくても十二分に盛り上がれることを証明した内容でした。
まぁコアなファンが多かったのもありますけどね。
2度とやらないんじゃないかなんて思ってた曲がたっぷり聴けて、
もうこりゃ伝説のツアーだわ!!
ツアーだよ(笑)。初のSHOWCASEツアー。
これから名古屋、大阪、福岡のZeppでもあるんでしょうね。Zepp以外の会場もくるか?!
ってこのレポを書いてる本日22日、福岡が発売されたし!!(笑)
いっきに飛んだな。じゃー次名古屋、大阪って感じかな。やんないはずないと思う。
地元の方々は毎朝新聞とファンサイトとかをチェックしときましょう。
今日もいち早く福岡の友達に教えてあげて無事チケ取れたって報告があっていいことしたもんだと満足♪

 


途中で気分悪くなって下がる人がかなりいました。
そうです、無理は禁物。そこで吐かれても困る(笑)。


ライヴ・ハウス、特に前方で何一つ嫌な気分にならずに見れる人なんていないよ。
少しでも前で見たいのはみんなそう。
誰だって苦しいし、周りの人間が超ウザイのですよ。
見えないとか歌うなとかさ。

だけど目の前のB'zの等身大の姿を見ればね、そんなの全部吹っ飛んじゃうんだよ!!!
だから終わった後サイコーーーの気分なのさ!!!!

ま、それでも不満ばっか残る人は後ろの方で見るべきです。ハイ。

あのモミクチャグッチャグッチャ感がスタンディングの醍醐味なんですけどね。やっぱ慣れてない人が多いからなー。
私ゃダイブがありまくるライヴやヘドバンしまくりのライヴ、ぐるぐる走り回るライヴとかカオスな経験してるから、
正直普通に感じるぜ(笑)。
まぁだからってそれが当然と押し通すんじゃなくて、B'zの場合は慣れてない人多いからと空気読んで、
なるべく気を使ったんだけど。
まぁ、いろいろあるんだわ。楽しんだもん勝ちなのか、はたして。

その場にい続けるのって無理だから、流れに身を任せつつ、見えるところを探す。

ホントにムカつく奴がいたら移動した方がいいよ。近くにいてもずっとイライラするだけだし。

でも稲葉さん、松本さんの前に行きたいんだよなぁ。

なら戦いだよ、ホント。これから参戦する人気をつけてね。
なるべく良心を持った行動を。

あ、あと荷物は最小限にしたほうがいいですよ。メッチャいろいろ落ちてるから(笑)。
私はそういう心配したくないんでホント全てロッカーに預けます。鍵落としたら死亡だ(笑)。


とにかく今回のSHOWCASEは参加してよかった。一生もんの思い出の一つになったさ!!
B'zのライヴがある限り参戦していくよ!!!
来年はどでかい会場でヨロシク!!! 横アリや横国でやってよ♪

 

いやはや、嵐のような怒涛の一週間でした。マジでオツカレ〜俺(笑)。

 

01. 新曲
02. FRICTION
03. HOT FASHION -流行過多-
04. 愛のバクダン
05. ultra soul
06. ロンリースターズ
07. TAKソロ 〜 泣いて 泣いて 泣きやんだら
08. 永遠の翼
09. 太陽のKomachi Angel
10. 銀の翼で翔べ
11. 春
12. ながい愛
13. F・E・A・R
14. アラクレ
15. BANZAI
16. ALL-OUT ATTACK
17. Out Of Control
18. ARIGATO
19. おでかけしましょ

 



01:36│コメント(1) B'z 07 | ライヴレポ

この記事へのコメント

1. Posted by ⊂二二二(^ω^)   2007年06月23日 17:54
やたらとライブ行ってますけど、よっぽど暇なんですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
36 1.28止まらない 未来を目指して