もうすぐじゃよグラミーから1年か

2012年02月12日

2011/12/24(土),25(日) B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon- 東京ドーム5

tokyo2
2011/12/24(土)
2011/12/25(日)
B'z LIVE-GYM 2011 -C'mon-
東京ドーム
S席 2階1塁側
14:45 17:00


Happy Christmas!



C'monツアーFinal!!

よくまあここまで俺たちきたもんだなと!

そりゃ終わってみればあっという間の4ヶ月間!


天候にも恵まれまして。
BIG MACHINEやAin't No Magicの時よりは寒くないような。
それは時間が違うからか。明るいうちに開場できるし。

25日は途中でなんか怪しい雲が出てきているのが私のケータイ写真を見ても分かる(笑)。


さてさて。
本日ローソンチケットに翻弄されまくりでした。
危うくボーダー!(笑)

ちょっと愚痴ダラってんで読み飛ばし推奨(笑)。

実は名古屋に行く前にダッシュでゲットしてた土日。二次発売。
3,4日前にロッピーで発券しようとしたところ、
アーッ!!
ここ引き換え番号だけではなく会員番号も必要だった!
前にも忘れたってのまたやった! 反省してねぇ!!!(笑)

そして会員番号を用意して次の日。

エラー。

あれ?
なんか手順間違った?

この日も家に帰る(笑)。
ホームページでちゃんと手順見る。あ、押すとこ違ってた。
分かりにくいんだよチクショー!!

3度目の正直! これが前日23日の出来事で。

エラーーーーーーーーー!!!!?

有効ではないと!?
えっ?!えっ?!えっ?!
どういうこと!?

ロッピーに備え付けの電話で問い合わせる。
そしたら。

「もう既に発券されてるようですよ」と。
ホアアアアアアアアァーーーーーーーー!?

他人に盗まれた?! いや、クレカスキャンしなきゃ発券できないし。

システムの問題で他の人と番号がダブった?

今度は電話で案内されたローソンチケットの問い合わせ番号に電話する。

なっかなか繋がんねーし! ライブ明日なんですけど!!

やっとこ繋がって聞いたら、なんだと?! 発券期限が19日までだったと!!?
聞いてねーーーーーーーよ!!!

そのことメールで送ったんですけどって、届いてない!!!
(クレカ決済完了報告メールは来てる。)

ホームページの会員ページでも前日23時まで発券OKになってるし!!!
そのメール以外、19日までと知る由もない!
こんなの絶対おかしいよ!

それでキャンセル扱いなのか?!あぁ!?(半ギレ中)
クレカ払い戻しはどうなんだ!?

…違った。ちゃんと買ってることにはなっているんで。
ドームの当日券引換所で受け取りだそうです。身分証明書と購入時入力した4桁の番号を用意して。

フーーーー。
一安心…。

くああああああああ!
(安心してまた怒りがこみ上げてくる(笑))

もう絶対利用せん!!! ローチケで取るくらいならボードもって立ったほうがマシ!!!
e+は一つの番号入力だけで発券できるのに、ローチケめんどくさすぎるし!
e+、ぴあに比べたら利用者少ないんだろうから取りやすいんだけども。でも頭キた!(笑)

そんなこんながありました(笑)。


ガチャガチャ。
「ガチャガチャについてのご注意
東京ドームシティ内でのアイテムの交換や転売などは絶対にお止め下さい」
守らない人はスタッフが注意するとのこと。
ほう、こんな看板が登場するようになったか。
あのガチャガチャ出口のギラギラした視線…、嫌だからすぐバッグにガチャガチャしまっちゃうもんね。

ガチャガチャのアイテムの写真をテントの上に貼ってたり、他ドームと気合が違うねぇ。

土曜。
★ファイバータオル(ホワイト)

工エエェェ(╬ಠಠ)ェェエエ工

よよよ4枚目だよ!!! どういうことなのおおおおお!?

4枚縫い合わせてテーブルクロスにでもしろと!?(笑)


日曜。
並んだら、売り切れ間近でもしかしたら買えないと!!
千秋楽スゲー!!
なんとかまだ間に合った。
ドームでは1枚ずつだったけど、今日は奮発して2枚。
この日じゃないけど、前に並んだ人が40枚交換してた。2万円……そのお金で別のライブ行ってるわ(笑)。

タオル以外が出ろ!!(笑)

★プライバシースタンプ
あ、これもダブった。。
★エナメルミラー
これは初だったんだけど、その後会った友達と交換することになる。

交換して手に入れたのが…

★ピンバッジ
いっぱい出た!って!(何回やったんだ…?) うおおおおおおお!!! 感謝!!!!

今まで銀の盤だったのに、金!!
そして濃い桃色。
上に MERRY CRISTMAS って書いてある!!!!

…?

oh, miss spell.

Christmasだよサンタさーん!!!(笑)
今日はH抜きで!!<親父ギャグか。

つーかB'zのツアーグッズってしょっちゅうスペルミスがあるような……

そんで、下には 12.25 TOUR FINAL と!

さらに後で知ったんだけど、この日はもう一つ限定バッジがあって、
それは黒でした。こっちは普通に 12.25 TOKYO の表記。

あと、ピンバッジ、全会場全日程分ゲットした猛者と会いました(笑)。
全27個!(26公演、ラストが2個)
見せてもらいましたが、圧巻なり。
全部集めたら何でも願い事がかないそうですな!(笑)
あ、バッジを全部集めることが願いっすか!(笑)

……いくらかけたんだろう…?

ACTIONのカチンコも某所で全部そろってんのを見たことがあります。(あれは有志が提供したんだろうけど)

少し集めだすと全部そろえないと気がすまなくなるのが恐ろしいところだぜ…


開場する頃には完売の看板が!!!
みんなすげーぜ! もっと用意してたらもっともっと売れたんだろうから、関係者は悔しい思いか?(笑)



CD売り場には「Don't Wanna Lie」のフラッグがなびいていたり。
サイン入りでもらえたのはこれより小さいサイズのものだったはず。

今年のツアーではくじ引き2回目にしてサインゲットできたので早々と戦いは終わってまして(笑)。
でもちょっと寂しいような、ね(笑)。


ドーム真正面の22ゲート前の看板。これも東京ドームと武道館くらいだね。
その上に「絆 がんばろう! 日本」と。


階段下にひっそりとある関係者入口。
お花が並ぶ。

NHK MJ
日本テレビ Music Lovers
読売テレビ
TBSテレビ カウントダウンTV
フジテレビ 音組
HEY!HEY!HEY!、魁 音楽番付
テレビ朝日ミュージック社長
テレビ朝日 世界水泳
テレビ朝日取締役
MUSIC STATION

一般人が入れない門の奥にもすっげー大量に並んでます。

木曜も書いたけど有名人では。

舘ひろし(稲葉さん宛て)
GLAY
小倉智昭
マツコ・デラックス

さらに木曜より増えていた!

CHROME HEARTS(同じ並びにあったので)
LOUDNESS
MISIA
THE ALFEE

おおー!!
さいたまに引き続きくれたLOUDNESS兄貴。TAKとタッカンでなんかコラボしてほしいもんだ。
MISIAは昔TAKとコラボしましたね。
これまた先輩アルフィー! たかみーとのTAKコラボも記憶に新しいところ。

他にもサーっと見ただけなんで全部は把握できなかったけど、
ワッツインや各ラジオ局。
ドワンゴ、タマホームなどからも来ていて「えっ!?」って思いました。


ツアートラックは確か東京ドームではお目にかかれないので探さない。


肝心の当日券引き換え。
警備員に話して売り場前いける。
当日券買ってると勘違いする人もいるからかな。
身分証明書だけでもらえた、もうチケットの束があってリストと照合して。
駆け込み寺的な人も他にもいるんだな。お手数かけまして…かけさせやがって!!


ほほう20ゲート。
1塁側の端か? 横から見るのかー。え?2F??
20ゲートから入ったら、そこから階段で上まで上がらされる!
40ゲートがまん前!
なんということでしょう!
入場ゲートと座席が一致しないことを自ら証明してしまった(笑)。ホントにそうなのね。
あれか、21〜23ゲートがアリーナとか1階の正面と良い席と分かってしまうとオークションの高騰を防ぐためか。
2階スタンドが40,41ゲートのみの入場だと混雑するから分散させたとか。
それかもう適当に入場者ランダムに分配してんのか。
1塁から3塁側まで歩かされるってのはさすがにないか?

結局2階スタンドでして。
でも真横ではない、真横はA席だから。

見事に天井席(笑)。
土曜、さらに照明塔がステージど真ん中被ってるし!!!
座席なんかどこでもOKスタンスだったけど、22日が良かった分、落差ありすぎで。
ガビーンなクリスマスイブ。。

あと最上段なのでかろうじて真ん中の画面は見える、もうちょい下だと完全に照明塔でステージさえぎられるだろう。
そうなると隣の六角画面ばっか見ることに。

ライブ始まって分かる。
ここだとさすがに音量が小さい。爆音という表現は使えず。話し声が聞こえてしまうレベル。
いやー、こんなときもあるさ。

日曜も同じくのローチケだったので嫌な予感がしてたんだけども、
土曜よりは正面よりで照明塔に隠れずセーフ。天井席には変わりないが。
ローチケは天井席!<言い切るな(笑)。


まだ昼のドーム。
天井の隙間から木漏れ日が入るんだ。


アリーナ観察。
AブロックはA1〜A19まで。花道よりも長い。
ど真ん中のA9〜A11の人は特に忘れられないライブになったろうね〜。

DブロックはD1〜D15。照明塔の辺り。
Dブロックの真ん中にPAブース。
B'zってPAブースでかいなとふと思った。他のアーティスとのをマジマジ見てはないけど。
フライングステージしてても半分くらいはスタッフの上を移動しているということか(笑)。

そんでステージ着地地点も広々してるし、
このフライングステージがあると結構なブロックを潰しているってことか。



「C'mon TV」
ドームツアーから開場時間中に流れている番組です。
15:15、15:50、16:35の3回放送されます。約20分。
同じなのはTOPICSコーナーのみで他は3回とも少しずつ違います。

明日への元気と活力を、B'z LIVE-GYM 2011の提供でお送りします。

海外ニュース番組のノリの突っ込みどころ満載なキャスター二人。
陽気なメタボ男性マイクとアシスタントの女性クリス。マイクには冷たい(笑)。
マイクは会場に時たま呼びかけをして、そのことを知らないクリスは??状態。

クリスマスの2日間は3回目だけ、これまでと少し違っていた!
始まった瞬間から映像に違和感があると思ったら。
キャスター二人のセリフが違う!
メリークリスマスと挨拶。マイクがクリスをデートに誘う(笑)。

番組の最後にもメリークリスマス!と。


TOPICS。
B'zの特集。
・「C'mon」リリース。連続1位記録と総売り上げ8,000万枚突破。
外人なのでオリコンを知らないらしい(笑)。
・海外ツアーの紹介。ネット配信。
・TAKのグラミー賞。

TAKのグラミー賞受賞時の英語スピーチに字幕が出ていたので。
こんにちは。TAK MATSUMOTOです。
日本のギタープレーヤーです。初めまして。
日本のギタープレーヤーとして、
ここに立てることを本当に光栄に思ってます。

・リンキン・パークとの競演。
・ペプシCM撮影。

ちょくちょくCMをはさむ。
ドームからは最後にペプシ「いつかのメリークリスマス」CM。
アルバムCMやペプシCMの中、会場限定CMが!!

・人形の秀月
なんで!?っと誰もが思ったことでしょう(笑)。
森光子「もちろん、兜にはお宅の
家紋をお入れいたします
家紋をお入れいたします
家紋をお入れいたします。」
これはヒドイMAD(笑)。
兜の家紋がC'monロゴになってますし!(これがライブ本編のとあるコーナーに繋がる)

・公文式
子供が塗り絵しているのはC'monロゴなのでこれ用に撮影したようだ。
かもんいくもん!
「無料体験学習受け付けていません」<なら言うな(笑)。

・水戸黄門
もういきなりオチが読めるという(笑)。
この紋所が目に入らぬか! C'mon〜♪ クヮーハッハッハ!


B'zしりとりCMやマツコ・デラックスCMの会場ウケも良かったです。
ネットを見ない人にはどれも目新しいだろうし。
(ファンじゃない友達に誘われて来た系の人はB'zのイメージ変わるだろうな〜)


マイケル・トミーのTVショッピング。
懐かしのマイケル富岡がツアーグッズをおもしろおかしく紹介。
1回につき3アイテムずつ紹介。

・携帯ストラップ
指でグルグル回して、ヒーーハーー!!

・ツアータオル
逆さまにするとuow、ウォウ! 盛り上がったねー!

・ツアートラック
トゥアー・トゥラック、言いたくなるヨネー! 心地イイヨネー!
靴にくくりつけてもローラースケートにはなりません!

・アイマスク
口にすればマスク!耳にすれば耳あて! 顔を全て覆いつくせ!
ガチャガチャアイテムは料金+ラッキーが必要。

・スカーフ
外で使うのはもったいない! ディス・イズ・アート! 絶対持ち歩くな!!

・ポーチ
あえて男性にオススメしたい! 理由は聞くな、野暮だぜ…。

・BOXティッシュケース
何でも詰めちゃおう! ペットボトルを詰めるのもありだよね!

・ラバークリップ
こんなオシャレアイテムみたことない! 君のハートをつかみたい。

・キャップ
思い出すな、涙を見られたくなくて帽子を深く被ったっけ。あいつどうしてるかな。。
(このCMの前にキャップは脱いでおく(笑))

やはりこの二日間はラストにメリークリスマス!と言ってました。


B'zの楽屋とライブ中継。
マジかっ! とワクテカしたら。

「どうも〜楽屋でございまーす」
ってどっかで見たことがある人形劇が(笑)。
ちょい懐かしい芸人に入ってますよね、パペ(ry

いなばこ、うしです!
さてはおまえ〜… ウシ君!!

そして楽屋の俯瞰映像。
一人で固定カメラに向かって撮影している…。
さすがのマイクとクリスも唖然。

パペマペの人形がつけてるB'zイラスト、
どっかで見た覚えあるけどなんだっけー?とあんま気にしてなかったんですが、
去年のAin't No Magicの開演前に「ひとりじゃないから」が流れたときに出てたイラストだ! 最後の最後に思い出せた(笑)。

2回目。
まつもと君、いろいろはみ出しちゃってるよ。
(こうし君は全身被っているのに対し、まつもと君はお面だけ。)
毎日ハエを食べています。
いなば君の周りにもハエが…おまえさては! ウシ君!!

さらになぜかショートコントが。
「天使と悪魔」天使のささやきに対し、お前が悪魔だろ。
パペットマペ…いなばっとまつもっと。
会場ややウケてる(笑)。

3回目。
風邪をひいたこうし君。牛乳を飲んでおふくろの味。おまえさては(略
急の中継で中の人が! 危ないところだったぜ…。

マイケルトミーとパペマペを何度も見てると苛立ちどころか高感度が上がってきた(笑)。

福岡と名古屋のC'monTVでは、
一回目に大ヒット井戸の特集、
2回目にB'zは宇宙人だという韮澤潤一郎VS大槻義彦の討論、
1,2回最後にめざましTVの1コーナーのパロ「今日のC'mon」がありました。
スベッてる感があったからカットされたんでしょう(笑)。
宇宙人の時は稲葉さんのロングシャウトやTAK速弾き映像があってカッコよかったんだけどな。

3回目のラストにペプシいつメリの1分CM。


開演前BGMはこちら。

土曜の直前は
Machine Head - The Sentinel
日曜。
Stone Sour - Say You'll Haunt Me

BGM曲集めて聴くとライブ前のテンションがよみがえるぜ!!!

過去レポ。
レポのテンションが高いのはやはり初日仙台、ドーム初日福岡。

9/17 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
9/18 宮城 セキスイハイムスーパーアリーナ
9/23,24 サンドーム福井
9/25 テレ朝ドリームフェスティバル2011
10/16 朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンター
11/3 さいたまスーパーアリーナ
11/5,6 さいたまスーパーアリーナ

12/4 福岡 Yahoo! JAPAN ドーム
12/10,11 ナゴヤドーム
12/17,18 京セラドーム大阪
12/22 東京ドーム


暗転してもドーム後方の頭上にはライトが灯されている。消してほしいんですけど(笑)。


これで見納めC'monツアーいよいよ開演!!!

Opening Movie

不穏なギターの音がフェイド・イン!
壁の線を辿るように壁に青や、赤の光の筋が走る!!
どんどん増えていきます。

壁が青くなり真ん中がゆがみ、人の輪郭になる!
青い人物が辺りを見回す!
口を開けて崩壊消滅! 壁に戻る!


BGM本格スタート!
会場から手拍子!

3Dマッピングの圧倒的映像! 壁が立体的に凹んだり!
波打つ。
上下に線状。
光る。
コイン型に反転。
3つに! ジグザグと動く!
真ん中が出たり消えたり。
後ろに引っ張られて、ビヨーンと戻ってくる!


そしてさらにノリノリビートへ!
左右、スピーカーのように振動しリズムを刻む!

六角画面の淵もカラフルに光ります!

青、黄色、赤!
うねる!

ドクンドクンと鼓動が聞こえてくる!
青い血管心臓がだんだん出現してくる!

日曜。
心臓の下に FINAL の文字も浮かび上がる!!!
B'zのLIVEでは千秋楽の時こうちょくちょく特別仕様を入れてきますからな!


心臓が壁に消えて、お次は壁全体がピンクの細胞のように!

ここであの曲のリフがベースだと分かる! ジャージャジャッジャ!!

水色の液体状となる!

草木がサイドに生い茂る!
真ん中の壁が崩壊!
心臓がさらけ出される!
黄色い蝶が2,3匹舞い、赤いバラが咲きだす。

ドカンとさらに画面がえぐれて、
大きな電子の蝶の姿が!
ワシに変化!
馬となって!
クジラヘ!

壁に戻ったところで、
さらに、壁に赤、青、黄色の人形が張り付いている!
どんどん人形が増える!
サーチライトが人形たちを照らす!

真ん中に集まってくる! 合体音がする!
全部が集合し赤い玉となる!

壁から最初の青い人が登場!
右手で赤い玉をつかみ、見る!
C'monロゴの“C”の文字が描かれる!

低音の聞いたC'mon!!!のシャウト!!!
(この声は稲葉さんだと思ってます。モンガレみたいにシェーンもありえるか。どうだろ?)


1. さよなら傷だらけの日々よ

電子音からリフ!
2011年幕開けシングルキターーーーー!!!

轟音リフとともに巨大なシャッターが中心から開かれていく!
開いた中から激しくストロボ光が漏れる!

リフはCDより長く!

空中に浮いたX字型の階段セットの中央にいるB'z!
ド派手な登場だ!


衣装は3日間とも全て同じでした。映像化の期待。

稲葉さんの衣装。
豹柄ロングジャケット。
稲葉さんのシャツは3日間とも紫。他の会場で着ていた赤の方が個人的には良かったかなー。
黒のベスト。
黒の皮パン。
黒の靴、靴底は白。
志マイクスタンド。色は黒でラメがついたような輝きを放つ。

TAK。
黒のロンジャケット。細かいチェック模様。
白シャツ。
黒のパンツ。
サングラス。金のピックネックレス。左腰に金のチェーン。右腰にスカーフ。
今ツアーにて初登場の青いDouble Cutawayギター!! 1音下げチューニング。
GIBSON Tak Matsumoto DC Prototype 2011 #1
ステージ上には、去年はダイアモンドのだったがマーシャルのキャビネット6x2。

日曜は稲葉さん、手前の柵に足をかけていなかった。

六角画面は扉が開く姿を正面から映していました。
メンバーの後ろのLEDにはカラフルな幾何学模様が高速で正面に向かってくる!

BメロのLet me go now!のコーラスは大声で叫びたいけど周りに気を使う(笑)。
バリーもマイクにコーラス!

サビで光り輝く!

2番Aメロ、それぞれ階段を下る。TAKの方が早く下へ。
稲葉さんはスタンドを抱え歌いながら。
ここで正面のLEDに真ん中で分割され稲葉さん松本さんが映る!
階段を下りてからは最初のカラフルな図形が下側に流れていた!
激しい線のような網のような映像も。

間奏の初め、ギターに合わせて照明点滅!

ステージ裏に回りこんでいくシャッター。
B'zを下ろした空中のステージは天井へ上がっていく! その下には照明が取り付けられている。

大サビで天井と床のライトが交互に白光点滅!
爽快感!!

アウトロのリフもロング!

アウトロでドラムのほうを向き、激しく首を横にヘドバンする稲葉さん!!
カッコイイ名シーン!!!

曲の終わりの瞬間火花が炸裂!!!


2. さまよえる蒼い弾丸

ドラム一発からイントロへ!
北米ツアーからプッシュされている曲!!!
たくさんの蒼いサーチライトが辺りを照らしていく!

ロングジャケットをなびかせ高速回転!

TAKは赤DCへ!
GIBSON Tak Matsumoto DC #TM6001
蒼い弾丸なのにギターが赤いのが納得いかないと友人に言われた(笑)。(さっきのは1音下げ、半音下げギターは近年この赤いの担当だからね。)

Aメロ。大賀さんはスタンドに取り付けられたアコギを弾いていて、サビではエレキを弾くという器用なプレイ。

2番Bメロ。TAKの方を向いて、手のひらを向け大股で上半身を後ろにそらしながら歌う。この動き最近の稲葉さんのマイブームか。

2番サビ。
上手のBOXに飛び乗り、左足上げ。
(BOXってのはステージ前方に設置されている四角い箱。2007年くらいから置かれ始めたんだっけか。)

さよならしよう♪
高速で横に手を振る稲葉さん! 会場のみんなももちろん!
そして稲葉さんは手を振りながら大股一回転!

僕はさまよう 蒼い弾丸♪
カメラ指差し!

ギターソロ。
弾丸の薬きょうが散らばる映像。
照明は緑。
ビートはゆったりで、ソロは速弾き!!

ソロの終わりで下手のBOXに飛び乗り…

大サビでBOXから大ジャンプ飛び降り、高速で回転!! コートがぶわっとマントのように回るのがカッコイイ!!
目がハートになります!(笑)

もっと♪
TAK回転!

2回目の
もっと速くーーーーーーーーーーー!!!!
天井指差し!
ワウのプレイ、ジャーンとエンド!

稲葉さん両手上げ。

会場この2曲で一気にヒートアップ!!!!
メンバー名前を叫ぶ声多数! もちろん私も(笑)。


暗転明け。

TAKはロングジャケを脱いでいます。ベスト姿に。グラサンはまだ着用。
黒DC。ストラップの玲の文字は赤。
GIBSON Tak Matsumoto DC Prototype #2007-4

稲葉さん、スタンドの下を持ち高く掲げて、マイクをアリーナに向けて歓声をあおります。
少し歩きながら。

土曜。
男性客の「稲葉さーーーん」の叫びに稲葉さん軽く手を上げる。


テーブルの上に白い箱が用意されます。表面にツアーロゴ。
稲葉さん手を突っ込み。。
白いボールを引き抜く!
ボールを見て口をへの字に(笑)。
カメラに映す。

ボールに B'zの と書かれています!

B'zの!

叫んで上手前方に投げる!


2個目も引いて。

土曜。
口をプクーとさせる(笑)。かわいい。

日曜はどこにしようか見渡してから。

B'zの!!

下手に投げる!


右手で左肩をさわり、クイッと肩慣らし(笑)。

3個目。

土曜。
!!!

Merry (ギザギザ柊の葉っぱにベルの絵)
Xmas

キターーーーーーー!!!!

それを見てから箱に戻そうとする稲葉さん(笑)。いやいやいや(笑)。

メリークリスマス!!

真正面に投げる!


日曜も!!!

赤丸の(祝)
千秋楽

太い書体で書かれている!!!

サビシーーー!!!
(笑)

真正面に投げる!


箱の中を覗き。

4個目。

ボールには B'zのLIVE-GYMにようこそ !!!

土曜。
どこに投げるか迷って、やや下手へ投げ!!

日曜は投げる前に、
ボールで首の汗をぬぐう!!! キャーー!!
笑顔稲葉さん(笑)。
でも、それを投げるのはバッチィと思ったのか、ジャケットの下でボールをゴシゴシ拭く(笑)。

上手に向かって投げながら叫ぶ!


B'zのLIVE-GYMにようこそーーー!!!

ギターがジャーンと入ってからイントロへ!

(これはドームからの演出。アリーナはシンプルで、会いたかったよ〜と間に言ったのみ。)


3. Don't Wanna Lie

シェーンがカウントを叫ぶ!

最新シングルキターーーー!!!!
近年「ようこそー」の後は最新シングルとなってますかね。去年「MY LONELY TOWN」。その前「イチブトゼンブ」。

お客さん、アリーナとか最初の会場では手拍子がなかったけど、
東京では逆にビートよりも速いテンポで手拍子している。

マイクスタンドを揺らしながら歌う。

もう何年たつだろう♪
ここで天井のライトがピンクに光る!

この心に♪
左手で胸をさわる。

ドラムソロ、シェーン頭上にスポットライト!

稲葉さん豹柄ジャケットをブワッと脱ぐ!! この男らしい脱ぎっぷりがメッチャカッコイイ!
ドラム横に投げ!
黒ベストに紫シャツ。

この頭ん中♪
コメカミを左指でグリグリはお約束の光景!

大サビでは大股で熱唱!

君とともに♪
正面指差し!


ラララ合唱!!

オオゥ〜〜〜とフェイク!
I don't wanna lie----------!!!!!

すがすがしきエンド!!!


4. ピルグリム

メロディアスなギターのハモリ。
メンバーは大きく動くことなく、歌演奏に集中。

マイクスタンドを握り。
稲葉さん、右手首にいっぱいリストバンド。
そして左手首に唯一、“浜のミサンガ「環(たまき)」青”を付けています。追記:冬バージョン(エメラルドグリーン)だそうです。


正面LEDが変形し、V字の形になります。
そして美しいCG映像が映し出されます。

イントロでは羽毛。
Aメロから雪山の上空を進んでいく。
Bメロは花。
サビでは海に。

ブリッジでは再び羽。

2A、森林。
V字画面の左に稲葉さん、右にTAKが映像に重なる。
Bメロ、黄色いや赤い花が切り替わる。
サビ、湖、雪山。
草地から花。

Gソロでは雲の映像に。
右にTAK、左に大賀さんが映し出される。

Dメロ、無数の羽が舞い上がる。

ラスサビの入りでこれまでの映像がフラッシュバックで切り替わる。
この瞬間が最高に好き。
そして青空に桜吹雪の道を直進していく。

アウトロでは
右の翼、左の翼の順に画面をゆっくりとあおぎ、
そして両翼が羽ばたき、
最後は羽がバラバラにはじける。


土曜。
アウトロでハミングをした稲葉さん。ここに来てアレンジが加わった!

真正面から見ると稲葉さんから翼が生えているようだ!!!
日曜、感動して目頭が熱くなった!!


5. BE THERE

サンプリングのイントロ。大歓声が巻き起こる!!
まさかの!ですよ! ドームから追加になりました。
このツアーで生で初めて聴いたので大感激でした!!!
21年前の曲ですか!!

Someone
下手花道のライトが白く光る。
Something
続いて上手。
Be there anytime
全て光る。

CD音源と同じく、スピーカーを完全にパンしています。(結構珍しいことだと思う。)
なのでA席など左右に寄った席ですと片方の音が聴こえにくい場合あり。


イントロのアルペジオの後からバンド生演奏。
バンドになるとやはりCDよりもロックですね。
サビ入り前のドラムなど。

LEDが分割され左右に分かれていきます。
六角画面の位置に。六角画面も移動しては見切れ席用画面に重なります。

奥の壁は風車のように光二つが左回り。
ドーム後方の天井にも車輪のようなライトが。5,6個。

稲葉さんはまず下手花道へ移動。TAKは定位置のまま。

Aメロ、指弾き。

Here it!
膝上げ!

サビは全部歌ってる稲葉さん。

2番Bメロ終わりの
ことみたいー♪
シャウト気味に!

サビではバリーも映像に映る。

君のまわりでも♪
正面指差した左手指をくるくる回す。


Gソロで稲葉さんは上手花道へ。その途中、観客席にオッスとばかりに手を振る。

Someone tell me ...
ボリューム奏法。

大サビでのバッキングギターもメロディアスに弾いていた!

ラスト。
Be there anytime♪
の後にanytime!!!とシャウト!!!

オリジナルに忠実なソロ。

アウトロにて。
イェーイェーイェー!!

上手から戻る際、こっちこっちと2回手を振りあおる。

Someone tell me ...♪
BOXに片足をかけ。
ささやき、アルペジオのフレーズになり。
HiddenのDVDと同じ感じだけど、エンディングがジャーンで1回でエンド。
(あっちはジャーンジャーンジャーン)
その瞬間、首を右上にクッと曲げる稲葉さん。


暗転。
ここでようやくTAK、グラサンを外す。
コリーナDCに。
GIBSON Tak Matsumoto DC Prototype Korina #1

MC。

どうもこんばんは!
みなさん元気でしたかー?
東京ー!!

土曜。
久し振りに東京ドームに帰ってきています!
今夜の東京ドームのみなさんのごきげんはいかがですか?

ん? なんですか?
(耳に手)
最高ー? サイコー?
サイコーですか?
サイコーですか!

じゃあそのサイコーが
超サイコー!になるように、
そして、
忘れられないクラスクリスマス・イブになるようにw
(大事なとこ噛んだwww 思わず口を押さえる稲葉さん(笑)。)

(仕切りなおして)
忘れられないクリスマス・イブになるように、(我々も〜の部分へ)


日曜。
ついに最終日になってしまいました。
(両手を握って)
しかもクリスマスということで。
今日のみなさんのごきげんはいかがですか?

ん? ん?
最高ー?
超サイコーですか?
(あれ?この時点で超サイコーって言っちゃった。)

じゃあ最終日のクリスマスの夜ということで
今日はみなさんのそのサイコー、超サイコーを
超超超超超サイコー!!になるように、


我々も全身全霊で歌って演奏していくんで、
みなさんも悔いのないように
ゆっくりたっぷり楽しんで
幸せになって帰ってってくださ〜い!

(最終日は超サイコーをはるかに凌駕するサイコーでした(笑))


6. Homebound

幸せに帰るということでこの曲ですね。
2nd beatでタイアップがあり、アルバムにも収録されたということでB'zもお気に入り曲なのでしょう。

増田さんピアノソロから。
ピアノに取り付けられたカメラが手元を映す。
サビメロディを取り入れ、流麗に優しく奏でられる。

ストリングスのイントロ。
(「OCEAN」と勘違いする人もいたみたいで;)

丁寧に歌います。
会場もしっかり聴き入り。

左右に分かれたLEDにはモノクロでB'zが映されます。
ステージ奥の壁には星空が映る。

温かみのあるギターの音色がとても良いです。

アウトロにはCDにないエレキのソロが加わります。

最後に後ろの夜空に流れ星2つ流れる。2つってとこがB'zを表してるのかなと思いました。


7. ボス

おもむろにプレイするのはアウトロのリフをメインとしたセッション!
オールドなハード・ロック的。

稲葉さんはステージ裏へ。

赤い照明。

TAKソロから。
続いて大賀さん、得意のスライド奏法。
オルガン、ベース、ドラムと各ソロをはさみ。
再びメインリフへ。


曲が始まり稲葉さんが下手から登場。
白いニットの長袖シャツに着替え。胸筋目立つ。
マイクスタンドのマイクを取り出し体を動かしだす。

サビで手を上げる人はまちまち。ギターに合わせると上げやすいです。

ブリッジ。
ファルセットのフェイクをはさみ。

約束しても♪
左手をZの字に動かす。

期待したのは♪
ささやきから。。

ダ〜〜〜〜レ〜〜〜〜エエエエ!!!
稲葉さんから驚きの低音!!! バリトンヴォイスっていうのかな?!

ギターソロ。
哀愁ブルージーなギターの音色。
バリーの横でエアギターしたりステップ踏んだりしている稲葉さん。

この首締めつける♪
首をつかむ。

自分の体裁だけ♪
ここで入ってくるドラムに合わせて、パッと大股開きした稲葉さんが前屈し又の間を叩く動き。

前かがみになり、
全部台無し♪
イェイェッイェイェー!!連続シャウト!!!

酔っぱらいたい♪
ふらついた動き!

アイアムソーリ♪
胸に手!

なんて言っても始まらな〜〜〜〜い!!
ラスト伸ばし!

Blame it on me now♪
キック! 回転のコンビネーション!
そしてステップ!

ここでのリフがさらにカッコよく感じます!


今回のアルバム曲で一番ライブ化けした印象があります。
とにかく稲葉さんがノリノリで! 見所たくさん!

この5年何人総理大臣変わったんだっけかなー。


アリーナではこの間に「ひとしずくのアナタ」が演奏されました。
唯一ドームでセトリから外された曲。


8. 命名

ストリングスのイントロから。

画面はメンバーの表情をゆっくりと映す。
(初日福岡のみ蛍の映像が流れてました。)

照明も余計な色をつけずシンプルに。
まっすぐに伝わってきます。

演奏も忠実に。

再び会場聴き入りモードで。

大サビ。
カメラが真正面からゆっくりと稲葉さんをアップにしていく。
後ろに重なったシェーンのダイナミックなドラミングがカッコよすぎて悶絶!
そして稲葉さんの熱唱!!!
鋭い目つきや切ない表情。目をそらさず見つめる…
稲葉さんの眼に輝き!

ラストのギターソロもカッコよかった!!

これで最後!という思いもあって、最終日は全身にトリハダ立つほど身震いしました!!
ヤバかった!!!

4名でチケットが買えるようになって、子連れのファンも増えてきて。
“どんな想い注ぎこみその命に名をつけた?”
子供がいない人も、ならば自分の名前を親はどんな想いでつけてくれたのか想像してみてみる。。

演奏終了後お辞儀。


暗転。

TAKの前に弓形のマイクスタンドが置かれる。
TAK金DCに。
GIBSON Tak Matsumoto DC Standard Goldtop #TAK G001

MC。

どうもありがとうございます。
一番上のてっぺんまで聴こえてますか?
おーい!
(右手振り)

じゃあここでみなさんにお願いがあります。よろしいでしょうか?
お願い聞いてもらえますか?
いーよねー?

ぜひみなさんと一緒に手拍子をやりたいんですが、
みなさん手拍子は大好きですよね?

凄く簡単な手拍子で、
(稲葉さん手拍子をする、それを見て客席も手拍子をする)
そーですそーです。そんな感じ。

一応テーマがありまして
「仲間がいるってなんてすばらしい!」
というテーマを手拍子を通して感じてみようじゃないかという試みでございます。

やり方はですね、
まずバンドからスタートして
僕が合図を出したらアリーナの1列目の人から
(端から1列目を指差していく。手を上げるお客さん)
そーですそーですそーです。

スタンドはステージ寄りの、
スタンド多種多様ありますが一番端の人、
(下手のスタンドを指差して)
自分がスタートだなとわかります?
(端の人が手を上げる。)
あー、あなたです。
(稲葉さん指差し。でも真ん中くらいの人も手を挙げてて、)
あなたはどー考えても違いますよね(笑)。
(稲葉さんにいじられた人おいしいなーw)

とにかくスタンドの人は端から手拍子始めていきます。
(上手スタンド指差し)
大事ですスタートは。スタートが失敗すると大変なことになる(笑)。

僕が合図を出したら1番手の人が
(手を叩く)
そしたら私が、次、次、
(手拍子して一歩下がる動きを2,3回する)
増えていきます。

ここまで大丈夫?

アリーナはザーっと行きまして
(両手で押す動き)
スタンドはこう、
(開いた腕を頭上でゆっくり閉じる)
…って行くんです。
最後はだいたい真ん中辺りになると思うんですけど
(左手を縦に下ろす)
そこが終点です。左右からぶつかったあかつきには、
(顔の前で手を合わせる)

うおおおおおー!!!

という歓喜の叫びを恥ずかしがらず上げてください。
これも責任重大なんですけどできます?
(指差し)
うあああああー!!!
(左手上げ)

拍手がこうバーッと行って
(両手をゆっくり合わせる)
終点まで行ったら声が
うあああああー!!!
って帰ってくる完成予想図です。

会場でかいんでなかなか難しいんですけど
上手くいくと、ものすごいことになります!

日曜。
(会場一瞬シーンとして)
誰も信用してない(笑)。


アリーナは割とすぐ行くんですけど
スタンドはとにかく時間がかかる、しかもスタンドの上の段は時間かかるから。構造上。
自分たち(下スタンド)が終点まで来たら終わりっていうことではなく
なので下のスタンドの人たちは終わっても叫ぶのをちょっと我慢して
てっぺんの人が最後まで来たら
うあああっ!!!ってやっていただけるでしょうか?
(額に手をあて遠くを見る)

土曜。
スタンドの上の方の席だった人から匿名の投書が来まして
「私は手拍子をやる前に終わってしまいました」
(笑)
行きましょう最後までね。
(そうそう、これまでのドームは1階スタンドがぶつかった時点で2階はまだだけど終わっちゃってたんだよね;)
よろしくお願いしますよ!


そして手拍子をする時はなるべく肘を上げて
(横を向き、左肘直角で上げ)
そうやると花が咲くみたいですごく綺麗なんです。
これも騙されたと思ってやってみてください。

必然的に1列目の人はずーっとやり続けなくてはいけないんですが(笑)、
ま、ちょっと下がってくるかもしれませんが
いい運動、腕のシェイプアップだと思って。

日曜。
あと言い残したことは?
ちょいちょい忘れるんですが(笑)。
大丈夫だろ!


やりますよ! やろーぜ!
じゃあバンドからスタートします。
せーの、
(バンドメンバーの手拍子スタート。
TAKはこじんまりと手拍子(笑)。)

まだですまだです。

日曜。
(バンドに対して)
しっかりー。
(笑)


いきますよ、せーの!
いけ!
(手拍子スタート!)


いーですよ!

(アリーナはあっという間に半分)

すっごい綺麗に進んでますよ!
いー調子ですよ!

アリーナ早く終わっちゃうけど
スタンドずっと見ててあげてください。

1列目の人腕下がって来てます(笑)。

土曜。
自分をしっかり持って!
(必ずウケるセリフ(笑))

(アリーナが終わる)

日曜。
すごい!今日はリズムが乱れない! すばらしい。


自分の番かなと叩くタイミングがなんかもうわかんなくなっちゃったらとりあえず叩いちゃってください!
(これも必ずウケるセリフ(笑))

土曜。
しっかりもって、自分を!
(弱まりそうになったら発するセリフ。日曜は一回も言ってなかった)


いーですよ!
さあ見えてきた!

後ちょっと!
(カメラがスタンド上段を映していく)

ちゃんといったら歓喜の声をお願いします!

きたきたきた!


わあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!
大歓声に包まれる!


せーの、
(パンで手拍子終わり!)

キモチーーーーッ!!!

日曜。
今日すばらしいです!
途中でリズムが乱れませんでした。
どうしたことでしょう!(笑)


人は一人で生まれて
一人で死んでいくわけですけども、
生きている間は、一人じゃないんだね。
(日曜はここで噛んだw)
仲間がいるって何てすばらしいんだ!

最高の手拍子でしたどうもありがとー!!


じゃあそんなすばらしい仲間と手拍子で
合わせて歌いたいと思います!
ぜひ一緒にやりましょう! 行きますよ!

(稲葉さんの手拍子が思いの他ゆっくりテンポなので最初はバラバラ)

土曜。
リズ・ムガ・ダイ・ジ!


アリーナの仙台2日目から始まりましたが、(初日は全員で合わせて手拍子するだけ)
さいたまでそろそろ難しくなり、これドームの人数でできるのかと誰もが思い(笑)、
初日福岡では今日の出来次第でこの後やるかどうかが決まると言われ(笑)、
なんだかんだで最終日まで続きました!! すばらしい!
東京は人数(座席の列)が凄いのでその分時間もかかり相当長い間手拍子していたんじゃないかと。
映像化するなら大幅カットされるんだろうかなー。


9. DAREKA

手拍子からリフが入ってきて演奏スタート!

ピンクと青の照明。

Bメロから稲葉さんマイク抱えて歩き出す。

サビではお客さんも手を振る。

2番のAメロでマイクスタンドを肩から大きく回す。

TAKもステージ前方へ歩いて出てくる。

どんな印象♪
カメラ目線。

強引に目をとじる♪で目を瞑るのはアリーナではやってたけどドームではやってなかったかな。

聞かしてくれ 聞かしてくれ♪
会場の合唱を求める。

いつも歩いてきた♪
照明点滅。


最後、スタンドからマイクを外し移動、下手の花道の少ししたところにて。

だれか〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!
(CDのようなシャウトではなく脱力気味に)

手を伸ばし、反時計回りで穴に消えていく稲葉さん。なんてこった!(笑)


会場がざわつく中、
直立姿勢の稲葉さんが上昇してきます(笑)。
足元には去年のツアーに参加した人なら見覚えがあるような井戸!!


うわーとこん中に吸い込まれちゃいました。
(井戸をまたいで出る)

あまりにも、何回も昔の同じ小道具を使ってるんじゃないかという声が届くのでスタッフの方のご好意で
C'monの家紋付けてみました(笑)。
(22日から装着されました。サビてます(笑)。)

何気にバージョンアップ!
井戸です。


(松本さんに目をやると)
いないじゃん。
(アンプの前、カメラが引く)

まっちゃん?


違うところから歓声が!
上手花道入口の穴からTAKが上昇!!

右手親指を立てて、やや右上を向き、サングラス、威風堂々たるポーズ!

右手で投げキッス、左手、両手でキッス!
そして右手を上げ人差し指を天へ!

腰に手を当て稲葉さんの方に顔を向ける。どや。

土曜。
カッコイーとか言って。
まぶしっ!
あれ? おかしーな?
家紋が付いてる!
(TAKの家紋はゴールド!!)
オレだけのバージョンアップじゃなかったんだ!
(稲葉さんショック!)

日曜。
井戸のパフォーマンスでこれだけ盛り上がるのも珍しい(笑)。

土曜。
みんな知らないと思いますけど
内部事情を話します。

日曜。
長々と代弁します。


アリーナツアーで散々全国各地で「井戸に入れ入れ!入れ入れ!」って言われ続けて、
そもそも曲となんの脈絡もないのに、
(確かに(笑))
なんで井戸に入らなきゃいけないんだ!と思っていたけども、
さすがにオレもちょっとくらい入ってやってもいいかなと思うようになった。
(TAK右手上げ)

日曜。
ですよね?あってます?
(TAK、うんとうなずく)


ただ、
オレは稲葉のみすぼらしい井戸には入りたくない。
(稲葉さんの井戸が画面に映る)
(TAK、やれやれのポーズ(笑))

土曜。
例え家紋を入ってもあーゆー井戸はイヤだ。

日曜。
なぜならオレは松本だから。
(TAK右手かかげ! 2回上げる。)


そこでオレは考えた。
そう、オレにふさわしい井戸を。
(TAK、クレバーに右手でコメカミを指す)

そして、
オレは発注した。業者に。
(この発言大好き(笑)。)

そうやって出来上がったのが
このオリジナルの、黄金の井戸だ。
(土曜。TAK、天を指差す。そして前に降ろして、バキュン!)
(日曜。画面に黄金の家紋がまぶしく光る。)


日曜。
黄金の井戸。
あとなんかあるんですか?
(TAK、シーっとポーズ、指パッチン!)

!!!

井戸が赤青緑とカラフルにチカチカ点滅する!!!
まるでクリスマスツリー!!!!
(TAK右手上げ!)

何カッコイー!! すごい!
ちょっと、こんなステイシーな井戸初めて見た(笑)。
今日でさらにバージョンアップしたと。
(井戸点滅中)
それほど大衆を喜こばせたいということですね。
(胸に手をあて礼をするTAK!)


事情はジューブンよく分かりました。
そろそろ出てください。
出ちゃって。


え?
(TAK、稲葉さんに来い来いと腕を伸ばして手招き)
そっから一人で出てこれるでしょう?
(稲葉さんしぶしぶTAKの元へ歩いていく)

土曜。
(TAK、井戸を指差す)
え?
(稲葉さんTAKの井戸を触る)
(シェーンのドラムロールが入る)
これオレと一緒のやつだ。
(TAKの家紋を触る)

ペシッ!
いてっ。
(稲葉さんの手をはたくTAK(笑)。)


日曜。
中、配線が凄いことになってる!(笑)
(TAK、稲葉さんにバシッとツッコミ(笑)。二人笑顔。)
こんなアナログな配線なんですね(笑)。


(稲葉さんが井戸の淵を引くとTAKの井戸が開く!)
なんすか!
(手を放すと勝手に閉まる)
こーいうの井戸って言う?(笑)
すでに井戸じゃないし!(笑)

(井戸を開いて)
ハイ、ドーゾ。

(TAK、胸張って優雅に歩いて出る)

日曜。
アンプの前で背中を向けて右手人差し指を立てるTAK! 最終日ノリノリだ。


ちょ。
(稲葉さんTAKの井戸に入っちゃう(笑))
いいね!
丸み、形。
(淵をなでていく)

日曜。
プハー。
(しゃがんで温泉に入るような稲葉さん。)
意外と軽いですね。


いや、良い井戸だと思います。
すいません、サーセン。

でもまぁ僕は井戸といったら渋い色のね、
自分の井戸に愛着があります。ああいうの好きですね。
(自分の井戸を指差し)

日曜。
好きだよ。
(手を差し出し)


ということで、
イイ歳した大人が二人で井戸に入って遊んでみようというコーナーでした(笑)。
井戸に拍手!


井戸であって、“だれにも言えねぇ井戸”ではないわけですね(笑)。
井戸に入ったのは大阪からで、福岡と名古屋では今シーズン話題のドラマ「家政婦のミタ」の物まねをして抵抗していたTAK(笑)。
もう井戸と言ったら貞子じゃなくてB'zか!?(それはいやだな(笑))
ここのやりとりだけでも、FC限定ビデオとかにまた収録して欲しいですね!(笑) 期待してますよ!(笑)


10. SPLASH!

ジャーンというギターのイントロから。
さっきのMCとのギャップがおかしいけど(笑)、でもすぐカッコよさに包まれる!!

稲葉さんマラカス振り!

テレレレレ スプラーッシュ!!

1A入る時に、Here we go!

うおおおおおおお! 英語バージョン!!!
生まれ変わった!!!(この曲もうライブでやんないかなーと思ってた)
Running around with everything in town〜〜
歓声が上がる!

縦横細切れにされたLED! 凄い技術です!

1番Aメロの日本語で言うとこの、
心を決めたら うだるような暑さの中♪
部分に外人隊のハモリが入る。
(ツアーの最初の方は入ってなかった。2番では入らない。)

BメロからはLEDが短冊状に繋がって、真ん中だけ二つ分くっついてちょっと太く。
真ん中に稲葉さんらを映し、周りには水滴の映像など。下からザッパーンというような。

(ネバネバ絡み合う精)の部分の英語詞はないんだけど、
そこでのオルガンの刻みプレイがクールでカッコイイ。

long time no seeツアーで披露された英語バージョン楽曲の中で唯一英語のままC'monツアーに組み込まれた曲!
あの時との違いに2番のサビがオリジナルどおり2コーラスになった点。

BOXに足をかけて歌う!

間奏、赤青のサーチライトが光る。

ギターソロの終わり、ハモリのアレンジ。

大サビで真ん中の画面にメンバーが映っていますが、そこに重なって波紋状に波が出ていくような映像が重なります。
綺麗。

California Splash! (Splash!)
Splash!とサポメンが叫ぶ!
稲葉さんがここで首をカクっと曲げるのがカッコイイ!!!

アウトロは激しくマラカスシェイク!
そしてアリーナ前方へ投げ! スタッフキャッチ。

“今飛び散る”の部分はなし。


11. Brotherhood

キターーーーーーーーーーー!!!!

イントロで青いサーチライト。
LEDが左右に移動してきます。六角画面は見切れ画面に重なる。

TAKは引き続きグラサン。

We'll be alright♪
観客大合唱!!

日曜。
1番の終わりのalrightを明るく叫んだ稲葉さん。

Aメロは会場に語りかける!!
みんな元気に生きてるかい東京ー!!
なかなか大変だよな全く!

誰もが毎日クタクタになってる♪
ここも歌詞を変え!
(この部分、いつもつまり気味^^;)


いざという時手をさしのべられるかどうかなんだ!!
左手を差し出して! 指先に力が入っている!

熱い!!! 迫力を感じた!!

You know what I mean♪は低いメロディで。

ギターソロの内に水を飲む稲葉さん。曲間で給水することから本気度が伺える!

ギターソロのラストはライブアレンジ!

大サビ。
アキレス腱歌唱!!!
圧倒的熱唱!!!!

会場大合唱!!
イェイェイェイェイェイェー!!!

We'll beeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee...
横を向いて前かがみ、途中でマイクを遠ざけて!
ロングシャウトに観客も驚愕し途中から拍手が!!!
極限まで伸ばす!!!

正面起き上がり!
alright!!!!!

すげええええええええええ!!!!
このツアーの中でもMAXフルパワーを感じた!!!!

千秋楽はフライング拍手なし。素晴らしい!
稲葉さんが拍手して会場も拍手。

そしてお辞儀。


千秋楽、私、涙ボロボロになってしまいました(笑)。視界がゆがむ(笑)。
今日着てきたツアTはBrotherhoodツアーTシャツ! 仙台初日もこれ着ました。
これを着るべきだと思ったのですよ!
曲のイントロで自分のTシャツロゴを見たんですね、
そしたらなんかいろいろ思い出してGLORY DAYS千秋楽に匹敵するくらい曲の間ずっとボロボロ泣けた…!!!
隣の人に気づかれてないことを願う(笑)。


暗転。
TAKはステージ裏へ。

MC。

どうもありがとうございます。
だんだん気持ち良くなって来ましたか?
まだまだなりますよ!

じゃ、ウチの素敵なバンドメンバーを紹介します。

ドラムス、シェーン・ガラース!!
(赤髪のシェーン、立ち上がり右手でパンチ)

ベース、バリー・スパークス!
(ベースを立てる。右手上げ。)

ギター、大賀好修!
(今年から参加の大賀さん。礼、手振り)

そしてキーボード、増田隆宣!
(両手上げ)


(アリーナではメンバーも一言ずつMCがありましたが、ドームでは無し)

稲葉さんがはけるとき、増田さんとハイタッチ。
土曜は一回避けられたのかズレたのか、2回タッチ。


キーボードソロ。
クリスマススペシャル!
増田さんが弾いたのは「WHITE CHRISTMAS」
素敵!
TAKも「House Of Strings」でカバーした曲です。
暖かい音色のキーボードで優しい気持ちなります。


いつものバンドセッションへ。

大賀さんアコギの魅惑メロディアルペジオ。
確かに近い感じではありますが「Mars」ではないと私は思っています。ってか違う。
そから繋がるメロディは…!

12. #1090

シェーンはシェイカーを右手で振りながら、左手のスティックのみでドラミング。
キーボードでTAK永遠の名曲「#1090」のメロディにベースソロ。
最後はキーボードソロ。

スピーカーキャビネット横からTAK登場! グラサンなし。
黒ベスト白シャツ。腕まくり。
レギュラーチューニングにした青DC。白い玲。

右手を伸ばしバンドへ拍手をと。

ドラムがドンと入り、エレキギター&バンド演奏へ!

TAKのギターが高らかに鳴り響く!!!
ダララララララの部分はなし。

これがグラミー賞ギタリストの名演だ!!


稲葉さん登場。
ピンクのHAVE YOU SEEN MEと書かれたTシャツの上に、黒のジャケット。なんかギラギラした感じの素材。

MC。

ギターTak Matsumoto!

こんばんは!
みなさんとてもお元気そうでなによりです。

僕たちはこうやってB'zを続けて24年目になりますけども、
(拍手!)
ありがとうございます!

こんな大きな会場で、
こんな素敵なみんなが集まってくれて
音楽を通して素敵な時間を共有できて素晴らしいですよね。
ホントに心から感謝しています。
今日は来てくれてホントにどうもありがとう!
最後まで楽しんでってください!

ギターTak Matsumoto!

(そういや稲葉さんは紹介されないよね、いつも)


さ、どーする?
どーしましょう?
賑やかにいきたいですか?

ブオーンとギターであおる!

賑やかにいきたいですか?
騒ぎたいかい東京!?
騒ぎたいかい東京ー!!
気持ちよくなりたいかい東京ーー!!

じゃあ行きましょう!

ジャーンとギターが入ってから、軽快なドラムイントロへ!

13. BLOWIN'

ドームから追加になった曲!
そして、ステージが上昇!!! うおおおおおおおおおおおお!!!!
前進!!!
去年Ain't No Magicに引き続きフライングステージ!!!
バンドごとアリーナの上空を突き進んでいきます!

会場大喜び!!

今年からフライングステージの床がカラフルに光る!!

怯えてるけど♪
稲葉さんをカメラがアップ。

1番サビ。稲葉さんの横にTAKが近づく!

1番のサビが2回繰り返しなのを間違えないかファン度が試される!(笑)

ウォウウォウー!!

してるはずだぜ 東京ーー!!!

TAKあちこちにピック投げ!!

DメロもTAKの横に稲葉さんが並び。

大サビ。カメラ目線。

言わずもがなULTRA Treasureのジャーンジャーンアレンジ!

BLOWIN' IN THE WIND♪
ラストは稲葉さんとかけあい!!

そしてギターのジャーンでキーを一個ずつ上げていく! 面白いアレンジ!
2回上げていったところで。

せーの、
BLOWIN' IN THE WIND!!

華やかにエンド、そしてフライングステージが終点のホームベースあたりに着陸します。


大歓声に包まれる!

シェーンは上手上角まで移動し、スティックを客席に投げ!

TAK、水を飲む。
そして両手上げ!


MC。

どうもこんばんは!

ここがさっきの手拍子の終点ですか?
(稲葉さん手を振る)

すばらしい!

(増田さんとシェーン、下手の上角っこに移動)

じゃもうしばらくここで演奏していきたいと思います。

(シェーンらまだドラムに戻っていない(笑))
いい?
みんなはしゃぎまわって定位置に着いてない(笑)。


踊りたい人は踊って、
歌いたい人は思い切り歌っちゃってください〜!


14. イチブトゼンブ

キターーーーーーー!!!
去年ツアー主役だった曲!!!(あと数年はセトリから外されないと思う(笑))

1番サビ、稲葉さんその場でジャンプ!

バリーと大賀さん、背中合わせでプレイ! いいね〜!
みんなステージ狭しと自由に動く。

ひとつありゃいいのに♪
人差し指上げ。

2番Aメロ、稲葉さんがTAK指差し。

2番、ドラム裏でTAKと稲葉さんが並ぶ、
そしてTAKは下手、稲葉さんは上手へ歩いていく。

ギターソロ入りでオウイェー!!

大サビ入り、BOXから大ジャンプ!!

圧倒的な手ざわり♪
指クネクネ。


15. 裸足の女神

TAKのゆったりメロディアスなギターから。
アリーナでは「BE THERE」の位置にありました。
最初「Easy Come, Easy Go!」だと思ったのはハズイ思い出(笑)。

最後を速弾きにアレンジし。

TAK、大賀さんの方に手を差し出し。
TAKの横に並んだ大賀さん。TAKと肩組み。

二人でハモリギター!!!
(日曜、出だしややズレたか…)

増田さんが密かにエアギター(笑)。
そして増田さんが先導して手を振って会場全体が左右に手を振る!!

最後にジャーンとやって…
オウイェー!!でイントロ始まり!

早くもフラインステージはメインステージに戻っていきます。

1A、バリーがBOXからピョンと降りる!

サビ、股下からのカメラアングル!

どこまで走ればあの人に会える♪
下手から稲葉さん、カメラをこっちこっちと手招いて進んでいき、
ドラムの後ろに行くTAKの元へ!!! なんとほほえましい!

2番Bメロ、
稲葉さんがドラム裏の大賀さんのアコギを持ったギターテックにちょっかい出す(笑)。

日曜はさらに!
昨日と同じスタッフの足の裏をカメラに映す! なんで?(笑) この人裸足だし(笑)。
後で分かった、“裸足の”に引っ掛けてんだ! “裸足の女神”じゃなくて“裸足のあんちゃん”だけど(笑)。
短髪いがぐり頭を触る(笑)。

日曜。サビ入りに。
Here we go!!
(両手上げ)

2番サビ頭は観客合唱!

間奏、はいつくばって下の様子を見る!

大賀さんとユニゾンのラスト!
Gソロ終わり、
ぐるっとTAKの後ろから回ってドリルを手渡す稲葉さん!!
TAKドリルプレイ、口にくわえていたピックを吐き出す!!


ナナナ〜♪
ラストのギターもメロディアスで高らかに!
ここはばっちりハモリ!!

そして手拍子だけになり大合唱!!!

マイク無しでヘイ!と叫ぶ稲葉さん!

イェーーー イェイイェイェイイェー!!!!
センキュー!!

最高に楽しい!!!


16. Liar! Liar!

間髪いれずこっから一気にラストスパートへ!!!
長めのシンセのイントロ! 増田さんのモーグプレイ!
暗闇に照明が激しく! 濃い赤、青、白!

稲葉さんジャケを脱ぎ身軽なTシャツ姿へ!!

TAKは再び半音下げ赤DCに!!

リフとともに!!!
花道いっぱいに6+6+6の18つの火柱が次々吹き上がる!
あちいいいいいいいいいいいい!!!!

稲葉さん回転! ヘドバン!

全身に力が入る!!!
BOXに足をかけ激しく歌う!!!

ステージを動き回り!

Oh, liar, liar だれもがliar♪
シェーンのドラミングが凄い迫力!!!

アウトロでも炎!!

Baby, do you want it?!!!!
ラストのwant itの声を吐き捨てるようなだみ声シャウトのような感じで今までのB'zになかったような豪快さ!

そして炎が同時に全て吹き上がった!!

この曲「ULTRA Pleasure」に入ってほしかったなぁ〜。


ドラムビートで、ヘイ!ヘイ!と歓声をあおる!
ファンキーなベース!
TAKはギターを再び黒に!

17. ZERO

ピアノイントロキターーーー!!!
増田さんのドヤ顔が最高すぎる!!!(笑)

東京ベイベーーーーー!!!!
B'zのお二人は回転しません。ならば我々が!(笑)

稲葉さんは上手花道へ。
TAK今日初めて下手花道へ移動!
Aメロ、TAK両手上げ!

稲葉さん花道の端まで行き、
土曜。なんと手すりに左足をかけてブラブラさせる!

君の家までつっこもうか♪
股間握り、腰回し! この動きサイコー!!! クイックイッ!! 稲葉さんに突かれる!!(笑)

玉を握ったまましばらく大股歩き!
日曜はその後オーウってヘンナ声出してたぞ(笑)。

2番Aメロ、花道の端でTAK勢いをつけて回転!

サビでセンターに戻る稲葉さん、そしてTAKとすれ違い下手花道へ。

ソロの後、ライブ定番キーボード&ギターユニゾンから。
ピアノイントロフレーズ!!
ブレイクあり! (この瞬間只一人ヘイ!と叫んだ私だったウェヒヒヒw)

下手花道端にて。
稲葉さん1,2,3,4!と指カウント!

I:人のすることに文句ばかりつける…(口パクパク)
客がその続きを歌う! ラップ詞を覚えているか、オタ力が試される!!!(笑)

鏡覗いてみりゃ〜から再び稲葉さんがラップで、

I:Same ol' 田舎もん
客:ヘイ!
I:冷汗かき 踊ってる!
客:踊ってる!
I:おかしいねーーーー!!

稲葉さん膝立ち!!

君が僕に教えてよ♪
おしえてくれーーーーーーーー!!!!シャウト!

大サビ。
ゼロになろう もう一回♪
下手から助走を付けて、BOXを踏み台にして大ジャンプ!!!
とんでもないジャンプ力!!!

もうまっしろーーーー!!!
シャツめくってヘソ!!! 千秋楽は乳首まで見えたっ!!!

アウトロでシャウト!
ウォーーーーイェイェー!!!

TAK、ドリルであおる!! ギュイーンの感覚を短くしていき!
稲葉さん何度も両手上げ!
前方ドリル投げ!


18. DIVE

すぐさまドラムビートに!
ジャーンとギターが何度も入り、そしてイントロリフへ!

せーのでDIVE!!!
ウーイェー!!

足元のたくさんの照明が高速回転しながら照らす!!!

観客も高速手拍子! ラララ合唱! ダイブ飛び!!

前に出てきたバリーが稲葉さんと並びマイクを向けられラララと歌う!!!

1番終わった後のリフの真ん中で手をパンパン!

土曜。
2番Bメロで稲葉さんゆっくり3回転!!

TAK、サビで手上げ!

日曜。
2番でアケスケに DIVE♪を二回歌った(笑)。


ラララ 下手な予言はやめて♪
バリーも大きく手拍子。

何のために生きるのなんて♪
BOXに飛び乗り…!!

思いがけないこと♪
大ジャンプ!!!

転調!

稲葉さんメチャクチャハイテンション!!!

ラストのドラム猛打!!!
ここでヘドバンしまくるのが私だぜ!!!(笑)


19. ザ・マイスター

オルガン!
パパッパというリズムで手拍子をする稲葉さん。
すぐさま会場もそれに合わせて手拍子!

ずっと中心にあったLEDが左右に広がる。

稲葉さん水吹き聖水!
コップも客席へ投げる!


東京ー!
東京ベイベー!!
(TAK両手上げ。)

東京、声聞かせてください!
東京の素敵な声聞かせてください!
いくぞ!!

ウォ〜オーオ〜♪ コーラス!!
4セット!

大賀さんと稲葉さん並んで叫ぶ。

画面が左右に移動する。

ベースのイントロ!
切り替えられるライトによってメンバーの影が次々と奥に浮かぶ!
これがカッコイイ!!


1番終わってフーゥッ!!
千秋楽このタイミングで飛び損ねたのが私の中での失敗(笑)。

個人的なこと、2番のAメロで水を飲んでおく(笑)。


Here we go!から鬼のコーラスパートへ!!!(笑)
後半2回だけ歌うなんてのは甘え!! 全部全力で叫ぶ!!!!
喉が鉄の味がした(笑)。
いつものイェーイェ!掛け合いと違うから今年は新鮮でしたね。

TAK右手上げから、両手広げ観客あおり。

前に出てきた大賀さんと一緒に稲葉さん叫び! バリーとも叫び!!
増田さんも花道へ出てきている!


土曜。
コーラスの掛け合いなんですが、半ばごろ上手から下手に稲葉さんが移動しているところで、
なんとシェーンがドラムをダンッと止めてしまった! これは本来コーラスの一番最後の所!
シェーン痛恨の間違い!!!
稲葉さん、鳩が豆鉄砲食ったような顔で慌ててシェーンの方を向いて、目を丸くしていた姿が忘れられない(笑)。

:::::::::::::::::::::::::::::    ,.-ヽ
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'⌒i;
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"
::::::: |.    i'"   ";
::::::: |;    `-、.,;''"
::::::::  i;     `'-----j

この顔思い出した(笑)。
きっと心中「えっ!?えっ!?」となっていたのでしょう(笑)。
かと言ってそこから再びコーラス部分をやるわけにも行かず、そのままバンドはなし崩し的にギターソロへ;
稲葉さん、動揺してややヤケっぽくサビを歌っているように見えなくもなかったです(笑)。


史上最長10セット!!!
日曜はこれまでの長さだったのでやはり昨日のはミスだったんだなと。

ギターソロの開放感が最高にたまらない!!(笑)

ラストも加速ビートに乗せてとどめのコーラス!!!

アウトロでシャウト!
ウォウウォウウォウオー!!!

ドーン大爆発!!!!

去年もそうでしたけど本編盛り上がりラストがアルバム曲ってのがいいですね。
アルバムツアーならではの盛り上がりで!


MC。

どうもありがとうございます。
東京ドームのパワフルで栄養満点で美しい叫び声しっかり頂きました。
どうもありがとー!


土曜。

今こうやって東京に帰って来ておりますけども
思えば『C'mon』というアルバムを作り始めてから
そしてここにいたるまでいろいろなことがありました。

去年の春先、4月にスタジオに入りまして
そこから『C'mon』というアルバム、
(右手上げ)
その時はまだ名前もないですけどニューアルバムの製作をやっていました。
時間がある時にスタジオに入って曲をずっと作ってました。
そして年が明けてからも
まだ当初の予定よりアイデアが多くあったのでレコーディングを続けていました。
(手を横に合わせる)

順調に作業していたんですけども、

3月に、
あの大震災が起こりまして。

当然僕らもスタジオの作業も全てストップして。
ホントに情けない話なんですけど
それまで自分たちがやってきたレコーディングっていう作業が
価値があるのかどうか分からなくなるような心の状態、
心が固まってしまったような、
ホントに途方に暮れたり、
ただただ、しばらくの時間が過ぎていきました。

その中で津波の被災地のために僕たちの曲を提供するチャンスをもらったり、
(Likin Parkが立ち上げたDownload to Donate「Tsunami Relief」に英語版「Home」収録。)
それからTVに出演してバンドで演奏するチャンスをもらったりとか、
4/1 ミュージックステーションスペシャル
そういうことをすることで少しずつ僕たち自分たちがやってることに対しての
自信みたいなものが少しずつ戻ってきて。

考えてみれば人が一人ずつできることはそれぞれいろいろあると思うんですけど
僕たちがこうやって集まった時に
やっぱり一番その力を最大限発揮できるのは
音楽を作ってそれを皆さんに届けることだと強く強く再確認しました。

そしてそこからまたスタジオ作業を再開して
「C'mon」という曲を作り、
それから『C'mon』というアルバムを完成させました。
これが今年の春から夏にかけてのことですね。

そして『C'mon』というアルバムを7月に出して
9月から『C'mon』のアリーナツアーを仙台からスタートしました。
そこで僕ら大きな大きなエネルギーを頂いて
いろんな街、アリーナ回って
いろんな場所でさらに勇気と希望みたいなものをもらいながら
ずーっとツアーを回っていきました。
アリーナ終えてそしてドームツアーが始まりいろんな街を回り、
そしてツアー最後の街である東京に来て
今日に至ってるわけです。

思えば僕たちをずっと前に進ませてくれたのは
音楽というものの力だと思うし
音楽というものへの感謝の気持ち、
そういうものがますます強くなったそんな年だったと思います。

僕らが『C'mon』というアルバム、
『C'mon』というタイトルに
(両手を合わせる)
一緒に元気になろう、
一緒に笑おう、
一緒に行こう、
“一緒に”という言葉を強く強く込めました。

一口に“一緒に”と言っても、簡単な言葉ですけど
実際に人が大切な人といつだって一緒にいられるかなんてすごく難しいかもしれないけど、
(手を軽く上げる)
例えば、大切な人のこと
自分の心の片隅でも真ん中でも
どこでもいいんで置いておいて、いつも置いておいて
なにかという時、
いざっていう時
(胸に手を当て)
ひっぱりだして
そこで強く丁寧にしっかり相手に想いをはせる。
そうすることでそれが自分の
支えになったり、
救いになったり、
希望になったり、
幸せにしてくれる元になったり、
そして少し一緒にという気持ちに近づけると思います。
一緒にいられないことをなげくよりも、
そういうことでいいんじゃないかと思っています。

僕らバンドもできるだけですね、
皆さんの心の片隅の方に置いておいてもらえるような
そういうバンドでありたいと心から思っています。
よろしくお願いします!

(笑顔の稲葉さん。目を閉じて口を押さえる。土曜でもここで泣いてる?とは思いました。)

そして今日、このクリスマス・イブの東京ドーム、
みなさんと文字通り一緒に素敵な時間を過ごせて
僕らとっても幸せでした。どうもありがとう!

(礼)


土曜はこれまでの会場と同様の感じで問題なくしゃべっていました。

そして日曜千秋楽のMC。


ライブ直後の「稲葉さんが泣いた!」投稿は
興奮のあまりセンセーショナルを狙って書いてしまいました。
軽率な行動に反省。
稲葉さんが大粒の涙を流して泣き叫んだわけではありません。
そうなってたのは私です(笑)。

ちゃんと状況を説明しますと、本編最後のMCにて。


みんな知ってのとおり『C'mon』ツアー、今日が最終日です。

という言葉からMCをはじめた稲葉さん。
ここから稲葉さんの様子が昨日までと少し違うという印象を受けました。

去年からのまだ名前のついていないアルバム製作の話。
今年に入っても順調に、当初より多くのレコーディングを続けていた。


そして3月になって… あの大震災があって…。


それまでの作業はストップし、
情けないことに、自分たちのやっていることに意味があるのか、価値があるのか、全く分からなくなる。
心が固まったような、途方にくれた状態が続いていた。

そんな中で津波の被災地のためのチャリティ作品に曲を提供するチャンスをいただいたり、
TVでバンドで演奏するチャンスをいただいたりして、少しずつ自信を取り戻していく。


人が一人ずつ出来ることはそれぞれあるけど、
自分たちが力を最大限発揮出来るのはやっぱり音楽を作って届けること。
強く強く再確認し、スタジオで『C'mon』というアルバムを完成させる。
それが春から夏にかけてのこと。


9月からアリーナツアーを仙台からスタートし、
各場所で勇気や希望をいただきながらドームツアーの最終日にいたる。

考えてみると、前に進む力をくれたのは音楽の力で、
音楽に感謝の気持ちがますます強くなった年だった。


僕らが『C'mon』というタイトルを付けた想いは、

“一緒に”元気になろうよ、

……、

“一緒に”笑おうよ、

…………、


“一緒に”という想いを強く強くこめました。


随所に沈黙。。昨日までとは明らかに違う、言葉に詰まる稲葉さん。。
この時点で、「稲葉さん、泣いてる…?」と私は思いました。

スタッフもそれに気づいて、稲葉さんの上半身を映していたカメラが、
少しずつ顔へアップしていきます。肩から上くらいに。

ゆっくりと、少しずつ言葉をつむいでいきます。


一緒にと簡単に言っても大切な人とはいつも一緒にいられるわけではない、
でも大切に想う人をいつも心の片隅に置いておいて、
ここぞという時に引っ張り出してきて大切に強く丁寧に想いをはせる。
そうすることで幸せな気持ちになったり、少しでも一緒にいられる気持ちに近づける。


そういうことでいいんじゃないかと僕は思います。
(“僕は”と入れたのが初めてだと思いました。)


僕らバンドも、
少しでも多くの人の、心の片隅でいいんで、
置いておいてもらえるようなバンドでありたいと、これからもがんばりたいと思います。
よろしくお願いします!!


最後振り絞るようによろしくお願いしますと言った稲葉さん。
会場全体からの暖かい拍手が送られます。
稲葉さんは両手でスタンドのマイクを握りつつも、
少しマイクから離れて左上に顔を上げ、舌をペロッと出していました。

やむことなくさらに大きくなる拍手!

なかなか次の言葉を発せられない…
稲葉さんが涙をこらえながら話してるんだ、こんなこと初めてだと思うと、
私も目頭が……うおおおおおおおおおおおおおおお。。。。。。


稲葉さああああああああああああああああああん!!!!!!!!!


今日文字通り、一緒に、
素敵な素敵なクリスマスの夜を過ごせて、
僕らホントにとってもとっても幸せでした。
どうもありがとう!!


涙声に聞こえました。


そして「C'mon」へ。


20. C'mon

シンセがゆっくりフェイド・インしてきます。
キーボードが入り、TAKのメロディアスなギターへ。ギターも泣いているよ!!

奥の背景に映像が映し出される。
地球を扇形に映し。

大賀さんのアコギからリズム隊も入り!

マイクスタンドに手をかけ、体を揺らしてリズムをとる稲葉さん。

千秋楽も歌に演奏はバッチリでした!!!
ただお客さんはあのMCの後だからかサビで手を上げることはありませんでした。

Aメロの映像。
紅葉、線路、ススキの草原。
高層ビルに夕焼けの富士山。

サビはMVとは違う草原。

Bメロから夕日、風力発電の風車に。

ギターソロ。夕日の映像。
渾身の速弾き!

イェーイェ!


大サビ前のドラム一発でライティングがドーム上空に大きなX字にクロスする!
ここが最高にカッコイイ!

映像は高速で流れる雲。

さあ行きましょう♪
東京ドームらしき建物から高速で上昇、一気に宇宙空間から日本列島を映し出す!!!

ギターが切り込んできてソロへ!
アウトロはロング!
2回目の部分からCDと同じギターソロです。

何度もC'monと胸打つ叫び!!
切なくも力強く!

ささやきのC'mon!

再びアルペジオからラストはスローになって。ジャーンジャーンジャーンと。
C'monと全身全霊でシャウトしてエンド!!!

銀テープが大量に発射!!! 照明を浴びてきらびやかに輝く!!
ツアーロゴとタイトルが書かれています。
裏の色が銀以外にも紫などがあったらしい。


どうもありがとう!

(二人、礼)


演奏中は私はもう視界がゆがむくらいの涙で(笑)。
GLORY DAYS以来ですね、こんな泣いたのは。
あの時も思ったんだけど、ライブで泣くなんて大げさな、女々しい、片腹痛いわ(笑)、
とそれまでの私は思ってたんですけども、
10年くらいファンやってるともう、よくまここまで来たもんだな精神が炸裂して、
悲しいんじゃない、感動で泣くって体験をついにするようになってしまった!!!
B'zライブで漢泣き!!!
しかしながら、自分がこんなになるとは。
今日泣くなんて予想もしてなかったです。Ain't No Magicでは泣かなかったし。「TINY DROPS」でグッとは来てたっけな。


アンコール待ち。

なんか応援団長みたいにウェーブ発生を呼びかけている男の人がいる。がんばるね。
冬のウェーブはあまり長続きしない傾向でしたが、千秋楽は割りと盛り上がっていました。


サポメンが静かに登場。(次の曲の演出上、客席をあおらないようお達しがあったと察する)
バリーは限定Tシャツ。

鈴の音色が鳴り響き…

21. いつかのメリークリスマス

オルゴールのイントロへ。
まさに今日のための曲で、イントロからトリハダ感じました!!!

TAKは椅子に腰掛け、アコギをプレイ。
YAIRI KK-46 #7
白Tに黒ベスト。

稲葉さんは立って、マイクスタンドに両手を添えて。
青のジージャン。首に黒地に白玉ストール。

奥の壁には夜景が映る。
高層ビルの明かり。
LEDはモノクロでB'zを映す。

2番サビとラストAメロで壁に稲葉さんを重ねる。
TAKはソロとアウトロ。

間奏はCDに忠実に。

歌い終わり、稲葉さん笑顔に。

アウトロで稲葉さんの影をカメラが映していた。

アコギでしっとりとエンド。


クリスマスの夜の名演! とてもすばらしかったです!!

MC。

メリークリスマス!
(左手上げ。笑顔で)


日曜。
さっきまで外、雪が降ってたみたいですヨ。
(えー!? マジで!?)
イー感じに降らしときましたから!(笑)
(なるほどそういうことですね(笑))


気分はいかがですか?
気分はどうですか!?
どうですかーーー!?

土曜。
こっちもチョーサイコーです!

日曜。
こっちは超超超超超サイコーです!!!


聖なる夜にみなさんから幸せをいっぱいいっぱい頂きました。どうもありがとーーーー!!!
(左手上げ)


22. ultra soul

長めの前奏!
ウルトラソウル!ウルトラソウル!とあおり!!

日曜。
真上の天井に、
C'monツアーロゴとその右に

千秋楽
とライトアップされる!!!

稲葉さん首に巻いていたストールをグルグルと取り、ちょっと回してからシェーンのほうに投げる!

土曜、シェーンいつのまにかサンタ帽を被っている(笑)。


ウルトラソーーーーーーーーーーーーーー!!!!
メインリフへ!!

TAKは三度青DCへ!

稲葉さん下手に移動。
TAKは上手に移動。

稲葉さんのジージャン、ワッペンがいっぱい付いてんのかと思ってたら、
よく見たら破りダメージ加工をしまくって、その裏地にカラフルな布を使っているようだ。
そしてネックレスをしていた。

Bメロはダラララダラララとギターを弾く。
(単にリレコーディングの2011バージョンではないということ)

その手でドアを開けましょう♪
ドアを開ける左手!

一番が終わって、
東京ドーーム!!

稲葉さん上手へ移動。

2番サビはTAKと並んで!

TAKが先にセンターに戻り。
ギターソロはリズムは2011バージョンですが、メッチャ速弾きソロに!!

歌いながらセンターへ戻ってくる稲葉さん!
Do it Do it!!
マイクを向けられたTAK、気合の Hey!!!
(センキュー!ではなかったですね(笑)。)

ウルトラソウッ!! Hi!!!
両手上げ!!

ラスト3連発ジャンプ!!
会場を揺るがす!!!

ウ! ル! ト! ラ!
ソオオオオオオオオオオオオオ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!


23. Calling

間髪いれずハードなリフへ!

wow wow♪
マイクを客席に向ける!

TAKギター弾きまくりで!!!


一転ピアノでしっとりと。

何かが心をつないでいる♪
ここからアルペジオ的にギターを入れていました。

Bメロの哀愁しっとりしたギターの音色が素敵。

白く輝くステージ。

土曜、シェーンがサンタ帽を被ってのが曲の雰囲気ぶち壊しすぎでワロタ(笑)。
叩いているうちにずり落ちる。
日曜はやはりNGになったのか最初から被っていなかった(笑)。

ドラミングしながら少しずつ固定されたマイクを口元に移動させるシェーン。サビのコーラスを。

会場聴き入ります。(この曲のサビは手を上げない方がいいと思う派)

ホントに感動的…。

そしてハードなパートに戻って!
会場さらに大合唱!!!

どうか苦しまないでーーーーーーーーー!!!!!


ラストは再び頭のリフに戻り、ライブアレンジ!!!

イェーーーーーアキャキャキャキャキャ!!!
超絶連続シャウト!!

そしてどんどんテンポが加速する!!!!

アーーーコーリングユーーーー!!!

イェーイェーーー!!!!

ソーーーコーリングユーーーー!!!

すごいすごいすごいすごい!!!!!

センキューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!
超ロングシャウト!!!!!!

すさまじい爆走からバッとブレイクし、

センキュー!!

ジャーンとバンドかき鳴らし!!!
TAKメッチャ速弾き!!!

シェーンが全力たたき!!! クソカッコイイ!!

オーライ!!!!
稲葉さん後ろを向いて開脚ジャンプ!!!

ドーーーーーーーン!!!!
火花特効!!!!!!!!


ギターをギターテックに渡し、バンドメンバーらも前方に並んで。

ヘーイ!
ヘーイ!
東京ドーム!!

土曜。
な〜んて素敵な、クリスマス・イヴなんでしょう〜。

日曜。
ホントメリークリスマス!!
みんな最高でしたどうもありがとー!!!


せーの、

おっつかれー!!!

どうもありがとーーー!!!


Ending SEの「ひとりじゃないから -Theme Of LIVE-GYM-」が流れ始め。
もう目をつぶっても歌えますね!
2ツアー目にしてもう定番な気がしてきませんか? まだですか?(笑)

稲葉さん下手、TAK上手へ。

日曜。
シェーンも稲葉さんの元へ花道を向かうんだけど、走るのメチャクチャ速くてワロタ!(笑)
稲葉さん、大阪みたいに飛び蹴りはせず(笑)、シェーンを追いかけようとするも逃げ足も速かった(笑)。


TAK、右手上げジャンプ。

この街で叫ぼう♪
東ー京ーーー!!!

すれ違いざまTAKと稲葉さん握手!

TAK下手へ向かうとき走る。
稲葉さんも走る。

TAK、両手GJからメロイックサイン。
深く礼。


日曜。
真ん中に二人戻ってきて、
稲葉さんと松本さん、ハグ!!! 千秋楽しか見られない光景!!!!


千秋楽のMC!

このツアーをプロフェッショナルな仕事ぶりで支えてくれた最高のクルーにどうか盛大な拍手を!

全国で声援をくれたB'zのファンにも拍手を!

そして今夜の東京ドームにも拍手を!!

みんな最高でした!
また来年会いましょう!! どうもありがとう!!
(この言葉がどれほどの励みになるか!!!)

バイバーイ!!!


(稲葉さんはける間際に)
みんな気をつけて帰ってください!


画面にメッセージ。

Thank You Tokyo!
Very Merry Christmas
and
Happy New Year!!
Tak

みなさんの笑顔を
見られて幸せでした!!
ARIGATO
&
Merry Xmas
Inaba
 (似顔絵)




無事、終わりました。

今年のツアーに特別な想いがあったのは誰もが知っています。

東日本大震災…。
原発事故…。
自粛、不謹慎、節電。

ライブなんて出来るのか…?とあの頃思いました。


稲葉さん自身、自身の言葉で感極まってしまったのでしょう。。

みんなの元気な姿が見られて、いっぱい勇気と希望をもらって…

本当に無事に最後までこれて良かった…。


稲葉さんが泣いた泣いてないは人それぞれの思うところでいいと思います。
私は双眼鏡で稲葉さんの目を凝視したわけではありません。
参加した人がどう思ったか、この文章を読んでどう判断するか、
それに対して反論、主張の押し付けは無意味なことです。

稲葉さんが感極まって言葉に詰まった、
それを見て泣いた人もいた。

綺麗な涙がそこにあったのは確かです。


一生忘れられない、二度とない素敵なクリスマスでした。


ありがとう




Opening Movie
1. さよなら傷だらけの日々よ
2. さまよえる蒼い弾丸

3. Don't Wanna Lie
4. ピルグリム
5. BE THERE

6. Homebound
7. ボス
8. 命名

9. DAREKA

10. SPLASH!
11. Brotherhood

12. #1090

13. BLOWIN'
14. イチブトゼンブ
15. 裸足の女神

16. Liar! Liar!
17. ZERO
18. DIVE
19. ザ・マイスター

20. C'mon

-Encore-
21. いつかのメリークリスマス

22. ultra soul
23. Calling



18:14│コメント(0) ライヴレポ | B'z 11

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
もうすぐじゃよグラミーから1年か