続!日刊コンドルズ!!

結成21周年目を迎えたコンドルズ! メンバーによるリレー日記!!

おおきいのもんだい

日曜担当  オクダサトシ

確かに大きい人に会うと嬉しくなるのはわかります。

歌舞伎町で見た
クラッシャー・バンバン・ビガロとか
岐阜市民センターで
外人バスからいきなり降りて来た
アンドレ・ザ・ジャイアントは
それはそれは大きかったです。

中坊の頃
ビートたけしのオールナイトニッポンで
ジャイアント馬場がいかに大きかったかというネタで
大笑いしてました。
馬場さんがジャンボジェットに乗る時は
羽根に手を入れて飛ぶとか。

この夏、石巻やら博多やら鹿児島に行ったら、
おじいちゃんおばあちゃんから

「大きいねえ。何かスポーツやってたの?」

何回も聞かれました。
その度に

「ええ、ラグビーやってました」

と答えてたんですが
みなさん、満足げな顔をされるんですね。

霧島ホテルのエレベータでご一緒した老夫婦にも
同じ質問をされました。

さすがに
6回目くらいだったので

「ええ、卓球やってました!」

って答えたら
露骨に嫌な顔をされ
ものすごく気まづい雰囲気に。
すいません
今後はちゃんと答えます。

※南ア、ブルームフォンテーンのネルソン・マンデラ像。
デカイんだけど、全く似てなかった。

見附

金曜担当 コンドルズ主宰 近藤良平

新潟は、見附にきた。
赤坂見附ではない。
初めて来たが、静かなところだ。
駅前も、静かだ。
少し風景の秋の度合が高い。
稲穂も育っている。

明日コンドルズ踊る前に、踊り仲間たちが、前座で舞う。楽しみだ。
どこの土地でも、踊る人たち、踊る場所があるのは、うれしい。

いろいろと生まれる。
ことが、はじまる。
どこで、なにが動き出すかわからない。

明日楽しんでいこうと思う。 

気分はコンドルズ冬合宿

水曜担当  香取直登


コンドルズ2017
Never Ending Story 
福岡スペシャルにご来場いただいたみなさま、ありがとうございました!

前回のブログで言った通り、嵐と共に上陸し嵐と共に去って行ったわけですが笑
お足元の悪い中たくさんのお客様に足をお運びいただき、それこそ感謝感激!雨あられ!いや、雨嵐!!であります。ありがとうございました!
遊育が公演中止となってしまい、本当に残念でしたが、これは絶対にリベンジしたい!!とメンバー一同考えております!!
福岡のパパママ子供達!次のチャンスを楽しみに待っとってください!!


そして次は新潟!

僕の中で新潟は、
「親元を離れウィンタースポーツをしに行く場所」
でありました。
小学生時代、学校主催で行われるスキー合宿に毎年参加していたんです。
なんとなく寂しく、不安な気持ちを携え、でも友達同士で思いっきり冬を楽しむ。
そんな場所でした。

でも今年は違います。
コンドルズファミリーで新潟に行くことができます!
これはもう寂しくありません笑

実は僕、コンドルズとして新潟に行くのは今回が初めてなのです。
新潟のお客さんの反応が今から楽しみでなりません!
そして、新潟県民ダンサーによるオープニングアクトもあり、もうワクワクが止まりません♪

新潟の皆さんに向けたメッセージ動画もありますので、是非ご覧になってください!

見附市文化ホールアルカディアでお会いできるのを楽しみにしています♪


ゼミ合宿終了!

火曜担当 石渕聡

毎年恒例の4泊5日のゼミ合宿、現役生19名、OGOB3名合計23名、1名が蜂に刺されたが、他大きな事故なく終了。

コンビニでギターを弾く。
OBの高田先輩。

休み時間

若者たちの集い

朝ごはん

お昼ご飯の後

最終日の夜のミーティング呑み

語り合う若者たち

つながり

月曜担当  ぎたろー

コンドルズ「Never Ending Story」

遂に地方公演に突入しました。

東京では参加出来なかった

平原・マイキー(舞鬼)・慎太郎が加わり

作品の奥行きをグッと深めて

最初の地、我が故郷、福岡公演!


まさかの台風直撃となり残念ながら、

あそいく公演は中止になりましたが、

公演3回 足元の悪い中、

くさんのお客様に ご来場頂き、

且つスタンディングオベーション頂き、

熱狂かつ大盛況で閉幕致しました。


終演後に物販で飛び交う博多弁と

更に16日にソフトバンクホークスが

パリーグ優勝を決めており

深夜にずっとTVはホークス特番!

ホームに戻ってきたな

福岡ばり最高やなと思いました。

あと、うどんがコシなく柔らかい笑


あそいくのリベンジは必ずや!

僕が公演案内する前に

「あそいく行きたいちゃけど」

と中学、高校、大学の同級生や先輩に

何件も連絡を貰いました。

通常の公演だと子供がいる家庭で

舞台公演に家族一緒も夫婦でさえも

なかなか一緒に観て貰い辛い中、

中々会えない人たちと舞台作品を通して

再会&はじめましてが出来るのは

個人は勿論、舞台人としても

この上ない喜びです。

それと僕は似た顔親子が好きなので

同級生や先輩と同じ小さい顔がいるのが

たまらなく面白くて好きのです。

正にDNAのNever Ending Story。


そんなあそいく福岡の想いは、

来年以降にキャリーオーバーし、

今週末は新潟公演です!!

「存外に面白かった」

「コンドルズの第2章を感じた」

「ダンスのバライティーが無限」

と福岡でも賛辞やまない作品でした。

是非是非ご来場お待ちしております!


小次郎ばりの二刀流!

電動歯ブラシよりよく磨けるらしいです


公演翌日に良平さんと盆踊り
福岡最大の祭りの一つ放生会で
良平さん振付のハコのわ踊りを。
先週の八王子に続きぴーかん笑

そのまま移動して
最寄り駅の箱崎駅でも
良平さんとハコのわ実行委員の方と
ハコのわ踊りを。

実行委員長が高校の2つ上の先輩で
僕の部活の顧問が委員長の担任!

さらに手前の犬持ってる男は
高校卒業以来13年振りに再会した
演劇仲間のあべちゃん!
同じ会場で見世物小屋やってて
ハコのわも一緒に♬

良平さんの作った輪のおかげで、
まさかのつながり!を堪能しました。




わかてのもんだい

日曜担当  オクダサトシ

コンドルズの恒例夏の全国ツアーが始まりました。

東京と博多を観ていただいた方は
感じてると思いますが
今回の作品は
特に若手の頑張りが凄い。

とんでもないスピードで踊ったり
変な格好したりと
まあ大活躍なんです。

今のコンドルズは
スタッフ、メンバーともに
史上最強です。

今のコンドルズを初めて観た人は
「昔もすごかったんだろうな…」
なんて思っちゃう人もいるかもしれません。

全く違います。
昔のコンドルズは
ゲネプロは満足にできず
二日目は二日酔いでボロボロ(二落ちと言います)。
それはそれは惨憺たるものでした。
不真面目だったわけではないですが。

うちの若手はそんなに酒を呑まないんですね。
だからか本番も元気。
ロートル勢は昔と変わらず
アホほど呑むので
二日目なんて
目は濁り息は臭く呼吸も荒い。
本番でようやく酒が抜けていく。

ロートル代表
石渕さんに聞きました。

「昔のコンドルズもこんな感じですごかったんですか?
って聞かれたら何ていう?」

「もちろん」

「昔の方が凄かったぜ」

ってヘーゼンと答えてました。

まだまだメンタルと面の皮の厚さでは
若手に負けません。

コンドルズの21年目。

若手の体力と頑張り、
ロートルの厚顔無恥ぶり、
十分にお楽しみください!

夏は続く

金曜担当 コンドルズ主宰 近藤良平

夏がまだ続いている。
今日からコンドルズ博多入り。
16年目か17年目である。
連続で、ずっときてる。
すごいなあ。
お客さんも
すごいなあ。
 
いつもの場所で、
いつものように酒をのみ、
いつものように盛り上がり、
いつものように本番がある。    
こんなすばらしいことはない。

さあ、はじめての気持ちで、
本番がんばろう。
夏よ、まだ続く。