続!日刊コンドルズ!!

結成21周年目を迎えたコンドルズ! メンバーによるリレー日記!!

オシャレのもんだい

日曜担当  オクダサトシ

コンドルズのメンバーの中にも
オシャレなヤツとそうでないヤツがいます。

若手はみんなオシャレ。
ベテランはというと
上下柄の石渕先輩と
上下ドットの藤田後輩を筆頭に
どこかねじ曲がった美意識が
あるようです。

そんなオレも
とうていオシャレできる体型ではなく
着るものを探すのにも一苦労するワケです。

図体がでかいくせに
人と同じものは嫌で
変なもの見つけては
海外から個人輸入してます。
イイ時代だなあ。

最近キングコートという名前のを買ったら
オレにはパーカーにしかならず腰が抜けました。

浪人の頃
ジーンズの股の部分が
ベロベロに破れてしまっても
買う金がなくそのまま履いてました。
するとオフクロから手紙がきて

「お前が尻に穴が開いたズボンで歩いてる夢をみた」

中に1万円が入ってました。
母親恐るべし!
すぐに池袋西口にあったジーパン屋に。

今やってる
出演者の私物が衣装で

派手で
体型にフィットした
華やかなもの

というリクエストでしたが
そんなのしかないという。


良平は無頓着で
シャツをパンツインしたりしますが
どこかキマってる。

橋爪がシャツインしたら
バカボンパパです。

どうやら
オシャレとは
服どうこうではないようですね。

IMG_0359



冬 の 空

金曜担当 コンドルズ主宰 近藤良平

今年の冬は、さむいのかゆるいのか。
よくわからないが、東京においては、
マスクの人が、やたら多く目立つ。
風邪ひきというより予防なのだろう。
駅で見まわすと、まわりがマスクだらけで、
見た感じかなり怖い。 

東京は、人口密度が、高いので仕方がない。
が、ポケモンゴーにしろ、
行列のラーメン屋にしろ、
やっぱりなんか同じ集まり。
というものは、それだけでキケンな感じだ。
目には中々映らないが、
「考え方」が同じ集まりも、
やっぱり不気味だなあ。  

ウイルス菌は、もらいたくないが、
染められてしまうのも、やだなあ。
そんなことを想う一月である。
みなさま風邪をひかぬよう!

IMG_0295



静動躍動

水曜担当  香取直登


穂の国とよはし芸術劇場PLAT
劇場入りしております!

舞台稽古写真が公開されました♪



静止画でこの躍動感!

今週末は豊橋で、「動いている」僕たちを観に来てくださいませ♪



(稽古後のミーティングになると必ず先輩が盛り上げてくれます。ひとしさん、まゆむさん、ありがとうございます笑)

15の夜

月曜担当  ぎたろー

今年も早15日。
新年感を引き摺ってるような
もはや新年な事を忘れてるような
そんな3週間目の2018年。

数年前なら成人の日で休みなのにな
と自堕落な考えを巡らせる1月15日。
〜初めがそろそろひと段落する頃。
僕も今年の映画初めを終わらせました。

「gifted/ギフテッド」

フロリダ州はタンパの田舎町。

天才的な数学の才能に恵まれた娘を、

自殺した姉から預かった主人公の弟は、

彼女の超絶天才的な才能に気付きつつ、

普通のこどもと同じ様な生活をさせる。


娘が天才だったら飛び級させて

高度な教育で才能を伸ばしてあげる!

なぜ普通の生活?奨学金出るのよ?

と側から見れば高度な教育一択!

なのだが、娘の生い立ちがわかるにつれ

そう簡単な話ではない事が明らかになっていく。


主人公はキャプテンアメリカの

マッチョイケメン、クリスエヴァンス。

娘役のマケナグレースが天才役者過ぎて

そのギフテッドをちょっと分けてくれんかな

と感心しきりの2時間。

育ての親である叔父さんと担任の先生が

いい仲になったあとの翌朝にばったり先生と会った時の

ニヤッとした顔とか本当上手!

感情の激しさと数学への集中力のギャップとかも

いちいち説得力半端なかったなぁ。


話の端々に見えるアメリカの格差社会

これもなかなか面白いのです。

天才にはバンバン飛び級させる社会とか

国民皆保険制度じゃない問題とか

どんどん開きが出る社会構造。

平等じゃないから平等について考える。

うことを受け入れた上でどうするか 

日本って違わないようにする社会なので

そりゃ国民性変わるわなと痛感。


あと自分の子じゃなくても

子育てする可能性があるからね!

それはプライスレスな経験でもあり

プライベートがなくなるってことよ!

って事は全く考えになかったので

家に帰って子供いたらやべーなと思いました。

ま、すぐ警察連絡しますけど。


知らない世界に連れてってくれる

1800円のエンターテイメント

今年もお世話になりまくる一年です。
























写真はドイツ公演で見つけたミニシアターの入口。
なぜ入らなかったのか後悔しかない。

ポンコツのもんだい

日曜担当:オクダサトシ

すごい大切なことを
ネットで調べてたのに
ジャケットぽちっとしてたり

シリアスなLINEに
ハワイ家族旅行の計画を
流してしまったり

彼女がいるなんて嘘が
バレそうになったので
急にフラれたと言い出したり

いつ死んでもいいように
部屋の鍵を
近所の有吾に渡していたり

とまあ
コンドルズもポンコツです。

しかし
ポンコツというのは
誰が言い出したのか
すごく良くできている
言葉ですね。

ポンコツ。

響きもいい。

ポンコツ。

息子の補助員程度だと
思っていた
ジェローム・ベルの
「Gala」
コンセプチュアルといいながら
意外にフィジカル。

ケロッとしている
中学生に混じって
ハンドルズのデブ
シュンと
コンドルズのデブ
が汗だくになっております。

シュンもポンコツだけど
オレはもっとポンコツ。

「Gala」
いよいよ来週
幕を開けます。
ヒゲのポンコツ鎌倉くんが出る
ポンコツ婆アの
マグナムマダムとは
同日ですが
うまくすれば両方見られます!

よろしくお願いします!

寒い冬

金曜担当 コンドルズ主宰 近藤良平

なかなかの寒い日々が続く。一月は、長塚ケイシたちとの芝居の地方まわりが続く。

新年はじめは、新潟市内。
その時は、晴れていたが、たった今は、ものすごい吹雪いている。
ニュースでみたが、混んだ電車なかで、9時間缶詰は、たまったもんじゃない。

今は、次なる場所、兵庫である。
ここも、いまはものすごく寒い。
泊まっているのは、宝塚。
あの「ヅカ」である。
はじめてきた。独特の香りのする所だ。  
川とワインディングロード。コンビニが少なく、店の終わる時間もはやい。ホテルの有料チャンネルは、宝塚専門。
なかなか面白い。   

さあこの土日は、
マチネソアレが続く。     
体調を崩さぬように、今日も楽しもう。


2018初舞台

水曜担当  香取直登


ちょっと遅めの、あけましておめでとうございます!

2018年、最初の舞台は、生まれて初めてのミュージカル!in豊橋PLAT!!

本番1週間前のため、稽古も佳境であります!

徐々に出演者の本性もあらわになり、ひとりムフフと楽しんでおります。


歌とお芝居も楽しいのは間違いないのですが、今回初めて平山素子さんの振付で踊ることも大きな楽しみのひとつであります。

大学生時代の頃からニアミスはしていたのですが、本格的に振付をしていただくのは今回が初めて。

稽古が始まるまで表には出していませんでしたが、ワタクシだーいぶ緊張しておりました笑

しかし!
稽古が始まってビックリ仰天!
もちろんいい意味で!

キツネがモチーフの作品のせいか、素子さんの動物的感覚から生み出される振付が奇想天外過ぎる!!
コンテンポラリーダンスに慣れていない出演者もたくさんいるため、みんなヒーヒー言いながら稽古しており、僕はそれを見てまたひっそり楽しんでいるのでした笑
素子さんのキャラクターも突っ込みどころ満載のため、ずっと稽古していても飽きない素敵な時間が繰り広げられております!

正直、初めてのミュージカルでこんなに楽しみながらダンス稽古ができるとは思っていませんでした♪


気になる方は是非とも穂の国とよはし芸術劇場PLATまでお越しください!
一味違ったミュージカルをお楽しみいただけるかと思います♪