寒いですねMusic for Relief ライブの稲葉さんMC

2011年10月21日

2011/10/16(日) B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター5

nigata
2011/10/16(日)
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-
朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
S席 Eブロック
15:45 17:00

すがすがしい秋晴れ!

ネタバレあり。


今回唯一1DAY会場新潟。

私は3回目です。ACTIONとenII、一年と一ヶ月ぶりか。まだまだ全然記憶に新しいっす。


ドリフェスから3週間経ちまして。適度にLIVE-GYMに飢えてくる頃(笑)。
10月参加はこのライブだけで。
この一瞬に燃えつきる!!!!


昨日はさいたまでLOUD PARKにフル参戦。
ボロボロかと思いきや逆に元気いっぱい(笑)。福井は風邪ひいてたんよ…
昨日の爆音で耳鳴りはするけど、でもライヴ中は全く気にならなかった。
レポ書いてる今、全身筋肉痛ですけど(笑)。


午前到着。
快晴。昨日は雨でしたけども。関東でも夏日っぽかったらしい。
さすが日本海側、風が気持ちいい。ってかちょっと強風(笑)。帽子が飛ぶ(笑)。

デジカメを忘れて若干テンション下がる。。
ブログではレポの最初の写真だけだけど、実は風景など何十枚も毎回撮ってます。

名物のタレカツ丼ってのを初めて食べる。
見た目、福井のソースカツ丼と同じだ(笑)。
新潟と福井って近いんだなそういえば。イベンターどっちもキョードー北陸だし。
味としてはこっちのタレのほうが好きだな〜。
お土産には笹団子。

会場には徒歩で行けます。20分くらい? バスでも200円ですぐ。新幹線駅すぐそばの会場バンザイ!

なんか大学駅伝やってたな。
間近で見たけど超スピードでかけぬけていった。
レインボータワーの下もいつもイベントしてる。


音盛れ。結構聴こえる。武道館レベル。外の人ーで盛り上がれるくらいの(笑)。
リハで「さよなら傷だらけの日々よ」、「Homebound」が1番のサビから最後までやってた。


グッズ売り場、ガチャガチャはACTIONの時と同じく建物の中。
enIIは場外の狭い通路で、そんなとこにツアトラまであって大混雑でした。
あとで知ったけど元々はenIIと同じ場所だったけど主催者都合により変更となったようだ。GJ。

ガチャガチャ。
あ、公式サイトのグッズが実写になってる。
ミニエコバッグの黒とラゲッジタグ。種類多いから被らないね。

ツアトラは柵の向こうに2台。記念撮影にはちと辛い。
ACTIONの時はもっと会場横にもあったと思うけど。


SS席は2階から入る。S席は外から。
他と大きく異なる、スタンド席のない会場! プチ渚園と私は呼んでいる(笑)。
A〜Eブロックで、一ブロック20列だから100列はあるのか!
Eブロックは段差が作られてるけど、CやDは地べた。もうCかDくらいになるとEの方がマシね。
enIIの時なんてビーパチケでDブロックだったから、もうここは一般で取った方がいいな!(笑)
その代わり音は遠いけど。
開演前のBGMがあんま聴こえなかった。


開演前BGM。
いっつも開場待ち列先頭に並んで入るわけではないので最初の1,2曲は聞き逃す。<根性が足りんね!
19曲は流れてたので、計20〜21曲くらいか。
今のところ分かっているバックチェリーとリンプの並びが他の会場と違っていたのでまたまた厄介なシャッフル式だ…

★Paramore - Monster
★Buckcherry - All Night Long
★Limp Bizkit - Bring It Back

パラモア確認できました。
さいたま前にまとめ記事作成の予定。


まもなく開演しますのアナウンスが終わりBGMが爆音に!
直前の曲はノリのいい曲で会場の手拍子がどこよりも盛り上がっていた!
その曲が終わって、「始まる!!」と誰もが思った瞬間また次の曲が流れて、「あ〜なんだ〜w」と軽く落胆したところですぐフッと音が消えるんですよね(笑)。


過去レポ。
テンション高いレポは初日。

9/17 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
9/18 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
9/23,24 サンドーム福井
9/25 テレ朝ドリームフェスティバル2011


暗転。
4つの青のライトが下から白い壁を照らす。

壁の回路を伝う青、赤の光。


ビヨーンと後ろに引っ張ってパチンコみたいに戻ってくる映像から、
オーディオスピーカーのようにズンズン左右が振動する。
真ん中は波打つパネル。

サスティナーギターの音。


ってまぁ、詳細は過去レポで(笑)。
去年のAin't No Magicのイミシン映像よりはこっちの方が曲とあっててノリがよくて好きダナ!
ドームでは変わっちゃうのかなー?

CGマンがC'monと叫んで!!!


1. さよなら傷だらけの日々よ

壁が左右に開く! 福岡初日では左(稲葉さん側)が開かなかったらしい。
空中に浮いた、空飛ぶマシン(どう表現したらいいんだろう?(笑))に並んでいるB'z!
稲葉さんは手すりに右足をかけて辺りをうかがう!
TAKは轟音リフをとどろかす!

近年、登場の“出インパクト”を狙ってる印象がありますね。年々興奮だぜ!

TAK、サビ前に右手上げ。
ギターは青!

後ろの画面はカラフルに様々な線の映像、2番からメンバーをパッと映す!

階段を下りてステージに降り立つB'z。
今乗ってたマシンは天井へ上がっていく。

大サビのライティングが白く光る!

長めアレンジのアウトロリフで稲葉さんは後ろを向き首を横に振る! ここがカッコイイポイント!


2. さまよえる蒼い弾丸

間髪いれずスタート!

イントロでシャウト! オーウイェ!!

ギターは赤!

稲葉さんの衣装。黒皮ジャン。白ネクタイ。黒地に白水玉のシャツだったので2日目の衣装なんだなと思った。黒パンツ。白い靴。
TAKはグラサンにベスト〜といつものセット。

サビ。1番は左手を伸ばして回転。
2番は上手のボックスから後ろへ降りるように飛ぶ。
大サビで下手のボックスから両足を後ろの曲げて回転ジャンプ!

間奏でのクラゲダンスはしていませんでした。


もっと速く…
(この後では“もっと”は歌わない。最初の頃の公演では歌ってたので)

2回目の、
もっと速くーーーー!!!!

ラストにワウギターでジャーンとエンド!


上着を脱ぐ稲葉さん。
マイクスタンドを持ってくる。


B'zの…
B'zの…

…会いたかったよ。

B'zのLIVE-GYMにようこそーーー!!!


3. Don't Wanna Lie

シェーンカウントから。

画面は左右に分かれていく。
最後にまたセンターに集まる。

この頭ん中♪
こめかみグリグリ。

この曲は手拍子やサビの手上げが難しいのか、後ろの方の人はあまりしてない。

ラストにシャウト!


4. ピルグリム

歌い始めがやや遅れたかな?と思った。やや。

この曲は手拍子、手上げは一切せず軽く体を揺らして聴き入る。

V字になった画面に様々な風景の映像。翼。


5. 裸足の女神

TAKのメロディアスギターから。
右耳に手を当て会場の声を求める。
大賀さんが横に。
二人肩を組んだ後、ハモリギター。

この時稲葉さんはTAKアンプの前にいて二人を見てました。

二人それぞれ花道を歩く。

斜めの形になった画面が左右に。

1番Aメロと1番サビの頭のフレーズをを観客に歌わす。
1番Aメロの頭は福井まででは歌わせてなかったな。

優しさ求めさまよう♪
TAKを指差し。

稲葉さんがドリルを渡す。

君の肩を♪
センターのBOXに乗る。

ナナナ合唱ロングへ。
両手上げ。



拍手する稲葉さん。

どうもこんばんは!
久しぶりに新潟に戻ってまいりましたー!
(左手上げ)

新潟の皆さん、今夜の気分はいかがですか?
(さいこー!!)
もう最高ですか?(笑)

久しぶりの新潟で我々も興奮しています。
今夜は持てる力の全てを出し切っていくんで
みんなも思いっきり持ってるもの、普段隠してるでしょ?
(両手でお腹をさする)
バンバン!出してください。
それらをいただいて、倍にして返しますから!
(胸に手をあて)

今日は悔いのないように
思い切り、心の底から
B'zを、味わって、楽しんで
幸せになって帰ってってください!


6. Homebound

イントロ前の増田さんソロがだいぶ変更になっていました。
しっとりやさしげ。

そしてTAKのギターも他会場より控えめに、CDに近い感じに。
1番のAメロでは一切弾かず。

画面は左右モノクロ。

夜空の画面。ラストに流れ星二つ。二つってところがB'zを表している、そんな気がするのです。

ラストにハーモニクス。


おもむろなリフセッション。
冒頭で大賀さん手拍子。
赤とオレンジの照明。
TAKソロの後、大賀さんソロ。
それぞれメンバーのソロ。

7. ボス

これまで小走りに出てきた稲葉さんですが今日は普通に歩いて。
スタンドからマイクを取ると腰振りステップへ。

!?
豹柄のロングT! 第一印象大阪のオバチャン!(笑)


ダァァァァァレェェェェェエエエエエエ!!!!↑

さらに低音の伸びが上がってて思わず吹いた(笑)。

野次や悲鳴や♪
このあたり中腰前傾で。

アイアムソーリ♪
胸に手。

再びリフ、増田さんキーボードあらぶる!
稲葉さん腰ダンス。


8. ひとしずくのアナタ

とにかくクールな映像&照明。

朝でも夜でも夜でもいい♪
昼が(笑)。

間奏のハーハーハーの部分は会場もっと声出そーぜ!とは思うんだけどな。

大サビ入りでキック! カッコよかった!

左手に力が入る。

左ひざをBOXに乗せて。

Give it to me, baby!
最後に英語でキメ!


9. 命名

この曲は演出に頼らない、聴かせるナンバーです。

センターの画面。
斜めにメンバーを映し、ゆっくり切り替わっていく。

眼力!!

今日の稲葉さんの前髪ピッタリしてる印象。ビートルズ的な(笑)。



ありがとうございます。
一番後ろ聞こえてますか?おーい!
(両手を眼の上にかざし)

こ〜なってますね。
(下から両手を上げて、後ろのスタンド席が上がっていることを表現)


ちょっとみなさんにお願いがあります。よろしいでしょうか?

一緒に手拍子でもやりませんか?
手拍子と言ってもまぁ、
非常に簡単な手拍子なんですけども、
今回はテーマが、
「仲間がいるってホントに素晴らしい」っていうテーマなんですけども。
(会場拍手)
…ありがとうございます。
まだ何もやってないんですけど(笑)。

手拍子で仲間がいることの大切さ、ありがたさ、
こういうことを感じていきたいと考えています。


まず一人ぼっちの手拍子。
これを僕がやりたいと思います。
一人ぼっちの…なんだろう? 切なさ、儚さ、
そういうのが伝わるかと思います。
みなさん、
手出ししないで僕だけがやります。
(右手上げ)
見ててくださいね。

(稲葉さん手拍子中、だんだんフッキレタ笑顔に。会場からガンバレーコール)


ほらがんばれって言いたくなるでしょ?
(会場指差し)
いたたまれないような。
一人ぼっちの自分の部屋で締め切って、BGMもなんにもなしでやってみてください。
一人ぼっちってこんなもんですよみなさん。

(…LIVE-GYM一人参加の人に胸に刺さったり刺さらなかったり?(笑))


次はですね。
ステージ上の仲のいいバンドのメンバーたちと
一緒にやってみたいと思います。
(気の置けないって言わなくなったんですね。)
これもまだみなさん見ててね。

6人か。やってみましょうか。

(稲葉さんが話してる後ろで、シェーンが大きく腕を広げて張り切ってスタンバってて爆笑!)

せーの!

(松本さんの手拍子は肘から先だけでこじんまりと。かわいい。)
(稲葉さんまた顔芸に(笑))

ホーッ!!<声が出る(笑)


はい、いいです。
6人もこんな感じです。
ま、居酒屋クラスでしょうか?(笑)そのスペースでね。
この会場ではかなりさびしいと思います。


次は、こっからみなさんやりますよ。
今日の会場良いですね。整然と後ろまで並んでて。

1列目から手を叩いたら、
2列目の人が(パン)
(右手でちょんちょんと列をさしていく)
3列目!

簡単でしょ?
(ボブ的な(笑))


順番に前の人がやったら次の人が。わかっていただけたでしょうか?

全ての人が手拍子をしていただきたいと思います。
どの席の人も自分の前の人がやったら、
やってくださいねやってくださいねやってくださいね!

ブワ〜っていって、
一番最後のスタンドまで行ったら
ワーーッ!!
行ったかわかる合図を叫んでください。
大丈夫ですか後ろの人?

手拍子で聞こえにくいから
10倍くらいの声で
ウワァ〜〜〜!!

説明にだんだん疲れてきました(笑)。


やりましょうか。
やろうぜ新潟!

バンドからスタートするんで
スタートって言ったら一列目から、はじめますよ。
いきますよ!

Are you ready!!?


じゃ、バンドから。
せーの。

(バンド開始)

まだよまだよ。
一列目、スタ〜ット!

(徐々に加速していく。この会場、最も全員到達に時間がかかると思った100列あるから100回手拍子するわけで(笑))


いいですよー。
(両手を額に当てて)

だいぶいったかな?

一番後ろ叫んでください。

そろそろ?

いったかな!?まだ!?


(ワー!!!)

(せーのの、パンで手拍子終わり)
ありがとうございます。

すごい綺麗でしたね。
最後の叫びも向こうから波のように
行って帰ってという。
(両手上げて手首曲げ)

新潟の手拍子素晴らしかったですね。

素敵な新潟の手拍子で今度
最初から全員でやりましょうか!
行きますよ!

リ・ズ・ムが大事です!

(ゆっくりと合わせていく。ってか前の方と最後列だと手がズレてる(笑)。)


10. DAREKA

手拍子にギターが乗ってくる!

なんでさっきのMCで仲間がいると〜を強調してたんだろうと思えばこの曲に繋がるからだ!と初参戦の人は思ったんだろう。
(仙台初日はただの全員手拍子だったのでそう感じることは出来ず)


強引に目をとじる♪
カメラに目を思いっきりつぶる!!

聞かしてくれ聞かしてくれ♪
ヘイヘイ!とあおって会場に歌わす。

いつも歩いてきた
照明がパパパパと輝く!

誰か〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
下手花道で床下に吸い込まれていく稲葉さん。回りながら!(が今までと違った)


上昇。その足元には…井戸!

井戸がぁ!っと。

わぁーっとこれに吸い込まれました。
(またいで出る)
どっかで見たことある人ー?

そうです! 井戸です!

(TAKに目線)
お願い入って!!!

(TAK、けしからん顔、眉間にしわで指でシー)
(まだ歓声やまず)
(もう一度、シー)

ムリ!
絶対ムリ!!

結構いいよ?
無理?

(TAK笑い)

じゃ、撤収で。

と言いながら…
(下がった井戸がニョキっと出てくる、福井まではなかった!)

じゃ撤収で。
(え〜)

や、や、
(また上がる)
…やっぱり撤収で!
(二回もフェイント。井戸操作してる人を困らせないの!(笑))


11. SPLASH!

さっきまでの流れからホント一変ですね(笑)。

衝撃度マックスの英語バージョン!!

イントロとアウトロでマラカス。

ソロの終わりがちょっと速弾きな感じになってました

画面は賽の目に細かく分割される。
Bメロは縦に細長く結合。

カリフォルニアスプラッシュ!

ラストに首をカクッと斜めに曲げるのがカッコイイ。


12. Brotherhood

イントロ。
足元のサーチライトが広がるように回転する。青色。


元気でやってるかい新潟!
なかなか大変だよな全く!
誰もが毎日〜♪


Dメロでマイクスタンドからマイクははずさず。
でも気合すごい!

ギターソロ途中もTVでやったアレンジ。

イェイェイェイェイェイェ!
アーーーーー!!

We'll beeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee...
Aaaaaaaaaaalright!!!!!

力強い!
声が良い!!!


…ラストに涙目になってしまった!(;;)
何度もライブ参加すると感動も薄れる?ところがどっこい、
急にフッと感動する曲があるのです。(ブラフの場合は王道だけどさ)


最後にお辞儀。



ありがとうございます。
(上手の方の客をジーっと見てる稲葉さん)

ちょっとずつ幸せになってきましたか?
まだまだなるよ☆


じゃバンドメンバーを紹介します。

ドラムス、シェーン・ガラース!


コンバンハー新潟!
ナジラネ?
元気デスカ?
ナジラネ?
元気デスカ?

新潟ハ
空気モ、食ベモノモ
ウンメスケー。

新潟ニ来レテ、
バーカ嬉シイテー。

※「なじらね?」は「どうですか?」などの意。「ばか」は「すごく」など。


方言を多用することによって
気持ちをつかもうという
努力をしています(笑)。

(シェーン両手合わせて)
アリガトウ。


そしてベース、バリー・スパークス。


ヒサシブリー!
今日ハライブノ前ニ、
カキノタネト、
コシヒカリ食ベテ、
ヤスダヨーグルトヲ飲ミマシタ!

オカゲデ、
スーパーゲンキ!ニナリマシタ。


ホントにそんな食べたの?(笑)
ヤスダヨーグルトと柿の種、
ホント?(笑)
ただ笹団子食べてるのは見ました(笑)。


そして今回のツアーから加わってます、
ギター、大賀好修!


こんばんは!
この会場ね、すごい一直線で全てが見えて
みんなの顔がはっきり見えますよ。
ありがとうございます。
(大賀さん両手上げ)

非常に気になったのが、
大きいトイレのマークが
(上手の方を指差す。壁にトイレのマーク)
新潟の方ってすごい優しいのかなって。

愛情がある?

愛情があります。
僕は幸せです。
今日はよろしくお願いします。


キーボード、増田隆宣!

こんばんは。
元気ですか?
楽しんでる?
…バリーに全部言われちゃったよ(笑)。

そうね(笑)。

でも一つだけ言ってないね。
新潟の女性は美しいです。

男性がうらやましい!

僕の友人に新潟の女性がいて
やっぱり美しいです。
なんか、コシヒカリとか、
柿の種とか、
ヤスダヨーグルトとか、
笹団子とか食べてるから
(結局言ってる(笑))
綺麗なんだなと思います。

食べもん関係ありますからね。

そんな美しい皆さんの前で演奏できて幸せです。
最後まで楽しんでってください!


じゃ、新潟の美しい女性と
うらやましい男性が
幸せになるような
メロディを弾いてください。


増田さんを指差しながら前を通ってはける稲葉さん。
あと、このMCの時にTAKがいないのをようやく確認した(笑)


13. #1090

バンドセッションから、#1090、このベースとエレピメインのバージョンもなかなかいい。
そしてTakが登場し、ぶっといギターメロディ!


稲葉さん、黄色シャツ姿。パンツにイン。


紹介します、ギターTAK MATSUMOTO!!


(お辞儀)
こんばんは。
みなさんお久しぶりですね。(笑顔)

新潟がどれだけ素晴らしいかということは
皆さんがさっき言ってくれたんですが、

僕も昨日こちらについてですね、
夜に古町の方を歩いたんですが。
まぁ雨が降ってたんですけどそれがまたちょっといい雰囲気で。
美しい町だなとホントに思いました。
またここ帰ってこれて嬉しいです。
今日楽しんでってください。


ギターのTAK MATSUMOTO!

さーじゃ、
…どうしましょうか?(笑)

どうしたらいい?
にぎやかにいきたいかい?
騒ぎたいかい?

騒ぐぞ新潟!
やろうぜ新潟!!

じゃ行きましょう!

ギターがジャーーーン!!!!

!!?

まさか曲が変わった!?
本日最大級の期待値の高まり!!!!

14. イチブトゼンブ

と思ったらやっぱりイントロシンセが流れてきました(笑)。

ここからどの曲でも花道を移動するB'z。
前日がラウパだったから改めて感じたんですけど、とにかくB'zはよく動く!
サマソニでも外人はこんなステージの端から端まで移動することはないですよ!

好きなところなんだ♪
TAKの肩に首を預ける稲葉さん!なんという恋人!(笑)

Dメロの終わりでベース前くらいから定位置にダッシュで戻るTAK。

一つありゃ♪
人差し指下げ。


15. Liar! Liar!

リフに入る前のイントロで増田さんのMOOG。

聖水がこの位置に戻った!!!(福井では「DIVE」でやってた)

まっ黄色いシャツ♪
Tシャツではないので、お腹が画面に映るも、ヘソ出しせず。


ヘイ!ヘイ!ヘイ!ヘイ!

16. ZERO

イントロで連呼!
新潟新潟新潟!!!

君の家までつっこもうか♪
股間さわりキターーーー!!!!
黄色い歓声!!!(笑)

もう一回♪
ジャンプ!

定番ユニゾンライブアレンジから。

1,2,3,4!!からラップへ!
もう前半のほっとんどを観客に歌わす感じになってました!

もうまっしろでのヘソ出しもなし。


TAK自分でドリルを持ってきて、
観客あおり!!!!


19年前の曲なんだなぁ。。

曲終わりから次の「DIVE」へ流れるように繋がるアレンジがされていました。

17. DIVE

水を噴かなくなったので、
せーのでDIVE!あり!

バリーが稲葉さんのマイクでラララコーラス!!

何のために生きるのなんて♪
センターのBOXに飛び乗りしゃがみポーズから、
大サビのラララでジャンプ降り!

ラストでついヘドバンやっちゃうんだ☆


18. ザ・マイスター

コーラスから!!!イントロへ!!

パパッパッ パパッパッの手拍子をする稲葉さん。

クレームつけるかい?♪
TAKの横でBOXに足組んで座り、難癖をつけるような動き。

この曲は歴代トップクラスのハイパー絶叫シャウトタイムなのでちょっとAメロのうちに水を飲んでおく(笑)。


増田さんがかなり前の方まで出てきてました(笑)。

ホントに休憩無しでひったすらウォーーーーーウォーウォーだかんな!
これから参加する人は覚悟せよっ!!!(笑)

まだいける!
C'mon!C'mon!C'mon!
稲葉さんあおりまくる!!!

こりゃもう100回くらい叫んだような感覚!(笑)
終わってTAKギターソロに入ったときの開放感!!(笑)


どうもありがとう。
新潟のシャウトはすごいよかったね。
倒れるかと思った(笑)。
後ろの方聞こえてますか?

…ちと、
汗が…
(手で首をぬぐう)
新潟の熱さだ。人間の熱さ!
(体を触る)


アルバム「C'mon」製作話。
3月に震災でストップ。
音楽への心が揺らぐ。
そんな中チャリティ作品参加、TV出演をし、話し合って、
できること曲を届けることを認識しアルバムを完成させる。
「C'mon」の意味。“一緒に”


一緒にと簡単に言っても、
人は一緒にいたい人と常に一緒にいられるわけじゃないですから
「“一緒に行こうよ”と簡単に言わないでよ」と言う人もいるかもしれない。

ただ、もし一緒にいたくてもいられない人がいる人は、
相手のことを心のどっか片隅でいいんで
常にその人のことを置いておいて、真ん中でもいいけど、
そして何かといった時にその人に対して想いをはせる。

それだけでも気分高まるし、
支えにもなったりとか
励ましになったりすることもあると思います。

僕らはなかなかみなさんと常に一緒にいられないですけど、
みなさんの心の隅に、底に、
B'zっていうものをおいてもらえるような、
そういうバンドになれるようにこれからも一生懸命やっていきます。
よろしくおねがいします!

ちょっとだけあけといてね。
(指差し)
今日はLIVE-GYMという一緒にいられる空間で、
一つ屋根の下で
みんなが炸裂させるエネルギーを
思いっきり吸い込んで
僕ら持ってるもの思いっきり出して
それをまたみんなが吸い込んで
ホントに最高の気分です。
今日の新潟の皆さんから
ホントにたくさんの元気をもらいました。
どうもありがとう!
(お辞儀)


19. C'mon

ギターの前に増田さんの神秘的なキーボードが増えてたと思いました。
「RUN」のライブ版イントロを髣髴しました。
背景画面に地球。


ラスサビの、もう一度♪
ステージ足場の上の6つのライトが、
33で束になって大きなXの字を作っていた瞬間が印象に強く残っています。

アウトロ長め。
トリハダ感じました。この曲も他の会場よりも良く感じました。前の会場の時は、そこまでの流れで
暴れすぎて、ちょっと酸欠気味でこの曲への集中力が不足していたためかもしれない(笑)。
この曲の時息切れしてるのはいつもなんだけども(笑)。


C'mon!!
銀テープ発射!

稲葉さん笑顔。
TAK、右手を上げて指をピロピロ。お辞儀。
ドラム横にはけていく。


アンコール待ち。
スタンド席がない会場のウェーブは厳しい。
座ってると後ろを見ないからまず後ろから前へ発生はしない。
Aブロック上手で発生、左に流れていく。うーん後ろには伝わらない。
Aブロックでいったりきたりしてる(笑)。

Dブロックの人がジャンプして波紋のようなウェーブにもなったけども。
なんかモグラ叩きみたい(笑)。

やっぱグダグダに終わってしまった(笑)。


サポメンが登場した後にメンバー。
TAK、限定T。
稲葉さん、元気良く出てくる。白のC'monTだけどノースリーブアレンジ!!!
いいね〜ノースリ! 2000年前半のワイルドさを思い出します。
裸になれとは言わないからノースリやタンクなどライブ後半は軽装であってほしいですね!<これからどんどん冬だけど(笑)。


20. ultra soul

センキューーーーー!!

無いまま終わりそう♪
TAKに顔寄せ。今日顔寄せが目立ったな。微笑ましい。

TAK「HEY!」
ヘーイ!が今までの会場の中で最もクリアな声だなと思った(笑)。
いつもダミ声じゃないぞ(笑)。

3連発とび!
ウ・ル・ト・ラ・ソ〜〜〜〜〜ウル!!!


美しい人、美しい街、
また新潟に戻ってきます!!

21. Calling


ラストリフ、超加速へ!!!

連続シャウトあり!!!

C'monの時にもあったX字ライトはここでも。


新潟ベイベー!!!
今日は最高でしたどうもありがとーーー!!!

せーの、
オツカレー!!


「ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-」
花道挨拶。
すれ違いざま手タッチ。

叫ぶ地名を間違えないように注意する。<遠征組みのあるある(笑)。
にーがた!


また会いましょうバイバイ!
気をつけて帰ってください。


画面メッセージ。
すぐ消えるとわかっていたのでもうダッシュでメモる。

Thank You 新潟!
We'll be back!!
Tak

新潟のみなさん
たくさん笑顔を
見せてくれて
ARIGATO☆永
 ←これを逆さにしたような稲葉さんの顔絵(笑)


いや〜、Eブロック、VIP席ですよ!(笑)
視界良すぎた!!!(前の人が大人しかったってのもあるけど)
さすがにメンバーは一番遠いけどさ。普通の人は双眼鏡必須だろう。(私はもうここ何年も双眼鏡というものを使っていない)

新潟は特に美しいとメンバー言ってましたね。
会場外観も綺麗だし好きです。


会場出口、規制退場も特にないので人が詰まってる。
あとメッセの建物内に入る扉が狭いのでそこでも大渋滞。
入る人多数なのに出て行こうとする人までいるからねぇ。

今回は終電の一本前新幹線でも帰れました。
17時スタート素敵!(笑)
つーか去年がなっ、ボケーっとしてたら帰れなくなったんで(笑)。


新潟、また二日間に戻ってくれないかな〜。
泊まって観光もしてみたいもんだ。
今後も新潟は参加すると思います。交通利便性と特殊な会場ってのが気に入ってるのかも。
友人には見にくいから行かないって人もいます。なるほどねぇ。

でも会場、場内インパクトあるからお勧めです!


1. さよなら傷だらけの日々よ
2. さまよえる蒼い弾丸

3. Don't Wanna Lie
4. ピルグリム
5. 裸足の女神

6. Homebound
7. ボス
8. ひとしずくのアナタ
9. 命名

10. DAREKA

11. SPLASH!
12. Brotherhood

13. #1090

14. イチブトゼンブ
15. Liar! Liar!
16. ZERO
17. DIVE
18. ザ・マイスター

19. C'mon

-Encore-

20. ultra soul

21. Calling




00:21│コメント(1) B'z 11 | ライヴレポ

この記事へのコメント

1. Posted by りこ   2011年10月22日 09:17
はじめまして。新潟のレポ楽しく読ませていただきました。じつは私も同じEブロックに家族で参戦してたんですよ。初めてのLive−Gymで関東在住ですが新潟まで行っちゃいました。最高に楽しくて中毒になっちゃいますね。興奮して真っ白気味でしたがレポで「そうそう・・」って思い出して、また興奮しました。ありがとうございました!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
寒いですねMusic for Relief ライブの稲葉さんMC