「愛してる」と言っても相手はつれない態度。
彼、彼女のためにいろいろやってるのに振り向いてくれない。

最近、このようなご相談をよく受けます。

振り向いてくれないのは、相手に伝わっていないからです。

一生懸命やっていても、それは相手の求めていないことをやっているのです。


もしかしたら、あなたは見返りを求めていませんか?

愛してほしいから、振り向いてほしいから〇〇をする。

最初から手を出しているんですね。
「くれ、くれ」と。

たとえ口に出していなくても、その心は相手に伝わっています。

「くれ、くれ」と手を出されたら、いい気分はしませんよね。


〇〇してくれたら、私はもっと幸せになれるのに。

「〇〇ならば幸せ」
という条件付きの幸せは、「くれ、くれ」と言っているのです。


あなたは今、幸せですか?

もし幸せでないとしたら、
「私を幸せにしてくれ~」という動きをしているかもしれません。


本を読んだりすると、一時的には楽になるかもしれません。
「幸せ、幸せ」と自分に言い聞かせたりする。
でも、時間がたつと忘れ、また不安な状態に戻ったりしませんか?


では、どうすればいいのでしょうか。

それは、もともとあなたの中にある
本来の最高に素晴らしい自分を出す
ことです。

どうやって出すのか?

本を読んだりして「学ぶ」のとは真逆、
アウトプットをしていきます。

それには、まず
頭の「思い込み」を取っ払います。

心の「思い込み」を出していきます。

本音をどんどん、どんどん出していきます。

どんどん、どんどん。


そして、ある瞬間、
本来の、最高のあなたが溢れ出てきます。


愛あふれる、感謝あふれる自分。

最高に幸せな自分。


その瞬間、あなたは満たされます。


そして、
その最高の自分を態度、行動に表していきます。

すると、
あらゆる出会いが変わっていきます。

それは
人であったり、仕事であったり、環境だったり……。

そして、
人生が、どんどん好転していきます。


もし、あなたが今、不安だったり、不安定ならチャンスです。

「欲しい、欲しい」と相手に求めているから不安なのです。
相手はくれるとは限らないし、
くれなければさらに落ち込みます。

たとえ相手がくれたとしても、
また「欲しい、欲しい」と同じことの繰り返しです。
そんなことを繰り返していると、
相手はますますあなたに嫌気がさし、悪循環に陥ってしまいます。


「欲しい、欲しい」「くれ、くれ」から反対になる。

相手にゆだねるのではなく、自分でちゃんとハンドルを握る。

そのためには
まず、
本当の自分に出会うこと。


本来の最高の自分に出会うと、

与えて、与えて、与えたくなる。
与えずにはおれなくなる。
与えることが喜び。


うまくいかない時というのは、
あれこれ考えて、努力しても相手は喜んでくれません。

でも、本来のあなたが出てくれば、
「彼の求めていることは何かしら?」と、考えなくても
自然に体が動いていたりします。

自動的なのです。

相手が喜び、自分もさらに喜ぶ。
「与えてる」という感覚すらない。

喜んで自然にやってることが、相手をさらに喜ばせる。

幸せ、幸せ、幸せの好循環。             幸せ2             

日ごと、相手を好きになる。
相手もあなたをますます好きになる。


あなたも
本来の最高の自分を出していきませんか?

いつでも私たちにご相談ください。

幸せ、幸せ、幸せ~!

日ごと、幸せ感がアップしますよ。(^_^)


(フルムーン さちよ)


5月13日の婚活セミナーのご案内はこちらです。
(↑おかげさまで、お申込が増えてきています)


HPつくりました。
ぜひご覧ください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   
人生相談&カウンセリング フルムーン     

山梨県甲斐市竜王新町51-1 パレス51-202           
ご予約・お問合せは 090-4171-4510(小西)           
メール:fullmoon.koni@gmail.com          
HP:https://fullmoon315.com/
カウンセリングご予約はこちらから            
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~           

よろしかったらポチッとお願いします。           
                           
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングルームへ           
にほんブログ村